玉臺新詠 全十巻 訳注解説

漢文委員会kanbuniinkai紀頌之   唐五代詞詩・花間集・玉臺新詠 中国の韻文学には、古くは周代の詩があり、漢魏六朝には古詩と楽府かあり、唐代になって古詩に対して新しい近体の律詩、絶句がおこった。楽府がおとろえ新しく勃興したのが詞である。詞ははじめ、学詞ともよばれ、楽曲の歌詞をさしていうものであるが、それが流行するとともに、唐詩などと相ならんで、一つの韻文学として成立したのである。 5年以上のブログ連載。(魚玄機・薛濤・花間集)完掲載 現在《玉臺新詠》完全版連載中 予定(文選【詩篇】文選【賦篇 楚辞 詩經 ・・・・)

妓優 官妓 妻妾 買斷

中国の韻文学には、古くは周代の詩があり、漢魏六朝には古詩と楽府かあり、唐代になって古詩に対して新しい近体の律詩、絶句がおこった。楽府がおとろえ新しく勃興したのが詞である。詞ははじめ、学詞ともよばれ、楽曲の歌詞をさしていうものであるが、それが流行するとともに、唐詩などと相ならんで、一つの韻文学として成立したのである。
******************************************

温庭筠の詞詩を約60首程度掲載の後、魚玄機50首程度連載し,薛濤約百首、韋莊五十首
森鴎外小説 『魚玄機』 彼女の詩を冷静に、客観的に分析 過去の女性蔑視の見方を排除して解釈 訳註解説
現在、『花間集』全詩500首、全首連載が終了した。いま、500首全首、見直し、改訂版Ver.2.1として、根本的に語訳、注釈をやり直して掲載しています。出来るだけ(改訂版Ver.2.1)と記している詩を読まれることを薦めます。
現在 玉臺新詠 訳注解説連載中
   玉臺新詠 概要 目録・目次 http://kanbunkenkyu.web.fc2.com/list1.html

17 毛熙震《巻十02河滿子二首 其二》『花間集』455全詩訳注解説(改訂版Ver.2.1)-漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ-7539

毛熙震  河滿子二首 其二

無語殘粧澹薄,含羞嚲袂輕盈。幾度香閨眠曉,綺疎日微明。

雲母帳中惜,水精枕上初驚。笑靨嫩疑花坼,愁眉翠斂山橫。

相望只教添悵恨,整鬟時見纖瓊。獨倚朱扉閑立,誰知別有深情。

(後宮の妃嬪は寵愛を受けることもなくそのまま年老いてゆく、さびしい人生であると詠う)

今はもう、誰かと話す事は無く、お化粧もなおすこともなくなり、薄くなったおしろいのままである、高品の人とも会うことはなく、袂を下げたままで禮を取ることもない生活に満ちてしまい、そのことに恥入ることも気にする。今夜も何度も閨にお香を継ぎ足したりしたので明け方まで寝てしまった、うす絹の綺麗な窓に時々日が当たりその度に明るくなる。雲母の金屏風を立て、とばりの中に愉快にし、もう少しいた愛おしんだものだ、あの暑い日の水晶の枕の上に頭を初めて乗せた時こんなに涼しいものかと驚いた。笑うとえくぼができてまだ若く見え、花弁が咲けたように可愛らしい、そんな日がつづくと愁いに緑の眉にしわがあつまって、妃嬪は横たわっているのだ。ずっとあのお方のことを思い続けるけれど、教えられるのは、ただ、恨みに恨みを重ねるということでしかない、髪を整える時にはまだか細くて玉のような指が見えまだ若いのだ。あのお方は来るはずもないのに、ただ、一人、正面の紅い扉に倚りかかって静かに立っている。誰が知っているのだろう、こんなにも情愛が深いのに別れるということがあるということを。

《花間集》455巻十02

南歌子二首其二

全詩訳注解説-漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ-7539

(改訂版Ver.2.1

17 毛熙震

前蜀の詞人

九三〇年前後に在世

 

 

 

 

花間集 教坊曲 《河滿子》 六首

毛文錫

《巻五33河滿子》紅粉樓前月照,碧紗外鶯啼。夢斷遼陽音信,那堪獨守空閨。恨對百花時節,王孫綠草萋萋

和凝

《巻六21河滿子二首其一》  正是破瓜年幾,含情慣得人饒。桃李精神鸚鵡舌,可堪虛度良宵。卻愛藍羅裙子,羨他長束纖腰。

和凝

《巻六22河滿子二首其二》  寫得魚牋無限,其如花鏁春輝。目斷巫山雲雨,空教殘夢依依。卻愛熏香小鴨,羨他長在屏幃。

孫光憲

《巻八31河滿子》 冠劍不隨君去,江河還共恩深。歌袖半遮眉黛慘,淚珠旋滴衣襟。惆悵雲愁雨怨,斷魂何處相尋。

毛熙震

《巻十01河滿子二首 其一》  寂寞芳菲暗度,華如箭堪驚。緬想舊歡多少事,轉添春思難平。曲檻絲垂金柳,小絃斷銀箏。深院空聞鷰語,滿園閑落花輕。一片相思休不得,忍教長日愁生。誰見夕陽孤夢,覺來無限傷情

毛熙震

《巻十02河滿子二首 其二》  無語殘粧澹薄,含羞嚲袂輕盈。幾度香閨眠曉,綺疎日微明。雲母帳中惜,水精枕上初驚。笑靨嫩疑花坼,愁眉翠斂山橫。相望只教添悵恨,整鬟時見纖瓊。獨倚朱扉閑立,誰知別有深情。

 

河滿子二首 其一

(官妓が、「身請け」、「買斷」してもらったものの、男は他の女のもとに行って寄り付かない。その侘しさを詠うものである。)

寂寞芳菲暗度,華如箭堪驚。

心が満たされずにもの寂しく薫り高い草を手に取る度に暗い気持ちが重なって行く、花のように暮らした歳月は、矢のように驚くほど早く過ぎていったのである。

緬想舊歡多少事,轉添春思難平。

あの楽しかった日のこと、小さいことも大きいことも思い出すがそれはもう遠い昔の事なのだ。春になればどうしても情事のことが思い出され、平穏な気持ちで居続けることは難しい。

曲檻絲垂金柳,小絃斷銀箏。

水辺の高楼に向うの欄干には金色に光って茂る柳の枝が垂れている、その部屋の小窓からは銀の箏の弦が切れてしまった。

深院空聞鷰語,滿園閑落花輕。

奥まった閨の前の中庭には鶯のさえずりがむなしく聞こえる。春も盛りでそこには花が一杯に咲き花は軽やかに、静かに散ってゆく。

一片相思休不得,忍教長日愁生。

その花弁の一片の一つ一つに春の思いがこもっており、それを思い続けて止めることが出来ない。春の日は長く、その一日中、愁いが生じてくるのである。

誰見夕陽孤夢,覺來無限傷情。

転寝をして夕方になろうというのにまたひとりあの方の夢を見る、こんなことはだれでも見るということはないだろう。気が付いてここに来て見る、思い出のものを見るだけで、あの方との情事を思い出してまた、傷つくのである。

(河滿子二首 其の一)

寂寞として芳菲 暗く度り,華するは箭の如く堪驚す。

緬想す 舊歡 多少の事を,轉添す 春思平かなり難しを。

曲檻 絲垂る金柳を,小  銀箏を絃斷す。

深院 空しく聞く 鷰語,園に滿つ 閑かに落つ 花輕ろく。

一片 相思 休むを得ず,教るに忍ぶ 長日 愁生すを。

誰か見る 夕陽の孤夢を,覺え來って 無限 情を傷す。

 

河滿子二首 其二

(後宮の妃嬪は寵愛を受けることもなくそのまま年老いてゆく、さびしい人生であると詠う)

無語殘粧澹薄,含羞嚲袂輕盈。

今はもう、誰かと話す事は無く、お化粧もなおすこともなくなり、薄くなったおしろいのままである、高品の人とも会うことはなく、袂を下げたままで禮を取ることもない生活に満ちてしまい、そのことに恥入ることも気にする。

幾度香閨眠曉,綺疎日微明。

今夜も何度も閨にお香を継ぎ足したりしたので明け方まで寝てしまった、うす絹の綺麗な窓に時々日が当たりその度に明るくなる。

雲母帳中惜,水精枕上初驚。

雲母の金屏風を立て、とばりの中に愉快にし、もう少しいた愛おしんだものだ、あの暑い日の水晶の枕の上に頭を初めて乗せた時こんなに涼しいものかと驚いた。

笑靨嫩疑花坼,愁眉翠斂山橫。

笑うとえくぼができてまだ若く見え、花弁が咲けたように可愛らしい、そんな日がつづくと愁いに緑の眉にしわがあつまって、妃嬪は横たわっているのだ。

相望只教添悵恨,整鬟時見纖瓊。

ずっとあのお方のことを思い続けるけれど、教えられるのは、ただ、恨みに恨みを重ねるということでしかない、髪を整える時にはまだか細くて玉のような指が見えまだ若いのだ。

獨倚朱扉閑立,誰知別有深情。

あのお方は来るはずもないのに、ただ、一人、正面の紅い扉に倚りかかって静かに立っている。誰が知っているのだろう、こんなにも情愛が深いのに別れるということがあるということを。

(河滿子二首 其二)

語る無し 粧澹薄を殘し,羞を含む嚲袂 輕く盈る。

幾度か 香閨 曉に眠り,綺 疎日 微かに明るし。

雲母 帳中 惜み,水精の枕の上に初めて驚く。

笑靨 嫩疑【どんぎ】花坼し,愁眉 翠斂 山 橫たわる。

相望し 只だ教わる 悵みに恨むを添う,整鬟 時に見る 纖瓊を。

獨り倚る 朱扉 閑かに立ち,誰か知る 深情なるも 別れ有るを。

珠櫻001
 

 

『河滿子二首 其二』 現代語訳と訳註

(本文)

河滿子二首 其二

無語殘粧澹薄,含羞嚲袂輕盈。

幾度香閨眠曉,綺疎日微明。

雲母帳中惜,水精枕上初驚。

笑靨嫩疑花坼,愁眉翠斂山橫。

相望只教添悵恨,整鬟時見纖瓊。

獨倚朱扉閑立,誰知別有深情。

 

(下し文)

(河滿子二首 其二)

語る無し 粧澹薄を殘し,羞を含む嚲袂 輕く盈る。

幾度か 香閨 曉に眠り,綺 疎日 微かに明るし。

雲母 帳中 に惜み,水精の枕の上に初めて驚く。

笑靨 嫩疑【どんぎ】花坼し,愁眉 翠斂 山 橫たわる。

相望し 只だ教わる 悵みに恨むを添う,整鬟 時に見る 纖瓊を。

獨り倚る 朱扉 閑かに立ち,誰か知る 深情なるも 別れ有るを。

 

(現代語訳)

(後宮の妃嬪は寵愛を受けることもなくそのまま年老いてゆく、さびしい人生であると詠う)

今はもう、誰かと話す事は無く、お化粧もなおすこともなくなり、薄くなったおしろいのままである、高品の人とも会うことはなく、袂を下げたままで禮を取ることもない生活に満ちてしまい、そのことに恥入ることも気にする。

今夜も何度も閨にお香を継ぎ足したりしたので明け方まで寝てしまった、うす絹の綺麗な窓に時々日が当たりその度に明るくなる。

雲母の金屏風を立て、とばりの中に愉快にし、もう少しいた愛おしんだものだ、あの暑い日の水晶の枕の上に頭を初めて乗せた時こんなに涼しいものかと驚いた。

笑うとえくぼができてまだ若く見え、花弁が咲けたように可愛らしい、そんな日がつづくと愁いに緑の眉にしわがあつまって、妃嬪は横たわっているのだ。

ずっとあのお方のことを思い続けるけれど、教えられるのは、ただ、恨みに恨みを重ねるということでしかない、髪を整える時にはまだか細くて玉のような指が見えまだ若いのだ。

あのお方は来るはずもないのに、ただ、一人、正面の紅い扉に倚りかかって静かに立っている。誰が知っているのだろう、こんなにも情愛が深いのに別れるということがあるということを。

莊周夢蝶00
 

(訳注)

河滿子二首 其二

(後宮の妃嬪は寵愛を受けることもなくそのまま年老いてゆく、さびしい人生であると詠う)

9 構成 唐の教坊曲、花間集には河滿子は五首あり、和凝は二首所収。双調七十六字、十六句、同名の他の詩人の作、単調三十八字、三平韻の詞形を6⑥7⑥6⑦/6⑥7⑥6⑦くりかえす。

無語殘粧澹薄  含羞嚲袂輕
幾度香閨眠曉  疎日
雲母帳中  水精枕上初
笑靨嫩疑花坼  愁眉翠斂山
相望只教添悵恨  整鬟時見纖
獨倚朱扉閑立  誰知別有深

○●○?△●  ○○●●△○

△●○○○●  ●?△●○○

○△●△○●  ●△△●○○

●●●○○●  ○○●●○△

△△△△○●●  ●○○●○○

●△○○○●  ○○●●△○

 

無語殘粧澹薄,含羞嚲袂輕盈。

今はもう、誰かと話す事は無く、お化粧もなおすこともなくなり、薄くなったおしろいのままである、高品の人とも会うことはなく、袂を下げたままで禮を取ることもない生活に満ちてしまい、そのことに恥入ることも気にする。、、

10 盈  みちる。いっぱいになる。たっぷりとあるさま。みたす。いっぱいにする。 「満」 「虧」「虚」; あまる。 「贏」. 【盈盈】えいえい. 水の満ちるさま。物の多量にあるさま。 「財宝が盈盈とある」; 女性の容姿のゆったりとして美しいさま。 【盈盈一水】えいえいいっすい. 水が満ちあふれる。

 

幾度香閨眠曉,綺疎日微明。

今夜も何度も閨にお香を継ぎ足したりしたので明け方まで寝てしまった、うす絹の綺麗な窓に時々日が当たりその度に明るくなる。

 

雲母帳中惜,水精枕上初驚。

雲母の金屏風を立て、とばりの中に愉快にし、もう少しいた愛おしんだものだ、あの暑い日の水晶の枕の上に頭を初めて乗せた時こんなに涼しいものかと驚いた。

 

笑靨嫩疑花坼,愁眉翠斂山橫。

笑うとえくぼができてまだ若く見え、花弁が咲けたように可愛らしい、そんな日がつづくと愁いに緑の眉にしわがあつまって、妃嬪は横たわっているのだ。

11 笑靨 〔笑(え)窪(くぼ)の意〕 笑うと,頰にできる小さなくぼみ。 ほくろ。

12 嫩【わか】い. 生じたばかりで柔らかい。新しく柔らかい。

13 坼  坼画数:8音読み:タク、 チャク訓読み:さける、 わかれる、 ひらく、 さけめ

 

相望只教添悵恨,整鬟時見纖瓊。

ずっとあのお方のことを思い続けるけれど、教えられるのは、ただ、恨みに恨みを重ねるということでしかない、髪を整える時にはまだか細くて玉のような指が見えまだ若いのだ。

14 繊 1 ほそい。こまかい。「繊維・繊細・繊繊・繊毛」2 繊維。

15 瓊 1 たま。「瓊玉」2 玉のように美しい。「瓊筵(けいえん

 

獨倚朱扉閑立,誰知別有深情。

あのお方は来るはずもないのに、ただ、一人、正面の紅い扉に倚りかかって静かに立っている。誰が知っているのだろう、こんなにも情愛が深いのに別れるということがあるということを。

17 毛熙震《巻十01河滿子二首 其一》『花間集』454全詩訳注解説(改訂版Ver.2.1)-漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ-7534

毛熙震  河滿子二首 其一

寂寞芳菲暗度,華如箭堪驚。緬想舊歡多少事,轉添春思難平。

曲檻絲垂金柳,小絃斷銀箏。深院空聞鷰語,滿園閑落花輕。

一片相思休不得,忍教長日愁生。誰見夕陽孤夢,覺來無限傷情。

(官妓が、「身請け」、「買斷」してもらったものの、男は他の女のもとに行って寄り付かない。その侘しさを詠うものである。)

心が満たされずにもの寂しく薫り高い草を手に取る度に暗い気持ちが重なって行く、花のように暮らした歳月は、矢のように驚くほど早く過ぎていったのである。あの楽しかった日のこと、小さいことも大きいことも思い出すがそれはもう遠い昔の事なのだ。春になればどうしても情事のことが思い出され、平穏な気持ちで居続けることは難しい。水辺の高楼に向うの欄干には金色に光って茂る柳の枝が垂れている、その部屋の小窓からは銀の箏の弦が切れてしまった。奥まった閨の前の中庭には鶯のさえずりがむなしく聞こえる。春も盛りでそこには花が一杯に咲き花は軽やかに、静かに散ってゆく。その花弁の一片の一つ一つに春の思いがこもっており、それを思い続けて止めることが出来ない。春の日は長く、その一日中、愁いが生じてくるのである。転寝をして夕方になろうというのにまたひとりあの方の夢を見る、こんなことはだれでも見るということはないだろう。気が付いてここに来て見る、思い出のものを見るだけで、あの方との情事を思い出してまた、傷つくのである。

 

《花間集》454巻十01

南歌子二首其一

全詩訳注解説-漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ-7534

(改訂版Ver.2.1

17 毛熙震

前蜀の詞人

九三〇年前後に在世

 

 

 

 

花間集 教坊曲 《河滿子》 六首

毛文錫

《巻五33河滿子》紅粉樓前月照,碧紗外鶯啼。夢斷遼陽音信,那堪獨守空閨。恨對百花時節,王孫綠草萋萋

和凝

《巻六21河滿子二首其一》  正是破瓜年幾,含情慣得人饒。桃李精神鸚鵡舌,可堪虛度良宵。卻愛藍羅裙子,羨他長束纖腰。

和凝

《巻六22河滿子二首其二》  寫得魚牋無限,其如花鏁春輝。目斷巫山雲雨,空教殘夢依依。卻愛熏香小鴨,羨他長在屏幃。

孫光憲

《巻八31河滿子》 冠劍不隨君去,江河還共恩深。歌袖半遮眉黛慘,淚珠旋滴衣襟。惆悵雲愁雨怨,斷魂何處相尋。

毛熙震

《巻十01河滿子二首 其一》  寂寞芳菲暗度,華如箭堪驚。緬想舊歡多少事,轉添春思難平。曲檻絲垂金柳,小絃斷銀箏。深院空聞鷰語,滿園閑落花輕。一片相思休不得,忍教長日愁生。誰見夕陽孤夢,覺來無限傷情

毛熙震

《巻十02河滿子二首 其二》  無語殘粧澹薄,含羞嚲袂輕盈。幾度香閨眠曉,綺疎日微明。雲母帳中惜,水精枕上初驚。笑靨嫩疑花坼,愁眉翠斂山橫。相望只教添悵恨,整鬟時見纖瓊。獨倚朱扉閑立,誰知別有深情。

 

河滿子二首 其一

(官妓が、「身請け」、「買斷」してもらったものの、男は他の女のもとに行って寄り付かない。その侘しさを詠うものである。)

寂寞芳菲暗度,華如箭堪驚。

心が満たされずにもの寂しく薫り高い草を手に取る度に暗い気持ちが重なって行く、花のように暮らした歳月は、矢のように驚くほど早く過ぎていったのである。

緬想舊歡多少事,轉添春思難平。

あの楽しかった日のこと、小さいことも大きいことも思い出すがそれはもう遠い昔の事なのだ。春になればどうしても情事のことが思い出され、平穏な気持ちで居続けることは難しい。

曲檻絲垂金柳,小絃斷銀箏。

水辺の高楼に向うの欄干には金色に光って茂る柳の枝が垂れている、その部屋の小窓からは銀の箏の弦が切れてしまった。

深院空聞鷰語,滿園閑落花輕。

奥まった閨の前の中庭には鶯のさえずりがむなしく聞こえる。春も盛りでそこには花が一杯に咲き花は軽やかに、静かに散ってゆく。

一片相思休不得,忍教長日愁生。

その花弁の一片の一つ一つに春の思いがこもっており、それを思い続けて止めることが出来ない。春の日は長く、その一日中、愁いが生じてくるのである。

誰見夕陽孤夢,覺來無限傷情。

転寝をして夕方になろうというのにまたひとりあの方の夢を見る、こんなことはだれでも見るということはないだろう。気が付いてここに来て見る、思い出のものを見るだけで、あの方との情事を思い出してまた、傷つくのである。

(河滿子二首 其の一)

寂寞として芳菲 暗く度り,華するは箭の如く堪驚す。

緬想す 舊歡 多少の事を,轉添す 春思平かなり難しを。

曲檻 絲垂る金柳を,小  銀箏を絃斷す。

深院 空しく聞く 鷰語,園に滿つ 閑かに落つ 花輕ろく。

一片 相思 休むを得ず,教るに忍ぶ 長日 愁生すを。

誰か見る 夕陽の孤夢を,覺え來って 無限 情を傷す。

Flower1-001
 

河滿子二首 其二

無語殘粧澹薄,含羞嚲袂輕盈。

幾度香閨眠曉,綺疎日微明。

雲母帳中惜,水精枕上初驚。

笑靨嫩疑花坼,愁眉翠斂山橫。

相望只教添悵恨,整鬟時見纖瓊。

獨倚朱扉閑立,誰知別有深情。

 

 

『河滿子二首』 現代語訳と訳註

(本文)

河滿子二首 其一

寂寞芳菲暗度,華如箭堪驚。

緬想舊歡多少事,轉添春思難平。

曲檻絲垂金柳,小絃斷銀箏。

深院空聞鷰語,滿園閑落花輕。

一片相思休不得,忍教長日愁生。

誰見夕陽孤夢,覺來無限傷情。

 

