薛昭蘊≪醉公子一首≫ 寝台の上に小型の香炉が置かれ、香の煙が香炉の網の所でくゆっている。韶州には軽らかな白い葛の新しかったかたびらが赤の染付も色あせる。何処に行くこともできずにいるこんな生活は我慢できない。こんなに心が捻じ曲がって来たけれど、何もはじめっから心が汚れようとしたわけではない。

2013年12月31日  の紀頌之5つのブログ
●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場
Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 
LiveDoorブログ
班孟堅(班固)《西都賦》(41)#16(狩猟後の饗宴と昆明地ⅰ)-1 文選 賦<112―41>18分割55回 Ⅱ李白に影響を与えた詩995 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3523
●唐を代表する中唐の韓愈の儒家としての考えのよくわかる代表作の一つ
Ⅱ中唐詩・晩唐詩
 
 LiveDoorブログ
《瀧吏》嶺南行(4)-3韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <908>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3524韓愈詩-233
●杜甫の全作品1141首を取り上げて訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"
Ⅲ杜甫詩1000詩集  LiveDoorブログ 736 《客舊館〔草堂逸詩拾遺〕》 蜀中転々 杜甫 <643>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3525 杜甫詩1000-643-899/1500〔草堂逸詩拾遺-(12)〕
●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている
Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2ブログ 240《九辯 第八段》 宋玉 kanbuniinkai 紀 頌之の詩詞 fc2ブログ 3526 (12/31)
●●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩
Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoor 9 19 醉公子一首 (薛昭蘊)薛侍郎昭蘊ⅩⅫ唐五代詞・「花間集」 Gs-396-9-#19  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3527
 
 ■最近の人気の文・賦・詩・詞(漢詩の5ブログ各部門)
 ■主要詩人の一覧・詩目次・ブログindex
『楚辞・九歌』東君 屈原詩<78-#1>505 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1332http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67664757.html
『楚辞』九辯 第九段―まとめ 宋玉  <00-#35> 664 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2304  http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-rihakujoseishi/archives/6471825.html
安世房中歌十七首(1) 唐山夫人 漢詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67710265.html 
為焦仲卿妻作 序 漢詩<143>古詩源 巻三 女性詩http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67729401.html
於凊河見輓船士新婚別妻一首 曹丕(魏文帝) 魏詩http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67759129.html
朔風 (一章) 曹植 魏詩<25-#1>文選雑詩 上 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67780868.html
謝靈運詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/1901_shareiun000.html 謝靈運詩六朝期の山水詩人。この人の詩は上品ですがすがしい男性的な深みのある詩である。後世に多大な影響を残している。
謝靈運が傲慢で磊落だったというが彼の詩からはそれを感じさせるということは微塵もない。謝靈運、謝朓、孟浩然は好きな詩人である。
登永嘉緑嶂山詩 #1 謝霊運 <20> 詩集 386ーhttp://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67474554.html
登池上樓 #1 謝霊運<25>#1  ー http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67502196.html
孟浩然の詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/209mokonen01.html 孟浩然の詩盛唐初期の詩人であるが謝霊運の詩に傾倒して山水詩人としてとてもきれいな詩を書いている。特に山水画のような病者の中で細やかな部分に動態を感じさせる表現力は素晴らしい。
李商隠詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/3991_rishoin000.html 
李商隠詩 華やかな時はほんの1年余り、残りは不遇であった。それが独特な詩を生み出した。この詩人の詩は物語であり、詩を単発で見ては面白くなく、数編から十数編のシリーズになっているのでそれを尊重して読まれることを進める。
女性詩人 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/0josei00index.html 女性詩人古代から近世に至るまで女性の詩は書くことを許されない環境にあった。貴族の子女、芸妓だけである。残されている詩のほとんどは詞、楽府の優雅、雅なものへの媚の詞である。しかしその中に針のような痛みを感じさせるものがあるのである。
孟郊詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/328_moukou001.html 「文章得其微,物象由我裁。」詩人が作り出す文章は細やかなる描写表現を得ているものだ、万物の事象をも作り出すことさえも詩人自身の裁量でもってするのである。
李商隠詩 http://kanbuniinkai7.dousetsu.com/99_rishoinn150.html Ⅰ李商隠150首
魚玄機 詩 全首130回賦得江邊柳 魚玄機  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-65-1-#五言律詩  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1876
薛濤 詩詞全首100 井梧吟 薛濤 唐五代詞・宋詩 薛濤-136-8-#1  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2227
主に花間集から
温庭筠 70首『菩薩蠻 一』温庭筠  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-1-1-#1 花間集 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1620
韋荘 50首 菩薩蠻 一 韋荘  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩花間集Gs-247-5-#1  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2617
皇甫松 10首 採蓮子二首  其一 皇甫松  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-307-5-#61  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3082
牛嶠  20首 女冠子四首 其一 牛嶠  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-312-5-#66  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3107
『花間集』継続中 
杜甫全詩 韓愈全詩 李白全集 文選 花間集 古詩源 玉台新詠


