魚玄機 和人次韻
生きていくためには質素倹約に務め、「芸、勤勉、従属と性」によった時代に「女性の才」を最大の売りとした魚玄機には媚びるところがないのである。女性史に突出した人物である。


2013年3月28日 同じ日の紀頌之5つのブログ
●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩
Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩盤石篇 曹植 魏<60-#1> 女性詩717 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2133
●唐を代表する中唐の韓愈の儒家としての考えのよくわかる代表作の一つ
Ⅱ中唐詩・晩唐詩九辯 宋玉 <00-#1>もっとも影響を与えた詩文 630 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2134
●杜甫の全作品1141首を取り上げて訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"
Ⅲ杜甫詩1000詩集江畔獨步尋花七絕句 其二 成都浣花渓 杜甫 <438>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2135 杜甫詩1000-438-621/1500
●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている
Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集游赤石進帆海詩 謝霊運<27> kanbuniinkai 紀 頌之の詩詞ブログ 2136 (03/28)
●森鴎外の小説 ”激しい嫉妬・焦燥に下女を殺してしまった『魚玄機』”といわれているがこれに疑問を持ち異なる視点で解釈して行く。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩
Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性和人次韻 魚玄機  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-118-53-#  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2137
 
 ■今週の人気記事(漢詩の5ブログ各部門)
 ■主要詩人の一覧・詩目次・ブログindex

安世房中歌十七首(1) 唐山夫人 漢詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67710265.html
為焦仲卿妻作 序 漢詩<143>古詩源 巻三 女性詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67729401.html
於凊河見輓船士新婚別妻一首 曹丕(魏文帝) 魏詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67759129.html
朔風 (一章) 曹植 魏詩<25-#1>文選 雑詩 上  http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67780868.html
謝靈運詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/1901_shareiun000.html 謝靈運詩 六朝期の山水詩人。この人の詩は上品ですがすがしい男性的な深みのある詩である。後世に多大な影響を残している。
謝靈運が傲慢で磊落だったというが彼の詩からはそれを感じさせるということは微塵もない。謝靈運、謝朓、孟浩然は好きな詩人である。
登永嘉緑嶂山詩 #1 謝霊運 <20> 詩集 386ー http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67474554.html
登池上樓 #1 謝霊運<25>#1  ー http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67502196.html
孟浩然の詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/209mokonen01.html 孟浩然の詩 盛唐初期の詩人であるが謝霊運の詩に傾倒して山水詩人としてとてもきれいな詩を書いている。特に山水画のような病者の中で細やかな部分に動態を感じさせる表現力は素晴らしい。

李商隠詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/3991_rishoin000.html
李商隠詩 華やかな時はほんの1年余り、残りは不遇であった。それが独特な詩を生み出した。この詩人の詩は物語であり、詩を単発で見ては面白くなく、数編から十数編のシリーズになっているのでそれを尊重して読まれることを進める。
女性詩人 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/0josei00index.html 女性詩人 古代から近世に至るまで女性の詩は書くことを許されない環境にあった。貴族の子女、芸妓だけである。残されている詩のほとんどは詞、楽府の優雅、雅なものへの媚の詞である。しかしその中に針のような痛みを感じさせるものがあるのである。
孟郊詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/328_moukou001.html 「文章得其微,物象由我裁。」詩人が作り出す文章は細やかなる描写表現を得ているものだ、万物の事象をも作り出すことさえも詩人自身の裁量でもってするのである。
李商隠詩 http://kanbuniinkai7.dousetsu.com/99_rishoinn150.html Ⅰ李商隠150首

 

和人次韻 魚玄機  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-118-53-#   漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2137  
卷804_46 【和人次韻】魚玄機

和人次韻
喧喧朱紫雜人寰,獨自清吟日色間。
表通りの喧騒で俗な人間のお付き合いから、また、朱紫の方とのお付き合いからもかくれるように身を退いて、只今ではただひとり、誰にわずらわされることもなく、歌詠みに日を送って、静かな時を眺め過ごしております。
何事玉郎搜藻思,忽將瓊韻扣柴關。
このたび、詩文をたくみに作られたごようす。わたくしの始終とじている柴門の戸をたたいて、お使いの人にりっぱな詩を持たせてよこされました。
白花發詠慚稱謝,僻巷深居謬學顏。
その詩に雪の降るのを見て、柳の白いわたが飛んでいるようだとうたったあの謝道韞のようだと私のことをいわれましたが畏れ多いことですし、孔子さまの弟子だったあの顔回が、僻巷の奥に住んでいたのをまねてただくらしているだけなのです。
不用多情欲相見,松蘿高處是前山。
過分なるご厚情に感謝申し上げます。あの高い所の松の大木と姫葛のように喝采を浴びるものと違いこうして、前の小山にあるようにただひっそりと暮らしているのでございます。
美女画55101道観(人の次韻に和す)
喧喧【けんけん】朱紫【しゅし】人寰【じんかん】に雜り、獨自 清吟 日色間なり。
何事ぞ 玉郎 藻思【そうし】を捜し、忽ち瓊韻【けいいん】を將って 柴関【しかん】を叩く。
白花 詠を發するも 謝を称するを慚づ、僻巷【へきこう】深居 謬【あやま】って顔を学ぶ。
用ひず 多情 相見んと欲するを、松羅【しょうら】高き處 是れ前山なり。


