長く宮中に住む宮妓の他に、玄宗の時代から長安と洛陽の宮殿にほど近い街区に、左右二つの芸妓養成のための外教坊が設けられた。ここでも多数の芸妓が養成されたが、この芸妓は宮廷の専用に充てられ、官官によって管理された。彼女たちが宮妓と異なるのは、宮中には住まず、必要な時に呼び出され宮中の御用に供された点にある。





      
 花間集 教坊曲『菩薩蠻』四十一首 
 溫助教庭筠巻一『菩薩蠻 一』温庭筠小山重疊金明滅, 
  巻一『菩薩蠻 二』温庭筠水精簾裡頗黎枕, 
  巻一『菩薩蠻 三』温庭筠蘂黃無限當山額, 
  巻一『菩薩蠻 四』温庭筠翠翹金縷雙鸂鶒, 
  巻一『菩薩蠻 五』温庭筠杏花含露團香雪, 
  巻一『菩薩蠻 六』温庭筠玉樓明月長相憶, 
  巻一『菩薩蠻 七』温庭筠鳳凰相對盤金縷, 
  巻一『菩薩蠻 八』温庭筠牡丹花謝鶯聲歇, 
  巻一『菩薩蠻 九』温庭筠滿宮明月梨花白, 
  巻一『菩薩蠻 十』温庭筠寶函鈿雀金鸂鶒, 
  巻一『菩薩蠻十一』温庭筠南園滿地堆輕絮, 
  巻一『菩薩蠻十二』温庭筠夜來皓月纔當午, 
  巻一『菩薩蠻十三』温庭筠雨晴夜合玲瓏日, 
  巻一『菩薩蠻十四』温庭筠竹風輕動庭除冷, 
 韋荘(韋相莊)巻三菩薩蠻 一 韋荘紅樓別夜堪惆悵 
  巻三菩薩蠻 二 韋荘人人盡江南好 
  巻三菩薩蠻 三 韋荘如今卻憶江南樂 
  巻三菩薩蠻 四 韋荘勸君今夜須沉醉 
  巻三菩薩蠻 五 韋荘洛陽城裡春光好 

 牛嶠(牛給事嶠)巻四菩薩蠻七首 其一 牛嶠【ぎゅうきょう】舞裙香暖金泥鳳, 
  巻四菩薩蠻七首 其二 牛嶠【ぎゅうきょう】柳花飛處鶯聲急, 
  巻四菩薩蠻七首 其三 牛嶠【ぎゅうきょう】玉釵風動春幡急, 
  巻四菩薩蠻七首 其四 牛嶠【ぎゅうきょう】畫屏重疊巫陽翠, 
  巻四菩薩蠻七首 其五 牛嶠【ぎゅうきょう】風簾鷰舞鶯啼柳, 
  巻四菩薩蠻七首 其六 牛嶠【ぎゅうきょう】綠雲鬢上飛金雀, 
  巻四菩薩蠻七首 其七 牛嶠【ぎゅうきょう】 玉樓冰簟鴛鴦錦, 
15-443

