漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩 中唐詩人選集【Ⅰ李商隠-150】Ⅱ韓退之(韓愈)-500Ⅶ孟郊(東野)賈島張籍柳宗元韋応物

Ⅰ李商隠は難解詩といわれている。約150首紹介済。(晩唐詩人) Ⅱ韓退之(韓愈)-約500首Ⅶ孟郊、中唐の詩人を掲載中。万物の性(さが)をテーマにした哲学的な詩。このブログは基本的に中唐詩人を中心にして掲載する予定。 韓愈詩文のこれまでの掲載分とこれから掲載予定分を時系列で整理した2014.3.29のブログに集約してそこから各年次を見ることができる  kanbuniinkai 検索で、《漢文委員会HP05》サイトあります。漢詩唐詩を理解するための総合サイト:≪漢文委員会 漢詩07≫。

2014年01月

少し、マニアックな晩唐詩人Ⅰ-李商隠150首をまず掲載済み。中唐は盛唐詩人(孟浩然・王維、杜甫、李白)を受け継いだ多様な詩人が出ている。この時代も驚くほど詩が発展している。Ⅱ韓退之(韓愈)500首、Ⅲ柳宗元40首、Ⅳ韋応物、Ⅴ劉長卿、Ⅵ韋荘、Ⅶ孟郊(孟東野)、Ⅷ張籍、Ⅸ賈島、Ⅹ劉禹錫、ほか2012~2020年の予定で気長に進める。同じ中唐ではあるが、白居易のグループについては、李白のブログ350首(2015/6月再開~2018/夏・秋月予定)の後掲載の予定。別に杜甫詩ブログ1500首(2011/7月~2018/8月の予定で)を進行中。詩数につぃては、予定の詩数より多くなる。気まぐれなところがあるのでこの予定が少し変わる場合があり、その節はご容赦ください。                 古詩・謝霊運詩 杜甫詩 韓愈詩 花間集500首全詩 それぞれ毎日ブログしています。 このブログ、索引=語句の「検索」 参考書以上掲載。漢詩力up。

《潮州刺史謝上表》(7)韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <939>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3679韓愈詩-242-(7)

《潮州刺史謝上表》(7) 私は若いときから病気が多く、今年で五十をわずかにすぎたばかりなのです。髪は白く、歯はぬけ落ちてしまいました。道理として久しくは生きないでありましょう。その上、罪を犯したことは極めて重く、住むところは都から極めて遠く劣悪条件であります。


2014年1月31日 の紀頌之5つのブログ
●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場
Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 
LiveDoorブログ
班孟堅(班固)《東都賦》(24) 文選 賦 賦<113―24>18分割38回 Ⅱ李白に影響を与えた詩1026 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3678
●唐を代表する中唐の韓愈の儒家としての考えのよくわかる代表作の一つ
Ⅱ中唐詩・晩唐詩
 
 LiveDoorブログ
《潮州刺史謝上表》(7)韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <939>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3679韓愈詩-242-(7)
●杜甫の全作品1141首を取り上げて訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"
Ⅲ杜甫詩1000詩集  LiveDoorブログ 廣徳2年764-8-2 《贈別賀蘭銛》 蜀中転々 杜甫 <658-2>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3680 杜甫詩1000-658-2-930/1500752-2
●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている
Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2ブログ
●●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩。唐から五代詩詞。花間集
Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoor 11 -17 鳳樓春一首 歐陽舍人炯十七首ⅩⅫ唐五代詞・「花間集」 Gs-427-11-#17  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3682
 
 ■最近の人気の文・賦・詩・詞(漢詩の5ブログ各部門)
 ■主要詩人の一覧・詩目次・ブログindex
『楚辞・九歌』東君 屈原詩<78-#1>505 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1332http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67664757.html
『楚辞』九辯 第九段―まとめ 宋玉  <00-#35> 664 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2304  http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-rihakujoseishi/archives/6471825.html
安世房中歌十七首(1) 唐山夫人 漢詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67710265.html 
為焦仲卿妻作 序 漢詩<143>古詩源 巻三 女性詩http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67729401.html
於凊河見輓船士新婚別妻一首 曹丕(魏文帝) 魏詩http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67759129.html
朔風 (一章) 曹植 魏詩<25-#1>文選雑詩 上 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67780868.html
謝靈運詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/1901_shareiun000.html 謝靈運詩六朝期の山水詩人。この人の詩は上品ですがすがしい男性的な深みのある詩である。後世に多大な影響を残している。
謝靈運が傲慢で磊落だったというが彼の詩からはそれを感じさせるということは微塵もない。謝靈運、謝朓、孟浩然は好きな詩人である。
登永嘉緑嶂山詩 #1 謝霊運 <20> 詩集 386ーhttp://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67474554.html
登池上樓 #1 謝霊運<25>#1  ー http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67502196.html
孟浩然の詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/209mokonen01.html 孟浩然の詩盛唐初期の詩人であるが謝霊運の詩に傾倒して山水詩人としてとてもきれいな詩を書いている。特に山水画のような病者の中で細やかな部分に動態を感じさせる表現力は素晴らしい。
李商隠詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/3991_rishoin000.html 
李商隠詩 華やかな時はほんの1年余り、残りは不遇であった。それが独特な詩を生み出した。この詩人の詩は物語であり、詩を単発で見ては面白くなく、数編から十数編のシリーズになっているのでそれを尊重して読まれることを進める。
女性詩人 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/0josei00index.html 女性詩人古代から近世に至るまで女性の詩は書くことを許されない環境にあった。貴族の子女、芸妓だけである。残されている詩のほとんどは詞、楽府の優雅、雅なものへの媚の詞である。しかしその中に針のような痛みを感じさせるものがあるのである。
孟郊詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/328_moukou001.html 「文章得其微,物象由我裁。」詩人が作り出す文章は細やかなる描写表現を得ているものだ、万物の事象をも作り出すことさえも詩人自身の裁量でもってするのである。
李商隠詩 http://kanbuniinkai7.dousetsu.com/99_rishoinn150.html Ⅰ李商隠150首
魚玄機 詩 全首130回賦得江邊柳 魚玄機  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-65-1-#五言律詩  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1876
薛濤 詩詞全首100 井梧吟 薛濤 唐五代詞・宋詩 薛濤-136-8-#1  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2227
主に花間集から
温庭筠 70首『菩薩蠻 一』温庭筠  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-1-1-#1 花間集 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1620
韋荘 50首 菩薩蠻 一 韋荘  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩花間集Gs-247-5-#1  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2617
皇甫松 10首 採蓮子二首  其一 皇甫松  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-307-5-#61  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3082
牛嶠  20首 女冠子四首 其一 牛嶠  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-312-5-#66  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3107
『花間集』継続中 
杜甫全詩 韓愈全詩 李白全集 文選 花間集 古詩源 玉台新詠

 

《潮州刺史謝上表》(7)韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <939  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3679韓愈詩-242-(7)

 

 

(5)#3

國家憲章完具,為治日久,

国家の基本的な方針や施策・法律の条文は完全にそなわっていて、治まることは久しくなっています。

守令承奉詔條,違犯者鮮,

郡の太守や県の令らは、みことのりの箇条を受け戴いて、それにそむき犯すものは殆んどいません。

雖在蠻荒,無不安泰。

南方の異民族の遠域の地にいても、人民は安らかでないものはありません。

聞臣所稱聖德,惟知鼓舞讙歡呼,

たたえまつる陛下の御聖徳を聞いて、世の人々はただ感動して鼓を鳴らし舞って、喜び叫ぶはかりです。

不勞施為,坐以無事。

彼らを治めるために何らの方策を施す苦労がなく、坐ったまま無為にして無事でございます。

臣某誠惶誠恐,頓首頓首。

私韓愈は、真心より恐れかしこみ、頓首し、重ねて頓首して申し上げます。

 (6)4

臣所領州,在廣府極東界上,

私が支配、把握している州は、広州府の極めて東の界の付近にあります。

去廣府雖雲才二千裏,然往來動皆經月。

広州にむかって長安を去ることわずか二千里であるというけれども、しかし往ったり、来たりするのに、どうやっても一月を過ぎます。

過海口,下惡水。

そのうえ、海口を過ぎてから、大洪水のため悪水を下ることになったのです。

濤瀧壯猛,難計程期;

怒涛や激流がさかんに勢い猛く、旅行行程、期日を計りがたいのです。

颶風鱷魚,患禍不測。

つむじ風やワニなど、心配やわざわいが測ることができないのです。

州南近界,漲海連天;

州の南の近いところでは、みなぎる海はそのなみは天に連ならなるほどです。

毒霧瘴氛,日夕發作。

毒のある霧や熱病のもととなる蒸し熱い気など、朝夕におこっております。 

 (7)5

臣少多病,年才五十,

私は若いときから病気が多く、今年で五十をわずかにすぎたばかりなのです。

發白齒落,理不久長,

髪は白く、歯はぬけ落ちてしまいました。道理として久しくは生きないでありましょう。

加以罪犯至重,所處又極遠惡,

その上、罪を犯したことは極めて重く、住むところは都から極めて遠く劣悪条件であります。

憂惶慚悸,死亡無日。

心は憂いおそれ、自分の行いについて、はずかしく反省しており、このままでは死亡するのもあと日がないことでしょう。

單立一身,朝無親黨,

そして単身赴任し、仲間などなく孤立して、朝廷の有力者に親しい仲間もありません。

居蠻夷之地,與魑魅為群,

この南蛮の異民族の地にすまいして、山林の妖怪変化と群れをなしております。

苟非陛下哀而念之,誰肯為臣言者?

かりそめにも陛下が哀れんで心にかけて下さるのでなければ、誰が私のために言うことを承知するでしょうか。誰も弁じてくれないでしょう。

韓愈の地図01 

 

『潮州刺史謝上表』現代語訳と訳註

(本文)

(7)5

臣少多病,年才五十,

發白齒落,理不久長,

加以罪犯至重,所處又極遠惡,

憂惶慚悸,死亡無日。

單立一身,朝無親黨,

居蠻夷之地,與魑魅為群,

苟非陛下哀而念之,誰肯為臣言者?

 

(下し文) (7)5

臣 少【わか】きより多病,年 才【わずか】に五十にす。

發【かみ】白く齒落つ,理として久長ならじ,

加うるに罪犯 至重なるを以てし,處る所 又た極めて遠惡し,

憂惶【ゆうこう】慚悸【どうき】,死亡も日無からん。

單立【ぜんりつ】一身,朝に親黨【しんとう】無し。

蠻夷【ばんい】の地に居し,魑魅と群を為す。

苟【いやし】くも陛下 哀れんで之を念うにら非ざれば,誰か肯えて臣が為に言う者あらん?

 

(現代語訳)

私は若いときから病気が多く、今年で五十をわずかにすぎたばかりなのです。

髪は白く、歯はぬけ落ちてしまいました。道理として久しくは生きないでありましょう。

その上、罪を犯したことは極めて重く、住むところは都から極めて遠く劣悪条件であります。

心は憂いおそれ、自分の行いについて、はずかしく反省しており、このままでは死亡するのもあと日がないことでしょう。

そして単身赴任し、仲間などなく孤立して、朝廷の有力者に親しい仲間もありません。

この南蛮の異民族の地にすまいして、山林の妖怪変化と群れをなしております。

かりそめにも陛下が哀れんで心にかけて下さるのでなければ、誰が私のために言うことを承知するでしょうか。誰も弁じてくれないでしょう。

 

(訳注)  (7)5

潮州刺史謝上表 韓愈

(広東省潮州に左遷された韓退之が、罪を許されて召還され、中央政府に用いられることを願い、謝して奉った上表文である。)刺史はその州の知事、長官のことである。

 

臣少多病,年才五十,

私は若いときから病気が多く、今年で五十をわずかにすぎたばかりなのです。

 

發白齒落,理不久長,

髪は白く、歯はぬけ落ちてしまいました。道理として久しくは生きないでありましょう。

○齒落 35歳の時に歯が抜けたことをのべている。

中唐詩-262 落歯#1 四門溥士Ⅱ韓退之(韓愈) 紀頌之の漢詩ブログ 韓愈詩集-27

韓愈35歳の時の作品で『与崔群書』(崔群に与うる書)というのがある。この中で、既に白髪交じりであったことをのべている。

自分の老いを必要以上に強調しているところが認められる。自分の兄弟や叔父たちは、みな丈夫であったが若死にした。自分のように今から歯が抜け、目はかすみ、白髪が生えているありさまでは儒者たるもの、痩せ我慢をしたがる韓愈のことだから、寂しいというようなせりふはめったに口にしないが。(韓愈はこのとき三十五歳なのに)、そう長くはもたないだろうとも書いている。

 それは、見た目にもショッキングなできごとであったろう「歯が抜け落ちた」のだ。歯槽膿漏であった。

○理不久長 道理として長生きはしないはずである。

 

加以罪犯至重,所處又極遠惡,

その上、罪を犯したことは極めて重く、住むところは都から極めて遠く劣悪条件であります。

 

憂惶慚悸,死亡無日。

心は憂いおそれ、自分の行いについて、はずかしく反省しており、このままでは死亡するのもあと日がないことでしょう。

○慚悸 自分の行いについて、残念に思い、反省すること。恥ずかしく思うこと。謝意を表明する際などに用いられる。

 

單立一身,朝無親黨,

そして単身赴任し、仲間などなく孤立して、朝廷の有力者に親しい仲間もありません。

 

居蠻夷之地,與魑魅為群,

この南蛮の異民族の地にすまいして、山林の妖怪変化と群れをなしております。

○魑魅 魑魅(すだま・ちみ)は、霊魂または、山林の気・沢や石の精、物の怪や化け物など。魑魅魍魎(ちみもうりょう)とは、山の怪物や川の怪物。様々な化け物、妖怪変化。魑魅は山の怪、魍魎は川の怪であり、一般には山河すべての怪として魑魅魍魎の名で用いられることが多い。

 

苟非陛下哀而念之,誰肯為臣言者?

かりそめにも陛下が哀れんで心にかけて下さるのでなければ、誰が私のために言うことを承知するでしょうか。誰も弁じてくれないでしょう。
2潮州広東00 

《潮州刺史謝上表》(6)韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <938>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3674韓愈詩-242-(6)

《潮州刺史謝上表》(6)広州にむかって長安を去ることわずか二千里であるというけれども、しかし往ったり、来たりするのに、どうやっても一月を過ぎます。そのうえ、海口を過ぎてから、大洪水のため悪水を下ることになったのです。


2014年1月30日 の紀頌之5つのブログ
●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場
Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 
LiveDoorブログ
班孟堅(班固)《東都賦》(23) 文選 賦 賦<113―23>18分割38回 Ⅱ李白に影響を与えた詩1025 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3673
●唐を代表する中唐の韓愈の儒家としての考えのよくわかる代表作の一つ
Ⅱ中唐詩・晩唐詩
 
 LiveDoorブログ
《潮州刺史謝上表》(6)韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <938>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3674韓愈詩-242-(6)
●杜甫の全作品1141首を取り上げて訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"
Ⅲ杜甫詩1000詩集  LiveDoorブログ 廣徳2年764-8-1 《贈別賀蘭銛》 蜀中転々 杜甫 <658-1>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3675 杜甫詩1000-658-1-929/1500752-1
●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている
Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2ブログ 270 《和席八〔夔〕十二韻》 韓愈  kanbuniinkai 紀 頌之の詩詞 fc2ブログ 3676 (01/30)
●●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩。唐から五代詩詞。花間集
Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoor 11 -16 江城子一首 歐陽舍人炯十七首ⅩⅫ唐五代詞・「花間集」 Gs-426-11-#16  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3677
 
 ■最近の人気の文・賦・詩・詞(漢詩の5ブログ各部門)
 ■主要詩人の一覧・詩目次・ブログindex
『楚辞・九歌』東君 屈原詩<78-#1>505 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1332http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67664757.html
『楚辞』九辯 第九段―まとめ 宋玉  <00-#35> 664 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2304  http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-rihakujoseishi/archives/6471825.html
安世房中歌十七首(1) 唐山夫人 漢詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67710265.html 
為焦仲卿妻作 序 漢詩<143>古詩源 巻三 女性詩http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67729401.html
於凊河見輓船士新婚別妻一首 曹丕(魏文帝) 魏詩http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67759129.html
朔風 (一章) 曹植 魏詩<25-#1>文選雑詩 上 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67780868.html
謝靈運詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/1901_shareiun000.html 謝靈運詩六朝期の山水詩人。この人の詩は上品ですがすがしい男性的な深みのある詩である。後世に多大な影響を残している。
謝靈運が傲慢で磊落だったというが彼の詩からはそれを感じさせるということは微塵もない。謝靈運、謝朓、孟浩然は好きな詩人である。
登永嘉緑嶂山詩 #1 謝霊運 <20> 詩集 386ーhttp://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67474554.html
登池上樓 #1 謝霊運<25>#1  ー http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67502196.html
孟浩然の詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/209mokonen01.html 孟浩然の詩盛唐初期の詩人であるが謝霊運の詩に傾倒して山水詩人としてとてもきれいな詩を書いている。特に山水画のような病者の中で細やかな部分に動態を感じさせる表現力は素晴らしい。
李商隠詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/3991_rishoin000.html 
李商隠詩 華やかな時はほんの1年余り、残りは不遇であった。それが独特な詩を生み出した。この詩人の詩は物語であり、詩を単発で見ては面白くなく、数編から十数編のシリーズになっているのでそれを尊重して読まれることを進める。
女性詩人 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/0josei00index.html 女性詩人古代から近世に至るまで女性の詩は書くことを許されない環境にあった。貴族の子女、芸妓だけである。残されている詩のほとんどは詞、楽府の優雅、雅なものへの媚の詞である。しかしその中に針のような痛みを感じさせるものがあるのである。
孟郊詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/328_moukou001.html 「文章得其微,物象由我裁。」詩人が作り出す文章は細やかなる描写表現を得ているものだ、万物の事象をも作り出すことさえも詩人自身の裁量でもってするのである。
李商隠詩 http://kanbuniinkai7.dousetsu.com/99_rishoinn150.html Ⅰ李商隠150首
魚玄機 詩 全首130回賦得江邊柳 魚玄機  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-65-1-#五言律詩  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1876
薛濤 詩詞全首100 井梧吟 薛濤 唐五代詞・宋詩 薛濤-136-8-#1  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2227
主に花間集から
温庭筠 70首『菩薩蠻 一』温庭筠  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-1-1-#1 花間集 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1620
韋荘 50首 菩薩蠻 一 韋荘  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩花間集Gs-247-5-#1  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2617
皇甫松 10首 採蓮子二首  其一 皇甫松  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-307-5-#61  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3082
牛嶠  20首 女冠子四首 其一 牛嶠  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-312-5-#66  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3107
『花間集』継続中 
杜甫全詩 韓愈全詩 李白全集 文選 花間集 古詩源 玉台新詠

 

《潮州刺史謝上表》(6)韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <938  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3674韓愈詩-242-(6)

 

 

(5)3

國家憲章完具,為治日久,

国家の基本的な方針や施策・法律の条文は完全にそなわっていて、治まることは久しくなっています。

守令承奉詔條,違犯者鮮,

郡の太守や県の令らは、みことのりの箇条を受け戴いて、それにそむき犯すものは殆んどいません。

雖在蠻荒,無不安泰。

南方の異民族の遠域の地にいても、人民は安らかでないものはありません。

聞臣所稱聖德,惟知鼓舞讙歡呼,

たたえまつる陛下の御聖徳を聞いて、世の人々はただ感動して鼓を鳴らし舞って、喜び叫ぶはかりです。

不勞施為,坐以無事。

彼らを治めるために何らの方策を施す苦労がなく、坐ったまま無為にして無事でございます。

臣某誠惶誠恐,頓首頓首。

私韓愈は、真心より恐れかしこみ、頓首し、重ねて頓首して申し上げます。

 (6)4

臣所領州,在廣府極東界上,

私が支配、把握している州は、広州府の極めて東の界の付近にあります。

去廣府雖雲才二千裏,然往來動皆經月。

広州にむかって長安を去ることわずか二千里であるというけれども、しかし往ったり、来たりするのに、どうやっても一月を過ぎます。

過海口,下惡水。

そのうえ、海口を過ぎてから、大洪水のため悪水を下ることになったのです。

濤瀧壯猛,難計程期;

怒涛や激流がさかんに勢い猛く、旅行行程、期日を計りがたいのです。

颶風鱷魚,患禍不測。

つむじ風やワニなど、心配やわざわいが測ることができないのです。

州南近界,漲海連天;

州の南の近いところでは、みなぎる海はそのなみは天に連ならなるほどです。

毒霧瘴氛,日夕發作。

毒のある霧や熱病のもととなる蒸し熱い気など、朝夕におこっております。

 

 (7)4

臣少多病,年才五十,

發白齒落,理不久長,

加以罪犯至重,所處又極遠惡,

憂惶慚悸,死亡無日。

單立一身,朝無親黨,

居蠻夷之地,與魑魅為群,

苟非陛下哀而念之,誰肯為臣言者?

 

 

『潮州刺史謝上表』現代語訳と訳註

(本文) (6)4

臣所領州,在廣府極東界上,

去廣府雖雲才二千裏,然往來動皆經月。

過海口,下惡水。

濤瀧壯猛,難計程期;

颶風鱷魚,患禍不測。

州南近界,漲海連天;

毒霧瘴氛,日夕發作。

 

(下し文) (6)4

臣が領する所の州は,廣府 極東 界上に在り。

廣府を去ること才【わずか】に二千裏と雲【い】うと雖も,然れども往來動【やや】もすれば皆月を經【へ】る。

海口を過ぎ,惡水を下る。

濤瀧【とうろう】壯猛【そうもう】,程期を計り難し;

颶風【ぐふう】鱷魚【がくぎょ】,患禍測れず。

州南の近界,漲海 天に連る;

毒霧 瘴氛,日夕【にっせき】發作す。

 

(現代語訳)

私が支配、把握している州は、広州府の極めて東の界の付近にあります。

広州にむかって長安を去ることわずか二千里であるというけれども、しかし往ったり、来たりするのに、どうやっても一月を過ぎます。

そのうえ、海口を過ぎてから、大洪水のため悪水を下ることになったのです。

怒涛や激流がさかんに勢い猛く、旅行行程、期日を計りがたいのです。

つむじ風やワニなど、心配やわざわいが測ることができないのです。

州の南の近いところでは、みなぎる海はそのなみは天に連ならなるほどです。

毒のある霧や熱病のもととなる蒸し熱い気など、朝夕におこっております。

2潮州広東00 

 

(訳注) (6)4

臣所領州,在廣府極東界上,

私が支配、把握している州は、広州府の極めて東の界の付近にあります。

○広府 広東省広州省

 

去廣府雖雲才二千裏,然往來動皆經月。

広州にむかって長安を去ることわずか二千里であるというけれども、しかし往ったり、来たりするのに、どうやっても一月を過ぎます。

○動 どうかすると。ややもすればと読む

 

過海口,下惡水。

そのうえ、海口を過ぎてから、大洪水のため悪水を下ることになったのです。

○海口 広東省の韓江の中流の地名。

○悪水 韓愈が洪水で避難したところ。広東省潮安県の韓江をいう。悪漢と同じ。韓愈が鰐の害を除いた川。《宿曾江口示姪孫湘,二首之一#1〔湘,字北渚,老成之子,愈兄弇之孫。此赴潮州作也。〕》韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <926  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3614韓愈詩-239-1

《宿曾江口示姪孫湘,二首之一〔湘,字北渚,老成之子,愈兄弇之孫。此赴潮州作也。〕》#2 韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <927  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3619韓愈詩-239-2

 

濤瀧壯猛,難計程期;

怒涛や激流がさかんに勢い猛く、旅行行程、期日を計りがたいのです。

○瀧 瀧音ラウ、早瀬。急流。日本の「たき」とは異なる。

○程期 樫はみちのり、期は日程。期日。

 

颶風鱷魚,患禍不測。

つむじ風やワニなど、心配やわざわいが測ることができないのです。

○親風 つむじ風。突風。

○鰐魚 わに。

 

州南近界,漲海連天;

州の南の近いところでは、みなぎる海はそのなみは天に連ならなるほどです。

 

毒霧瘴氛,日夕發作。

毒のある霧や熱病のもととなる蒸し熱い気など、朝夕におこっております。

○瘴氛 湿気の多い熱い水蒸気で熱病のもととなるもの。瘴氛は熱病。蚊が異常にいること、マラリアのことである。

○日夕 正午前から夕方までの時間帯。
韓愈の地図01 

《潮州刺史謝上表》(5) 韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <937>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3669韓愈詩-242-(5)

