汴州亂二首其一 唐宋詩-205Ⅱ韓退之(韓愈) 紀頌之の漢詩ブログ 韓愈特集-6
 (汴州亂其一 汴州亂其二)
韓愈の地図00

韓愈 汴州 にて
795年貞元十一年一月、今に残っている「宰相に上る書」には、(自分ほどの才能のある人物を放置するのは国家的損失なので、科挙によらずして採用の道を開き、宰相が人材を求めている実を示していただきたい)という手紙を韓愈は時の宰相に送って、仕官を求めた。科挙の試験に出ない自分の哲学を、自由論文として出し、藁をもつかむ思いであったのだろう。 二月、三月と執念深く宰相に手紙を送ったが、返事は一度もなかった。

五月、困った韓愈は都を後に、郷里の河陽へと帰る。韓愈を養育してくれた兄嫁の鄭氏は、前年に死んでいた。その墓参が目的であり、長安での生活費の一部を持ち帰ること目的であった。
 
翌796年貞元十二年六月、汁州(河南省開封市)に本拠を置く宣武軍節度使の幕府に世襲に絡んで紛争が発生した。クーデターを成功させたものが節度使を継承できなかったことから、世情が落ち着かない状態であった。
節度使幕府の軍隊は節度使の傭兵であり、新たに中央からの任じられてきたものの命令には従わないのである。

しかし新任の董晋は温厚な人物で、万事に寛宏であったという。何もなかったような顔で宣武軍に着任し、軍事はいっさい部惟恭にまかせると発言した。これで部惟恭の顔も立ち、宜武軍は混乱から立ち直った。

この董晋の幕下に、韓愈は招かれて入った。節度使は行政・軍政を行なうために幕府を作るが、人事権は、節度使がもっているので、節度使が任命した人事に対して、朝廷が追認した形で辞令を出すのであった。しかし、その節度使一代限りにおいて役職が保障されるもので、節度使が死んだりやめたりしたときには、自動的にその地位を失う。科挙で選ばれた普通の官僚は、皇帝に忠節を尽くす。節度使の意のままに動く部下を必要とした。

礼部の試には合格したが、吏部で落第したという人を幕僚にして幕府を構成するということを、どの節度使がとった方法あった。韓愈も董晋の幕僚となったが、幕僚としての働きは顕著でない。797年貞元十三年には病気だったことが「復志賦」などの作品から、仕事をしたのは、翌年の貞元十四年にからであろう。宣武軍の科挙の予備試験の試験官という仕事であった。

799年貞元十五年二月三日、董晋が病気のため亡くなったため、ふたたびこの地に乱がおこったのだ。
この時の詩が「汴州の乱二首」である。

汴州亂二首 其一
汴州城門朝不開,天狗堕地聲如雷。
健兒爭誇殺留後,連屋累棟燒成灰。
諸侯咫尺不能救,孤士何者自興哀。

其二
母從子走者爲誰,大夫夫人留後兒。
昨日乘車騎大馬,坐者起趨乘者下。
廟堂不肯用幹戈,嗚呼奈汝母子何。

五重塔(1)


汴州亂二首 其一
汴州城門朝不開,天狗堕地聲如雷。
この日、城門というものは夜明けとともに開くのが常法なのだが、ここ汴州の城門は朝になっても開かない。諸葛孔明が死んだときに落ち、兵乱の前兆を知らせた天狗星は大きな音をたてて天空を走りこの地に落ちた。
健兒爭誇殺留後,連屋累棟燒成灰。
兵士たちは先を争って節度使の留後、つまり事務取扱者である陸長源を殺した。屋根をならべ棟をかさねた屋敷は焼けてしまい灰となった。
諸侯咫尺不能救,孤士何者自興哀。

諸公、潘鎮、ほかの節度使たちは目と鼻の近くにいるにもかかわらず、救助することができなかった。孤立無援の士が一人いる、哀悼の心をおこしているが、誰なのだろうか、私いがいにいないようだ。


其の一
汴州の城門 朝に開かず、天狗 地に堕ちて 声 雷の如し。
健児 争い誇って 留後を殺し、連屋 累棟 焼けて灰と成る。
諸侯 咫尺なるも救う能わず、孤士 何者ぞ 自ら哀しみを興こす。


yuugure02


汴州乱 其一 現代語訳と訳註
(本文)

