玉臺・巻四-13 學阮步兵體一首〔王 素〕

 

 

201853

の紀頌之"6"つの校注Blog

聞王昌齡左遷龍標遙有此寄

答馮宿書》〔#08(§2-4

【字解集】4首・久雨期王

女冠子二首其二

學阮步兵體

武人、班超の夢

李白詩

韓愈詩

杜甫詩

花間集

玉臺新詠

古代史女性論

 

 

201853

の紀頌之"6"つの校注Blog

10年のBLOGの集大成

   李白総合案内

 

●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」。、現在、①李白集校注詩全詩、②昌黎先生集全40巻他全詩、③杜詩詳注、④花間集、⑤玉臺新詠、⑥薛濤詩 全訳注解説

Ⅰ李白詩(李白集校注)      LiveDoor

749年 9《聞王昌齡左遷龍標遙有此寄(卷十三(一)八四一)》漢...

Ⅱ韓昌黎詩集・文集校注      LiveDoor

807年-10 元和二年40歳《答馮宿書》〔#08(§2-4)〕Ⅱ漢文委員...

Ⅲ 杜詩詳注                  LiveDoor

767年-集-34 767-【字解集】4首・久雨期王 ・虎牙行 ・錦樹行 ・自平Ⅲ 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ10522

杜甫詩 全詩 総合案内 

Ⅳブログ詩集漢・唐・宋詞  fc2Blog

花間集 訳注解説 (420)回目《孫光憲巻八27女冠子二首其二》 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ10530 (05/02)

.唐五代詞詩・女性・玉臺新詠     Livedoor

玉臺・巻四-13 學阮步兵體一首〔王 素〕Ⅴ漢文委員会kanbuniin...

Ⅵ唐代女性論ブログ唐代女性論

(Ⅲ 女性文学者班昭とその家系(班家の人びと)) 《§-4 班固と西域経営》Ⅲ-§-4-1. 武人、班超の夢 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ10525

杜甫全詩案内

韓愈全詩案内

李白全集

李白詩のサイト

古詩源

花間集案内

漢詩・唐詩・宋詩研究

http://kanbunkenkyu.web.fc2.com/


  

玉臺・巻四-13 學阮步兵體一首〔王 素〕Ⅴ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の玉臺新詠巻二ブログ 10559

(夫婦の関係を君臣の寵愛関係に比し、阮籍の詩體にならって詠ったもの)

じっと心を沈めると遠いさまざまのことが思い起こされ、胸がふさがって恋しい人のことがあれこれと思いめぐらされる。

そしておぼろげに箱の音が聞こえると、鳳凰が鳴きながら秦姫弄玉を迎えにきて、

簫史と共々翼に乗せて飛び去ったというが、そのように雌雄互いに巽を連ね雲間に羽を交わし、睦み親しんで、互いに相携えて飛びゆくような楽しい気持ちにもなる。

しかし寵愛を得て、今を時めいて栄華を誇る人々に物申したい。人の寵愛、世の栄利はいつまでも永続きするものではないということである。

昔のあの詩經邶風「谷風」の詩を見るがいい。涇水の濁流に渭水の清流が注ぐと清濁はおのずとはっきり区別されると歌っています。捏洞に比べてやがて斥けられる運命の訪れもないとは限りませぬ。

 

 

 

 

玉臺新詠 巻四  (4)王素 一首

 

 

 

學阮步兵體    王素

(夫婦の関係を君臣の寵愛関係に比し、阮籍の詩體にならって詠ったもの)

沈情發遐慮、紆懷所思。

じっと心を沈めると遠いさまざまのことが思い起こされ、胸がふさがって恋しい人のことがあれこれと思いめぐらされる。

髣髴聞簫管、鳴鳳接嬴

そしておぼろげに箱の音が聞こえると、鳳凰が鳴きながら秦姫弄玉を迎えにきて、

連緜共雲翼、嬿婉相攜持。

簫史と共々翼に乗せて飛び去ったというが、そのように雌雄互いに巽を連ね雲間に羽を交わし、睦み親しんで、互いに相携えて飛びゆくような楽しい気持ちにもなる。

寄言芳華士、寵利不常期。

しかし寵愛を得て、今を時めいて栄華を誇る人々に物申したい。人の寵愛、世の栄利はいつまでも永続きするものではないということである。

涇渭分清濁、視彼谷風詩。

昔のあの詩經邶風「谷風」の詩を見るがいい。涇水の濁流に渭水の清流が注ぐと清濁はおのずとはっきり区別されると歌っています。捏洞に比べてやがて斥けられる運命の訪れもないとは限りませぬ。

 

(學阮步兵體)

沈情 遐慮を發し、紆鬱 所思を懷ふ。

髣髴として簫管を聞く、鳴鳳 嬴を接す。

聯綿として雲翼を共にし、嬿として 相攜持す。

言を寄す芳華の士に、寵利は常期あらず。

涇渭は清濁分る、よ彼の谷風の詩を。

 

続きを読む