韓愈《潮州刺史謝上表》(5) 国家の基本的な方針や施策・法律の条文は完全にそなわっていて、治まることは久しくなっています。郡の太守や県の令らは、みことのりの箇条を受け戴いて、それにそむき犯すものは殆んどいません。


2014年1月29日 の紀頌之5つのブログ
●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場
Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 
LiveDoorブログ
班孟堅(班固)《東都賦》(22)(勧農)-1 文選 賦 賦<113―22>18分割38回 Ⅱ李白に影響を与えた詩1024 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3668
●唐を代表する中唐の韓愈の儒家としての考えのよくわかる代表作の一つ
Ⅱ中唐詩・晩唐詩
 
 LiveDoorブログ
《潮州刺史謝上表》(5) 韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <937>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3669韓愈詩-242-(5)
●杜甫の全作品1141首を取り上げて訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"
Ⅲ杜甫詩1000詩集  LiveDoorブログ 廣徳2年764-7-#2 《釋悶》 蜀中転々 杜甫 <657-2>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3670 杜甫詩1000-657-2-928/1500751-2
●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている
Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2ブログ 269 《梁國惠康公主挽歌,二首之二》 韓愈kanbuniinkai 紀 頌之の詩詞 fc2ブログ 3671 (01/29)
●●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩。唐から五代詩詞。花間集
Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoor 11 -15 賀明朝二首 其二 歐陽舍人炯十七首ⅩⅫ唐五代詞・「花間集」 Gs-425-11-#15  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3672
 
 ■最近の人気の文・賦・詩・詞(漢詩の5ブログ各部門)
 ■主要詩人の一覧・詩目次・ブログindex
『楚辞・九歌』東君 屈原詩<78-#1>505 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1332http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67664757.html
『楚辞』九辯 第九段―まとめ 宋玉  <00-#35> 664 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2304  http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-rihakujoseishi/archives/6471825.html
安世房中歌十七首(1) 唐山夫人 漢詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67710265.html 
為焦仲卿妻作 序 漢詩<143>古詩源 巻三 女性詩http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67729401.html
於凊河見輓船士新婚別妻一首 曹丕(魏文帝) 魏詩http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67759129.html
朔風 (一章) 曹植 魏詩<25-#1>文選雑詩 上 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67780868.html
謝靈運詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/1901_shareiun000.html 謝靈運詩六朝期の山水詩人。この人の詩は上品ですがすがしい男性的な深みのある詩である。後世に多大な影響を残している。
謝靈運が傲慢で磊落だったというが彼の詩からはそれを感じさせるということは微塵もない。謝靈運、謝朓、孟浩然は好きな詩人である。
登永嘉緑嶂山詩 #1 謝霊運 <20> 詩集 386ーhttp://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67474554.html
登池上樓 #1 謝霊運<25>#1  ー http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67502196.html
孟浩然の詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/209mokonen01.html 孟浩然の詩盛唐初期の詩人であるが謝霊運の詩に傾倒して山水詩人としてとてもきれいな詩を書いている。特に山水画のような病者の中で細やかな部分に動態を感じさせる表現力は素晴らしい。
李商隠詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/3991_rishoin000.html 
李商隠詩 華やかな時はほんの1年余り、残りは不遇であった。それが独特な詩を生み出した。この詩人の詩は物語であり、詩を単発で見ては面白くなく、数編から十数編のシリーズになっているのでそれを尊重して読まれることを進める。
女性詩人 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/0josei00index.html 女性詩人古代から近世に至るまで女性の詩は書くことを許されない環境にあった。貴族の子女、芸妓だけである。残されている詩のほとんどは詞、楽府の優雅、雅なものへの媚の詞である。しかしその中に針のような痛みを感じさせるものがあるのである。
孟郊詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/328_moukou001.html 「文章得其微,物象由我裁。」詩人が作り出す文章は細やかなる描写表現を得ているものだ、万物の事象をも作り出すことさえも詩人自身の裁量でもってするのである。
李商隠詩 http://kanbuniinkai7.dousetsu.com/99_rishoinn150.html Ⅰ李商隠150首
魚玄機 詩 全首130回賦得江邊柳 魚玄機  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-65-1-#五言律詩  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1876
薛濤 詩詞全首100 井梧吟 薛濤 唐五代詞・宋詩 薛濤-136-8-#1  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2227
主に花間集から
温庭筠 70首『菩薩蠻 一』温庭筠  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-1-1-#1 花間集 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1620
韋荘 50首 菩薩蠻 一 韋荘  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩花間集Gs-247-5-#1  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2617
皇甫松 10首 採蓮子二首  其一 皇甫松  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-307-5-#61  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3082
牛嶠  20首 女冠子四首 其一 牛嶠  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-312-5-#66  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3107
『花間集』継続中 
杜甫全詩 韓愈全詩 李白全集 文選 花間集 古詩源 玉台新詠

 

《潮州刺史謝上表》(5) 韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <937  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3669韓愈詩-242-(5)

 

 

(5)3

國家憲章完具,為治日久,

国家の基本的な方針や施策・法律の条文は完全にそなわっていて、治まることは久しくなっています。

守令承奉詔條,違犯者鮮,

郡の太守や県の令らは、みことのりの箇条を受け戴いて、それにそむき犯すものは殆んどいません。

雖在蠻荒,無不安泰。

南方の異民族の遠域の地にいても、人民は安らかでないものはありません。

聞臣所稱聖德,惟知鼓舞讙歡呼,

私韓愈のたたえまつる陛下の御聖徳を聞いて、世の人々はただ感動して鼓を鳴らし舞って、喜び叫ぶはかりです。
不勞施為,坐以無事。

彼らを治めるために何らの方策を施す苦労がなく、坐ったまま無為にして無事でございます。

臣某誠惶誠恐,頓首頓首。

私韓愈は、真心より恐れかしこみ、頓首し、重ねて頓首して申し上げます。

 (6)4

臣所領州,在廣府極東界上,

去廣府雖雲才二千裏,然往來動皆經月。

過海口,下惡水。

濤瀧壯猛,難計程期;

颶風鱷魚,患禍不測。

州南近界,漲海連天;

毒霧瘴氛,日夕發作。

(7)4

臣少多病,年才五十,

發白齒落,理不久長,

加以罪犯至重,所處又極遠惡,

憂惶慚悸,死亡無日。

單立一身,朝無親黨,

居蠻夷之地,與魑魅為群,

苟非陛下哀而念之,誰肯為臣言者?

 

 2潮州広東00

 

 

『潮州刺史謝上表』現代語訳と訳註

(本文) (5)3

國家憲章完具,為治日久,

守令承奉詔條,違犯者鮮,

雖在蠻荒,無不安泰。

聞臣所稱聖德,惟知鼓舞讙歡呼,

不勞施為,坐以無事。

臣某誠惶誠恐,頓首頓首。

 

(下し文) (5)3

国家の憲章は完具し、治を為すこと日久し。

守令詔條を承奉し、違犯する者鮮【すくな】し。

荒に在りと雖も、安泰ならざる無し。

臣がする所の聖徳を聞いて、惟だ鼓舞し、誰呼するを知るのみ。

施為【しい】をせずして、坐して以て事無し。

臣某 誠惶し誠恐せる,頓首とし頓首とす。

 

(現代語訳)

国家の基本的な方針や施策・法律の条文は完全にそなわっていて、治まることは久しくなっています。

郡の太守や県の令らは、みことのりの箇条を受け戴いて、それにそむき犯すものは殆んどいません。

南方の異民族の遠域の地にいても、人民は安らかでないものはありません。

私韓愈がたたえまつる陛下の御聖徳を聞いて、世の人々はただ感動して鼓を鳴らし舞って、喜び叫ぶはかりです。

彼らを治めるために何らの方策を施す苦労がなく、坐ったまま無為にして無事でございます。

私韓愈は、真心より恐れかしこみ、頓首し、重ねて頓首して申し上げます。

 

 

(訳注) (5)3

國家憲章完具,為治日久,

国家の基本的な方針や施策・法律の条文は完全にそなわっていて、治まることは久しくなっています。

憲章 1 重要で根本的なことを定めた取り決め。特に、基本的な方針や施策などをうたった宣言書や協約。「国連―」「児童―」2 憲法の規則、典章。

 

守令承奉詔條,違犯者鮮,

郡の太守や県の令らは、みことのりの箇条を受け戴いて、それにそむき犯すものは殆んどいません。

○守令 郡守や県令、長官。。

 

雖在蠻荒,無不安泰。

南方の異民族の遠域の地にいても、人民は安らかでないものはありません。

○蛮荒 南蛮の荒遠の地。荒は遠い国の意味。岳の天下の区分で、蛮夷は五服のうちで荒服に属した。

 

聞臣所稱聖德,惟知鼓舞讙歡呼,

私韓愈がたたえまつる陛下の御聖徳を聞いて、世の人々はただ感動して鼓を鳴らし舞って、喜び叫ぶはかりです。

○鼓舞 鼓を鳴らし舞わす。元気づける意味であるが、転じて感激して奮発する意味に用いる。

○歡呼 歓んでさけぶ。

 

不勞施為,坐以無事。

彼らを治めるために何らの方策を施す苦労がなく、坐ったまま無為にして無事でございます。

 

臣某誠惶誠恐,頓首頓首。

私韓愈は、真心より恐れかしこみ、頓首し、重ねて頓首して申し上げます。

○頓首 丁重なおじぎをする。頓首は頭を地に打ちつけて礼をする。叩頭に同じく、手紙、上表文に用いる儀礼語。
朱槿花・佛桑華 

《潮州刺史謝上表》韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <936>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3664韓愈詩-242-(4)

韓愈《潮州刺史謝上表》 早朝の朝礼にお出ましになって政務を見、夜おそくになってお仕事をおわりにする、絶えず御心配に心やすまることなく、ただ四海のうち、天地の中に一つの物でもその妥当な在り場所を得ないかもしれないと恐れておられる。それ故、刺史をつかわして、一般人民のなやみ苦しみをまのあたりに問わせなさるのである。


2014年1月28日 の紀頌之5つのブログ
●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場
Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 
LiveDoorブログ
班孟堅(班固)《東都賦》(21)#11(有徳の餐宴)-2 文選 賦 賦<113―21>18分割38回 Ⅱ李白に影響を与えた詩1023 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3663
●唐を代表する中唐の韓愈の儒家としての考えのよくわかる代表作の一つ
Ⅱ中唐詩・晩唐詩
 
 LiveDoorブログ
《潮州刺史謝上表》韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <936>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3664韓愈詩-242-(4)
●杜甫の全作品1141首を取り上げて訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"
Ⅲ杜甫詩1000詩集  LiveDoorブログ 廣徳2年764-7-#1 《釋悶》 蜀中転々 杜甫 <657-1>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3665 杜甫詩1000-657-1-927/1500751-1
●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている
Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2ブログ 268 《梁國惠康公主挽歌,二首之一》 韓愈  kanbuniinkai 紀 頌之の詩詞 fc2ブログ 3666 (01/28)
●●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩。唐から五代詩詞。花間集
Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoor 11 -14 賀明朝二首 其一 歐陽舍人炯十七首ⅩⅫ唐五代詞・「花間集」 Gs-424-11-#14  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3667
 
 ■最近の人気の文・賦・詩・詞(漢詩の5ブログ各部門)
 ■主要詩人の一覧・詩目次・ブログindex
『楚辞・九歌』東君 屈原詩<78-#1>505 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1332http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67664757.html
『楚辞』九辯 第九段―まとめ 宋玉  <00-#35> 664 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2304  http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-rihakujoseishi/archives/6471825.html
安世房中歌十七首(1) 唐山夫人 漢詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67710265.html 
為焦仲卿妻作 序 漢詩<143>古詩源 巻三 女性詩http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67729401.html
於凊河見輓船士新婚別妻一首 曹丕(魏文帝) 魏詩http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67759129.html
朔風 (一章) 曹植 魏詩<25-#1>文選雑詩 上 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67780868.html
謝靈運詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/1901_shareiun000.html 謝靈運詩六朝期の山水詩人。この人の詩は上品ですがすがしい男性的な深みのある詩である。後世に多大な影響を残している。
謝靈運が傲慢で磊落だったというが彼の詩からはそれを感じさせるということは微塵もない。謝靈運、謝朓、孟浩然は好きな詩人である。
登永嘉緑嶂山詩 #1 謝霊運 <20> 詩集 386ーhttp://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67474554.html
登池上樓 #1 謝霊運<25>#1  ー http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67502196.html
孟浩然の詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/209mokonen01.html 孟浩然の詩盛唐初期の詩人であるが謝霊運の詩に傾倒して山水詩人としてとてもきれいな詩を書いている。特に山水画のような病者の中で細やかな部分に動態を感じさせる表現力は素晴らしい。
李商隠詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/3991_rishoin000.html 
李商隠詩 華やかな時はほんの1年余り、残りは不遇であった。それが独特な詩を生み出した。この詩人の詩は物語であり、詩を単発で見ては面白くなく、数編から十数編のシリーズになっているのでそれを尊重して読まれることを進める。
女性詩人 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/0josei00index.html 女性詩人古代から近世に至るまで女性の詩は書くことを許されない環境にあった。貴族の子女、芸妓だけである。残されている詩のほとんどは詞、楽府の優雅、雅なものへの媚の詞である。しかしその中に針のような痛みを感じさせるものがあるのである。
孟郊詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/328_moukou001.html 「文章得其微,物象由我裁。」詩人が作り出す文章は細やかなる描写表現を得ているものだ、万物の事象をも作り出すことさえも詩人自身の裁量でもってするのである。
李商隠詩 http://kanbuniinkai7.dousetsu.com/99_rishoinn150.html Ⅰ李商隠150首
魚玄機 詩 全首130回賦得江邊柳 魚玄機  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-65-1-#五言律詩  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1876
薛濤 詩詞全首100 井梧吟 薛濤 唐五代詞・宋詩 薛濤-136-8-#1  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2227
主に花間集から
温庭筠 70首『菩薩蠻 一』温庭筠  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-1-1-#1 花間集 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1620
韋荘 50首 菩薩蠻 一 韋荘  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩花間集Gs-247-5-#1  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2617
皇甫松 10首 採蓮子二首  其一 皇甫松  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-307-5-#61  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3082
牛嶠  20首 女冠子四首 其一 牛嶠  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-312-5-#66  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3107
『花間集』継続中 
杜甫全詩 韓愈全詩 李白全集 文選 花間集 古詩源 玉台新詠

 

《潮州刺史謝上表》韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <936>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3664韓愈詩-242-(4)

 

 

248-(3)#2-1

臣以正月十四日,蒙恩除潮州刺史,

私は正月十四日に、恩命を蒙り潮州刺史に任ぜられました。

即日奔馳上道,經涉嶺海,

そしてその日のうちに奔り馳せて出発して、五嶺山脈を越え、広東から海を過ぎ渡りました。

水陸萬裏,以今月二十五日,到州上訖。

その間、水に進み、陸を行くこと万里にもなり、今月(三月)二十五日をもって潮州の役所に到着して、赴任の旅はおわりました。

與官吏百姓等相見,具言朝廷治平,

すぐに、潮州の官吏や一般人民らと会見し、詳しく申しましたことは、「朝廷は治まり平安とする施政をしていること。」

天子神聖,威武慈仁,

「天子は神のごとくすぐれ給こと。」、「御威光いかめしく御慈愛深いこと。」

子養億兆人庶,無有親疏遠邇,

「億兆の庶民を子のごとく養われること。」、「親しいもの疎いもの、遠い近いということでの区別などはされないこと。」

雖在萬裏之外,嶺海之陬,

「朝廷より万里の外、山海の片隅の地にあっても、

待之一如畿甸之間,輦轂之下。

これをもて扱うことはまったく畿内の地方、天子の御車近くの京都と同じようであること。」

 (4)#2-2

有善必聞,有惡必見,

善いことがあれは必ずこれを聞かれ、悪事があれは必ずこれを御覧になる。

早朝晚罷,兢兢業業,

早朝の朝礼にお出ましになって政務を見、夜おそくになってお仕事をおわりにする、絶えず御心配に心やすまることなく、

惟恐四海之,天地之中,一物不得其所,

ただ四海のうち、天地の中に一つの物でもその妥当な在り場所を得ないかもしれないと恐れておられる。

故遣刺史麵問百姓疾苦,

それ故、刺史をつかわして、一般人民のなやみ苦しみをまのあたりに問わせなさるのである。

苟有不便,得以上陳。

かりそめにも政務に具合いのわるいことがあるならば、それをお上に申し陳述することができる、とでいうとされました。

 

臣 正月十四日を以て,恩を蒙りて潮州の刺史に除せられ,

即日 奔馳【ほんち】して道に上り,嶺海を經涉【けいしょう】す。

水陸 萬裏【ばんり】にして,今月二十五日を以て,州上【しゅうじょう】に到り訖【おわ】る。

官吏百姓等と相い見て,具【つぶさ】に言う 朝廷治平なり。

天子神聖にして,威武 慈仁なり。

億兆の人庶を子養して,親疏【しんそ】遠邇【えんじ】有る無し。

萬裏の外に,嶺海の陬【すう】に在ると雖も,

之を待つこと一に畿甸【きでん】の間,輦轂【れんこく】の下の如し。

(4)#2-2

善有れば必ず聞き,惡有れば必ず見る。

早に朝し晚に罷み,兢兢 業業たり,

惟【ただ】し四海の,天地の中,一物も其の所を得ざるを恐る。

故に刺史を遣わし 百姓の疾苦を麵問【めんもん】せしむ。

【いやし】くも不便【ふべん】有らば,以て上陳するを得んと。

 

sas0002 

 

『潮州刺史謝上表』現代語訳と訳註

(本文)

(4)#2-2

有善必聞,有惡必見,

早朝晚罷,兢兢業業,

惟恐四海之,天地之中,一物不得其所,

故遣刺史麵問百姓疾苦,

苟有不便,得以上陳。

 

 

(下し文) (4)#2-2

善有れば必ず聞き,惡有れば必ず見る。

早に朝し晚に罷み,兢兢 業業たり,

惟【ただ】し四海の,天地の中,一物も其の所を得ざるを恐る。

故に刺史を遣わし 百姓の疾苦を麵問【めんもん】せしむ。

苟【いやし】くも不便【ふべん】有らば,以て上陳するを得んと。

 

(現代語訳)

善いことがあれは必ずこれを聞かれ、悪事があれは必ずこれを御覧になる。

早朝の朝礼にお出ましになって政務を見、夜おそくになってお仕事をおわりにする、絶えず御心配に心やすまることなく、

ただ四海のうち、天地の中に一つの物でもその妥当な在り場所を得ないかもしれないと恐れておられる。

それ故、刺史をつかわして、一般人民のなやみ苦しみをまのあたりに問わせなさるのである。

かりそめにも政務に具合いのわるいことがあるならば、それをお上に申し陳述することができる、とでいうとされました。

葵00 

 

(訳注) (4)#2-2

有善必聞,有惡必見,

善いことがあれは必ずこれを聞かれ、悪事があれは必ずこれを御覧になる。

 

早朝晚罷,兢兢業業,

早朝の朝礼にお出ましになって政務を見、夜おそくになってお仕事をおわりにする、絶えず御心配に心やすまることなく、

○兢兢業業 兢は戒め慎む、業はあやぶみおそれる。絶えず用心し心配する形容。

 

惟恐四海之,天地之中,一物不得其所,

ただ四海のうち、天地の中に一つの物でもその妥当な在り場所を得ないかもしれないと恐れておられる。

四海 天下四方。中国全土。四方の果て崖の先には海であるということ、中華思想である。

 

故遣刺史麵問百姓疾苦,

それ故、刺史をつかわして、一般人民のなやみ苦しみをまのあたりに問わせなさるのである。

問 面とむかって問う。まのあたり問う。

 

苟有不便,得以上陳。

かりそめにも政務に具合いのわるいことがあるならば、それをお上に申し陳述することができる、とでいうとされました。
2潮州広東00 

《潮州刺史謝上表》韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <935>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3659韓愈詩-242-(3)

《潮州刺史謝上表》私は正月十四日に、恩命を蒙り潮州刺史に任ぜられました。そしてその日のうちに奔り馳せて出発して、五嶺山脈を越え、広東から海を過ぎ渡りました。その間、水に進み、陸を行くこと万里にもなり、今月(三月)二十五日をもって潮州の役所に到着して、赴任の旅はおわりました。


2014年1月27日 の紀頌之5つのブログ
●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場
Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 
LiveDoorブログ
班孟堅(班固)《東都賦》(20)#11(有徳の餐宴)-1 文選 賦<113―20>18分割55回 Ⅱ李白に影響を与えた詩1022 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3658
●唐を代表する中唐の韓愈の儒家としての考えのよくわかる代表作の一つ
Ⅱ中唐詩・晩唐詩
 
 LiveDoorブログ
《潮州刺史謝上表》韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <935>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3659韓愈詩-242-(3)
●杜甫の全作品1141首を取り上げて訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"
Ⅲ杜甫詩1000詩集  LiveDoorブログ 746廣徳2年764年―6-#3 《憶昔,二首之二》#3 蜀中転々 杜甫 <656-3>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3660 杜甫詩1000-656-3-926/1500 750-3
●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている
Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2ブログ
●●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩。唐から五代詩詞。花間集
Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoor 11 -13 獻衷心一首 歐陽舍人炯十七首ⅩⅫ唐五代詞・「花間集」 Gs-423-11-#13  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3662
 
 ■最近の人気の文・賦・詩・詞(漢詩の5ブログ各部門)
 ■主要詩人の一覧・詩目次・ブログindex
『楚辞・九歌』東君 屈原詩<78-#1>505 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1332http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67664757.html
『楚辞』九辯 第九段―まとめ 宋玉  <00-#35> 664 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2304  http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-rihakujoseishi/archives/6471825.html
安世房中歌十七首(1) 唐山夫人 漢詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67710265.html 
為焦仲卿妻作 序 漢詩<143>古詩源 巻三 女性詩http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67729401.html
於凊河見輓船士新婚別妻一首 曹丕(魏文帝) 魏詩http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67759129.html
朔風 (一章) 曹植 魏詩<25-#1>文選雑詩 上 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67780868.html
謝靈運詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/1901_shareiun000.html 謝靈運詩六朝期の山水詩人。この人の詩は上品ですがすがしい男性的な深みのある詩である。後世に多大な影響を残している。
謝靈運が傲慢で磊落だったというが彼の詩からはそれを感じさせるということは微塵もない。謝靈運、謝朓、孟浩然は好きな詩人である。
登永嘉緑嶂山詩 #1 謝霊運 <20> 詩集 386ーhttp://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67474554.html
登池上樓 #1 謝霊運<25>#1  ー http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67502196.html
孟浩然の詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/209mokonen01.html 孟浩然の詩盛唐初期の詩人であるが謝霊運の詩に傾倒して山水詩人としてとてもきれいな詩を書いている。特に山水画のような病者の中で細やかな部分に動態を感じさせる表現力は素晴らしい。
李商隠詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/3991_rishoin000.html 
李商隠詩 華やかな時はほんの1年余り、残りは不遇であった。それが独特な詩を生み出した。この詩人の詩は物語であり、詩を単発で見ては面白くなく、数編から十数編のシリーズになっているのでそれを尊重して読まれることを進める。
女性詩人 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/0josei00index.html 女性詩人古代から近世に至るまで女性の詩は書くことを許されない環境にあった。貴族の子女、芸妓だけである。残されている詩のほとんどは詞、楽府の優雅、雅なものへの媚の詞である。しかしその中に針のような痛みを感じさせるものがあるのである。
孟郊詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/328_moukou001.html 「文章得其微,物象由我裁。」詩人が作り出す文章は細やかなる描写表現を得ているものだ、万物の事象をも作り出すことさえも詩人自身の裁量でもってするのである。
李商隠詩 http://kanbuniinkai7.dousetsu.com/99_rishoinn150.html Ⅰ李商隠150首
魚玄機 詩 全首130回賦得江邊柳 魚玄機  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-65-1-#五言律詩  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1876
薛濤 詩詞全首100 井梧吟 薛濤 唐五代詞・宋詩 薛濤-136-8-#1  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2227
主に花間集から
温庭筠 70首『菩薩蠻 一』温庭筠  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-1-1-#1 花間集 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1620
韋荘 50首 菩薩蠻 一 韋荘  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩花間集Gs-247-5-#1  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2617
皇甫松 10首 採蓮子二首  其一 皇甫松  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-307-5-#61  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3082
牛嶠  20首 女冠子四首 其一 牛嶠  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-312-5-#66  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3107
『花間集』継続中 
杜甫全詩 韓愈全詩 李白全集 文選 花間集 古詩源 玉台新詠

 

《潮州刺史謝上表》韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <935  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3659韓愈詩-242-(3)

 

 