 
 2014年8月18日の紀頌之5つのブログ 
 ●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場 
 Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 
LiveDoorブログ
61 《望夫石》Ⅰ―1 715年開元三年15歳 剣術を好み賦を作る <61> Ⅰ李白詩1225 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ4673 
 孟浩然 詩 index李白詩index謝霊運 詩 index司馬相如 《 子虛賦 ・上林賦 》揚雄 《 甘泉賦 》 ●諸葛亮(孔明)出師表 
 曹植(曹子建)詩 65首 index文選 賦)兩都賦序・西都賦・東都賦 (班固)《李白 全詩》
  総合案内
(1)漁父辞 屈原『楚辞・九歌』東君 屈原《楚辞 『九辯』》 宋玉  <案内> 
 ●唐を代表する 中唐 韓愈 全500首  
 Ⅱ中唐詩・晩唐詩
  LiveDoorブログ
431 《岐山下,二首之一》韓愈(韓退之)ID index-1 793年貞元9年 26歳<1138> Ⅱ韓昌黎集 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ4674韓愈詩-431 
 ・李商隠詩 (1) 136首の75首・李商隠詩 (2) 135首の61首●韓愈index-1 ・孟郊、張籍と交遊・汴州乱41首●韓愈詩index-2[800年 33歳~804年 37歳]27首●韓愈詩index-3 805年 38歳・]陽山から江陵府 36首●韓愈詩index-4 806年 39歳 江陵府・権知国子博士 51首(1)25首 
 index-5 806年39歳 50首の(2)25首index-6[807年~809年 42歳]20首index-7[810年~811年 44歳] 34首index-8 [812年~814年47歳]46首index-9[815年~816年 49歳] 57首index-10[817年~818年 51歳]・「平淮西碑」28首 
 index-11 819年 52歳 ・『論佛骨表』左遷 38首index-12 820年 53歳 ・9月國子祭酒に。18首index-13 821年~822年 55歳 22首index-14 823年~824年 57歳・病気のため退職。没す。 14首韓愈 哲学・儒学「五原」賦・散文・上奏文・碑文など 
 孟郊張籍     
 ●杜甫の全作品1500首を取り上げて訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。" 
 Ⅲ杜甫詩全1500首   LiveDoorブログ廣徳2年764-96 《巴西聞收宮闕送班司馬入京【案:草堂逸詩拾遺。】》 杜甫index-14 764年 杜甫<797> 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ4675 杜甫詩1500-797-1106/2500廣徳2年764-96 
 杜甫詩(1)736~751年 青年期・李白と交遊期・就活の詩 53首杜甫詩(2)752年~754年、43歳 73首(青年期・就活の詩) 杜甫詩(3)755年~756年、45歳 安史の乱に彷徨う 26首杜甫詩(4)作時757年、46歳 安史軍捕縛、脱出、左拾遺 43首杜甫詩(5)758年;乾元元年、47歳 左拾遺、朝廷疎外、左遷 53首杜甫詩 (6)759年;乾元二年、48歳 三吏三別 官を辞す 44首 
 杜甫詩(7)759年;乾元二年、48歳 秦州抒情詩 66首杜甫詩(8)作時759年、48歳 秦州発、同谷紀行、成都紀行 36首杜甫詩(9)760年;上元元年、49歳 成都浣花渓草堂 45首杜甫詩(10)761年;上元二年、50歳 成都浣花渓草堂 82首杜甫詩(11)762年寶應元年 杜甫51歳  浣花渓草堂~蜀中転々 43首杜甫詩(12)762年寶應元年 杜甫51歳 蜀中転々 49首 
 ●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている 
 Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2ブログ470 韓昌黎集 巻五403 《次潼關先寄張十二閣老使君〔張賈也〕》韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <844>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3204韓愈詩-216 韓愈kanbuniinkai 紀 頌之の詩詞 fc2ブログ 4676 (08/18) 
        
 ●花間集全詩●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩。唐から五代詩詞。花間集 
 Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoor15-443《菩薩蠻二首其二》魏承班Ⅻ唐五代詞・『花間集』全詩訳注解説Gs-626-15-(443) 巻九漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ4677 
 薛濤の全詩花間集(1)花間集(2)花間集(3)花間集(4)花間集(5) 
 魚玄機全詩●花間集(6)●花間集(7)●花間集(8)●花間集(9)●花間集(10) 
 温庭筠66首 花間集1・2巻皇甫松11首 花間集二巻韋莊47首 花間集二巻薛昭蘊19首 花間集三巻牛嶠31首 花間集三・四巻張泌27首 花間集四巻 
 毛文錫31首 花間集5巻牛希濟11首 花間集5巻欧陽烱17首 花間集5・6巻和凝20首 花間集6巻顧夐56首 花間集6・7巻孫光憲47首 花間集7・8巻 
 魏承班15首 花間集8・9巻鹿虔扆6首 花間集9巻閻選8首 花間集9巻尹鶚6首 花間集9巻毛熙震29首 花間集9・10巻李珣39首 花間集10巻 
  ■最近Best5 賦・詩・詞(漢詩4ブログ各部門)漢詩総合サイト 07ch 
 杜甫全詩案内韓愈全詩案内李白全集文選古詩源花間集案内 
 


《菩薩蠻二首其二》魏承班Ⅻ唐五代詞・『花間集』全詩訳注解説Gs-626-15-(443)  巻九漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ4677