(下し文)

(河滿子二首 其の一)

寂寞として芳菲 暗く度り,華するは箭の如く堪驚す。

緬想す 舊歡 多少の事を,轉添す 春思平かなり難しを。

曲檻 絲垂る金柳を,小  銀箏を絃斷す。

深院 空しく聞く 鷰語,園に滿つ 閑かに落つ 花輕ろく。

一片 相思 休むを得ず,教るに忍ぶ 長日 愁生すを。

誰か見る 夕陽の孤夢を,覺え來って 無限 情を傷す。

 

(現代語訳)

(官妓が、「身請け」、「買斷」してもらったものの、男は他の女のもとに行って寄り付かない。その侘しさを詠うものである。)

心が満たされずにもの寂しく薫り高い草を手に取る度に暗い気持ちが重なって行く、花のように暮らした歳月は、矢のように驚くほど早く過ぎていったのである。

あの楽しかった日のこと、小さいことも大きいことも思い出すがそれはもう遠い昔の事なのだ。春になればどうしても情事のことが思い出され、平穏な気持ちで居続けることは難しい。

水辺の高楼に向うの欄干には金色に光って茂る柳の枝が垂れている、その部屋の小窓からは銀の箏の弦が切れてしまった。

奥まった閨の前の中庭には鶯のさえずりがむなしく聞こえる。春も盛りでそこには花が一杯に咲き花は軽やかに、静かに散ってゆく。

その花弁の一片の一つ一つに春の思いがこもっており、それを思い続けて止めることが出来ない。春の日は長く、その一日中、愁いが生じてくるのである。

転寝をして夕方になろうというのにまたひとりあの方の夢を見る、こんなことはだれでも見るということはないだろう。気が付いてここに来て見る、思い出のものを見るだけで、あの方との情事を思い出してまた、傷つくのである。

 金燈花01

 

(訳注)

河滿子二首 其一

(官妓が、「身請け」、「買斷」してもらったものの、男は他の女のもとに行って寄り付かない。その侘しさを詠うものである。)

1 背景 水陸駅には官制の歓楽街があり、その周りに民間の娼屋があり歓楽街を作っていた。その官妓が、「身請け」、「買斷」してもらったものの、男は他の女のもとに行って寄り付かない。その侘しさを詠うものである。官妓の「身請け」、「買斷」は必ずしも金によるものではない場合もある、吏官からの申し出を許可するという場合もあり、女妓にとっては、それも名誉ではあるが、その権利を持った男が、女妓を尋ねなくなれば、女として憐れな、侘しい日を過ごすことになる。実際には、古代は、かなり自由恋愛の時代ではあったので、何処まで、侘しい生活であったかは想像して考えるしかない。明、清の時代以降は娼屋も、纏足などかなり厳しいものへと変わっていく。

2 構成 唐の教坊曲、花間集には河滿子は五首あり、和凝は二首所収。双調七十六字、十六句、同名の他の詩人の作、単調三十八字、三平韻の詞形を6⑥7⑥6⑦/6⑥7⑥6⑦くりかえす。

寂寞芳菲暗度  華如箭
緬想舊歡多少事  轉添春思難
曲檻絲垂金柳  絃斷
深院空聞鷰語  滿園閑落花
一片相思休不得  忍教長日愁
誰見夕陽孤夢  覺來無限傷

●●○△●●  ●△△●○○

●●●○○●●  ●○○△△○

●●○○○●  ●○△●○○

△△△△●●  ●○○●○△

●●△△△△●  ●△△●○△

○●●○○△  ●△○●△○

 

寂寞芳菲暗度,華如箭堪驚。

心が満たされずにもの寂しく薫り高い草を手に取る度に暗い気持ちが重なって行く、花のように暮らした歳月は、矢のように驚くほど早く過ぎていったのである。

3 寂寞 1 ひっそりとして寂しいさま。じゃくまく。2 心が満たされずにもの寂しいさま。じゃくまく。

4 箭 1 武器・狩猟具の一。弓の弦(つる)につがえ、距離を隔てた目的物を射るもの。木または竹で作った棒状のもので、一方の端に羽をつけ、他方の端に鏃(やじり)をつける。2 木材や石など、かたいもの.

 

緬想舊歡多少事,轉添春思難平。

あの楽しかった日のこと、小さいことも大きいことも思い出すがそれはもう遠い昔の事なのだ。春になればどうしても情事のことが思い出され、平穏な気持ちで居続けることは難しい。

5 緬 1 はるかに遠い。「緬(めんばく)2 細く長い糸。

 

曲檻絲垂金柳,小絃斷銀箏。

水辺の高楼に向うの欄干には金色に光って茂る柳の枝が垂れている、その部屋の小窓からは銀の箏の弦が切れてしまった。

6 妓楼は船で来る客の為、欄干のもとに舟をつないだり、柳の木につなぐ、当然馬で繰る場合は柳のもとに馬を止める、そういった位置関係に高楼がある。

 

深院空聞鷰語,滿園閑落花輕。

奥まった閨の前の中庭には鶯のさえずりがむなしく聞こえる。春も盛りでそこには花が一杯に咲き花は軽やかに、静かに散ってゆく。

7 深院 身請けされるか、他の客を取らず決まった人だけの相手をする「買斷」のどちらも、決まった閨に住まいする。それの奥まったところの中庭ということ。

8 滿園 庭中に花が満開の状態である。春が通り過ぎて行くことを連想させる。

 

一片相思休不得,忍教長日愁生。

その花弁の一片の一つ一つに春の思いがこもっており、それを思い続けて止めることが出来ない。春の日は長く、その一日中、愁いが生じてくるのである。

 

誰見夕陽孤夢,覺來無限傷情。

転寝をして夕方になろうというのにまたひとりあの方の夢を見る、こんなことはだれでも見るということはないだろう。気が付いてここに来て見る、思い出のものを見るだけで、あの方との情事を思い出してまた、傷つくのである。

17 毛熙震《巻九38浣溪沙七首其五》『花間集』440全詩訳注解説(改訂版Ver.2.1)-漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ-7464

毛熙震  浣溪沙七首其五

雲薄羅裙綬帶長,滿身新裛瑞龍香,翠鈿斜映豔梅粧。

佯不覷人空婉約,笑和嬌語太倡狂,忍教牽恨暗形相。

(音楽を演奏する妓優たちはその演奏する姿を見初められる、そして「太倡狂」といわれる男性であっても、もう一度結ばれたいと詠う。)

妓優の雲型の髪は両鬢で薄く梳かれていて、薄絹のスカートを着て、佩び玉の着いた帯は長い。新たに袋に入れて全身の装束に瑞龍香を焚きしめている、翡翠の花鈿は顔を斜めに映して、艶めかしい梅の香料の化粧でうつくしい。

あの人を覗い見ることもできず、素振りだけするし、その素直で美しく控えめであるこの女の存在は空しいものでしかない。閨で語られ、笑い和むことは、それが甚だしくあちこちの楽女にうつつを抜かす遊び人であってもいいのだ、その後に、耐え忍ぶこと、恨みの心になってゆくこと、暗い顔形になったとしてもたったひと時でもあのお方と過ごしたいのだ。

《花間集》437巻九38

浣溪沙七首其五

全詩訳注解説-漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ-7464

(改訂版Ver.2.1

17 毛熙震

前蜀の詞人

947年前後に在世

 

 
 2016年3月10日の紀頌之5つのBlog 
 ●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、現在、李白詩全詩 訳注 
 Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 LiveDoorBlog
744年年44歳-4李太白集022巻一22 古風,五十九首之二十二 418Index-24Ⅲ-3 744年天寶三年44歳-4【56首】Ⅰ李白詩1784 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ7460 
 孟浩然 詩 index李白詩index謝霊運 詩 index司馬相如 《 子虛賦 ・上林賦 》揚雄 《 甘泉賦 》 ●諸葛亮(孔明)出師表 
 曹植(曹子建)詩 65首 index文選 賦)兩都賦序・西都賦・東都賦 (班固)《李白 全詩》
  総合案内
(1)漁父辞 屈原『楚辞・九歌』東君 屈原《楚辞 『九辯』》 宋玉  <案内> 
 ●唐を代表する 中唐 韓愈 全500首  
 Ⅱ中唐詩・晩唐詩
 
 LiveDoorBlog
韓愈142-#2《 巻02-16送文暢師北遊 (昔在四門館,)-#2》 韓愈(韓退之) 806年貞元22年 39歳-(14)8分割-#2<1697> Ⅱ 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ7461 
 ・李商隠詩 (1) 136首の75首・李商隠詩 (2) 135首の61首●韓愈index-1 ・孟郊、張籍と交遊・汴州乱41首●韓愈詩index-2[800年 33歳~804年 37歳]27首●韓愈詩index-3 805年 38歳・]陽山から江陵府 36首●韓愈詩index-4 806年 39歳 江陵府・権知国子博士 51首(1)25首 
 index-5 806年39歳 50首の(2)25首index-6[807年~809年 42歳]20首index-7[810年~811年 44歳] 34首index-8 [812年~814年47歳]46首index-9[815年~816年 49歳] 57首index-10[817年~818年 51歳]・「平淮西碑」28首 
 index-11 819年 52歳 ・『論佛骨表』左遷 38首index-12 820年 53歳 ・9月國子祭酒に。18首index-13 821年~822年 55歳 22首index-14 823年~824年 57歳・病気のため退職。没す。 14首韓愈 哲学・儒学「五原」賦・散文・上奏文・碑文など 
 孟郊張籍     
 ●杜甫の全作品1500首を訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。" 
 Ⅲ杜甫詩全1500首   LiveDoorBlog767年-(7)杜少陵集 《愁》18-44 杜甫詩index-15-1163 <1613> 767年大暦2年56歲-(7)漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ7462 
 杜甫詩(1)736~751年 青年期・李白と交遊期・就活の詩 53首杜甫詩(2)752年~754年、43歳 73首(青年期・就活の詩) 杜甫詩(3)755年~756年、45歳 安史の乱に彷徨う 26首杜甫詩(4)作時757年、46歳 安史軍捕縛、脱出、左拾遺 43首杜甫詩(5)758年;乾元元年、47歳 左拾遺、朝廷疎外、左遷 53首杜甫詩 (6)759年;乾元二年、48歳 三吏三別 官を辞す 44首 
 杜甫詩(7)759年;乾元二年、48歳 秦州抒情詩 66首杜甫詩(8)作時759年、48歳 秦州発、同谷紀行、成都紀行 36首杜甫詩(9)760年;上元元年、49歳 成都浣花渓草堂 45首杜甫詩(10)761年;上元二年、50歳 成都浣花渓草堂 82首杜甫詩(11)762年寶應元年 杜甫51歳  浣花渓草堂~蜀中転々 43首杜甫詩(12)762年寶應元年 杜甫51歳 蜀中転々 49首 
 ●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている 
 Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2Blog李太白集  378《太白巻十二06-夕霽杜陵登樓寄韋繇》 (浮陽滅霽景) 李白 kanbuniinkai 紀 頌之の詩詞 fc2ブログ 7468 (03/10) 
        
 ●花間集全詩●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩。唐から五代詩詞。花間集 
 Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoorBlog17 毛熙震《巻九38浣溪沙七首其五》『花間集』440全詩訳注解説(改訂版Ver.2.1)-漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ-7464 
 薛濤の全詩花間集(1巻花間集(2巻花間集(3巻花間集(4巻花間集(5巻 
 魚玄機全詩花間集(6巻花間集(7巻花間集(8巻花間集(9巻花間集10巻 
 温庭筠66首 花間集1・2巻皇甫松11首 花間集二巻韋莊47首 花間集二巻薛昭蘊19首 花間集三巻牛嶠31首 花間集三・四巻張泌27首 花間集四巻 
 毛文錫31首 花間集5巻牛希濟11首 花間集5巻欧陽烱17首 花間集5・6巻和凝20首 花間集6巻顧夐56首 花間集6・7巻孫光憲47首 花間集7・8巻 
 魏承班15首 花間集8・9巻鹿虔扆6首 花間集9巻閻選8首 花間集9巻尹鶚6首 花間集9巻毛熙震29首 花間集9・10巻李珣39首 花間集10巻 
  ■最近Best5 賦・詩・詞(漢詩4ブログ各部門)漢詩総合サイト 07ch 
 杜甫全詩案内韓愈全詩案内李白全集文選古詩源花間集案内 
 

 

毛秘書熙震二十九首

 

毛熙震(生卒年未詳、947年前後在世)、字、出身地ともに未詳。後苛に仕えて秘書監となったので、毛秘書と呼ばれた。『花間集』 には二十九首の詞が収められている。全て艶麗な詞。温庭 の作風に近い。

 

浣溪沙七首

毛熙震

《巻九34浣溪沙七首其一》  春暮鶯下砌前,水精簾影露珠懸,綺霞低映晴天。弱柳萬條垂翠帶,殘紅滿地碎香鈿,蕙風飄蕩散輕煙

毛熙震

《巻九35浣溪沙七首其二》  香紅煙景迷,滿庭芳艸綠萋萋,金鋪閑掩簾低。紫一雙嬌語碎,翠屏十二峯齊,夢魂銷散醉空閨

毛熙震

《巻九36浣溪沙七首其三》  起紅房醉欲銷,綠鬟雲散金翹,雪香花語不勝嬌。好是向人柔弱處,玉纖時急裙腰,春心牽惹轉無

毛熙震

《巻九37浣溪沙七首其四》  一隻橫釵墜髻叢,靜眠珍簟起來慵,羅紅嫩抹酥胸。羞斂細蛾魂暗斷,困迷無語思猶濃,小屏香靄碧山重

毛熙震

《巻九38浣溪沙七首其五》  雲薄羅裙綬帶長,滿身新瑞龍香,翠鈿斜映梅粧。佯不人空婉約,笑和嬌語太倡狂,忍教牽恨暗形相

毛熙震

《巻九39浣溪沙七首其六》  碧玉冠輕裊鷰釵,捧心無語,緩移弓底羅鞋。暗想歡何計好,豈堪期約有時乖,日高深院正忘懷。

毛熙震

《巻九40浣溪沙七首其七》  半醉凝情臥茵,睡容無力卸羅裙,玉籠鸚鵡聽聞。慵整落釵金翡翠,象梳欹鬢月生雲,錦屏幌麝煙薰

 

 

毛秘書熙震二十九首

 

毛無震(生卒年未詳、947年前後在世)、字、出身地ともに未詳。後苛に仕えて秘書監となったので、毛秘書と呼ばれた。『花間集』 には二十九首の詞が収められている。全て艶麗な詞。温庭 の作風に近い。

 

浣溪沙七首其一

(后妃もいつしか、水精の宮殿に移ってからは、春が音連れても、あのお方は尋ねてくることはない、この春も何時しか過ぎようとしている。)

春暮黃鶯下砌前,水精簾影露珠懸,綺霞低映晚晴天。

春暮れて高樓の砌の前に高麗鶯が止まっている、水精宮の閨には、水珠の簾に日が射しこんで、露の珠の影がうつる。沈みかけた夕日は空低く夕焼けを映している。

弱柳萬條垂翠帶,殘紅滿地碎香鈿,蕙風飄蕩散輕煙。

華奢な細腰は、柔らかき柳のえだであり、翠の糸を万条と垂れている、春も盛りを過ぎて、地一面の花びらは花鈿、額の飾りの砕けたようであり、香しき風は流れさり、花曇りの薄靄も、もう散りさってしまう。

(浣溪沙七首 其の一)

春暮 黃鶯 砌前に下る,水精の簾影 露珠 懸かり,綺霞 低く 晚晴の天に映ゆ。

弱柳 萬條 翠帶を垂れ,殘紅 地に滿ち 香鈿碎ける,蕙風 飄蕩して 輕煙 散る。

 

浣溪沙七首其二

(若く綺麗な妓優夏、巫女か高貴なお方に見初められ、優雅な時を過しても、何時かは一人さびしく過ごさねばなくなると詠う。)

花榭香紅煙景迷,滿庭芳艸綠萋萋,金鋪閑掩繡簾低。

花に囲まれた水際の四阿には春の盛りの紅色の香りが漂い春霞の景色はその行く先を迷う、庭園には、薫り高い若草がさかんに茂り、それなのに、黄金で飾った閨には静けさに覆われ、鳳凰の刺繍の簾のとばりも低く垂れたままになっている。

紫鷰一雙嬌語碎,翠屏十二晚峯齊,夢魂銷散醉空閨。

この仙郷に飛ぶつばめがたった一ツガイだけで、やさしくささやいている、翡翠の飾りの屏風には楚の懐王の故事の巫山十二峰の等しく描かれているものが寝牀のまわりに立てられている。それなのに、夢には出て來るけれど現実には消え去ってしまう、今は、誰もいないこの閨に一人お酒に酔うだけである。

(浣溪沙七首其の二)

花榭 紅に香り 煙景迷う,庭 芳艸に滿ち 綠萋萋たり,金鋪 閑かに掩い 繡簾低る。

紫鷰 一雙 嬌語碎う,翠屏 十二 晚峯齊し,夢魂 銷散 空閨に醉う。

 

 

浣溪沙七首其三

(若く綺麗なときには、高貴なお方に見初められ、どんな時でもその容姿によってすくわれるものであり、おとこのこころにある「春心」は何にもしないでもその魅力にひかれるものだと詠う。)

晚起紅房醉欲銷,綠鬟雲散裊金翹,雪香花語不勝嬌。

夕方、昼寝から起きると、窓に挿した夕日で紅く染まった閨にいるけれど酒に寄ったのを醒まそうとしている。黒髪を髷に結い雲型に編みこんだ髪型乱れ、金細工のカンザシは緩やかに揺れている。雪のような牡丹の花のお香がただよい、花のような愛の言葉は、どんな艶めかしい言葉に勝るものである。

好是向人柔弱處,玉纖時急繡裙腰,春心牽惹轉無憀。

それが人にとって良いことであるのは、生まれながらにして一番弱い所なのだ、そして、輝くほどに繊細な時には刺繍に飾られたうす絹のスカートを着て艶めかしさを出し、葉になると誰もが思う「春心」はその姿にひかれるものだから、何にも考えず、ボーっと過ごしていればいいのである

(浣溪沙七首其の三)

晚 紅房に起き 醉い銷さんと欲し,綠鬟 雲散 金翹を裊にし,雪香 花語 嬌勝てず。

好是は 人に向うて 柔弱の處,玉纖 急な時に 繡裙の腰,春心 牽惹すは 轉た無憀たり。

 

 

浣溪沙七首其四

(目覚めれば、簟のシーツは冷たく、この閨には、気だるい美人の姿と愁いだけがのこると詠う。)

一隻橫釵墜髻叢,靜眠珍簟起來慵,繡羅紅嫩抹酥胸。

今夜もまた訪れてくれず、后妃の高く結われた髪から抜け落ちた簪が一つ横たわっている、独り静かに眠るのも、この時期には簟は冷たく、その竹筵より物憂く起き上がるけれど、寝化粧は崩れてはいないし、艶やかな白い胸に紅色の刺繍のある薄絹の胸当てを当てて愁いを残す。

羞斂細蛾魂暗斷,困迷無語思猶濃,小屏香靄碧山重。

細い眉を寄せてしわが残るのを恥ずかしいこととであり、魂は既に消え失せてしまったし、来てくれないことは、困った事であり、思いは迷うことであるけれど、それを話す人もいない、それなのに情はますます募る、屏風には女性の横たわった影が映って、香の煙はたたよう、屏風には描かれた青き山に影が重なる。

 

 

浣溪沙七首其五

(音楽を演奏する妓優たちはその演奏する姿を見初められる、そして「太倡狂」といわれる男性であっても、もう一度結ばれたいと詠う。)

雲薄羅裙綬帶長,滿身新裛瑞龍香,翠鈿斜映豔梅粧。

妓優の雲型の髪は両鬢で薄く梳かれていて、薄絹のスカートを着て、佩び玉の着いた帯は長い。新たに袋に入れて全身の装束に瑞龍香を焚きしめている、翡翠の花鈿は顔を斜めに映して、艶めかしい梅の香料の化粧でうつくしい。

佯不覷人空婉約,笑和嬌語太倡狂,忍教牽恨暗形相。

あの人を覗い見ることもできず、素振りだけするし、その素直で美しく控えめであるこの女の存在は空しいものでしかない。閨で語られ、笑い和むことは、それが甚だしくあちこちの楽女にうつつを抜かす遊び人であってもいいのだ、その後に、耐え忍ぶこと、恨みの心になってゆくこと、暗い顔形になったとしてもたったひと時でもあのお方と過ごしたいのだ。

(浣溪沙七首其の五)

雲薄く 羅裙 綬帶長し,滿身 新裛 瑞龍の香,翠鈿 斜映して 梅粧を豔す。

人を覷ず佯し 空しく婉約す,笑和し 嬌語す 太倡狂と,忍ぶこと教えられ 恨むことを牽きても 暗き形相するも。

6

浣溪沙七首其六

碧玉冠輕裊鷰釵,捧心無語步香堦,緩移弓底繡羅鞋。

暗想歡何計好,豈堪期約有時乖,日高深院正忘懷。

7 

浣溪沙七首其七

半醉凝情臥繡茵,睡容無力卸羅裙,玉籠鸚鵡猒聽聞。

慵整落釵金翡翠,象梳欹鬢月生雲,錦屏綃幌麝煙薰。

 

紅梅002
 

『浣溪沙七首其五』 現代語訳と訳註

(本文)

