魚玄機  送別
なじみの人が旅立つに際して詠った歌。宴会で披露されるもので、他の芸子の男が旅立つ、それをその芸子の身になって歌うものである。以後旅立つものの送別の際に披露される。


2013年3月26日 同じ日の紀頌之5つのブログ
●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩
Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩遠游篇 曹植 魏<59-#1>曹子建集 卷第六 樂府 715 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2123
●唐を代表する中唐の韓愈の儒家としての考えのよくわかる代表作の一つ
Ⅱ中唐詩・晩唐詩原毀 韓愈(韓退之) <119-#11>Ⅱ中唐詩628 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2124
●杜甫の全作品1141首を取り上げて訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"
Ⅲ杜甫詩1000詩集惡樹 杜甫 <436>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2125 杜甫詩1000-436-619/1500
●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている
Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集登池上樓 謝霊運<25> kanbuniinkai 紀 頌之の詩詞ブログ 2126 (03/26)
●森鴎外の小説 ”激しい嫉妬・焦燥に下女を殺してしまった『魚玄機』”といわれているがこれに疑問を持ち異なる視点で解釈して行く。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩
Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性送別 魚玄機  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-116-51-#  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2127
 
 ■今週の人気記事(漢詩の5ブログ各部門)
 ■主要詩人の一覧・詩目次・ブログindex

安世房中歌十七首(1) 唐山夫人 漢詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67710265.html
為焦仲卿妻作 序 漢詩<143>古詩源 巻三 女性詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67729401.html
於凊河見輓船士新婚別妻一首 曹丕(魏文帝) 魏詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67759129.html
朔風 (一章) 曹植 魏詩<25-#1>文選 雑詩 上  http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67780868.html
謝靈運詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/1901_shareiun000.html 謝靈運詩 六朝期の山水詩人。この人の詩は上品ですがすがしい男性的な深みのある詩である。後世に多大な影響を残している。
謝靈運が傲慢で磊落だったというが彼の詩からはそれを感じさせるということは微塵もない。謝靈運、謝朓、孟浩然は好きな詩人である。
登永嘉緑嶂山詩 #1 謝霊運 <20> 詩集 386ー http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67474554.html
登池上樓 #1 謝霊運<25>#1  ー http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67502196.html
孟浩然の詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/209mokonen01.html 孟浩然の詩 盛唐初期の詩人であるが謝霊運の詩に傾倒して山水詩人としてとてもきれいな詩を書いている。特に山水画のような病者の中で細やかな部分に動態を感じさせる表現力は素晴らしい。

李商隠詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/3991_rishoin000.html
李商隠詩 華やかな時はほんの1年余り、残りは不遇であった。それが独特な詩を生み出した。この詩人の詩は物語であり、詩を単発で見ては面白くなく、数編から十数編のシリーズになっているのでそれを尊重して読まれることを進める。
女性詩人 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/0josei00index.html 女性詩人 古代から近世に至るまで女性の詩は書くことを許されない環境にあった。貴族の子女、芸妓だけである。残されている詩のほとんどは詞、楽府の優雅、雅なものへの媚の詞である。しかしその中に針のような痛みを感じさせるものがあるのである。
孟郊詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/328_moukou001.html 「文章得其微,物象由我裁。」詩人が作り出す文章は細やかなる描写表現を得ているものだ、万物の事象をも作り出すことさえも詩人自身の裁量でもってするのである。
李商隠詩 http://kanbuniinkai7.dousetsu.com/99_rishoinn150.html Ⅰ李商隠150首

 

送別 魚玄機  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-116-51-#   漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2127  
卷804_44 【送別】魚玄機


送別
(赴任地に向かうひとと別れ、おくる詩。)
水柔逐器知難定,雲出無心肯再歸。
酔いが進み酒を注がれてもなかなか盃に収まらないようにあなたのこころに私が定まりませんか。男の人は旅に出て行くと残したものへの心はなくなってしまうというものですが、それでもいいから必ず帰ってきてください。
惆悵春風楚江暮,鴛鴦一隻失群飛。
この別れの憂え悲しむことは春情にかける春風にのって江南地方の春の暮までつづくでしょう。長安では二人は鴛鴦のようにすごしました。あなたは群れを離れた飛び立つ鳥のようですが、私も一人で待っております。
(送別)
水柔にして器を逐い 定め難きを知り、雲出でて 心に無く 敢て再び歸らんや。
惆悵 春風 楚江の暮、鴛鴦 一隻 群れを失いて飛ぶ。