248-(3)#2-1

臣以正月十四日,蒙恩除潮州刺史,

私は正月十四日に、恩命を蒙り潮州刺史に任ぜられました。

即日奔馳上道,經涉嶺海,

そしてその日のうちに奔り馳せて出発して、五嶺山脈を越え、広東から海を過ぎ渡りました。

水陸萬裏,以今月二十五日,到州上訖。

その間、水に進み、陸を行くこと万里にもなり、今月(三月)二十五日をもって潮州の役所に到着して、赴任の旅はおわりました。

與官吏百姓等相見,具言朝廷治平,

すぐに、潮州の官吏や一般人民らと会見し、詳しく申しましたことは、「朝廷は治まり平安とする施政をしていること。」

天子神聖,威武慈仁,

「天子は神のごとくすぐれ給こと。」、「御威光いかめしく御慈愛深いこと。」

子養億兆人庶,無有親疏遠邇,

「億兆の庶民を子のごとく養われること。」、「親しいもの疎いもの、遠い近いということでの区別などはされないこと。」

雖在萬裏之外,嶺海之陬,

「朝廷より万里の外、山海の片隅の地にあっても、

待之一如畿甸之間,輦轂之下。

これをもて扱うことはまったく畿内の地方、天子の御車近くの京都と同じようであること。」

 (4)#2-2

有善必聞,有惡必見,

早朝晚罷,兢兢業業,

惟恐四海之,天地之中,一物不得其所,

故遣刺史麵問百姓疾苦,

苟有不便,得以上陳。

 

臣 正月十四日を以て,恩を蒙りて潮州の刺史に除せられ,

即日 奔馳【ほんち】して道に上り,嶺海を經涉【けいしょう】す。

水陸 萬裏【ばんり】にして,今月二十五日を以て,州上【しゅうじょう】に到り訖【おわ】る。

官吏百姓等と相い見て,具【つぶさ】に言う 朝廷治平なり。

天子神聖にして,威武 慈仁なり。

億兆の人庶を子養して,親疏【しんそ】遠邇【えんじ】有る無し。

萬裏の外に,嶺海の陬【すう】に在ると雖も,

之を待つこと一に畿甸【きでん】の間,輦轂【れんこく】の下の如し。

(4)#2-2

善有れば必ず聞き,惡有れば必ず見る。

早に朝し晚に罷み,兢兢 業業たり,

惟【ただ】し四海の,天地の中,一物も其の所を得ざるを恐る。

故に刺史を遣わし 百姓の疾苦を麵問【めんもん】せしむ。

【いやし】くも不便【ふべん】有らば,以て上陳するを得んと。

漢文委員会紀頌之タイトル002 

 

『潮州刺史謝上表』現代語訳と訳註

(本文) 3)#2-1

臣以正月十四日,蒙恩除潮州刺史,

即日奔馳上道,經涉嶺海,

水陸萬裏,以今月二十五日,到州上訖。

與官吏百姓等相見,具言朝廷治平,

天子神聖,威武慈仁,

子養億兆人庶,無有親疏遠邇,

雖在萬裏之外,嶺海之陬,

待之一如畿甸之間,輦轂之下。

 

(下し文)

臣 正月十四日を以て,恩を蒙りて潮州の刺史に除せられ,

即日 奔馳【ほんち】して道に上り,嶺海を經涉【けいしょう】す。

水陸 萬裏【ばんり】にして,今月二十五日を以て,州上【しゅうじょう】に到り訖【おわ】る。

官吏百姓等と相い見て,具【つぶさ】に言う 朝廷治平なり。

天子神聖にして,威武 慈仁なり。

億兆の人庶を子養して,親疏【しんそ】遠邇【えんじ】有る無し。

萬裏の外に,嶺海の陬【すう】に在ると雖も,

之を待つこと一に畿甸【きでん】の間,輦轂【れんこく】の下の如し。

DCF00212 

(現代語訳)

私は正月十四日に、恩命を蒙り潮州刺史に任ぜられました。

そしてその日のうちに奔り馳せて出発して、五嶺山脈を越え、広東から海を過ぎ渡りました。

その間、水に進み、陸を行くこと万里にもなり、今月(三月)二十五日をもって潮州の役所に到着して、赴任の旅はおわりました。

すぐに、潮州の官吏や一般人民らと会見し、詳しく申しましたことは、「朝廷は治まり平安とする施政をしていること。」

「天子は神のごとくすぐれ給こと。」、「御威光いかめしく御慈愛深いこと。」

「億兆の庶民を子のごとく養われること。」、「親しいもの疎いもの、遠い近いということでの区別などはされないこと。」

「朝廷より万里の外、山海の片隅の地にあっても、

これをもて扱うことはまったく畿内の地方、天子の御車近くの京都と同じようであること。」

 

 

(訳注) 3)#2-1

臣以正月十四日,蒙恩除潮州刺史,

私は正月十四日に、恩命を蒙り潮州刺史に任ぜられました。

○蒙恩 天子の恩により命をこうむって。御命令で。

○除 官に任ぜられる。旧官を除去して新官につかせる。

 

即日奔馳上道,經涉嶺海,

そしてその日のうちに奔り馳せて出発して、五嶺山脈を越え、広東から海を過ぎ渡りました。

○経渉 山をこえ海を渡る。

○嶺海 山海、嶺は五嶺(湖南から福建広東にある山、大庚・始安・臨賀・桂陽・掲陽の五嶺山脈)、海は南シナ海、途中、嵐にあって、内陸に避難した。『宿曾江口示姪孫湘,二首之一 之二

 

水陸萬裏,以今月二十五日,到州上訖。

その間、水に進み、陸を行くこと万里にもなり、今月(三月)二十五日をもって潮州の役所に到着して、赴任の旅はおわりました。

○訖 了と同じ。

 

與官吏百姓等相見,具言朝廷治平,

すぐに、潮州の官吏や一般人民らと会見し、詳しく申しましたことは、「朝廷は治まり平安とする施政をしていること。」

○具 つぶさ。くわしく。漏なく。

 

天子神聖,威武慈仁,

「天子は神のごとくすぐれ給こと。」、「御威光いかめしく御慈愛深いこと。」

 

子養億兆人庶,無有親疏遠邇,

「億兆の庶民を子のごとく養われること。」、「親しいもの疎いもの、遠い近いということでの区別などはされないこと。」

○子養 子として養う。父母のような慈愛で生活を守る。

○人庶 人民。民庶とすべきところ、唐の太宗の世民という名を避けて人庶とした。庶は数多い人。

○遠邇 遠いと近いと。邇はちかい。

 

雖在萬裏之外,嶺海之陬,

「朝廷より万里の外、山海の片隅の地にあっても、

○陬 辺地。片隅の地。

 

待之一如畿甸之間,輦轂之下。

これをもて扱うことはまったく畿内の地方、天子の御車近くの京都と同じようであること。」

〇歳甸 故は天子直轄の地。王都を去る五百里以内の地、甸も畿に同じ、直隷の地。郊外ともいう。

○輦穀 輦は天子の車、轂はこしき。車輪の中央、輻(ふく)(矢)の集まる所。その下とは天子の御座所に近い地。京都。
2潮州広東00 

《潮州刺史謝上表》韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <934>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3654韓愈詩-242-(2)#1-2

韓愈《潮州刺史謝上表》陛下は私の愚かな忠義心をあわれに思い、私の常識はずれた正直を思いやり下さったものである。私の謂わんとする言辞は罪すべきものであるけれど、心にはまた他意がないと思召してくださった。


2014年1月26日 の紀頌之5つのブログ
●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場
Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 
LiveDoorブログ
班孟堅(班固)《東都賦》(19)#10-2 文選 賦<113―19>18分割55回 Ⅱ李白に影響を与えた詩1021 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3653
●唐を代表する中唐の韓愈の儒家としての考えのよくわかる代表作の一つ
Ⅱ中唐詩・晩唐詩
 
 LiveDoorブログ
《潮州刺史謝上表》韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <934>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3654韓愈詩-242-(2)#1-2
●杜甫の全作品1141首を取り上げて訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"
Ⅲ杜甫詩1000詩集  LiveDoorブログ 746廣徳2年764年―6-#2 《憶昔,二首之二》 蜀中転々 杜甫 <656-2>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3655 杜甫詩1000-656-2-925/1500750-2
●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている
Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2ブログ 266 《華山女》 韓愈  kanbuniinkai 紀 頌之の詩詞 fc2ブログ 3656 (01/26)
●●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩。唐から五代詩詞。花間集
Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoor 11 -12 南鄉子八首 其八 歐陽舍人炯十七首ⅩⅫ唐五代詞・「花間集」 Gs-422-11-#12  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3657
 
 ■最近の人気の文・賦・詩・詞(漢詩の5ブログ各部門)
 ■主要詩人の一覧・詩目次・ブログindex
『楚辞・九歌』東君 屈原詩<78-#1>505 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1332http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67664757.html
『楚辞』九辯 第九段―まとめ 宋玉  <00-#35> 664 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2304  http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-rihakujoseishi/archives/6471825.html
安世房中歌十七首(1) 唐山夫人 漢詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67710265.html 
為焦仲卿妻作 序 漢詩<143>古詩源 巻三 女性詩http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67729401.html
於凊河見輓船士新婚別妻一首 曹丕(魏文帝) 魏詩http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67759129.html
朔風 (一章) 曹植 魏詩<25-#1>文選雑詩 上 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67780868.html
謝靈運詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/1901_shareiun000.html 謝靈運詩六朝期の山水詩人。この人の詩は上品ですがすがしい男性的な深みのある詩である。後世に多大な影響を残している。
謝靈運が傲慢で磊落だったというが彼の詩からはそれを感じさせるということは微塵もない。謝靈運、謝朓、孟浩然は好きな詩人である。
登永嘉緑嶂山詩 #1 謝霊運 <20> 詩集 386ーhttp://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67474554.html
登池上樓 #1 謝霊運<25>#1  ー http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67502196.html
孟浩然の詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/209mokonen01.html 孟浩然の詩盛唐初期の詩人であるが謝霊運の詩に傾倒して山水詩人としてとてもきれいな詩を書いている。特に山水画のような病者の中で細やかな部分に動態を感じさせる表現力は素晴らしい。
李商隠詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/3991_rishoin000.html 
李商隠詩 華やかな時はほんの1年余り、残りは不遇であった。それが独特な詩を生み出した。この詩人の詩は物語であり、詩を単発で見ては面白くなく、数編から十数編のシリーズになっているのでそれを尊重して読まれることを進める。
女性詩人 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/0josei00index.html 女性詩人古代から近世に至るまで女性の詩は書くことを許されない環境にあった。貴族の子女、芸妓だけである。残されている詩のほとんどは詞、楽府の優雅、雅なものへの媚の詞である。しかしその中に針のような痛みを感じさせるものがあるのである。
孟郊詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/328_moukou001.html 「文章得其微,物象由我裁。」詩人が作り出す文章は細やかなる描写表現を得ているものだ、万物の事象をも作り出すことさえも詩人自身の裁量でもってするのである。
李商隠詩 http://kanbuniinkai7.dousetsu.com/99_rishoinn150.html Ⅰ李商隠150首
魚玄機 詩 全首130回賦得江邊柳 魚玄機  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-65-1-#五言律詩  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1876
薛濤 詩詞全首100 井梧吟 薛濤 唐五代詞・宋詩 薛濤-136-8-#1  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2227
主に花間集から
温庭筠 70首『菩薩蠻 一』温庭筠  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-1-1-#1 花間集 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1620
韋荘 50首 菩薩蠻 一 韋荘  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩花間集Gs-247-5-#1  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2617
皇甫松 10首 採蓮子二首  其一 皇甫松  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-307-5-#61  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3082
牛嶠  20首 女冠子四首 其一 牛嶠  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-312-5-#66  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3107
『花間集』継続中 
杜甫全詩 韓愈全詩 李白全集 文選 花間集 古詩源 玉台新詠

 

《潮州刺史謝上表》韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <934  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3654韓愈詩-242-(2)1-2

 

 

潮州に着いたのは、819年元和14年の3月25日であった。長安を出てから三か月若の日数がかかったわけである。流罪とはいえ形式上は潮州刺史の辞令をもらって赴任したのであるから、到着の報告書を作成した。その「潮州刺史謝上表」は、恭順の意がのべられ、死罪になっても文句のないところであること。流罪になったのはまことに寛大な処置で、自分はここの地方長官として天子の恩徳を住民に告げた」ということが書かれている。その一方、哀願もしていて、こんな片田舎では生活できないから、一日も早く呼びもどしてほしいと訴えている。北方生まれの韓愈にとって、南での生活はすべてが異様であり、耐えがたいものだったのだ。三度目の嶺南行である。

 

 

潮州刺史謝上表 韓愈

1

臣某言:臣以狂妄戇愚,不識禮度,上表陳佛骨事,言涉不敬,正名定罪,萬死猶輕。陛下哀臣愚忠,恕臣狂直,謂臣言雖可罪,心亦無他,特屈刑章,以臣為潮州刺史。既免刑誅,又獲祿食,聖恩宏大,天地莫量,破腦刳心,豈足為謝!臣某誠惶誠恐,頓首頓首。

2

臣以正月十四日,蒙恩除潮州刺史,即日奔馳上道,經涉嶺海,水陸萬裏,以今月二十五日,到州上訖。與官吏百姓等相見,具言朝廷治平,天子神聖,威武慈仁,子養億兆人庶,無有親疏遠邇,雖在萬裏之外,嶺海之陬,待之一如畿甸之間,輦轂之下。有善必聞,有惡必見,早朝晚罷,兢兢業業,惟恐四海之,天地之中,一物不得其所,故遣刺史麵問百姓疾苦,苟有不便,得以上陳。

3

國家憲章完具,為治日久,守令承奉詔條,違犯者鮮,雖在蠻荒,無不安泰。聞臣所稱聖德,惟知鼓舞讙歡呼,不勞施為,坐以無事。臣某誠惶誠恐,頓首頓首。

4

臣所領州,在廣府極東界上,去廣府雖雲才二千裏,然往來動皆經月。過海口,下惡水。濤瀧壯猛,難計程期;颶風鱷魚,患禍不測。州南近界,漲海連天;毒霧瘴氛,日夕發作。

4

臣少多病,年才五十,發白齒落,理不久長,加以罪犯至重,所處又極遠惡,憂惶慚悸,死亡無日。單立一身,朝無親黨,居蠻夷之地,與魑魅為群,苟非陛下哀而念之,誰肯為臣言者?

5

臣受性愚陋,人事多所不通,惟酷好學問文章,未一日暫廢,實為時輩所見推許。臣於當時之文,亦未有過人者。至於論述陛下功德,與《詩》《書》相表裏;作為歌詩,薦之郊廟;紀泰山之封,鏤白玉之牒;鋪張對天之閎休,揚厲無前之偉績,編之乎《詩》《書》之策而無愧,措之乎天地之間而無虧。雖使古人複生,臣亦未肯多讓。

6

伏以大唐受命有天下,四海之,莫不臣妾,南北東西,地各萬裏。自天寶之後,政治少懈,文致未優,武克不剛,孽臣奸隸,蠹居棋處,搖毒自防,外順悖,父死子代,以祖以孫,如古諸侯,自擅其地,不貢不朝,六七十年。四聖傳序,以至陛下。

7

陛下即位以來,躬親聽斷;旋乾轉坤,關機闔開;雷厲風飛,日月所照;天戈所麾,莫不寧順;大宇之下,生息理極。高祖創制天下,其功大矣,而治未太平也;太宗太平矣,而大功所立,鹹在高祖之代。非如陛下承天寶之後,接因循之餘,六七十年之外,赫然興起,南麵指麾,而致此巍巍之治功也。宜定樂章,以告神明,東巡泰山,奏功皇天,具著顯庸,明示得意,使永永年代,服我成烈。

8

當此之際,所謂千載一時不可逢之嘉會,而臣負罪嬰,自拘海島,戚戚嗟嗟,日與死迫,曾不得奏薄技於從官之、隸禦之間,窮思畢精,以贖罪過,懷痛窮天,死不閉目,瞻望宸極,魂神飛去。伏惟皇帝陛下,天地父母,哀而憐之,無任感恩戀闕慚惶懇迫之至。謹附表陳謝以聞。

2蜀の山00 

潮州刺史謝上表 韓愈

(広東省潮州に左遷された韓退之が、罪を許されて召還され、中央政府に用いられることを願い、謝して奉った上表文である。)

(1)1-1

臣某言:臣以狂妄戇愚,不識禮度,

家臣の私が申し上げます。私は人並みはずれて激しく無分別な考えの愚かなもので、礼儀法度もわきまえておりませんでした。

上表陳佛骨事,言涉不敬,

仏骨のことを論じた表をたてまつって、陳述も致し、その言辞が不敬にわたってもおりました。

正名定罪,萬死猶輕。

その名分を正して罪を定めるならは、万死もなお軽く、全く生命はないはずのものでありました。

(2)1-2

陛下哀臣愚忠,恕臣狂直,

しかし、陛下は私の愚かな忠義心をあわれに思い、私の常識はずれた正直を思いやり下さったものである。

謂臣言雖可罪,心亦無他,

私の謂わんとする言辞は罪すべきものであるけれど、心にはまた他意がないと思召してくださった。

特屈刑章,以臣為潮州刺史。

刑の条文をまげ改めてまでも、この私を潮州の刺史となされました。

既免刑誅,又獲祿食,

すでに罪刑を下し殺されるということを免じられて、その上、役人としての食俸禄を得ることができました。

聖恩宏大,天地莫量,

このことは、聖天子の御恩が弘大であること、それは天地大きさを量ることのできないことにも似ている。

破腦刳心,豈足為謝!

これに対して、脳を砕き破り、心臓を切り裂いても、どうして御礼申し上げるに足りましょうか。

臣某誠惶誠恐,頓首頓首。

私韓愈は、真心より恐れかしこみ、頓首し、重ねて頓首して申し上げます。

 

2潮州広東00 

(潮州刺史【しし】謝【しゃ】上表【じょうひょう】)#1

臣の某は言う:臣 狂妄【きょうぼう】戇愚【とうぐ】,不識禮度をらざるを以てす。,

上表して佛骨の事を陳べ,言 不敬【ふけい】に涉る,

名を正し罪を定めば,萬死も猶お輕し。

 

陛下 臣が愚忠を哀み,臣が狂直を恕す。

謂【おもえ】らく臣の言 罪とす可しと雖も,心は亦た他無しと。

特に刑章を屈し,臣を以て潮州の刺史と為す。

既に刑誅を免れ,又 祿食を獲たり。

聖恩 宏大にして,天地 量る莫れ。

腦を破り刳心を【さ】くとも,豈に謝を為すに足らんや!

臣某 誠惶し誠恐せる,頓首とし頓首とす。

 

 

『潮州刺史謝上表』現代語訳と訳註

(本文)  (2)1-2

陛下哀臣愚忠,恕臣狂直,

謂臣言雖可罪,心亦無他,

特屈刑章,以臣為潮州刺史。

既免刑誅,又獲祿食,

聖恩宏大,天地莫量,

破腦刳心,豈足為謝!

臣某誠惶誠恐,頓首頓首。

 

(下し文)

陛下 臣が愚忠を哀み,臣が狂直を恕す。

謂【おもえ】らく臣の言 罪とす可しと雖も,心は亦た他無しと。

特に刑章を屈し,臣を以て潮州の刺史と為す。

既に刑誅を免れ,又 祿食を獲たり。

聖恩 宏大にして,天地 量る莫れ。

腦を破り刳心を【さ】くとも,豈に謝を為すに足らんや!

臣某 誠惶し誠恐せる,頓首とし頓首とす。

 

(現代語訳)

しかし、陛下は私の愚かな忠義心をあわれに思い、私の常識はずれた正直を思いやり下さったものである。

私の謂わんとする言辞は罪すべきものであるけれど、心にはまた他意がないと思召してくださった。

刑の条文をまげ改めてまでも、この私を潮州の刺史となされました。

すでに罪刑を下し殺されるということを免じられて、その上、役人としての食俸禄を得ることができました。

このことは、聖天子の御恩が弘大であること、それは天地大きさを量ることのできないことにも似ている。

これに対して、脳を砕き破り、心臓を切り裂いても、どうして御礼申し上げるに足りましょうか。

私韓愈は、真心より恐れかしこみ、頓首し、重ねて頓首して申し上げます。

 

 

(訳注)(2)1-2

陛下哀臣愚忠,恕臣狂直,

しかし、陛下は私の愚かなしん忠義心をあわれに思い、私の常識はずれた正直を思いやり下さったものである。

○愚忠 問題の『佛骨を論ずる表』は天子を批判するものではなく、仏教を信ずるより、古来よりの儒教を国教にすべきというもので、忠義心からのものであった。

 

謂臣言雖可罪,心亦無他,

私の謂わんとする言辞は罪すべきものであるけれど、心にはまた他意がないと思召してくださった。

 

特屈刑章,以臣為潮州刺史。

刑の条文をまげ改めてまでも、この私を潮州の刺史となされました。

○屈刑章 刑九章の条文を曲げること。

 

既免刑誅,又獲祿食,

すでに罪刑を下し殺されるということを免じられて、その上、役人としての食俸禄を得ることができました。

 

聖恩宏大,天地莫量,

このことは、聖天子の御恩が弘大であること、それは天地大きさを量ることのできないことにも似ている。

○天地莫量 天子の御恩が天地のごとく量り切れない。

 

破腦刳心,豈足為謝!

