燕臺詩四首 春#1 李商隠 紀頌之の漢詩ブログ李商隠特集150- 128

燕臺詩(えんだいし) 四首 李商隠

棄てられた芸妓のこと、思いが伝わらない芸妓、そのやるせない思いは政治の中で正当に評価されなかったものとおなじなのだ。舞台は燕の国の王朝、実際には唐王朝の淫乱、頽廃、そして陰湿な讒言など、四季に分けて詠っている。この詩は、恋歌とみせかけ、その裏にこっそりと王朝批判をしている。




燕臺詩四首 其一
春#1
風光冉冉東西陌,幾日嬌魂尋不得。
春の景色のなか、芽を吹くものすべて柔らかでしな垂れているのであり、都の東西の道には流転、蓬飄が満ちている。来る日も来る日も生娘の魂もたずねても得られないのだ。
蜜房羽客類芳心,冶葉倡條遍相識。』
蜜房にいる人、神仙となって空を飛ぶ人、身分の違いあれ春の芳心はある。艶めかしい葉、か細い枝を示している、それぞれのことを互いに何もかも知っている。
暖藹輝遲桃樹西,高鬟立共桃鬟齊。
のどかな春の日、柔らかなかすみに包まれた暮れなずむ桃樹林の西は金色にかわる、輪のかたちに結いあげた桃型の髪、桃型髪の様な桃花、共に立っている。
雄龍雌鳳杳何許?絮亂絲繁天亦迷。』

雄の龍、雌の鳳、結ばれない筈の二人は今どこにいったのか。柳架が乱れ飛び、遊糸が浮かぶ春の空、ここの世界は乱れていて、天もどうなっているのか迷ってしまう。
#2
醉起微陽若初曙,映簾夢斷聞殘語。
愁將鐵網罥珊瑚,海闊天寬迷處所。』
衣帶無情有寬窄,春煙自碧秋霜白。
研丹擘石天不知,願得天牢鎖冤魄。』
夾羅委篋單綃起,香肌冷襯琤琤珮。
今日東風自不勝,化作幽光入西海。』


陌,得。識。/西,齊。迷。/曙,語。所。/窄,白。魄。/珮。珮。


燕台詩四首
其の一
風光 冉冉(ぜんぜん)たり東西の陌、幾日か嬌魂(きょうこん) 尋ぬるも得ず。
蜜房の羽客 芳心に類し、冶葉(やよう) 倡条 偏く相い識る。』
暖藹(だんあい)輝遅(きち)たり 桃樹の西、高鬟 立ちて桃髪と斉し。
雄龍 雌鳳 杏として何許ぞ、絮は乱れ糸は繁く 天も亦た迷う。』

酔いより起きれば 微陽 初めて曙くるが若く、簾に映じて夢断たれ残語を聞く。
愁いて鉄網を将って珊瑚に胃くるも、海は開く天は寛く処所に迷う
衣帯は情無く寛窄有り、春煙は自ら碧く秋霜は白し。
丹を研き石を撃くも天は知らず、願わくは天牢の冤晩を鎖すを得ん。
爽羅 笹に委ねて単純起く、香肌 冷やかに破く 尊嘩たる珮。
今日 東風 自ら勝えず、化して幽光と作り西海に人らん。
右春


燕台詩四首 其の一 #1 現代語訳と訳註
(本文) 春#1

風光冉冉東西陌,幾日嬌魂尋不得。
蜜房羽客類芳心,冶葉倡條遍相識。』
暖藹輝遲桃樹西,高鬟立共桃鬟齊。
雄龍雌鳳杳何許?絮亂絲繁天亦迷。』


(下し文) 其の一#1
風光 冉冉(ぜんぜん)たり東西の陌、幾日か嬌魂(きょうこん) 尋ぬるも得ず。
蜜房の羽客 芳心に類し、冶葉(やよう) 倡条 偏く相い識る。』
暖藹(だんあい)輝遅(きち)たり 桃樹の西、高鬟 立ちて桃髪と斉し。
雄龍 雌鳳 杏として何許ぞ、絮は乱れ糸は繁く 天も亦た迷う。』

(現代語訳)
春の景色のなか、芽を吹くものすべて柔らかでしな垂れているのであり、都の東西の道には流転、蓬飄が満ちている。来る日も来る日も生娘の魂もたずねても得られないのだ。
蜜房にいる人、神仙となって空を飛ぶ人、身分の違いあれ春の芳心はある。艶めかしい葉、か細い枝を示している、それぞれのことを互いに何もかも知っている。
のどかな春の日、柔らかなかすみに包まれた暮れなずむ桃樹林の西は金色にかわる、輪のかたちに結いあげた桃型の髪、桃型髪の様な桃花、共に立っている。
雄の龍、雌の鳳、結ばれない筈の二人は今どこにいったのか。柳架が乱れ飛び、遊糸が浮かぶ春の空、ここの世界は乱れていて、天もどうなっているのか迷ってしまう。