『送別』 現代語訳と訳註
(本文)
送別
呉越の地図水柔逐器知難定,雲出無心肯再歸。
惆悵春風楚江暮,鴛鴦一隻失群飛。


(下し文)
送別
水柔にして器を逐い 定め難きを知り、雲出でて 心に無く 敢て再び歸らんや。
惆悵 春風 楚江の暮、鴛鴦 一隻 群れを失いて飛ぶ。


(現代語訳)
(赴任地に向かうひとと別れ、おくる詩。)
酔いが進み酒を注がれてもなかなか盃に収まらないようにあなたのこころに私が定まりませんか。男の人は旅に出て行くと残したものへの心はなくなってしまうというものですが、それでもいいから必ず帰ってきてください。
この別れの憂え悲しむことは春情にかける春風にのって江南地方の春の暮までつづくでしょう。長安では二人は鴛鴦のようにすごしました。あなたは群れを離れた飛び立つ鳥のようですが、私も一人で待っております。


(訳注)
ani0071送別

赴任地に向かうひとと別れ、おくる詩。
この詩は特定の人と別れることを意味しておらず、別れの酒宴において吟じられるためのものである。


水柔逐器知難定,雲出無心肯再歸。
酔いが進み酒を注がれてもなかなか盃に収まらないようにあなたのこころに私が定まりませんか。男の人は旅に出て行くと残したものへの心はなくなってしまうというものですが、それでもいいから必ず帰ってきてください。
・水柔逐器 よってふらふらする盃にお酒が柔らかいので継ぐことが出来ないさまを云う。杯は男の心を云い、女のことを思っていてくれないことをあらわしている。
・雲出無心 雲は男の浮気心を云い別れて残してゆく女を思う心がなくなっていくという意味である。


惆悵春風楚江暮,鴛鴦一只失群飛。
この別れの憂え悲しむことは春情にかける春風にのって江南地方の春の暮までつづくでしょう。長安では二人は鴛鴦のようにすごしました。あなたは群れを離れた飛び立つ鳥のようですが、私も一人で待っております。
憫帳 憂え悲しむこと。温庭筠『更漏子 一』「惆悵謝家池閣」  謝女というのは晋の謝安が東山の彼を愛した故事から出たもの。過去女もそういう時期もあった。李白『送侄良攜二妓赴會稽戲有此贈』「攜妓東山去。 春光半道催。遙看若桃李。 雙入鏡中開。」送姪良携二妓赴会稽戯有此贈  李白Kanbuniinkai紀頌之の漢詩李白特集350 -287
池閣は、謝霊運の「池塘生春草」
謝霊運の「池塘生春草」にかけて、池堀に春草の生ずるようになったという春情にかける意がある。
楚江暮 長安に春が来たばかりであっても江南で春が終わろうとする頃まで憂えていますという意味。楚の国は美人の多い所で女性関係の心配もあるということ。当時の楚という範囲は浙江省杭州・会稽から江蘇省・安徽省あたりであろう。
《楚江懷古》作者:馬戴
露氣寒光集,微陽下楚丘。
猿啼洞庭樹,人在木蘭舟。
廣澤生明月,蒼山夾亂流。
雲中君不見,竟夕自悲秋。
1、木蘭舟:此因楚江而用《楚辭》中的木蘭舟。木蘭:小喬木。
2、雲中君:本《楚辭九歌》篇名,為祭祀雲神之作,此也因楚江而想到《九歌》。
馬戴. (775-?),字虞臣,今陝西華縣人,一說河北人或江蘇人。屢試不第,直到武宗會昌四年才中進士。宣宗大中初年在太原幕中掌書記,因直言得罪,被貶為龍陽(今湖南漢壽)尉,後官太常博士。詩風與賈島相近,嚴羽認為其律詩成就在晚唐諸人之上。