木蘭花 韋荘 妓楼の物見に独り上ってみれば、あの人を待っていた春ももう暮れかかろうとしています。愁いつつ眺めるときっとあの玉門関への道でさえ草が目生えていることでしょう。


2013年9月2日  同じ日の紀頌之5つのブログ
●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場
Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
   
LiveDoor
揚雄 《甘泉賦 》(22)#7-1 文選 賦<108-#21>9分割26回 Ⅱ李白に影響を与えた詩875 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2923
●唐を代表する中唐の韓愈の儒家としての考えのよくわかる代表作の一つ
Ⅱ中唐詩・晩唐詩
 
 LiveDoor
遊城南十六首:贈張十八助教 韓愈(韓退之) <177>Ⅱ中唐詩788 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2924
●杜甫の全作品1141首を取り上げて訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"
Ⅲ杜甫詩1000詩集  LiveDoor 635 五言律詩 《客亭》 蜀中転々 杜甫 <540>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2925 杜甫詩1000-540-779/1500
●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている
Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2 魏明帝) 《楽府二首 昭昭篇》 魏詩 kanbuniinkai 紀 頌之の詩詞 fc2ブログ 2926 (09/02)
●●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩
Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoor 木蘭花 韋荘  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-276-5-#30  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2927 木蓮001
 
 ■最近の人気の文・賦・詩・詞(漢詩の5ブログ各部門)
 ■主要詩人の一覧・詩目次・ブログindex

『楚辞・九歌』東君 屈原詩<78-#1505 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1332http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67664757.html    
『楚辞』九辯 第九段―まとめ 宋玉  <00-#35> 664 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2304    
http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-rihakujoseishi/archives/6471825.html    
安世房中歌十七首(1) 唐山夫人 漢詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67710265.html    
為焦仲卿妻作 序 漢詩<143>古詩源巻三 女性詩http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67729401.html    
於凊河見輓船士新婚別妻一首 曹丕(魏文帝) 魏詩http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67759129.html    
朔風 (一章) 曹植 魏詩<25-1>文選 雑詩 上 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67780868.html    
謝靈運詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/1901_shareiun000.html 謝靈運詩六朝期の山水詩人。この人の詩は上品ですがすがしい男性的な深みのある詩である。後世に多大な影響を残している。    
謝靈運が傲慢で磊落だったというが彼の詩からはそれを感じさせるということは微塵もない。謝靈運、謝朓、孟浩然は好きな詩人である。    
登永嘉緑嶂山詩 #1 謝霊運 <20> 詩集 386http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67474554.html    
登池上樓 #1 謝霊運<25>#1  ー http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67502196.html    
孟浩然の詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/209mokonen01.html 孟浩然の詩盛唐初期の詩人であるが謝霊運の詩に傾倒して山水詩人としてとてもきれいな詩を書いている。特に山水画のような病者の中で細やかな部分に動態を感じさせる表現力は素晴らしい。

李商隠詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/3991_rishoin000.html    
李商隠詩 華やかな時はほんの1年余り、残りは不遇であった。それが独特な詩を生み出した。この詩人の詩は物語であり、詩を単発で見ては面白くなく、数編から十数編のシリーズになっているのでそれを尊重して読まれることを進める。    
女性詩人 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/0josei00index.html 女性詩人古代から近世に至るまで女性の詩は書くことを許されない環境にあった。貴族の子女、芸妓だけである。残されている詩のほとんどは詞、楽府の優雅、雅なものへの媚の詞である。しかしその中に針のような痛みを感じさせるものがあるのである。    
孟郊詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/328_moukou001.html 「文章得其微,物象由我裁。」詩人が作り出す文章は細やかなる描写表現を得ているものだ、万物の事象をも作り出すことさえも詩人自身の裁量でもってするのである。    
李商隠詩 http://kanbuniinkai7.dousetsu.com/99_rishoinn150.html Ⅰ李商隠150

 


木蘭花 韋荘  Ⅹ
唐五代詞・宋詩Gs-276-5-#30   漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2927

木蓮001 




木蘭花

小樓春欲暮愁望玉関芳草路

妓楼の物見に独り上ってみれば、あの人を待っていた春ももう暮れかかろうとしています。愁いつつ眺めるときっとあの玉門関への道でさえ草が目生えていることでしょう。

消息断、不逢人。却細眉繍戸。

音沙汰も途絶えてしまい、玉門関から帰り来る人もないという、愁いに眉を曇らせておんなは閏の戸に入るのです。

坐看落花空歎息袂斑紅涙滴。

ただいたずらにすることもなく散る花を見ているだけで、むなしくため息漏らすのです。薄絹の枚をは涙で点々と濡らしているのです。

干山萬水不曾行、魂夢欲教何覓。

京劇の「花木蘭」は男となっていったのですが、ここの女は幾山川を越え行きしこともなければ、尋ね行く夢見さえ叶わないのです。

 

(木蘭花)

獨り小樓に上れば春暮れんと欲し、愁望す 玉関芳草の路。

消息 断え、人に逢はず。却って細き眉を斂【ひそ】めて 繍戸に歸る

坐ろに落花を看て 空しく歎息し、羅袂【らべい】湿れて斑に紅涙滴たる。

千山萬水 曾て行かず、魂夢は何處に覓めしめんと欲す。


 

