中唐概説 ―中唐詩人について(2)―


・ 中唐の詩人一覧表
・ 和張僕射塞下曲  盧綸



 中唐期では、平易な表現を重んじた白居易・元稹らの「元白体」が現れた一方、個性的で難解な表現を愛用する韓愈・孟郊・張籍・李賀などの一派も存在するなど、詩風は前代よりも多様化する傾向を見せ、それぞれが多彩な性格を持つ詩壇を形成した。また韓愈・柳宗元らにより、六朝以来主流となっていた「四六駢儷体」と呼ばれる修辞主義的な文体を改め、漢代以前の達意を重んじる文体を範とする、新たな文体の創出が提唱された(「古文復興運動」)。韓愈らの試みは次の宋代の文学者に引き継がれ、後世、彼ら古文運動の主導者を「唐宋八大家」と総称する。

その詩人は次の通りとされている。    

唐宋八大家:①韓愈、②柳宗元、宋③欧陽脩、④蘇洵、⑤蘇軾、⑥蘇轍、⑦曾鞏、⑧王安石 

【大歴十才 】:

 次に詩人を羅列してみる。(記述もれがあるので順次補完して改正更新する。)

  中唐の詩人

ID

 詩人名 ふりかな生年~没年特徴>

作品 1

作品 2

 0  皇甫冉   こうほぜん 714 - 767年   曾山送別  送陸鴻漸栖霞寺採茶              

 1  元結    げんけつ  723~772 律詩 <田園山林> 閔荒の詩 春陵行 『篋中集』             

 2  韓翃     かんこう (720~未詳)  【大歴十才 】                

 3  錢起 (錟郎) せんき 722~780年  【大歴十才 】 江行無題(咫尺愁風雨)                     

 4  張謂     ちょうい 721~780年  早梅(一樹寒梅白玉條)                       

 5  郎士元    ろうしげん (727~780?)  【大歴十才 】 長安逢故人               

 6  皇甫曾    こうほそう (721~781?)  【大歴十才 】 哭陸羽処士   送陸鴻漸山人採茶回              

 7  李嘉祐    りかゆう 719~781  【大歴十才 】                

 8  李端     りたん 743~782  【大歴十才 】  山中寄苗員外               

 9  顔眞卿    がんしんけい  709 - 785年 
  題杼山癸亭得暮字  謝陸処士杼山折青桂花見寄之什  贈裴将軍  贈僧皓然  詠陶淵明  三言擬五雑組二首  使過瑤台寺有懐円寂上人幷序   登平望橋下作  刻清遠道士詩因而継作      

10  吉中孚      きつちゅうふ (未詳~785)  【大歴十才 】  送帰中丞使新羅冊立弔祭               

11  孟雲卿      もううんけい (729~未詳) <田園山林> 格律異同論 格律異同論「譜」              

12  劉長卿(文房)  りゅうちょうけい (709?~785?) 田園山林 送李判官之潤州行營(萬里辭家事鼓鼙)  逢雪宿芙蓉山主人(日暮蒼山遠)     送靈澈(蒼蒼竹林寺)     送舍弟之鄱陽居(鄱陽寄家處)      重送裴郞中貶吉州(猿啼客散暮江頭)  尋盛禪師蘭若(秋草黄花覆古阡)  細聽彈琴(泠泠七弦上)            

13  戴叔倫     たいしゅくりん  732~789年   敬酬陸山人二首               

14  司空曙     しくうしょ (?~790?)  【大歴十才 】 江村即事(釣罷歸來不繋船)       唐・司空曙 司空曙(しくうしょ)  送吉校書東帰             

15  耿湋      こうい  (734~未詳)   【大歴十才 】 秋日(返照入閭巷)    春日題苗発竹亭  贈苗員外            

16  冷朝陽     れいちょうよう (740~未詳)  【大歴十才 】  同張深秀才遊華厳寺  中秋与空上人同宿華厳寺  瀑布泉  宿柏巌寺  登霊善寺塔           

17  咬然      こうぜん  730~799  僧侶  塞下曲(寒塞無因見落梅)  送邢濟牧台州(海上名山屬使君)

18  靈一      りょういち  727~799 僧侶 題僧院(虎溪閒月引相過)                 

19  盧綸      ろりん (748~800年?)  【大歴十才 】 和張僕射塞下曲(鷲翎金僕姑)    客舎苦雨即事寄銭員外郎士元員外  送郎士元使君赴郢州      元日述懐(筮仕無中秩 )      