9 19
醉公子一首 (薛昭蘊)薛侍郎昭蘊Ⅹ唐五代詞・「花間集」 Gs-396-9-#19   漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3527


花間集には同じ題の詩は以下のようにある

薛侍郎昭蘊

醉公子一首

(顧太尉

醉公子二首

閻處士選

醉公子一首



醉公子一首

(貴公子に棄てられ、心が捻じ曲がり、汚れていく女を詠う。)

慢綰青絲髮,光砑綾襪。

かき上げて束ねている髪がゆるくなっている、若い黒髪が春の日にひかる。布につや出しをする,滑らかにした綾織物が鮮やかに光る。
床上小燻籠,韶州新退紅。

寝台の上に小型の香炉が置かれ、香の煙が香炉の網の所でくゆっている。韶州には軽らかな白い葛の新しかったかたびらが赤の染付も色あせる。
叵耐無端處,捻得從頭汚。

何処に行くこともできずにいるこんな生活は我慢できない。こんなに心が捻じ曲がって来たけれど、何もはじめっから心が汚れようとしたわけではない。
惱得眼慵開,問人閑事來。

もう悩んでしまって何もしたくなくなって目もトロンとした開け方になってしまう。世の人に問いかけてみてもこの後静かな何にもないことしか来はしない。


醉公子

綰も慢んだ青絲の髮,砑も光る 綾の襪【しとうず】。

床上 小さく籠に燻じて,韶州 新らたな紅も退す。

叵耐すは端無き處,捻くれて從頭の汚れを得ん。

惱んで眼慵き開くを得ん,人に問う閑事來るらん。

波眼蝶0055


醉公子一首』 現代語訳と訳註

(本文)

醉公子一首

慢綰青絲髮,光砑綾襪。

床上小燻籠,韶州新退紅。

叵耐無端處,捻得從頭汚。

惱得眼慵開,問人閑事來。

(下し文)

醉公子

綰も慢んだ青絲の髮,砑も光る 綾の襪【しとうず】。

床上 小さく籠に燻じて,韶州 新らたな紅も退す。

叵耐すは端無き處,捻くれて從頭の汚れを得ん。

惱んで眼慵き開くを得ん,人に問う閑事來るらん。

(現代語訳)

(貴公子に棄てられ、心が捻じ曲がり、汚れていく女を詠う。)

かき上げて束ねている髪がゆるくなっている、若い黒髪が春の日にひかる。布につや出しをする,滑らかにした綾織物が鮮やかに光る。

寝台の上に小型の香炉が置かれ、香の煙が香炉の網の所でくゆっている。韶州には軽らかな白い葛の新しかったかたびらが赤の染付も色あせる。何処に行くこともできずにいるこんな生活は我慢できない。こんなに心が捻じ曲がって来たけれど、何もはじめっから心が汚れようとしたわけではない。

もう悩んでしまって何もしたくなくなって目もトロンとした開け方になってしまう。世の人に問いかけてみてもこの後静かな何にもないことしか来はしない。


(訳注)

醉公子一首

唐の教坊の曲名。『花間集』には薛昭蘊の一首他三首の所収。双調四十字、前後段二十字四句二仄韻、韻二平韻で、❺❺⑤⑤/❺❺⑤⑤の詞形をとる。

(貴公子に棄てられ、心が捻じ曲がり、汚れていく女を詠う。)

前段、好きな貴公子と過ごした楽しい日々をあらわし、後段、プレゼントされた良いものも色あせていき、何時しか一人きりの生活が続くと心も捻じ曲がった人間に変わっていくという女のようすを詠う。


慢綰青絲髮,光砑
綾襪。

かき上げて束ねている髪がゆるくなっている、若い黒髪が春の日にひかる。布につや出しをする,滑らかにした綾織物が鮮やかに光る。

髪をかき上げて束ねる。「人皆は今は長しと―・けと言へど」〈万・一二四〉2 舟をあやつる。「大舟を荒海(あるみ)に漕ぎ出で八()舟―・け我が見し児らがまみは著(しる)しも」〈万・一二六六〉3 《「だく」とも》手綱をあやつる。

光砑 (皮や布に)つや出しをする,滑らかにする砑光つや出ししてひかっている。

綾 綾(あや)はななめに交差する織物のあり方の総称(これに関しては綾織りを参照)。いろいろな模様を浮き出すように織った織物の紋織物をさす(呉の国の綾織物)。

襪/下沓【しとうず】《「したぐつ」の音変化》古代以来、沓(くつ)をはくときに用いる布帛(ふはく)製の履物。礼服(らいふく)には錦(にしき)、朝服には平絹を用いた。


床上小燻籠,韶州新退紅。

寝台の上に小型の香炉が置かれ、香の煙が香炉の網の所でくゆっている。韶州には軽らかな白い葛の新しかったかたびらが赤の染付も色あせる。。

韶州(しょうしゅう)は中華人民共和国広東省にかつて設置された州。現在の韶関市一帯に相当する。 南北朝時代、梁により設置された東衡州を前身とする。589年(開皇9年)、隋朝により韶州と改称された。翌年には廃止され管轄区域は広州に統合された。

