玉臺新詠 全十巻 訳注解説

漢文委員会kanbuniinkai紀頌之   唐五代詞詩・花間集・玉臺新詠 中国の韻文学には、古くは周代の詩があり、漢魏六朝には古詩と楽府かあり、唐代になって古詩に対して新しい近体の律詩、絶句がおこった。楽府がおとろえ新しく勃興したのが詞である。詞ははじめ、学詞ともよばれ、楽曲の歌詞をさしていうものであるが、それが流行するとともに、唐詩などと相ならんで、一つの韻文学として成立したのである。 5年以上のブログ連載。(魚玄機・薛濤・花間集)完掲載 現在《玉臺新詠》完全版連載中 予定(文選【詩篇】文選【賦篇 楚辞 詩經 ・・・・)

劉 鑠

中国の韻文学には、古くは周代の詩があり、漢魏六朝には古詩と楽府かあり、唐代になって古詩に対して新しい近体の律詩、絶句がおこった。楽府がおとろえ新しく勃興したのが詞である。詞ははじめ、学詞ともよばれ、楽曲の歌詞をさしていうものであるが、それが流行するとともに、唐詩などと相ならんで、一つの韻文学として成立したのである。
******************************************

温庭筠の詞詩を約60首程度掲載の後、魚玄機50首程度連載し,薛濤約百首、韋莊五十首
森鴎外小説 『魚玄機』 彼女の詩を冷静に、客観的に分析 過去の女性蔑視の見方を排除して解釈 訳註解説
現在、『花間集』全詩500首、全首連載が終了した。いま、500首全首、見直し、改訂版Ver.2.1として、根本的に語訳、注釈をやり直して掲載しています。出来るだけ(改訂版Ver.2.1)と記している詩を読まれることを薦めます。
現在 玉臺新詠 訳注解説連載中
   玉臺新詠 概要 目録・目次 http://kanbunkenkyu.web.fc2.com/list1.html

巻三-30 【字解集】 ・雜詩五首其一~五 Ⅴ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の玉臺新詠巻二ブログ 10104

巻三-30 【字解集】 ・雜詩五首其一~五

 

 

巻三-30 【字解集】 ・雜詩五首其一~五 Ⅴ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の玉臺新詠巻二ブログ 10104

 

 

 

 

 

玉 臺 新 詠  巻三

劉 鑠 雜詩五首

 

 

作者:劉鑠

雜詩五首其一 代行行重行行   

眇眇凌羡道、遙遙行遠之。廻車背京里、揮手於此辭。

堂上流塵生、庭中綠草滋。寒螿翔水曲、秋兔依山基。

芳年有華月、佳人無還期。日夕涼風起、對酒長相思。

悲發江南調、憂委子衿詩。卧看明鐙晦、坐見輕紈緇。

淚容曠不飭、幽鏡難復治。願垂薄暮景、照妾桑時。

 

雜詩五首其二 代明月何皎皎

落宿半遙城、浮雲藹層闕。玉宇來清風、羅帳延秋月。

結思想伊人、沈憂懷明發。誰謂行客遊、屢見流芳歇。

河廣川無梁、山高路難越。

 

雜詩五首其三 代孟冬寒氣至

白露秋風始、秋風明月初。明月照高樓、白露皎玄除。

迨及涼雲起、行見寒林疎。客從遠方至、贈我千里書。

先敘懷舊愛、末陳久離居。一章意不盡、三復情有餘。

願遂平生眷、無使甘言虛。

 

雜詩五首其四 代青青河畔草

淒淒含露臺、肅肅迎風館。思女御櫺軒、哀心徹雲漢。

端撫悲弦泣、獨對明鐙歎。良人久徭役、耿介終昏旦。

楚楚秋水歌、依依採菱彈。

 

雜詩五首其五 詠牛女

秋動清氛扇、火移炎氣歇。廣欄含夜陰、高軒通夕月。

安步林、傾望極雲闕。組幕縈漢陳、龍駕凌霄發。

誰云長河遙、頗覺促筵越。沈情未申寫、飛光已飄忽。

來對眇難期、今歡自茲沒。

 

 

 

 

 

玉臺新詠集 劉 鑠 《雜詩五首》

字解集

 

 

 

 

 


続きを読む

巻三-39-#2 雜詩五首其五代牛女〔劉 鑠〕 Ⅴ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の玉臺新詠巻二ブログ 10097

巻三-39-#2 雜詩五首其五代牛女〔劉 鑠〕

 

 

2018219

の紀頌之"6"つの校注Blog

重憶一首

.【字解集】》〔嘲鼾睡,二首之一・二

【字解集】5首・即事・耳聾・獨坐

醉公子二首其一

#1 雜詩五首其五   (代牛女)

#2【聯句】 光威裒姉妹三人・・・・

李白詩

韓愈詩

杜甫詩

花間集

玉臺新詠

古代史女性論

 

 

2018219

の紀頌之”6”つの校注Blog

10年のBLOGの集大成

   李白総合案内

 

●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、現在、李白詩全詩 訳注

Ⅰ李白詩

(李白集校注)

747-018重憶一首(卷二三(二)一三六五)漢文委員会kanbuniinkai 紀 頌之の李白詩訳注解説Blog10128

LiveDoo

rBlog

746-【字解集】21.魯東門觀刈蒲 22.魯郡堯祠送五之琅琊 23.魯郡堯祠送張十四遊西北Ⅰ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之 李白詩集Blog9884

孟浩然

李白詩

謝霊運

司馬相如 《子虛賦 ・上林賦》

揚雄 《甘泉賦》

諸葛亮 出師表

曹植詩65

兩都賦序・西都賦・東都賦

李白全詩

漁父辞(屈原

楚辞・九歌》東君

《楚辞九辯》

 

 

 

 

10年のBLOGの集大成

●唐を代表する 中唐 韓愈 全500首 

Ⅱ韓昌黎詩集・文集校注

807年-06元和二年40歳《4.【字解集】》〔嘲鼾睡,二首之一・嘲鼾睡,二首之二〕Ⅱ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之Blog10135

LiveDoo

rBlog

807年-05元和二年40歳《【字解集】》〔酬裴十六功曹巡府西驛塗中見寄・記夢〕Ⅱ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之Blog10066

・李商隠詩 (1) 136首の75

・李商隠詩 (2) 135首の61

韓愈1 ・孟郊・張籍と汴州乱41

index-2[800年~804年]27

index-3 805年陽山から江陵36

index-4 806年 39 江陵・国子博士25

index-5 806年39歳(2)25

index-6 807~809年 20

index-7[810年~811年 44歳] 34

index-8 [812年~814年47歳]46

index-9[815年~816年 49歳57

index-10[817年~818年 51歳]「平淮西碑」28

index-11 819年『論佛骨表』左遷 38

index-12 820 國子祭酒18

index-13 821年~822年 22

index-14 57歳・病気のため退職。没す14

韓愈 哲学・儒学「五原」

孟郊

 

10年のBLOGの集大成

 

 

 

●杜甫の全作品1500首を訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"

Ⅲ 杜詩

詳注

767年-集-30 767-【字解集】5首・即事 ・耳聾 ・獨坐二首 ・雲  Ⅲ 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ10116

LiveDoo

rBlog

767年-集-21 【字解集】 ・寄峽州劉伯華使君四十韻  Ⅲ 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ9366

767年 【字解集】152.課小豎鉏斫舍北果,林枝蔓荒穢淨,訖移床,三首 155.反照 157.向夕 Ⅲ 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ9645

杜甫詩(1)736~751年  53

杜甫詩(2)752年~754年、43歳 73

杜甫詩(3)45歳 安史の乱に彷徨う 26

杜甫詩(4)757年、左拾遺 43

杜甫詩(5)758年47歳 左遷 53

杜甫詩(6)759年 三吏三別 44

杜甫詩(7)759年秦州詩 66

杜甫詩(8)759年同谷紀行、成都紀行36

杜甫詩(9)760年、49歳 成都 45

杜甫詩(10)761年、50歳 成都82

杜甫詩(11)762年蜀中転々43

杜甫詩(12)762年 蜀中転々 49

(13)763年蜀中転々 96

 (14)764年 三月成都へ帰る 100

 (15)765年正月幕府を辞す 63

(16-1) 766年雲安、暮春、夔州 168首 の(1)80

(16-2) 766年雲安、暮春、夔州 168首 の(1)81

 

杜甫詩 (17-1)767年夔州・西閣・赤甲・瀼西132

杜甫詩 (17-2) 767年・瀼西・東屯 133

杜甫詩 (18)768年江陵・公安縣・岳州 78

杜甫詩 (19)769年・洞庭湖・潭州・衡州 78

杜甫詩 (20)770年・洞庭湖・潭州・衡州。27

杜甫詩 (21)洩れ分(未詳分)・散文

杜甫詩 全詩 総合案内 

●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている。花間集連載開始。

Ⅳブログ詩集

漢・唐・宋詞

花間集 訳注解説 (376)回目顧巻七35醉公子二首其一》 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ10124 (02/18)

  fc2

Blog

花間集 訳注解説 (313)回目和凝【字解集】11柳枝三首  12.漁父一首》 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ9639 (12/07)

 

 

 

10年のBLOGの集大成

 

●花間集全詩●森鴎外の小説の”魚玄機”詩、芸妓”薛濤”詩。唐から五代詩詞。花間集。玉臺新詠連載開始

.唐五代詞詩・女性

・玉臺新詠

巻三-39-#1 雜詩五首其五代牛女〔劉 鑠〕 Ⅴ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の玉臺新詠巻二ブログ 10090

LiveDoo

rBlog

巻三-29 【字解集】雜詩三首其一~其三  Ⅴ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の玉臺新詠巻二ブログ 10077

●薛濤の全詩

●花間集(1

●花間集(2

●花間集(3

●花間集(4

●花間集(5

●魚玄機全詩

●花間集(6

●花間集(7

●花間集(8

●花間集(9

●花間集10

Ⅵ唐代女性論         ninjaブログ

48-#2【聯句】 光威裒姉妹三人、小孤而始姸乃有。是作精醉儔難。謝家聯雪何以加、之有客自京師来者示予因次其韻漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ10216

 ■最近Best5 賦・詩・詞(漢詩4ブログ各部門)

漢詩総合サイト 07ch

杜甫全詩案内

韓愈全詩案内

李白全集

李白詩のサイト

古詩源

花間集案内

漢詩・唐詩・宋詩研究

http://kanbunkenkyu.web.fc2.com/


  

巻三-39-#2 雜詩五首其五代牛女〔劉 鑠〕 Ⅴ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の玉臺新詠巻二ブログ 10097

組紐に連ねた睦幕が天の河原をめぐってのべひろげられ、そこへ向かって織女の馬車が大空を凌いで出発する。

天の河は長く且つ遠いなどと誰が言うのか、それは宴会の際、座席がどんなの離れ、長かろうと、それを越えて進むより、もっと速いと言えるのではないか。

両星は相会して、深い思いの中をまだ述べきらぬうちに、時の光は速やかに流れる.