『木蘭花』 現代語訳と訳註

鬢毛01(本文)

木蘭花

獨上小樓春欲暮、愁望玉関芳草路。

消息断、不逢人。却斂細眉歸繍戸。

坐看落花空歎息、羅袂斑紅涙滴。

干山萬水不曾行、魂夢欲教何覓。

 

 

(下し文)

(木蘭花)

獨り小樓に上れば春暮れんと欲し、愁望す 玉関芳草の路。

消息 断え、人に逢はず。却って細き眉を斂【ひそ】めて 繍戸に歸る

坐ろに落花を看て 空しく歎息し、羅袂【らべい】湿れて斑【まだら】に紅涙 滴たる。

千山萬水 曾て行かず、魂夢は何處に覓【もと】めしめんと欲す。

 

 

(現代語訳)

(木蘭花)

妓楼の物見に独り上ってみれば、あの人を待っていた春ももう暮れかかろうとしています。愁いつつ眺めるときっとあの玉門関への道でさえ草が目生えていることでしょう。

音沙汰も途絶えてしまい、玉門関から帰り来る人もないという、愁いに眉を曇らせておんなは閏の戸に入るのです。

ただいたずらにすることもなく散る花を見ているだけで、むなしくため息漏らすのです。薄絹の枚をは涙で点々と濡らしているのです。

京劇の「花木蘭」は男となっていったのですが、ここの女は幾山川を越え行きしこともなければ、尋ね行く夢見さえ叶わないのです。

 

 

(訳注)

木蓮002木蘭花

教坊曲。双調五十五字、前段二十七字五句三仄韻(暮、路。戸。)。後段二十八字四句三仄韻(息、滴。覓。)。

中国における伝承文芸・歌謡文芸で語られた物語上の女性主人公。木蘭の姓は「花」「朱」「木」「魏」など一定していないが、京劇では「花木蘭」とされる。老病の父に代わり、娘の木蘭が男装して従軍。異民族(主に突厥)を相手に各地を転戦し、自軍を勝利に導いて帰郷するというストーリーである。

 

 

獨上小樓春欲暮、愁望玉関芳草路。

妓楼の物見に独り上ってみれば、あの人を待っていた春ももう暮れかかろうとしています。愁いつつ眺めるときっとあの玉門関への道でさえ草が目生えていることでしょう。

・小樓  楼閣・楼上/高楼・鐘楼・蜃気楼(しんきろう)・白玉楼・摩天楼」 2 物見やぐら。「望楼」 3 歓楽や飲食のための店。楼主/妓楼

・欲暮 暮れようとしている。欲は今にも~しそうだ、の意。

・玉関 玉門関。中国の甘粛(かんしゅく)省北西部、敦煌(とんこう)(トゥンホワン)市西北約100kmのゴビ砂漠の中にある、唐の時代のシルクロード交易の関所で、河西回廊の防衛拠点の遺跡。玉門関は漢の時代に、南に位置する陽関とともに初めて設けられたが、現在残っているのは唐の時代の遺跡である。玉門関はシルクロード交易の重要な中継地となり、新疆(しんきょう)の和田で算出される玉を中原へ運ぶための中継地ともなったことから、玉門関と名づけられたといわれている。1988年に全国重点文物保護単位に指定された。唐・王昌齡 『從軍行』 青海長雲暗雪山, 孤城遙望玉門關。 黄沙百戰穿金甲, 不破樓蘭終不還。

・芳草路 春草の茂る道。旅立った男が旅先で春草(妾)に心奪われて帰って来ないことを暗示する。

 

消息断、不逢人。却斂細眉歸繍戸。

音沙汰も途絶えてしまい、玉門関から帰り来る人もないという、愁いに眉を曇らせておんなは閏の戸に入るのです。

・不逢人 男のいる地からやって来る人もなく、男の消息の得られぬこと。

繍戸 婦人の部屋。

 

坐看落花空歎息、羅袂斑紅涙滴。

ただいたずらにすることもなく散る花を見ているだけで、むなしくため息漏らすのです。薄絹の枚をは涙で点々と濡らしているのです。

・紅涙 女の悲しみの涙。頬紅が涙で溶けること。

 

干山萬水不曾行、魂夢欲教何覓。

京劇の「花木蘭」は男となっていったのですが、ここの女は幾山川を越え行きしこともなければ、尋ね行く夢見さえ叶わないのです。

・不曾行 これまで一度も行ったことがないの意。京劇の「花木蘭」と対比しての女を云う。

・魂夢 夢。夢魂に同じ。あたかも夢の中のようにぼんやりとした心持の状態を云う。

 

 

 

【解説辺境の守りに出たまま帰らぬ男を待ちわびる女の思いを詠う。前段は、晩春のとある日、高殿に上って男のいるはるかな玉関を眺めても、男の様子を知る由もなく、失意のうちに部屋に引き返すさまを描く。最後は、せめて夢に男を尋ねようにも、京劇の「花木蘭」のように男となることはできず、帰って來るはずも、行方さえ分からず、男の浮気心と無数の山川に隔てられて叶わぬことを嘆く。木蓮000