(訳注)
燕台詩四首

燕台 周代、春秋時代、戦国時代にわたって存在した国。春秋十二列国の一つ、また戦国七雄の一つ。河北省北部、現在の北京を中心とする土地を支配した。戦国時代、燕の国の昭王が全国から賢人を集めた楼台。それが詩の内容とどのような繋がりをもつかはわからない。節度使の幕下を指し、そこで避返した女性との恋をうたうとの説もある。
「柳枝五首」詩の序を抜粋。
他日春曾陰,讓山下馬柳枝南柳下,詠余燕臺詩,柳枝驚問:“誰人有此?誰人為是?”讓山謂曰:“此吾里中少年叔耳。” 
ある春の重く曇った日、譲山は柳枝の家の南の柳に馬を繋いだ、わたしの「燕台の詩」を口ずさんでいる。
柳枝がびっくりして尋ねてきた。
「今口ずさんだ詩はどなたのものですか?この詩はどなたが作られたのですか?」と。
譲山は答えた。
「これはわたしの里の若いいとこの作だ」と。
「柳枝五首」詩の序を参照。


風光冉冉東西陌,幾日嬌魂尋不得。
春の景色のなか、芽を吹くものすべて柔らかでしな垂れているのであり、都の東西の道には流転、蓬飄が満ちている。来る目も来る目も生娘の魂もたずねてもえられない。
風光 春の景色。杜甫『曲江二首』「傳語風光共流転」○冉冉 柔らかでしな垂れるさま。曹操『美女篇』「柔條粉冉冉」とある。○東西陌 曹植『吁嗟篇』「東西經七陌」(東西 七陌を経て)に基づく。李白『古風 其二十四』「大車揚飛塵。 亭午暗阡陌。」(長安の街では、大きな車がほこりを巻きあげて通り、正午という時間帯であるのに街路が暗くしている。)○阡陌 阡:たて南北。陌:よこ東西のみち。[陌(はく)とは、中国の晋から南北朝時代(魏晋南北朝時代)にかけて使われた通貨単位である。銭貨100枚を1陌とした。]○嬌魂 生娘のたましい。李賀「感諷」五首の二、「嬬魂 回風(つむじ風)に従い、死処に郷月懸かる」の句に出る語。この連作詩は李質の詩と表現の類似が目立つ。李商隠『獨居有懐』、『賈生』「可憐夜半虚前席、不問蒼生問鬼神。」
*上の句は流転、蓬飄、東西黄河の上流と下流、都の東西の道。使用されている語がいずれも燕の朝廷のことではなくそれ以降のこと。
*下の句は親を亡くして、諸侯に無理やり連れて行かれた柳枝の生娘の思い、それに答えてやれなかったこと。李賀の賈誼のことを題材にした詩に基づいている。


蜜房羽客類芳心,冶葉倡條遍相識。』
蜜房にいる人、神仙となって空を飛ぶ人、身分の違いあれ春の芳心はある。艶めかしい葉、か細い枝をしめしている、それぞれのことを互いに何もかも知っている。
蜜房 蜂の巣。『柳枝五首』其の一「花房與蜜脾,雄蜂蛺蝶雌。」○羽客 神仙となって空をとべるようになった人。仙人。仙客。「羽客は霞に乗りて至り、仙人は月を玩(もてあそ)ぶ」〈宴曲集・四〉○芳心:花香る春の情感であるが、女性の心でもある。李白「古風」四十九首に「皓齒終不發、芳心空自持。」(賠歯終に発かず、芳心空しく自ら持す)。○冶葉倡條 葉、条(枝)に艶麗な語。・冶:1 金属や鉱石をとかしてある形につくる。「冶金/鍛冶(たんや)」 2 人格を練りあげる。「陶冶」3 心をとろけさせる。なまめかしい。「艶冶(えんや)」「天下理、夫倡婦随」「倡」となえる、いう。・:細い枝。


暖藹輝遲桃樹西,高鬟立共桃鬟齊。
のどかな春の日、柔らかなかすみに包まれた暮れなずむ桃樹林の西は金色にかわる、輪のかたちに結いあげた桃型の髪、桃型髪の様な桃花、共に立っている。
暖藹 暖藹はのどかな春のもや。・:かすみ。草木が茂っている。おだやかなさま。○輝遅 春の陽光が暮れなずむようすをいう。『詩経』幽風・七月に「春日輝遅たり」とある。○桃樹西 桃樹林の西は金色にかわる・西 五行思想で、西は色:白で、金。○高鬟 鬟のような桃の花を女の髪に見立てる。○ 輪のかたちに結いあげた髪。○桃鬟 まげのように盛り上がって咲く桃の花。若い女性の美しさを桃の花にたとえるのは『詩経』周南・桃夫「桃の大夫たる、灼灼たる其の華」以来、習熟した比喩。


雄龍雌鳳杳何許?絮亂絲繁天亦迷。』
雄の龍、雌の鳳、結ばれない筈の二人は今どこにいったのか。柳架が乱れ飛び、遊糸が浮かぶ春の空、ここの世界は乱れていて、天もどうなっているのか迷ってしまう。
雄龍雌鳳 オスの龍とメスの鳳凰、雄士の男と、高貴な女性であっても絶対に結ばれないはずの二人を意味する。勲功をあげた英雄が後宮の后妃と密会すること、宦官と后妃の密会などの淫乱なことを意味するものと考える。・杳 くらい○絮亂 柳絮、・遊糸:空中に浮遊するクモの糸、心の乱れを柳絮や遊糸などの春の景物に繋げて言う。後宮ではいろんな伝言手段があったことを意味する。