将来の面接は予期し難いことになってしまった。そして今の嬉しい逢瀬は、これきりとなるのであろうか。

 

 

 

 

玉 臺 新 詠  巻三

劉 鑠 雜詩五首

 

 

作者:劉鑠

雜詩五首其一 代行行重行行   

眇眇凌羡道、遙遙行遠之。廻車背京里、揮手於此辭。

堂上流塵生、庭中綠草滋。寒螿翔水曲、秋兔依山基。

芳年有華月、佳人無還期。日夕涼風起、對酒長相思。

悲發江南調、憂委子衿詩。卧看明鐙晦、坐見輕紈緇。

淚容曠不飭、幽鏡難復治。願垂薄暮景、照妾桑時。

 

雜詩五首其二 代明月何皎皎

落宿半遙城、浮雲藹層闕。玉宇來清風、羅帳延秋月。

結思想伊人、沈憂懷明發。誰謂行客遊、屢見流芳歇。

河廣川無梁、山高路難越。

 

雜詩五首其三 代孟冬寒氣至

白露秋風始、秋風明月初。明月照高樓、白露皎玄除。

迨及涼雲起、行見寒林疎。客從遠方至、贈我千里書。

先敘懷舊愛、末陳久離居。一章意不盡、三復情有餘。

願遂平生眷、無使甘言虛。

 

雜詩五首其四 代青青河畔草

淒淒含露臺、肅肅迎風館。思女御櫺軒、哀心徹雲漢。

端撫悲弦泣、獨對明鐙歎。良人久徭役、耿介終昏旦。

楚楚秋水歌、依依採菱彈。

 

雜詩五首其五 詠牛女

秋動清氛扇、火移炎氣歇。廣欄含夜陰、高軒通夕月。

安步林、傾望極雲闕。組幕縈漢陳、龍駕凌霄發。

誰云長河遙、頗覺促筵越。沈情未申寫、飛光已飄忽。

來對眇難期、今歡自茲沒。

 

続きを読む

巻三-39-#1 雜詩五首其五代牛女〔劉 鑠〕 Ⅴ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の玉臺新詠巻二ブログ 10090

巻三-39-#1 雜詩五首其五代牛女〔劉 鑠〕

 

 

2018217

の紀頌之"6"つの校注Blog

對酒憶賀監二首并序其一

嘲鼾睡,二首之二#3

獨坐二首其二

臨江仙三首其三

#1 雜詩五首其五   (代牛女)

【字解集】44.送別 45.左名場自 –B

李白詩

韓愈詩

杜甫詩

花間集

玉臺新詠

古代史女性論

 

 

2018217

の紀頌之”6”つの校注Blog

10年のBLOGの集大成

   李白総合案内

 

●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、現在、李白詩全詩 訳注

Ⅰ李白詩

(李白集校注)

747-016對酒憶賀監二首并序其一(卷二三(二)一三六二)漢文委員会kanbuniinkai 紀 頌之の李白詩訳注解説Blog10114

LiveDoo

rBlog

746-【字解集】21.魯東門觀刈蒲 22.魯郡堯祠送五之琅琊 23.魯郡堯祠送張十四遊西北Ⅰ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之 李白詩集Blog9884

孟浩然

李白詩

謝霊運

司馬相如 《子虛賦 ・上林賦》

揚雄 《甘泉賦》

諸葛亮 出師表

曹植詩65

兩都賦序・西都賦・東都賦

李白全詩

漁父辞(屈原

楚辞・九歌》東君

《楚辞九辯》

 

 

 

 

10年のBLOGの集大成

●唐を代表する 中唐 韓愈 全500首 

Ⅱ韓昌黎詩集・文集校注

807年-07元和二年40歳《嘲鼾睡,二首之二#3》Ⅱ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之Blog 10121

LiveDoo

rBlog

807年-05元和二年40歳《【字解集】》〔酬裴十六功曹巡府西驛塗中見寄・記夢〕Ⅱ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之Blog10066

・李商隠詩 (1) 136首の75

・李商隠詩 (2) 135首の61

韓愈1 ・孟郊・張籍と汴州乱41

index-2[800年~804年]27

index-3 805年陽山から江陵36

index-4 806年 39 江陵・国子博士25

index-5 806年39歳(2)25

index-6 807~809年 20

index-7[810年~811年 44歳] 34

index-8 [812年~814年47歳]46

index-9[815年~816年 49歳57

index-10[817年~818年 51歳]「平淮西碑」28

index-11 819年『論佛骨表』左遷 38

index-12 820 國子祭酒18

index-13 821年~822年 22

index-14 57歳・病気のため退職。没す14

韓愈 哲学・儒学「五原」

孟郊

 

10年のBLOGの集大成

 

 

 

●杜甫の全作品1500首を訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"

Ⅲ 杜詩

詳注

767年-216 獨坐二首其二(卷二○(四)頁一七八五)注(1234)白狗斜臨北 Ⅲ 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ10116

LiveDoo

rBlog

767年-集-21 【字解集】 ・寄峽州劉伯華使君四十韻  Ⅲ 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ9366

767年 【字解集】152.課小豎鉏斫舍北果,林枝蔓荒穢淨,訖移床,三首 155.反照 157.向夕 Ⅲ 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ9645

杜甫詩(1)736~751年  53

杜甫詩(2)752年~754年、43歳 73

杜甫詩(3)45歳 安史の乱に彷徨う 26

杜甫詩(4)757年、左拾遺 43

杜甫詩(5)758年47歳 左遷 53

杜甫詩(6)759年 三吏三別 44

杜甫詩(7)759年秦州詩 66

杜甫詩(8)759年同谷紀行、成都紀行36

杜甫詩(9)760年、49歳 成都 45

杜甫詩(10)761年、50歳 成都82

杜甫詩(11)762年蜀中転々43

杜甫詩(12)762年 蜀中転々 49

(13)763年蜀中転々 96

 (14)764年 三月成都へ帰る 100

 (15)765年正月幕府を辞す 63

(16-1) 766年雲安、暮春、夔州 168首 の(1)80

(16-2) 766年雲安、暮春、夔州 168首 の(1)81

 

杜甫詩 (17-1)767年夔州・西閣・赤甲・瀼西132

杜甫詩 (17-2) 767年・瀼西・東屯 133

杜甫詩 (18)768年江陵・公安縣・岳州 78

杜甫詩 (19)769年・洞庭湖・潭州・衡州 78

杜甫詩 (20)770年・洞庭湖・潭州・衡州。27

杜甫詩 (21)洩れ分(未詳分)・散文

杜甫詩 全詩 総合案内 

●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている。花間集連載開始。

Ⅳブログ詩集

漢・唐・宋詞

花間集 訳注解説 (373)回目顧巻七32臨江仙三首其一》 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ10103 (02/15)

  fc2

Blog

花間集 訳注解説 (313)回目和凝【字解集】11柳枝三首  12.漁父一首》 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ9639 (12/07)

 

 

 

10年のBLOGの集大成

 

●花間集全詩●森鴎外の小説の”魚玄機”詩、芸妓”薛濤”詩。唐から五代詩詞。花間集。玉臺新詠連載開始

.唐五代詞詩・女性

・玉臺新詠

巻三-39-#1 雜詩五首其五代牛女〔劉 鑠〕 Ⅴ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の玉臺新詠巻二ブログ 10090

LiveDoo

rBlog

巻三-29 【字解集】雜詩三首其一~其三  Ⅴ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の玉臺新詠巻二ブログ 10077

●薛濤の全詩

●花間集(1

●花間集(2

●花間集(3

●花間集(4

●花間集(5

●魚玄機全詩

●花間集(6

●花間集(7

●花間集(8

●花間集(9

●花間集10

Ⅵ唐代女性論         ninjaブログ

巻三-39-#1 雜詩五首其五代牛女〔劉 鑠〕 Ⅴ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の玉臺新詠巻二ブログ 10090

 ■最近Best5 賦・詩・詞(漢詩4ブログ各部門)

漢詩総合サイト 07ch

杜甫全詩案内

韓愈全詩案内

李白全集

李白詩のサイト

古詩源

花間集案内

漢詩・唐詩・宋詩研究

http://kanbunkenkyu.web.fc2.com/

 