浣溪沙七首其五

雲薄羅裙綬帶長,滿身新裛瑞龍香,翠鈿斜映豔梅粧。

佯不覷人空婉約,笑和嬌語太倡狂,忍教牽恨暗形相。

 

 

(下し文)

(浣溪沙七首其の五)

雲薄く 羅裙 綬帶長し,滿身 新裛 瑞龍の香,翠鈿 斜映して 梅粧を豔す。

人を覷ず佯し 空しく婉約す,笑和し 嬌語す 太倡狂と,忍ぶこと教えられ 恨むことを牽きても 暗き形相するも。

 

 

(現代語訳)

(音楽を演奏する妓優たちはその演奏する姿を見初められる、そして「太倡狂」といわれる男性であっても、もう一度結ばれたいと詠う。)

妓優の雲型の髪は両鬢で薄く梳かれていて、薄絹のスカートを着て、佩び玉の着いた帯は長い。新たに袋に入れて全身の装束に瑞龍香を焚きしめている、翡翠の花鈿は顔を斜めに映して、艶めかしい梅の香料の化粧でうつくしい。

あの人を覗い見ることもできず、素振りだけするし、その素直で美しく控えめであるこの女の存在は空しいものでしかない。閨で語られ、笑い和むことは、それが甚だしくあちこちの楽女にうつつを抜かす遊び人であってもいいのだ、その後に、耐え忍ぶこと、恨みの心になってゆくこと、暗い顔形になったとしてもたったひと時でもあのお方と過ごしたいのだ。

 

海棠花101
 

(訳注)

浣溪沙七首其五

(音楽を演奏する妓優たちはその演奏する姿を見初められる、そして「太倡狂」といわれる男性であっても、もう一度結ばれたいと詠う。)

1 『花間集』には毛照震の作が七首収められている。双調四十二字、前段二十一字三句三平韻、後段二十一字三句二平韻で、⑦⑦⑦/7⑦⑦の詞形をとる。花間集他の56作品の浣渓沙の解説参照。

雲薄羅裙綬帶 滿身新裛瑞龍香 翠鈿斜映豔梅

佯不覷人空婉約 笑和嬌語太倡 忍教牽恨暗形

○●○○●●△  ●○○●●○○ ●△○●●○○

○△●○△●● ●△△●●△△  ●△△●●○△

 

雲薄羅裙綬帶長,滿身新裛瑞龍香,翠鈿斜映豔梅粧。

妓優の雲型の髪は両鬢で薄く梳かれていて、薄絹のスカートを着て、佩び玉の着いた帯は長い。新たに袋に入れて全身の装束に瑞龍香を焚きしめている、翡翠の花鈿は顔を斜めに映して、艶めかしい梅の香料の化粧でうつくしい。

2 雲薄 妓優、宮女、女官の髪型。ここは、妓優である楽女の髪型。

3 羅裙 うす絹のスカート。

4 綬帶 官印を帯びるための組紐の帯。佩び玉の着いた帯。

5 新裛 新たに装束に香をたきしめるための袋。また、その材料。栴檀(せんだん)の葉や樹皮から作るという。

6 瑞龍香 高貴なお香の名。

7 翠鈿 翡翠の花鈿。

8 豔梅粧 艶めかしい梅の香料の化粧。

 

佯不覷人空婉約,笑和嬌語太倡狂,忍教牽恨暗形相。

あの人を覗い見ることもできず、素振りだけするし、その素直で美しく控えめであるこの女の存在は空しいものでしかない。閨で語られ、笑い和むことは、それが甚だしくあちこちの楽女にうつつを抜かす遊び人であってもいいのだ、その後に、耐え忍ぶこと、恨みの心になってゆくこと、暗い顔形になったとしてもたったひと時でもあのお方と過ごしたいのだ。

9 佯 振りをする,見せ掛ける佯死死んだ振りをする.佯装…の振りをする.佯攻陽動作戦をとる,偽装攻撃をする.佯狂(阳狂)狂人を装う,気のふれた振りをする.佯言

10 覷人 人をうかがうい みる。

11 婉約 すなおでうつくしくひかえめである。

12 太倡狂 甚だしく楽女にうつつを抜かす遊び人。

 

 

浣溪沙七首其一 【字解】

(后妃もいつしか、水精の宮殿に移ってからは、春が音連れても、あのお方は尋ねてくることはない、この春も何時しか過ぎようとしている。)

0 【解説】 晩春の夕景色を詠う。后妃であっても年を重ねると宮殿で一生を過ごして果てる。白居易の《上陽の白髪の人》白居易「後宮詞」

雨露由來一點恩,爭能遍布及千門?

三千宮女胭脂面,幾個春來無淚痕!

「三千の宮女 胭脂の面、幾箇か春来りて涙の痕無からん」(白居易「後宮詞」)。古来、宮人は女性のなかで最も人間性を踏みにじられた人々であり、官官とともに君主専制制度の直接の犠牲者であった。一方は生殖器をとられ身体を傷つけられた者、一方は人間性を踏みにじられた者である。宮人は奥深い後宮の中に幽閉されて永遠に肉親と別れ、青春と紅顔は葬り去られ、愛情と人生の楽しみは奪われ、生きている時は孤独の苦しみに、また死んだ後は訪れる人もない寂しさの中に置かれた。それで多くの知識人が、彼女たちの境遇に心を痛め嘆息してやまなかったのである。

彼女たちの痛苦の生活と心情を理解しょうとすれば、白居易の「上陽の白髪の人」ほど真実に迫り、生々と彼女たちの人生を描写したものはない。

 

『花間集』には毛照震の作が七首収められている。双調四十二字、前段二十一字三句三平韻、後段二十一字三句二平韻で、⑦⑦⑦/7⑦⑦の詞形をとる。花間集他の56作品の浣渓沙の解説参照。

春暮黃鶯下砌前 水精簾影露珠懸 綺霞低映晚晴

弱柳萬條垂翠帶 殘紅滿地碎香鈿  蕙風飄蕩散輕

○●○○●●○  ●△○●●○○ ●○○●●○○

●●●○○●● ○○●●●○△  ●△○●●△○

 

1 砌 《「水限(みぎり)」の意で、雨滴の落ちるきわ、また、そこを限るところからという》1 時節。おり。ころ。「暑さの―御身お大事に」「幼少の―」2 軒下や階下の石畳。

2 水精 水に映り輝く宮殿。水精は水の精。水星、辰星。水の中から産する珠。水の妖精。「珠水精、故以禦火灾」(珠は水精、故に以て火灾を禦【ふせ】ぐ)とある。また、水精宮とすれば、水際の水晶で飾られた宮殿の閨。

杜甫『曲江對酒』

苑外江頭坐不歸,水精宮殿轉霏微。桃花細逐楊花落,黃鳥時兼白鳥飛。

縱飲久判人共棄,懶朝真與世相違。吏情更覺滄洲遠,老大悲傷未拂衣。

(曲江にて酒に對す)

苑外江頭に坐して帰らず、水精の宮殿 転【うたた】霏微【ひび】たり。桃花【とうか】細【こまや】かに梨花を逐うて落ち、黄鳥【こうちょう】時兼【とも】にして白鳥と飛ぶ。

飲を縦【ほしいまま】にし久しく判して人共に棄つ、朝するに懶【ものうし】く真に世と相違【たご】う。吏情【りじょう】更に覚ゆ滄洲【そうしゅう】の遠きを、老大【ろうだい】徒【いたずらに】に傷む未だ衣を払わざるを。

春景色に誘われ、わたしはこの芙蓉苑の外、曲江の池畔で官舎に帰らないままにすわりこんであたりをながめる、水の妖精が生まれ出て水の宮殿がその光を輝かせ、霧のように飛散する水珠も輝く。

それから桃の花は微細に落ちち、やなぎの花、柳絮の散るあとを追いかけて落ちてまた落ちる、黄色の鳥たちは時を同じにして一斉に白色の鳥たちと飛びたつ。

勝手きままにすきなだけ酒を呑んで長いあいだ自暴自棄になり人も相手をしてくれない、参朝することが億劫になってしまい、世間の人皆から見放されてしまっている、実際自分も世の人とは違背しているのである。

官吏としての今の心持は、これまでよりももっと滄洲の仙境と隔たりができた様な気がするばかりで、こんなに年を取ってからでは衣を払って仙境に向って去って行けないことを傷み悲しむだけなのである。

曲江封酒 杜甫詩kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ 杜甫特集700- 246

 

3 綺霞 美しい夕焼け、夕映え。

4 香鈿 額飾りや頬飾り。ここでは頬飾りを指す。

5 蕙風 香しい風。

 

浣溪沙七首其二

(若く綺麗な妓優夏、巫女か高貴なお方に見初められ、優雅な時を過しても、何時かは一人さびしく過ごさねばなくなると詠う。)

6 『花間集』には毛照震の作が七首収められている。双調四十二字、前段二十一字三句三平韻、後段二十一字三句二平韻で、⑦⑦⑦/7⑦⑦の詞形をとる。花間集他の56作品の浣渓沙の解説参照。

花榭香紅煙景迷 滿庭芳艸綠萋萋 金鋪閑掩繡簾 

紫鷰一雙嬌語碎 翠屏十二晚峯齊 夢魂銷散醉空

○●○○○●○  ●○○●●○○

○△○●●○○  ●●●○△●●

●△●●●○△  △○○●●△○

7 花榭 花に囲まれた水際の四阿。榭:屋根のあるうてな,あずまや()水榭水ぎわの亭(チン)

8 萋萋 草木の茂っているさま。さいさい。「水草の―と繁茂して居る気味の悪い沼地」

9 金鋪 黄金で飾った閨。鋪:鉱山で、坑道のひと区切りのこと。舗/鋪【ほ】とは。意味や解説。[名]みせ。店舗。「―を構える」[接尾]助数詞。地図など、畳みものの本を数えるのに用いる。上に来る語によっては「ぽ」となる。「

10 閑掩 しずけさにつつまれる。

11 繡簾低 鳳凰の刺繍の簾のとばりも低く垂れたままになっている、それはその戸張の中で過ごしていることを意味する。

 

12 紫鷰 紫は、仙郷をイメージするものであり、道教の気高い巫女を連想させる。

13 嬌語碎 やさしくささやくこと。

14 十二晚峯 夕暮れ時の巫山の十二の蜂々。独秀、筆峰、集仙、起雲、登龍、望霞、軍鶴、棲鳳、翠屏、盤龍、松哲、仙人を指す。宋玉「高唐賦」巫山の神女が楚の懐王と夢の中で契りを交わして別れ去った故事に関わる山。ここでは、男女の別離を連想させる働きをしている。毛文錫『巫山一段雲一首』「雨霽巫山上,雲輕映碧天。遠峯吹散又相連,十二晚峯前。暗濕啼猿樹,高籠過客舡。朝朝暮暮楚江邊,幾度降神仙。」

巫山一段雲一首 毛文錫【もうぶんせき】  ⅩⅫ唐五代詞・「花間集」 Gs-372-8-#8  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3407

皇甫松《天仙子二首其一》

晴野鷺鷥飛一隻,水花發秋江碧。

劉郎此日別天仙,登綺席,淚珠滴,十二晚峯高歷歷。

齊,夢魂銷散醉空閨

4-414《天仙子二首其一》皇甫松Ⅻ唐五代詞・『花間集』全詩訳注解説Gs-597-4-(414) 二巻漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ4532

 

浣溪沙七首其三

(若く綺麗なときには、高貴なお方に見初められ、どんな時でもその容姿によってすくわれるものであり、おとこのこころにある「春心」は何にもしないでもその魅力にひかれるものだと詠う。)

1『花間集』には毛照震の作が七首収められている。双調四十二字、前段二十一字三句三平韻、後段二十一字三句二平韻で、⑦⑦⑦/7⑦⑦の詞形をとる。花間集他の56作品の浣渓沙の解説参照。

晚起紅房醉欲銷 綠鬟雲散裊金翹 雪香花語不勝

好是向人柔弱處 玉纖時急繡裙腰 春心牽惹轉無

●●○○●●○  ●○○●○○△ ●○○●△△△

●●●○○●● ●○○●●○○  ○○△●●○○

 

2 雪香 雪のような牡丹の花のお香がただようこと。

3 花語 情事の中で話される、愛の言葉をいう。

4 柔弱 気力や体質が弱々しいこと。また、そのさま。【じゅうじゃく】

5 無憀 ・何もしないでボーっとする。顧夐『河傳三首 其三』「棹舉,舟去,波光渺渺,不知何處,岸花汀草共依依,雨微,鷓鴣相逐飛。天涯離恨江聲咽,啼猿切,此意向誰。倚蘭橈,無憀。魂消,小爐香欲焦。」13-9 河傳三首 其三 》顧太尉(顧夐【こけい】)五十五首Ⅻ唐五代詞・『花間集」Gs-461-13-(9) 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3852

・心が晴れやかにならない。悲しんだり、恨んだりすることはない。牛希濟『臨江仙七首 其三』「渭闕宮城秦樹凋,玉樓獨上無憀。含情不語自吹簫,調情和恨,天路逐風飄。何事乘龍入忽降,似知深意相招。三清攜手路非遙,世間屏障,彩筆劃嬌饒。」10 -7 臨江仙七首其三 牛學士希濟(牛希濟)ⅩⅫ唐五代詞・「花間集」 Gs-404-10-#7  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3567

 

浣溪沙七首其四

(目覚めれば、簟のシーツは冷たく、この閨には、気だるい美人の姿と愁いだけがのこると詠う。)

1 『花間集』には毛照震の作が七首収められている。双調四十二字、前段二十一字三句三平韻、後段二十一字三句二平韻で、⑦⑦⑦/7⑦⑦ の詞形をとる。花間集他の56作品の浣渓沙の解説参照。

一隻橫釵墜髻  靜眠珍簟起來慵 繡羅紅嫩抹酥

羞斂細蛾魂暗斷 困迷無語思猶濃 小屏香靄碧山

●●△○●●○  ●○○●●△○ ●○○●●○○

○●●△○●● ●○○●△△○  ●△○●●○△

2 珍簟 上等な竹延。簟:細く割った竹や籐(とう)で編んだむしろ。夏の敷物。《季 夏》簟のベットシーツは汗ばむ時には最高のものだが、汗もかかない一人寝の秋には冷たすぎる。しかし、もしかしたら、又帰ってくれるかもしれない。その時にはこの敷物が無くてはならないという待つ身の女心をあらわす意味になる。この時代の簟は、極めて珍しく高価なものであった。ベッドインしてから情事で汗をかくそのためのシ-ツであるから、情事の際には、春から秋まで使用したが、一人で寝る際には秋も半ばを過ぎると寒くなるというもの。

魏承班《訴衷情五首其三》

銀漢雲晴玉漏長,蛩聲悄畫堂。

筠簟冷,碧牎涼,紅淚飄香。

皓月瀉寒光,割人腸。

那堪獨自步池塘,對鴛鴦。

銀漢 雲晴れ 玉漏 長ず,蛩聲 畫堂を悄す。

筠簟冷く,碧牎 涼し,紅 淚 香を飄す。

皓月 寒光を瀉ぎ,人腸を割く。

那ぞ獨り自ら池塘を步くを堪えん,鴛鴦に對すを。

顧夐《浣溪沙八首其七》

鴈響遙天玉漏清,小紗外月朧明,翠幃金鴨炷香平。

何處不歸音信斷,良宵空使夢魂驚,簟涼枕冷不勝情。

(浣溪沙八首其の七)

鴈の響き遙かな天に 玉漏清きなり,小紗の外は月朧明し,翠幃に金鴨ありて炷香平かなり。

何處にか歸らず 音信斷つ,良宵 空しく使わしむ夢魂驚き,簟涼 枕冷 情に勝てず。

3 繡羅紅嫩抹酥胸 艶やかな白い胸に紅色の刺繍のある薄絹の胸当てを当てる。酥胸は乳白色をした艶やかな胸。抹胸は胸当て、なお酥は牛や羊の乳の表面にできる膜から作る食べ物。

4 小屏香露碧山垂 花間集に商山という表現があるのは、薄絹をまとった女性が横たわった姿をいうもので、情事を待つ寝牀に横たわった様子の描写である。ここでは。屏風に女性の横たわった影が映っていることをいう。そこにはお香がただよっている。後宮のいずれかの后妃も年を重ねて、独り寝に堪える、屏風には描かれた山が重なり、屏風に香の煙が漂って趣きを深める。

17 毛熙震《巻九35浣溪沙七首其二》『花間集』437全詩訳注解説(改訂版Ver.2.1)-漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ-7449

毛熙震  浣溪沙七首其二

花榭香紅煙景迷,滿庭芳艸綠萋萋,金鋪閑掩繡簾低。

紫鷰一雙嬌語碎,翠屏十二晚峯齊,夢魂銷散醉空閨。

(若く綺麗な妓優夏、巫女か高貴なお方に見初められ、優雅な時を過しても、何時かは一人さびしく過ごさねばなくなると詠う。)

花に囲まれた水際の四阿には春の盛りの紅色の香りが漂い春霞の景色はその行く先を迷う、庭園には、薫り高い若草がさかんに茂り、それなのに、黄金で飾った閨には静けさに覆われ、鳳凰の刺繍の簾のとばりも低く垂れたままになっている。

この仙郷に飛ぶつばめがたった一ツガイだけで、やさしくささやいている、翡翠の飾りの屏風には楚の懐王の故事の巫山十二峰の等しく描かれているものが寝牀のまわりに立てられている。それなのに、夢には出て來るけれど現実には消え去ってしまう、今は、誰もいないこの閨に一人お酒に酔うだけである。

《花間集》437巻九35

浣溪沙七首其二

全詩訳注解説-漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ-7449

(改訂版Ver.2.1

17 毛熙震

前蜀の詞人

947年前後に在世

 

 
  2016年3月7日 の紀頌之5つのBlog  
  ●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、現在、李白詩全詩 訳注  
  Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 LiveDoorBlog
744年歳-1李太白集230卷六25白云歌送劉十六歸山 415Index-24Ⅲ-3 744年天寶三年44歳-1【56首】Ⅰ李白詩1781 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ7445  
  孟浩然 詩 index 李白詩index 謝霊運 詩 index 司馬相如 《 子虛賦 ・上林賦 》 揚雄 《 甘泉賦 》  ●諸葛亮(孔明)出師表  
  曹植(曹子建)詩 65首 index 文選 賦)兩都賦序・西都賦・東都賦 (班固) 《李白 全詩》
  総合案内
(1)漁父辞 屈原 『楚辞・九歌』東君 屈原 《楚辞 『九辯』》 宋玉  <案内>  
  ●唐を代表する 中唐 韓愈 全500首   
  Ⅱ中唐詩・晩唐詩
 
 LiveDoorBlog
韓愈141-#4《 巻02-08醉贈張祕書 #4》 韓愈(韓退之) 806年貞元22年 39歳-(13)-#4<1694> Ⅱ 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ7446  
  ・李商隠詩 (1) 136首の75首 ・李商隠詩 (2) 135首の61首 ●韓愈index-1 ・孟郊、張籍と交遊・汴州乱41首 ●韓愈詩index-2[800年 33歳~804年 37歳]27首 ●韓愈詩index-3 805年 38歳・]陽山から江陵府 36首 ●韓愈詩index-4 806年 39歳 江陵府・権知国子博士 51首(1)25首  
  index-5 806年39歳 50首の(2)25首 index-6[807年~809年 42歳]20首 index-7[810年~811年 44歳] 34首 index-8 [812年~814年47歳]46首 index-9[815年~816年 49歳] 57首 index-10[817年~818年 51歳]・「平淮西碑」28首  
  index-11 819年 52歳 ・『論佛骨表』左遷 38首 index-12 820年 53歳 ・9月國子祭酒に。18首 index-13 821年~822年 55歳 22首 index-14 823年~824年 57歳・病気のため退職。没す。 14首 韓愈 哲学・儒学「五原」 賦・散文・上奏文・碑文など  
  孟郊 張籍          
  ●杜甫の全作品1500首を訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"  
  Ⅲ杜甫詩全1500首   LiveDoorBlog 767年-(4)杜少陵集 《王十五前閣會》18-45 杜甫詩index-15-1160 <1610> 767年大暦2年56歲-(4)漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ7447   
  杜甫詩(1)736~751年 青年期・李白と交遊期・就活の詩 53首 杜甫詩(2)752年~754年、43歳 73首(青年期・就活の詩)  杜甫詩(3)755年~756年、45歳 安史の乱に彷徨う 26首 杜甫詩(4)作時757年、46歳 安史軍捕縛、脱出、左拾遺 43首 杜甫詩(5)758年;乾元元年、47歳 左拾遺、朝廷疎外、左遷 53首 杜甫詩 (6)759年;乾元二年、48歳 三吏三別 官を辞す 44首  
  杜甫詩(7)759年;乾元二年、48歳 秦州抒情詩 66首 杜甫詩(8)作時759年、48歳 秦州発、同谷紀行、成都紀行 36首 杜甫詩(9)760年;上元元年、49歳 成都浣花渓草堂 45首 杜甫詩(10)761年;上元二年、50歳 成都浣花渓草堂 82首 杜甫詩(11)762年寶應元年 杜甫51歳  浣花渓草堂~蜀中転々 43首 杜甫詩(12)762年寶應元年 杜甫51歳 蜀中転々 49首  
  ●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている  
  Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2Blog  
               