これに対して、脳を砕き破り、心臓を切り裂いても、どうして御礼申し上げるに足りましょうか。

○破腦刳心 脳を打ち破り、心臓を切り割いて、わが身を打ちくだき切り割いても。

 

臣某誠惶誠恐,頓首頓首。

私韓愈は、真心より恐れかしこみ、頓首し、重ねて頓首して申し上げます。

○頓首 丁重なおじぎをする。頓首は頭を地に打ちつけて礼をする。叩頭に同じく、手紙、上表文に用いる儀礼語。
泰山の夕日 

《潮州刺史謝上表》韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <933>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3649韓愈詩-242-1

(広東省潮州に左遷された韓愈が、罪を許されて召還され、中央政府に用いられることを願い、謝して奉った上表文である。)家臣の私が申し上げます。私は人並みはずれて激しく無分別な考えの愚かなもので、礼儀法度もわきまえておりませんでした。

 

2014年1月25日 の紀頌之5つのブログ
●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場
Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 
LiveDoorブログ
班孟堅(班固)《東都賦》(18)#10(神を敬うと仁徳の施政)―1 文選 賦<113―18>18分割55回 Ⅱ李白に影響を与えた詩1020 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3648
●唐を代表する中唐の韓愈の儒家としての考えのよくわかる代表作の一つ
Ⅱ中唐詩・晩唐詩
 
 LiveDoorブログ
《潮州刺史謝上表》韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <933>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3649韓愈詩-242-1
●杜甫の全作品1141首を取り上げて訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"
Ⅲ杜甫詩1000詩集  LiveDoorブログ 746廣徳2年764年―6-#1 《憶昔,二首之二》 蜀中転々 杜甫 <656-1>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3650 杜甫詩1000-656-1-924/1500 750-1
●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている
Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2ブログ 265 《調張籍》 韓愈  kanbuniinkai 紀 頌之の詩詞 fc2ブログ 3651 (01/25)
●●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩。唐から五代詩詞。花間集
Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoor 11 -11 南鄉子八首 其七 歐陽舍人炯十七首ⅩⅫ唐五代詞・「花間集」 Gs-421-11-#11  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3652
 
 ■最近の人気の文・賦・詩・詞(漢詩の5ブログ各部門)
 ■主要詩人の一覧・詩目次・ブログindex
『楚辞・九歌』東君 屈原詩<78-#1>505 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1332http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67664757.html
『楚辞』九辯 第九段―まとめ 宋玉  <00-#35> 664 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2304  http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-rihakujoseishi/archives/6471825.html
安世房中歌十七首(1) 唐山夫人 漢詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67710265.html 
為焦仲卿妻作 序 漢詩<143>古詩源 巻三 女性詩http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67729401.html
於凊河見輓船士新婚別妻一首 曹丕(魏文帝) 魏詩http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67759129.html
朔風 (一章) 曹植 魏詩<25-#1>文選雑詩 上 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67780868.html
謝靈運詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/1901_shareiun000.html 謝靈運詩六朝期の山水詩人。この人の詩は上品ですがすがしい男性的な深みのある詩である。後世に多大な影響を残している。
謝靈運が傲慢で磊落だったというが彼の詩からはそれを感じさせるということは微塵もない。謝靈運、謝朓、孟浩然は好きな詩人である。
登永嘉緑嶂山詩 #1 謝霊運 <20> 詩集 386ーhttp://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67474554.html
登池上樓 #1 謝霊運<25>#1  ー http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67502196.html
孟浩然の詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/209mokonen01.html 孟浩然の詩盛唐初期の詩人であるが謝霊運の詩に傾倒して山水詩人としてとてもきれいな詩を書いている。特に山水画のような病者の中で細やかな部分に動態を感じさせる表現力は素晴らしい。
李商隠詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/3991_rishoin000.html 
李商隠詩 華やかな時はほんの1年余り、残りは不遇であった。それが独特な詩を生み出した。この詩人の詩は物語であり、詩を単発で見ては面白くなく、数編から十数編のシリーズになっているのでそれを尊重して読まれることを進める。
女性詩人 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/0josei00index.html 女性詩人古代から近世に至るまで女性の詩は書くことを許されない環境にあった。貴族の子女、芸妓だけである。残されている詩のほとんどは詞、楽府の優雅、雅なものへの媚の詞である。しかしその中に針のような痛みを感じさせるものがあるのである。
孟郊詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/328_moukou001.html 「文章得其微,物象由我裁。」詩人が作り出す文章は細やかなる描写表現を得ているものだ、万物の事象をも作り出すことさえも詩人自身の裁量でもってするのである。
李商隠詩 http://kanbuniinkai7.dousetsu.com/99_rishoinn150.html Ⅰ李商隠150首
魚玄機 詩 全首130回賦得江邊柳 魚玄機  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-65-1-#五言律詩  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1876
薛濤 詩詞全首100 井梧吟 薛濤 唐五代詞・宋詩 薛濤-136-8-#1  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2227
主に花間集から
温庭筠 70首『菩薩蠻 一』温庭筠  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-1-1-#1 花間集 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1620
韋荘 50首 菩薩蠻 一 韋荘  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩花間集Gs-247-5-#1  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2617
皇甫松 10首 採蓮子二首  其一 皇甫松  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-307-5-#61  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3082
牛嶠  20首 女冠子四首 其一 牛嶠  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-312-5-#66  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3107
『花間集』継続中 
杜甫全詩 韓愈全詩 李白全集 文選 花間集 古詩源 玉台新詠


《潮州刺史謝上表》韓愈
(韓退之) Ⅱ中唐詩 <933  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3649韓愈詩-242-1

 

 

潮州に着いたのは、819年元和14年の3月25日であった。長安を出てから三か月若の日数がかかったわけである。流罪とはいえ形式上は潮州刺史の辞令をもらって赴任したのであるから、到着の報告書を作成した。その「潮州刺史謝上表」は、恭順の意がのべられ、死罪になっても文句のないところであること。流罪になったのはまことに寛大な処置で、自分はここの地方長官として天子の恩徳を住民に告げた」ということが書かれている。その一方、哀願もしていて、こんな片田舎では生活できないから、一日も早く呼びもどしてほしいと訴えている。北方生まれの韓愈にとって、南での生活はすべてが異様であり、耐えがたいものだったのだ。三度目の嶺南行である。

 

 

潮州刺史謝上表 韓愈

1

臣某言:臣以狂妄戇愚,不識禮度,上表陳佛骨事,言涉不敬,正名定罪,萬死猶輕。陛下哀臣愚忠,恕臣狂直,謂臣言雖可罪,心亦無他,特屈刑章,以臣為潮州刺史。既免刑誅,又獲祿食,聖恩宏大,天地莫量,破腦刳心,豈足為謝!臣某誠惶誠恐,頓首頓首。

2

臣以正月十四日,蒙恩除潮州刺史,即日奔馳上道,經涉嶺海,水陸萬裏,以今月二十五日,到州上訖。與官吏百姓等相見,具言朝廷治平,天子神聖,威武慈仁,子養億兆人庶,無有親疏遠邇,雖在萬裏之外,嶺海之陬,待之一如畿甸之間,輦轂之下。有善必聞,有惡必見,早朝晚罷,兢兢業業,惟恐四海之,天地之中,一物不得其所,故遣刺史麵問百姓疾苦,苟有不便,得以上陳。

3

國家憲章完具,為治日久,守令承奉詔條,違犯者鮮,雖在蠻荒,無不安泰。聞臣所稱聖德,惟知鼓舞讙歡呼,不勞施為,坐以無事。臣某誠惶誠恐,頓首頓首。

4

臣所領州,在廣府極東界上,去廣府雖雲才二千裏,然往來動皆經月。過海口,下惡水。濤瀧壯猛,難計程期;颶風鱷魚,患禍不測。州南近界,漲海連天;毒霧瘴氛,日夕發作。

4

臣少多病,年才五十,發白齒落,理不久長,加以罪犯至重,所處又極遠惡,憂惶慚悸,死亡無日。單立一身,朝無親黨,居蠻夷之地,與魑魅為群,苟非陛下哀而念之,誰肯為臣言者?

5

臣受性愚陋,人事多所不通,惟酷好學問文章,未一日暫廢,實為時輩所見推許。臣於當時之文,亦未有過人者。至於論述陛下功德,與《詩》《書》相表裏;作為歌詩,薦之郊廟;紀泰山之封,鏤白玉之牒;鋪張對天之閎休,揚厲無前之偉績,編之乎《詩》《書》之策而無愧,措之乎天地之間而無虧。雖使古人複生,臣亦未肯多讓。

6

伏以大唐受命有天下,四海之,莫不臣妾,南北東西,地各萬裏。自天寶之後,政治少懈,文致未優,武克不剛,孽臣奸隸,蠹居棋處,搖毒自防,外順悖,父死子代,以祖以孫,如古諸侯,自擅其地,不貢不朝,六七十年。四聖傳序,以至陛下。

7

陛下即位以來,躬親聽斷;旋乾轉坤,關機闔開;雷厲風飛,日月所照;天戈所麾,莫不寧順;大宇之下,生息理極。高祖創制天下,其功大矣,而治未太平也;太宗太平矣,而大功所立,鹹在高祖之代。非如陛下承天寶之後,接因循之餘,六七十年之外,赫然興起,南麵指麾,而致此巍巍之治功也。宜定樂章,以告神明,東巡泰山,奏功皇天,具著顯庸,明示得意,使永永年代,服我成烈。

8

當此之際,所謂千載一時不可逢之嘉會,而臣負罪嬰,自拘海島,戚戚嗟嗟,日與死迫,曾不得奏薄技於從官之、隸禦之間,窮思畢精,以贖罪過,懷痛窮天,死不閉目,瞻望宸極,魂神飛去。伏惟皇帝陛下,天地父母,哀而憐之,無任感恩戀闕慚惶懇迫之至。謹附表陳謝以聞。

 

潮州刺史謝上表 1

(広東省潮州に左遷された韓退之が、罪を許されて召還され、中央政府に用いられることを願い、謝して奉った上表文である。)

臣某言:臣以狂妄戇愚,不識禮度,

家臣の私が申し上げます。私は人並みはずれて激しく無分別な考えの愚かなもので、礼儀法度もわきまえておりませんでした。

上表陳佛骨事,言涉不敬,

仏骨のことを論じた表をたてまつって、陳述も致し、その言辞が不敬にわたってもおりました。

正名定罪,萬死猶輕。

その名分を正して罪を定めるならは、万死もなお軽く、全く生命はないはずのものでありました。

#2

陛下哀臣愚忠,恕臣狂直,

謂臣言雖可罪,心亦無他,

特屈刑章,以臣為潮州刺史。

既免刑誅,又獲祿食,

聖恩宏大,天地莫量,

破腦刳心,豈足為謝!

臣某誠惶誠恐,頓首頓首。

 

(潮州刺史【しし】謝【しゃ】上表【じょうひょう】)#1

臣の某は言う:臣 狂妄【きょうぼう】戇愚【とうぐ】,不識禮度をらざるを以てす。,

上表して佛骨の事を陳べ,言 不敬【ふけい】に涉る,

名を正し罪を定めば,萬死も猶お輕し。

 

陛下 臣が愚忠を哀み,臣が狂直を恕す。

謂【おもえ】らく臣の言 罪とす可しと雖も,心は亦た他無しと。

特に刑章を屈し,臣を以て潮州の刺史と為す。

既に刑誅を免れ,又 祿食を獲たり。

聖恩 宏大にして,天地 量る莫れ。

腦を破り刳心を【さ】くとも,豈に謝を為すに足らんや!

臣某 誠惶し誠恐せる,頓首とし頓首とす。

 

 

『潮州刺史謝上表』現代語訳と訳註

(本文) 1

臣某言:臣以狂妄戇愚,不識禮度,

上表陳佛骨事,言涉不敬,

正名定罪,萬死猶輕。

 

(下し文)

(潮州刺史【しし】謝【しゃ】上表【じょうひょう】)#1

臣の某は言う:臣 狂妄【きょうぼう】戇愚【とうぐ】,不識禮度をらざるを以てす。,

上表して佛骨の事を陳べ,言 不敬【ふけい】に涉る,

名を正し罪を定めば,萬死も猶お輕し。

 

(現代語訳)

(広東省潮州に左遷された韓退之が、罪を許されて召還され、中央政府に用いられることを願い、謝して奉った上表文である。)

家臣の私が申し上げます。私は人並みはずれて激しく無分別な考えの愚かなもので、礼儀法度もわきまえておりませんでした。

仏骨のことを論じた表をたてまつって、陳述も致し、その言辞が不敬にわたってもおりました。

その名分を正して罪を定めるならは、万死もなお軽く、全く生命はないはずのものでありました。

 

(訳注)

潮州刺史謝上表 韓愈 #1

(広東省潮州に左遷された韓退之が、罪を許されて召還され、中央政府に用いられることを願い、謝して奉った上表文である。)刺史はその州の知事、長官のことである。

2潮州広東00 

臣某言:臣以狂妄戇愚,不識禮度,

家臣の私が申し上げます。私は人並みはずれて激しく無分別な考えの愚かなもので、礼儀法度もわきまえておりませんでした。

○狂妄 常識はずれのむやみな。常軌を逸してわけのわからぬ。○戇愚 二字とも愚かなこと。戇は正直ではあるが智の少ないこと。

○礼度 礼儀法度、身分による行為形式と制度。

 

上表陳佛骨事,言涉不敬,

仏骨のことを論じた表をたてまつって、陳述も致し、その言辞が不敬にわたってもおりました。

○佛骨事 《論佛骨表》(1)元和十四年韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <884  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3404韓愈詩-227-1

18回に分割して訳注しているので参照。

 

正名定罪,萬死猶輕。

その名分を正して罪を定めるならは、万死もなお軽く、全く生命はないはずのものでありました。

○正名 名分を正す。名目を正す。

○万死 絶対な死。死を免れない。
DCF00212
 

《答柳柳州食蝦蟆》韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <932>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3644韓愈詩-241-#4

韓愈《答柳柳州食蝦蟆》それなのに君はまたどうしたことだろうか、甘いものを食べるのと高級な肉料理とくらべて喜んで食べているということを。孟子も言っている、「狩猟の獲物をくらべるのでも土地の風俗に同調しょうとつとめるもの」だし、親からもらったこの身を全うするのこそ孝行である。


2014年1月24日 の紀頌之5つのブログ
●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場
Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 
LiveDoorブログ
班孟堅(班固)《東都賦》(17)#9-2 文選 賦<113―17>18分割55回 Ⅱ李白に影響を与えた詩1019 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3643
●唐を代表する中唐の韓愈の儒家としての考えのよくわかる代表作の一つ
Ⅱ中唐詩・晩唐詩
 
 LiveDoorブログ
《答柳柳州食蝦蟆》韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <932>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3644韓愈詩-241-#4
●杜甫の全作品1141首を取り上げて訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"
Ⅲ杜甫詩1000詩集  LiveDoorブログ 746廣徳2年764年―5-#2 《憶昔,二首之一》 蜀中転々 杜甫 <655-#2>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3645 杜甫詩1000-655-2-923/1500749-2
●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている
Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2ブログ 264 《誰氏子》 韓愈  kanbuniinkai 紀 頌之の詩詞 fc2ブログ 3646 (01/24)
●●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩。唐から五代詩詞。花間集
Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoor 11 -10 南鄉子八首 其六 歐陽舍人炯十七首ⅩⅫ唐五代詞・「花間集」 Gs-420-11-#10  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3647
 
 ■最近の人気の文・賦・詩・詞(漢詩の5ブログ各部門)
 ■主要詩人の一覧・詩目次・ブログindex
『楚辞・九歌』東君 屈原詩<78-#1>505 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1332http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67664757.html
『楚辞』九辯 第九段―まとめ 宋玉  <00-#35> 664 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2304  http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-rihakujoseishi/archives/6471825.html
安世房中歌十七首(1) 唐山夫人 漢詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67710265.html 
為焦仲卿妻作 序 漢詩<143>古詩源 巻三 女性詩http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67729401.html
於凊河見輓船士新婚別妻一首 曹丕(魏文帝) 魏詩http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67759129.html
朔風 (一章) 曹植 魏詩<25-#1>文選雑詩 上 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67780868.html
謝靈運詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/1901_shareiun000.html 謝靈運詩六朝期の山水詩人。この人の詩は上品ですがすがしい男性的な深みのある詩である。後世に多大な影響を残している。
謝靈運が傲慢で磊落だったというが彼の詩からはそれを感じさせるということは微塵もない。謝靈運、謝朓、孟浩然は好きな詩人である。
登永嘉緑嶂山詩 #1 謝霊運 <20> 詩集 386ーhttp://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67474554.html
登池上樓 #1 謝霊運<25>#1  ー http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67502196.html
孟浩然の詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/209mokonen01.html 孟浩然の詩盛唐初期の詩人であるが謝霊運の詩に傾倒して山水詩人としてとてもきれいな詩を書いている。特に山水画のような病者の中で細やかな部分に動態を感じさせる表現力は素晴らしい。
李商隠詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/3991_rishoin000.html 
李商隠詩 華やかな時はほんの1年余り、残りは不遇であった。それが独特な詩を生み出した。この詩人の詩は物語であり、詩を単発で見ては面白くなく、数編から十数編のシリーズになっているのでそれを尊重して読まれることを進める。
女性詩人 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/0josei00index.html 女性詩人古代から近世に至るまで女性の詩は書くことを許されない環境にあった。貴族の子女、芸妓だけである。残されている詩のほとんどは詞、楽府の優雅、雅なものへの媚の詞である。しかしその中に針のような痛みを感じさせるものがあるのである。
孟郊詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/328_moukou001.html 「文章得其微,物象由我裁。」詩人が作り出す文章は細やかなる描写表現を得ているものだ、万物の事象をも作り出すことさえも詩人自身の裁量でもってするのである。
李商隠詩 http://kanbuniinkai7.dousetsu.com/99_rishoinn150.html Ⅰ李商隠150首
魚玄機 詩 全首130回賦得江邊柳 魚玄機  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-65-1-#五言律詩  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1876
薛濤 詩詞全首100 井梧吟 薛濤 唐五代詞・宋詩 薛濤-136-8-#1  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2227
主に花間集から
温庭筠 70首『菩薩蠻 一』温庭筠  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-1-1-#1 花間集 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1620
韋荘 50首 菩薩蠻 一 韋荘  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩花間集Gs-247-5-#1  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2617
皇甫松 10首 採蓮子二首  其一 皇甫松  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-307-5-#61  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3082
牛嶠  20首 女冠子四首 其一 牛嶠  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-312-5-#66  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3107
『花間集』継続中 
杜甫全詩 韓愈全詩 李白全集 文選 花間集 古詩源 玉台新詠

 

《答柳柳州食蝦蟆》韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <932  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3644韓愈詩-241-#4

 

 

三度の嶺南行
一度目は779年12歳のころ。
二度目は803年 36歳陽山の県令に貶められる。
三度目は今回819年潮州刺史に、52歳。
 

 

答柳柳州食蝦蟆 #1

(柳柳州、柳宗元柳州刺史の「蝦蟆を食う」詩に答える)

蝦蟆雖水居,水特變形貌。 

蝦蟆は水のなかに棲むものだが、水に棲む動物のなかでも特に変わった形をしている。

強號為蛙蛤,於實無所校。 

強いて蛙を水属のなかに入れているが、実際はほかに似たものがないのだ。

雖然兩股長,其奈脊皴皰。 

二本の脚は長いが、背中のいぼいぼはどうしようもない。

跳躑雖云高,意不離濘淖。

跳び上がるのは高いけれども、心はぬかるみから離れてはいないのだ。

#2 

鳴聲相呼和,無理只取鬧。 

鳴き声は呼びあって合唱し、筋みちも何もなく、ただやかましいだけだ。

周公所不堪,灑灰垂典教。 

周公もそのうるさいのに耐えかねたのであろう、灰をかけることをわざわざ教えとして垂れたもうた。

我棄愁海濱,恆願眠不覺。 

私は聖天子から見捨てられ、こうして、潮州の海浜で憂愁の日々を送っている。いつも願うのは、一度眠りこんだら目がさめないことだ。

叵堪朋類多,沸耳作驚爆。

ところがえびばく蝦蟇は同類が多くて、沸きかえるほどに爆竹の音を耳に響かせるような鳴き声をたてるのにはやりきれない。

#3 

端能敗笙磬,仍工亂學校。 

たしかにこれは妙なる音楽の音色をもだめにしてしまうほどのものであり、しかもうまい具合に学校で読書する声をもかき乱してしまうものだ。

雖蒙句踐禮,竟不聞報效。 

越王句践のあいさつ(檄)は受けたけれど、恩返しというほどの働きをした話を聞いていない。

大戰元鼎年,孰強孰敗橈。 

漢の元鼎の年に大合戦があったとのことだが、どちらが強くてどちらが負けたのか。

居然當鼎味,豈不辱釣罩。

それが料理の基本になっている、これは魚をとる道具をけがすものではないか。

#4

余初不下喉,近亦能稍稍。 

私は始めのうちは食べようとしても喉を通らなかったが、近ごろではまた少しずつ慣れてきた。

常懼染蠻夷,失平生好樂。 

それでもこわいもので蛮夷の風習に染まって、平生の好みを失ってしまうのではないかといつも気がかりなのだ。

而君復何為,甘食比豢豹。 

それなのに君はまたどうしたことだろうか、甘いものを食べるのと高級な肉料理とくらべて喜んで食べているということを。

獵較務同俗,全身斯為孝。 

孟子も言っている、「狩猟の獲物をくらべるのでも土地の風俗に同調しょうとつとめるもの」だし、親からもらったこの身を全うするのこそ孝行である。

哀哉思慮深,未見許回櫂。 

ああ悲しいことに君の思慮は深いのだが、都へと帰る舟に乗りこむことはまだ許されていない。君はまだ帰してもらえない。

(柳柳州の「蝦蟆を食う」に答う)

蝦蟆は水に居ると雖も,水 特に形貌を變ず。 

強いて號すは蛙蛤【あこう】と為す,實に於て校【くら】ぶる所無し。 

兩の股 長しと雖然【いえど】も,其れ脊の皴皰【しゅんぽう】を奈【いか】んせん。 

跳躑【ちょうてき】すること高しと云うと雖も,意は濘淖【ねいとう】を離れず。

 

鳴聲 相い呼びて和し,理 無くして只だ鬧【どう】を取るのみ。 

周公 堪えざる所,灰を灑ぎて典教を垂る。 

我 棄てられて海濱に愁い,恆【つね】に眠り覺めざるを願う。 

堪え叵【がた】し朋類の多くすを,耳に沸いて驚爆を作すに。

 

端【つまびら】かにすれば能く笙磬【しょうけい】を敗り,仍【な】お工みに學校を亂る。 

句踐の禮を蒙むると雖も,竟に報效せしを聞かず。 

大戰あるは元鼎の年なり,孰【いず】れか強く孰れか敗橈【はいとう】せる。 

居然として鼎味に當り,豈に釣罩【ちょうとう】を辱【はずか】しめざらんや。

 

余 初めは喉より下らざるも,近ごろは亦た能く稍稍たり。 

常に懼る 蠻夷に染るを,平生の好樂を失うを。 

而も君 復た何為【なんす】れぞ,甘食 豢豹【かんぴょう】に比ぶれば。 

獵較【りょうこう】 俗に同じきに務め,身を全うする 斯れを孝と為す。 

哀しい哉 思慮深くして,未だ許櫂を回らすをされざること見ん。 

蝦蟇01 

 

『答柳柳州食蝦蟆』 現代語訳と訳註

(本文) #4

余初不下喉,近亦能稍稍。 

常懼染蠻夷,失平生好樂。 

而君復何為,甘食比豢豹。 

獵較務同俗,全身斯為孝。 

哀哉思慮深,未見許回櫂。 

 

(下し文)

余 初めは喉より下らざるも,近ごろは亦た能く稍稍たり。 

常に懼る 蠻夷に染るを,平生の好樂を失うを。 

而も君 復た何為【なんす】れぞ,甘食 豢豹【かんぴょう】に比ぶれば。 

獵較【りょうこう】 俗に同じきに務め,身を全うする 斯れを孝と為す。 

哀しい哉 思慮深くして,未だ許櫂を回らすをされざること見ん。 

 

(現代語訳)

私は始めのうちは食べようとしても喉を通らなかったが、近ごろではまた少しずつ慣れてきた。

それでもこわいもので蛮夷の風習に染まって、平生の好みを失ってしまうのではないかといつも気がかりなのだ。

それなのに君はまたどうしたことだろうか、甘いものを食べるのと高級な肉料理とくらべて喜んで食べているということを。

孟子も言っている、「狩猟の獲物をくらべるのでも土地の風俗に同調しょうとつとめるもの」だし、親からもらったこの身を全うするのこそ孝行である。

ああ悲しいことに君の思慮は深いのだが、都へと帰る舟に乗りこむことはまだ許されていない。君はまだ帰してもらえない。

sas0002 

 

(訳注) #4

余初不下喉,近亦能稍稍。 

私は始めのうちは食べようとしても暇を通らなかったが、近ごろではまた少しずつ慣れてきた。

 

常懼染蠻夷,失平生好樂。 

それでもこわいもので蛮夷の風習に染まって、平生の好みを失ってしまうのではないかといつも気がかりなのだ。

蛮夷 蛮夷戎狄。中華思想における支配民族(漢民族、漢人とは限らない)による異民族への蔑称を意味する。戎狄(じゅうてき)や、蛮夷(ばんい)とも呼ばれた。 中華(華の中)に対し、夷狄は外世界(華の外)を指す言葉で【未開・野蛮】を意味する。

 

而君復何為,甘食比豢豹。 

それなのに君はまたどうしたことだろうか、甘いものを食べるのと高級な肉料理とくらべて喜んで食べているということを。

豢豹 めずらしいものを食べるために豹を飼育する。

 

獵較務同俗,全身斯為孝。 

孟子も言っている、「狩猟の獲物をくらべるのでも土地の風俗に同調しょうとつとめるもの」だし、親からもらったこの身を全うするのこそ孝行である。

獵較務同俗 『孟子』に魯の国の風俗で、狩猟の獲物をくらべることが記されており、孔子もその風俗を重んじて獲物を比べたという。『孟子·万章下』「孔子之仕於魯也, 魯人獵較, 孔子亦獵較。」

 

哀哉思慮深,未見許回櫂。 

ああ悲しいことに君の思慮は深いのだが、都へと帰る舟に乗りこむことはまだ許されていない。君はまだ帰してもらえない。
2潮州広東00 

《答柳柳州食蝦蟆》韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <931>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3639韓愈詩-241-#3

韓愈《答柳柳州食蝦蟆》#3 たしかにこれは妙なる音楽の音色をもだめにしてしまうほどのものであり、しかもうまい具合に学校で読書する声をもかき乱してしまうものだ。越王句践のあいさつ(檄)は受けたけれど、恩返しというほどの働きをした話を聞いていない。


2014年1月23日 の紀頌之5つのブログ
●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場
Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 
LiveDoorブログ
班孟堅(班固) 《東都賦》(16)#9(狩りの作法)-1 文選 賦<113―16>18分割55回 Ⅱ李白に影響を与えた詩1018 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3638
●唐を代表する中唐の韓愈の儒家としての考えのよくわかる代表作の一つ
Ⅱ中唐詩・晩唐詩
 
 LiveDoorブログ
《答柳柳州食蝦蟆》韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <931>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3639韓愈詩-241-#3
●杜甫の全作品1141首を取り上げて訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"
Ⅲ杜甫詩1000詩集  LiveDoorブログ 746廣徳2年764年―5-#1 《憶昔,二首之一》 蜀中転々 杜甫 <655-#1>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3640 杜甫詩1000-655-1-922/1500749-1
●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている
Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2ブログ 263 《招揚之罦一首》 韓愈  kanbuniinkai 紀 頌之の詩詞 fc2ブログ 3641 (01/23)
●●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩。唐から五代詩詞。花間集
Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoor 11 -9 南鄉子八首 其五 歐陽舍人炯十七首ⅩⅫ唐五代詞・「花間集」 Gs-419-11-#9  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3642
 