巻三-39-#1 雜詩五首其五代牛女〔劉 鑠〕 Ⅴ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の玉臺新詠巻二ブログ 10090

(牽牛と織姫、二星を素直に述べたもの)

秋が訪れて清らかな風がそよぎ、火星は西に低く移って暑さの気がおさまる。

広やかな欄干は夜のうす暗さを含み、高い軒端には夕月の光がさしこんでいる。

織女星はゆるやかに歩を移し、林をめぐり、目をさしむけて、天門、はるか眺めやる。

 

 

 

 

玉 臺 新 詠  巻三

劉 鑠 雜詩五首

 

 

作者:劉鑠

雜詩五首其一 代行行重行行   

眇眇凌羡道、遙遙行遠之。廻車背京里、揮手於此辭。

堂上流塵生、庭中綠草滋。寒螿翔水曲、秋兔依山基。

芳年有華月、佳人無還期。日夕涼風起、對酒長相思。

悲發江南調、憂委子衿詩。卧看明鐙晦、坐見輕紈緇。

淚容曠不飭、幽鏡難復治。願垂薄暮景、照妾桑時。

 

雜詩五首其二 代明月何皎皎

落宿半遙城、浮雲藹層闕。玉宇來清風、羅帳延秋月。

結思想伊人、沈憂懷明發。誰謂行客遊、屢見流芳歇。

河廣川無梁、山高路難越。

 

雜詩五首其三 代孟冬寒氣至

白露秋風始、秋風明月初。明月照高樓、白露皎玄除。

迨及涼雲起、行見寒林疎。客從遠方至、贈我千里書。

先敘懷舊愛、末陳久離居。一章意不盡、三復情有餘。

願遂平生眷、無使甘言虛。

 

雜詩五首其四 代青青河畔草

淒淒含露臺、肅肅迎風館。思女御櫺軒、哀心徹雲漢。

端撫悲弦泣、獨對明鐙歎。良人久徭役、耿介終昏旦。

楚楚秋水歌、依依採菱彈。

 

雜詩五首其五 詠牛女

秋動清氛扇、火移炎氣歇。廣欄含夜陰、高軒通夕月。

安步林、傾望極雲闕。組幕縈漢陳、龍駕凌霄發。

誰云長河遙、頗覺促筵越。沈情未申寫、飛光已飄忽。

來對眇難期、今歡自茲沒。

  

 

 

 

 

玉臺新詠集 劉 鑠 《雜詩五首》

雜詩五首其五 《代牛女》

 

 

 

 

 


続きを読む

巻三-37-#2 雜詩五首其三代孟冬寒気至〔劉 鑠〕 Ⅴ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の玉臺新詠巻二ブログ 10076

巻三-37-#2 雜詩五首其三代孟冬寒気至〔劉 鑠〕

 

 

巻三-37-#2 雜詩五首其三代孟冬寒気至〔劉 鑠〕 Ⅴ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の玉臺新詠巻二ブログ 10076 

2018216

の紀頌之"6"つの校注Blog

對酒憶賀監二首并序

嘲鼾睡,二首之二#2

獨坐二首其一

臨江仙三首其二

#2 雜詩五首其三

字解集】41.寄子安42.送別 外–A

李白詩

韓愈詩

杜甫詩

花間集

玉臺新詠

古代史女性論

 

 

2018216

の紀頌之”6”つの校注Blog

10年のBLOGの集大成

   李白総合案内

 

●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、現在、李白詩全詩 訳注

Ⅰ李白詩

(李白集校注)

747-015對酒憶賀監二首并序(卷二三(二)一三六二)漢文委員会kanbuniinkai 紀 頌之の李白詩訳注解説Blog10107

LiveDoo

rBlog

746-【字解集】21.魯東門觀刈蒲 22.魯郡堯祠送五之琅琊 23.魯郡堯祠送張十四遊西北Ⅰ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之 李白詩集Blog9884

孟浩然

李白詩

謝霊運

司馬相如 《子虛賦 ・上林賦》

揚雄 《甘泉賦》

諸葛亮 出師表

曹植詩65

兩都賦序・西都賦・東都賦

李白全詩

漁父辞(屈原

楚辞・九歌》東君

《楚辞九辯》

 

 

 

 

10年のBLOGの集大成

●唐を代表する 中唐 韓愈 全500首 

Ⅱ韓昌黎詩集・文集校注

807年-07元和二年40歳《嘲鼾睡,二首之二#2》〔〕Ⅱ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之Blog10114

LiveDoo

rBlog

807年-05元和二年40歳《【字解集】》〔酬裴十六功曹巡府西驛塗中見寄・記夢〕Ⅱ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之Blog10066

・李商隠詩 (1) 136首の75

・李商隠詩 (2) 135首の61

韓愈1 ・孟郊・張籍と汴州乱41

index-2[800年~804年]27

index-3 805年陽山から江陵36

index-4 806年 39 江陵・国子博士25

index-5 806年39歳(2)25

index-6 807~809年 20

index-7[810年~811年 44歳] 34

index-8 [812年~814年47歳]46

index-9[815年~816年 49歳57

index-10[817年~818年 51歳]「平淮西碑」28

index-11 819年『論佛骨表』左遷 38

index-12 820 國子祭酒18

index-13 821年~822年 22

index-14 57歳・病気のため退職。没す14

韓愈 哲学・儒学「五原」

孟郊

 

10年のBLOGの集大成

 

 

 

●杜甫の全作品1500首を訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"

Ⅲ 杜詩

詳注

767年-214 耳聾(卷二○(四)一七八四)注(1232)生年鶡冠子 Ⅲ 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ10074

LiveDoo

rBlog

767年-集-21 【字解集】 ・寄峽州劉伯華使君四十韻  Ⅲ 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ9366

767年 【字解集】152.課小豎鉏斫舍北果,林枝蔓荒穢淨,訖移床,三首 155.反照 157.向夕 Ⅲ 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ9645

杜甫詩(1)736~751年  53

杜甫詩(2)752年~754年、43歳 73

杜甫詩(3)45歳 安史の乱に彷徨う 26

杜甫詩(4)757年、左拾遺 43

杜甫詩(5)758年47歳 左遷 53

杜甫詩(6)759年 三吏三別 44

杜甫詩(7)759年秦州詩 66

杜甫詩(8)759年同谷紀行、成都紀行36

杜甫詩(9)760年、49歳 成都 45

杜甫詩(10)761年、50歳 成都82

杜甫詩(11)762年蜀中転々43

杜甫詩(12)762年 蜀中転々 49

(13)763年蜀中転々 96

 (14)764年 三月成都へ帰る 100

 (15)765年正月幕府を辞す 63

(16-1) 766年雲安、暮春、夔州 168首 の(1)80

(16-2) 766年雲安、暮春、夔州 168首 の(1)81

 

杜甫詩 (17-1)767年夔州・西閣・赤甲・瀼西132

杜甫詩 (17-2) 767年・瀼西・東屯 133

杜甫詩 (18)768年江陵・公安縣・岳州 78

杜甫詩 (19)769年・洞庭湖・潭州・衡州 78

杜甫詩 (20)770年・洞庭湖・潭州・衡州。27

杜甫詩 (21)洩れ分(未詳分)・散文

杜甫詩 全詩 総合案内 

●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている。花間集連載開始。

Ⅳブログ詩集

漢・唐・宋詞

花間集 訳注解説 (373)回目顧巻七32臨江仙三首其一》 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ10103 (02/15)

  fc2

Blog

花間集 訳注解説 (313)回目和凝【字解集】11柳枝三首  12.漁父一首》 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ9639 (12/07)

 

 

 

10年のBLOGの集大成

 

●花間集全詩●森鴎外の小説の”魚玄機”詩、芸妓”薛濤”詩。唐から五代詩詞。花間集。玉臺新詠連載開始

.唐五代詞詩・女性

・玉臺新詠

巻三-37-#2 雜詩五首其三代孟冬寒気至〔劉 鑠〕 Ⅴ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の玉臺新詠巻二ブログ 10076

LiveDoo

rBlog

巻三-29 【字解集】雜詩三首其一~其三  Ⅴ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の玉臺新詠巻二ブログ 10077

●薛濤の全詩

●花間集(1

●花間集(2

●花間集(3

●花間集(4

●花間集(5

●魚玄機全詩

●花間集(6

●花間集(7

●花間集(8

●花間集(9

●花間集10

Ⅵ唐代女性論         ninjaブログ

九、集-09【字解集】 41.寄子安 42.送別 43.迎李近仁員外 44.送別 45.左名場自澤州至京,使人傳語 46.和人次韻 47.折楊柳   魚玄機 漢文委員会kanbuniinkai 紀 頌之 ブログ10098 –A

 ■最近Best5 賦・詩・詞(漢詩4ブログ各部門)

漢詩総合サイト 07ch

杜甫全詩案内

韓愈全詩案内

李白全集

李白詩のサイト

古詩源

花間集案内

漢詩・唐詩・宋詩研究

http://kanbunkenkyu.web.fc2.com/

 

折から遠方より客が訪れて、わたしに筆が上手なあの方は千里も先から手紙を届けてくださった。

それにはまず昔ながらの愛情をいだく意を叙べ、終わりには久しい別れになったと陳べてある。

この一章一通のお手紙に記された尽きせぬ思いやりは、三たびくり返し読んでも余情の残るものがある。

どうぞ平生のご親切をお果たしくださって甘い言葉をむだになさらぬよう願います。

 

 

 

 

玉 臺 新 詠  巻三

劉 鑠 雜詩五首

 

 

