「行次西郊作一百韻」について李商隠の詩150 -147はじめに

はじめに
唐宋期漢詩ブログ、Ⅰ.李商隠の詩150 の最後に取り上げるものである。

はじめに
・行次西郊作一百韻と杜甫の昨品(北征、兵車行、など)
・ほぼ同じころ、有感二首、聖女詞、寄令狐郎中
・妻をめとる前 26歳
・令狐楚派から王茂元へ心揺れる段階

・当時、唐宮廷の官僚は、牛僧孺・李宗閔らを領袖とする科挙及第者の派閥と、李徳裕に率いられる門閥貴族出身者の派閥に分かれ、政争に明け暮れていた。いわゆる牛李の党争である。
・835年 甘露の変 事件として小さく扱われているがこの事件は李商隠の一生を狂わせるものであった。

・若き李商隠は、牛僧孺派の重鎮であった興元尹・山南西道節度使 令狐楚の庇護を受けていた。
・837年、26歳 進士科に及第する。しかしながら同年に令狐楚が没し、翌年には上級試験にも落第すると、今度は李徳裕の派に属する太原公王茂元の招きに応じてその庇護下に入る。
 この年「行次西郊作一百韻」をかいた。

・838年27歳 王茂元の娘を娶った。

・杜甫の「北征」は757年、安禄山の叛乱の2年後預けていた家族を迎えに行く道中に書いている。李商隠も衝撃を受けた甘露の変の翌年の作である。


李商隠の五言古詩 「行次西郊作一百韻(行きて西郊に次る作一百韻)」 詩は、現存する李商隠詩の中で最長の詩篇である。全二百句一千字にも及ぶこの長篇詩は自身の姿と重なり合う1人称の話者である 「我」が都長安の西郊'鳳期府近辺の荒廃した農村で出会った一農夫との対話いう形式を借りて叙述が進行していく。またその内容は太宗の貞観年間の太平世から説き起こし'続いて玄宗の開元・天宝年間から文宗の開成年間に至るまでの唐王朝衰退の歴史を述べ、衰退の原因を偏に政治の腐敗に求めて激しく指弾するというものである。

この 「行次西郊作一百韻」 詩については'従来 「無題」詩を始めとする艶情詩で知られる李商隠の詩篇中でも異色の作品という事もあり、先行する諸研究においてもしばば取上げられてきた。それらの中で必ずといってよほど言及されて来たのが'「行次西郊作一百韻」 詩にも杜甫詩の影響が見られる'という点である。

李商隠 146 李商隠「井泥四十韻」につい

井泥四十韻 李商隠 紀頌之の漢詩ブログ李商隠特集150- 141
燕臺詩四首  春#1 李商隠 150- 128

漫成五章 李商隠 150- 104

有感二首 李商隠 150- 101

重有感 李商隠 150- 103

漫成三首  150-80


など、杜甫を手本に自分に置き換え、歴史的な事跡に置き換え、李商隠らしく仕上げている。そして、この詩も長篇かつ著名な政治批判詩である。

① 型について。両詩共に五言古詩の型を用いた長篇詩である。
② 成について。両詩共に人自身が見聞したとする事実を元に詩を構成している。杜甫は独創的、李商隠は手本に、
③ 頭部分について。両詩の冒頭部分を挙げると'次のようにある。

北徵
皇帝二載秋、閏八月初吉。
杜子將北徵、蒼茫問家室。』

(北征)
皇帝 二載(にさい)の秋、閏八月の初吉(しょきつ)。
杜子(とし)  将(まさ)に北に征して、蒼茫(そうぼう)   家室(かしつ)を問わんとす。


行次西郊作一百韻
蛇年建午月,我自梁還秦。
南下大散關,北濟渭之濱。

(行きて西郊に次る作一百韻)
蛇(み)の年 建午(けんご)の月,我 梁より秦に還える。
南のかた 大散(たいさん)の關を下り,北して渭(い)これの濱(きし)を濟(わた)る。