汴州城門朝不開,天狗堕地聲如雷。
健兒爭誇殺留後,連屋累棟燒成灰。
諸侯咫尺不能救,孤士何者自興哀。

(下し文) 其の一
汴州の城門 朝に開かず、天狗 地に堕ちて 声 雷の如し。
健児 争い誇って 留後を殺し、連屋 累棟 焼けて灰と成る。
諸侯 咫尺なるも救う能わず、孤士 何者ぞ 自ら哀しみを興こす。

(現代語訳)
この日、城門というものは夜明けとともに開くのが常法なのだが、ここ汴州の城門は朝になっても開かない。諸葛孔明が死んだときに落ち、兵乱の前兆を知らせた天狗星は大きな音をたてて天空を走りこの地に落ちた。
兵士たちは先を争って節度使の留後、つまり事務取扱者である陸長源を殺した。屋根をならべ棟をかさねた屋敷は焼けてしまい灰となった。
諸公、潘鎮、ほかの節度使たちは目と鼻の近くにいるにもかかわらず、救助することができなかった。孤立無援の士が一人いる、哀悼の心をおこしているが、誰なのだろうか、私いがいにいないようだ。

(訳注)
汴州城門朝不開,天狗堕地聲如雷。
汴州の城門 朝に開かず、天狗 地に堕ちて 声 雷の如し。
この日、城門というものは夜明けとともに開くのが常法なのだが、ここ汴州の城門は朝になっても開かない。諸葛孔明が死んだときに落ち、兵乱の前兆を知らせた天狗星は大きな音をたてて天空を走りこの地に落ちた。
城門 夜明けとともに鐘を合図に明けられるものである。○天狗 天狗星。音を立てて落下したり、地上に落ちて燃えたりする、大きな流星。天狗流星。[塵袋]諸葛孔明が死んだときに落ち流星を言う。兵乱がある。もしくは敗軍の前兆とされる。


健兒爭誇殺留後,連屋累棟燒成灰。
健児 争い誇って 留後を殺し、連屋 累棟 焼けて灰と成る。
兵士たちは先を争って節度使の留後、つまり事務取扱者である陸長源を殺した。屋根をならべ棟をかさねた屋敷は焼けてしまい灰となった。


諸侯咫尺不能救,孤士何者自興哀。
諸侯 咫尺なるも救う能わず、孤士 何者ぞ 自ら哀しみを興こす。
諸公、潘鎮、ほかの節度使たちは目と鼻の近くにいるにもかかわらず、救助することができなかった。孤立無援の士が一人いる、哀悼の心をおこしているが、誰なのだろうか、私いがいにいないようだ。
咫尺 「咫」は中国の周の制度で8寸、「尺」は10寸  1 距離が非常に近いこと。「―の間(かん)」 2 貴人の前近くに出て拝謁すること。

天狗は彗星のごとく、天空に見え、雷のごとき音を発する。地に落ちた所を見れば犬のようで、落ちた地方には兵乱がある。もしくは敗軍の前兆とされる。ここではむろん、汴州で兵士たちが反乱を起こしたことをさす。ただ、韓愈はこのとき、どういうわけか陸長源に同情してるともとれるが、正義感たくましい韓愈は、自分たちの利益のみで行動していることに懸念を示しているのと、死者を葬るというセレモニーの期を利用して乱を起こしたという礼節・道徳上の問題を定義しているのである。

blogram投票ボタン

毎日それぞれ一首(長詩の場合一部分割掲載)kanbuniinkai紀 頌之の漢詩3ブログ
05rihakushi350

李白詩350首kanbuniinkai紀頌之のブログ

700Toho shi

kanbuniinkai11の頌之漢詩 杜甫詩700首



800tousouSenshu
kanbuniinkai10 頌之の漢詩 唐宋詩人選集 Ⅰ李商隠150首 Ⅱ韓退之(韓愈)Ⅶ孟郊
各詩人についてはブログ内の検索を利用したほうが良い場合もあります。
burogutitl770

http://kanshi100x100.blog.fc2.com/

李 白 詩
唐宋詩 
(Ⅰ李商隠Ⅱ韓退之(韓愈))
杜 甫 詩
李白詩INDEX02
李商隠INDEX02
杜甫詩INDEX02