・広州へいったなら交址には貴重すべき丹砂があるし、韶州には軽らかな白い葛のかたびらがある。

杜甫『送段功曹歸廣州』 

南海春天外,功曹幾月程。

峽雲籠樹小,湖日落船明。

交趾丹砂重,韶州白葛輕。

幸君因旅客,時寄錦官城。

送段功曹歸廣州 蜀中転々 杜甫 <509  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2740 杜甫詩1000-509-742/1500


叵耐無端處,捻得從頭汚。

何処に行くこともできずにいるこんな生活は我慢できない。こんなに心が捻じ曲がって来たけれど、何もはじめっから心が汚れようとしたわけではない。

叵耐 …し難い,…できない叵耐我慢ならない.叵 pǒcè[]《貶》はかり難い,(うかが)い知れない居心叵腹の中で何を企んでいるのかわからぬ

捻得 人の心が素直でなく曲がった状態になること根性がねじ曲がる 心が捻くれる 悪堕ちする ダークサイドに堕ちる 捻くれる ねじける いじける 根性が捻じ曲がる

從頭 はじめから。


惱得眼慵開,問人閑事來。

もう悩んでしまって何もしたくなくなって目もトロンとした開け方になってしまう。世の人に問いかけてみてもこの後静かな何にもないことしか来はしない。

眼慵開 眼をものうげにひらく。


曉鶯001


 花間集の 薛侍郎昭蘊(薛昭蘊)の十九首
1小重山二首 其一 薛侍郎昭蘊(薛昭蘊)  ⅩⅫ唐五代詞・「花間集」 Gs-377-9-#1  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3432
2小重山二首 其二 (薛昭蘊)薛侍郎昭蘊  ⅩⅫ唐五代詞・「花間集」 Gs-378-9-#2  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3437
3浣溪紗八首 其一 (薛昭蘊)薛侍郎昭蘊  ⅩⅫ唐五代詞・「花間集」 Gs-379-9-#3  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3442
49 4 浣溪紗八首 其二 (薛昭蘊)薛侍郎昭蘊ⅩⅫ唐五代詞・「花間集」 Gs-380-9-#4  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3447
59 5 浣溪紗八首 其三 (薛昭蘊)薛侍郎昭蘊ⅩⅫ唐五代詞・「花間集」 Gs-381-9-#5  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3452
69 6 浣溪紗八首 其四 (薛昭蘊)薛侍郎昭蘊ⅩⅫ唐五代詞・「花間集」 Gs-382-9-#6  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3457
79 7 浣溪紗八首 其五 (薛昭蘊)薛侍郎昭蘊ⅩⅫ唐五代詞・「花間集」 Gs-383-9-#7  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3462
89 8 浣溪紗八首 其六 (薛昭蘊)薛侍郎昭蘊ⅩⅫ唐五代詞・「花間集」 Gs-384-9-#8  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3467
99 9 浣溪紗八首 其七 (薛昭蘊)薛侍郎昭蘊ⅩⅫ唐五代詞・「花間集」 Gs-385-9-#9  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3472
109 10 浣溪紗八首 其八 (薛昭蘊)薛侍郎昭蘊ⅩⅫ唐五代詞・「花間集」 Gs-386-9-#10  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3477
119 11 相見歡 (薛昭蘊)薛侍郎昭蘊ⅩⅫ唐五代詞・「花間集」 Gs-387-9-#11  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3482
129 12 女冠子二首其一 (薛昭蘊)薛侍郎昭蘊ⅩⅫ唐五代詞・「花間集」 Gs-388-9-#12  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3487
139 13 女冠子二首其二 (薛昭蘊)薛侍郎昭蘊ⅩⅫ唐五代詞・「花間集」 Gs-389-9-#13  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3492
149 14 謁金門 (薛昭蘊)薛侍郎昭蘊ⅩⅫ唐五代詞・「花間集」 Gs-390-9-#14  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3497
15-#19 15-#1 離別難一首-#1(薛昭蘊)薛侍郎昭蘊ⅩⅫ唐五代詞・「花間集」 Gs-391-9-15-#1  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3502
15-#29 15-#2 離別難一首 (薛昭蘊)薛侍郎昭蘊ⅩⅫ唐五代詞・「花間集」 Gs-392-9-15-#2  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3507
169 16 喜遷鶯三首 其一 (薛昭蘊)薛侍郎昭蘊ⅩⅫ唐五代詞・「花間集」 Gs-393-9-#16  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3512
179 17 喜遷鶯三首 其二 (薛昭蘊)薛侍郎昭蘊ⅩⅫ唐五代詞・「花間集」 Gs-394-9-#17   漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3517
189 18 喜遷鶯三首 其三 (薛昭蘊)薛侍郎昭蘊ⅩⅫ唐五代詞・「花間集」 Gs-395-9-#18   漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3522
199 19 醉公子一首 (薛昭蘊)薛侍郎昭蘊ⅩⅫ唐五代詞・「花間集」 Gs-396-9-#19   漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3527


杏の白花012