 ■最近の人気の文・賦・詩・詞(漢詩の5ブログ各部門)
 ■主要詩人の一覧・詩目次・ブログindex
『楚辞・九歌』東君 屈原詩<78-#1>505 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1332http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67664757.html
『楚辞』九辯 第九段―まとめ 宋玉  <00-#35> 664 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2304  http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-rihakujoseishi/archives/6471825.html
安世房中歌十七首(1) 唐山夫人 漢詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67710265.html 
為焦仲卿妻作 序 漢詩<143>古詩源 巻三 女性詩http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67729401.html
於凊河見輓船士新婚別妻一首 曹丕(魏文帝) 魏詩http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67759129.html
朔風 (一章) 曹植 魏詩<25-#1>文選雑詩 上 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67780868.html
謝靈運詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/1901_shareiun000.html 謝靈運詩六朝期の山水詩人。この人の詩は上品ですがすがしい男性的な深みのある詩である。後世に多大な影響を残している。
謝靈運が傲慢で磊落だったというが彼の詩からはそれを感じさせるということは微塵もない。謝靈運、謝朓、孟浩然は好きな詩人である。
登永嘉緑嶂山詩 #1 謝霊運 <20> 詩集 386ーhttp://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67474554.html
登池上樓 #1 謝霊運<25>#1  ー http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67502196.html
孟浩然の詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/209mokonen01.html 孟浩然の詩盛唐初期の詩人であるが謝霊運の詩に傾倒して山水詩人としてとてもきれいな詩を書いている。特に山水画のような病者の中で細やかな部分に動態を感じさせる表現力は素晴らしい。
李商隠詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/3991_rishoin000.html 
李商隠詩 華やかな時はほんの1年余り、残りは不遇であった。それが独特な詩を生み出した。この詩人の詩は物語であり、詩を単発で見ては面白くなく、数編から十数編のシリーズになっているのでそれを尊重して読まれることを進める。
女性詩人 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/0josei00index.html 女性詩人古代から近世に至るまで女性の詩は書くことを許されない環境にあった。貴族の子女、芸妓だけである。残されている詩のほとんどは詞、楽府の優雅、雅なものへの媚の詞である。しかしその中に針のような痛みを感じさせるものがあるのである。
孟郊詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/328_moukou001.html 「文章得其微,物象由我裁。」詩人が作り出す文章は細やかなる描写表現を得ているものだ、万物の事象をも作り出すことさえも詩人自身の裁量でもってするのである。
李商隠詩 http://kanbuniinkai7.dousetsu.com/99_rishoinn150.html Ⅰ李商隠150首
魚玄機 詩 全首130回賦得江邊柳 魚玄機  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-65-1-#五言律詩  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1876
薛濤 詩詞全首100 井梧吟 薛濤 唐五代詞・宋詩 薛濤-136-8-#1  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2227
主に花間集から
温庭筠 70首『菩薩蠻 一』温庭筠  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-1-1-#1 花間集 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1620
韋荘 50首 菩薩蠻 一 韋荘  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩花間集Gs-247-5-#1  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2617
皇甫松 10首 採蓮子二首  其一 皇甫松  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-307-5-#61  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3082
牛嶠  20首 女冠子四首 其一 牛嶠  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-312-5-#66  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3107
『花間集』継続中 
杜甫全詩 韓愈全詩 李白全集 文選 花間集 古詩源 玉台新詠

 

《答柳柳州食蝦蟆》韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <931  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3639韓愈詩-241-#3

 
三度の嶺南行
一度目は779年12歳のころ。
二度目は803年 36歳陽山の県令に貶められる。
三度目は今回819年潮州刺史に、52歳。
 

 

答柳柳州食蝦蟆 #1

(柳柳州、柳宗元柳州刺史の「蝦蟆を食う」詩に答える)

蝦蟆雖水居,水特變形貌。 

蝦蟆は水のなかに棲むものだが、水に棲む動物のなかでも特に変わった形をしている。

強號為蛙蛤,於實無所校。 

強いて蛙を水属のなかに入れているが、実際はほかに似たものがないのだ。

雖然兩股長,其奈脊皴皰。 

二本の脚は長いが、背中のいぼいぼはどうしようもない。

跳躑雖云高,意不離濘淖。

跳び上がるのは高いけれども、心はぬかるみから離れてはいないのだ。

#2 

鳴聲相呼和,無理只取鬧。 

鳴き声は呼びあって合唱し、筋みちも何もなく、ただやかましいだけだ。

周公所不堪,灑灰垂典教。 

周公もそのうるさいのに耐えかねたのであろう、灰をかけることをわざわざ教えとして垂れたもうた。

我棄愁海濱,恆願眠不覺。 

私は聖天子から見捨てられ、こうして、潮州の海浜で憂愁の日々を送っている。いつも願うのは、一度眠りこんだら目がさめないことだ。

叵堪朋類多,沸耳作驚爆。

ところがえびばく蝦蟇は同類が多くて、沸きかえるほどに爆竹の音を耳に響かせるような鳴き声をたてるのにはやりきれない。

#3 

端能敗笙磬,仍工亂學校。 

たしかにこれは妙なる音楽の音色をもだめにしてしまうほどのものであり、しかもうまい具合に学校で読書する声をもかき乱してしまうものだ。

雖蒙句踐禮,竟不聞報效。 

越王句践のあいさつ(檄)は受けたけれど、恩返しというほどの働きをした話を聞いていない。

大戰元鼎年,孰強孰敗橈。 

漢の元鼎の年に大合戦があったとのことだが、どちらが強くてどちらが負けたのか。

居然當鼎味,豈不辱釣罩。

それが料理の基本になっている、これは魚をとる道具をけがすものではないか。

#4

余初不下喉,近亦能稍稍。 

常懼染蠻夷,失平生好樂。 

而君復何為,甘食比豢豹。 

獵較務同俗,全身斯為孝。 

哀哉思慮深,未見許回櫂。 

 

(柳柳州の「蝦蟆を食う」に答う)

蝦蟆は水に居ると雖も,水 特に形貌を變ず。 

強いて號すは蛙蛤【あこう】と為す,實に於て校【くら】ぶる所無し。 

兩の股 長しと雖然【いえど】も,其れ脊の皴皰【しゅんぽう】を奈【いか】んせん。 

跳躑【ちょうてき】すること高しと云うと雖も,意は濘淖【ねいとう】を離れず。

 

鳴聲 相い呼びて和し,理 無くして只だ鬧【どう】を取るのみ。 

周公 堪えざる所,灰を灑ぎて典教を垂る。 

我 棄てられて海濱に愁い,恆【つね】に眠り覺めざるを願う。 

堪え叵【がた】し朋類の多くすを,耳に沸いて驚爆を作すに。

 

端【つまびら】かにすれば能く笙磬【しょうけい】を敗り,仍【な】お工みに學校を亂る。 

句踐の禮を蒙むると雖も,竟に報效せしを聞かず。 

大戰あるは元鼎の年なり,孰【いず】れか強く孰れか敗橈【はいとう】せる。 

居然として鼎味に當り,豈に釣罩【ちょうとう】を辱【はずか】しめざらんや。

 

余 初めは喉より下らざるも,近ごろは亦た能く稍稍たり。 

常に懼る 蠻夷に染るを,平生の好樂を失うを。 

而も君 復た何為【なんす】れぞ,甘食 豢豹【かんぴょう】に比ぶれば。 

獵較【りょうこう】 俗に同じきに務め,身を全うする 斯れを孝と為す。 

哀しい哉 思慮深くして,未だ許櫂を回らすをされざること見ん。 

蝦蟇01 

 

『答柳柳州食蝦蟆』現代語訳と訳註

(本文)

端能敗笙磬,仍工亂學校。 

雖蒙句踐禮,竟不聞報效。 

大戰元鼎年,孰強孰敗橈。 

居然當鼎味,豈不辱釣罩。

 

 

(下し文)

端【つまびら】かにすれば能く笙磬【しょうけい】を敗り,仍【な】お工みに學校を亂る。 

句踐の禮を蒙むると雖も,竟に報效せしを聞かず。 

大戰あるは元鼎の年なり,孰【いず】れか強く孰れか敗橈【はいとう】せる。 

居然として鼎味に當り,豈に釣罩【ちょうとう】を辱【はずか】しめざらんや。

 

(現代語訳)

たしかにこれは妙なる音楽の音色をもだめにしてしまうほどのものであり、しかもうまい具合に学校で読書する声をもかき乱してしまうものだ。

越王句践のあいさつ(檄)は受けたけれど、恩返しというほどの働きをした話を聞いていない。

漢の元鼎の年に大合戦があったとのことだが、どちらが強くてどちらが負けたのか。

それが料理の基本になっている、これは魚をとる道具をけがすものではないか。

 

 

(訳注)

端能敗笙磬,仍工亂學校。 

たしかにこれは妙なる音楽の音色をもだめにしてしまうほどのものであり、しかもうまい具合に学校で読書する声をもかき乱してしまうものだ。

端 はた、へり、ふち。正しい。初め。偏らない。本源。つまびらか。

笙磬 たくさんの管楽器や打楽器の音が調和しているという意味から、多くの人が心を一つにして仲良くすることの例えにいう。『詩経・小雅・鼓鐘』「鼓鍾欽欽、鼓瑟鼓琴、笙磬同音。以雅以南、以籥不僭」に基づく。「笙」は「ふえ」、「磬」は「うちならし」。鼓も鐘も琴も瑟もみなみな音楽ではそれぞれの楽器が乱れてはいけません。

 

雖蒙句踐禮,竟不聞報效。 

越王句践のあいさつ(檄)は受けたけれど、恩返しというほどの働きをした話を聞いていない。

句踐禮 『韓非子』に越王句践が呉との戦争に出かけたとき、怒った蛙がいたのであいさつした。その理由をたずねられたとき、句践は、蛙の勇ましさを尊敬したのだと答えた。これを聞いて、越の兵士はみな奮いたったという

 

大戰元鼎年,孰強孰敗橈。 

漢の元鼎の年に大合戦があったとのことだが、どちらが強くてどちらが負けたのか。

元鼎年 『漢書』に武帝の元鼎五年(紀元前112年)、蛙の大合戦があったという記事がある。

 

居然當鼎味,豈不辱釣罩。

それが料理の基本になっている、これは魚をとる道具をけがすものではないか。

釣罩 釣などで使う魚を捕える円筒形の竹かご。罩:(1) (~儿)覆い,カバー口罩マスク.(2) (~儿)上っ張り.(3) 養鶏用の竹かご.(4) うけ.
蝦蟇02 

《答柳柳州食蝦蟆》韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <930>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3634韓愈詩-241-#2

《答柳柳州食蝦蟆》韓愈 私は聖天子から見捨てられ、こうして、潮州の海浜で憂愁の日々を送っている。いつも願うのは、一度眠りこんだら目がさめないことだ。ところがえびばく蝦蟇は同類が多くて、沸きかえるほどに爆竹の音を耳に響かせるような鳴き声をたてるのにはやりきれない。


2014年1月22日 の紀頌之5つのブログ
●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場
Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 
LiveDoorブログ
班孟堅(班固)《東都賦》(15)#8(行列の威容)―2 文選 賦<113―13>18分割55回 Ⅱ李白に影響を与えた詩1017 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3633
●唐を代表する中唐の韓愈の儒家としての考えのよくわかる代表作の一つ
Ⅱ中唐詩・晩唐詩
 
 LiveDoorブログ
《答柳柳州食蝦蟆》韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <929>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3629韓愈詩-241-#1
●杜甫の全作品1141首を取り上げて訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"
Ⅲ杜甫詩1000詩集  LiveDoorブログ 746廣徳2年764年―4-4 《南池》 蜀中転々 杜甫 <654-4>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3635 杜甫詩1000-654-4-921/1500748-4
●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている
Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2ブログ 262 《石鼓歌》 韓愈 kanbuniinkai 紀 頌之の詩詞 fc2ブログ 3636 (01/22)
●●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩。唐から五代詩詞。花間集
Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoor 11 -8 南鄉子八首 其四 歐陽舍人炯十七首ⅩⅫ唐五代詞・「花間集」 Gs-418-11-#8  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3637
 
 ■最近の人気の文・賦・詩・詞(漢詩の5ブログ各部門)
 ■主要詩人の一覧・詩目次・ブログindex
『楚辞・九歌』東君 屈原詩<78-#1>505 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1332http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67664757.html
『楚辞』九辯 第九段―まとめ 宋玉  <00-#35> 664 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2304  http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-rihakujoseishi/archives/6471825.html
安世房中歌十七首(1) 唐山夫人 漢詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67710265.html 
為焦仲卿妻作 序 漢詩<143>古詩源 巻三 女性詩http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67729401.html
於凊河見輓船士新婚別妻一首 曹丕(魏文帝) 魏詩http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67759129.html
朔風 (一章) 曹植 魏詩<25-#1>文選雑詩 上 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67780868.html
謝靈運詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/1901_shareiun000.html 謝靈運詩六朝期の山水詩人。この人の詩は上品ですがすがしい男性的な深みのある詩である。後世に多大な影響を残している。
謝靈運が傲慢で磊落だったというが彼の詩からはそれを感じさせるということは微塵もない。謝靈運、謝朓、孟浩然は好きな詩人である。
登永嘉緑嶂山詩 #1 謝霊運 <20> 詩集 386ーhttp://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67474554.html
登池上樓 #1 謝霊運<25>#1  ー http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67502196.html
孟浩然の詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/209mokonen01.html 孟浩然の詩盛唐初期の詩人であるが謝霊運の詩に傾倒して山水詩人としてとてもきれいな詩を書いている。特に山水画のような病者の中で細やかな部分に動態を感じさせる表現力は素晴らしい。
李商隠詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/3991_rishoin000.html 
李商隠詩 華やかな時はほんの1年余り、残りは不遇であった。それが独特な詩を生み出した。この詩人の詩は物語であり、詩を単発で見ては面白くなく、数編から十数編のシリーズになっているのでそれを尊重して読まれることを進める。
女性詩人 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/0josei00index.html 女性詩人古代から近世に至るまで女性の詩は書くことを許されない環境にあった。貴族の子女、芸妓だけである。残されている詩のほとんどは詞、楽府の優雅、雅なものへの媚の詞である。しかしその中に針のような痛みを感じさせるものがあるのである。
孟郊詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/328_moukou001.html 「文章得其微,物象由我裁。」詩人が作り出す文章は細やかなる描写表現を得ているものだ、万物の事象をも作り出すことさえも詩人自身の裁量でもってするのである。
李商隠詩 http://kanbuniinkai7.dousetsu.com/99_rishoinn150.html Ⅰ李商隠150首
魚玄機 詩 全首130回賦得江邊柳 魚玄機  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-65-1-#五言律詩  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1876
薛濤 詩詞全首100 井梧吟 薛濤 唐五代詞・宋詩 薛濤-136-8-#1  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2227
主に花間集から
温庭筠 70首『菩薩蠻 一』温庭筠  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-1-1-#1 花間集 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1620
韋荘 50首 菩薩蠻 一 韋荘  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩花間集Gs-247-5-#1  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2617
皇甫松 10首 採蓮子二首  其一 皇甫松  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-307-5-#61  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3082
牛嶠  20首 女冠子四首 其一 牛嶠  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-312-5-#66  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3107
『花間集』継続中 
杜甫全詩 韓愈全詩 李白全集 文選 花間集 古詩源 玉台新詠


《答柳柳州食蝦蟆》韓愈
(韓退之) Ⅱ中唐詩 <930  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3634韓愈詩-241-#2

 

 

答柳柳州食蝦蟆 #1

(柳柳州、柳宗元柳州刺史の「蝦蟆を食う」詩に答える)

蝦蟆雖水居,水特變形貌。 

蝦蟆は水のなかに棲むものだが、水に棲む動物のなかでも特に変わった形をしている。

強號為蛙蛤,於實無所校。 

強いて蛙を水属のなかに入れているが、実際はほかに似たものがないのだ。

雖然兩股長,其奈脊皴皰。 

二本の脚は長いが、背中のいぼいぼはどうしようもない。

跳躑雖云高,意不離濘淖。

跳び上がるのは高いけれども、心はぬかるみから離れてはいないのだ。

#2 

鳴聲相呼和,無理只取鬧。 

鳴き声は呼びあって合唱し、筋みちも何もなく、ただやかましいだけだ。

周公所不堪,灑灰垂典教。 

周公もそのうるさいのに耐えかねたのであろう、灰をかけることをわざわざ教えとして垂れたもうた。

我棄愁海濱,恆願眠不覺。 

私は聖天子から見捨てられ、こうして、潮州の海浜で憂愁の日々を送っている。いつも願うのは、一度眠りこんだら目がさめないことだ。

叵堪朋類多,沸耳作驚爆。

ところがえびばく蝦蟇は同類が多くて、沸きかえるほどに爆竹の音を耳に響かせるような鳴き声をたてるのにはやりきれない。

#3 

端能敗笙磬,仍工亂學校。 

雖蒙句踐禮,竟不聞報效。 

大戰元鼎年,孰強孰敗橈。 

居然當鼎味,豈不辱釣罩。

#4

余初不下喉,近亦能稍稍。 

常懼染蠻夷,失平生好樂。 

而君復何為,甘食比豢豹。 

獵較務同俗,全身斯為孝。 

哀哉思慮深,未見許回櫂。 

 

(柳柳州の「蝦蟆を食う」に答う)

蝦蟆は水に居ると雖も,水 特に形貌を變ず。 

強いて號すは蛙蛤【あこう】と為す,實に於て校【くら】ぶる所無し。 

兩の股 長しと雖然【いえど】も,其れ脊の皴皰【しゅんぽう】を奈【いか】んせん。 

跳躑【ちょうてき】すること高しと云うと雖も,意は濘淖【ねいとう】を離れず。

 

鳴聲 相い呼びて和し,理 無くして只だ鬧【どう】を取るのみ。 

周公 堪えざる所,灰を灑ぎて典教を垂る。 

我 棄てられて海濱に愁い,恆【つね】に眠り覺めざるを願う。 

堪え叵【がた】し朋類の多くすを,耳に沸いて驚爆を作すに。

 

【つまびら】かにすれば能く笙磬【しょうけい】を敗り,仍【な】お工みに學校を亂る。 

句踐の禮を蒙むると雖も,竟に報效せしを聞かず。 

大戰あるは元鼎の年なり,孰【いず】れか強く孰れか敗橈【はいとう】せる。 

居然として鼎味に當り,豈に釣罩【ちょうとう】を辱【はずか】しめざらんや。

 

余 初めは喉より下らざるも,近ごろは亦た能く稍稍たり。 

常に懼る 蠻夷に染るを,平生の好樂を失うを。 

而も君 復た何為【なんす】れぞ,甘食 豢豹【かんぴょう】に比ぶれば。 

獵較【りょうこう】 俗に同じきに務め,身を全うする 斯れを孝と為す。 

哀しい哉 思慮深くして,未だ許櫂を回らすをされざること見ん。 

2蜀の山00

 

『答柳柳州食蝦蟆』現代語訳と訳註

(本文)

答柳柳州食蝦蟆 #2 

鳴聲相呼和,無理只取鬧。 

周公所不堪,灑灰垂典教。 

我棄愁海濱,恆願眠不覺。 

叵堪朋類多,沸耳作驚爆。

 

(下し文)

鳴聲 相い呼びて和し,理 無くして只だ鬧【どう】を取るのみ。 

周公 堪えざる所,灰を灑ぎて典教を垂る。 

我 棄てられて海濱に愁い,恆【つね】に眠り覺めざるを願う。 

堪え叵【がた】し朋類の多くすを,耳に沸いて驚爆を作すに。

 

(現代語訳)

鳴き声は呼びあって合唱し、筋みちも何もなく、ただやかましいだけだ。

周公もそのうるさいのに耐えかねたのであろう、灰をかけることをわざわざ教えとして垂れたもうた。

私は聖天子から見捨てられ、こうして、潮州の海浜で憂愁の日々を送っている。いつも願うのは、一度眠りこんだら目がさめないことだ。

ところが蝦幕は同類が多くて、沸きかえるほどに爆竹の音を耳に響かせるような鳴き声をたてるのにはやりきれない。

sas0002 

 

 (訳注)

答柳柳州食蝦蟆#2

(柳柳州、柳宗元柳州刺史の「蝦蟆を食う」詩に答える)

柳柳州 韓愈の親友の柳宗元のこと。当時は柳州(広西壮族自治区柳州市)刺史となっていたので、こう呼ぶ。柳宗元は王伾・王叔文の一党として永州(湖南省零陵県)へ流されたが、赦免があるというので一時都へ召還されたことがある。しかし、結局都に残ることは許されず、柳州刺史の辞令をもらって赴任したのである。柳宗元は河東(山西省永済県)の人で、韓愈と同じく北方の出身である。それが嶺南へ来たのだから、何かと違った風習にとまどうことが多かったである。

 

鳴聲相呼和,無理只取鬧。 

鳴き声は呼びあって合唱し、筋みちも何もなく、ただやかましいだけだ。

鬧 騒がしいという意味。喧鬧/諠鬧【けんとう】とは。意味や解説。[名・形動]さわがしいこと。また、そのさま。

 

周公所不堪,灑灰垂典教。 

周公もそのうるさいのに耐えかねたのであろう、灰をかけることをわざわざ教えとして垂れたもうた。

周公 周公の定めた制度を記録したと伝えられる『周礼』のなかに、実のつかない菊を焼いた灰をかければ、蛙は退治できるとある

 

我棄愁海濱,恆願眠不覺。 

私は聖天子から見捨てられ、こうして、潮州の海浜で憂愁の日々を送っている。いつも願うのは、一度眠りこんだら目がさめないことだ。

我棄 この度の潮州に左遷されたこと。

眠不覺 一度眠りこんだら目がさめないこと。中王朝手には二度と呼び戻されないのではないかという心配の気持ちを云う。

 

叵堪朋類多,沸耳作驚爆。

ところが蝦幕は同類が多くて、沸きかえるほどに爆竹の音を耳に響かせるような鳴き声をたてるのにはやりきれない。

 

 

端能敗笙磬,仍工亂學校。 

雖蒙句踐禮,竟不聞報效。 

大戰元鼎年,孰強孰敗橈。 

居然當鼎味,豈不辱釣罩。

 

余初不下喉,近亦能稍稍。 

常懼染蠻夷,失平生好樂。 

而君復何為,甘食比豢豹。 

獵較務同俗,全身斯為孝。 

哀哉思慮深,未見許回櫂。  
2潮州広東00 

《答柳柳州食蝦蟆》韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <929>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3629韓愈詩-241-#1

韓愈《答柳柳州食蝦蟆》 柳宗元は韓愈が潮州に流されたことを知っており、同じ北方人としての共感をこめて、この詩を贈ったわけである。韓愈もやはり蛙を食べさせられて参っていたので、幾分の諧謔はまじえながらも、この詩を作って答えたものである。


2014年1月21日 の紀頌之5つのブログ
●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場
Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 
LiveDoorブログ
班孟堅(班固)《東都賦》(14)#8(行列の威容)―1 文選 賦<113―12>18分割55回 Ⅱ李白に影響を与えた詩1016 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3628
●唐を代表する中唐の韓愈の儒家としての考えのよくわかる代表作の一つ
Ⅱ中唐詩・晩唐詩
 
 LiveDoorブログ
《答柳柳州食蝦蟆》韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <929>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3629韓愈詩-241-#1
●杜甫の全作品1141首を取り上げて訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"
Ⅲ杜甫詩1000詩集  LiveDoorブログ 746廣徳2年764年―4-3 《南池》 蜀中転々 杜甫 <654-3>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3630 杜甫詩1000-654-3-920/1500748-3
●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている
Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2ブログ 261《秋懐詩十一首之十一(11)》韓愈kanbuniinkai 紀 頌之の詩詞fc2ブログ3631 (01/21)
●●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩。唐から五代詩詞。花間集
Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoor 11 -7 南鄉子八首 其三 歐陽舍人炯十七首ⅩⅫ唐五代詞・「花間集」 Gs-417-11-#7  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3632
 