『和人次韻』 現代語訳と訳註
(本文)
喧喧朱紫雜人寰,獨自清吟日色間。
何事玉郎搜藻思,忽將瓊韻扣柴關。
白花發詠慚稱謝,僻巷深居謬學顏。
不用多情欲相見,松蘿高處是前山。


(下し文) 人の次韻に和す
喧喧【けんけん】朱紫【しゅし】人寰【じんかん】に雜り、獨自 清吟 日色間なり。
何事ぞ 玉郎 藻思【そうし】を捜し、忽ち瓊韻【けいいん】を將って 柴関【しかん】を叩く。
白花 詠を發するも 謝を称するを慚づ、僻巷【へきこう】深居 謬【あやま】って顔を学ぶ。
用ひず 多情 相見んと欲するを、松羅【しょうら】高き處 是れ前山なり。


(現代語訳)
表通りの喧騒で俗な人間のお付き合いから、また、朱紫の方とのお付き合いからもかくれるように身を退いて、只今ではただひとり、誰にわずらわされることもなく、歌詠みに日を送って、静かな時を眺め過ごしております。
このたび、詩文をたくみに作られたごようす。わたくしの始終とじている柴門の戸をたたいて、お使いの人にりっぱな詩を持たせてよこされました。
その詩に雪の降るのを見て、柳の白いわたが飛んでいるようだとうたったあの謝道韞のようだと私のことをいわれましたが畏れ多いことですし、孔子さまの弟子だったあの顔回が、僻巷の奥に住んでいたのをまねてただくらしているだけなのです。
過分なるご厚情に感謝申し上げます。あの高い所の松の大木と姫葛のように喝采を浴びるものと違いこうして、前の小山にあるようにただひっそりと暮らしているのでございます。


(訳注)
美女画557和人次韻

逢いたいという意味の詩をよこした相手に対して、迭った返事の詩で、その「合いたい」という意味は、情を通じたいという含みをもったものであるし、貰った魚玄機も、型通り返事をしている。後のことはご想像に任せるということだろう。明清の時代より、男女間の道徳感は緩い時代である。生きていくためには質素倹約に務め、「芸、勤勉、従属と性」によった時代に「女性の才」を最大の売りとした魚玄機には媚びるところがないのである。女性史に突出した人物である。


喧喧朱紫雜人寰,獨自清吟日色間。
表通りの喧騒で俗な人間のお付き合いから、また、朱紫の方とのお付き合いからもかくれるように身を退いて、只今ではただひとり、誰にわずらわされることもなく、歌詠みに日を送って、静かな時を眺め過ごしております。
・喧喧 やかましい。表通りの音声がさわがしくわずらわしいこと。
・朱紫 衣服や官印のひもがあかやむらさきの人。高位高官の人。
・人寰 人の住むところ。人境。人界。
・清吟 清らかに詩や歌をうたう。詩を作ってもそれを表に出さないで楽しむだけにしている。
・日色 宋本には月色となっている。日常生活。
・間 しずか。


何事玉郎搜藻思,忽將瓊韻扣柴關。
このたび、詩文をたくみに作られたごようす。わたくしの始終とじている柴門の戸をたたいて、お使いの人にりっぱな詩を持たせてよこされました。
・玉郎 玉のような男。相手の男の尊称。
藻思 詩文をたくみに作る才能。
・瓊韻 玉のような韻文。りっぱな詩。
・柴関 柴門でできている関戸。隠棲の住居。女性の隠遁者という意味。


白花發詠慚稱謝,僻巷深居謬學顏。
その詩に雪の降るのを見て、柳の白いわたが飛んでいるようだとうたったあの謝道韞のようだと私のことをいわれましたが畏れ多いことですし、孔子さまの弟子だったあの顔回が、僻巷の奥に住んでいたのをまねてただくらしているだけなのです。
・白花發詠 晋の謝安の家で家族の者があつまっていると、牡丹のような雪片が落ちはじめた。謝安が「これを何にたとえたらよかろう」というと、男の子は、「白い塩を空にまきちらしているようです」と答えたが、謝安の娘の謝道韞は、「楊柳の架が飛び散っているようです」と答え、詩才があると褒められたという故事をふんだ。白花は、楊柳の白い花すなわち柳絮をいったもの。魚玄機も柳絮を詠っている。『賦得江邊柳』
翠色連荒岸,煙姿入遠樓。
影鋪秋水面,花落釣人頭。
根老藏魚窟,枝低繫客舟。
蕭蕭風雨夜,驚夢復添愁。
『折楊柳』
朝朝送別泣花鈿,折盡春風楊柳煙。
願得西山無樹木,免教人作淚懸懸。
・稱謝 謝は右の謝安のむすめ謝道韞。それに自己をたとえられること。
・僻巻(へきこう)探居 顔淵(回)のように、陋巷に住居すること。陋巷はうらまち。「論語」の蕹也篇に「子日く、賢なるかな回や。一箪の食一瓢の飲、陋巷に在り。人はその憂いに堪へず。回やその楽を改めず。賢なるかな回や」とあるによる。陋巷は僻巷におなじ。
學顏 顔淵のまねをして隈巷におること。


不用多情欲相見,松蘿高處是前山。
過分なるご厚情に感謝申し上げます。あの高い所の松の大木と姫葛のように喝采を浴びるものと違いこうして、前の小山にあるようにただひっそりと暮らしているのでございます。
・松蘿高處 羅はかずら。松の幹にはいのぼって生きている植物。松が夫であり、蘿は女。その松蘿が高い所、目立つところで。
・前山 眼前の山。