張泌《寄人》 深情けは裏を返せば浮気心というけれど、それでもただ春の庭園の上に出ているのは月のようにしています。あなたは離れていっていますが、あなたのためにひとりでまっています、庭に散って落ちた花にはいまも月光が照らし続けているのです。

2013年11月26日  の紀頌之5つのブログ
●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場
Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 
LiveDoorブログ
班孟堅(班固)《西都賦》(6)#2-4 文選 賦<112―6>18分割55回 Ⅱ李白に影響を与えた詩960 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3348
●唐を代表する中唐の韓愈の儒家としての考えのよくわかる代表作の一つ
Ⅱ中唐詩・晩唐詩
 
 LiveDoorブログ
《晚秋郾城夜會聯句〔韓愈、李正封〕》(26)-#24韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <873>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3349韓愈詩-220-#24
●杜甫の全作品1141首を取り上げて訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"
Ⅲ杜甫詩1000詩集  LiveDoorブログ 701 《章梓州水亭〔自注:時漢中王兼道士席謙在會,同用荷字韻。〕》蜀中転々 杜甫<608> 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3350 杜甫詩1000-608-864/1500
●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている
Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2ブログ 85蘇武 《詩四首 其二》 古詩源  漢詩  kanbuniinkai 紀 頌之の詩詞 fc2ブログ 3351 (11/26)
●●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩
Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoor 寄人 張泌【ちょうひつ】ⅩⅫ唐五代詞 Gs-361-7-#23  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3352
 
 ■最近の人気の文・賦・詩・詞(漢詩の5ブログ各部門)
 ■主要詩人の一覧・詩目次・ブログindex
『楚辞・九歌』東君 屈原詩<78-#1>505 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1332http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67664757.html
『楚辞』九辯 第九段―まとめ 宋玉  <00-#35> 664 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2304  http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-rihakujoseishi/archives/6471825.html
安世房中歌十七首(1) 唐山夫人 漢詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67710265.html 
為焦仲卿妻作 序 漢詩<143>古詩源 巻三 女性詩http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67729401.html
於凊河見輓船士新婚別妻一首 曹丕(魏文帝) 魏詩http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67759129.html
朔風 (一章) 曹植 魏詩<25-#1>文選雑詩 上 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67780868.html
謝靈運詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/1901_shareiun000.html 謝靈運詩六朝期の山水詩人。この人の詩は上品ですがすがしい男性的な深みのある詩である。後世に多大な影響を残している。
謝靈運が傲慢で磊落だったというが彼の詩からはそれを感じさせるということは微塵もない。謝靈運、謝朓、孟浩然は好きな詩人である。
登永嘉緑嶂山詩 #1 謝霊運 <20> 詩集 386ーhttp://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67474554.html
登池上樓 #1 謝霊運<25>#1  ー http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67502196.html
孟浩然の詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/209mokonen01.html 孟浩然の詩盛唐初期の詩人であるが謝霊運の詩に傾倒して山水詩人としてとてもきれいな詩を書いている。特に山水画のような病者の中で細やかな部分に動態を感じさせる表現力は素晴らしい。
李商隠詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/3991_rishoin000.html 
李商隠詩 華やかな時はほんの1年余り、残りは不遇であった。それが独特な詩を生み出した。この詩人の詩は物語であり、詩を単発で見ては面白くなく、数編から十数編のシリーズになっているのでそれを尊重して読まれることを進める。
女性詩人 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/0josei00index.html 女性詩人古代から近世に至るまで女性の詩は書くことを許されない環境にあった。貴族の子女、芸妓だけである。残されている詩のほとんどは詞、楽府の優雅、雅なものへの媚の詞である。しかしその中に針のような痛みを感じさせるものがあるのである。
孟郊詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/328_moukou001.html 「文章得其微,物象由我裁。」詩人が作り出す文章は細やかなる描写表現を得ているものだ、万物の事象をも作り出すことさえも詩人自身の裁量でもってするのである。
李商隠詩 http://kanbuniinkai7.dousetsu.com/99_rishoinn150.html Ⅰ李商隠150首
魚玄機 詩 全首130回賦得江邊柳 魚玄機  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-65-1-#五言律詩  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1876
薛濤 詩詞全首100 井梧吟 薛濤 唐五代詞・宋詩 薛濤-136-8-#1  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2227
主に花間集から
温庭筠 70首『菩薩蠻 一』温庭筠  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-1-1-#1 花間集 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1620
韋荘 50首 菩薩蠻 一 韋荘  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩花間集Gs-247-5-#1  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2617
皇甫松 10首 採蓮子二首  其一 皇甫松  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-307-5-#61  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3082
牛嶠  20首 女冠子四首 其一 牛嶠  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-312-5-#66  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3107
『花間集』継続中 
杜甫全詩 韓愈全詩 花間集 古詩源 玉台新詠

 

寄人 張泌【ちょうひつ】Ⅹ唐五代詞 Gs-361-7-#23   漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3352

 

 

寄人

(愛しい人に詩をよせる。)

別夢依依到謝家, 小廊迴合曲闌斜。

夢の中で別れても名残が惜しくおもう、東晋の才媛・謝道韞のようなわたしがいるのです。いまは、建物の外側の小振りな廊下がぐるりととりまいて、まがった欄干は、斜めに続いているところにいるのです。 

多情只有春庭月, 猶爲離人照落花。

深情けは裏を返せば浮気心というけれど、それでもただ春の庭園の上に出ているのは月のようにしています。あなたは離れていっていますが、あなたのためにひとりでまっています、庭に散って落ちた花にはいまも月光が照らし続けているのです。

 

(人に寄す)