 和學士凝(和凝)巻六菩薩蠻一首 其一 和凝越梅半拆輕寒裏 
 孫少監光憲巻八菩薩蠻五首(1)其一月華如水籠香砌, 
  巻八菩薩蠻五首(2)其二花冠頻皷牆頭翼, 
  巻八菩薩蠻五首(3)其三小庭花落無人掃, 
  巻八菩薩蠻五首(4)其四青巖碧洞經朝雨, 
  巻八菩薩蠻五首(5)其五木綿花映叢祠小, 
 魏太尉承班巻八菩薩蠻二首其一羅裾薄薄秋波染, 
  巻八菩薩蠻二首其二羅衣隱約金泥畫, 
 尹參卿鶚巻九菩薩蠻一首 隴雲暗合秋天白, 
 毛秘書熙震巻十菩薩蠻三首其一梨花滿院飄香雪 
  巻十菩薩蠻三首其二繡簾高軸臨塘看 
  巻十菩薩蠻三首其三天含殘碧融春色 
 李秀才珣巻十菩薩蠻三首其一迴塘風起波紋細 
  巻十菩薩蠻三首其二等閑將度三春景 
  巻十菩薩蠻三首其三隔簾微雨雙飛鷰 
      

 

 

魏承斑(生卒年未詳、およそ九三〇年前後に在世)

前蜀の詞人。字、出身地ともに未詳。魏承斑の父親の魏宏夫は、前蜀の王建の養子となり、王宗弼の名を賜り、斉王に封じられた。蜀承斑は鮒馬都尉(皇女の婿に与えられる官職)となり、官は大尉に至った。その詞は、専ら抒情を主とし、淡白にして明噺で、人々は好んでその詞を模倣したと言われ、薛昭蘊や牛橋には譲るが、毛文錫には勝ると評価されている。『花間集』には十五首の詞が収められている。全唐詩によりなお六首を補うことができる。詞風は溫庭筠に近い。

 

 

花間集 巻八 魏太尉承班二首

花間集 巻九 魏太尉承班十三首

 

 

菩薩蠻二首

 

菩薩蠻二首 其一

羅裾薄薄秋波染,眉間畫時山兩點。

相見綺筵時,深情暗共知。

翠翹雲鬢動,斂態彈金鳳。

宴罷入蘭房,邀入解珮璫。

(秋も深まり、菊と月を愛でる宴において、結ばれることになった妓優は初めて男と結ばれた)

うす絹の裾から足元が透けて見えてきて秋景色の波はずっと色濃くしている。女の眉の間には花鈿が綺麗に点々と画かれて化粧を整えている。

秋を愛でるきれいな宴の花筵に互に見つめ合う二人がいる、愛し合う心はますます深くなり、ますます二人だけの世界に入っていくことを知る。

女は翡翠の羽を高く掲げるほど有頂天になって雲型の黒かにを動かしていく、服の乱れを整えて、金の鳳凰の飾りを奇麗に弾いて髪を調える。

やがて宴も終る、そして、蘭の香りの閨に入ってゆく、すべてを迎い入れ、佩び玉と耳飾りをといて、はじめて結ばれる。

(菩薩蠻二首 其の一)

羅裾 薄薄として秋波染め,眉間 畫時 山兩點たり。

相い見る 綺筵の時を,深く情す 暗く共に知るを。

翠翹して 雲鬢動き,態を斂めて 金鳳を彈く。

宴罷み 蘭房に入る,邀えて入る 珮璫を解く。

 

菩薩蠻二首 其二

羅衣隱約金泥畫,玳筵一曲當秋夜。

聲戰覷人嬌,雲鬟裊翠翹。

酒醺紅玉輭,眉翠秋山遠。

繡幌麝煙沉,誰人知兩心。

薄絹の衣裳の下には金泥の絵模様がほのかに見えている、秋の夜の玳瑁の筵の宴において歌う「琴操」曲の歌があり、優雅な宴はすすめられる。

おおらかに声を震わせて独唱して、艶めかしき眼差し投げかける、翡翠の髪飾りに黄金の簪が黒髪に揺れる。

宴もたけなわになると酒に酔って頬も紅く可愛らしく愛嬌に感じられる、眉は遠き秋の山の色にかかれてほほのあかくそまったちかくのやまということなのだ。

そのあと、刺繍の帳のうちに麝香の煙がひくくただようなかで、誰が知ろうこの時の二人の心のうちを。

 

(菩薩蠻二首 其の二)

羅衣 隱約たり 金泥の畫,玳筵【たいえん】一曲 秋夜に當る。

聲 戰【ふる】え 人を覷ること嬌かし,雲鬟 翠翹 裊【ゆ】れる。

酒醺 紅玉輭【やわら】かに,眉翠 秋山遠し。

繡幌【しゅうこう】麝煙 沉み,誰れ人か 兩心を知らん。

晩菊002
 

 

『菩薩蠻二首 其二』 現代語訳と訳註

(本文)

菩薩蠻二首 其二

羅衣隱約金泥畫,玳筵一曲當秋夜。

聲戰覷人嬌,雲鬟裊翠翹。

酒醺紅玉輭,眉翠秋山遠。

繡幌麝煙沉,誰人知兩心。

 