作者:劉鑠

雜詩五首其一 代行行重行行   

眇眇凌羡道、遙遙行遠之。廻車背京里、揮手於此辭。

堂上流塵生、庭中綠草滋。寒螿翔水曲、秋兔依山基。

芳年有華月、佳人無還期。日夕涼風起、對酒長相思。

悲發江南調、憂委子衿詩。卧看明鐙晦、坐見輕紈緇。

淚容曠不飭、幽鏡難復治。願垂薄暮景、照妾桑時。

 

雜詩五首其二 代明月何皎皎

落宿半遙城、浮雲藹層闕。玉宇來清風、羅帳延秋月。

結思想伊人、沈憂懷明發。誰謂行客遊、屢見流芳歇。

河廣川無梁、山高路難越。

 

雜詩五首其三 代孟冬寒氣至

白露秋風始、秋風明月初。明月照高樓、白露皎玄除。

迨及涼雲起、行見寒林疎。客從遠方至、贈我千里書。

先敘懷舊愛、末陳久離居。一章意不盡、三復情有餘。

願遂平生眷、無使甘言虛。

 

雜詩五首其四 代青青河畔草

淒淒含露臺、肅肅迎風館。思女御櫺軒、哀心徹雲漢。

端撫悲弦泣、獨對明鐙歎。良人久徭役、耿介終昏旦。

楚楚秋水歌、依依採菱彈。

 

雜詩五首其五 詠牛女

秋動清氛扇、火移炎氣歇。廣欄含夜陰、高軒通夕月。

安步林、傾望極雲闕。組幕縈漢陳、龍駕凌霄發。

誰云長河遙、頗覺促筵越。沈情未申寫、飛光已飄忽。

來對眇難期、今歡自茲沒。

 

続きを読む

巻三-38-#1 雜詩五首其四代靑靑河畔草〔劉 鑠〕 Ⅴ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の玉臺新詠巻二ブログ 10083

巻三-38-#1 雜詩五首其四代靑靑河畔草〔劉 鑠〕

 

 

2018215

の紀頌之"6"つの校注Blog

747-0ⅲ【字解集】9.採蓮曲 10.-14.越女詞五首

嘲鼾睡,二首之二#1

耳聾

臨江仙三首其一

#1 雜詩五首其四

字解集】41.寄子安42.送別 外–A

李白詩

韓愈詩

杜甫詩

花間集

玉臺新詠

古代史女性論

 

 

2018215

の紀頌之"6"つの校注Blog

10年のBLOGの集大成

   李白総合案内

 

●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」。、現在、①李白集校注詩全詩、②昌黎先生集全40巻他全詩、③杜詩詳注、④花間集、⑤玉臺新詠、⑥薛濤詩 全訳注解説

Ⅰ李白詩(李白集校注)      LiveDoor

747-0ⅲ【字解集】9.採蓮曲 10.-14.越女詞五首漢文委員会kanbuniinkai 紀 頌之の李白詩訳注解説Blog10100

Ⅱ韓昌黎詩集・文集校注      LiveDoor

807年-07元和二年40歳《嘲鼾睡,二首之二#1》 Ⅱ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之Blog10107

Ⅲ 杜詩詳注                  LiveDoor

767年-214 耳聾(卷二○(四)一七八四)注(1232)生年鶡冠子 Ⅲ 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ10074

杜甫詩 全詩 総合案内 

Ⅳブログ詩集漢・唐・宋詞  fc2Blog

花間集 訳注解説 (373)回目顧巻七32臨江仙三首其一》 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ10103 (02/15)

.唐五代詞詩・女性・玉臺新詠     Livedoor

巻三-38-#1 雜詩五首其四代靑靑河畔草〔劉 鑠〕 Ⅴ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の玉臺新詠巻二ブログ 10083

Ⅵ唐代女性論ブログ唐代女性論

九、集-09【字解集】 41.寄子安 42.送別 43.迎李近仁員外 44.送別 45.左名場自澤州至京,使人傳語 46.和人次韻 47.折楊柳   魚玄機 漢文委員会kanbuniinkai 紀 頌之 ブログ10098 –A

杜甫全詩案内

韓愈全詩案内

李白全集

李白詩のサイト

古詩源

花間集案内

漢詩・唐詩・宋詩研究

http://kanbunkenkyu.web.fc2.com/

 

巻三-38-#1 雜詩五首其四代靑靑河畔草〔劉 鑠〕 Ⅴ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の玉臺新詠巻二ブログ 10083

(西域の守りについている夫を心配しつづけている思婦がさびしく歌い、琴を弾く、そのかんがいをのべる。)

夫のいる含露台には露がすさまじく、通鳳館には風がきびしく吹きよせることであろう。

こちらには、物思う女が連子の軒端にたたずみ、哀れな心は、天の河原までも達するばかりである。

秋は淋しく、折ふし彼女は悲しげに琴糸をなでては泣き、ただひとり明るい燈火に対してはなげく。

遠く行役中の夫は久しくお仕事で出て居り、わが身は独り節を守って朝夕を過ごしている。

天高い秋の水はきれいだけれど、いたいたしい“秋水の歌”を歌うし、別れを惜しむ箏曲の“採菱の曲”をしたわしく弾じたりするのである。

 

 

 

 

玉 臺 新 詠  巻三

劉 鑠 雜詩五首

 

 

作者:劉鑠

雜詩五首其一 代行行重行行   

眇眇凌羡道、遙遙行遠之。廻車背京里、揮手於此辭。

堂上流塵生、庭中綠草滋。寒螿翔水曲、秋兔依山基。

芳年有華月、佳人無還期。日夕涼風起、對酒長相思。

悲發江南調、憂委子衿詩。卧看明鐙晦、坐見輕紈緇。

淚容曠不飭、幽鏡難復治。願垂薄暮景、照妾桑時。

 

雜詩五首其二 代明月何皎皎

落宿半遙城、浮雲藹層闕。玉宇來清風、羅帳延秋月。

結思想伊人、沈憂懷明發。誰謂行客遊、屢見流芳歇。

河廣川無梁、山高路難越。

 

雜詩五首其三 代孟冬寒氣至

白露秋風始、秋風明月初。明月照高樓、白露皎玄除。

迨及涼雲起、行見寒林疎。客從遠方至、贈我千里書。

先敘懷舊愛、末陳久離居。一章意不盡、三復情有餘。

願遂平生眷、無使甘言虛。

 

雜詩五首其四 代青青河畔草

淒淒含露臺、肅肅迎風館。思女御櫺軒、哀心徹雲漢。

端撫悲弦泣、獨對明鐙歎。良人久徭役、耿介終昏旦。

楚楚秋水歌、依依採菱彈。

 

雜詩五首其五 詠牛女

秋動清氛扇、火移炎氣歇。廣欄含夜陰、高軒通夕月。

安步林、傾望極雲闕。組幕縈漢陳、龍駕凌霄發。

誰云長河遙、頗覺促筵越。沈情未申寫、飛光已飄忽。

來對眇難期、今歡自茲沒。


続きを読む

巻三-37-#1 雜詩五首其三代孟冬寒気至〔劉 鑠〕 Ⅴ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の玉臺新詠巻二ブログ 10069

巻三-37-#1 雜詩五首其三代孟冬寒気至〔劉 鑠〕

 

 

2018214

の紀頌之"6"つの校注Blog

越女詞五首其五

嘲鼾睡,二首之一#5

 即事

漁歌子

#1 雜詩五首其三

迎李近仁員外

李白詩

韓愈詩

杜甫詩

花間集

玉臺新詠

古代史女性論

 

 

2018214

の紀頌之”6”つの校注Blog

10年のBLOGの集大成

   李白総合案内

 

●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、現在、李白詩全詩 訳注

Ⅰ李白詩

(李白集校注)

747-014越女詞五首其五(卷二五(二)一四九九)漢文委員会kanbuniinkai 紀 頌之の李白詩訳注解説Blog10093

LiveDoo

rBlog

746-【字解集】21.魯東門觀刈蒲 22.魯郡堯祠送五之琅琊 23.魯郡堯祠送張十四遊西北Ⅰ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之 李白詩集Blog9884

孟浩然

李白詩

謝霊運

司馬相如 《子虛賦 ・上林賦》

揚雄 《甘泉賦》

諸葛亮 出師表

曹植詩65

兩都賦序・西都賦・東都賦

李白全詩

漁父辞(屈原

楚辞・九歌》東君

《楚辞九辯》

 

 

 

 

10年のBLOGの集大成

●唐を代表する 中唐 韓愈 全500首 

Ⅱ韓昌黎詩集・文集校注

807年-06元和二年40歳《嘲鼾睡,二首之一#5 Ⅱ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之Blog10100

LiveDoo

rBlog

807年-05元和二年40歳《【字解集】》〔酬裴十六功曹巡府西驛塗中見寄・記夢〕Ⅱ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之Blog10066

・李商隠詩 (1) 136首の75

・李商隠詩 (2) 135首の61

韓愈1 ・孟郊・張籍と汴州乱41

index-2[800年~804年]27

index-3 805年陽山から江陵36

index-4 806年 39 江陵・国子博士25

index-5 806年39歳(2)25

index-6 807~809年 20

index-7[810年~811年 44歳] 34

index-8 [812年~814年47歳]46

index-9[815年~816年 49歳57

index-10[817年~818年 51歳]「平淮西碑」28

index-11 819年『論佛骨表』左遷 38

index-12 820 國子祭酒18

index-13 821年~822年 22

index-14 57歳・病気のため退職。没す14

韓愈 哲学・儒学「五原」

孟郊

 

10年のBLOGの集大成

 

 

 

●杜甫の全作品1500首を訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"

Ⅲ 杜詩

詳注

767年-213 即事(卷二○(四)一七八二)注(1231) “天畔群山孤草亭”Ⅲ 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ10067

