古樂府詩六首其三 隴西行 -#4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20161210

の紀頌之5つの校注Blog

 

 

●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、現在、李白詩全詩 訳注

 

 

Ⅰ李白詩

(李白集校注)

744年-020卷165_14 夷則格上白鳩拂舞辭(卷三(一)二六四) -#2Ⅰ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之 李白詩集7799

 

 

  LiveDoo

rBlog

少年行・白馬篇・白雲歌など【字解集】Ⅰ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之 李白詩集7799

 

 

孟浩然

李白詩

謝霊運

司馬相如 《子虛賦 ・上林賦》

揚雄 《甘泉賦》

諸葛亮 出師表

 

 

曹植詩65

兩都賦序・西都賦・東都賦

李白全詩

漁父辞(屈原

楚辞・九歌》東君

《楚辞九辯》

 

 

 

 

  総合案内

 

 

 

 

●唐を代表する 中唐 韓愈 全500首 

 

 

Ⅱ韓昌黎詩集・文集校注

806年-16-#7 巻二 17-#7答張徹【案:愈為四門博士時作。張徹,愈門下士,又愈之從子婿。】Ⅱ 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之韓愈詩集7800

 

 

  LiveDoo

rBlog

806年-16-#14 巻二 17-#14巻二 答張徹  【字解集】Ⅱ 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之韓愈詩集7842

 

 

・李商隠詩 (1) 136首の75

・李商隠詩 (2) 135首の61

韓愈1 ・孟郊・張籍と汴州乱41

index-2[800年~804年]27

index-3 805年陽山から江陵36

index-4 806年 39 江陵・国子博士25

 

 

index-5 806年39歳(2)25

index-6 807~809年 20

index-7[810年~811年 44歳] 34

index-8 [812年~814年47歳]46

index-9[815年~816年 49歳57

index-10[817年~818年 51歳]「平淮西碑」28

 

 

index-11 819年『論佛骨表』左遷 38

index-12 820 國子祭酒18

index-13 821年~822年 22

index-14 57歳・病気のため退職。没す14

韓愈 哲学・儒学「五原」

孟郊

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●杜甫の全作品1500首を訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"

 

 

Ⅲ 杜詩

詳注

757年-40 寄薛三郎中璩 -#7 【字解集】 杜詩詳注(卷一八(四)一六二○)Ⅲ 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ7801

 

 

  LiveDoo

rBlog

757年-40 寄薛三郎中璩 -#7 【字解集】 杜詩詳注(卷一八(四)一六二○)Ⅲ 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ7801

 

 

杜甫詩(1)736~751年  53

杜甫詩(2)752年~754年、43歳 73

杜甫詩(3)45歳 安史の乱に彷徨う 26

杜甫詩(4)757年、左拾遺 43

杜甫詩(5)758年47歳 左遷 53

杜甫詩(6)759年 三吏三別 44

 

 

杜甫詩(7)759年秦州詩 66

杜甫詩(8)759年同谷紀行、成都紀行36

杜甫詩(9)760年、49歳 成都 45

杜甫詩(10)761年、50歳 成都82

杜甫詩(11)762年蜀中転々43

杜甫詩(12)762年 蜀中転々 49

 

 

(13)763年蜀中転々 96

 (14)764年 三月成都へ帰る 100

 (15)765年正月幕府を辞す 63

(16-1) 766年雲安、暮春、夔州 168首 の(1)80

(16-2) 766年雲安、暮春、夔州 168首 の(1)81

 

 

 

杜甫詩 (17-1)767年夔州・西閣・赤甲・瀼西132

杜甫詩 (17-2) 767年・瀼西・東屯 133

杜甫詩 (18)768年江陵・公安縣・岳州 78

杜甫詩 (19)769年・洞庭湖・潭州・衡州 78

杜甫詩 (20)770年・洞庭湖・潭州・衡州。27

杜甫詩 (21)洩れ分(未詳分)・散文

 

 

 

杜甫詩 全詩 総合案内 

 

 

 

●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている。花間集連載開始。

 

 

Ⅳブログ詩集

漢・唐・宋詞

花間集 訳注解説 巻一32 (40)回目温庭筠 《楊柳枝八首其三》 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ7802 (12/10)

 

 

  fc2

Blog

花間集 巻一 (27)回目温庭筠 《更漏子六首 【字解集】》 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ7724 (11/27)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●花間集全詩●森鴎外の小説の”魚玄機”詩、芸妓”薛濤”詩。唐から五代詩詞。花間集。玉臺新詠連載開始

 

 

.唐五代詞詩・女性

・玉臺新詠

玉-012-#4 古樂府詩六首其三隴西行 -#4〈無名〉 Ⅴ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の玉臺新詠ブログ 7803

 

 

  LiveDoo

rBlog

玉集-01 古詩八首 【字解集】  Ⅴ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の玉臺新詠ブログ 7731

 

 

●薛濤の全詩

●花間集(1

●花間集(2

●花間集(3

●花間集(4

●花間集(5

 

 

●魚玄機全詩

●花間集(6

●花間集(7

●花間集(8

●花間集(9

●花間集10

 

 

 ■最近Best5 賦・詩・詞(漢詩4ブログ各部門)

漢詩総合サイト 07ch

 

 

