重雲李觀疾贈之 唐宋詩-200Ⅱ韓退之(韓愈) 紀頌之の漢詩ブログ 韓愈特集-5

孟郊が進士の試に合格したのは貞元十二年〈七九六〉であった。すなわちこの詩は、合格前の郊に贈ったものである。礼部の試には合格したが、吏部の試には落第した愈と、礼部の試にも合格できぬ郊と、落第の段階は違うが、官職につけず、俸給がもらえない点では、変わりがない。だから愈のこの時期の詩はヽ進士の試に合格はしたもののヽ「門を昨ず」と同じ調子をもっている・ そして翌貞元十年〈七九四〉に、愈が最も尊敬していた同輩の李観が死んだ。観はすでに博学鴻辞の科にも合格し、太子校書の職を授けられていた。その最後の病床に、愈は一首の詩を贈った。

李観が死んだのは、貞元十年の春である。この春は異常に長雨が続き、『唐書』「五行志」によれば、四か月のあいだに降らなかったのはたった一日か二日であったという。詩はそのときに作られたのであろう。



重雲李觀疾贈之
#1
天行失其度,陰氣來幹陽。
天の運行がその節度を失い天候不順になっている、陰気が陽気をおしやって天候の本幹になろうとしている。
重雲閉白日,炎燠成寒涼。
幾重にもかさなった雲が真昼の太陽をとざしてしまった、灼熱の熱い陽気は冷え冷えとしたものになってしまったのだ。
小人但咨怨,君子惟憂傷。
小人は溜息をついて天を怨むばかりだが、君子はこのようなとき天の異変として他への禍を心配するもので、君も当然心配しているのだろう。
飲食爲減少,身體豈寧康。」
そんな心配事で食事も減るほどなのか、それでは君のからだに障りがないはずはあるまい。

#2
此志誠足貴,懼非職所當。  藜羹尚如此,肉食安可嚐。
窮冬百草死,幽桂乃芬芳。  且況天地間,大運自有常。
勸君善飲食,鸞鳳本高翔。」

#1
天行 其の度を失い、陰気 来たりて陽を干(おか)す。
重雲(ちょううん)は白日を閉し、炎燠(えんいく)は寒涼と成る。
小人は但だ咨怨(しえん)するのみ、君子は惟れ憂傷す。
飲食 為に減少す、身体 豈 寧康ならんや。

#2
此の志 誠に貴ぶに足るも、懼(おそ)らくは職の当たる所に非じ。
藜羹(れいこう)すら 尚 此の如し、肉食 安くんぞ嚐(な)む可けんや。
窮冬(きゅうとう) 百草 死し、幽桂(ゆうけい) 乃ち芬芳(ぶんほう)。
且つ況んや天地の間、大運 自から常有るをや。
君に勸む善く飲食せよ、鸞鳳 本 高翔す。
miyajima 683

重雲李觀疾贈之 現代語訳と訳註
(本文) #1

  天行失其度,陰氣來幹陽。
  重雲閉白日,炎燠成寒涼。
  小人但咨怨,君子惟憂傷。
  飲食爲減少,身體豈寧康。」


(下し文) #1
天行 其の度を失い、陰気 来たりて陽を干(おか)す。
重雲(ちょううん)は白日を閉し、炎燠(えんいく)は寒涼と成る。
小人は但だ咨怨(しえん)するのみ、君子は惟れ憂傷す。
飲食 為に減少す、身体 豈 寧康ならんや。

(現代語訳)
天の運行がその節度を失い天候不順になっている、陰気が陽気をおしやって天候の本幹になろうとしている。
幾重にもかさなった雲が真昼の太陽をとざしてしまった、灼熱の熱い陽気は冷え冷えとしたものになってしまったのだ。
小人は溜息をついて天を怨むばかりだが、君子はこのようなとき天の異変として他への禍を心配するもので、君も当然心配しているのだろう。
そんな心配事で食事も減るほどなのか、それでは君のからだに障りがないはずはあるまい。


(訳注)
天行失其度,陰氣來幹陽。

(天行 其の度を失い、陰気 来たりて陽を干(おか)す。重雲(ちょううん)は白日を閉し、炎燠(えんいく)は寒涼と成る。)
天の運行がその節度を失い天候不順になっている、陰気が陽気をおしやって天候の本幹になろうとしている。
天行 天の運行。天候。○其度 天候のきめられた節度。○來幹 その幹となるために来る。


重雲閉白日,炎燠成寒涼。
(重雲(ちょううん)は白日を閉し、炎燠(えんいく)は寒涼と成る。)
幾重にもかさなった雲が真昼の太陽をとざしてしまった、灼熱の熱い陽気は冷え冷えとしたものになってしまったのだ。
重雲 雨多く含んだ厚い雲。○炎燠 灼熱、炎天。燠は1 赤くおこった炭火。おきび。「かっかと赤くおこった火鉢の―のやまに」〈野上・迷路・四〉2 まきなどが燃えて炭火のようになったもの。 熱い陽気
 
小人但咨怨,君子惟憂傷。
(小人は但だ咨怨(しえん)するのみ、君子は惟れ憂傷す。飲食 為に減少す、身体 豈 寧康ならんや。)
小人は溜息をついて天を怨むばかりだが、君子はこのようなとき天の異変として他への禍を心配するもので、君も当然心配しているのだろう。
小人 韓愈と同グループの孟郊の小人は次のとおりである。
唐宋詩196 Ⅶ孟郊(孟東野)紀頌之の漢詩ブログ 孟郊の交遊の詩(3)「結交」
唐宋詩198 Ⅶ孟郊(孟東野)紀頌之の漢詩ブログ 孟郊の交遊の詩(5)「審交」 

小人とは 「小人槿花心,朝在夕不存。」
(小人は槿花の心、朝在るも 夕べは存せず。)
小人というものは、その心は木槿の花のようであり、朝咲いて夕方にはしぼんでなくなっている。
槿花 むくげの花が朝咲いて、夕暮れには散ることからいう。 ・「槿花」はむくげの花。はかないたとえ。また、「小人、槿花の心」(つまらない人の心はむくげの花のように移ろいやすい)などといって、人の心は変わりやすいことのたとえ。
咨怨 歎き恨む。溜息をつきうらむ。○憂傷 天の異変として心配する。


飲食爲減少,身體豈寧康。」
(飲食 為に減少す、身体 豈 寧康ならんや。)
そんな心配事で食事も減るほどなのか、それでは君のからだに障りがないはずはあるまい。
豈寧康 からだに障りがないはずはあるまい。


blogram投票ボタン

毎日それぞれ一首(長詩の場合一部分割掲載)kanbuniinkai紀 頌之の漢詩3ブログ
05rihakushi350

李白詩350首kanbuniinkai紀頌之のブログ

700Toho shi

kanbuniinkai11の頌之漢詩 杜甫詩700首



800tousouSenshu
kanbuniinkai10 頌之の漢詩 唐宋詩人選集 Ⅰ李商隠150首 Ⅱ韓退之(韓愈)Ⅶ孟郊
各詩人についてはブログ内の検索を利用したほうが良い場合もあります。
burogutitl770

http://kanshi100x100.blog.fc2.com/