LiveDoo

rBlog

767年-集-21 【字解集】 ・寄峽州劉伯華使君四十韻  Ⅲ 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ9366

767年 【字解集】152.課小豎鉏斫舍北果,林枝蔓荒穢淨,訖移床,三首 155.反照 157.向夕 Ⅲ 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ9645

杜甫詩(1)736~751年  53

杜甫詩(2)752年~754年、43歳 73

杜甫詩(3)45歳 安史の乱に彷徨う 26

杜甫詩(4)757年、左拾遺 43

杜甫詩(5)758年47歳 左遷 53

杜甫詩(6)759年 三吏三別 44

杜甫詩(7)759年秦州詩 66

杜甫詩(8)759年同谷紀行、成都紀行36

杜甫詩(9)760年、49歳 成都 45

杜甫詩(10)761年、50歳 成都82

杜甫詩(11)762年蜀中転々43

杜甫詩(12)762年 蜀中転々 49

(13)763年蜀中転々 96

 (14)764年 三月成都へ帰る 100

 (15)765年正月幕府を辞す 63

(16-1) 766年雲安、暮春、夔州 168首 の(1)80

(16-2) 766年雲安、暮春、夔州 168首 の(1)81

 

杜甫詩 (17-1)767年夔州・西閣・赤甲・瀼西132

杜甫詩 (17-2) 767年・瀼西・東屯 133

杜甫詩 (18)768年江陵・公安縣・岳州 78

杜甫詩 (19)769年・洞庭湖・潭州・衡州 78

杜甫詩 (20)770年・洞庭湖・潭州・衡州。27

杜甫詩 (21)洩れ分(未詳分)・散文

杜甫詩 全詩 総合案内 

●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている。花間集連載開始。

Ⅳブログ詩集

漢・唐・宋詞

花間集 訳注解説 (372)回目顧巻七31漁歌子》 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ10096 (02/14)

  fc2

Blog

花間集 訳注解説 (313)回目和凝【字解集】11柳枝三首  12.漁父一首》 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ9639 (12/07)

 

 

 

10年のBLOGの集大成

 

●花間集全詩●森鴎外の小説の”魚玄機”詩、芸妓”薛濤”詩。唐から五代詩詞。花間集。玉臺新詠連載開始

.唐五代詞詩・女性

・玉臺新詠

巻三-37-#1 雜詩五首其三代孟冬寒気至〔劉 鑠〕 Ⅴ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の玉臺新詠巻二ブログ 10069

LiveDoo

rBlog

巻三-29 【字解集】雜詩三首其一~其三  Ⅴ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の玉臺新詠巻二ブログ 10077

●薛濤の全詩

●花間集(1

●花間集(2

●花間集(3

●花間集(4

●花間集(5

●魚玄機全詩

●花間集(6

●花間集(7

●花間集(8

●花間集(9

●花間集10

Ⅵ唐代女性論         ninjaブログ

九、050卷804_47 《折楊柳》 魚玄機 漢文委員会kanbuniinkai 紀 頌之 ブログ10077

 ■最近Best5 賦・詩・詞(漢詩4ブログ各部門)

漢詩総合サイト 07ch

杜甫全詩案内

韓愈全詩案内

李白全集

李白詩のサイト

古詩源

花間集案内

漢詩・唐詩・宋詩研究

http://kanbunkenkyu.web.fc2.com/


  

巻三-37-#1 雜詩五首其三代孟冬寒気至〔劉 鑠〕 Ⅴ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の玉臺新詠巻二ブログ 10069

(悲愁の秋、亦過ぎようとしている時に、夫から手紙が届いた。私への愛に変わりはなかったと詠う。)

白露の下るは秋風の吹き来る始め、秋風の訪れは明月のあらわれる初めです。

夜も眠れず外を見ると、明月は高楼を照らし、白露はほの暗い土縁に光っている。

夏がすぎて涼風の吹き立ち、つむじ風が起こる頃には、次第に林の木の葉が落ちてまばらになるのが見られる。

 

 

 

 

玉 臺 新 詠  巻三

劉 鑠 雜詩五首

 

 

作者:劉鑠

雜詩五首其一 代行行重行行   

眇眇凌羡道、遙遙行遠之。廻車背京里、揮手於此辭。

堂上流塵生、庭中綠草滋。寒螿翔水曲、秋兔依山基。

芳年有華月、佳人無還期。日夕涼風起、對酒長相思。

悲發江南調、憂委子衿詩。卧看明鐙晦、坐見輕紈緇。

淚容曠不飭、幽鏡難復治。願垂薄暮景、照妾桑時。

 

雜詩五首其二 代明月何皎皎

落宿半遙城、浮雲藹層闕。玉宇來清風、羅帳延秋月。

結思想伊人、沈憂懷明發。誰謂行客遊、屢見流芳歇。

河廣川無梁、山高路難越。

 

雜詩五首其三 代孟冬寒氣至

白露秋風始、秋風明月初。明月照高樓、白露皎玄除。

迨及涼雲起、行見寒林疎。客從遠方至、贈我千里書。

先敘懷舊愛、末陳久離居。一章意不盡、三復情有餘。

願遂平生眷、無使甘言虛。

 

雜詩五首其四 代青青河畔草

淒淒含露臺、肅肅迎風館。思女御櫺軒、哀心徹雲漢。

端撫悲弦泣、獨對明鐙歎。良人久徭役、耿介終昏旦。

楚楚秋水歌、依依採菱彈。

 

雜詩五首其五 詠牛女

秋動清氛扇、火移炎氣歇。廣欄含夜陰、高軒通夕月。

安步林、傾望極雲闕。組幕縈漢陳、龍駕凌霄發。

誰云長河遙、頗覺促筵越。沈情未申寫、飛光已飄忽。

來對眇難期、今歡自茲沒。


続きを読む

巻三-361 雜詩五首其二代明月何皎皎〔劉 鑠〕 Ⅴ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の玉臺新詠巻二ブログ 10062

巻三-361 雜詩五首其二代明月何皎皎〔劉 鑠〕

 

 

2018213

の紀頌之"6"つの校注Blog

越女詞五首其四

嘲鼾睡,二首之一#4

#2 傷秋

【字解集】-8

雜詩五首其二 代明月何皎皎

折楊柳

李白詩

韓愈詩

杜甫詩

花間集

玉臺新詠

古代史女性論

 

 

2018213

の紀頌之”6”つの校注Blog

10年のBLOGの集大成

   李白総合案内

 

●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、現在、李白詩全詩 訳注

Ⅰ李白詩

(李白集校注)

747-011越女詞五首其二(卷二五(二)一四九八)漢文委員会kanbuniinkai 紀 頌之の李白詩訳注解説Blog10072

LiveDoo

rBlog

746-【字解集】21.魯東門觀刈蒲 22.魯郡堯祠送五之琅琊 23.魯郡堯祠送張十四遊西北Ⅰ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之 李白詩集Blog9884

孟浩然

李白詩

謝霊運

司馬相如 《子虛賦 ・上林賦》

揚雄 《甘泉賦》

諸葛亮 出師表

曹植詩65

兩都賦序・西都賦・東都賦

李白全詩

漁父辞(屈原

楚辞・九歌》東君

《楚辞九辯》

 

 

 

 

10年のBLOGの集大成

●唐を代表する 中唐 韓愈 全500首 

Ⅱ韓昌黎詩集・文集校注

807年-06元和二年40歳《嘲鼾睡,二首之一#4 Ⅱ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之Blog10093

LiveDoo

rBlog

807年-05元和二年40歳《【字解集】》〔酬裴十六功曹巡府西驛塗中見寄・記夢〕Ⅱ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之Blog10066

・李商隠詩 (1) 136首の75

・李商隠詩 (2) 135首の61

韓愈1 ・孟郊・張籍と汴州乱41

index-2[800年~804年]27

index-3 805年陽山から江陵36

index-4 806年 39 江陵・国子博士25

index-5 806年39歳(2)25

index-6 807~809年 20

index-7[810年~811年 44歳] 34

index-8 [812年~814年47歳]46

index-9[815年~816年 49歳57

index-10[817年~818年 51歳]「平淮西碑」28

index-11 819年『論佛骨表』左遷 38

index-12 820 國子祭酒18

index-13 821年~822年 22

index-14 57歳・病気のため退職。没す14

韓愈 哲学・儒学「五原」

孟郊

 

10年のBLOGの集大成

 

 

 

●杜甫の全作品1500首を訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"

Ⅲ 杜詩

詳注

807年-06元和二年40歳《嘲鼾睡,二首之一#3》 Ⅱ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之Blog 10086

LiveDoo

rBlog

767年-集-21 【字解集】 ・寄峽州劉伯華使君四十韻  Ⅲ 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ9366

767年 【字解集】152.課小豎鉏斫舍北果,林枝蔓荒穢淨,訖移床,三首 155.反照 157.向夕 Ⅲ 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ9645

杜甫詩(1)736~751年  53

杜甫詩(2)752年~754年、43歳 73

杜甫詩(3)45歳 安史の乱に彷徨う 26

杜甫詩(4)757年、左拾遺 43

杜甫詩(5)758年47歳 左遷 53

杜甫詩(6)759年 三吏三別 44

杜甫詩(7)759年秦州詩 66

杜甫詩(8)759年同谷紀行、成都紀行36

杜甫詩(9)760年、49歳 成都 45

杜甫詩(10)761年、50歳 成都82

杜甫詩(11)762年蜀中転々43

杜甫詩(12)762年 蜀中転々 49

(13)763年蜀中転々 96

 (14)764年 三月成都へ帰る 100

 (15)765年正月幕府を辞す 63

(16-1) 766年雲安、暮春、夔州 168首 の(1)80

(16-2) 766年雲安、暮春、夔州 168首 の(1)81

 