  ●花間集全詩●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩。唐から五代詩詞。花間集  
  Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoorBlog 17 毛熙震《巻九35浣溪沙七首其二》『花間集』437全詩訳注解説(改訂版Ver.2.1)-漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ-7449  
  薛濤の全詩 花間集(1巻 花間集(2巻 花間集(3巻 花間集(4巻 花間集(5巻  
  魚玄機全詩 花間集(6巻 花間集(7巻 花間集(8巻 花間集(9巻 花間集10巻  
  温庭筠66首 花間集1・2巻 皇甫松11首 花間集二巻 韋莊47首 花間集二巻 薛昭蘊19首 花間集三巻 牛嶠31首 花間集三・四巻 張泌27首 花間集四巻  
  毛文錫31首 花間集5巻 牛希濟11首 花間集5巻 欧陽烱17首 花間集5・6巻 和凝20首 花間集6巻 顧夐56首 花間集6・7巻 孫光憲47首 花間集7・8巻  
  魏承班15首 花間集8・9巻 鹿虔扆6首 花間集9巻 閻選8首 花間集9巻 尹鶚6首 花間集9巻 毛熙震29首 花間集9・10巻 李珣39首 花間集10巻  
   ■最近Best5 賦・詩・詞(漢詩4ブログ各部門) 漢詩総合サイト 07ch  
  杜甫全詩案内 韓愈全詩案内 李白全集 文選 古詩源 花間集案内  
 

 

毛秘書熙震二十九首

 

毛熙震(生卒年未詳、947年前後在世)、字、出身地ともに未詳。後苛に仕えて秘書監となったので、毛秘書と呼ばれた。『花間集』 には二十九首の詞が収められている。全て艶麗な詞。温庭 の作風に近い。

 

浣溪沙七首

毛熙震

《巻九34浣溪沙七首其一》  春暮鶯下砌前,水精簾影露珠懸,綺霞低映晴天。弱柳萬條垂翠帶,殘紅滿地碎香鈿,蕙風飄蕩散輕煙

毛熙震

《巻九35浣溪沙七首其二》  香紅煙景迷,滿庭芳艸綠萋萋,金鋪閑掩簾低。紫一雙嬌語碎,翠屏十二峯齊,夢魂銷散醉空閨

毛熙震

《巻九36浣溪沙七首其三》  起紅房醉欲銷,綠鬟雲散金翹,雪香花語不勝嬌。好是向人柔弱處,玉纖時急裙腰,春心牽惹轉無

毛熙震

《巻九37浣溪沙七首其四》  一隻橫釵墜髻叢,靜眠珍簟起來慵,羅紅嫩抹酥胸。羞斂細蛾魂暗斷,困迷無語思猶濃,小屏香靄碧山重

毛熙震

《巻九38浣溪沙七首其五》  雲薄羅裙綬帶長,滿身新瑞龍香,翠鈿斜映梅粧。佯不人空婉約,笑和嬌語太倡狂,忍教牽恨暗形相

毛熙震

《巻九39浣溪沙七首其六》  碧玉冠輕裊鷰釵,捧心無語,緩移弓底羅鞋。暗想歡何計好,豈堪期約有時乖,日高深院正忘懷。

毛熙震

《巻九40浣溪沙七首其七》  半醉凝情臥茵,睡容無力卸羅裙,玉籠鸚鵡聽聞。慵整落釵金翡翠,象梳欹鬢月生雲,錦屏幌麝煙薰

 

 

毛秘書熙震二十九首

 

毛無震(生卒年未詳、947年前後在世)、字、出身地ともに未詳。後苛に仕えて秘書監となったので、毛秘書と呼ばれた。『花間集』 には二十九首の詞が収められている。全て艶麗な詞。温庭 の作風に近い。

 

浣溪沙七首其一

(后妃もいつしか、水精の宮殿に移ってからは、春が音連れても、あのお方は尋ねてくることはない、この春も何時しか過ぎようとしている。)

春暮黃鶯下砌前,水精簾影露珠懸,綺霞低映晚晴天。

春暮れて高樓の砌の前に高麗鶯が止まっている、水精宮の閨には、水珠の簾に日が射しこんで、露の珠の影がうつる。沈みかけた夕日は空低く夕焼けを映している。

弱柳萬條垂翠帶,殘紅滿地碎香鈿,蕙風飄蕩散輕煙。

華奢な細腰は、柔らかき柳のえだであり、翠の糸を万条と垂れている、春も盛りを過ぎて、地一面の花びらは花鈿、額の飾りの砕けたようであり、香しき風は流れさり、花曇りの薄靄も、もう散りさってしまう。

(浣溪沙七首 其の一)

春暮 黃鶯 砌前に下る,水精の簾影 露珠 懸かり,綺霞 低く 晚晴の天に映ゆ。

弱柳 萬條 翠帶を垂れ,殘紅 地に滿ち 香鈿碎ける,蕙風 飄蕩して 輕煙 散る。

 

浣溪沙七首其二

(若く綺麗な妓優夏、巫女か高貴なお方に見初められ、優雅な時を過しても、何時かは一人さびしく過ごさねばなくなると詠う。)

花榭香紅煙景迷,滿庭芳艸綠萋萋,金鋪閑掩繡簾低。

花に囲まれた水際の四阿には春の盛りの紅色の香りが漂い春霞の景色はその行く先を迷う、庭園には、薫り高い若草がさかんに茂り、それなのに、黄金で飾った閨には静けさに覆われ、鳳凰の刺繍の簾のとばりも低く垂れたままになっている。

紫鷰一雙嬌語碎,翠屏十二晚峯齊,夢魂銷散醉空閨。

この仙郷に飛ぶつばめがたった一ツガイだけで、やさしくささやいている、翡翠の飾りの屏風には楚の懐王の故事の巫山十二峰の等しく描かれているものが寝牀のまわりに立てられている。それなのに、夢には出て來るけれど現実には消え去ってしまう、今は、誰もいないこの閨に一人お酒に酔うだけである。

(浣溪沙七首其の二)

花榭 紅に香り 煙景迷う,庭 芳艸に滿ち 綠萋萋たり,金鋪 閑かに掩い 繡簾低る。

紫鷰 一雙 嬌語碎う,翠屏 十二 晚峯齊し,夢魂 銷散 空閨に醉う。

 

曉鶯001
 

 

『浣溪沙七首其二』 現代語訳と訳註

(本文)

浣溪沙七首其二

花榭香紅煙景迷,滿庭芳艸綠萋萋,金鋪閑掩繡簾低。

紫鷰一雙嬌語碎,翠屏十二晚峯齊,夢魂銷散醉空閨。

 

(下し文)

(浣溪沙七首其の二)

花榭 紅に香り 煙景迷う,庭 芳艸に滿ち 綠萋萋たり,金鋪 閑かに掩い 繡簾低る。

紫鷰 一雙 嬌語碎う,翠屏 十二 晚峯齊し,夢魂 銷散 空閨に醉う。

 

 

(現代語訳)

(若く綺麗な妓優夏、巫女か高貴なお方に見初められ、優雅な時を過しても、何時かは一人さびしく過ごさねばなくなると詠う。)

花に囲まれた水際の四阿には春の盛りの紅色の香りが漂い春霞の景色はその行く先を迷う、庭園には、薫り高い若草がさかんに茂り、それなのに、黄金で飾った閨には静けさに覆われ、鳳凰の刺繍の簾のとばりも低く垂れたままになっている。

この仙郷に飛ぶつばめがたった一ツガイだけで、やさしくささやいている、翡翠の飾りの屏風には楚の懐王の故事の巫山十二峰の等しく描かれているものが寝牀のまわりに立てられている。それなのに、夢には出て來るけれど現実には消え去ってしまう、今は、誰もいないこの閨に一人お酒に酔うだけである。

大明宮の圖003
 

 

(訳注)

浣溪沙七首其二

(若く綺麗な妓優夏、巫女か高貴なお方に見初められ、優雅な時を過しても、何時かは一人さびしく過ごさねばなくなると詠う。)

6 『花間集』には毛照震の作が七首収められている。双調四十二字、前段二十一字三句三平韻、後段二十一字三句二平韻で、⑦⑦⑦/7⑦⑦の詞形をとる。花間集他の56作品の浣渓沙の解説参照。

花榭香紅煙景迷 滿庭芳艸綠萋萋 金鋪閑掩繡簾 

紫鷰一雙嬌語碎 翠屏十二晚峯齊 夢魂銷散醉空

○●○○○●○  ●○○●●○○

○△○●●○○  ●●●○△●●

●△●●●○△  △○○●●△○

 

花榭香紅煙景迷,滿庭芳艸綠萋萋,金鋪閑掩繡簾低。

花に囲まれた水際の四阿には春の盛りの紅色の香りが漂い春霞の景色はその行く先を迷う、庭園には、薫り高い若草がさかんに茂り、それなのに、黄金で飾った閨には静けさに覆われ、鳳凰の刺繍の簾のとばりも低く垂れたままになっている。

7 花榭 花に囲まれた水際の四阿。榭:屋根のあるうてな,あずまや()水榭水ぎわの亭(チン)

8 萋萋 草木の茂っているさま。さいさい。「水草の―と繁茂して居る気味の悪い沼地」

9 金鋪 黄金で飾った閨。鋪:鉱山で、坑道のひと区切りのこと。舗/鋪【ほ】とは。意味や解説。[名]みせ。店舗。「―を構える」[接尾]助数詞。地図など、畳みものの本を数えるのに用いる。上に来る語によっては「ぽ」となる。「

10 閑掩 しずけさにつつまれる。

11 繡簾低 鳳凰の刺繍の簾のとばりも低く垂れたままになっている、それはその戸張の中で過ごしていることを意味する。

 

紫鷰一雙嬌語碎,翠屏十二晚峯齊,夢魂銷散醉空閨。

この仙郷に飛ぶつばめがたった一ツガイだけで、やさしくささやいている、翡翠の飾りの屏風には楚の懐王の故事の巫山十二峰の等しく描かれているものが寝牀のまわりに立てられている。それなのに、夢には出て來るけれど現実には消え去ってしまう、今は、誰もいないこの閨に一人お酒に酔うだけである。

12 紫鷰 紫は、仙郷をイメージするものであり、道教の気高い巫女を連想させる。

13 嬌語碎 やさしくささやくこと。

14 十二晚峯 夕暮れ時の巫山の十二の蜂々。独秀、筆峰、集仙、起雲、登龍、望霞、軍鶴、棲鳳、翠屏、盤龍、松哲、仙人を指す。宋玉「高唐賦」巫山の神女が楚の懐王と夢の中で契りを交わして別れ去った故事に関わる山。ここでは、男女の別離を連想させる働きをしている。毛文錫『巫山一段雲一首』「雨霽巫山上,雲輕映碧天。遠峯吹散又相連,十二晚峯前。暗濕啼猿樹,高籠過客舡。朝朝暮暮楚江邊,幾度降神仙。」

巫山一段雲一首 毛文錫【もうぶんせき】  ⅩⅫ唐五代詞・「花間集」 Gs-372-8-#8  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3407

皇甫松《天仙子二首其一》

晴野鷺鷥飛一隻,水花發秋江碧。

劉郎此日別天仙,登綺席,淚珠滴,十二晚峯高歷歷。

齊,夢魂銷散醉空閨

4-414《天仙子二首其一》皇甫松Ⅻ唐五代詞・『花間集』全詩訳注解説Gs-597-4-(414) 二巻漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ4532

 

 

浣溪沙七首其一 【字解】

(后妃もいつしか、水精の宮殿に移ってからは、春が音連れても、あのお方は尋ねてくることはない、この春も何時しか過ぎようとしている。)

0 【解説】 晩春の夕景色を詠う。后妃であっても年を重ねると宮殿で一生を過ごして果てる。白居易の《上陽の白髪の人》白居易「後宮詞」

雨露由來一點恩,爭能遍布及千門?

三千宮女胭脂面,幾個春來無淚痕!

「三千の宮女 胭脂の面、幾箇か春来りて涙の痕無からん」(白居易「後宮詞」)。古来、宮人は女性のなかで最も人間性を踏みにじられた人々であり、官官とともに君主専制制度の直接の犠牲者であった。一方は生殖器をとられ身体を傷つけられた者、一方は人間性を踏みにじられた者である。宮人は奥深い後宮の中に幽閉されて永遠に肉親と別れ、青春と紅顔は葬り去られ、愛情と人生の楽しみは奪われ、生きている時は孤独の苦しみに、また死んだ後は訪れる人もない寂しさの中に置かれた。それで多くの知識人が、彼女たちの境遇に心を痛め嘆息してやまなかったのである。

彼女たちの痛苦の生活と心情を理解しょうとすれば、白居易の「上陽の白髪の人」ほど真実に迫り、生々と彼女たちの人生を描写したものはない。

 

『花間集』には毛照震の作が七首収められている。双調四十二字、前段二十一字三句三平韻、後段二十一字三句二平韻で、⑦⑦⑦/7⑦⑦の詞形をとる。花間集他の56作品の浣渓沙の解説参照。

春暮黃鶯下砌前 水精簾影露珠懸 綺霞低映晚晴

弱柳萬條垂翠帶 殘紅滿地碎香鈿  蕙風飄蕩散輕

○●○○●●○  ●△○●●○○ ●○○●●○○

●●●○○●● ○○●●●○△  ●△○●●△○

 

1 砌 《「水限(みぎり)」の意で、雨滴の落ちるきわ、また、そこを限るところからという》1 時節。おり。ころ。「暑さの―御身お大事に」「幼少の―」2 軒下や階下の石畳。

2 水精 水に映り輝く宮殿。水精は水の精。水星、辰星。水の中から産する珠。水の妖精。「珠水精、故以禦火灾」(珠は水精、故に以て火灾を禦【ふせ】ぐ)とある。また、水精宮とすれば、水際の水晶で飾られた宮殿の閨。

杜甫『曲江對酒』

苑外江頭坐不歸,水精宮殿轉霏微。桃花細逐楊花落,黃鳥時兼白鳥飛。

縱飲久判人共棄,懶朝真與世相違。吏情更覺滄洲遠,老大悲傷未拂衣。

(曲江にて酒に對す)

苑外江頭に坐して帰らず、水精の宮殿 転【うたた】霏微【ひび】たり。桃花【とうか】細【こまや】かに梨花を逐うて落ち、黄鳥【こうちょう】時兼【とも】にして白鳥と飛ぶ。

飲を縦【ほしいまま】にし久しく判して人共に棄つ、朝するに懶【ものうし】く真に世と相違【たご】う。吏情【りじょう】更に覚ゆ滄洲【そうしゅう】の遠きを、老大【ろうだい】徒【いたずらに】に傷む未だ衣を払わざるを。

春景色に誘われ、わたしはこの芙蓉苑の外、曲江の池畔で官舎に帰らないままにすわりこんであたりをながめる、水の妖精が生まれ出て水の宮殿がその光を輝かせ、霧のように飛散する水珠も輝く。

それから桃の花は微細に落ちち、やなぎの花、柳絮の散るあとを追いかけて落ちてまた落ちる、黄色の鳥たちは時を同じにして一斉に白色の鳥たちと飛びたつ。

勝手きままにすきなだけ酒を呑んで長いあいだ自暴自棄になり人も相手をしてくれない、参朝することが億劫になってしまい、世間の人皆から見放されてしまっている、実際自分も世の人とは違背しているのである。

官吏としての今の心持は、これまでよりももっと滄洲の仙境と隔たりができた様な気がするばかりで、こんなに年を取ってからでは衣を払って仙境に向って去って行けないことを傷み悲しむだけなのである。

曲江封酒 杜甫詩kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ 杜甫特集700- 246

 

3 綺霞 美しい夕焼け、夕映え。

4 香鈿 額飾りや頬飾り。ここでは頬飾りを指す。

5 蕙風 香しい風。

16尹鶚《巻九32醉公子》『花間集』434全詩訳注解説(改訂版Ver.2.1)-漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ-7434

尹顎  醉公子

暮煙籠蘚砌,戟門猶未閉。盡日醉尋春,歸來月滿身。

離鞍隈繡袂,墜巾花亂綴。何處惱佳人,檀痕衣上新。

(春が訪れると公子は風流を求めて飲み明かし、愛妾と共に過ごすが、やがて、他の美人のもとに行ってしまったと詠う)

夕暮れの靄は囲われたこの庭の鮮やかな建物との砌に漂う。公子の邸宅の御門は未だに閉められたままだ。一日じゅう、種々の趣きの庭に春の風流を尋ねて酒に酔う。夜になって、また同じところに帰ってきて、月が真上にあがるまで又、酒をのみ続ける。馬を繋いでその場所から離れ、うす絹の刺繍のたもとの中に入ってゆく。来ていた着物はその場に脱ぎ捨て、女の花弁は乱れそしてつづられる。それなのに、今は何処に行かれたのだろう、美人の元だろうけど頭を悩ます、寝牀に心の傷跡を残してしまったので今日からは気分一新するためにも着物を新しくしたようだ。

《花間集》434巻九32

醉 公 子

全詩訳注解説-漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ-7434

(改訂版Ver.2.1

16尹顎

前蜀の詞人

920年前後に在世

 

 

 

 
  2016年3月4日 の紀頌之5つのBlog  
  ●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、現在、李白詩全詩 訳注  
  Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 LiveDoorBlog
743年(94)李太白集941巻二十四53怨情  413Index-23Ⅲ-2-743年天寶二年43歳 94首-(94) Ⅰ李白詩1778 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ7430  
  孟浩然 詩 index 李白詩index 謝霊運 詩 index 司馬相如 《 子虛賦 ・上林賦 》 揚雄 《 甘泉賦 》  ●諸葛亮(孔明)出師表  
  曹植(曹子建)詩 65首 index 文選 賦)兩都賦序・西都賦・東都賦 (班固) 《李白 全詩》
  総合案内
(1)漁父辞 屈原 『楚辞・九歌』東君 屈原 《楚辞 『九辯』》 宋玉  <案内>  
  ●唐を代表する 中唐 韓愈 全500首   
  Ⅱ中唐詩・晩唐詩
 
 LiveDoorBlog
韓愈141-#1《 巻02-08醉贈張祕書 (人皆勸我酒,)#1》 韓愈(韓退之) 806年貞元22年 39歳-(13)-#1(5分割)<1691> Ⅱ 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ7431  
  ・李商隠詩 (1) 136首の75首 ・李商隠詩 (2) 135首の61首 ●韓愈index-1 ・孟郊、張籍と交遊・汴州乱41首 ●韓愈詩index-2[800年 33歳~804年 37歳]27首 ●韓愈詩index-3 805年 38歳・]陽山から江陵府 36首 ●韓愈詩index-4 806年 39歳 江陵府・権知国子博士 51首(1)25首  
  index-5 806年39歳 50首の(2)25首 index-6[807年~809年 42歳]20首 index-7[810年~811年 44歳] 34首 index-8 [812年~814年47歳]46首 index-9[815年~816年 49歳] 57首 index-10[817年~818年 51歳]・「平淮西碑」28首  
  index-11 819年 52歳 ・『論佛骨表』左遷 38首 index-12 820年 53歳 ・9月國子祭酒に。18首 index-13 821年~822年 55歳 22首 index-14 823年~824年 57歳・病気のため退職。没す。 14首 韓愈 哲学・儒学「五原」 賦・散文・上奏文・碑文など  
  孟郊 張籍          
  ●杜甫の全作品1500首を訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"  
  Ⅲ杜甫詩全1500首   LiveDoorBlog 767年-26杜少陵集 《17-24 秋風,二首之二》 杜甫詩index-15-1156 <1606> 767年大暦2年56歲-26 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ7427  
  杜甫詩(1)736~751年 青年期・李白と交遊期・就活の詩 53首 杜甫詩(2)752年~754年、43歳 73首(青年期・就活の詩)  杜甫詩(3)755年~756年、45歳 安史の乱に彷徨う 26首 杜甫詩(4)作時757年、46歳 安史軍捕縛、脱出、左拾遺 43首 杜甫詩(5)758年;乾元元年、47歳 左拾遺、朝廷疎外、左遷 53首 杜甫詩 (6)759年;乾元二年、48歳 三吏三別 官を辞す 44首  
  杜甫詩(7)759年;乾元二年、48歳 秦州抒情詩 66首 杜甫詩(8)作時759年、48歳 秦州発、同谷紀行、成都紀行 36首 杜甫詩(9)760年;上元元年、49歳 成都浣花渓草堂 45首 杜甫詩(10)761年;上元二年、50歳 成都浣花渓草堂 82首 杜甫詩(11)762年寶應元年 杜甫51歳  浣花渓草堂~蜀中転々 43首 杜甫詩(12)762年寶應元年 杜甫51歳 蜀中転々 49首  
  ●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている  
  Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2Blog  
               
  ●花間集全詩●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩。唐から五代詩詞。花間集  
  Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoorBlog 16尹鶚《巻九32醉公子》『花間集』434全詩訳注解説(改訂版Ver.2.1)-漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ-7434  
  薛濤の全詩 花間集(1巻 花間集(2巻 花間集(3巻 花間集(4巻 花間集(5巻  
  魚玄機全詩 花間集(6巻 花間集(7巻 花間集(8巻 花間集(9巻 花間集10巻  
  温庭筠66首 花間集1・2巻 皇甫松11首 花間集二巻 韋莊47首 花間集二巻 薛昭蘊19首 花間集三巻 牛嶠31首 花間集三・四巻 張泌27首 花間集四巻  
  毛文錫31首 花間集5巻 牛希濟11首 花間集5巻 欧陽烱17首 花間集5・6巻 和凝20首 花間集6巻 顧夐56首 花間集6・7巻 孫光憲47首 花間集7・8巻  
  魏承班15首 花間集8・9巻 鹿虔扆6首 花間集9巻 閻選8首 花間集9巻 尹鶚6首 花間集9巻 毛熙震29首 花間集9・10巻 李珣39首 花間集10巻  
   ■最近Best5 賦・詩・詞(漢詩4ブログ各部門) 漢詩総合サイト 07ch  
  杜甫全詩案内 韓愈全詩案内 李白全集 文選 古詩源 花間集案内  
 