20  崔峒      さいどう   (未詳)     【大歴十才 】               

21  陸羽      りくう     ( ~804)   【大歴十才 】  会稽東小山               

22  夏侯審     かこうしん (750~未詳)  【大歴十才 】                

23  苗発      びょう-はつ (未詳~未詳)  【大歴十才 】  送司空曙之蘇州  送孫徳諭罷官往黔州              

24  顧況(逋翁)  こ きょう (725年 - 814年?)  聽角思歸(故園黄葉滿靑苔)  
             
25  孟郊(東野)  もうこう(とうや)  751年 - 814年 <韓愈Groop>贈別崔純亮(鏡破不改光)    古別離(欲別牽郞衣)         遊子吟(慈母手中線)                      

26  武元衡     ぶげんこう  758~815      題嘉陵驛(悠悠風旆繞山川)    
             
27  李賀(長吉)   りが      790~816      金銅仙人辭漢歌(茂陵劉郞秋風客)      蘇小小墓(幽蘭露,如啼眼)    雁門太守行(黑雲壓城城欲摧)    
            
28  權德輿     けんとくよ  759~818  <田園山林>送陸太祝赴湖南幕同用送字               

29  柳宗元 ② りゅうそうげん  773~819 <田園山林> 江雪(千山鳥飛絶)     登柳州峨山(荒山秋日午)     漁翁(夜傍西巖宿)      汨羅遇風(南來不作楚臣悲)   再上湘江(好在湘江水)      與浩初上人同看山寄京華親故(海畔尖山似劍鋩)   登柳州城樓寄漳汀封連四州(城上高樓接大荒)   柳州城西北隅種柑樹(手種黄柑二百株)   渓居    
  
30  朱放     しつほう 生没年不詳  題竹林寺(歳月人間促)                    

31  薛瑩     せつえい (未詳)  秋日湖上(落日五湖遊)                 

32  張継     ちょうけい (生没年不詳)  楓橋夜泊(月落烏啼霜滿天)                 

33  韓愈①韓退之 かん-ゆ  768~824年  <韓愈Groop> Ⅱ中唐の詩 韓愈特集

34  李益     りえき (748~827年?) 大歴十才 幽州(征戍在桑乾)     夜上受降城聞笛(囘樂峯前沙似雪)   題軍北征(天山雪後海風寒)      喜見外弟又言別(十年離亂後)     汴河曲(汴水東流無限春)    
          
35  王建      おうけん (768?~830年?<白居易Groop> 行宮(寥落古行宮)元稹  故行宮詩(寥落古行宮) 新嫁娘詞三首之三(三日入廚下)   渡遼水(渡遼水)     宮中調笑(團扇)     宮中調笑(楊柳) 
                
36  崔護      さいご (未詳)  題都城南莊(去年今日此門中)   
              
37  張籍      ちょうせき  768~830年  <韓愈Groop>  秋思(洛陽城裏見秋風)    董逃行(洛陽城頭火曈曈)     征婦怨(九月匈奴殺邊將)    節婦吟 寄東平李司空師道(君知妾有夫)     築城詞 Ⅷ 張籍<5>      

38  元稹 (微之) げん-しん  779~831 <白居易Groop>聞白樂天左降江州司馬(殘燈無焔影幢幢)  得樂天書(遠信入門先有涙)    歳日(一日今年始)      遣悲懷(謝公最小偏憐女)    離思(曾經滄海難爲水)            

39  薛濤      せつ とう  768年 - 831年  春望詞四首 其三 秋泉 柳絮 海棠渓  酬人雨後玩竹           

40  李渉(李渤)  りしょう   773~831  題鶴林寺(終日昏昏醉夢間)    重登滕王閣(滕王閣上唱伊州)                 

41  韋應物    いおうぶつ  735~835  <田園山林>  滁州西澗(獨憐幽草澗邊生)    秋夜寄丘二十二員外(懷君屬秋夜)  寄李儋元錫(去年花裏逢君別)    與村老對飮(鬢眉雪色猶嗜酒)  

42  楊巨源    ようきょげん (770?-?)                 

43  劉禹錫    りゅう-うしゃく  772~842年 <白居易Groop>秋風引(何處秋風至)      浪淘沙(八月濤聲吼地來)     楊柳枝詞(煬帝行宮汴水濱)    石頭城(山圍故國週遭在)      浪淘沙(九曲黄河萬里沙)    再遊玄都觀(百畝庭中半是苔)    烏衣巷(朱雀橋邊野草花)    與歌者何戡(二十餘年別帝京)    秋詞(自古逢秋悲寂寥)   同樂天登棲靈寺塔(歩歩相攜不覺難)   酬樂天揚州初逢席上見贈(巴山楚水淒涼地)  元和十一年自朗州召至京戲贈看花諸君子(紫陌紅塵拂面來)  杏園花下酬樂天見贈(二十餘年作逐臣)  詠紅柿子(曉連星影出)  瀟湘神(斑竹枝)    

44  賈島(浪仙・無本) かとう  779~843年  <韓愈Groop>渡桑乾(客舍并州已十霜)     尋隱者不遇(松下問童子)     題李凝幽居(閒居少鄰並)       劍客(十年磨一劍)      三月晦日贈劉評事(三月正當三十日)             

45  白居易(楽天)  はくきょい  772~846 <白居易Groop>

46  李紳        りしん   780~846年 <白居易Groop> 憫農(春種一粒粟)                 

47  姚合       ようごう (775~855?)