杜甫詩 (17-1)767年夔州・西閣・赤甲・瀼西132

杜甫詩 (17-2) 767年・瀼西・東屯 133

杜甫詩 (18)768年江陵・公安縣・岳州 78

杜甫詩 (19)769年・洞庭湖・潭州・衡州 78

杜甫詩 (20)770年・洞庭湖・潭州・衡州。27

杜甫詩 (21)洩れ分(未詳分)・散文

杜甫詩 全詩 総合案内 

●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている。花間集連載開始。

Ⅳブログ詩集

漢・唐・宋詞

花間集 訳注解説 (373)回目顧【字解集】-8》 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ10089 (02/13)

  fc2

Blog

花間集 訳注解説 (313)回目和凝【字解集】11柳枝三首  12.漁父一首》 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ9639 (12/07)

 

 

 

10年のBLOGの集大成

 

●花間集全詩●森鴎外の小説の”魚玄機”詩、芸妓”薛濤”詩。唐から五代詩詞。花間集。玉臺新詠連載開始

.唐五代詞詩・女性

・玉臺新詠

巻三-361 雜詩五首其二代明月何皎皎〔劉 鑠〕 Ⅴ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の玉臺新詠巻二ブログ 10062

LiveDoo

rBlog

巻三-29 【字解集】雜詩三首其一~其三  Ⅴ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の玉臺新詠巻二ブログ 10077

●薛濤の全詩

●花間集(1

●花間集(2

●花間集(3

●花間集(4

●花間集(5

●魚玄機全詩

●花間集(6

●花間集(7

●花間集(8

●花間集(9

●花間集10

Ⅵ唐代女性論         ninjaブログ

九、050卷804_47 《折楊柳》 魚玄機 漢文委員会kanbuniinkai 紀 頌之 ブログ10077

 ■最近Best5 賦・詩・詞(漢詩4ブログ各部門)

漢詩総合サイト 07ch

杜甫全詩案内

韓愈全詩案内

李白全集

李白詩のサイト

古詩源

花間集案内

漢詩・唐詩・宋詩研究

http://kanbunkenkyu.web.fc2.com/

 

巻三-361 雜詩五首其二代明月何皎皎〔劉 鑠〕 Ⅴ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の玉臺新詠巻二ブログ 10062

(遠く旅に公役で、或は、行商で出ている夫の帰りを待ちわびる妻の情を詠う:明月はどうしてこれほどに皎皎と明るく照らしているのであろうか、夫が居なくて、その代わりがあろうというのか。)

夜空の星々は、遙かなる城郭の壁に半ば落ちかかり、浮き雲は高くそびえる門の高楼あたりをおぼろにかすめてゆく。

月明かりに美しい住居には清々しい風が訪れてくる、この閨のうすぎぬのとばりは秋の月かげを引きいれている。

「同心結」を誓い合った日々の事を思うと、さらにわたしはあの人のことを思いつめるようになり、夜明けまで憂いに沈んで過ごすことになる。

行役での旅先、あの人が遊び暮らす間に、花咲く春が幾たびか終り去るとはまったく思っていないのです。

良人のいるところへ行きたいと思うけれど、河は広くて、橋はなく、山は高くて、路は越え難い女の足では無理なことです。

 

 

 

 

玉 臺 新 詠  巻三

劉 鑠 雜詩五首

 

 

作者:劉鑠

雜詩五首其一 代行行重行行   

眇眇凌羡道、遙遙行遠之。廻車背京里、揮手於此辭。

堂上流塵生、庭中綠草滋。寒螿翔水曲、秋兔依山基。

芳年有華月、佳人無還期。日夕涼風起、對酒長相思。

悲發江南調、憂委子衿詩。卧看明鐙晦、坐見輕紈緇。

淚容曠不飭、幽鏡難復治。願垂薄暮景、照妾桑時。

 

雜詩五首其二 代明月何皎皎

落宿半遙城、浮雲藹層闕。玉宇來清風、羅帳延秋月。

結思想伊人、沈憂懷明發。誰謂行客遊、屢見流芳歇。

河廣川無梁、山高路難越。

 

雜詩五首其三 代孟冬寒氣至

白露秋風始、秋風明月初。明月照高樓、白露皎玄除。

迨及涼雲起、行見寒林疎。客從遠方至、贈我千里書。

先敘懷舊愛、末陳久離居。一章意不盡、三復情有餘。

願遂平生眷、無使甘言虛。

 

雜詩五首其四 代青青河畔草

淒淒含露臺、肅肅迎風館。思女御櫺軒、哀心徹雲漢。

端撫悲弦泣、獨對明鐙歎。良人久徭役、耿介終昏旦。

楚楚秋水歌、依依採菱彈。

 

雜詩五首其五 詠牛女

秋動清氛扇、火移炎氣歇。廣欄含夜陰、高軒通夕月。

安步林、傾望極雲闕。組幕縈漢陳、龍駕凌霄發。

誰云長河遙、頗覺促筵越。沈情未申寫、飛光已飄忽。

來對眇難期、今歡自茲沒。


続きを読む

巻三-35-#3 雜詩五首其一 代行行重行行〔劉 鑠〕 Ⅴ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の玉臺新詠巻二ブログ 10055

巻三-35-#3 雜詩五首其一 代行行重行行〔劉 鑠〕

 

 

2018212

の紀頌之"6"つの校注Blog

越女詞五首其二

嘲鼾睡,二首之一#3

#2 傷秋

【字解集】-7

#3 雜詩五首其一

和人次韻

李白詩

韓愈詩

杜甫詩

花間集

玉臺新詠

古代史女性論

 

 

2018212

の紀頌之”6”つの校注Blog

10年のBLOGの集大成

   李白総合案内

 

●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、現在、李白詩全詩 訳注

Ⅰ李白詩

(李白集校注)

747-011越女詞五首其二(卷二五(二)一四九八)漢文委員会kanbuniinkai 紀 頌之の李白詩訳注解説Blog10072

LiveDoo

rBlog

746-【字解集】21.魯東門觀刈蒲 22.魯郡堯祠送五之琅琊 23.魯郡堯祠送張十四遊西北Ⅰ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之 李白詩集Blog9884

孟浩然

李白詩

謝霊運

司馬相如 《子虛賦 ・上林賦》

揚雄 《甘泉賦》

諸葛亮 出師表

曹植詩65

兩都賦序・西都賦・東都賦

李白全詩

漁父辞(屈原

楚辞・九歌》東君

《楚辞九辯》

 

 

 

 

10年のBLOGの集大成

●唐を代表する 中唐 韓愈 全500首 

Ⅱ韓昌黎詩集・文集校注

807年-06元和二年40歳外遺-10《嘲鼾睡,二首之一#2》 Ⅱ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之Blog10079

LiveDoo

rBlog

807年-05元和二年40歳《【字解集】》〔酬裴十六功曹巡府西驛塗中見寄・記夢〕Ⅱ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之Blog10066

・李商隠詩 (1) 136首の75

・李商隠詩 (2) 135首の61

韓愈1 ・孟郊・張籍と汴州乱41

index-2[800年~804年]27

index-3 805年陽山から江陵36

index-4 806年 39 江陵・国子博士25

index-5 806年39歳(2)25

index-6 807~809年 20

index-7[810年~811年 44歳] 34

index-8 [812年~814年47歳]46

index-9[815年~816年 49歳57

index-10[817年~818年 51歳]「平淮西碑」28

index-11 819年『論佛骨表』左遷 38

index-12 820 國子祭酒18

index-13 821年~822年 22

index-14 57歳・病気のため退職。没す14

韓愈 哲学・儒学「五原」

孟郊

 

10年のBLOGの集大成

 

 

 

●杜甫の全作品1500首を訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"

Ⅲ 杜詩

詳注

807年-06元和二年40歳《嘲鼾睡,二首之一#3》 Ⅱ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之Blog 10086

LiveDoo

rBlog

767年-集-21 【字解集】 ・寄峽州劉伯華使君四十韻  Ⅲ 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ9366

767年 【字解集】152.課小豎鉏斫舍北果,林枝蔓荒穢淨,訖移床,三首 155.反照 157.向夕 Ⅲ 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ9645

杜甫詩(1)736~751年  53

杜甫詩(2)752年~754年、43歳 73

杜甫詩(3)45歳 安史の乱に彷徨う 26

杜甫詩(4)757年、左拾遺 43

杜甫詩(5)758年47歳 左遷 53

杜甫詩(6)759年 三吏三別 44

杜甫詩(7)759年秦州詩 66

杜甫詩(8)759年同谷紀行、成都紀行36

杜甫詩(9)760年、49歳 成都 45

杜甫詩(10)761年、50歳 成都82

杜甫詩(11)762年蜀中転々43

杜甫詩(12)762年 蜀中転々 49

(13)763年蜀中転々 96

 (14)764年 三月成都へ帰る 100

 (15)765年正月幕府を辞す 63

(16-1) 766年雲安、暮春、夔州 168首 の(1)80

(16-2) 766年雲安、暮春、夔州 168首 の(1)81

 