(下し文)

(菩薩蠻二首 其の二)

羅衣 隱約たり 金泥の畫,玳筵【たいえん】一曲 秋夜に當る。

聲 戰【ふる】え 人を覷ること嬌かし,雲鬟 翠翹 裊【ゆ】れる。

酒醺 紅玉輭【やわら】かに,眉翠 秋山遠し。

繡幌【しゅうこう】麝煙 沉み,誰れ人か 兩心を知らん。

(現代語訳)

(宮妓の中の妓優の秋の夜の宴席を詠う。)

薄絹の衣裳の下には金泥の絵模様がほのかに見えている、秋の夜の玳瑁の筵の宴において歌う「琴操」曲の歌があり、優雅な宴はすすめられる。

おおらかに声を震わせて独唱して、艶めかしき眼差し投げかける、翡翠の髪飾りに黄金の簪が黒髪に揺れる。

宴もたけなわになると酒に酔って頬も紅く可愛らしく愛嬌に感じられる、眉は遠き秋の山の色にかかれてほほのあかくそまったちかくのやまということなのだ。

そのあと、刺繍の帳のうちに麝香の煙がひくくただようなかで、誰が知ろうこの時の二人の心のうちを。

博山爐01

 

(訳注)

菩薩蛮二首其二

(宮妓の中の妓優の秋の夜の宴席を詠う。)

後段、宴も終わった時には、彼女は酔って顔を紅く染め、男と香の煙なびく自室の帳の内に戻るが、二人の胸の内を知る者は誰一人いないと言う。

長く宮中に住む宮妓の他に、玄宗の時代から長安と洛陽の宮殿にほど近い街区に、左右二つの芸妓養成のための外教坊が設けられた。ここでも多数の芸妓が養成されたが、この芸妓は宮廷の専用に充てられ、官官によって管理された。彼女たちが宮妓と異なるのは、宮中には住まず、必要な時に呼び出され宮中の御用に供された点にある。記録によれば、右教坊の芸妓の多くは歌がうまく、左教坊のものは舞いが上手だったという。

彼女らも、芸を売ることだけだったということではなく、歌、踊りの後天子のものとでその夜を過すということは当然あった。富貴の者の家に置かれた芸妓たちも同様であり、軍隊や地方官庁に置かれた官妓も同じであった。

この詩の中ではもっとも高貴なものの酒宴であったので、天子の御手が着いたということであろう。

『花間集』には魏承斑の作が二首収められている。双調四十四字、前段二十四字四句二仄韻二平後段二十字四句二仄韻二平韻で、❼❼⑤⑤/➎➎⑤⑤の詞形をとる。

○△●●○△●  ●○●●△○●

○●●○△  ○○●●△

●○○●●  ○●○○●

●●●○○  ○○○●○

 

羅衣隱約金泥畫,玳筵一曲當秋夜。

薄絹の衣裳の下には金泥の絵模様がほのかに見えている、秋の夜の玳瑁の筵の宴において歌う「琴操」曲の歌があり、優雅な宴はすすめられる。

○隠約 ほのかかなさま。①はっきりと見分けがたいこと。②言葉は簡単でも意味が奥深いこと。また、あからさまに表現しないこと

○玳筵 玳瑁の筵。玳瑁は海亀の一種で、甲羅が半透明なところから珍重される。ここでは豪華な宴席を指す。妓優・官妓でも南曲の上級のものが接客する宴であろう。

 

聲戰覷人嬌,雲鬟裊翠翹。

おおらかに声を震わせて独唱して、艶めかしき眼差し投げかける、翡翠の髪飾りに黄金の簪が黒髪に揺れる。

○聲戰 おおらかに声を震わせて独唱する。

 

酒醺紅玉輭,眉翠秋山遠。

宴もたけなわになると酒に酔って頬も紅く可愛らしく愛嬌に感じられる、眉は遠き秋の山の色にかかれてほほのあかくそまったちかくのやまということなのだ。

○紅玉輭 ここでは酒に酔って紅くなった歌妓の頬のこと。

○秋山 ここでは女の眉を指すが、遠き山であり、紅く染まった頬は色づく秋の山である。眉と女がよこになったシルエットを山で喩える姿をいう。屏風と山は女体を意味する。

 

繡幌麝煙沉,誰人知兩心。

そのあと、刺繍の帳のうちに麝香の煙がひくくただようなかで、誰が知ろうこの時の二人の心のうちを。
Flower1-004