花と張0104



大暦期には大暦の十才子といわれる五七言の律詩、絶句に長じた十人の詩人がある。蘆綸(748~800)、吉中孚(未詳~785)、韓翃(720~未詳)、錢起(722~780年)、司空曙(?~790?)、苗発(未詳)、崔峒(未詳)、耿湋(734~未詳)、夏侯審(750~未詳)、李端(743~782)、であるが、諸説あり、冷朝陽(740~未詳)、李益(748年 - 827年? )、李嘉祐(719~781)、皇甫曾(721~781)が一グループである。
 これに対して、孟浩然・王維を受け継ぐグループがいる。


○盧綸(ろりん)
中唐の詩人。748年(天寶七年)~800年?(貞元十六年?)。字は允言。河中蒲(現・山西省)人。大暦十才子の一。大暦の初め,屡々進士の試験を受けるが及第しなかったが後に、監察御史となった。長らく不遇であり、後に檢校戸部郎中となる。

和張僕射塞下曲  盧綸
鷲翎金僕姑,燕尾繍蝥弧。
獨立揚新令,千營共一呼。


張僕射(ぼくや) の塞下の曲に和す      
鷲翎(しゅうれい)の金僕姑(きんぼくこ) ,燕尾(えんび) の繍(しゅう)蝥弧(ぼうこ)。
獨り立ちて  新令を揚(あ)ぐれば,千營(せんえい) 共に一呼(いっこ)す。


五重塔(1)

現代語訳と訳註
(本文)
和張僕射塞下曲
鷲翎金僕姑,燕尾繍蝥弧。
獨立揚新令,千營共一呼。


(下し文)

張僕射(ぼくや) の塞下の曲に和す      
鷲翎(しゅうれい)の金僕姑(きんぼくこ) ,燕尾(えんび) の繍(しゅう)蝥弧(ぼうこ)。
獨り立ちて  新令を揚(あ)ぐれば,千營(せんえい) 共に一呼(いっこ)す。


(現代語訳)

僕射(ぼくや)の官職にあった張氏の作った『塞下曲』に唱和する。
鷲(わし)の尾羽の見事な矢。燕(つばめ)の尾のように割れた立派な縫い取りのある諸侯の旗。
独り雄々しく仁王立ちになって、新たに発布された命令を高らかに言えば。多くの兵営から一斉に声が湧き上がった。 


(訳注)
和張僕射塞下曲。

僕射(ぼくや)の官職にあった張氏の作った『塞下曲』に唱和する。
 詩を韻を合わせて唱和する。(時代によって、必ずしも和韻とは限らない)。 ○ 姓。不詳。 ○僕射官名。尚書省の次官。尚書僕射が宰相の地位にあった。 ○塞下曲 新楽府題で、辺塞の戦場の情景を詠う。辺疆の地での戦役の歌。万里の長城の外での戦役の歌。 李白26 塞下曲 李白27 塞下曲六首と塞上曲    
鷲翎 ワシのはね。(冠(かんむり)の飾りの)ワシのはね。 ○金僕姑 「僕姑」は矢の名。『左傳・莊公十一年』(紀元前683年)「乘丘之役,公以金僕姑射南宮長萬,公右歂孫生搏之。」(『左傳』(岳麓書社版)75ページ)とある。

鷲翎金僕姑、燕尾繍蝥弧。
鷲(わし)の尾羽の見事な矢。燕(つばめ)の尾のように割れた立派な縫い取りのある諸侯の旗。 
燕尾 燕(つばめ)の尾のように割れたさま。 ○ 縫い取りのある立派な。 ○蝥弧 諸侯の旗の名。
獨立 独り起ち上がる。 ○ 高らかに言う。 ○新令 新たに発布された命令。

獨立揚新令、千營共一呼。
独り雄々しく仁王立ちになって、新たに発布された命令を高らかに言えば。多くの兵営から一斉に声が湧き上がった。 
千營 多くの兵営。多くの陣営。 ○共一呼 一斉に声が湧き起こる。