同じ日の紀頌之5つのブログ 
 Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩芙蓉池作 曹丕 魏詩<27> 文選 遊覧 詩658 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1849 
 Ⅱ中唐詩・晩唐詩進学解 韓退之(韓愈)詩<114-15>Ⅱ中唐詩571 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ1850 
 Ⅲ杜甫詩1000詩集戲韋偃為雙松圖歌 杜甫 成都(2部)浣花渓の草堂(2 -19-1)  <382> 1 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1851 杜甫詩1000-382-562/1500 
 Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集登峴山亭,寄晉陵張少府 孟浩然 (01/28) 
 Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩楊柳枝 之三 温庭筠  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-59-12-# 花間集 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1852 
      
 ■今週の人気記事(漢詩の5ブログ各部門)
 ■主要詩人の一覧・詩目次・ブログindex 


古詩十九首 (1) 漢詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67676781.html
安世房中歌十七首(1) 唐山夫人 漢詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67710265.html
為焦仲卿妻作 序 漢詩<143>古詩源 巻三 女性詩
http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67729401.html
於凊河見輓船士新婚別妻一首 曹丕(魏文帝) 魏詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67759129.html
朔風 (一章) 曹植 魏詩<25-#1>文選 雑詩 上  http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67780868.html
謝靈運詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/1901_shareiun000.html 謝靈運詩 六朝期の山水詩人。この人の詩は上品ですがすがしい男性的な深みのある詩である。後世に多大な影響を残している。
謝靈運が傲慢で磊落だったというが彼の詩からはそれを感じさせるということは微塵もない。謝靈運、謝朓、孟浩然は好きな詩人である。
登永嘉緑嶂山詩 #1 謝霊運 <20> 詩集 386ー
http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67474554.html
登池上樓 #1 謝霊運<25>#1  ー http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67502196.html
孟浩然の詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/209mokonen01.html 孟浩然の詩 盛唐初期の詩人であるが謝霊運の詩に傾倒して山水詩人としてとてもきれいな詩を書いている。特に山水画のような病者の中で細やかな部分に動態を感じさせる表現力は素晴らしい。


李商隠詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/3991_rishoin000.html 李商隠詩 華やかな時はほんの1年余り、残りは不遇であった。それが独特な詩を生み出した。この詩人の詩は物語であり、詩を単発で見ては面白くなく、数編から十数編のシリーズになっているのでそれを尊重して読まれることを進める。
女性詩人
http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/0josei00index.html 女性詩人 古代から近世に至るまで女性の詩は書くことを許されない環境にあった。貴族の子女、芸妓だけである。残されている詩のほとんどは詞、楽府の優雅、雅なものへの媚の詞である。しかしその中に針のような痛みを感じさせるものがあるのである。
孟郊詩
http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/328_moukou001.html 「文章得其微,物象由我裁。」詩人が作り出す文章は細やかなる描写表現を得ているものだ、万物の事象をも作り出すことさえも詩人自身の裁量でもってするのである。
李商隠詩
http://kanbuniinkai7.dousetsu.com/99_rishoinn150.html Ⅰ李商隠150首
*****************************************************************
進学解 韓退之(韓愈)詩<114-15>Ⅱ中唐詩571 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ1850

(9段目)


『易経』を模した『太玄経』をあらわした漢の揚雄が世の中から、からかいの評価を受けたことで、「解嘲」と題した嘲(からかい)を解くための文章をあらわした。
 これにならって、学殖がありながら世に用いられない一人の博士の自己弁明を滑稽に述べた「進學解」をあらわしたのである。
14分割して最終回の掲載である。

韓愈の理解のために、このブログではこの「進學解」掲載の後に韓愈「原道」「原性」「原毀」「原人」「原鬼」の順に取り上げていきたい。韓愈の五つの本質を原【たず】ねた推論について、特に孟子の性善、荀子の性悪、楊雄の性善性悪混在説の三説に対して三品の性という新しい見解を述べた「原性」からこのブログに取り上げ解説する予定である。


#13(8)-1
今先生學雖勤而不繇其統,言雖多而不要其中。
先生は今思えば儒家のこれまでは、学問的には努力してきたけれども、その正しい系統を継いでいないのである。言説は多いけれども、その過不足のない道理の根幹にあたることを求めていないのである。
文雖奇而不濟於用,行雖修而不顯於眾。
文章は興味深く面白いものというだけでは用をなさないのである。行いは善くても、多数の人々の行いまで変えていくほどのきわだちがなくてはならないのである。
猶且月費俸錢,歲糜廩粟。
それを私にあてて考えてみると、それでもまた毎月俸給の金銭を考えもなく費やし、そして年々俸禄を消費しているのである。
子不知耕,婦不知織。

それに、子供には田を耕す苦労を教えておらず、妻は機を織ることも知らないということなのだ。
(孔子・孟子からその後受け継ぎが出来なかったのを自分にあてはめると学問として理解していても、実生活の上で生かしていない、理論と実践ができていないことを云う。)

#14(8)-2
乘馬從徒,安坐而食。
外出に際して馬に乗り、供人を連れているのであり、安楽に坐ったままで、何も働かずに食えるのである。
踵常途之促促,窺陳編以盜竊。
平凡な日常生活を送り、ただこせこせと歩くようにきまった途できまじめに暮らすのである。
そして古い書物を覗いては、その中の知識をひそかに盗みとって書き物をしているのである。
然而聖主不加誅,宰臣不見斥,茲非其幸歟?
そういうことであっても聖徳ある天子は死罪を加えられるということはなく、宰相の大臣にも退けられるということがないのであり、これは孟子や荀子にくらべて幸運ということではなかろうか。
動而得謗,名亦隨之。
行動すると悪口をいわれ、名声、評判もそれにしたがって悪いのである。
投閑置散,乃分之宜。