 

花間集 教坊曲『醉公子』 四首

薛昭蘊

《巻三42 醉公子》 慢綰青絲髮,光砑綾襪。床上小燻籠,韶州新退紅。叵耐無端處,捻得從頭汚。惱得眼慵開,問人閑事來。

顧夐

《巻七35 醉公子二首其一》 漠漠秋雲澹,紅耦香侵檻。枕倚小山屏,金鋪向晚扃。睡起橫波慢,獨望情何限。衰柳數聲蟬,魂銷似去年。

顧夐

《巻七36 醉公子二首其二》 岸柳垂金線,雨晴鶯百囀。家在綠楊邊,往來多少年。馬嘶芳草遠,高樓簾半捲。斂袖翠蛾攢,相逢爾許難。

尹鶚

《巻九32 醉公子》  暮煙籠蘚砌,戟門猶未閉。盡日醉尋春,歸來月滿身。離鞍隈袂,墜巾花亂綴。何處惱佳人,檀痕衣上新

 

 

醉公子

(春が訪れると公子は風流を求めて飲み明かし、愛妾と共に過ごすが、やがて、他の美人のもとに行ってしまったと詠う)

暮煙籠蘚砌,戟門猶未閉。

夕暮れの靄は囲われたこの庭の鮮やかな建物との砌に漂う。公子の邸宅の御門は未だに閉められたままだ。

盡日醉尋春,歸來月滿身。

一日じゅう、種々の趣きの庭に春の風流を尋ねて酒に酔う。夜になって、また同じところに帰ってきて、月が真上にあがるまで又、酒をのみ続ける。

離鞍隈繡袂,墜巾花亂綴。

馬を繋いでその場所から離れ、うす絹の刺繍のたもとの中に入ってゆく。来ていた着物はその場に脱ぎ捨て、女の花弁は乱れそしてつづられる。

何處惱佳人,檀痕衣上新。

それなのに、今は何処に行かれたのだろう、美人の元だろうけど頭を悩ます、寝牀に心の傷跡を残してしまったので今日からは気分一新するためにも着物を新しくしたようだ。

(醉公子)

暮煙 籠蘚の砌,戟門 猶お未だ閉ず。

盡日 春を尋ね醉い,月滿身に歸來す。

鞍を離れ 繡袂を隈れ,巾を墜す 花亂綴。

何の處にか佳人を惱し,檀痕 衣上新らたなり。

 

tsuki001
 

『醉公子一首』 現代語訳と訳註

(本文)

醉公子

暮煙籠蘚砌,戟門猶未閉。

盡日醉尋春,歸來月滿身。

離鞍隈繡袂,墜巾花亂綴。

何處惱佳人,檀痕衣上新。

 

(下し文)

(醉公子)

暮煙 籠蘚の砌,戟門 猶お未だ閉ず。

盡日 春を尋ね醉い,月滿身に歸來す。

鞍を離れ 繡袂を隈れ,巾を墜す 花亂綴。

何の處にか佳人を惱し,檀痕 衣上新らたなり。

 

 

(現代語訳)

(春が訪れると公子は風流を求めて飲み明かし、愛妾と共に過ごすが、やがて、他の美人のもとに行ってしまったと詠う)

夕暮れの靄は囲われたこの庭の鮮やかな建物との砌に漂う。公子の邸宅の御門は未だに閉められたままだ。

一日じゅう、種々の趣きの庭に春の風流を尋ねて酒に酔う。夜になって、また同じところに帰ってきて、月が真上にあがるまで又、酒をのみ続ける。

馬を繋いでその場所から離れ、うす絹の刺繍のたもとの中に入ってゆく。来ていた着物はその場に脱ぎ捨て、女の花弁は乱れそしてつづられる。

それなのに、今は何処に行かれたのだろう、美人の元だろうけど頭を悩ます、寝牀に心の傷跡を残してしまったので今日からは気分一新するためにも着物を新しくしたようだ。

花間集 白梅
 

(訳注)

醉公子

(春が訪れると公子は風流を求めて飲み明かし、愛妾と共に過ごすが、やがて、他の美人のもとに行ってしまったと詠う)

1 公子(こうし)は、中国の春秋戦国時代の各国の公族の子弟。君主(公)の子は公子と呼ばれ、公子の子は公孫と呼ばれた。実質上、諸侯は王族に等しく、その子弟も王子と呼んでもさしつかえはないが、建前上、列国は周王の家来であり、王は周王ただ一人であるので、諸侯は公を称し、その子弟は公子となった。ただし、楚に限っては周王の権威を認めておらず、歴代の君主は王と称したので、その子弟は当然王子であったはずだが、周の傘下にあった諸国の文献においては公子と記されている。戦国時代に入って周の権威が完全に失墜した後は、諸侯は次々に王を僭称したが、公式には公であったので、その子弟は相変わらず公子と呼ばれた。

 

醉公子は、唐の教坊の曲名。『花間集』には尹鶚の一首他三首の所収。双調四十字、前後段二十字四句二仄韻、韻二平韻で、❺❺⑤⑤/❺❺⑤⑤の詞形をとる。

暮煙籠蘚  戟門猶未
盡日醉尋  歸來月滿
離鞍隈繡  墜巾花亂
何處惱佳  檀痕衣上

●○△●●  ●○△●●

●●●○○  ○△●●○

△○△●●  ●○○●●

△●●○○  ○○△●○

紅梅202
 

暮煙籠蘚砌,戟門猶未閉。

夕暮れの靄は囲われたこの庭の鮮やかな建物との砌に漂う。公子の邸宅の御門は未だに閉められたままだ。

2 戟門 ホコなどの儀杖を門に立てて並べることから、大官の邸宅、あるいは、役所、顕貴の家。

 

盡日醉尋春,歸來月滿身。

一日じゅう、種々の趣きの庭に春の風流を尋ねて酒に酔う。夜になって、また同じところに帰ってきて、月が真上にあがるまで又、酒をのみ続ける。

3 盡日 ① 一日じゅう。終日。 -降雨」 各月または一年の最後の日。みそか。おおみそか。

4 尋春 春の風流をもとめ、そこで宴する。大官の邸宅であるから、種々の趣きの庭があるのをたずねあるく。

 

離鞍隈繡袂,墜巾花亂綴。

馬を繋いでその場所から離れ、うす絹の刺繍のたもとの中に入ってゆく。来ていた着物はその場に脱ぎ捨て、女の花弁は乱れそしてつづられる。

5 この二句は、ベッドインしての描写。

 

何處惱佳人,檀痕衣上新。

それなのに、今は何処に行かれたのだろう、美人の元だろうけど頭を悩ます、寝牀に心の傷跡を残してしまったので今日からは気分一新するためにも着物を新しくしたようだ。

6 佳人 美しい女の人。

7 檀痕 檀は公子と共にすごした寝牀で、そこには公子の残した痕跡がたくさんあること。

 

 

 


続きを読む

16尹鶚《巻九31杏園芳》『花間集』433全詩訳注解説(改訂版Ver.2.1)-漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ-7429

尹顎  杏園芳

嚴粧嫩臉花明,教人見了關情。含羞舉步越羅輕,稱娉婷。

終朝咫尺窺香閣,迢遙似隔層城。何時休遣夢相縈,入雲屏。

(高嶺の花である妓優と杏園とで夢を詠ったものである)

年に一度の発表の日で、念入りに粧いし柔肌の顔立ちは花のごとく明るく映えている、こんな感じで見る人はきっと心を虜にするだろう。その素振りは何処か恥じらいを含んでいて、細腰を越羅のスカートで包み、軽やかに足を運べば、艶やかで美しく、えも言えぬほどだ。終日ごく間近なところで、芸を磨くのをみているし、楼閣での宴で妓優の芸を窺いてみてはいるものの、実際には、高楼から望んで遙かに遠く高い城壁に隔たれているかのようである。こんな美人を看た誰もが夢にまでつきまとうものだから、いつの日か寝牀のまわりに雲母の屏風を立てかけて、一緒に過ごしたいとおもっているのだ。

《花間集》416巻九31

杏 園 芳

全詩訳注解説-漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ-7429

(改訂版Ver.2.1

16尹顎

前蜀の詞人

920年前後に在世

 

 
  2016年3月3日 の紀頌之5つのBlog  
  ●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、現在、李白詩全詩 訳注  
  Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 LiveDoorBlog
743年(93)李太白集939巻二十四50怨情  412Index-23Ⅲ-2-743年天寶二年43歳 94首-(93) Ⅰ李白詩1777 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ7425  
  孟浩然 詩 index 李白詩index 謝霊運 詩 index 司馬相如 《 子虛賦 ・上林賦 》 揚雄 《 甘泉賦 》  ●諸葛亮(孔明)出師表  
  曹植(曹子建)詩 65首 index 文選 賦)兩都賦序・西都賦・東都賦 (班固) 《李白 全詩》
  総合案内
(1)漁父辞 屈原 『楚辞・九歌』東君 屈原 《楚辞 『九辯』》 宋玉  <案内>  
  ●唐を代表する 中唐 韓愈 全500首   
  Ⅱ中唐詩・晩唐詩
 
 LiveDoorBlog
韓愈140《 巻01-24秋懷詩,十一首之十一 (鮮鮮霜中菊,)》 韓愈(韓退之) 806年貞元22年 39歳-(12)<1690> Ⅱ 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ7426  
  ・李商隠詩 (1) 136首の75首 ・李商隠詩 (2) 135首の61首 ●韓愈index-1 ・孟郊、張籍と交遊・汴州乱41首 ●韓愈詩index-2[800年 33歳~804年 37歳]27首 ●韓愈詩index-3 805年 38歳・]陽山から江陵府 36首 ●韓愈詩index-4 806年 39歳 江陵府・権知国子博士 51首(1)25首  
  index-5 806年39歳 50首の(2)25首 index-6[807年~809年 42歳]20首 index-7[810年~811年 44歳] 34首 index-8 [812年~814年47歳]46首 index-9[815年~816年 49歳] 57首 index-10[817年~818年 51歳]・「平淮西碑」28首  
  index-11 819年 52歳 ・『論佛骨表』左遷 38首 index-12 820年 53歳 ・9月國子祭酒に。18首 index-13 821年~822年 55歳 22首 index-14 823年~824年 57歳・病気のため退職。没す。 14首 韓愈 哲学・儒学「五原」 賦・散文・上奏文・碑文など  
  孟郊 張籍          
  ●杜甫の全作品1500首を訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"  
  Ⅲ杜甫詩全1500首   LiveDoorBlog 767年-26杜少陵集 《17-24 秋風,二首之二》 杜甫詩index-15-1156 <1606> 767年大暦2年56歲-26 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ7427  
  杜甫詩(1)736~751年 青年期・李白と交遊期・就活の詩 53首 杜甫詩(2)752年~754年、43歳 73首(青年期・就活の詩)  杜甫詩(3)755年~756年、45歳 安史の乱に彷徨う 26首 杜甫詩(4)作時757年、46歳 安史軍捕縛、脱出、左拾遺 43首 杜甫詩(5)758年;乾元元年、47歳 左拾遺、朝廷疎外、左遷 53首 杜甫詩 (6)759年;乾元二年、48歳 三吏三別 官を辞す 44首  
  杜甫詩(7)759年;乾元二年、48歳 秦州抒情詩 66首 杜甫詩(8)作時759年、48歳 秦州発、同谷紀行、成都紀行 36首 杜甫詩(9)760年;上元元年、49歳 成都浣花渓草堂 45首 杜甫詩(10)761年;上元二年、50歳 成都浣花渓草堂 82首 杜甫詩(11)762年寶應元年 杜甫51歳  浣花渓草堂~蜀中転々 43首 杜甫詩(12)762年寶應元年 杜甫51歳 蜀中転々 49首  
  ●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている  
  Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2Blog  
               
  ●花間集全詩●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩。唐から五代詩詞。花間集  
  Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoorBlog 16尹鶚《巻九31杏園芳》『花間集』433全詩訳注解説(改訂版Ver.2.1)-漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ-7429  
  薛濤の全詩 花間集(1巻 花間集(2巻 花間集(3巻 花間集(4巻 花間集(5巻  
  魚玄機全詩 花間集(6巻 花間集(7巻 花間集(8巻 花間集(9巻 花間集10巻  
  温庭筠66首 花間集1・2巻 皇甫松11首 花間集二巻 韋莊47首 花間集二巻 薛昭蘊19首 花間集三巻 牛嶠31首 花間集三・四巻 張泌27首 花間集四巻  
  毛文錫31首 花間集5巻 牛希濟11首 花間集5巻 欧陽烱17首 花間集5・6巻 和凝20首 花間集6巻 顧夐56首 花間集6・7巻 孫光憲47首 花間集7・8巻  
  魏承班15首 花間集8・9巻 鹿虔扆6首 花間集9巻 閻選8首 花間集9巻 尹鶚6首 花間集9巻 毛熙震29首 花間集9・10巻 李珣39首 花間集10巻  
   ■最近Best5 賦・詩・詞(漢詩4ブログ各部門) 漢詩総合サイト 07ch  
  杜甫全詩案内 韓愈全詩案内 李白全集 文選 古詩源 花間集案内  
 

 

 

色と芸を売って生業とする娼妓と女芸人とである。「妓」、この後世もっぱら肉体を売る女性を指すようになった呼称は、もとは「伎(技)」 の意味から来たもので、歌舞等の技芸を専門に学ぶ女芸人を指していた。唐代の「妓」はすでに専業娼妓の呼称になっていたが、しかし同時に「妓」は歌舞音曲に携わったり、縄・竿・球・馬などを操る女芸人を総称する言葉であって、決して肉体を売る女性だけを指すものではなかった。それで常に「聴妓」(音楽を聴く)とか、「観妓」(歌舞を観る)という言い方があったのである。「妓」は娼妓と女芸人を合せた呼称ということができる。事実、芸人は常に売笑を兼ね、娼妓もまた芸を提供せねばならなかった。両者には時として明確な区別というものがなかったので、合せて「妓」と呼んだのは怪しむに足りない。「娼」となると、唐代には多く娼妓を指した。そして「女優」とか、「女伶」などの類の言葉は当然芸人を指した。しかし、彼女たちの身分・地位・生活などは娼妓と非常に近かったので、両者を合せて「妓優」とか「娼優」とかよぶ呼称が常に存在した。それゆえ彼女たちも一括して論ずることにする。

 

 

 

杏園芳

嚴粧嫩臉花明,教人見了關情。

含羞舉步越羅輕,稱娉婷。

終朝咫尺窺香閣,迢遙似隔層城。

何時休遣夢相縈,入雲屏。

(高嶺の花である妓優と杏園とで夢を詠ったものである)

年に一度の発表の日で、念入りに粧いし柔肌の顔立ちは花のごとく明るく映えている、こんな感じで見る人はきっと心を虜にするだろう。

その素振りは何処か恥じらいを含んでいて、細腰を越羅のスカートで包み、軽やかに足を運べば、艶やかで美しく、えも言えぬほどだ。

終日ごく間近なところで、芸を磨くのをみているし、楼閣での宴で妓優の芸を窺いてみてはいるものの、実際には、高楼から望んで遙かに遠く高い城壁に隔たれているかのようである。

こんな美人を看た誰もが夢にまでつきまとうものだから、いつの日か寝牀のまわりに雲母の屏風を立てかけて、一緒に過ごしたいとおもっているのだ。

 

(杏園芳)

嚴粧の嫩臉【どうけん】花明るく,人 見了れば情に關わら教む。

羞らいを含み 越羅輕やかに步を舉げれば,娉婷【へいてい】に稱う。

朝から終まで 咫尺にて香閣を窺う,迢遙として層城を隔つに似たり。

何れの時にか 夢の相い縈い遣むるを休め,雲屏に入らん。

花蕊夫人002
 

 

『杏園芳』 現代語訳と訳註

(本文)

杏園芳

嚴粧嫩臉花明,教人見了關情。

含羞舉步越羅輕,稱娉婷。

終朝咫尺窺香閣,迢遙似隔層城。

何時休遣夢相縈,入雲屏。

 

(下し文)

(杏園芳)

嚴粧の嫩臉【どうけん】花明るく,人 見了れば情に關わら教む。

羞らいを含み 越羅輕やかに步を舉げれば,娉婷【へいてい】に稱う。

朝から終まで 咫尺にて香閣を窺う,迢遙として層城を隔つに似たり。

何れの時にか 夢の相い縈い遣むるを休め,雲屏に入らん。

 

(現代語訳)

(高嶺の花である妓優と杏園とで夢を詠ったものである)

年に一度の発表の日で、念入りに粧いし柔肌の顔立ちは花のごとく明るく映えている、こんな感じで見る人はきっと心を虜にするだろう。

その素振りは何処か恥じらいを含んでいて、細腰を越羅のスカートで包み、軽やかに足を運べば、艶やかで美しく、えも言えぬほどだ。

終日ごく間近なところで、芸を磨くのをみているし、楼閣での宴で妓優の芸を窺いてみてはいるものの、実際には、高楼から望んで遙かに遠く高い城壁に隔たれているかのようである。

こんな美人を看た誰もが夢にまでつきまとうものだから、いつの日か寝牀のまわりに雲母の屏風を立てかけて、一緒に過ごしたいとおもっているのだ。

 

紅梅002
 

(訳注)

 

『花間集』には尹鶚の一首のみ所収。今日伝わる杏園芳もまたこの一首だけである。教坊所属の妓優について詠ったものである。

 

1 杏園芳 杏園から春の科挙祝宴、饗宴での妓優や女妓とのその日の無礼講を連想する。

・杏園:官吏登用試験(科挙)に合格した進士たちの祝宴会場。科挙に合格した進士には、曲江の池の畔(ほとり)の杏園で、祝宴を賜り、長安の街で園遊し、咲き誇る牡丹などの花を観賞する慣わしがあった。 

・杏園人:科挙に合格し、新たに進士となった人たちを指す。

長安曲江 杏園 進士の試験は秋にあり、翌年の春の花が咲き誇る時期に結果発表がある。官吏登用試験(科挙)に合格した進士には、後出・長安の曲江の池の畔(ほとり)にあった杏園で、祝宴を賜り、長安の街を園遊し、咲き誇る牡丹などの花を観賞する慣わしがあった。また、貴族は自邸自慢のボタンを庭を開放して鑑賞させ、合格者の無礼を許した。

・長安:唐の首都。現・陝西省・西安 。科挙の最終試験会場もここにあり、科挙合格者の祝宴もここで開かれる。

孟郊はそれに落第して、落胆のさまを『再下第』「一夕九起嗟,夢短不到家。兩度長安陌,空將涙見花。」とうたった。この詩もそれと似た感情を詠っていよう。

孟郊は『登科後』で「昔日齷齪不足誇,今朝放蕩思無涯。春風得意馬蹄疾,一日看盡長安花。」と、がらりと変わった詩を作っている。 唐宋詩236 登科後 Ⅶ孟郊(孟東野)<19>紀頌之の漢詩ブログ

○詞の構成について 双調四十五字、前段二十二字四句四平韻、後段二十三字四句三平韻で、⑥⑥⑦③/7⑥⑦③詞形をとる。

嚴粧嫩臉花  教人見了關
含羞舉步越羅  稱娉
終朝咫尺窺香閣  迢遙似隔層
何時休遣夢相  入雲

○?●△○○  △○●●○○

○○●●●○△  △●○

○○●●○○●  ○○●●○○

△○△●△△○  ●○△

 

嚴粧嫩臉花明,教人見了關情。

年に一度の発表の日で、念入りに粧いし柔肌の顔立ちは花のごとく明るく映えている、こんな感じで見る人はきっと心を虜にするだろう。

2 厳粧 念入りな化粧。

3 嫩臉 若くみずみずしい顔。

4 教人見了関情 人が見たら心を捉えて離さないようにさせる。見た人の心を捉える、の意。交は使役を表す。了は〜したら。

 

含羞舉步越羅輕,稱娉婷。

その素振りは何処か恥じらいを含んでいて、細腰を越羅のスカートで包み、軽やかに足を運べば、艶やかで美しく、えも言えぬほどだ。

5 越羅 越産の上等な薄絹。ここではそれで作ったスカートを言う。越は今の浙江省。

6 称娉婷 美に適ぅ。娉婷は艶やかで美しいこと。

 

終朝咫尺窺香閣,迢遙似隔層城。

終日ごく間近なところで、芸を磨くのをみているし、楼閣での宴で妓優の芸を窺いてみてはいるものの、実際には、高楼から望んで遙かに遠く高い城壁に隔たれているかのようである。

7 咫尺 ごく間近。咫は八寸、尺は十寸。

8 香閣 香を焚く楼閣の講堂で妓優の芸を見る。

9 層城 高い城壁。

 

何時休遣夢相縈,入雲屏。

こんな美人を看た誰もが夢にまでつきまとうものだから、いつの日か寝牀のまわりに雲母の屏風を立てかけて、一緒に過ごしたいとおもっているのだ。

10  () まといつく,絡む.気にかかる. (周りを)巡る,まつわる.まつわりつく,(周りを)巡る.

