24 薛濤 《 菱荇沼》  七言絶句
春に蓮の若葉が出て、ジュンサイの花が咲く。春に行楽に行って、見るだけなのだ。秋に若い女が素足を出して、采蓮、采荷、采菱し、歌を歌い楽しく過ごす。この時男女の出会いがある。だからその時が待ち遠しいということを詠ったものである。


2013年5月8日 同じ日の紀頌之5つのブログ
●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩
Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩責躬詩 曹植 魏詩<75ー#5>文選 上 献詩 女性詩758 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2338
●唐を代表する中唐の韓愈の儒家としての考えのよくわかる代表作の一つ
Ⅱ中唐詩・晩唐詩感春三首 其一 韓愈(韓退之) <113>Ⅱ中唐詩671 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2339
●杜甫の全作品1141首を取り上げて訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"
Ⅲ杜甫詩1000詩集病橘 五言古詩 成都5-(25-1) 杜甫 <474-#1>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2340 杜甫詩1000-474-662/1500
●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている
Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集泰山吟 謝霊運(康楽) <68> kanbuniinkai 紀 頌之の詩詞ブログ 2341 (05/08)
●●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩
Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性菱荇沼 薛濤 唐五代詞・宋詩 薛濤-159-31-#24  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2342
 
 ■今週の人気記事(漢詩の5ブログ各部門)
 ■主要詩人の一覧・詩目次・ブログindex

『楚辞・九歌』東君 屈原詩<78-#1>505 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1332
http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67664757.html
『楚辞』九辯 第九段―まとめ 宋玉  <00-#35> 664 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2304
http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-rihakujoseishi/archives/6471825.html
安世房中歌十七首(1) 唐山夫人 漢詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67710265.html
為焦仲卿妻作 序 漢詩<143>古詩源 巻三 女性詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67729401.html
於凊河見輓船士新婚別妻一首 曹丕(魏文帝) 魏詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67759129.html
朔風 (一章) 曹植 魏詩<25-#1>文選 雑詩 上  http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67780868.html
謝靈運詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/1901_shareiun000.html 謝靈運詩 六朝期の山水詩人。この人の詩は上品ですがすがしい男性的な深みのある詩である。後世に多大な影響を残している。
謝靈運が傲慢で磊落だったというが彼の詩からはそれを感じさせるということは微塵もない。謝靈運、謝朓、孟浩然は好きな詩人である。
登永嘉緑嶂山詩 #1 謝霊運 <20> 詩集 386ー http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67474554.html
登池上樓 #1 謝霊運<25>#1  ー http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67502196.html
孟浩然の詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/209mokonen01.html 孟浩然の詩 盛唐初期の詩人であるが謝霊運の詩に傾倒して山水詩人としてとてもきれいな詩を書いている。特に山水画のような病者の中で細やかな部分に動態を感じさせる表現力は素晴らしい。

李商隠詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/3991_rishoin000.html
李商隠詩 華やかな時はほんの1年余り、残りは不遇であった。それが独特な詩を生み出した。この詩人の詩は物語であり、詩を単発で見ては面白くなく、数編から十数編のシリーズになっているのでそれを尊重して読まれることを進める。
女性詩人 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/0josei00index.html 女性詩人 古代から近世に至るまで女性の詩は書くことを許されない環境にあった。貴族の子女、芸妓だけである。残されている詩のほとんどは詞、楽府の優雅、雅なものへの媚の詞である。しかしその中に針のような痛みを感じさせるものがあるのである。
孟郊詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/328_moukou001.html 「文章得其微,物象由我裁。」詩人が作り出す文章は細やかなる描写表現を得ているものだ、万物の事象をも作り出すことさえも詩人自身の裁量でもってするのである。
李商隠詩 http://kanbuniinkai7.dousetsu.com/99_rishoinn150.html Ⅰ李商隠150首

 

菱荇沼 薛濤 唐五代詞・宋詩 薛濤-159-31-#24   漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2342


菱荇沼
水荇斜牽綠藻浮,柳絲和葉臥清流。
花ジュンサイが、みどり色の水藻をひき連れて水面に浮いている。糸のような柳の枝にはやわらかな若葉がいっぱいにつけて、清らかな流れの岸に臥したように並木が続き横たわっているように見える。
何時得向溪頭賞,旋摘菱花旋泛舟。
いつになったら、晩春に花ジュンサイの芽を取ったり、ひしの花が咲いて、初夏に咲くひしの花をつんだり、秋には采蓮とそれぞれの季節にぐるっとまわって舟あそびしたりする日を迎えることになるのでしょうか。