 ■最近の人気の文・賦・詩・詞(漢詩の5ブログ各部門)
 ■主要詩人の一覧・詩目次・ブログindex
『楚辞・九歌』東君 屈原詩<78-#1>505 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1332http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67664757.html
『楚辞』九辯 第九段―まとめ 宋玉  <00-#35> 664 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2304  http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-rihakujoseishi/archives/6471825.html
安世房中歌十七首(1) 唐山夫人 漢詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67710265.html 
為焦仲卿妻作 序 漢詩<143>古詩源 巻三 女性詩http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67729401.html
於凊河見輓船士新婚別妻一首 曹丕(魏文帝) 魏詩http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67759129.html
朔風 (一章) 曹植 魏詩<25-#1>文選雑詩 上 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67780868.html
謝靈運詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/1901_shareiun000.html 謝靈運詩六朝期の山水詩人。この人の詩は上品ですがすがしい男性的な深みのある詩である。後世に多大な影響を残している。
謝靈運が傲慢で磊落だったというが彼の詩からはそれを感じさせるということは微塵もない。謝靈運、謝朓、孟浩然は好きな詩人である。
登永嘉緑嶂山詩 #1 謝霊運 <20> 詩集 386ーhttp://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67474554.html
登池上樓 #1 謝霊運<25>#1  ー http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67502196.html
孟浩然の詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/209mokonen01.html 孟浩然の詩盛唐初期の詩人であるが謝霊運の詩に傾倒して山水詩人としてとてもきれいな詩を書いている。特に山水画のような病者の中で細やかな部分に動態を感じさせる表現力は素晴らしい。
李商隠詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/3991_rishoin000.html 
李商隠詩 華やかな時はほんの1年余り、残りは不遇であった。それが独特な詩を生み出した。この詩人の詩は物語であり、詩を単発で見ては面白くなく、数編から十数編のシリーズになっているのでそれを尊重して読まれることを進める。
女性詩人 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/0josei00index.html 女性詩人古代から近世に至るまで女性の詩は書くことを許されない環境にあった。貴族の子女、芸妓だけである。残されている詩のほとんどは詞、楽府の優雅、雅なものへの媚の詞である。しかしその中に針のような痛みを感じさせるものがあるのである。
孟郊詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/328_moukou001.html 「文章得其微,物象由我裁。」詩人が作り出す文章は細やかなる描写表現を得ているものだ、万物の事象をも作り出すことさえも詩人自身の裁量でもってするのである。
李商隠詩 http://kanbuniinkai7.dousetsu.com/99_rishoinn150.html Ⅰ李商隠150首
魚玄機 詩 全首130回賦得江邊柳 魚玄機  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-65-1-#五言律詩  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1876
薛濤 詩詞全首100 井梧吟 薛濤 唐五代詞・宋詩 薛濤-136-8-#1  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2227
主に花間集から
温庭筠 70首『菩薩蠻 一』温庭筠  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-1-1-#1 花間集 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1620
韋荘 50首 菩薩蠻 一 韋荘  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩花間集Gs-247-5-#1  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2617
皇甫松 10首 採蓮子二首  其一 皇甫松  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-307-5-#61  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3082
牛嶠  20首 女冠子四首 其一 牛嶠  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-312-5-#66  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3107
『花間集』継続中 
杜甫全詩 韓愈全詩 李白全集 文選 花間集 古詩源 玉台新詠

 

《答柳柳州食蝦蟆》韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <929  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3629韓愈詩-241-#1

 

 

作時年:819  元和十四年  52 

卷別: 卷三四一  文體: 五言古詩 

詩題: 答柳柳州食蝦蟆 

及地點:  柳州 (嶺南道東部 柳州 柳州)     

交遊人物 柳宗元

流罪とはいえ形式上は潮札刺史の辞令をもらって赴任したのだから、到着の報告書を送らねばならない。その「潮州刺史謝上表」には、恭順の意がのべられ、死罪になっても文句のないところを流罪になったのはまことにありがたい処置で、自分はここの地方長官として天子の恩徳を住民に告げたというようなことが書かれている一方、哀願の調子もあって、こんな片田舎では生活できないから、一日も早く呼びもどしてほしいと訴えている。北方生まれの韓愈にとって、南での生活はすべてが異様であり、耐えがたいものだったのである。

――予定―― 《潮州刺史謝上表》韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <933  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3649韓愈詩-242-1

 

 

答柳柳州食蝦蟆 #1

(柳柳州、柳宗元柳州刺史の「蝦蟆を食う」詩に答える)

蝦蟆雖水居,水特變形貌。 

蝦蟆は水のなかに棲むものだが、水に棲む動物のなかでも特に変わった形をしている。

強號為蛙蛤,於實無所校。 

強いて蛙を水属のなかに入れているが、実際はほかに似たものがないのだ。

雖然兩股長,其奈脊皴皰。 

二本の脚は長いが、背中のいぼいぼはどうしようもない。

跳躑雖云高,意不離濘淖。

跳び上がるのは高いけれども、心はぬかるみから離れてはいないのだ。

#2 

鳴聲相呼和,無理只取鬧。 

周公所不堪,灑灰垂典教。 

我棄愁海濱,恆願眠不覺。 

叵堪朋類多,沸耳作驚爆。

#3 

端能敗笙磬,仍工亂學校。 

雖蒙句踐禮,竟不聞報效。 

大戰元鼎年,孰強孰敗橈。 

居然當鼎味,豈不辱釣罩。

#4

余初不下喉,近亦能稍稍。 

常懼染蠻夷,失平生好樂。 

而君復何為,甘食比豢豹。 

獵較務同俗,全身斯為孝。 

哀哉思慮深,未見許回櫂。 

 

(柳柳州の「蝦蟆を食う」に答う)

蝦蟆は水に居ると雖も,水 特に形貌を變ず。 

強いて號すは蛙蛤【あこう】と為す,實に於て校【くら】ぶる所無し。 

兩の股 長しと雖然【いえど】も,其れ脊の皴皰【しゅんぽう】を奈【いか】んせん。 

跳躑【ちょうてき】すること高しと云うと雖も,意は濘淖【ねいとう】を離れず。

 

鳴聲 相い呼びて和し,理 無くして只だ鬧【どう】を取るのみ。 

周公 堪えざる所,灰を灑ぎて典教を垂る。 

我 棄てられて海濱に愁い,恆【つね】に眠り覺めざるを願う。 

堪え叵【がた】し朋類の多くすを,耳に沸いて驚爆を作すに。

 

【つまびら】かにすれば能く笙磬【しょうけい】を敗り,仍【な】お工みに學校を亂る。 

句踐の禮を蒙むると雖も,竟に報效せしを聞かず。 

大戰あるは元鼎の年なり,孰【いず】れか強く孰れか敗橈【はいとう】せる。 

居然として鼎味に當り,豈に釣罩【ちょうとう】を辱【はずか】しめざらんや。

 

余 初めは喉より下らざるも,近ごろは亦た能く稍稍たり。 

常に懼る 蠻夷に染るを,平生の好樂を失うを。 

而も君 復た何為【なんす】れぞ,甘食 豢豹【かんぴょう】に比ぶれば。 

獵較【りょうこう】 俗に同じきに務め,身を全うする 斯れを孝と為す。 

哀しい哉 思慮深くして,未だ許櫂を回らすをされざること見ん。 

くちなしの花DCF00004 

 

『答柳柳州食蝦蟆』現代語訳と訳註

(本文)

答柳柳州食蝦蟆 #1

蝦蟆雖水居,水特變形貌。 

強號為蛙蛤,於實無所校。 

雖然兩股長,其奈脊皴皰。 

跳躑雖云高,意不離濘淖。

 

(下し文)

(柳柳州の「蝦蟆を食う」に答う)

蝦蟆は水に居ると雖も,水 特に形貌を變ず。 

強いて號すは蛙蛤【あこう】と為す,實に於て校【くら】ぶる所無し。 

兩の股 長しと雖然【いえど】も,其れ脊の皴皰【しゅんぽう】を奈【いか】んせん。 

跳躑【ちょうてき】すること高しと云うと雖も,意は濘淖【ねいとう】を離れず。

 

(現代語訳)

(柳柳州、柳宗元柳州刺史の「蝦蟆を食う」詩に答える)

蝦蟆は水のなかに棲むものだが、水に棲む動物のなかでも特に変わった形をしている。

強いて蛙を水属のなかに入れているが、実際はほかに似たものがないのだ。

二本の脚は長いが、背中のいぼいぼはどうしようもない。

跳び上がるのは高いけれども、心はぬかるみから離れてはいないのだ。

 

(訳注)

答柳柳州食蝦蟆

(柳柳州、柳宗元柳州刺史の「蝦蟆を食う」詩に答える)

柳柳州 韓愈の親友の柳宗元のこと。当時は柳州(広西壮族自治区柳州市)刺史となっていたので、こう呼ぶ。柳宗元は王伾・王叔文の一党として永州(湖南省零陵県)へ流されたが、赦免があるというので一時都へ召還されたことがある。しかし、結局都に残ることは許されず、柳州刺史の辞令をもらって赴任したのである。柳宗元は河東(山西省永済県)の人で、韓愈と同じく北方の出身である。それが嶺南へ来たのだから、何かと違った風習にとまどうことが多かったである。

北にはない蛙を食べる習慣もその一つである。蝦蟆というが、実際には食用蛙のようなもので、嶺南では特に珍しい食物ではなかったが、初めてこれを食べさせられる身になってみれば、たいへんなことであった。柳宗元の「蝦蟆を食う」という詩は現在残っていないが、食卓に蛙が出たのでびっくりしたものの、これも天命としてあきらめて食べたという内容をもつものだったであろう。柳宗元は韓愈が潮州に流されたことを知っており、同じ北方人としての共感をこめて、この詩を贈ったわけである。韓愈もやはり蛙を食べさせられて参っていたので、幾分の諧謔はまじえながらも、この詩を作って答えたものである。

 

蝦蟆雖水居,水特變形貌。 

蝦蟆は水のなかに棲むものだが、水に棲む動物のなかでも特に変わった形をしている。

蝦蟆/蝦蟇 【がまがえる】. ヒキガエルの別名。がま。ここは食用ガエル。

 

強號為蛙蛤,於實無所校。 

強いて蛙を水属のなかに入れているが、実際はほかに似たものがないのだ。

蛙蛤 食用蛙。

校 くらべる。かんがえる。えらぶ。むくいる。

 

雖然兩股長,其奈脊皴皰。 

二本の脚は長いが、背中のいぼいぼはどうしようもない。

脊皴皰 しわ、あかぎれ、みずぶくれ、ニキビなどの肌の様子。

 

跳躑雖云高,意不離濘淖。

跳び上がるのは高いけれども、心はぬかるみから離れてはいないのだ。

跳躑 上下跳躍。

濘淖 濘とは、ぬかるみという意味  淖はどろ。

2潮州広東00 

《宿曾江口示姪孫湘,二首之二〔湘,字北渚,老成之子,愈兄弇之孫。此赴潮州作也。〕》韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <928>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3624韓愈詩-240

《宿曾江口―その二》よく見ると林間には人が住んでいないようだけれど、林間の澗水からさらさらと小川の水が、舟が進むいきおいのはげしい流れに注ぎ込んでいる。こうした景色を見るにつけても、ああ、私がしでかした「佛骨を論ずる表」は下手を打ってしまったことだろう、その結果が自分の身に降りかかって、こうした南蛮の地に貶められたのだ。
 

2014年1月20日 の紀頌之5つのブログ
●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場
Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 
LiveDoorブログ
班孟堅(班固) 《東都賦》(13)#7(狩の準備) 文選 賦<113―11>18分割55回 Ⅱ李白に影響を与えた詩1015 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3623
●唐を代表する中唐の韓愈の儒家としての考えのよくわかる代表作の一つ
Ⅱ中唐詩・晩唐詩
 
 LiveDoorブログ
《宿曾江口示姪孫湘,二首之二〔湘,字北渚,老成之子,愈兄弇之孫。此赴潮州作也。〕》韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <928>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3624韓愈詩-240
●杜甫の全作品1141首を取り上げて訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"
Ⅲ杜甫詩1000詩集  LiveDoorブログ 746廣徳2年764年―4-2 《南池》 蜀中転々 杜甫 <654-2>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3625 杜甫詩1000-654-2-919/1500748-2
●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている
Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2ブログ 260 《秋懐詩十一首之十(10)》韓愈kanbuniinkai 紀 頌之の詩詞 fc2ブログ 3626 (01/20)
●●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩。唐から五代詩詞。花間集
Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoor 11 -6 南鄉子八首 其二 歐陽舍人炯十七首ⅩⅫ唐五代詞・「花間集」 Gs-416-11-#6  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3627
 
 ■最近の人気の文・賦・詩・詞(漢詩の5ブログ各部門)
 ■主要詩人の一覧・詩目次・ブログindex
『楚辞・九歌』東君 屈原詩<78-#1>505 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1332http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67664757.html
『楚辞』九辯 第九段―まとめ 宋玉  <00-#35> 664 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2304  http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-rihakujoseishi/archives/6471825.html
安世房中歌十七首(1) 唐山夫人 漢詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67710265.html 
為焦仲卿妻作 序 漢詩<143>古詩源 巻三 女性詩http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67729401.html
於凊河見輓船士新婚別妻一首 曹丕(魏文帝) 魏詩http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67759129.html
朔風 (一章) 曹植 魏詩<25-#1>文選雑詩 上 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67780868.html
謝靈運詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/1901_shareiun000.html 謝靈運詩六朝期の山水詩人。この人の詩は上品ですがすがしい男性的な深みのある詩である。後世に多大な影響を残している。
謝靈運が傲慢で磊落だったというが彼の詩からはそれを感じさせるということは微塵もない。謝靈運、謝朓、孟浩然は好きな詩人である。
登永嘉緑嶂山詩 #1 謝霊運 <20> 詩集 386ーhttp://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67474554.html
登池上樓 #1 謝霊運<25>#1  ー http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67502196.html
孟浩然の詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/209mokonen01.html 孟浩然の詩盛唐初期の詩人であるが謝霊運の詩に傾倒して山水詩人としてとてもきれいな詩を書いている。特に山水画のような病者の中で細やかな部分に動態を感じさせる表現力は素晴らしい。
李商隠詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/3991_rishoin000.html 
李商隠詩 華やかな時はほんの1年余り、残りは不遇であった。それが独特な詩を生み出した。この詩人の詩は物語であり、詩を単発で見ては面白くなく、数編から十数編のシリーズになっているのでそれを尊重して読まれることを進める。
女性詩人 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/0josei00index.html 女性詩人古代から近世に至るまで女性の詩は書くことを許されない環境にあった。貴族の子女、芸妓だけである。残されている詩のほとんどは詞、楽府の優雅、雅なものへの媚の詞である。しかしその中に針のような痛みを感じさせるものがあるのである。
孟郊詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/328_moukou001.html 「文章得其微,物象由我裁。」詩人が作り出す文章は細やかなる描写表現を得ているものだ、万物の事象をも作り出すことさえも詩人自身の裁量でもってするのである。
李商隠詩 http://kanbuniinkai7.dousetsu.com/99_rishoinn150.html Ⅰ李商隠150首
魚玄機 詩 全首130回賦得江邊柳 魚玄機  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-65-1-#五言律詩  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1876
薛濤 詩詞全首100 井梧吟 薛濤 唐五代詞・宋詩 薛濤-136-8-#1  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2227
主に花間集から
温庭筠 70首『菩薩蠻 一』温庭筠  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-1-1-#1 花間集 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1620
韋荘 50首 菩薩蠻 一 韋荘  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩花間集Gs-247-5-#1  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2617
皇甫松 10首 採蓮子二首  其一 皇甫松  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-307-5-#61  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3082
牛嶠  20首 女冠子四首 其一 牛嶠  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-312-5-#66  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3107
『花間集』継続中 
杜甫全詩 韓愈全詩 李白全集 文選 花間集 古詩源 玉台新詠

 

《宿曾江口示姪孫湘,二首之二〔湘,字北渚,老成之子,愈兄弇之孫。此赴潮州作也。〕》韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <928  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3624韓愈詩-240

 

 

卷別: 卷三四一  文體: 五言律詩 

詩題: 宿曾江口示姪孫湘,二首之二〔湘,字北渚,老成之子,愈兄弇之孫。此赴潮州作也。〕

及地點:  曾江口 (嶺南道東部 廣州 增城)     

 

 

宿曾江口示姪孫湘,二首之一

(この詩は潮州に赴く途中、曾江の合流点近くに投宿し洪水氾濫のようすを見るに及んで、賦して従行の姪孫韓湘に示したもの。二首の一)

〔湘,字北渚,老成之子,愈兄弇之孫。此赴潮州作也。〕

〔姪孫湘は、韓湘、字は北渚、老成の子、韓愈の兄韓弇【かんえん】の孫である。この詩は潮州に赴く途中で作ったものである。〕
雲昏水奔流,天水漭相圍。 

雲は暗く垂れこみ河口の洪水は凄まじく奔流している。天から降る雨水量は河水と一緒になって氾濫して宅地をとりかこんでいる。

三江滅無口,其誰識涯圻。 

ここで合流する三江はそれぞれの河口は全く消え果てなくなっってしまう。何処が岸なのか、誰であっても全く分からないほどである。

暮宿投民村,高處水半扉。 

暮れかかってきてここにきて、これ以上は動きも取れず、宿を探して、民村を探し当て、そこに行き着くと、そこは随分高い所にあるのに洪水は門扉の中ほどにも及んでいる。

犬雞俱上屋,不復走與飛。

そこに飼っている犬と鶏は難を避けてみんな屋根の上に上がっている。走り回ることも飛び上がることもできないで困ったものである。

 

篙舟入其家,暝聞屋中唏。 

やがて船をまわし、棹さしてその家に入ることが出来たが、夕暮れ時の暗い中で、その家の隅の方で悲しげに人の泣く声が聞こえてくる。

問知常然,哀此為生微。 

どうしたのかと様子を尋ねてみると、こういう洪水は毎年のようにあることで、この悲しい様な出来事は、この地方住民の生活状態を極めて貧困にするもので気の毒な事としか思えない。

海風吹寒晴,波揚眾星輝。 

そうしている間に今度は海からの強風が吹き寄せ、この寒空の晴れた部分からの薄明かりで、波しぶきが上がったのが星空の輝く星があつまったように見えてくる。

仰視北斗高,不知路所歸。 

仰ぎよくよく見つめてみると高い所にあるのが長安の都を示す北斗七星だというものの全くわかりはしないので、これではゆくべき道もわからないものが、帰るべき道までもわからないという痛嘆することしかないというものだ。

 

宿曾江口示姪孫湘,二首之二〔湘,字北渚,老成之子,愈兄弇之孫。此赴潮州作也。〕

(この詩は潮州に赴く途中、曾江の合流点近くに投宿し洪水氾濫のようすを見るに及んで、賦して従行の姪孫韓湘に示したもの。二首の二)

舟行忘故道,屈曲高林間。 

今まで通ってきた街道を離れて舟に乗っていくと両岸に高い林の間を折れ曲がって進んでゆく。

林間無所有,奔流但潺潺。 

よく見ると林間には人が住んでいないようだけれど、林間の澗水からさらさらと小川の水が、舟が進むいきおいのはげしい流れに注ぎ込んでいる。

嗟我亦拙謀,致身落南蠻。 

こうした景色を見るにつけても、ああ、私がしでかした「佛骨を論ずる表」は下手を打ってしまったことだろう、その結果が自分の身に降りかかって、こうした南蛮の地に貶められたのだ。

茫然失所詣,無路何能還。 

詣でるところのなくなってしまった今の自分は漠然として、つかみどころのない状態であり、こうして進んでいるけれど長安に帰る道がなくどうして又帰ることが出来るのだろうか。

 

曾江の口に宿し、姪孫湘に示す,二首の一

〔湘は,字を北渚とし,老成の子であり,愈の兄弇【えん】の孫である。此れは潮州に赴むくときの作なり。〕

舟は行く 故ある道を忘れて,屈曲せる 高林の間。 

林間は所有する無し,奔流 但だ潺潺とす。 

嗟あ我は亦た拙謀し,身 南蠻に落つるに致す。 

茫然として 所詣を失い,何ぞ能く還る路無し。

 

2潮州広東00 

『宿曾江口示姪孫湘,二首之二』 現代語訳と訳註

(本文)

宿曾江口示姪孫湘,二首之二〔湘,字北渚,老成之子,愈兄弇之孫。此赴潮州作也。〕

舟行忘故道,屈曲高林間。 

林間無所有,奔流但潺潺。 

嗟我亦拙謀,致身落南蠻。 

茫然失所詣,無路何能還。 

 

 

(下し文)

曾江の口に宿し、姪孫湘に示す,二首の一

〔湘は,字を北渚とし,老成の子であり,愈の兄弇【えん】の孫である。此れは潮州に赴むくときの作なり。〕

舟は行く 故ある道を忘れて,屈曲せる 高林の間。 

林間は所有する無し,奔流 但だ潺潺とす。 

嗟あ我は亦た拙謀し,身 南蠻に落つるに致す。 

茫然として 所詣を失い,何ぞ能く還る路無し。 

 

 

(現代語訳)

(この詩は潮州に赴く途中、曾江の合流点近くに投宿し洪水氾濫のようすを見るに及んで、賦して従行の姪孫韓湘に示したもの。二首の二)

今まで通ってきた街道を離れて舟に乗っていくと両岸に高い林の間を折れ曲がって進んでゆく。

よく見ると林間には人が住んでいないようだけれど、林間の澗水からさらさらと小川の水が、舟が進むいきおいのはげしい流れに注ぎ込んでいる。

こうした景色を見るにつけても、ああ、私がしでかした「佛骨を論ずる表」は下手を打ってしまったことだろう、その結果が自分の身に降りかかって、こうした南蛮の地に貶められたのだ。

詣でるところのなくなってしまった今の自分は漠然として、つかみどころのない状態であり、こうして進んでいるけれど長安に帰る道がなくどうして又帰ることが出来るのだろうか。

 

(訳注)

keikoku00宿曾江口示姪孫湘,二首之二

(この詩は潮州に赴く途中、曾江の合流点近くに投宿し洪水氾濫のようすを見るに及んで、賦して従行の姪孫韓湘に示したもの。二首の二)

 

舟行 故道 ,屈曲 高林

今まで通ってきた街道を離れて舟に乗っていくと両岸に高い林の間を折れ曲がって進んでゆく。

「故道」語義類別:地、地理、街道巷弄、道。

「屈曲」語義類別:物、形容詞彙(物)、景物形態、曲折。

「高林間」語義類別:地、自然景觀、林原莽漠、林。

 

林間 所有 ,奔流 但潺潺

よく見ると林間には人が住んでいないようだけれど、林間の澗水からさらさらと小川の水が、舟が進むいきおいのはげしい流れに注ぎ込んでいる。

「奔流」勢いの激しい流れ。

「潺潺」浅い川などの水がさらさらと流れるさま。

 

嗟我 亦拙謀 ,致身 南蠻

こうした景色を見るにつけても、ああ、私がしでかした「佛骨を論ずる表」は下手を打ってしまったことだろう、その結果が自分の身に降りかかって、こうした南蛮の地に貶められたのだ。

「拙」つたないこと。へた。

「南蠻」、四夷のひとつであり、中国大陸を制した朝廷が南方の帰順しない異民族に対して用いた蔑称である。

 

 

茫然 失所詣 ,無路 何能

詣でるところのなくなってしまった今の自分は漠然として、つかみどころのない状態であり、こうして進んでいるけれど長安に帰る道がなくどうして又帰ることが出来るのだろうか。

「茫然」1 漠然としてつかみどころのないさま。「―とした前途」「必要あることを弁ぜず…―たる論を主張するは」〈鉄腸・花間鶯〉2 1 あっけにとられているさま。「意外な成り行きに―とする」2 気抜けしてぼんやりしているさま。

「詣」1 高い所・境地に行きつく。「造詣」2 社寺にもうでる。天子のもとに詣でていたことを云う。

《宿曾江口示姪孫湘,二首之一〔湘,字北渚,老成之子,愈兄弇之孫。此赴潮州作也。〕》#2 韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <927>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3619韓愈詩-239-2

韓愈《宿曾江口示姪孫湘,二首之一》#2 洪水は毎年のようにあることで、この悲しい様な出来事は、この地方住民の生活状態を極めて貧困にするもので気の毒な事としか思えない。そうしている間に今度は海からの強風が吹き寄せ、この寒空の晴れた部分からの薄明かりで、波しぶきが上がったのが星空の輝く星があつまったように見えてくる。


2014年1月19日 の紀頌之5つのブログ
●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場
Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 
LiveDoorブログ
班孟堅(班固)《東都賦》(12)#6(奢りを避ける) 文選 賦<113―10>18分割55回 Ⅱ李白に影響を与えた詩1014 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3618
●唐を代表する中唐の韓愈の儒家としての考えのよくわかる代表作の一つ
Ⅱ中唐詩・晩唐詩
 