11 人雲屏 屏風の陰に入る。屏風は多く寒さを避けたり人目を遮るために寝台の脇に置かれるもの。したがって、入雲屏は床をともに(ベットイン)することを意味する。

 

 

12 【解説】 女性に心惹かれる男の情を詠う。後段、一日中、女の芸の練習をまじかで窺っていても、まるではるか彼方の高い城壁に隔てられているかのようで、常に夢の内で恋い焦がれているが、一体いつになったら女の閏に入り、屏風の陰で時をともにすることができるのかと、女への熱い思いを語る。

妓優であるから間直に見る事もある男ではあるものの、実際には遠い存在で、近づくこともできない。

杏園での一大イベントは科挙の発表であり、唯一のチャンスの時ではある。詩はそうした高嶺の花である妓優と杏園とで夢を詠ったものである。

 

 

 

 

尹顎 臨江仙二首 【字解】

尹鶚,生卒年不詳,仕蜀為翰林、校書郎,累官至參卿。錦城今四川成都煙月之士。工詩詞,與賓貢李烙焉啤J飼笆裎校書郎。《花間集》卷九稱『尹參卿鶚』,參卿為參佐官之敬稱,非具體官守。事跡見《鑒戒錄》卷四、《十國春秋》卷四四本傳。

尹鶚詞。《花間集》錄存六首,《尊前集》錄存十一首,共十七首。

 

其一(身請けをされ富貴の者の愛妾となった女妓がやがて、飽きられて「小蘭房」とよばれるようになるとうたう。)

『花間集』には尹鶚作が二首収められている。双調五十八字、前後二十九字五句三平韻で、7⑥⑦4⑤/7⑥⑦4⑤の詞形をとる。他の作者の作品は文頭の表を参照。

一番荷芰生池沼  檻前風送馨
昔年於此伴蕭  相偎佇立 牽惹敘衷

時逞笑容無限態 還如菡萏爭

別來虛遣思悠颺 慵窺往事  金鏁小蘭

●△△●△○●  ●○△●○○

●○○●●○○  △○●● △●●△○

○●●○○●● ○△●●○○

●△○●△○△ ○○●●  ○?●○○

1 荷芰 蓮と菱

2 檻前 池の側の四阿の欄干。

3 蕭娘  身請けをされた女妓のこと。沈満願の夫の范靖、梁の征西記室范靖の愛人、第二夫人、家妓とおもわれる。

戯蕭娘

明珠翠羽帳、金薄綠綃帷。

因風時蹔擧、想像見芳姿

凊晨插歩揺、向晩解羅衣。

託意風流子、佳情詎肯私。

(蕭娘を戯むる)
明珠【めいしゅ】翠羽【すいう】の帳【とばり】、金薄【きんぱく】綠綃【りょくしょう】の帷【い】。
風に因りて時に暫く擧がる、想像して芳姿を見る。
凊晨【せいしん】に歩揺を插【さしはさ】み、晩に向いて羅衣【らい】を解く。
意を託すは風流の子、佳情 詎【なん】ぞ肯えて私にせん。

戯蕭娘 范靖婦沈満願 宋詩<120>玉台新詠集巻四 女性詩 557 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1488

4 偎 ぴったり寄り添う,寄り掛かる偎傍, 偎依寄り掛かる.音読み:ワイ、 エ訓読み:ほのか、 なじむ、 したしむ、 ちかよる

5 逞 たくましい1 たくましい。「逞卒・逞兵」2 思うとおりにする

6 笑容 笑顔,笑み笑容可掬にこやかな笑みをたたえた.

7 菡萏 スイレン科の抽水性多年草、園芸植物、薬用植物。 はすのはな。

 

8 虛遣 空しくやる

9 悠颺(ゆうよう)」は、「ゆったりと舞い上がる」

10 往事 過ぎ去った事柄。昔のこと。

11 金鏁 金属製の錠前を掛ける。花間集では、「買斷」の女妓が他との接触を避けるために錠前を掛けるというのが基本である。

鹿虔扆【ろくけんい】)臨江仙二首 其一

金鏁重門荒苑靜,綺愁對秋空。

翠華一去寂無蹤,玉樓歌吹,聲斷已隨風。

煙月不知人事改,夜闌還照深宮。

藕花相向野塘中,暗傷亡國,清露泣香紅。

16-457《臨江仙二首,其一》九巻 鹿虔扆 Ⅻ唐五代詞・『花間集』全詩訳注解説Gs-640-16-(457) 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ4747

12 蘭房 妓女の美しい寝室。また、美人の閨房(けいぼう)

芍薬001
 

13 【解説】 孤閏の恨みを詠う。後段、夢覚めた後、半ば消えかかった灯火は暗く、梧桐の葉に滴り落ちる滴の音一つ一つに、一層悲しみを誘われずにはいないことを言う。

『花間集』には尹鶚作が二首収められている。双調五十八字、前後二十九字五句三平韻で、7⑥⑦4⑤/7⑥⑦4⑤の詞形をとる。他の作者の作品は文頭の表を参照。

深秋寒夜銀河靜  月明深院中
西幽夢等閑  逡巡覺後 特地恨難

紅燭半條殘焰短 依稀暗背銀 

枕前何事最傷 梧桐葉上  點點露珠

△○○●○○●  ●○△△△○

○?○△●○○  ○○●● ●●●△○

○●●○○●● △○●●○△

△○△●●△○ ○○●●  ●●●○△

14 銀河 天の川。銀漢。天漢。《季 秋》銀漢 あまのがわ。銀河・経河・河漢・銀漢・雲漢・星漢・天津・漢津等はみなその異名である。《季 秋》

詩経の大雅•棫樸、「倬彼雲漢、爲章于天。」小雅大東などに雲漢,銀河,天河がみえる。古詩十九首之十「迢迢牽牛星、皎皎河漢女。」、謝霊運(康楽) 『燕歌行』「誰知河漢淺且清,展轉思服悲明星。」、李商隠『燕臺詩四首 其二』 「直教銀漢堕懐中、未遣星妃鎭來去。」七夕伝説では、織女星と牽牛星を隔てて会えなくしている川が天の川である。二人は互いに恋しあっていたが、天帝に見咎められ、年に一度、七月七日の日のみ、天の川を渡って会うことになった。秦州抒情詩(7)  天河 杜甫 <292> kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1343 杜甫詩 700- 412

15 西 正妻ではない愛妾(女妓)、の閨。

16 幽夢 人知れぬ徴かな夢。幽の字、底本では郷に作るが四部備要本に拠って改めた。

17 等閑 いつものように。

18 遽巡 束の間。

19 特地 特別に。

20 依稀 徴かなさま。

21 背銀屏 銀屏風を背後にする。つまり灯火が銀屏風の前に置かれていることを言う。男と共に過ごす時、燈火も、屏風は寝牀のまわりに置くもので、「背」にするのは屏風が壁側に寄せられたままだということで、ずっと背後にあるということ。女が横になっていることを表現する語である。

22 梧桐葉上 梧桐はツガイの鳳凰の愛の巢である。その梧桐の葉のうえには愛の雫を落していたという意味。

23 露珠零 滴り落ちる涙の露でさえも枯れて少なくなってしまった

 

滿宮花

(年を重ねた、女妓が春には来ると男との約束を守って待つが、秋は過ぎ又春が来る、今度の春こそ来てくれると詠う)

『花間集』 には三首所収。魏承斑の作は一首収められている。双調五十一字、前段二十五字五句三仄韻、後段二十六字四句三仄韻で、3❸❻7❻/3❸❻7❻の詞形をとる。月沉月沉沉 人悄  一炷後庭香
風流帝子不歸來  滿地禁花慵
離恨多 相見  何處醉迷三
漏清宮樹子規啼  愁鏁碧

●○○ ○●●  ●●●○○●

△○●●△○△  ●●△○○●

△●○ △●●  △●●○△●

●○○●●○○  ○?●?○●

1 沉沉 (1) ずっしり重い,重量のある.(2) うち沈んだ,重苦しい.

2 悄悄 (1) ひっそりと,音もなく.(2) こっそりと,内密に悄悄内緒話

3 一炷 (1) 香をひとたきくゆらせること。また、その香。(2) 1本の灯心。

4 香裊 香がしなやかに漂う。

5 帝子 ここでは、神仙三島のある仙界(歓楽街)に来た高貴なお客。道教の最高神格のこと。「それぞれ道教における天上界の最高天「玉清境」「上清境」「太清境」に住し、この三天のことも「三清」と呼ぶ。

6 禁花 使ってはいけない花。嫌われる花。ここでは散り落ちた花弁。落ちてしまうと汚れ腐り嫌われる花になる。花落 花が 散る。若い時の花は散る。女妓が年老いたので嫌われるということ。

7 迷三島 宮中のみならず、富貴の家、歓楽街の池には、池中に、神仙の住む蓬莱(ほうらい)・瀛州(えいしゅう)・方丈(ほうじょう)になぞらえられた3島(三神島)造営する。 黄河が渤海へと注ぐ岸に立ち、遥か東の海上をのぞむと、忽然と浮かび上がる島影が浮かぶという設定である。

8 漏清 漏刻の音が清らかに響く。

9 子規啼 男を求めて泣くけれど、啼いて血を吐くホトトギス。ツツジの花は初夏であるから時間の経過も示している。

温庭筠『菩薩蠻 七』 

玉樓明月長相憶,柳絲裊娜春無力。

門外草萋萋,送君聞馬嘶。

畫羅金翡翠,香燭銷成淚。

花落子規啼,綠窗殘夢迷。

玉樓明月長へに相ひ憶ふ、柳絲裊娜【じょうや】春力無し。

門外草萋萋たり、君を送れば馬の嘶くを聞けり。

畫【いろうつくしき】羅【うすぎぬ】金の翡翠、香【かぐはしき】燭消【とけ】て涙を成す。

花落ちて子規啼けば、綠窗【ろくそう】に殘夢迷ふ。

『菩薩蠻 七』温庭筠  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-7-1-#7 花間集 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1644


10
 子規 ホトトギス杜鵑。血を吐きながら、悲しげに、鳴くことから鳴き声が読み方と類似しているため不如歸とも書き表す。

宣城見杜鵑花 Kanbuniinkai紀頌之の漢詩 李白特集-244-350


法鏡寺 杜甫
洩雲蒙清晨,初日翳複吐。
朱甍半光炯,戸牖粲可數。
拄策忘前期,出蘿已亭午。
冥冥子規叫,微徑不複取。

“同谷紀行(6)” 法鏡寺 杜甫 <325#1 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1541 杜甫詩 700- 478


杜甫の鳥獸蟲魚類について整理してみると次のようにある。
五言律詩 
『鸚鵡』、『子規』、『百舌』、『歸鴈二首』、『歸鴈』、『孤鴈』、『鸂鶒』、『花鴨』『麂』、    

錦瑟
錦瑟無端五十弦、一弦一柱思華年。
莊生曉夢迷蝴蝶、望帝春心托杜鵑。
滄海月明珠有涙、藍田日暖玉生煙。
此情可待成追憶、只是當時已惘然。

錦瑟 李商隠 1 Ⅰ晩唐李商隠詩<1>漢文委員会kanbuniinkai紀頌之漢詩ブログ<64>

 

11 鏁 蘭房に他の者との接触を断つため、①. 0 戸・箱の蓋(ふた)などにつけて,自由に開閉できないようにする金具。 -をさす」 -をおろす」. . 1 錠剤。 《錠》

16尹鶚《巻九30滿宮花》『花間集』432全詩訳注解説(改訂版Ver.2.1)-漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ-7424

尹顎  滿宮花

月沉沉,人悄悄,一炷後庭香裊。

風流帝子不歸來,滿地禁花慵掃。

離恨多,相見少,何處醉迷三島。

漏清宮樹子規啼,愁鏁碧春曉。

(年を重ねた、女妓が春には来ると男との約束を守って待つが、秋は過ぎ又春が来る、今度の春こそ来てくれると詠う)

秋の月の光に照らされて森々と夜が更けてゆく、だれ一人いなくてひっそりとしている。香をひとたきくゆらせるとそれが裏庭の方までしなやかに漂い、ほのかな香りに包まれる。春景色はこんなにも風流であるのに、高貴なお方は帰ってこない、だから、まわりの地の全てには、花が散り落ちた花弁で一杯なのに、それをすすんで掃き奇麗にする気になれないのだ。別離のままではこんなにも恨む気持ちは多くなり、あの人を見る事は無くなってしまった。何処へ行ったのだろうか、きっと、神仙の三山といわれる歓楽街を酒に酔い迷ってしまっているのだろう。眠りにつけず、漏刻の音が清らかに響くのを聞いていると、宮殿の庭の大樹に杜鵑がなく夜明けになっている。時は廻り、愁いに満ちたこの蘭房にも東の窓にまた新しい春の暁が訪れている。(こんどの春こそきっと来てくれると希望をもって春を迎える。)

《花間集》432巻九30 

滿 宮 花

全詩訳注解説-漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ-7424

(改訂版Ver.2.1

16尹鶚

前蜀の詞人

920年前後に在世

 

 
  2016年3月2日 の紀頌之5つのBlog  
  ●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、現在、李白詩全詩 訳注  
  Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 LiveDoorBlog
743年(92)李太白集932巻二十四44 春怨  411Index-23Ⅲ-2-743年天寶二年43歳 94首-(92) Ⅰ李白詩1776 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ7420  
  孟浩然 詩 index 李白詩index 謝霊運 詩 index 司馬相如 《 子虛賦 ・上林賦 》 揚雄 《 甘泉賦 》  ●諸葛亮(孔明)出師表  
  曹植(曹子建)詩 65首 index 文選 賦)兩都賦序・西都賦・東都賦 (班固) 《李白 全詩》
  総合案内
(1)漁父辞 屈原 『楚辞・九歌』東君 屈原 《楚辞 『九辯』》 宋玉  <案内>  
  ●唐を代表する 中唐 韓愈 全500首   
  Ⅱ中唐詩・晩唐詩
 
 LiveDoorBlog
韓愈140-#《 巻01-23秋懷詩,十一首之十 #2》 韓愈(韓退之) 806年貞元22年 39歳-(11) #2<1689> Ⅱ 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ7421  
  ・李商隠詩 (1) 136首の75首 ・李商隠詩 (2) 135首の61首 ●韓愈index-1 ・孟郊、張籍と交遊・汴州乱41首 ●韓愈詩index-2[800年 33歳~804年 37歳]27首 ●韓愈詩index-3 805年 38歳・]陽山から江陵府 36首 ●韓愈詩index-4 806年 39歳 江陵府・権知国子博士 51首(1)25首  
  index-5 806年39歳 50首の(2)25首 index-6[807年~809年 42歳]20首 index-7[810年~811年 44歳] 34首 index-8 [812年~814年47歳]46首 index-9[815年~816年 49歳] 57首 index-10[817年~818年 51歳]・「平淮西碑」28首  
  index-11 819年 52歳 ・『論佛骨表』左遷 38首 index-12 820年 53歳 ・9月國子祭酒に。18首 index-13 821年~822年 55歳 22首 index-14 823年~824年 57歳・病気のため退職。没す。 14首 韓愈 哲学・儒学「五原」 賦・散文・上奏文・碑文など  
  孟郊 張籍          
  ●杜甫の全作品1500首を訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"  
  Ⅲ杜甫詩全1500首   LiveDoorBlog 767年-25 杜少陵集 《17-23 秋風,二首之一》 杜甫詩index-15-1155 <1605> 767年大暦2年56歲-25 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ7422  
  杜甫詩(1)736~751年 青年期・李白と交遊期・就活の詩 53首 杜甫詩(2)752年~754年、43歳 73首(青年期・就活の詩)  杜甫詩(3)755年~756年、45歳 安史の乱に彷徨う 26首 杜甫詩(4)作時757年、46歳 安史軍捕縛、脱出、左拾遺 43首 杜甫詩(5)758年;乾元元年、47歳 左拾遺、朝廷疎外、左遷 53首 杜甫詩 (6)759年;乾元二年、48歳 三吏三別 官を辞す 44首  
  杜甫詩(7)759年;乾元二年、48歳 秦州抒情詩 66首 杜甫詩(8)作時759年、48歳 秦州発、同谷紀行、成都紀行 36首 杜甫詩(9)760年;上元元年、49歳 成都浣花渓草堂 45首 杜甫詩(10)761年;上元二年、50歳 成都浣花渓草堂 82首 杜甫詩(11)762年寶應元年 杜甫51歳  浣花渓草堂~蜀中転々 43首 杜甫詩(12)762年寶應元年 杜甫51歳 蜀中転々 49首  
  ●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている  
  Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2Blog  
               
  ●花間集全詩●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩。唐から五代詩詞。花間集  
  Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoorBlog 16尹鶚《巻九30滿宮花》『花間集』432全詩訳注解説(改訂版Ver.2.1)-漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ-7424  
  薛濤の全詩 花間集(1巻 花間集(2巻 花間集(3巻 花間集(4巻 花間集(5巻  
  魚玄機全詩 花間集(6巻 花間集(7巻 花間集(8巻 花間集(9巻 花間集10巻  
  温庭筠66首 花間集1・2巻 皇甫松11首 花間集二巻 韋莊47首 花間集二巻 薛昭蘊19首 花間集三巻 牛嶠31首 花間集三・四巻 張泌27首 花間集四巻  
  毛文錫31首 花間集5巻 牛希濟11首 花間集5巻 欧陽烱17首 花間集5・6巻 和凝20首 花間集6巻 顧夐56首 花間集6・7巻 孫光憲47首 花間集7・8巻  
  魏承班15首 花間集8・9巻 鹿虔扆6首 花間集9巻 閻選8首 花間集9巻 尹鶚6首 花間集9巻 毛熙震29首 花間集9・10巻 李珣39首 花間集10巻  
   ■最近Best5 賦・詩・詞(漢詩4ブログ各部門) 漢詩総合サイト 07ch  
  杜甫全詩案内 韓愈全詩案内 李白全集 文選 古詩源 花間集案内  
 

 

 

 

紅梅202

尹鶚(生卒年末詳)は、前蜀の詞人。成都の人。前苛の王術に仕えて翰林校書となる、続いて校書郎、参卿に進んだため、「尹参卿鶚」と呼ばれた。『花間集』には六首が収められる。

前蜀(907年—925年),五代政之一,王建所建,定都成都

 

花間集 教坊曲《滿宮花》三首

張泌

《巻四46滿宮花》 花正芳,樓似綺,寂寞上陽宮裏。鈿籠金鏁睡鴛鴦,簾冷露華珠翠。嬌豔輕盈香雪膩,細雨黃鶯雙起。東風惆悵欲清明,公子橋邊沉醉。

魏承班

《巻九01滿宮花》  雪霏霏,風凜凜,玉郎何處狂飲。醉時想得縱風流,羅帳香幃鴛寢。春朝秋夜思君甚,愁見屏孤枕。少年何事負初心,滴縷金雙衽

尹鶚

《巻九30滿宮花》  沉沉,人悄悄,一後庭香。風流帝子不歸來,滿地禁花慵掃。離恨多,相見少,何處醉迷三島。漏清宮樹子規啼,愁春曉

 

 

滿宮花

(年を重ねた、女妓が春には来ると男との約束を守って待つが、秋は過ぎ又春が来る、今度の春こそ来てくれると詠う)

月沉沉,人悄悄,一炷後庭香裊。

秋の月の光に照らされて森々と夜が更けてゆく、だれ一人いなくてひっそりとしている。香をひとたきくゆらせるとそれが裏庭の方までしなやかに漂い、ほのかな香りに包まれる。

風流帝子不歸來,滿地禁花慵掃。

春景色はこんなにも風流であるのに、高貴なお方は帰ってこない、だから、まわりの地の全てには、花が散り落ちた花弁で一杯なのに、それをすすんで掃き奇麗にする気になれないのだ。

離恨多,相見少,何處醉迷三島。

別離のままではこんなにも恨む気持ちは多くなり、あの人を見る事は無くなってしまった。何処へ行ったのだろうか、きっと、神仙の三山といわれる歓楽街を酒に酔い迷ってしまっているのだろう。

漏清宮樹子規啼,愁鏁碧春曉。

眠りにつけず、漏刻の音が清らかに響くのを聞いていると、宮殿の庭の大樹に杜鵑がなく夜明けになっている。時は廻り、愁いに満ちたこの蘭房にも東の窓にまた新しい春の暁が訪れている。(こんどの春こそきっと来てくれると希望をもって春を迎える。)

 

滿宮花

月 沉沉とし,人 悄悄たり,一炷は後庭にあり 裊香る。

風流 帝子 歸來せず,滿地 禁花 慵く掃く。

離は恨多く,相い見少くし,何處ぞ 醉いて三島を迷う。

漏清く 宮樹に 子規啼く,鏁を愁う 碧春曉。

 

西湖十景 曲院風荷02
 

『滿宮花』 現代語訳と訳註

(本文)

滿宮花

月沉沉,人悄悄,一炷後庭香裊。

風流帝子不歸來,滿地禁花慵掃。

離恨多,相見少,何處醉迷三島。

漏清宮樹子規啼,愁鏁碧春曉。

 

(下し文)

滿宮花

月 沉沉とし,人 悄悄たり,一炷は後庭にあり 裊香る。

風流 帝子 歸來せず,滿地 禁花 慵く掃く。

離は恨多く,相い見少くし,何處ぞ 醉いて三島を迷う。

漏清く 宮樹に 子規啼く,鏁を愁う 碧の春曉。

 

(現代語訳)

(年を重ねた、女妓が春には来ると男との約束を守って待つが、秋は過ぎ又春が来る、今度の春こそ来てくれると詠う)

秋の月の光に照らされて森々と夜が更けてゆく、だれ一人いなくてひっそりとしている。香をひとたきくゆらせるとそれが裏庭の方までしなやかに漂い、ほのかな香りに包まれる。

春景色はこんなにも風流であるのに、高貴なお方は帰ってこない、だから、まわりの地の全てには、花が散り落ちた花弁で一杯なのに、それをすすんで掃き奇麗にする気になれないのだ。

別離のままではこんなにも恨む気持ちは多くなり、あの人を見る事は無くなってしまった。何処へ行ったのだろうか、きっと、神仙の三山といわれる歓楽街を酒に酔い迷ってしまっているのだろう。

眠りにつけず、漏刻の音が清らかに響くのを聞いていると、宮殿の庭の大樹に杜鵑がなく夜明けになっている。時は廻り、愁いに満ちたこの蘭房にも東の窓にまた新しい春の暁が訪れている。(こんどの春こそきっと来てくれると希望をもって春を迎える。)

 

 

(訳注)

滿宮花

(年を重ねた、女妓が春には来ると男との約束を守って待つが、秋は過ぎ又春が来る、今度の春こそ来てくれると詠う)

『花間集』 には三首所収。魏承斑の作は一首収められている。双調五十一字、前段二十五字五句三仄韻、後段二十六字四句三仄韻で、3❸❻7❻/3❸❻7❻の詞形をとる。月沉月沉沉 人悄  一炷後庭香
風流帝子不歸來  滿地禁花慵
離恨多 相見  何處醉迷三
漏清宮樹子規啼  愁鏁碧

●○○ ○●●  ●●●○○●

△○●●△○△  ●●△○○●

△●○ △●●  △●●○△●

●○○●●○○  ○?●?○●

 

月沉沉,人悄悄,一炷後庭香裊。

月の光に照らされて森々と夜が更けてゆく、だれ一人いなくてひっそりとしている。香をひとたきくゆらせるとそれが裏庭の方までしなやかに漂い、ほのかな香りに包まれる。

1 沉沉 (1) ずっしり重い,重量のある.(2) うち沈んだ,重苦しい.