杜甫詩 (17-1)767年夔州・西閣・赤甲・瀼西132

杜甫詩 (17-2) 767年・瀼西・東屯 133

杜甫詩 (18)768年江陵・公安縣・岳州 78

杜甫詩 (19)769年・洞庭湖・潭州・衡州 78

杜甫詩 (20)770年・洞庭湖・潭州・衡州。27

杜甫詩 (21)洩れ分(未詳分)・散文

杜甫詩 全詩 総合案内 

●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている。花間集連載開始。

Ⅳブログ詩集

漢・唐・宋詞

花間集 訳注解説 (372)回目顧【字解集】-7》 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ10082 (02/12)

  fc2

Blog

花間集 訳注解説 (313)回目和凝【字解集】11柳枝三首  12.漁父一首》 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ9639 (12/07)

 

 

 

10年のBLOGの集大成

 

●花間集全詩●森鴎外の小説の”魚玄機”詩、芸妓”薛濤”詩。唐から五代詩詞。花間集。玉臺新詠連載開始

.唐五代詞詩・女性

・玉臺新詠

巻三-35-#3 雜詩五首其一 代行行重行行〔劉 鑠〕 Ⅴ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の玉臺新詠巻二ブログ 10055

LiveDoo

rBlog

巻三-29 【字解集】雜詩三首其一~其三  Ⅴ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の玉臺新詠巻二ブログ 10077

●薛濤の全詩

●花間集(1

●花間集(2

●花間集(3

●花間集(4

●花間集(5

●魚玄機全詩

●花間集(6

●花間集(7

●花間集(8

●花間集(9

●花間集10

Ⅵ唐代女性論         ninjaブログ

九、049卷804_46 《和人次韻》 魚玄機 漢文委員会kanbuniinkai 紀 頌之 ブログ10070

 ■最近Best5 賦・詩・詞(漢詩4ブログ各部門)

漢詩総合サイト 07ch

杜甫全詩案内

韓愈全詩案内

李白全集

李白詩のサイト

古詩源

花間集案内

漢詩・唐詩・宋詩研究

http://kanbunkenkyu.web.fc2.com/

 

巻三-35-#3 雜詩五首其一 代行行重行行〔劉 鑠〕 Ⅴ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の玉臺新詠巻二ブログ 10055

江南調の歌をうたうと、悲しみがこみあげてくるし、「子衿詩」を口ずさんで、憂い心を託するのです。

臥しては燈火のほの暗いのを見守り、坐っては軽い絹衣の黒ずんできたのが目につく。

涙にぬれた姿は久しく化粧も調える気にもならず、怠っている。しまいこんだ鏡も、手入れする気にもなれならない。

願うことは、せめて夕暮れのかすかな光を垂れ、照らして

 

 

 

玉 臺 新 詠  巻三

劉 鑠 雜詩五首

 

 

作者:劉鑠

雜詩五首其一 代行行重行行   

眇眇凌羡道、遙遙行遠之。廻車背京里、揮手於此辭。

堂上流塵生、庭中綠草滋。寒螿翔水曲、秋兔依山基。

芳年有華月、佳人無還期。日夕涼風起、對酒長相思。

悲發江南調、憂委子衿詩。卧看明鐙晦、坐見輕紈緇。

淚容曠不飭、幽鏡難復治。願垂薄暮景、照妾桑時。

 

雜詩五首其二 代明月何皎皎

落宿半遙城、浮雲藹層闕。玉宇來清風、羅帳延秋月。

結思想伊人、沈憂懷明發。誰謂行客遊、屢見流芳歇。

河廣川無梁、山高路難越。

 

雜詩五首其三 代孟冬寒氣至

白露秋風始、秋風明月初。明月照高樓、白露皎玄除。

迨及涼雲起、行見寒林疎。客從遠方至、贈我千里書。

先敘懷舊愛、末陳久離居。一章意不盡、三復情有餘。

願遂平生眷、無使甘言虛。

 

雜詩五首其四 代青青河畔草

淒淒含露臺、肅肅迎風館。思女御櫺軒、哀心徹雲漢。

端撫悲弦泣、獨對明鐙歎。良人久徭役、耿介終昏旦。

楚楚秋水歌、依依採菱彈。

 

雜詩五首其五 詠牛女

秋動清氛扇、火移炎氣歇。廣欄含夜陰、高軒通夕月。

安步林、傾望極雲闕。組幕縈漢陳、龍駕凌霄發。

誰云長河遙、頗覺促筵越。沈情未申寫、飛光已飄忽。

來對眇難期、今歡自茲沒。

 

続きを読む

巻三-35-#2 雜詩五首其一 代行行重行行〔劉 鑠〕 Ⅴ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の玉臺新詠巻二ブログ 10048

巻三-35-#2 雜詩五首其一 代行行重行行〔劉 鑠〕

 

 

2018211

の紀頌之"6"つの校注Blog

越女詞五首其二

嘲鼾睡,二首之一#2

#2 傷秋

雜詩五首其一

#2 雜詩五首其一       代行行重行行

左名場自澤州至京,使人傳語

李白詩

韓愈詩

杜甫詩

花間集

玉臺新詠

古代史女性論

 

 

2018211

の紀頌之”6”つの校注Blog

10年のBLOGの集大成

   李白総合案内

 

●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、現在、李白詩全詩 訳注

Ⅰ李白詩

(李白集校注)

747-011越女詞五首其二(卷二五(二)一四九八)漢文委員会kanbuniinkai 紀 頌之の李白詩訳注解説Blog10072

LiveDoo

rBlog

746-【字解集】21.魯東門觀刈蒲 22.魯郡堯祠送五之琅琊 23.魯郡堯祠送張十四遊西北Ⅰ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之 李白詩集Blog9884

孟浩然

李白詩

謝霊運

司馬相如 《子虛賦 ・上林賦》

揚雄 《甘泉賦》

諸葛亮 出師表

曹植詩65

兩都賦序・西都賦・東都賦

李白全詩

漁父辞(屈原

楚辞・九歌》東君

《楚辞九辯》

 

 

 

 

10年のBLOGの集大成

●唐を代表する 中唐 韓愈 全500首 

Ⅱ韓昌黎詩集・文集校注

807年-06元和二年40歳外遺-10《嘲鼾睡,二首之一#2》 Ⅱ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之Blog10079

LiveDoo

rBlog

807年-05元和二年40歳《【字解集】》〔酬裴十六功曹巡府西驛塗中見寄・記夢〕Ⅱ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之Blog10066

・李商隠詩 (1) 136首の75

・李商隠詩 (2) 135首の61

韓愈1 ・孟郊・張籍と汴州乱41

index-2[800年~804年]27

index-3 805年陽山から江陵36

index-4 806年 39 江陵・国子博士25

index-5 806年39歳(2)25

index-6 807~809年 20

index-7[810年~811年 44歳] 34

index-8 [812年~814年47歳]46

index-9[815年~816年 49歳57

index-10[817年~818年 51歳]「平淮西碑」28

index-11 819年『論佛骨表』左遷 38

index-12 820 國子祭酒18

index-13 821年~822年 22

index-14 57歳・病気のため退職。没す14

韓愈 哲学・儒学「五原」

孟郊

 

10年のBLOGの集大成

 

 

 

●杜甫の全作品1500首を訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"

Ⅲ 杜詩

詳注

767年-212-#2 傷秋(卷二○(四)一七八二)注(1230)林僻來人少 Ⅲ 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ10067

LiveDoo

rBlog

767年-集-21 【字解集】 ・寄峽州劉伯華使君四十韻  Ⅲ 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ9366

767年 【字解集】152.課小豎鉏斫舍北果,林枝蔓荒穢淨,訖移床,三首 155.反照 157.向夕 Ⅲ 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ9645

杜甫詩(1)736~751年  53

杜甫詩(2)752年~754年、43歳 73

杜甫詩(3)45歳 安史の乱に彷徨う 26

杜甫詩(4)757年、左拾遺 43

杜甫詩(5)758年47歳 左遷 53

杜甫詩(6)759年 三吏三別 44

杜甫詩(7)759年秦州詩 66

杜甫詩(8)759年同谷紀行、成都紀行36

杜甫詩(9)760年、49歳 成都 45

杜甫詩(10)761年、50歳 成都82

杜甫詩(11)762年蜀中転々43

杜甫詩(12)762年 蜀中転々 49

(13)763年蜀中転々 96

 (14)764 三月成都へ帰る 100

 (15)765年正月幕府を辞す 63

(16-1) 766年雲安、暮春、夔州 168首 の(1)80

(16-2) 766年雲安、暮春、夔州 168首 の(1)81

 

杜甫詩 (17-1)767年夔州・西閣・赤甲・瀼西132

杜甫詩 (17-2) 767年・瀼西・東屯 133

杜甫詩 (18)768年江陵・公安縣・岳州 78

杜甫詩 (19)769年・洞庭湖・潭州・衡州 78

杜甫詩 (20)770年・洞庭湖・潭州・衡州。27

杜甫詩 (21)洩れ分(未詳分)・散文

杜甫詩 全詩 総合案内 

●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている。花間集連載開始。

Ⅳブログ詩集

漢・唐・宋詞

花間集 訳注解説 (369)回目顧巻七28荷葉杯九首其七》 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ10061 (02/08)

  fc2

Blog

花間集 訳注解説 (313)回目和凝【字解集】11柳枝三首  12.漁父一首》 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ9639 (12/07)

 

 

 

10年のBLOGの集大成

 

●花間集全詩●森鴎外の小説の”魚玄機”詩、芸妓”薛濤”詩。唐から五代詩詞。花間集。玉臺新詠連載開始

.唐五代詞詩・女性

・玉臺新詠

巻三-35-#1 雜詩五首其一代行行重行行〔劉 鑠〕 Ⅴ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の玉臺新詠巻二ブログ 10083

LiveDoo

rBlog

巻三-29 【字解集】雜詩三首其一~其三  Ⅴ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の玉臺新詠巻二ブログ 10077