 LiveDoorブログ
《宿曾江口示姪孫湘,二首之一〔湘,字北渚,老成之子,愈兄弇之孫。此赴潮州作也。〕》#2 韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <927>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3619韓愈詩-239-2
●杜甫の全作品1141首を取り上げて訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"
Ⅲ杜甫詩1000詩集  LiveDoorブログ 746廣徳2年764年―4-1 《南池》 蜀中転々 杜甫 <654-1>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3620 杜甫詩1000-654-1-918/1500748-1
●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている
Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2ブログ 259 《秋懐詩十一首之九(9)》 韓愈kanbuniinkai 紀 頌之の詩詞 fc2ブログ 3621 (01/19)
●●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩。唐から五代詩詞。花間集
Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoor 11 -5 南鄉子八首 其一 歐陽舍人炯十七首ⅩⅫ唐五代詞・「花間集」 Gs-415-11-#5  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3622
 
 ■最近の人気の文・賦・詩・詞(漢詩の5ブログ各部門)
 ■主要詩人の一覧・詩目次・ブログindex
『楚辞・九歌』東君 屈原詩<78-#1>505 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1332http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67664757.html
『楚辞』九辯 第九段―まとめ 宋玉  <00-#35> 664 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2304  http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-rihakujoseishi/archives/6471825.html
安世房中歌十七首(1) 唐山夫人 漢詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67710265.html 
為焦仲卿妻作 序 漢詩<143>古詩源 巻三 女性詩http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67729401.html
於凊河見輓船士新婚別妻一首 曹丕(魏文帝) 魏詩http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67759129.html
朔風 (一章) 曹植 魏詩<25-#1>文選雑詩 上 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67780868.html
謝靈運詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/1901_shareiun000.html 謝靈運詩六朝期の山水詩人。この人の詩は上品ですがすがしい男性的な深みのある詩である。後世に多大な影響を残している。
謝靈運が傲慢で磊落だったというが彼の詩からはそれを感じさせるということは微塵もない。謝靈運、謝朓、孟浩然は好きな詩人である。
登永嘉緑嶂山詩 #1 謝霊運 <20> 詩集 386ーhttp://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67474554.html
登池上樓 #1 謝霊運<25>#1  ー http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67502196.html
孟浩然の詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/209mokonen01.html 孟浩然の詩盛唐初期の詩人であるが謝霊運の詩に傾倒して山水詩人としてとてもきれいな詩を書いている。特に山水画のような病者の中で細やかな部分に動態を感じさせる表現力は素晴らしい。
李商隠詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/3991_rishoin000.html 
李商隠詩 華やかな時はほんの1年余り、残りは不遇であった。それが独特な詩を生み出した。この詩人の詩は物語であり、詩を単発で見ては面白くなく、数編から十数編のシリーズになっているのでそれを尊重して読まれることを進める。
女性詩人 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/0josei00index.html 女性詩人古代から近世に至るまで女性の詩は書くことを許されない環境にあった。貴族の子女、芸妓だけである。残されている詩のほとんどは詞、楽府の優雅、雅なものへの媚の詞である。しかしその中に針のような痛みを感じさせるものがあるのである。
孟郊詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/328_moukou001.html 「文章得其微,物象由我裁。」詩人が作り出す文章は細やかなる描写表現を得ているものだ、万物の事象をも作り出すことさえも詩人自身の裁量でもってするのである。
李商隠詩 http://kanbuniinkai7.dousetsu.com/99_rishoinn150.html Ⅰ李商隠150首
魚玄機 詩 全首130回賦得江邊柳 魚玄機  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-65-1-#五言律詩  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1876
薛濤 詩詞全首100 井梧吟 薛濤 唐五代詞・宋詩 薛濤-136-8-#1  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2227
主に花間集から
温庭筠 70首『菩薩蠻 一』温庭筠  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-1-1-#1 花間集 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1620
韋荘 50首 菩薩蠻 一 韋荘  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩花間集Gs-247-5-#1  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2617
皇甫松 10首 採蓮子二首  其一 皇甫松  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-307-5-#61  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3082
牛嶠  20首 女冠子四首 其一 牛嶠  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-312-5-#66  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3107
『花間集』継続中 
杜甫全詩 韓愈全詩 李白全集 文選 花間集 古詩源 玉台新詠


《宿曾江口示姪孫湘,二首之一〔湘,字北渚,老成之子,愈兄弇之孫。此赴潮州作也。〕》#2 韓愈
(韓退之) Ⅱ中唐詩 <927  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3619韓愈詩-239-2

 

 

年: 819  元和十四年  52

卷別: 卷三四一  文體: 五言古詩 

詩題: 宿曾江口示姪孫湘,二首之一〔湘,字北渚,老成之子,愈兄弇之孫。此赴潮州作也。〕 

及地點:  曾江口 (嶺南道東部 廣州 增城)     

 

 

宿曾江口示姪孫湘,二首之一

(この詩は潮州に赴く途中、曾江の合流点近くに投宿し洪水氾濫のようすを見るに及んで、賦して従行の姪孫韓湘に示したもの。二首の一)

〔湘,字北渚,老成之子,愈兄弇之孫。此赴潮州作也。〕

〔姪孫湘は、韓湘、字は北渚、老成の子、韓愈の兄韓弇【かんえん】の孫である。この詩は潮州に赴く途中で作ったものである。〕
雲昏水奔流,天水漭相圍。 

雲は暗く垂れこみ河口の洪水は凄まじく奔流している。天から降る雨水量は河水と一緒になって氾濫して宅地をとりかこんでいる。

三江滅無口,其誰識涯圻。 

ここで合流する三江はそれぞれの河口は全く消え果てなくなっってしまう。何処が岸なのか、誰であっても全く分からないほどである。

暮宿投民村,高處水半扉。 

暮れかかってきてここにきて、これ以上は動きも取れず、宿を探して、民村を探し当て、そこに行き着くと、そこは随分高い所にあるのに洪水は門扉の中ほどにも及んでいる。

犬雞俱上屋,不復走與飛。

そこに飼っている犬と鶏は難を避けてみんな屋根の上に上がっている。走り回ることも飛び上がることもできないで困ったものである。

 

篙舟入其家,暝聞屋中唏。 

やがて船をまわし、棹さしてその家に入ることが出来たが、夕暮れ時の暗い中で、その家の隅の方で悲しげに人の泣く声が聞こえてくる。

問知常然,哀此為生微。 

どうしたのかと様子を尋ねてみると、こういう洪水は毎年のようにあることで、この悲しい様な出来事は、この地方住民の生活状態を極めて貧困にするもので気の毒な事としか思えない。

海風吹寒晴,波揚眾星輝。 

そうしている間に今度は海からの強風が吹き寄せ、この寒空の晴れた部分からの薄明かりで、波しぶきが上がったのが星空の輝く星があつまったように見えてくる。

仰視北斗高,不知路所歸。 

仰ぎよくよく見つめてみると高い所にあるのが長安の都を示す北斗七星だというものの全くわかりはしないので、これではゆくべき道もわからないものが、帰るべき道までもわからないという痛嘆することしかないというものだ。

 

曾江の口に宿し、姪孫湘に示す,二首の一

〔湘は,字を北渚とし,老成の子であり,愈の兄弇【えん】の孫である。此れは潮州に赴むくときの作なり。〕

雲昏くして 水 流れを奔り,天水 漭【よう】として相い圍む。 

三江 滅して口無く,其れ誰か涯圻【がいき】を識らむ。 

暮れに民村に投じて宿し,高處 水半ばにして扉ず。 

犬雞 俱に屋に上り,復た走と飛とをならず。

 

舟に篙【さお】さして 其の家に入り,暝【くれ】て屋中に唏【な】くを聞く。 

問うて知るは  常然たるを,此れを哀むは 生を為すの微なるを。 

海風 寒晴に吹き,波揚 星輝に眾る。 

仰ぎて 北斗の高きを視,路 歸える所を知らず。

 

広東曾城 

『宿曾江口示姪孫湘,二首之一』 現代語訳と訳註

(本文)

篙舟入其家,暝聞屋中唏。 

問知常然,哀此為生微。 

海風吹寒晴,波揚眾星輝。 

仰視北斗高,不知路所歸。

 

(下し文)

舟に篙【さお】さして 其の家に入り,暝【くれ】て屋中に唏【な】くを聞く。 

問うて知るは  常然たるを,此れを哀むは 生を為すの微なるを。 

海風 寒晴に吹き,波揚 星輝に眾る。 

仰ぎて 北斗の高きを視,路 歸える所を知らず。

 

(現代語訳)

やがて船をまわし、棹さしてその家に入ることが出来たが、夕暮れ時の暗い中で、その家の隅の方で悲しげに人の泣く声が聞こえてくる。

どうしたのかと様子を尋ねてみると、こういう洪水は毎年のようにあることで、この悲しい様な出来事は、この地方住民の生活状態を極めて貧困にするもので気の毒な事としか思えない。

そうしている間に今度は海からの強風が吹き寄せ、この寒空の晴れた部分からの薄明かりで、波しぶきが上がったのが星空の輝く星があつまったように見えてくる。

仰ぎよくよく見つめてみると高い所にあるのが長安の都を示す北斗七星だというものの全くわかりはしないので、これではゆくべき道もわからないものが、帰るべき道までもわからないという痛嘆することしかないというものだ。

 

 

(訳注) #2

宿曾江口示姪孫湘,二首之一

(この詩は潮州に赴く途中、曾江の合流点近くに投宿し洪水氾濫のようすを見るに及んで、賦して従行の姪孫韓湘に示したもの。二首の一)

2潮州広東00 

篙舟 其家 ,暝聞 屋中

やがて船をまわし、棹さしてその家に入ることが出来たが、夕暮れ時の暗い中で、その家の隅の方で悲しげに人の泣く声が聞こえてくる。

「篙」交通工具の棹さし。

 

問知 常然,哀此 為生

どうしたのかと様子を尋ねてみると、こういう洪水は毎年のようにあることで、この悲しい様な出来事は、この地方住民の生活状態を極めて貧困にするもので気の毒な事としか思えない。

歲常然」範圍時間(年)、毎年のようにあること

「為生微」地方住民の生活状態を極めて貧困にするもの。

 

海風 寒晴 ,波揚 眾星輝

そうしている間に今度は海からの強風が吹き寄せ、この寒空の晴れた部分からの薄明かりで、波しぶきが上がったのが星空の輝く星があつまったように見えてくる。

「寒晴」雲の切れ間、冷寒。

「波揚」波に風が吹き付けしぶきを吹きあげる。

「星輝」水しぶきにわずがな光があつまり星屑のように見える。

 

仰視 北斗 ,不知 所歸

仰ぎよくよく見つめてみると高い所にあるのが長安の都を示す北斗七星だというものの全くわかりはしないので、これではゆくべき道もわからないものが、帰るべき道までもわからないという痛嘆することしかないというものだ。

「北斗」北斗七星。北は長安のあるところであるのであり、北斗七星は象徴である。その北斗七星もよくわからないから帰り道がわからない。
sas0002 

《宿曾江口示姪孫湘,二首之一#1〔湘,字北渚,老成之子,愈兄弇之孫。此赴潮州作也。〕》韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <926>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3614韓愈詩-239-1

《宿曾江口示姪孫湘,二首之一》#1 韓愈 〔姪孫湘は、韓湘、字は北渚、老成の子、韓愈の兄韓弇【かんえん】の孫である。この詩は潮州に赴く途中で作ったものである。〕
雲は暗く垂れこみ河口の洪水は凄まじく奔流している。天から降る雨水量は河水と一緒になって氾濫して宅地をとりかこんでいる。ここで合流する三江はそれぞれの河口は全く消え果てなくなっってしまう。 何処が岸なのか、誰であっても全く分からないほどである。


2014年1月18日 の紀頌之5つのブログ
●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場
Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 
LiveDoorブログ
班孟堅(班固)《東都賦》(11)#5(永平の治)-2 文選 賦<113―9>18分割55回 Ⅱ李白に影響を与えた詩1013 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3613
●唐を代表する中唐の韓愈の儒家としての考えのよくわかる代表作の一つ
Ⅱ中唐詩・晩唐詩
 
 LiveDoorブログ
《宿曾江口示姪孫湘,二首之一#1〔湘,字北渚,老成之子,愈兄弇之孫。此赴潮州作也。〕》韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <926>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3614韓愈詩-239-1
●杜甫の全作品1141首を取り上げて訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"
Ⅲ杜甫詩1000詩集  LiveDoorブログ 杜甫の人生 蜀中転々 762年~764年にかけて (まとめ)
●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている
Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2ブログ 258 《秋懐詩十一首之八(8)》 韓愈  kanbuniinkai 紀 頌之の詩詞 fc2ブログ 3616 (01/18)
●●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩。唐から五代詩詞。花間集
Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoor 11 -4 三字令 歐陽舍人炯十七首ⅩⅫ唐五代詞・「花間集」 Gs-414-11-#4  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3617
 
 ■最近の人気の文・賦・詩・詞(漢詩の5ブログ各部門)
 ■主要詩人の一覧・詩目次・ブログindex
『楚辞・九歌』東君 屈原詩<78-#1>505 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1332http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67664757.html
『楚辞』九辯 第九段―まとめ 宋玉  <00-#35> 664 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2304  http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-rihakujoseishi/archives/6471825.html
安世房中歌十七首(1) 唐山夫人 漢詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67710265.html 
為焦仲卿妻作 序 漢詩<143>古詩源 巻三 女性詩http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67729401.html
於凊河見輓船士新婚別妻一首 曹丕(魏文帝) 魏詩http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67759129.html
朔風 (一章) 曹植 魏詩<25-#1>文選雑詩 上 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67780868.html
謝靈運詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/1901_shareiun000.html 謝靈運詩六朝期の山水詩人。この人の詩は上品ですがすがしい男性的な深みのある詩である。後世に多大な影響を残している。
謝靈運が傲慢で磊落だったというが彼の詩からはそれを感じさせるということは微塵もない。謝靈運、謝朓、孟浩然は好きな詩人である。
登永嘉緑嶂山詩 #1 謝霊運 <20> 詩集 386ーhttp://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67474554.html
登池上樓 #1 謝霊運<25>#1  ー http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67502196.html
孟浩然の詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/209mokonen01.html 孟浩然の詩盛唐初期の詩人であるが謝霊運の詩に傾倒して山水詩人としてとてもきれいな詩を書いている。特に山水画のような病者の中で細やかな部分に動態を感じさせる表現力は素晴らしい。
李商隠詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/3991_rishoin000.html 
李商隠詩 華やかな時はほんの1年余り、残りは不遇であった。それが独特な詩を生み出した。この詩人の詩は物語であり、詩を単発で見ては面白くなく、数編から十数編のシリーズになっているのでそれを尊重して読まれることを進める。
女性詩人 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/0josei00index.html 女性詩人古代から近世に至るまで女性の詩は書くことを許されない環境にあった。貴族の子女、芸妓だけである。残されている詩のほとんどは詞、楽府の優雅、雅なものへの媚の詞である。しかしその中に針のような痛みを感じさせるものがあるのである。
孟郊詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/328_moukou001.html 「文章得其微,物象由我裁。」詩人が作り出す文章は細やかなる描写表現を得ているものだ、万物の事象をも作り出すことさえも詩人自身の裁量でもってするのである。
李商隠詩 http://kanbuniinkai7.dousetsu.com/99_rishoinn150.html Ⅰ李商隠150首
魚玄機 詩 全首130回賦得江邊柳 魚玄機  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-65-1-#五言律詩  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1876
薛濤 詩詞全首100 井梧吟 薛濤 唐五代詞・宋詩 薛濤-136-8-#1  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2227
主に花間集から
温庭筠 70首『菩薩蠻 一』温庭筠  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-1-1-#1 花間集 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1620
韋荘 50首 菩薩蠻 一 韋荘  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩花間集Gs-247-5-#1  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2617
皇甫松 10首 採蓮子二首  其一 皇甫松  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-307-5-#61  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3082
牛嶠  20首 女冠子四首 其一 牛嶠  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-312-5-#66  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3107
『花間集』継続中 
杜甫全詩 韓愈全詩 李白全集 文選 花間集 古詩源 玉台新詠

 

《宿曾江口示姪孫湘,二首之一#1〔湘,字北渚,老成之子,愈兄弇之孫。此赴潮州作也。〕》韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <926  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3614韓愈詩-239-1

 

 

年: 819  元和十四年  52

卷別: 卷三四一  文體: 五言古詩 

詩題: 宿曾江口示姪孫湘,二首之一〔湘,字北渚,老成之子,愈兄弇之孫。此赴潮州作也。〕 

及地點:  曾江口 (嶺南道東部 廣州 增城)     

 

 

宿曾江口示姪孫湘,二首之一
(この詩は潮州に赴く途中、曾江の合流点近くに投宿し洪水氾濫のようすを見るに及んで、賦して従行の姪孫韓湘に示したもの。二首の一)
〔湘,字北渚,老成之子,愈兄弇之孫。此赴潮州作也。〕

〔姪孫湘は、韓湘、字は北渚、老成の子、韓愈の兄韓弇【かんえん】の孫である。この詩は潮州に赴く途中で作ったものである。〕

雲昏水奔流,天水漭相圍。 

雲は暗く垂れこみ河口の洪水は凄まじく奔流している。天から降る雨水量は河水と一緒になって氾濫して宅地をとりかこんでいる。

三江滅無口,其誰識涯圻。 

ここで合流する三江はそれぞれの河口は全く消え果てなくなっってしまう。何処が岸なのか、誰であっても全く分からないほどである。

暮宿投民村,高處水半扉。 

暮れかかってきてここにきて、これ以上は動きも取れず、宿を探して、民村を探し当て、そこに行き着くと、そこは随分高い所にあるのに洪水は門扉の中ほどにも及んでいる。

犬雞俱上屋,不復走與飛。

そこに飼っている犬と鶏は難を避けてみんな屋根の上に上がっている。走り回ることも飛び上がることもできないで困ったものである。 

篙舟入其家,暝聞屋中唏。 

問知常然,哀此為生微。 

海風吹寒晴,波揚眾星輝。 

仰視北斗高,不知路所歸。 

 

曾江の口に宿し、姪孫湘に示す,二首の一

〔湘は,字を北渚とし,老成の子であり,愈の兄弇【えん】の孫である。此れは潮州に赴むくときの作なり。〕

雲昏くして 水 流れを奔り,天水 漭【よう】として相い圍む。 

三江 滅して口無く,其れ誰か涯圻【がいき】を識らむ。 

暮れに民村に投じて宿し,高處 水半ばにして扉ず。 

犬雞 俱に屋に上り,復た走と飛とをならず。

 

舟に篙【さお】さして 其の家に入り,暝【くれ】て屋中に唏【な】くを聞く。 

問うて知るは  常然たるを,此れを哀むは 生を為すの微なるを。 

海風 寒晴に吹き,波揚 星輝に眾る。 

仰ぎて 北斗の高きを視,路 歸える所を知らず。

 

 

『宿曾江口示姪孫湘,二首之一』 現代語訳と訳註

(本文)

宿曾江口示姪孫湘,二首之一〔湘,字北渚,老成之子,愈兄弇之孫。此赴潮州作也。〕

雲昏水奔流,天水漭相圍。 

三江滅無口,其誰識涯圻。 

暮宿投民村,高處水半扉。 

犬雞俱上屋,不復走與飛。

 

 

(下し文)

曾江の口に宿し、姪孫湘に示す,二首の一

〔湘は,字を北渚とし,老成の子であり,愈の兄弇【えん】の孫である。此れは潮州に赴むくときの作なり。〕

雲昏くして 水 流れを奔り,天水 漭【よう】として相い圍む。 

三江 滅して口無く,其れ誰か涯圻【がいき】を識らむ。 

暮れに民村に投じて宿し,高處 水半ばにして扉ず。 

犬雞 俱に屋に上り,復た走と飛とをならず。

 

(現代語訳)

(この詩は潮州に赴く途中、曾江の合流点近くに投宿し洪水氾濫のようすを見るに及んで、賦して従行の姪孫韓湘に示したもの。二首の一)

〔姪孫湘は、韓湘、字は北渚、老成の子、韓愈の兄韓弇【かんえん】の孫である。この詩は潮州に赴く途中で作ったものである。〕

雲は暗く垂れこみ河口の洪水は凄まじく奔流している。天から降る雨水量は河水と一緒になって氾濫して宅地をとりかこんでいる。

ここで合流する三江はそれぞれの河口は全く消え果てなくなっってしまう。何処が岸なのか、誰であっても全く分からないほどである。

暮れかかってきてここにきて、これ以上は動きも取れず、宿を探して、民村を探し当て、そこに行き着くと、そこは随分高い所にあるのに洪水は門扉の中ほどにも及んでいる。

そこに飼っている犬と鶏は難を避けてみんな屋根の上に上がっている。走り回ることも飛び上がることもできないで困ったものである。

 

 

(訳注)

宿曾江口示姪孫湘,二首之一

(この詩は潮州に赴く途中、曾江の合流点近くに投宿し洪水氾濫のようすを見るに及んで、賦して従行の姪孫韓湘に示したもの。二首の一)

〔湘,字北渚,老成之子,愈兄弇之孫。此赴潮州作也。〕

〔姪孫湘は、韓湘、字は北渚、老成の子、韓愈の兄韓弇【かんえん】の孫である。この詩は潮州に赴く途中で作ったものである。〕

○曾江 曾江は廣城府増城縣にあって、三江の合流する所である。韓愈がここに来たときは洪水のときで三江混じて一になり、河口もわからないほどであった。

広東曾城 

 

雲昏 奔流 ,天水 相圍

雲は暗く垂れこみ河口の洪水は凄まじく奔流している。天から降る雨水量は河水と一緒になって氾濫して宅地をとりかこんでいる。

「雲昏」雲が厚く低く垂れこんで暗くなる。

「奔流」洪水が濁流として凄まじく。

「天水」天から降る雨水量。

「漭」洪水により広々としている様子。

「圍」洪水が敷地や家を取り囲むこと。 

 

三江 無口 ,其誰 涯圻

ここで合流する三江はそれぞれの河口は全く消え果てなくなっってしまう。何処が岸なのか、誰であっても全く分からないほどである。

「三江」増江、循江、河源水の三江。

「涯」沙洲島嶼、岸。 

 

暮宿 民村 ,高處 半扉

暮れかかってきてここにきて、これ以上は動きも取れず、宿を探して、民村を探し当て、そこに行き着くと、そこは随分高い所にあるのに洪水は門扉の中ほどにも及んでいる。

 

犬雞 俱上屋 ,不復 與飛

そこに飼っている犬と鶏は難を避けてみんな屋根の上に上がっている。走り回ることも飛び上がることもできないで困ったものである。
2潮州広東00 

《初南食貽元十八協律 》韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <925>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3609韓愈詩-238-3

韓愈《初南食貽元十八協律 #3》 わたしは、へびにむかって「お前をとらえて売ったのは、何も私の罪であるということはないのだ。くわえて、お前を屠らずしてはなったのは情けがあるということではないか。」こうした恩に報いるため、霊珠を贈り賜うことを望んでいないということか。さいわいにして、わたしを他の者といっしょに嫌怨しないようにしてくれといった。


2014年1月17日 の紀頌之5つのブログ
●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場
Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 
LiveDoorブログ
班孟堅(班固)《東都賦》(10)#5(永平の治)-1 文選 賦<113―8>18分割55回 Ⅱ李白に影響を与えた詩1012 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3608
●唐を代表する中唐の韓愈の儒家としての考えのよくわかる代表作の一つ
Ⅱ中唐詩・晩唐詩
 
 LiveDoorブログ
《初南食貽元十八協律 》韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <925>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3609韓愈詩-238-3
●杜甫の全作品1141首を取り上げて訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"
Ⅲ杜甫詩1000詩集  LiveDoorブログ 746廣徳2年764年―3-5 《丹青引,贈曹將軍霸》 蜀中転々 杜甫 <656>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3610 杜甫詩1000-656-916/1500746-5
●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている
Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2ブログ 257 《秋懐詩十一首之七(7)》韓愈kanbuniinkai 紀 頌之の詩詞 fc2ブログ 3611 (01/17)
●●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩。唐から五代詩詞。花間集
Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoor 11 -3 浣渓沙 三首 其三 歐陽舍人炯十七首ⅩⅫ唐五代詞・「花間集」 Gs-413-11-#3  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3612
 