2 悄悄 (1) ひっそりと,音もなく.(2) こっそりと,内密に悄悄内緒話

3 一炷 (1) 香をひとたきくゆらせること。また、その香。(2) 1本の灯心。

4 香裊 香がしなやかに漂う。

 

風流帝子不歸來,滿地禁花慵掃。

春景色はこんなにも風流であるのに、高貴なお方は帰ってこない、だから、まわりの地の全てには、花が散り落ちた花弁で一杯なのに、それをすすんで掃き奇麗にする気になれないのだ。

5 帝子 ここでは、神仙三島のある仙界(歓楽街)に来た高貴なお客。道教の最高神格のこと。「それぞれ道教における天上界の最高天「玉清境」「上清境」「太清境」に住し、この三天のことも「三清」と呼ぶ。

6 禁花 使ってはいけない花。嫌われる花。ここでは散り落ちた花弁。落ちてしまうと汚れ腐り嫌われる花になる。花落 花が 散る。若い時の花は散る。女妓が年老いたので嫌われるということ。

 

離恨多,相見少,何處醉迷三島。

別離のままではこんなにも恨む気持ちは多くなり、あの人を見る事は無くなってしまった。何処へ行ったのだろうか、きっと、神仙の三山といわれる歓楽街を酒に酔い迷ってしまっているのだろう。

7 迷三島 宮中のみならず、富貴の家、歓楽街の池には、池中に、神仙の住む蓬莱(ほうらい)・瀛州(えいしゅう)・方丈(ほうじょう)になぞらえられた3島(三神島)造営する。 黄河が渤海へと注ぐ岸に立ち、遥か東の海上をのぞむと、忽然と浮かび上がる島影が浮かぶという設定である。

 

漏清宮樹子規啼,愁鏁碧春曉。

眠りにつけず、漏刻の音が清らかに響くのを聞いていると、宮殿の庭の大樹に杜鵑がなく夜明けになっている。愁いに満ちたこの蘭房にも東の窓にまた新しい春の暁が訪れている。(こんどの春こそきっと来てくれると希望をもって春を迎える。)

8 漏清 漏刻の音が清らかに響く。

9 子規啼 男を求めて泣くけれど、啼いて血を吐くホトトギス。ツツジの花は初夏であるから時間の経過も示している。

温庭筠『菩薩蠻 七』 

玉樓明月長相憶,柳絲裊娜春無力。

門外草萋萋,送君聞馬嘶。

畫羅金翡翠,香燭銷成淚。

花落子規啼,綠窗殘夢迷。

玉樓明月長へに相ひ憶ふ、柳絲裊娜【じょうや】春力無し。

門外草萋萋たり、君を送れば馬の嘶くを聞けり。

畫【いろうつくしき】羅【うすぎぬ】金の翡翠、香【かぐはしき】燭消【とけ】て涙を成す。

花落ちて子規啼けば、綠窗【ろくそう】に殘夢迷ふ。

『菩薩蠻 七』温庭筠  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-7-1-#7 花間集 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1644


10
 子規 ホトトギス杜鵑。血を吐きながら、悲しげに、鳴くことから鳴き声が読み方と類似しているため不如歸とも書き表す。

宣城見杜鵑花 Kanbuniinkai紀頌之の漢詩 李白特集-244-350


法鏡寺 杜甫
洩雲蒙清晨,初日翳複吐。
朱甍半光炯,戸牖粲可數。
拄策忘前期,出蘿已亭午。
冥冥子規叫,微徑不複取。

“同谷紀行(6)” 法鏡寺 杜甫 <325#1 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1541 杜甫詩 700- 478


杜甫の鳥獸蟲魚類について整理してみると次のようにある。
五言律詩 
『鸚鵡』、『子規』、『百舌』、『歸鴈二首』、『歸鴈』、『孤鴈』、『鸂鶒』、『花鴨』『麂』、    

錦瑟
錦瑟無端五十弦、一弦一柱思華年。
莊生曉夢迷蝴蝶、望帝春心托杜鵑。
滄海月明珠有涙、藍田日暖玉生煙。
此情可待成追憶、只是當時已惘然。

錦瑟 李商隠 1 Ⅰ晩唐李商隠詩<1>漢文委員会kanbuniinkai紀頌之漢詩ブログ<64>

 

11 鏁 蘭房に他の者との接触を断つため、①. 0 戸・箱の蓋(ふた)などにつけて,自由に開閉できないようにする金具。 -をさす」 -をおろす」. . 1 錠剤。 《錠》

 

 

 

 

尹顎 臨江仙二首 【字解】

尹鶚,生卒年不詳,仕蜀為翰林、校書郎,累官至參卿。錦城今四川成都煙月之士。工詩詞,與賓貢李烙焉啤J飼笆裎校書郎。《花間集》卷九稱『尹參卿鶚』,參卿為參佐官之敬稱,非具體官守。事跡見《鑒戒錄》卷四、《十國春秋》卷四四本傳。

尹鶚詞。《花間集》錄存六首,《尊前集》錄存十一首,共十七首。

 

其一(身請けをされ富貴の者の愛妾となった女妓がやがて、飽きられて「小蘭房」とよばれるようになるとうたう。)

『花間集』には尹鶚作が二首収められている。双調五十八字、前後二十九字五句三平韻で、7⑥⑦4⑤/7⑥⑦4⑤の詞形をとる。他の作者の作品は文頭の表を参照。

一番荷芰生池沼  檻前風送馨
昔年於此伴蕭  相偎佇立 牽惹敘衷

時逞笑容無限態 還如菡萏爭

別來虛遣思悠颺 慵窺往事  金鏁小蘭

●△△●△○●  ●○△●○○

●○○●●○○  △○●● △●●△○

○●●○○●● ○△●●○○

●△○●△○△ ○○●●  ○?●○○

1 荷芰 蓮と菱

2 檻前 池の側の四阿の欄干。

3 蕭娘  身請けをされた女妓のこと。沈満願の夫の范靖、梁の征西記室范靖の愛人、第二夫人、家妓とおもわれる。

戯蕭娘

明珠翠羽帳、金薄綠綃帷。

因風時蹔擧、想像見芳姿

凊晨插歩揺、向晩解羅衣。

託意風流子、佳情詎肯私。

(蕭娘を戯むる)
明珠【めいしゅ】翠羽【すいう】の帳【とばり】、金薄【きんぱく】綠綃【りょくしょう】の帷【い】。
風に因りて時に暫く擧がる、想像して芳姿を見る。
凊晨【せいしん】に歩揺を插【さしはさ】み、晩に向いて羅衣【らい】を解く。
意を託すは風流の子、佳情 詎【なん】ぞ肯えて私にせん。

戯蕭娘 范靖婦沈満願 宋詩<120>玉台新詠集巻四 女性詩 557 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1488

4 偎 ぴったり寄り添う,寄り掛かる偎傍, 偎依寄り掛かる.音読み:ワイ、 エ訓読み:ほのか、 なじむ、 したしむ、 ちかよる

5 逞 たくましい1 たくましい。「逞卒・逞兵」2 思うとおりにする

6 笑容 笑顔,笑み笑容可掬にこやかな笑みをたたえた.

7 菡萏 スイレン科の抽水性多年草、園芸植物、薬用植物。 はすのはな。

 

8 虛遣 空しくやる

9 悠颺(ゆうよう)」は、「ゆったりと舞い上がる」

10 往事 過ぎ去った事柄。昔のこと。

11 金鏁 金属製の錠前を掛ける。花間集では、「買斷」の女妓が他との接触を避けるために錠前を掛けるというのが基本である。

鹿虔扆【ろくけんい】)臨江仙二首 其一

金鏁重門荒苑靜,綺愁對秋空。

翠華一去寂無蹤,玉樓歌吹,聲斷已隨風。

煙月不知人事改,夜闌還照深宮。

藕花相向野塘中,暗傷亡國,清露泣香紅。

16-457《臨江仙二首,其一》九巻 鹿虔扆 Ⅻ唐五代詞・『花間集』全詩訳注解説Gs-640-16-(457) 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ4747

12 蘭房 妓女の美しい寝室。また、美人の閨房(けいぼう)

 

13 【解説】 孤閏の恨みを詠う。後段、夢覚めた後、半ば消えかかった灯火は暗く、梧桐の葉に滴り落ちる滴の音一つ一つに、一層悲しみを誘われずにはいないことを言う。

『花間集』には尹鶚作が二首収められている。双調五十八字、前後二十九字五句三平韻で、7⑥⑦4⑤/7⑥⑦4⑤の詞形をとる。他の作者の作品は文頭の表を参照。

深秋寒夜銀河靜  月明深院中
西幽夢等閑  逡巡覺後 特地恨難

紅燭半條殘焰短 依稀暗背銀 

枕前何事最傷 梧桐葉上  點點露珠

△○○●○○●  ●○△△△○

○?○△●○○  ○○●● ●●●△○

○●●○○●● △○●●○△

△○△●●△○ ○○●●  ●●●○△

14 銀河 天の川。銀漢。天漢。《季 秋》銀漢 あまのがわ。銀河・経河・河漢・銀漢・雲漢・星漢・天津・漢津等はみなその異名である。《季 秋》

詩経の大雅•棫樸、「倬彼雲漢、爲章于天。」小雅大東などに雲漢,銀河,天河がみえる。古詩十九首之十「迢迢牽牛星、皎皎河漢女。」、謝霊運(康楽) 『燕歌行』「誰知河漢淺且清,展轉思服悲明星。」、李商隠『燕臺詩四首 其二』 「直教銀漢堕懐中、未遣星妃鎭來去。」七夕伝説では、織女星と牽牛星を隔てて会えなくしている川が天の川である。二人は互いに恋しあっていたが、天帝に見咎められ、年に一度、七月七日の日のみ、天の川を渡って会うことになった。秦州抒情詩(7)  天河 杜甫 <292> kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1343 杜甫詩 700- 412

15 西 正妻ではない愛妾(女妓)、の閨。

16 幽夢 人知れぬ徴かな夢。幽の字、底本では郷に作るが四部備要本に拠って改めた。

17 等閑 いつものように。

18 遽巡 束の間。

19 特地 特別に。

20 依稀 徴かなさま。

21 背銀屏 銀屏風を背後にする。つまり灯火が銀屏風の前に置かれていることを言う。男と共に過ごす時、燈火も、屏風は寝牀のまわりに置くもので、「背」にするのは屏風が壁側に寄せられたままだということで、ずっと背後にあるということ。女が横になっていることを表現する語である。

22 梧桐葉上 梧桐はツガイの鳳凰の愛の巢である。その梧桐の葉のうえには愛の雫を落していたという意味。

23 露珠零 滴り落ちる涙の露でさえも枯れて少なくなってしまった

16尹鶚《巻九28臨江仙二首其一》『花間集』430全詩訳注解説(改訂版Ver.2.1)-漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ-7414

  臨江仙二首其一

一番荷芰生池沼,檻前風送馨香。昔年於此伴蕭娘,相偎佇立,牽惹敘衷腸。

時逞笑容無限態,還如菡萏爭芳。別來虛遣思悠颺,慵窺往事,金鏁小蘭房。

(身請けをされ富貴の者の愛妾となった女妓がやがて、飽きられて「小蘭房」とよばれるようになるとうたう。)

この里の池沼には今が盛りと蓮と菱の花が咲いている、池前の四阿の欄干に寄り添って風の通り抜けるのを感じていると蓮の香りが届いてくる。昔のことだけれど、蕭娘といわれた人はこの蓮の花さく池を美男子のお方と一緒に歩かれたという、互いにしたい愛佇んでこの花を見られた、そして心に強く印象付けられて悲しくも断腸の思いを詩につづられたという。この蓮と菱の花は時空までも超える強い力があり、彼を見たものはにこやかに笑顔に変わる美人となり、これ以上のものはないのだ、また、水連はあの蕭娘と香りを競い合うということだ。それでも男女には別れというものが来て、どんなに愛していてもやがてゆっくりと舞上って空しい気持ちになっていく、そして、もう過ぎ去った良い思いと何をするにも物憂い事となって物事を見るようになる。やがて金の錠前は開かれることのない美人の閨房「小蘭房」とよばれるようになる。 

《花間集》416巻九28

臨江仙二首 其二

全詩訳注解説-漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ-7414

(改訂版Ver.2.1

16尹鶚

前蜀の詞人

920年前後に在世

 

 
  2016年2月29日 の紀頌之5つのBlog  
  ●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、現在、李白詩全詩 訳注  
  Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 LiveDoorBlog
743年(90)李太白集930巻二十四41長門怨二首 其一  409Index-23Ⅲ-2-743年天寶二年43歳 94首-(90) Ⅰ李白詩1774 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ7410  
  孟浩然 詩 index 李白詩index 謝霊運 詩 index 司馬相如 《 子虛賦 ・上林賦 》 揚雄 《 甘泉賦 》  ●諸葛亮(孔明)出師表  
  曹植(曹子建)詩 65首 index 文選 賦)兩都賦序・西都賦・東都賦 (班固) 《李白 全詩》
  総合案内
(1)漁父辞 屈原 『楚辞・九歌』東君 屈原 《楚辞 『九辯』》 宋玉  <案内>  
  ●唐を代表する 中唐 韓愈 全500首   
  Ⅱ中唐詩・晩唐詩
 
 LiveDoorBlog
韓愈138 #2《 巻01-22秋懷詩,十一首之九 #2》 韓愈(韓退之) 806年貞元22年 39歳-(10)#2<1687> Ⅱ 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ7411  
  ・李商隠詩 (1) 136首の75首 ・李商隠詩 (2) 135首の61首 ●韓愈index-1 ・孟郊、張籍と交遊・汴州乱41首 ●韓愈詩index-2[800年 33歳~804年 37歳]27首 ●韓愈詩index-3 805年 38歳・]陽山から江陵府 36首 ●韓愈詩index-4 806年 39歳 江陵府・権知国子博士 51首(1)25首  
  index-5 806年39歳 50首の(2)25首 index-6[807年~809年 42歳]20首 index-7[810年~811年 44歳] 34首 index-8 [812年~814年47歳]46首 index-9[815年~816年 49歳] 57首 index-10[817年~818年 51歳]・「平淮西碑」28首  
  index-11 819年 52歳 ・『論佛骨表』左遷 38首 index-12 820年 53歳 ・9月國子祭酒に。18首 index-13 821年~822年 55歳 22首 index-14 823年~824年 57歳・病気のため退職。没す。 14首 韓愈 哲学・儒学「五原」 賦・散文・上奏文・碑文など  
  孟郊 張籍          
  ●杜甫の全作品1500首を訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"  
  Ⅲ杜甫詩全1500首   LiveDoorBlog 767年-24 #4杜少陵集 《19-38 狄明府〔寄狄明府博濟〕#4》 杜甫詩index-15-1153 <1603> 767年大暦2年56歲-24 #4漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ7412  
  杜甫詩(1)736~751年 青年期・李白と交遊期・就活の詩 53首 杜甫詩(2)752年~754年、43歳 73首(青年期・就活の詩)  杜甫詩(3)755年~756年、45歳 安史の乱に彷徨う 26首 杜甫詩(4)作時757年、46歳 安史軍捕縛、脱出、左拾遺 43首 杜甫詩(5)758年;乾元元年、47歳 左拾遺、朝廷疎外、左遷 53首 杜甫詩 (6)759年;乾元二年、48歳 三吏三別 官を辞す 44首  
  杜甫詩(7)759年;乾元二年、48歳 秦州抒情詩 66首 杜甫詩(8)作時759年、48歳 秦州発、同谷紀行、成都紀行 36首 杜甫詩(9)760年;上元元年、49歳 成都浣花渓草堂 45首 杜甫詩(10)761年;上元二年、50歳 成都浣花渓草堂 82首 杜甫詩(11)762年寶應元年 杜甫51歳  浣花渓草堂~蜀中転々 43首 杜甫詩(12)762年寶應元年 杜甫51歳 蜀中転々 49首  
  ●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている  
  Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2Blog  
               
  ●花間集全詩●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩。唐から五代詩詞。花間集  
  Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoorBlog 尹鶚《巻九28臨江仙二首其一》『花間集』430全詩訳注解説(改訂版Ver.2.1)-漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ-7414  
  薛濤の全詩 花間集(1巻 花間集(2巻 花間集(3巻 花間集(4巻 花間集(5巻  
  魚玄機全詩 花間集(6巻 花間集(7巻 花間集(8巻 花間集(9巻 花間集10巻  
  温庭筠66首 花間集1・2巻 皇甫松11首 花間集二巻 韋莊47首 花間集二巻 薛昭蘊19首 花間集三巻 牛嶠31首 花間集三・四巻 張泌27首 花間集四巻  
  毛文錫31首 花間集5巻 牛希濟11首 花間集5巻 欧陽烱17首 花間集5・6巻 和凝20首 花間集6巻 顧夐56首 花間集6・7巻 孫光憲47首 花間集7・8巻  
  魏承班15首 花間集8・9巻 鹿虔扆6首 花間集9巻 閻選8首 花間集9巻 尹鶚6首 花間集9巻 毛熙震29首 花間集9・10巻 李珣39首 花間集10巻  
   ■最近Best5 賦・詩・詞(漢詩4ブログ各部門) 漢詩総合サイト 07ch  
  杜甫全詩案内 韓愈全詩案内 李白全集 文選 古詩源 花間集案内  
 

 

尹參卿鶚六首

 

尹鶚(生卒年末詳)は、前蜀の詞人。成都の人。前苛の王術に仕えて翰林校書となる、続いて校書郎、参卿に進んだため、「尹参卿鶚」と呼ばれた。『花間集』には六首が収められる。

前蜀(907年—925年),五代政之一,王建所建,定都成都

 

 

花間集 教坊曲 『臨江仙』 二十六首

張泌

巻四38臨江仙  煙收湘渚秋江靜,蕉花露泣愁紅。五雲雙鶴去無蹤,幾迴魂斷,凝望向長空。翠竹暗留珠淚怨,閑調寶瑟波中,花鬟月鬢綠雲重。古祠深殿,香冷雨和風。

毛文錫

巻五35臨江仙  暮蟬聲盡落斜陽,銀蟾影掛瀟湘。黃陵廟側水茫茫。楚山紅樹,煙雨隔高唐。岸泊漁燈風颭碎,白蘋遠散濃香。靈娥皷琴韻清商,朱絃淒切,雲散碧天長。

牛希濟

巻五36臨江仙七首其一  峭碧參差十二峯,冷煙寒樹重重。瑤宮殿是仙蹤,金鑪珠帳,香靄晝偏濃。一自楚王驚夢斷,人間無路相逢。至今雲雨帶愁容,月斜江上,征棹動晨鐘。

牛希濟

巻五37臨江仙七首其二  謝家仙觀寄雲岑,岩蘿拂地成陰。洞房不閉白雲深,當時丹竈,一粒化黃金。石壁霞衣猶半挂,松風長似鳴琴。時間唳鶴起前林,十洲高會,何處許相尋?