●薛濤の全詩

●花間集(1

●花間集(2

●花間集(3

●花間集(4

●花間集(5

●魚玄機全詩

●花間集(6

●花間集(7

●花間集(8

●花間集(9

●花間集10

Ⅵ唐代女性論         ninjaブログ

九、045卷804_42 《送別 》 魚玄機 漢文委員会kanbuniinkai 紀 頌之 ブログ10042

 ■最近Best5 賦・詩・詞(漢詩4ブログ各部門)

漢詩総合サイト 07ch

杜甫全詩案内

韓愈全詩案内

李白全集

李白詩のサイト

古詩源

花間集案内

漢詩・唐詩・宋詩研究

http://kanbunkenkyu.web.fc2.com/


  

巻三-35-#2 雜詩五首其一 代行行重行行〔劉 鑠〕 Ⅴ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の玉臺新詠巻二ブログ 10048

河水のくまは干潟もあり、寒そうな水鳥がかけめぐっている、山の麓には、秋免がひそんでいる。

しかし花の咲き香う春には栄える月日もあるのに、あのよい人には帰る期日がないのだ。

日の暮れ方、涼風のそよぐ時、酒に向かっていつまでもあなたの事が思いやられる。

 

 

 

 

玉 臺 新 詠  巻三

劉 鑠 雜詩五首

 

 

作者:劉鑠

雜詩五首其一 代行行重行行   

眇眇凌羡道、遙遙行遠之。廻車背京里、揮手於此辭。

堂上流塵生、庭中綠草滋。寒螿翔水曲、秋兔依山基。

芳年有華月、佳人無還期。日夕涼風起、對酒長相思。

悲發江南調、憂委子衿詩。卧看明鐙晦、坐見輕紈緇。

淚容曠不飭、幽鏡難復治。願垂薄暮景、照妾桑時。

 

雜詩五首其二 代明月何皎皎

落宿半遙城、浮雲藹層闕。玉宇來清風、羅帳延秋月。

結思想伊人、沈憂懷明發。誰謂行客遊、屢見流芳歇。

河廣川無梁、山高路難越。

 

雜詩五首其三 代孟冬寒氣至

白露秋風始、秋風明月初。明月照高樓、白露皎玄除。

迨及涼雲起、行見寒林疎。客從遠方至、贈我千里書。

先敘懷舊愛、末陳久離居。一章意不盡、三復情有餘。

願遂平生眷、無使甘言虛。

 

雜詩五首其四 代青青河畔草

淒淒含露臺、肅肅迎風館。思女御櫺軒、哀心徹雲漢。

端撫悲弦泣、獨對明鐙歎。良人久徭役、耿介終昏旦。

楚楚秋水歌、依依採菱彈。

 

雜詩五首其五 詠牛女

秋動清氛扇、火移炎氣歇。廣欄含夜陰、高軒通夕月。

安步林、傾望極雲闕。組幕縈漢陳、龍駕凌霄發。

誰云長河遙、頗覺促筵越。沈情未申寫、飛光已飄忽。

來對眇難期、今歡自茲沒。


続きを読む

巻三-35-#1 雜詩五首其一代行行重行行〔劉 鑠〕 Ⅴ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の玉臺新詠巻二ブログ 10083

巻三-35-#1 雜詩五首其一代行行重行行〔劉 鑠〕

 

 

2018210

の紀頌之"6"つの校注Blog

越女詞五首其二

嘲鼾睡,二首之一#1

傷秋

荷葉杯九首其八

雜詩五首其一#2           代行行重行行

送別 (2)

李白詩

韓愈詩

杜甫詩

花間集

玉臺新詠

古代史女性論

 

 

2018210

の紀頌之”6”つの校注Blog

10年のBLOGの集大成

   李白総合案内

 

●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、現在、李白詩全詩 訳注

Ⅰ李白詩

(李白集校注)

747-011越女詞五首其二(卷二五(二)一四九八)漢文委員会kanbuniinkai 紀 頌之の李白詩訳注解説Blog10072

LiveDoo

rBlog

746-【字解集】21.魯東門觀刈蒲 22.魯郡堯祠送五之琅琊 23.魯郡堯祠送張十四遊西北Ⅰ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之 李白詩集Blog9884

孟浩然

李白詩

謝霊運

司馬相如 《子虛賦 ・上林賦》

揚雄 《甘泉賦》

諸葛亮 出師表

曹植詩65

兩都賦序・西都賦・東都賦

李白全詩

漁父辞(屈原

楚辞・九歌》東君

《楚辞九辯》

 

 

 

 

10年のBLOGの集大成

●唐を代表する 中唐 韓愈 全500首 

Ⅱ韓昌黎詩集・文集校注

807年元和二年40歳外遺-10《嘲鼾睡,二首之一#1》Ⅱ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之Blog10058

LiveDoo

rBlog

807年-05元和二年40歳《【字解集】》〔酬裴十六功曹巡府西驛塗中見寄・記夢〕Ⅱ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之Blog10066

・李商隠詩 (1) 136首の75

・李商隠詩 (2) 135首の61

韓愈1 ・孟郊・張籍と汴州乱41

index-2[800年~804年]27

index-3 805年陽山から江陵36

index-4 806年 39 江陵・国子博士25

index-5 806年39歳(2)25

index-6 807~809年 20

index-7[810年~811年 44歳] 34

index-8 [812年~814年47歳]46

index-9[815年~816年 49歳57

index-10[817年~818年 51歳]「平淮西碑」28

index-11 819年『論佛骨表』左遷 38

index-12 820 國子祭酒18

index-13 821年~822年 22

index-14 57歳・病気のため退職。没す14

韓愈 哲学・儒学「五原」

孟郊

 

10年のBLOGの集大成

 

 

 

●杜甫の全作品1500首を訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"

Ⅲ 杜詩

詳注

767年-218 傷秋(卷二○(四)一七八二)注(1230) 林僻來人少 Ⅲ 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ9697

LiveDoo

rBlog

767年-集-21 【字解集】 ・寄峽州劉伯華使君四十韻  Ⅲ 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ9366

767年 【字解集】152.課小豎鉏斫舍北果,林枝蔓荒穢淨,訖移床,三首 155.反照 157.向夕 Ⅲ 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ9645

杜甫詩(1)736~751年  53

杜甫詩(2)752年~754年、43歳 73

杜甫詩(3)45歳 安史の乱に彷徨う 26

杜甫詩(4)757年、左拾遺 43

杜甫詩(5)758年47歳 左遷 53

杜甫詩(6)759年 三吏三別 44

杜甫詩(7)759年秦州詩 66

杜甫詩(8)759年同谷紀行、成都紀行36

杜甫詩(9)760年、49歳 成都 45

杜甫詩(10)761年、50歳 成都82

杜甫詩(11)762年蜀中転々43

杜甫詩(12)762年 蜀中転々 49

(13)763年蜀中転々 96

 (14)764年 三月成都へ帰る 100

 (15)765年正月幕府を辞す 63

(16-1) 766年雲安、暮春、夔州 168首 の(1)80

(16-2) 766年雲安、暮春、夔州 168首 の(1)81

 

杜甫詩 (17-1)767年夔州・西閣・赤甲・瀼西132

杜甫詩 (17-2) 767年・瀼西・東屯 133

杜甫詩 (18)768年江陵・公安縣・岳州 78

杜甫詩 (19)769年・洞庭湖・潭州・衡州 78

杜甫詩 (20)770年・洞庭湖・潭州・衡州。27

杜甫詩 (21)洩れ分(未詳分)・散文

杜甫詩 全詩 総合案内 

●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている。花間集連載開始。

Ⅳブログ詩集

漢・唐・宋詞

花間集 訳注解説 (369)回目顧巻七28荷葉杯九首其七》 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ10061 (02/08)

  fc2

Blog

花間集 訳注解説 (313)回目和凝【字解集】11柳枝三首  12.漁父一首》 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ9639 (12/07)

 

 

 

10年のBLOGの集大成

 

●花間集全詩●森鴎外の小説の”魚玄機”詩、芸妓”薛濤”詩。唐から五代詩詞。花間集。玉臺新詠連載開始

.唐五代詞詩・女性

・玉臺新詠

巻三-35-#1 雜詩五首其一代行行重行行〔劉 鑠〕 Ⅴ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の玉臺新詠巻二ブログ 10083

LiveDoo

rBlog

巻三-29 【字解集】雜詩三首其一~其三  Ⅴ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の玉臺新詠巻二ブログ 10077

●薛濤の全詩

●花間集(1

●花間集(2

●花間集(3

●花間集(4

●花間集(5

●魚玄機全詩

●花間集(6

●花間集(7

●花間集(8

●花間集(9

●花間集10

Ⅵ唐代女性論         ninjaブログ

九、045卷804_42 《送別 》 魚玄機 漢文委員会kanbuniinkai 紀 頌之 ブログ10042

 ■最近Best5 賦・詩・詞(漢詩4ブログ各部門)

漢詩総合サイト 07ch

杜甫全詩案内

韓愈全詩案内

李白全集

李白詩のサイト

古詩源

花間集案内

漢詩・唐詩・宋詩研究

http://kanbunkenkyu.web.fc2.com/

 

 

巻三-35-#1 雜詩五首其一代行行重行行〔劉 鑠〕 Ⅴ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の玉臺新詠巻二ブログ 10083

(遠く旅に公役で、或は、行商で出ている夫の帰りを待ちわびる妻の情を詠う)

はるかに玄室につながる狭い通路の長い道を凌いで、はるばると誘惑の多い遠方の旅に出かけて行かれている。

別れた時、彼は車をまわして、都の方を背にむきをかえ、手を打ちふってここから別れたことを思い出す。