夢に別れても依依として謝家に到り,小廊迴り合し 曲闌 斜めなり。

多情なるも只だ 春庭の月有り,猶お離人の爲に落花を照らす。

tsuki04
春爛漫の美女007
 

『寄人』 現代語訳と訳註

(本文)

寄人

別夢依依到謝家, 小廊迴合曲闌斜。

多情只有春庭月, 猶爲離人照落花。

 

(下し文)

(人に寄す)

夢に別れても依依として謝家に到り,小廊迴り合し 曲闌 斜めなり。

多情なるも只だ 春庭の月有り,猶お離人の爲に落花を照らす。

 

(現代語訳)

(愛しい人に詩をよせる。)

夢の中で別れても名残が惜しくおもう、東晋の才媛・謝道韞のようなわたしがいるのです。いまは、建物の外側の小振りな廊下がぐるりととりまいて、まがった欄干は、斜めに続いているところにいるのです。 

深情けは裏を返せば浮気心というけれど、それでもただ春の庭園の上に出ているのは月のようにしています。あなたは離れていっていますが、あなたのためにひとりでまっています、庭に散って落ちた花にはいまも月光が照らし続けているのです。

 

(訳注)

寄人

(愛しい人に詩をよせる。)

・寄 手紙で送る。詩を手紙で差し出す。人 ここは、作者が客観的に待ち侘びる女のさまを詠ったもので、「少し年を取ったかもしれませんがあなただけを待ち続けているのです」と手紙を書くだろうという教坊の曲である。この頃の詩は今で云う「あるある」を宴席で披露するもので、涼州詩や塞上詩とおなじように、実体験のものである必要はないのである。

・張泌 唐末~五代・後蜀の詞人。唐末に進士となる。生没年不詳。出身地不詳。五代・後蜀の花間派(五代・『花間集』に掲載された詞人)たちの一。官は右諫議大夫史館修撰で終わる。

 

別夢依依到謝家, 小廊迴合曲闌斜。

夢の中で別れても名残が惜しくおもう、東晋の才媛・謝道韞のようなわたしがいるのです。いまは、建物の外側の小振りな廊下がぐるりととりまいて、まがった欄干は、斜めに続いているところにいるのです。 

・別夢 遙かな昔、もはやぼんやりとした別れ。 ・依依:名残惜しく、離れにくいさま。また、細々と絶えないさま。

・謝家 恋人の女性側の家。謝は、東晋の才媛・謝道韞のことで彼女の姓。こよなく可愛い女性の意で使われている。謝道韞とは、魏晋時代随一の才女といわれた東晋・謝安の姪の謝道韞のこと。謝安は姪の謝道韞をこよなく可愛がったというが、謝安や謝靈運を云う場合もある。この頃は男が女の所へ通うか、女を囲うものであるから、女の家であろう。

温庭筠『更漏子』

柳絲長,春雨細,花外漏聲迢遞。

驚寒雁,起城烏,畫屏金遮

香霧薄,透簾幕,惆悵謝家池閣。

紅燭背,繡簾垂,夢長君不知。

『更漏子 一』温庭筠  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-15-15-#1 花間集 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1676

韋荘『望遠行』

欲別無言倚畫屏、含恨暗傷情。

謝家庭樹錦鶏鳴、残月落邊城。

人欲別、馬頻噺、綠槐千里長堤。

出門芳草路萋萋、雲雨別來易東西。

不忍別君後、却入旧香閏。

100 望遠行 韋荘  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-285-5-#39  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2972

薛濤『酬郭簡州寄柑子』「霜規不讓黃金色,圓質仍含御史香。何處同聲情最異,臨川太守謝家郎。」

酬郭簡州寄柑子 薛濤 唐五代詞・宋詩 薛濤-192-58-#52  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2507

・小廊 小振りな渡り廊下。小振りなまわり廊下。建物(=正房)の両外側の廊下。 

・迴合 周囲をめぐる。周りをとりまく。

・曲闌 まがった手すり。まがった欄干。

○この二句は、女性が女妓であり、めぐり廻ってゆきつくことを意味し、いろんな女性の所に行くことを連想させ、次の「多情」につながり深い情けが浮気の心につながる。

 

多情只有春庭月, 猶爲離人照落花。

深情けは裏を返せば浮気心というけれど、それでもただ春の庭園の上に出ているのは月のようにしています。あなたは離れていっていますが、あなたのためにひとりでまっています、庭に散って落ちた花にはいまも月光が照らし続けているのです。 

・多情:深情け。情愛が深く感じやすいこと。

韋荘『天仙子 其一』

惆望前回夢裏期、看花不語苦尋思。

露桃花裏小腰肢。

眉眼細、鬢雲垂。唯有多情宋玉知。

天仙子 其一 ~ 其五 其一 韋荘  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-270-5-#24  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2897

魚玄機『和人次韻』

喧喧朱紫雜人寰,獨自清吟日色間。

何事玉郎搜藻思,忽將瓊韻扣柴關。

白花發詠慚稱謝,僻巷深居謬學顏。

不用多情欲相見,松蘿高處是前山。

和人次韻 魚玄機  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-118-53-#  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2137

・只有 ただ…だけがある。ただ…よりほかはない。 

春庭月 また来た春の庭園の上に出ている月。春は眠っている性の情が戻ってくる季節である。春庭は行楽を云う。

・離人 直近まで一緒にいたが別れていった人。離れていった過去の恋人。薛濤『送鄭資州』「雨暗眉山江水流,離人掩袂立高樓。雙旌千騎駢東陌,獨有羅敷望上頭。」

送鄭資州 薛濤 唐代詞・宋詩 薛濤-194-60-#54  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2517

・照 てらしだす。 

・落花 散って落ちた花。また、花が散り落ちる女のことで、年増になった女を云う。