杜甫全詩案内

韓愈全詩案内

李白全集

文選

古詩源

花間集案内

 

http://kanbunkenkyu.web.fc2.com/


  

-012-#4 古樂府詩六首其三隴西行 -#4〈無名〉 Ⅴ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の玉臺新詠ブログ 7803

やがてくだくだしい礼儀はやめて無礼講となって、食事はおわったので、主人は客を送って出る。満足した客と堂々とゆったりとした態度で邸内の庭を小股に歩む。もてなした婦人も同様に、部屋を出て庭に進むが、見送りはあまり遠くまではしない。内門の枢の所までで、そこから外へは出るものではないという事を心得ている。客のもてなし方はこのように少しも礼を失うことはなく、妻を娶ってこんな人を得られるのであれば、昔の斉国の姜夫人にもましであろう。しっかりしていて、それでいてけなげな妻が一家をささえることは大の男に勝るというものだ。

 

玉臺新詠タイトル002
 

 

 

 

 

古樂府六首 其三

 

 

古樂府詩六首其三 隴西行 #1

(美貌の良妻がよく賓客をもてなして、一家を支えてくれている。大の男にはとても出来ぬことだとほめたたえ詠ったもの)

天上何所有、歷歷種白楡。

天上には何があるかと見れば、輝く白楡の星星が、我が家に導いてくれる楡の木のように整列して植えられ配置している

桂樹夾道生、靑龍對道隅。

月の桂木も道の両側に葉を茂らせて生え、東の青龍の星座が道の隅に相対している。

鳳凰鳴啾啾、一毋将九鶵、

鳳凰が吉兆をもたらすように啾啾と鳴き、一羽の母どりが九羽の雛をひきいている。我が家は、誠に美しくまた盛んな眺めの一族である。(以上が、「艶」である。この後話を転ずる。)

顧視世間人、爲樂甚獨殊。

さてこの家の客へのもてなしのありさまを世間の人に比べて見ると、楽しみのしかたが甚だ違っていて、特別のものがある。

(古樂府詩六首其の三 隴西の行【うた】) #1

天上何の有る所ぞ、歴歴として白楡を種う。

桂樹道を爽んで生じ、青龍道隅に対す。

鳳凰鳴いて啾啾たり。一母九鶵を将【ひき】ゆ。

顧みて世間の人を視るに、樂を為すこと甚だ濁り殊なり。

#2

好婦出迎客、顏色正敷愉。

気配りのよい妻で、美しい主婦が客を出迎える。その顔色はいかにもゆったりと満面にうれしげな思いをただよわせてうれしそうにむかえる。

伸腰再拜跪、問客平安不。

腰をのばして客に対し、ひざまずいて再拝し、「よくおいで下さいました、おかわりほありませんでしたか」と尋ねる。

請客北堂上、坐客氊氍毹。

それからお客を北の奥座敷に案内し、毛氈緞通の上に座らせる。

清白各異樽、酒上正華疏。

そこには清酒と白酒とが別々の盃樽に盛られて並べられ、酒にはちゃんと結構な疏菜がとりそろえて盛られてある。

#2

好婦は出でて客を迎へ、蘇色正に敷愉す。

腰を伸ばして再拝して跪き、客に問ふに平安なりや不やと。

客を北堂の上に請じ、客を氊氍毹に坐せしむ。

清白各ゝの樽を異にし、酒上正に華疏。

#3

酌酒持與客、客言主人持。

主人は酒を盃樽に酌んで客に進める。客は「まずご主人から」という。

却略再拜跪、然後持一杯。

主人はひざまずいて再拝する礼を省いて、それから一杯を手にする。

談笑未及竟、左顧勑中厨、

談笑もまだ終わらぬうちに、主人は左をふりかえり台所の方(妾)に言いつける。

促令辨麄飯、愼莫使稽留。

急いで粗飯の用意をさせ、くれぐれも手間どらせてはならぬぞよと言いつける。

#3

酒を酌んで持して客に興ふ。客は言ふ主人持せよと。

飾って略す再拝して跪くを。然る後一括を持す。

談笑未だ竟るに及ばず、左顧して中厨を勑しめ、

促がして麄飯を辨ぜしめ、慎みて稽留せしむる莫かれと。

#4

廢禮送客出、盈盈庭中趨。

やがてくだくだしい礼儀はやめて無礼講となって、食事はおわったので、主人は客を送って出る。満足した客と堂々とゆったりとした態度で邸内の庭を小股に歩む。

送客亦不遠、足不過門樞。

もてなした婦人も同様に、部屋を出て庭に進むが、見送りはあまり遠くまではしない。内門の枢の所までで、そこから外へは出るものではないという事を心得ている。

取婦得如此、齊姜亦不如。

客のもてなし方はこのように少しも礼を失うことはなく、妻を娶ってこんな人を得られるのであれば、昔の斉国の姜夫人にもましであろう。

健婦持門、勝一大丈夫。

しっかりしていて、それでいてけなげな妻が一家をささえることは大の男に勝るというものだ。

 

4

禮を廢して客を送りて出で、盈盈として府中に趨る。

客を送ること亦遠からず、足は門樞を過ぎず。

婦を取るに此の如きを得ば、齊姜も亦如かざらん。

健婦の門戸を持するは、一大丈夫に勝れり。


続きを読む