しかし、閑職に投入され、無用の役に置かれているということも、それはそれで私の分際にちょうどいいと思ってはいるのである。

#15(9段目)
若夫商財賄之有亡,計班資之崇庳。
ただ、もし私が財産の有る無しということや、官位や俸緑の高い低いを計るという考えをしたということにしよう。
忘己量之所稱,指前人之瑕疵。
あるいは、自分の力量のふさわしいところを忘れたり、先輩の人材登用の欠点を指さし非難するということをしたとしよう。
是所謂詰匠氏之不以杙為楹,
こう云う考えは前にいった大工の棟梁が小木の垂木をもって柱にしないただしいことなのにそれを問いつめるようなものだし、
而訾醫師以昌陽引年,欲進其豨苓也。」
医師が菖蒲の根をもって年寿を延ばそうとするのを悪くいって、自分がとってきた毒草を進めようと思うようなもので、建築では大工に、医療では医師に、政事上の人材登用では宰相にこそまかせるべきである、と。
(大所高所に立って考えたものを目先の損得や、狭い視野の考えで批判するようなことはいけない。もっと学問をして自分の知識能力を深め高めなさい。)

#15(9)
若し夫れ財賄【ざいわい】の有亡【うむ】を商【はか】り,班資【はんし】の崇庳【すうし】を計り。
己が量の稱【かな】う所を忘れて,前人の瑕疵【かし】を指す。是れ所謂【いわゆる】 匠氏【しょうし】の不杙【くび】を以って楹【はしら】と為さざるを詰【なじ】りて,醫師【いし】の昌陽【しょうよう】を以って年を引くを訾【そし】り,其の豨苓【きれい】を進めんと欲する也。」と。


銅雀臺00


『進学解』(9段目) 現代語訳と訳註
(本文)
#15(9)
若夫商財賄之有亡,計班資之崇庳。忘己量之所稱,指前人之瑕疵。是所謂詰匠氏之不以杙為楹,而訾醫師以昌陽引年,欲進其豨苓也。」


(下し文)
#15(9段目)
若し夫れ財賄【ざいわい】の有亡【うむ】を商【はか】り,班資【はんし】の崇庳【すうし】を計り。
己が量の稱【かな】う所を忘れて,前人の瑕疵【かし】を指す。是れ所謂【いわゆる】 匠氏【しょうし】の不杙【くび】を以って楹【はしら】と為さざるを詰【なじ】りて,醫師【いし】の昌陽【しょうよう】を以って年を引くを訾【そし】り,其の豨苓【きれい】を進めんと欲する也。」と。

(現代語訳)
ただ、もし私が財産の有る無しということや、官位や俸緑の高い低いを計るという考えをしたということにしよう。
あるいは、自分の力量のふさわしいところを忘れたり、先輩の人材登用の欠点を指さし非難するということをしたとしよう。
こう云う考えは前にいった大工の棟梁が小木の垂木をもって柱にしないただしいことなのにそれを問いつめるようなものだし、
医師が菖蒲の根をもって年寿を延ばそうとするのを悪くいって、自分がとってきた毒草を進めようと思うようなもので、建築では大工に、医療では医師に、政事上の人材登用では宰相にこそまかせるべきである、と。
(大所高所に立って考えたものを目先の損得や、狭い視野の考えで批判するようなことはいけない。もっと学問をして自分の知識能力を深め高めなさい。)


(訳注) #15(9)
若夫商財賄之有亡,計班資之崇庳。
ただ、もし私が財産の有る無しということや、官位や俸緑の高い低いを計るという考えをしたということにしよう。
・商財賄之有亡 財産の有る無しをはかり考える。「財」「賄」両方ともたから。
・計班資之崇庳 官位と俸緑の高い低いを計算する。班は官位、官僚機構・支配機構を担った身分階級のこと。資は俸給。1 あることに役立てる金品。もとで。「資金・資産・資本/学資・巨資・出資・投資・物資・融資」 2 もとになるもの。「資材・資料」 3 もちまえ。たち。「資格・資質/英資」


忘己量之所稱,指前人之瑕疵。
あるいは、自分の力量のふさわしいところを忘れたり、先輩の人材登用の欠点を指さし非難するということをしたとしよう。
・前人 先輩。
・暇庇傷、欠点。


是所謂詰匠氏之不以杙為楹,
こう云う考えは前にいった大工の棟梁が小木の垂木をもって柱にしないただしいことなのにそれを問いつめるようなものだし、
・杙 小材の例としての棒くい、垂木。
・楹 まるはしら。大黒柱のような意味合い。


而訾醫師以昌陽引年,欲進其豨苓也。」
医師が菖蒲の根をもって年寿を延ばそうとするのを悪くいって、自分がとってきた毒草を進めようと思うようなもので、建築では大工に、医療では医師に、政事上の人材登用では宰相にこそまかせるべきである、と。
(大所高所に立って考えたものを目先の損得や、狭い視野の考えで批判するようなことはいけない。もっと学問をして自分の知識能力を深め高めなさい。)
・昌陽 寺に九つの節がある菖蒲の根。薬草。
・引年 年齢を延長する。 
・稀苓 いのくそぐさ、また、毒草の名。希苓に同じ