 ■最近の人気の文・賦・詩・詞(漢詩の5ブログ各部門)
 ■主要詩人の一覧・詩目次・ブログindex
『楚辞・九歌』東君 屈原詩<78-#1>505 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1332http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67664757.html
『楚辞』九辯 第九段―まとめ 宋玉  <00-#35> 664 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2304  http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-rihakujoseishi/archives/6471825.html
安世房中歌十七首(1) 唐山夫人 漢詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67710265.html 
為焦仲卿妻作 序 漢詩<143>古詩源 巻三 女性詩http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67729401.html
於凊河見輓船士新婚別妻一首 曹丕(魏文帝) 魏詩http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67759129.html
朔風 (一章) 曹植 魏詩<25-#1>文選雑詩 上 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67780868.html
謝靈運詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/1901_shareiun000.html 謝靈運詩六朝期の山水詩人。この人の詩は上品ですがすがしい男性的な深みのある詩である。後世に多大な影響を残している。
謝靈運が傲慢で磊落だったというが彼の詩からはそれを感じさせるということは微塵もない。謝靈運、謝朓、孟浩然は好きな詩人である。
登永嘉緑嶂山詩 #1 謝霊運 <20> 詩集 386ーhttp://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67474554.html
登池上樓 #1 謝霊運<25>#1  ー http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67502196.html
孟浩然の詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/209mokonen01.html 孟浩然の詩盛唐初期の詩人であるが謝霊運の詩に傾倒して山水詩人としてとてもきれいな詩を書いている。特に山水画のような病者の中で細やかな部分に動態を感じさせる表現力は素晴らしい。
李商隠詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/3991_rishoin000.html 
李商隠詩 華やかな時はほんの1年余り、残りは不遇であった。それが独特な詩を生み出した。この詩人の詩は物語であり、詩を単発で見ては面白くなく、数編から十数編のシリーズになっているのでそれを尊重して読まれることを進める。
女性詩人 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/0josei00index.html 女性詩人古代から近世に至るまで女性の詩は書くことを許されない環境にあった。貴族の子女、芸妓だけである。残されている詩のほとんどは詞、楽府の優雅、雅なものへの媚の詞である。しかしその中に針のような痛みを感じさせるものがあるのである。
孟郊詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/328_moukou001.html 「文章得其微,物象由我裁。」詩人が作り出す文章は細やかなる描写表現を得ているものだ、万物の事象をも作り出すことさえも詩人自身の裁量でもってするのである。
李商隠詩 http://kanbuniinkai7.dousetsu.com/99_rishoinn150.html Ⅰ李商隠150首
魚玄機 詩 全首130回賦得江邊柳 魚玄機  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-65-1-#五言律詩  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1876
薛濤 詩詞全首100 井梧吟 薛濤 唐五代詞・宋詩 薛濤-136-8-#1  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2227
主に花間集から
温庭筠 70首『菩薩蠻 一』温庭筠  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-1-1-#1 花間集 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1620
韋荘 50首 菩薩蠻 一 韋荘  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩花間集Gs-247-5-#1  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2617
皇甫松 10首 採蓮子二首  其一 皇甫松  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-307-5-#61  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3082
牛嶠  20首 女冠子四首 其一 牛嶠  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-312-5-#66  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3107
『花間集』継続中 
杜甫全詩 韓愈全詩 李白全集 文選 花間集 古詩源 玉台新詠

 

《初南食貽元十八協律 》韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <925  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3609韓愈詩-238-3

 

 

作時年:819  元和十四年  52

卷別: 卷三四一  文體: 五言古詩 

詩題: 初南食貽元十八協律 

交遊人物: 元集虛 當地交遊

 

 

初南食貽元十八協律  #1

(初めて南方の料理を食べたことにより、賦して元協律に贈ったもの。)

鱟實如惠文,骨眼相負行。 

兜かには、実際惠文の冠のような形をしており、それが海を泳ぐときは、背上の眼をきらめかし、雌が牡をおうて行くということである。

蠔相黏為山,百十各自生。 

牡蠣は、互いに点着して一塊をなしており、その大きさは山のように幾百幾千というものが、個々別々に生をなしている。

蒲魚尾如蛇,口眼不相營。 

蒲魚には蛇のような尻尾があり、その端っこに口があるというから、目と口とは全く関係がないということである。

蛤即是蝦蟆,同實浪異名。 

山蛤は、すなわち蝦蟇で実は同じではあるが、みだりにその名が異なっているのである。

山蛤は、すなわち蝦蟇で実は同じではあるが、みだりにその名が異なっているのである。

#2

章舉馬甲柱,鬥以怪自呈。 

章舉(たこ)と馬甲柱(かいばしら)は、奇怪なものとしてどちらが勝かその先頭に立つものである。

其餘數十種,莫不可歎驚。 

その種類も数十種をあまるだけあり、一つとして歎驚を値するものはないということはないのだ。

我來禦魑魅,自宜味南烹。 

わたしは魑魅にあたるために、この地に投ぜられた貶謫されたの身であるので、否が応でもこの南方の料理をよろしく味わうのである。

調以鹹與酸,芼以椒與橙。 

その南方の料理は甘酸をもって調理し、胡椒や橙汁で味をつけて喰うようになっている。

腥臊始發越,咀吞面汗騂。 

薬味を加えていない羊肉はひどく嫌なにおいがするだけに始めて南の国を旅立ちたいと思うし、慣れないものはなかなか口にできず、咀嚼して無理に飲み下すと、顔に脂汗が流れるくらいである。

#3

惟蛇舊所識,實憚口眼獰。 

しかし、これらはまだ酔いとして、蛇は従前見て知っているが、その口、目、その獰猛で、邪悪なようすを心に憚っていたのでどうしても喰う気にはなれない。

開籠聽其去,鬱屈尚不平。 

かごをひらいて、その逃れ去るにまかせてみると、そこに依然としてドグロを巻いていて、どうやら捕えられたことを不平に思っているらしい。
賣爾非我罪,不屠豈非情。 

そこでわたしは、へびにむかって「お前をとらえて売ったのは、何も私の罪であるということはないのだ。くわえて、お前を屠らずしてはなったのは情けがあるということではないか。」
不祈靈珠報,幸無嫌怨并。 

こうした恩に報いるため、霊珠を贈り賜うことを望んでいないということか。さいわいにして、わたしを他の者といっしょに嫌怨しないようにしてくれといった。

聊歌以記之,又以告同行。 

南方の料理の品目は、ざっとこれまで述べたとおりであるが、いささかではあるが、これを詩歌にして記して、且つ同行の人々に告げる次第である。

 

(初めて南食し元十八協律に貽【おく】る

鱟【こう】は實に惠文の如く,骨眼 相い負うて行く。 

蠔【ごう】は相い黏【てん】して山と為し,百十 各の自生す。 

蒲魚は尾 蛇の如く,口眼 相い營まず。 

蛤は即ち是れ蝦蟆【かほ】,實を同して浪【みだ】りに名を異にす。 

 

章舉と馬甲柱は,鬥わすに怪を以って自ら呈す。 

其の餘 數十種あり,歎驚【たんけい】す可からざる莫し。 

我來って魑魅【ちみ】に禦る,自ら宜しく南烹【なんぽう】を味わうべし。 

調するに鹹【かん】と酸とを以ってし,芼するに椒と橙とを以ってす。 

腥臊【せいそう】始めて越を發し,咀吞【そとん】すれば 面汗騂【あか】し。 

 

惟だ蛇のみは舊識る所ろ,實に口眼の獰【どう】なるを憚る。 

籠を開いて其の去るを聽【ゆる】せば,鬱屈【うっくつ】して尚お不平なり。 

爾を賣るは我が罪に非らず,屠【ほう】らざるは豈に情非らずや。 

靈珠の報を祈らず,幸いにして嫌怨【けんえん】を并【あわ】す無かれ。 

聊か歌うて以って之を記し,又た以って同行に告ぐ。

2蜀の山00 

 

『初南食貽元十八協律』 現代語訳と訳註

(本文)

惟蛇舊所識,實憚口眼獰。 

開籠聽其去,鬱屈尚不平。 

賣爾非我罪,不屠豈非情。 

不祈靈珠報,幸無嫌怨并。 

聊歌以記之,又以告同行。 

 

(下し文)

惟だ蛇のみは舊識る所ろ,實に口眼の獰【どう】なるを憚る。 

籠を開いて其の去るを聽【ゆる】せば,鬱屈【うっくつ】して尚お不平なり。 

爾を賣るは我が罪に非らず,屠【ほう】らざるは豈に情非らずや。 

靈珠の報を祈らず,幸いにして嫌怨【けんえん】を并【あわ】す無かれ。 

聊か歌うて以って之を記し,又た以って同行に告ぐ。

 

(現代語訳)

しかし、これらはまだ酔いとして、蛇は従前見て知っているが、その口、目、その獰猛で、邪悪なようすを心に憚っていたのでどうしても喰う気にはなれない。

かごをひらいて、その逃れ去るにまかせてみると、そこに依然としてドグロを巻いていて、どうやら捕えられたことを不平に思っているらしい。
そこでわたしは、へびにむかって「お前をとらえて売ったのは、何も私の罪であるということはないのだ。くわえて、お前を屠らずしてはなったのは情けがあるということではないか。」

こうした恩に報いるため、霊珠を贈り賜うことを望んでいないということか。さいわいにして、わたしを他の者といっしょに嫌怨しないようにしてくれといった。

南方の料理の品目は、ざっとこれまで述べたとおりであるが、いささかではあるが、これを詩歌にして記して、且つ同行の人々に告げる次第である。

 

 

(訳注)

初南食貽元十八協律  #3

(初めて南方の料理を食べたことにより、賦して元協律に贈ったもの。)

 

 

惟蛇 所識 ,實憚 口眼

しかし、これらはまだ酔いとして、蛇は従前見て知っているが、その口、目、その獰猛で、邪悪なようすを心に憚っていたのでどうしても喰う気にはなれない。

「獰」獰猛で、邪悪なようす

 

開籠 其去 ,鬱屈 尚不平。

かごをひらいて、その逃れ去るにまかせてみると、そこに依然としてドグロを巻いていて、どうやら捕えられたことを不平に思っているらしい。

「鬱屈」ドグロを巻いている。

 

賣爾 我罪 ,不屠 豈非

そこでわたしは、へびにむかって「お前をとらえて売ったのは、何も私の罪であるということはないのだ。くわえて、お前を屠らずしてはなったのは情けがあるということではないか。」

 

不祈 靈珠 ,幸無 嫌怨 并。

こうした恩に報いるため、霊珠を贈り賜うことを望んでいないということか。さいわいにして、わたしを他の者といっしょに嫌怨しないようにしてくれといった。

「靈珠」恩に報いて贈ってくれる玉石、珠。

 

聊歌 以記之 ,又以告 同行

南方の料理の品目は、ざっとこれまで述べたとおりであるが、いささかではあるが、これを詩歌にして記して、且つ同行の人々に告げる次第である。

「聊歌」謙遜して言う韓愈が作る詩歌。
2潮州広東00 

《初南食貽元十八協律》韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <924>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3604韓愈詩-238-2

韓愈《初南食貽元十八協律》#2 その南方の料理は甘酸をもって調理し、胡椒や橙汁で味をつけて喰うようになっている。薬味を加えていない羊肉はひどく嫌なにおいがするだけに始めて南の国を旅立ちたいと思うし、慣れないものはなかなか口にできず、咀嚼して無理に飲み下すと、顔に脂汗が流れるくらいである。


2014年1月16日 の紀頌之5つのブログ
●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場
Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 
LiveDoorブログ
班孟堅(班固)《東都賦》(9)#4(知徳兼備の光武帝)-3 文選 賦<113―7>18分割55回 Ⅱ李白に影響を与えた詩1011 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3603
●唐を代表する中唐の韓愈の儒家としての考えのよくわかる代表作の一つ
Ⅱ中唐詩・晩唐詩
 
 LiveDoorブログ
《初南食貽元十八協律》韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <924>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3604韓愈詩-238-2
●杜甫の全作品1141首を取り上げて訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"
Ⅲ杜甫詩1000詩集  LiveDoorブログ 746廣徳2年764年―3-4 《丹青引,贈曹將軍霸》 蜀中転々 杜甫 <655>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3605 杜甫詩1000-655-915/1500746-4
●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている
Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2ブログ 256 《秋懐詩十一首之六(6)》韓愈kanbuniinkai 紀 頌之の詩詞 fc2ブログ3606 (01/16)
●●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩。唐から五代詩詞。花間集
Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoor 11 -2 浣渓沙 三首 其二 歐陽舍人炯十七首ⅩⅫ唐五代詞・「花間集」 Gs-412-11-#2  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3607
 
 ■最近の人気の文・賦・詩・詞(漢詩の5ブログ各部門)
 ■主要詩人の一覧・詩目次・ブログindex
『楚辞・九歌』東君 屈原詩<78-#1>505 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1332http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67664757.html
『楚辞』九辯 第九段―まとめ 宋玉  <00-#35> 664 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2304  http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-rihakujoseishi/archives/6471825.html
安世房中歌十七首(1) 唐山夫人 漢詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67710265.html 
為焦仲卿妻作 序 漢詩<143>古詩源 巻三 女性詩http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67729401.html
於凊河見輓船士新婚別妻一首 曹丕(魏文帝) 魏詩http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67759129.html
朔風 (一章) 曹植 魏詩<25-#1>文選雑詩 上 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67780868.html
謝靈運詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/1901_shareiun000.html 謝靈運詩六朝期の山水詩人。この人の詩は上品ですがすがしい男性的な深みのある詩である。後世に多大な影響を残している。
謝靈運が傲慢で磊落だったというが彼の詩からはそれを感じさせるということは微塵もない。謝靈運、謝朓、孟浩然は好きな詩人である。
登永嘉緑嶂山詩 #1 謝霊運 <20> 詩集 386ーhttp://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67474554.html
登池上樓 #1 謝霊運<25>#1  ー http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67502196.html
孟浩然の詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/209mokonen01.html 孟浩然の詩盛唐初期の詩人であるが謝霊運の詩に傾倒して山水詩人としてとてもきれいな詩を書いている。特に山水画のような病者の中で細やかな部分に動態を感じさせる表現力は素晴らしい。
李商隠詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/3991_rishoin000.html 
李商隠詩 華やかな時はほんの1年余り、残りは不遇であった。それが独特な詩を生み出した。この詩人の詩は物語であり、詩を単発で見ては面白くなく、数編から十数編のシリーズになっているのでそれを尊重して読まれることを進める。
女性詩人 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/0josei00index.html 女性詩人古代から近世に至るまで女性の詩は書くことを許されない環境にあった。貴族の子女、芸妓だけである。残されている詩のほとんどは詞、楽府の優雅、雅なものへの媚の詞である。しかしその中に針のような痛みを感じさせるものがあるのである。
孟郊詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/328_moukou001.html 「文章得其微,物象由我裁。」詩人が作り出す文章は細やかなる描写表現を得ているものだ、万物の事象をも作り出すことさえも詩人自身の裁量でもってするのである。
李商隠詩 http://kanbuniinkai7.dousetsu.com/99_rishoinn150.html Ⅰ李商隠150首
魚玄機 詩 全首130回賦得江邊柳 魚玄機  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-65-1-#五言律詩  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1876
薛濤 詩詞全首100 井梧吟 薛濤 唐五代詞・宋詩 薛濤-136-8-#1  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2227
主に花間集から
温庭筠 70首『菩薩蠻 一』温庭筠  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-1-1-#1 花間集 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1620
韋荘 50首 菩薩蠻 一 韋荘  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩花間集Gs-247-5-#1  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2617
皇甫松 10首 採蓮子二首  其一 皇甫松  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-307-5-#61  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3082
牛嶠  20首 女冠子四首 其一 牛嶠  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-312-5-#66  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3107
『花間集』継続中 
杜甫全詩 韓愈全詩 李白全集 文選 花間集 古詩源 玉台新詠

 

《初南食貽元十八協律》韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <924  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3604韓愈詩-238-2

 

 

作時年:819  元和十四年  52

卷別: 卷三四一  文體: 五言古詩 

詩題: 初南食貽元十八協律 

交遊人物: 元集虛 當地交遊

 

 

初南食貽元十八協律  #1

(初めて南方の料理を食べたことにより、賦して元協律に贈ったもの。)

鱟實如惠文,骨眼相負行。 

兜かには、実際惠文の冠のような形をしており、それが海を泳ぐときは、背上の眼をきらめかし、雌が牡をおうて行くということである。

蠔相黏為山,百十各自生。 

牡蠣は、互いに点着して一塊をなしており、その大きさは山のように幾百幾千というものが、個々別々に生をなしている。

蒲魚尾如蛇,口眼不相營。 

蒲魚には蛇のような尻尾があり、その端っこに口があるというから、目と口とは全く関係がないということである。

蛤即是蝦蟆,同實浪異名。 

山蛤は、すなわち蝦蟇で実は同じではあるが、みだりにその名が異なっているのである。

山蛤は、すなわち蝦蟇で実は同じではあるが、みだりにその名が異なっているのである。

#2

章舉馬甲柱,鬥以怪自呈。 

章舉(たこ)と馬甲柱(かいばしら)は、奇怪なものとしてどちらが勝かその先頭に立つものである。

其餘數十種,莫不可歎驚。 

その種類も数十種をあまるだけあり、一つとして歎驚を値するものはないということはないのだ。

我來禦魑魅,自宜味南烹。 

わたしは魑魅にあたるために、この地に投ぜられた貶謫されたの身であるので、否が応でもこの南方の料理をよろしく味わうのである。

調以鹹與酸,芼以椒與橙。 

その南方の料理は甘酸をもって調理し、胡椒や橙汁で味をつけて喰うようになっている。

腥臊始發越,咀吞面汗騂。 

薬味を加えていない羊肉はひどく嫌なにおいがするだけに始めて南の国を旅立ちたいと思うし、慣れないものはなかなか口にできず、咀嚼して無理に飲み下すと、顔に脂汗が流れるくらいである。

#3

惟蛇舊所識,實憚口眼獰。 

開籠聽其去,鬱屈尚不平。 

賣爾非我罪,不屠豈非情。 

不祈靈珠報,幸無嫌怨并。 

聊歌以記之,又以告同行。 

 

(初めて南食し元十八協律に貽【おく】る

鱟【こう】は實に惠文の如く,骨眼 相い負うて行く。 

蠔【ごう】は相い黏【てん】して山と為し,百十 各の自生す。 

蒲魚は尾 蛇の如く,口眼 相い營まず。 

蛤は即ち是れ蝦蟆【かほ】,實を同して浪【みだ】りに名を異にす。 

 

章舉と馬甲柱は,鬥わすに怪を以って自ら呈す。 

其の餘 數十種あり,歎驚【たんけい】す可からざる莫し。 

我來って魑魅【ちみ】に禦る,自ら宜しく南烹【なんぽう】を味わうべし。 

調するに鹹【かん】と酸とを以ってし,芼するに椒と橙とを以ってす。 

腥臊【せいそう】始めて越を發し,咀吞【そとん】すれば 面汗騂【あか】し。 

 

惟だ蛇のみは舊識る所ろ,實に口眼の獰【どう】なるを憚る。 

籠を開いて其の去るを聽【ゆる】せば,鬱屈【うっくつ】して尚お不平なり。 

爾を賣るは我が罪に非らず,屠【ほう】らざるは豈に情非らずや。 

靈珠の報を祈らず,幸いにして嫌怨【けんえん】を并【あわ】す無かれ。 

聊か歌うて以って之を記し,又た以って同行に告ぐ。

2潮州広東00 

 

『初南食貽元十八協律』#2 現代語訳と訳註

(本文) #2

章舉馬甲柱,鬥以怪自呈。 

其餘數十種,莫不可歎驚。 

我來禦魑魅,自宜味南烹。 

調以鹹與酸,芼以椒與橙。 

腥臊始發越,咀吞面汗騂。 

 

(下し文)

章舉と馬甲柱は,鬥わすに怪を以って自ら呈す。 

其の餘 數十種あり,歎驚【たんけい】す可からざる莫し。 

我來って魑魅【ちみ】に禦る,自ら宜しく南烹【なんぽう】を味わうべし。 

調するに鹹【かん】と酸とを以ってし,芼するに椒と橙とを以ってす。 

腥臊【せいそう】始めて越を發し,咀吞【そとん】すれば 面汗騂【あか】し。 

 

(現代語訳)

章舉(たこ)と馬甲柱(かいばしら)は、奇怪なものとしてどちらが勝かその先頭に立つものである。

その種類も数十種をあまるだけあり、一つとして歎驚を値するものはないということはないのだ。

わたしは魑魅にあたるために、この地に投ぜられた貶謫されたの身であるので、否が応でもこの南方の料理をよろしく味わうのである。

その南方の料理は甘酸をもって調理し、胡椒や橙汁で味をつけて喰うようになっている。

薬味を加えていない羊肉はひどく嫌なにおいがするだけに始めて南の国を旅立ちたいと思うし、慣れないものはなかなか口にできず、咀嚼して無理に飲み下すと、顔に脂汗が流れるくらいである。

 

杏の花0055 

(訳注)

初南食貽元十八協律  #2

(初めて南方の料理を食べたことにより、賦して元協律に贈ったもの。)

 

章舉 馬甲柱 ,鬥以 自呈。

章舉(たこ)と馬甲柱(かいばしら)は、奇怪なものとしてどちらが勝かその先頭に立つものである。

「章舉」語義類別:物、生物、動物專名(水生兩棲)、章魚。

「馬甲柱」かいばしら、肉柱。

 

其餘 數十 ,莫不 可歎

その種類も数十種をあまるだけあり、一つとして歎驚を値するものはないということはないのだ。

 

我來 魑魅 ,自宜味 南烹

わたしは魑魅にあたるために、この地に投ぜられた貶謫されたの身であるので、否が応でもこの南方の料理をよろしく味わうのである。

「魑魅」魑魅は山の怪、魍魎は川の怪であり、一般には山河すべての怪として魑魅魍魎の名で用いられることが多い。

「南烹」南方の料理。

 

調以 與酸 ,芼以 與橙

その南方の料理は甘酸をもって調理し、胡椒や橙汁で味をつけて喰うようになっている。

「調」語義類別:人、行為動作、一般行為(言部)、調。

「鹹」1 トウガラシ・ワサビなどのように、舌やのどを強く刺激するような味である。「2 (鹹い)塩気が多い。しょっぱい。3 甘みが少なくさっぱりとしていて、ひきしまっている。酒の味などにいう。4 評価の基準などが厳しい。5 つらい。苦しい。6 残酷である。むごい。7 危ない。危うい。8 気にくわない。いやだ。。

「芼」はびこる。

「椒」山椒。胡椒。

「橙」だいだい。

 

腥臊 始發 越,咀吞 面汗

薬味を加えていない羊肉はひどく嫌なにおいがするだけに始めて南の国を旅立ちたいと思うし、慣れないものはなかなか口にできず、咀嚼して無理に飲み下すと、顔に脂汗が流れるくらいである。

「腥臊」(キツネや尿のような)生臭い臭いのする.生臭く小便臭い,むっとするような嫌なにおいがする.薬味を加えていない羊肉はひどく嫌なにおいがする。
泰山の夕日 

《初南食貽元十八協律》韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <923>漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3599韓愈詩-238-1

韓愈《初南食貽元十八協律  兜かには、実際、惠文の冠のような形をしており、それが海を泳ぐときは、背上の眼をきらめかし、雌が牡をおうて行くということである。牡蠣は、互いに点着して一塊をなしており、その大きさは山のように幾百幾千というものが、個々別々に生をなしている。


2014年1月15日 の紀頌之5つのブログ
●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場
Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 
LiveDoorブログ
班孟堅(班固)《東都賦》(8)#4(知徳兼備の光武帝)-2 文選 賦<113―6>18分割55回 Ⅱ李白に影響を与えた詩1010 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3598
●唐を代表する中唐の韓愈の儒家としての考えのよくわかる代表作の一つ
Ⅱ中唐詩・晩唐詩
 
 LiveDoorブログ
《初南食貽元十八協律》韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <923>漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3599韓愈詩-238-1
●杜甫の全作品1141首を取り上げて訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"
Ⅲ杜甫詩1000詩集  LiveDoorブログ 746廣徳2年764年―3-3 《丹青引,贈曹將軍霸》 蜀中転々 杜甫 <654>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3600 杜甫詩1000-654-914/1500746-3
●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている
Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2ブログ 255 《秋懐詩十一首之五(5)》 韓愈  kanbuniinkai 紀 頌之の詩詞 fc2ブログ 3601 (01/15)
●●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩。唐から五代詩詞。花間集
Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoor 11 -1 浣渓沙 三首 其一 歐陽舍人炯十七首ⅩⅫ唐五代詞・「花間集」 Gs-411-11-#1  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3602
 
 ■最近の人気の文・賦・詩・詞(漢詩の5ブログ各部門)
 ■主要詩人の一覧・詩目次・ブログindex
『楚辞・九歌』東君 屈原詩<78-#1>505 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1332http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67664757.html
『楚辞』九辯 第九段―まとめ 宋玉  <00-#35> 664 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2304  http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-rihakujoseishi/archives/6471825.html