牛希濟

巻五38臨江仙七首其三  渭闕宮城秦樹凋,玉樓獨上無憀。含情不語自吹簫,調情和恨,天路逐風飄。何事乘龍入忽降,似知深意相招。三清攜手路非遙,世間屏障,彩筆劃嬌饒。

牛希濟

巻五39臨江仙七首其四  江繞黃陵春廟閑,嬌鶯獨語關關。滿庭重疊綠苔斑,陰雲無事,四散自歸山。簫鼓聲稀香燼冷,月娥斂盡彎環。風流皆道勝人間,須知狂客,判死為紅顏。

牛希濟

巻五40臨江仙七首其五  素洛春光瀲灩平,千重媚臉初生。淩波羅襪勢輕輕,煙籠日照,珠翠半分明。風引寶衣疑欲舞,鸞迴鳳翥堪驚。也知心許無恐成,陳王辭賦,千載有聲名。

牛希濟

巻五41臨江仙七首其六  柳帶搖風漢水濱,平蕪兩岸爭勻。鴛鴦對浴浪痕新。弄珠遊女,微笑自含春。輕步暗移蟬鬢動,羅裙風惹輕塵。水精宮殿豈無因?空勞纖手,解珮贈情人。

牛希濟

巻五42臨江仙七首其七  洞庭波浪颭晴天,君山一點凝煙。此中真境屬神仙,玉樓珠殿,相映月輪邊。萬里平湖秋色冷,星辰垂影參然。橘林霜重更紅鮮,羅浮山下,有路暗相連。

和凝

巻六16臨江仙二首其一  海棠香老春江晚,小樓霧縠濛。翠鬟初出繡簾中,麝煙鸞珮蘋風。碾玉釵搖鸂鶒戰,雪肌雲鬢將融。含情遙指碧波東,越王臺殿蓼花紅。

和凝

巻六17臨江仙二首其二  披袍窣地紅宮錦,鶯語時囀輕音。碧羅冠子穩犀簪,鳳皇雙颭步搖金。肌骨細勻紅玉軟,臉波微送春心。嬌羞不肯入鴛衾,蘭膏光裏兩情深。

顧夐

巻七32臨江仙三首其一  碧染長空池似鏡,倚樓閑望凝情,滿衣紅藕細香清。象床珍簟,山障掩,玉琴橫。暗想昔時懽笑事,如今贏得愁生。博山鑪暖澹煙輕。蟬吟人靜,殘日傍,小明。

顧夐

巻七33臨江仙三首其二  幽閨小檻春光晚,柳濃花淡鶯稀。舊歡思想尚依依,翠嚬紅斂,終日損芳菲。何事狂夫音信斷,不如梁鷰猶歸。畫意深處麝煙微,屏虛枕冷,風細雨霏霏。

顧夐

巻七34臨江仙三首其三  月色穿簾風入竹,倚屏雙黛愁時。砌花含露兩三枝,如啼恨臉,魂斷損容儀。香燼暗銷金鴨冷,可堪辜負前期。繡襦不整鬢鬟欹,幾多惆悵,情緒在天涯。

孫光憲

巻八15臨江仙二首其一  霜拍井梧幹葉墮,翠幃雕檻初寒。薄鈆殘黛稱花冠,含情無語,延佇倚欄干。杳杳征輪何處去,離愁別恨千般。不堪心緒正多端,鏡奩長掩,無意對孤鸞。

孫光憲

巻八16臨江仙二首其二  暮雨淒淒深院閉,燈前凝坐初更。玉釵低壓鬢雲橫,半垂羅幕,相映燭光明。終是有心投漢珮,低頭但理秦箏。鷰雙鸞耦不勝情,只愁明發,將逐楚雲行。

鹿虔扆

《巻九14臨江仙二首 其一》  重門荒苑靜,綺愁對秋空。翠華一去寂無蹤,玉樓歌吹,聲斷已隨風。煙月不知人事改,夜闌還照深宮。藕花相向野塘中,暗傷亡國,清露泣香紅

鹿虔扆

《巻九15臨江仙二首 其二》  無賴曉鶯驚夢斷,起來殘醉初醒。映絲柳煙青,翠簾慵卷,約砌杏花零。一自玉郎遊冶去,蓮凋月慘儀形。暮天微雨灑閑庭,手裙帶,無語倚雲屏

閻選

《巻九22臨江仙二首其一》  雨停荷逗濃香,岸邊噪垂楊。物華空有舊池塘,不逢仙子,何處夢襄王。珍簟對欹鴛枕冷,此來塵暗淒涼。欲憑危檻恨偏長,藕花珠綴,猶似汗凝粧

閻選

《巻九23臨江仙二首其二》  十二高峯天外寒,竹梢輕拂仙壇。寶衣行雨在雲端,畫簾深殿,香霧冷風殘。欲問楚王何處去?翠屏猶掩金鸞。猿啼明月照空灘,孤舟行客,驚夢亦艱難。

尹鶚

《巻九28臨江仙二首其一》  一番荷生池沼,檻前風送馨香。昔年於此伴蕭娘,相佇立,牽惹敘衷腸。時逞笑容無限態,還如菡萏爭芳。別來遣思悠,慵窺往事,金小蘭房

尹鶚

《巻九29臨江仙二首其二》  深秋寒夜銀河靜,月明深院中庭。西幽夢等閑成,逡巡覺後,特地恨難平。紅燭半條殘短,依稀暗背銀屏。枕前何事最傷情,梧桐葉上,點點露珠零

毛熙震

《巻九41臨江仙二首其一》  南齊天子寵嬋娟,六宮羅綺三千。潘妃嬌獨芳妍,椒房蘭洞,雲雨降神仙。縱態迷歡心不足,風流可惜當年。纖腰婉約金蓮,妖君傾國,猶自至今傳

毛熙震

《巻九42臨江仙二首其二》  幽閨欲曙聞鶯囀,紅月影微明。好風頻謝落花聲,隔幃殘燭,猶照綺屏箏。被錦茵眠玉暖,香斜煙輕。澹蛾羞斂不勝情,暗思閑夢,何處逐雲行

李珣

《巻十24臨江仙二首其一》  簾卷池心小閣虛,暫涼閑步徐徐。芰荷經雨半凋疎,拂堤垂柳,蟬噪夕陽餘。不語低鬟幽思遠,玉釵斜墜雙魚。幾迴看寄來書,離情別恨,相隔欲何如。

李珣

《巻十25臨江仙二首其二》  鶯報簾前暖日紅,玉鑪殘麝猶濃。起來閨思尚疎慵,別愁春夢,誰解此情悰。強整嬌姿臨寶鏡,小池一芙蓉。舊歡無處再尋蹤,更堪迴顧,屏畫九疑峯。

 

尹參卿鶚六首

 

尹鶚(生卒年末詳)は、前蜀の詞人。成都の人。前苛の王術に仕えて翰林校書となる、続いて校書郎、参卿に進んだため、「尹参卿鶚」と呼ばれた。『花間集』には六首が収められる。

前蜀(907年—925年),五代政之一,王建所建,定都成都

 

 

臨江仙二首

 

臨江仙二首其一

(身請けをされ富貴の者の愛妾となった女妓がやがて、飽きられて「小蘭房」とよばれるようになるとうたう。)

一番荷芰生池沼,檻前風送馨香。

この里の池沼には今が盛りと蓮と菱の花が咲いている、池前の四阿の欄干に寄り添って風の通り抜けるのを感じていると蓮の香りが届いてくる。

昔年於此伴蕭娘,相偎佇立,牽惹敘衷腸。

昔のことだけれど、蕭娘といわれた人はこの蓮の花さく池を美男子のお方と一緒に歩かれたという、互いに慕い、相佇んでこの花を見られた、そして心に強く印象付けられて悲しくも断腸の思いを詩につづられたという。

時逞笑容無限態,還如菡萏爭芳。

この蓮と菱の花は時空までも超える強い力があり、彼を見たものはにこやかに笑顔に変わる美人となり、これ以上のものはないのだ、また、水連はあの蕭娘と香りを競い合うということだ。

別來虛遣思悠颺,慵窺往事,金鏁小蘭房。

それでも男女には別れというものが来て、どんなに愛していてもやがてゆっくりと舞上って空しい気持ちになっていく、そして、もう過ぎ去った良い思いと何をするにも物憂い事となって物事を見るようになる。やがて金の錠前は開かれることのない美人の閨房「小蘭房」とよばれるようになる。

(臨江仙二首其の一)

一番 荷芰 生池の沼,檻前 風送り 馨香あり。

昔年 此に於て蕭娘を伴とし,相いに偎【なじ】み佇立す,牽き惹れても 衷腸を敘す。

時逞す 笑容 無限の態,還如す 菡萏 芳を爭う。

別れ來って 虛しく遣る 悠颺を思うを,慵うき 往事を窺う,金鏁は 小蘭房なり。

 

臨江仙二首其二

深秋寒夜銀河靜,月明深院中庭。

西幽夢等閑成,逡巡覺後,特地恨難平。

紅燭半條殘焰短,依稀暗背銀屏。

枕前何事最傷情,梧桐葉上,點點露珠零。

紅梅202
 

 

臨江仙二首其一』 現代語訳と訳註

(本文)

臨江仙二首其一

一番荷芰生池沼,檻前風送馨香。

昔年於此伴蕭娘,相偎佇立,牽惹敘衷腸。

時逞笑容無限態,還如菡萏爭芳。

別來虛遣思悠颺,慵窺往事,金鏁小蘭房。

 

 

(下し文)

(臨江仙二首其の一)

一番 荷芰 生池の沼,檻前 風送り 馨香あり。

昔年 此に於て蕭娘を伴とし,相いに偎【なじ】み佇立す,牽き惹れても 衷腸を敘す。

時逞す 笑容 無限の態,還如す 菡萏 芳を爭う。

別れ來って 虛しく遣る 悠颺を思うを,慵うき 往事を窺う,金鏁は 小蘭房なり。

 

(現代語訳)

(身請けをされ富貴の者の愛妾となった女妓がやがて、飽きられて「小蘭房」とよばれるようになるとうたう。)

この里の池沼には今が盛りと蓮と菱の花が咲いている、池前の四阿の欄干に寄り添って風の通り抜けるのを感じていると蓮の香りが届いてくる。

昔のことだけれど、蕭娘といわれた人はこの蓮の花さく池を美男子のお方と一緒に歩かれたという、互いにしたい愛佇んでこの花を見られた、そして心に強く印象付けられて悲しくも断腸の思いを詩につづられたという。

この蓮と菱の花は時空までも超える強い力があり、彼を見たものはにこやかに笑顔に変わる美人となり、これ以上のものはないのだ、また、水連はあの蕭娘と香りを競い合うということだ。

それでも男女には別れというものが来て、どんなに愛していてもやがてゆっくりと舞上って空しい気持ちになっていく、そして、もう過ぎ去った良い思いと何をするにも物憂い事となって物事を見るようになる。やがて金の錠前は開かれることのない美人の閨房「小蘭房」とよばれるようになる。

花間集 白梅
 

(訳注)

臨江仙二首其一

(身請けをされ富貴の者の愛妾となった女妓がやがて、飽きられて「小蘭房」とよばれるようになるとうたう。)

『花間集』には尹鶚作が二首収められている。双調五十八字、前後二十九字五句三平韻で、7⑥⑦4⑤/7⑥⑦4⑤の詞形をとる。他の作者の作品は文頭の表を参照。

一番荷芰生池沼  檻前風送馨
昔年於此伴蕭  相偎佇立 牽惹敘衷

時逞笑容無限態 還如菡萏爭

別來虛遣思悠颺 慵窺往事  金鏁小蘭

●△△●△○●  ●○△●○○

●○○●●○○  △○●● △●●△○

○●●○○●● ○△●●○○

●△○●△○△ ○○●●  ○?●○○

曲院風荷01
 

一番荷芰生池沼,檻前風送馨香。

この里の池沼には今が盛りと蓮と菱の花が咲いている、池前の四阿の欄干に寄り添って風の通り抜けるのを感じていると蓮の香りが届いてくる。

1 荷芰 蓮と菱

2 檻前 池の側の四阿の欄干。

 

昔年於此伴蕭娘,相偎佇立,牽惹敘衷腸。

昔のことだけれど、蕭娘といわれた人はこの蓮の花さく池を美男子のお方と一緒に歩かれたという、互いに慕い、相佇んでこの花を見られた、そして心に強く印象付けられて悲しくも断腸の思いを詩につづられたという。

3 蕭娘  身請けをされた女妓のこと。沈満願の夫の范靖、梁の征西記室范靖の愛人、第二夫人、家妓とおもわれる。

戯蕭娘

明珠翠羽帳、金薄綠綃帷。

因風時蹔擧、想像見芳姿

凊晨插歩揺、向晩解羅衣。

託意風流子、佳情詎肯私。

(蕭娘を戯むる)
明珠【めいしゅ】翠羽【すいう】の帳【とばり】、金薄【きんぱく】綠綃【りょくしょう】の帷【い】。
風に因りて時に暫く擧がる、想像して芳姿を見る。
凊晨【せいしん】に歩揺を插【さしはさ】み、晩に向いて羅衣【らい】を解く。
意を託すは風流の子、佳情 詎【なん】ぞ肯えて私にせん。

戯蕭娘 范靖婦沈満願 宋詩<120>玉台新詠集巻四 女性詩 557 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1488

4 偎 ぴったり寄り添う,寄り掛かる偎傍, 偎依寄り掛かる.音読み:ワイ、 エ訓読み:ほのか、 なじむ、 したしむ、 ちかよる

 

時逞笑容無限態,還如菡萏爭芳。

この蓮と菱の花は時空までも超える強い力があり、彼を見たものはにこやかに笑顔に変わる美人となり、これ以上のものはないのだ、また、水連はあの蕭娘と香りを競い合うということだ。

5 逞 たくましい1 たくましい。「逞卒・逞兵」2 思うとおりにする

6 笑容 笑顔,笑み笑容可掬にこやかな笑みをたたえた.

7 菡萏 スイレン科の抽水性多年草、園芸植物、薬用植物。 はすのはな。

 

別來虛遣思悠颺,慵窺往事,金鏁小蘭房。

それでも男女には別れというものが来て、どんなに愛していてもやがてゆっくりと舞上って空しい気持ちになっていく、そして、もう過ぎ去った良い思いと何をするにも物憂い事となって物事を見るようになる。やがて金の錠前は開かれることのない美人の閨房「小蘭房」とよばれるようになる。

8 虛遣 空しくやる

9 悠颺(ゆうよう)」は、「ゆったりと舞い上がる」

10 往事 過ぎ去った事柄。昔のこと。

11 金鏁 金属製の錠前を掛ける。花間集では、「買斷」の女妓が他との接触を避けるために錠前を掛けるというのが基本である。

鹿虔扆【ろくけんい】)臨江仙二首 其一

金鏁重門荒苑靜,綺愁對秋空。

翠華一去寂無蹤,玉樓歌吹,聲斷已隨風。

煙月不知人事改,夜闌還照深宮。

藕花相向野塘中,暗傷亡國,清露泣香紅。

16-457《臨江仙二首,其一》九巻 鹿虔扆 Ⅻ唐五代詞・『花間集』全詩訳注解説Gs-640-16-(457) 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ4747

12 蘭房 妓女の美しい寝室。また、美人の閨房(けいぼう)

 

 

 

 

尹鶚,生卒年不詳,仕蜀為翰林、校書郎,累官至參卿。錦城今四川成都煙月之士。工詩詞,與賓貢李烙焉啤J飼笆裎校書郎。《花間集》卷九稱『尹參卿鶚』,參卿為參佐官之敬稱,非具體官守。事跡見《鑒戒錄》卷四、《十國春秋》卷四四本傳。

尹鶚詞。《花間集》錄存六首,《尊前集》錄存十一首,共十七首。

15閻選《巻九27河傳 一首》 》『花間集』429全詩訳注解説(改訂版Ver.2.1)-漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ-7409

閻選 河傳 一首

秋雨,秋雨,無晝無夜,滴滴霏霏。暗燈涼簟怨分離,妖,不勝悲。

西風稍急喧竹,停又續,膩臉懸雙玉。幾迴邀約鴈來時,違期,鴈歸,人不歸。

(船商人の富貴の者に身請けされたか、買斷された女妓が約束の「雁が帰る時期」を楽しみに、簟をかたづけずにまっているが、又ことしも帰ってこない、帰って来ることを頼りに生きて行く女を詠う)

秋雨がふる、今年もまた秋雨がふる、約束の秋に昼となく夜となくふりつづく、あの人は来なくて雨は降りやまずはげしく降り注ぐ。今夜も遅くなってもただひとり、灯火暗いままに、竹筵のシーツもこの季節で一人寝では超冷ややかなので、別れたままというのは恨めしさがます、こんなにも美しき女であっても、男の浮気心には愁いに堪えることにくるしむ。 秋の西風はやや強く窓辺の竹ざわめき、静まったかと思えばまた続く。美しい女の艶やかな頬にかかる二筋の真珠の涙がおちる。幾たびも約束した雁帰る時を迎えても、その約束は破られ、毎年雁は来るも人は帰ってこない。

《花間集》424巻九27

河傳 一首

全詩訳注解説-漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ-7409

(改訂版Ver.2.1

14 閻選

後蜀の詞人

932年前後に在世

 

 

 
  2016年2月28日 の紀頌之5つのBlog  
  ●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、現在、李白詩全詩 訳注  
  Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 LiveDoorBlog
743年(89)李太白集929巻二十四41長信宮  408Index-23Ⅲ-2-743年天寶二年43歳 94首-(89) Ⅰ李白詩1773 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ7405  
  孟浩然 詩 index 李白詩index 謝霊運 詩 index 司馬相如 《 子虛賦 ・上林賦 》 揚雄 《 甘泉賦 》  ●諸葛亮(孔明)出師表  
  曹植(曹子建)詩 65首 index 文選 賦)兩都賦序・西都賦・東都賦 (班固) 《李白 全詩》
  総合案内
(1)漁父辞 屈原 『楚辞・九歌』東君 屈原 《楚辞 『九辯』》 宋玉  <案内>  
  ●唐を代表する 中唐 韓愈 全500首   
  Ⅱ中唐詩・晩唐詩
 
 LiveDoorBlog
韓愈138 #1《 巻01-22秋懷詩,十一首之九 #1》 韓愈(韓退之) 806年貞元22年 39歳-(10)#1<1686> Ⅱ 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ7406  
  ・李商隠詩 (1) 136首の75首 ・李商隠詩 (2) 135首の61首 ●韓愈index-1 ・孟郊、張籍と交遊・汴州乱41首 ●韓愈詩index-2[800年 33歳~804年 37歳]27首 ●韓愈詩index-3 805年 38歳・]陽山から江陵府 36首 ●韓愈詩index-4 806年 39歳 江陵府・権知国子博士 51首(1)25首  
  index-5 806年39歳 50首の(2)25首 index-6[807年~809年 42歳]20首 index-7[810年~811年 44歳] 34首 index-8 [812年~814年47歳]46首 index-9[815年~816年 49歳] 57首 index-10[817年~818年 51歳]・「平淮西碑」28首  
  index-11 819年 52歳 ・『論佛骨表』左遷 38首 index-12 820年 53歳 ・9月國子祭酒に。18首 index-13 821年~822年 55歳 22首 index-14 823年~824年 57歳・病気のため退職。没す。 14首 韓愈 哲学・儒学「五原」 賦・散文・上奏文・碑文など  
  孟郊 張籍          
  ●杜甫の全作品1500首を訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"  
  Ⅲ杜甫詩全1500首   LiveDoorBlog 767年-24 #3杜少陵集 《19-38 狄明府〔寄狄明府博濟〕#3》 杜甫詩index-15-1152 <1602> 767年大暦2年56歲-24 #3漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ7407  
  杜甫詩(1)736~751年 青年期・李白と交遊期・就活の詩 53首 杜甫詩(2)752年~754年、43歳 73首(青年期・就活の詩)  杜甫詩(3)755年~756年、45歳 安史の乱に彷徨う 26首 杜甫詩(4)作時757年、46歳 安史軍捕縛、脱出、左拾遺 43首 杜甫詩(5)758年;乾元元年、47歳 左拾遺、朝廷疎外、左遷 53首 杜甫詩 (6)759年;乾元二年、48歳 三吏三別 官を辞す 44首  
  杜甫詩(7)759年;乾元二年、48歳 秦州抒情詩 66首 杜甫詩(8)作時759年、48歳 秦州発、同谷紀行、成都紀行 36首 杜甫詩(9)760年;上元元年、49歳 成都浣花渓草堂 45首 杜甫詩(10)761年;上元二年、50歳 成都浣花渓草堂 82首 杜甫詩(11)762年寶應元年 杜甫51歳  浣花渓草堂~蜀中転々 43首 杜甫詩(12)762年寶應元年 杜甫51歳 蜀中転々 49首  
  ●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている  
  Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2Blog  
               
  ●花間集全詩●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩。唐から五代詩詞。花間集  
  Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoorBlog 15閻選《巻九27河傳 一首》 》『花間集』429全詩訳注解説(改訂版Ver.2.1)-漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ-7409  
  薛濤の全詩 花間集(1巻 花間集(2巻 花間集(3巻 花間集(4巻 花間集(5巻  
  魚玄機全詩 花間集(6巻 花間集(7巻 花間集(8巻 花間集(9巻 花間集10巻  
  温庭筠66首 花間集1・2巻 皇甫松11首 花間集二巻 韋莊47首 花間集二巻 薛昭蘊19首 花間集三巻 牛嶠31首 花間集三・四巻 張泌27首 花間集四巻  
  毛文錫31首 花間集5巻 牛希濟11首 花間集5巻 欧陽烱17首 花間集5・6巻 和凝20首 花間集6巻 顧夐56首 花間集6・7巻 孫光憲47首 花間集7・8巻  
  魏承班15首 花間集8・9巻 鹿虔扆6首 花間集9巻 閻選8首 花間集9巻 尹鶚6首 花間集9巻 毛熙震29首 花間集9・10巻 李珣39首 花間集10巻  
   ■最近Best5 賦・詩・詞(漢詩4ブログ各部門) 漢詩総合サイト 07ch  
  杜甫全詩案内 韓愈全詩案内 李白全集 文選 古詩源 花間集案内  
 

 

              ID                     作品名    作者      

              ■ 閻處士選(閻選【えんせん】)八首                                                  

            1