水荇【すいこう】斜に 綠藻【りょくそう】を牽きて浮び、柳絲【りゅうし】の和葉【わよう】清流に臥す。
何れの時か 渓頭に向って 賞し、旋【かえ】って菱花を摘み 旋って舟を泛ぶるを得ん。


『菱荇沼』 現代語訳と訳註
(本文)

菱荇沼
水荇斜牽綠藻浮,柳絲和葉臥清流。
何時得向溪頭賞,旋摘菱花旋泛舟。


(下し文)
(菱荇沼)
水荇【すいこう】斜に 綠藻【りょくそう】を牽きて浮び、柳絲【りゅうし】の和葉【わよう】清流に臥す。
何れの時か 渓頭に向って 賞し、旋【かえ】って菱花を摘み 旋って舟を泛ぶるを得ん。


(現代語訳)
花ジュンサイが、みどり色の水藻をひき連れて水面に浮いている。糸のような柳の枝にはやわらかな若葉がいっぱいにつけて、清らかな流れの岸に臥したように並木が続き横たわっているように見える。
いつになったら、晩春に花ジュンサイの芽を取ったり、ひしの花が咲いて、初夏に咲くひしの花をつんだり、秋には采蓮とそれぞれの季節にぐるっとまわって舟あそびしたりする日を迎えることになるのでしょうか。


(訳注)
菱荇沼

・菱荇 菱はひし。夏近く白い花をつけ、実は食用になる。荇はあさざ。はなじゅんさい。若葉を食用にする。・:①ヒシ科の一年生水草。各地の沼や池に群生。茎は水中を伸びて各節に細根を生じる。葉は菱形で、葉柄はふくれて空気を含み、水面に浮く。夏、白色四弁の花が咲く。果実はかたい殻でおおわれ両側に鋭いとげがある。食用となる。〔「菱の花」は [季]夏。「菱の実」は [季]秋〕 ②家紋の一。菱形を組み合わせたもの。松皮菱・割菱(武田菱)・三階菱など。③武器の一。鉄製で菱の実形に作り、先端をとがらせたもので、地上や河中に立てたり、まいたりして敵の進入を妨げる。車菱(くるまびし)。
:リンドウ科の多年生水草。沼沢に自生する。葉は緑色の広楕円形で,地下茎から長い柄を出して水面に浮かぶ。夏,黄色の五弁花を水上に開く。若葉は食用。ハナジュンサイ。 [季] 夏。
春に蓮の若葉が出て、ジュンサイの花が咲く。春に行楽に行って、見るだけなのだ。秋に若い女が素足を出して、采蓮、采荷、采菱し、歌を歌い楽しく過ごす。この時男女の出会いがある。だからその時が待ち遠しいということを詠ったものである。西施はこの時見初められたのである。この頃の女性は人間としての扱いがなく、女郎か、下女か奴隷のような生活しかなく、こうした出会いによって持参金が入り、夢のような生活ができる古代チャイナドリームの可能性があったのがこうした行事である。
花街の女たちはそれぞれの季節に舟遊びをする。それをお客が鑑賞することで、行楽の一つである。
この詩もどこか特定する場所があるわけではなく風物詩として詠ったものである。


水荇斜牽綠藻浮,柳絲和葉臥清流。
花ジュンサイが、みどり色の水藻をひき連れて水面に浮いている。糸のような柳の枝にはやわらかな若葉がいっぱいにつけて、清らかな流れの岸に臥したように並木が続き横たわっているように見える。
・水荇 水の中の花ジュンサイの若芽。
・綠藻 みどり色のも。
・和葉 やわらかな葉。春に出たばかりの葉。
・清流 ここは詩の中で純情なイメージを感じさせるのと技巧的には彩をつけている。清流は白、青、緑 黒である。この二句では多くの色を配置させている。①水②斜牽③綠④浮,⑤柳⑥和⑧⑨清⑩流


何時得向溪頭賞,旋摘菱花旋泛舟。
いつになったら、晩春に花ジュンサイの芽を取ったり、ひしの花が咲いて、初夏に咲くひしの花をつんだり、秋には采蓮とそれぞれの季節にぐるっとまわって舟あそびしたりする日を迎えることになるのでしょうか。
・渓頭 谷川のほとり。この沼は谷川から入りこんでいるもので、水はつづいていると思われる。百花潭のあたりかもしれない。
・賞 鑑賞する。めでる。
・旋 何々したり何したりの意ときせつがかわること、ぐるぐるまわること。
采蓮003