符讀書城南 韓愈 孟子は「木を加工する規矩術につくものといえば梓の建具、匠の木工、輪の車輪、輿の台車を作る職人というものである」としている。
 

2013年8月17日  同じ日の紀頌之5つのブログ
●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩 、六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場
Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
   
LiveDoor
揚雄 《甘泉賦 》 文選 賦<108-(6)#2-2>9分割26回 Ⅱ李白に影響を与えた詩859 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2843
●唐を代表する中唐の韓愈の儒家としての考えのよくわかる代表作の一つ
Ⅱ中唐詩・晩唐詩
 
 LiveDoor
符讀書城南 韓愈(韓退之) <166>Ⅱ中唐詩772 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2844
●杜甫の全作品1141首を取り上げて訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"
Ⅲ杜甫詩1000詩集  LiveDoor 中丞嚴公雨中垂寄見憶一絕,奉答二絕,二首之一 蜀中転々 杜甫 <529>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2845 
●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている
Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2
●●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩
Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoor 淸平樂(一) 韋荘  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-260-5-#14  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2682
 
 ■最近の人気記事(漢詩の5ブログ各部門)
 ■主要詩人の一覧・詩目次・ブログindex

『楚辞・九歌』東君 屈原詩<78-#1>505 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1332http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67664757.html  
『楚辞』九辯 第九段―まとめ 宋玉  <00-#35> 664 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2304  
http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-rihakujoseishi/archives/6471825.html  
安世房中歌十七首(1) 唐山夫人 漢詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67710265.html  
為焦仲卿妻作 序 漢詩<143>古詩源巻三 女性詩http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67729401.html  
於凊河見輓船士新婚別妻一首 曹丕(魏文帝) 魏詩http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67759129.html  
朔風 (一章) 曹植 魏詩<25-#1>文選 雑詩 上 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67780868.html  
謝靈運詩 
http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/1901_shareiun000.html 謝靈運詩 六朝期の山水詩人。この人の詩は上品ですがすがしい男性的な深みのある詩である。後世に多大な影響を残している。  
謝靈運が傲慢で磊落だったというが彼の詩からはそれを感じさせるということは微塵もない。謝靈運、謝朓、孟浩然は好きな詩人である。  
登永嘉緑嶂山詩 #1 謝霊運 <20> 詩集 386ーhttp://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67474554.html  
登池上樓 #1 謝霊運<25>#1  ー 
http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67502196.html  
孟浩然の詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/209mokonen01.html 孟浩然の詩 盛唐初期の詩人であるが謝霊運の詩に傾倒して山水詩人としてとてもきれいな詩を書いている。特に山水画のような病者の中で細やかな部分に動態を感じさせる表現力は素晴らしい。

李商隠詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/3991_rishoin000.html  
李商隠詩 華やかな時はほんの1年余り、残りは不遇であった。それが独特な詩を生み出した。この詩人の詩は物語であり、詩を単発で見ては面白くなく、数編から十数編のシリーズになっているのでそれを尊重して読まれることを進める。  
女性詩人 
http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/0josei00index.html 女性詩人 古代から近世に至るまで女性の詩は書くことを許されない環境にあった。貴族の子女、芸妓だけである。残されている詩のほとんどは詞、楽府の優雅、雅なものへの媚の詞である。しかしその中に針のような痛みを感じさせるものがあるのである。  
孟郊詩 
http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/328_moukou001.html 「文章得其微,物象由我裁。」詩人が作り出す文章は細やかなる描写表現を得ているものだ、万物の事象をも作り出すことさえも詩人自身の裁量でもってするのである。  
李商隠詩 
http://kanbuniinkai7.dousetsu.com/99_rishoinn150.html Ⅰ李商隠150

 

 

符讀書城南 韓愈(韓退之) <166>Ⅱ中唐詩772 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2844

 

作年: 元和十一年  816  49 

卷別: 卷三四一  文體: 五言古詩 

詩題: 符讀書城南〔符,愈之子;城南,愈別墅。〕 

寫及地點:  城南 (京畿道 京兆府 長安)     

「符読書城南」詩は、韓愈がその子の符に、学問の大切さを諭したもので、この時、韓愈49歳、符は18歳である。城南は長安の都の南の意味で韓愈の詩に多い。

 

 

詩文:符讀書城南

(息子がこの長安の南郊の家で勉学をするための詩)

木之就規矩,在梓匠輪輿。

孟子は「木を加工する規矩術につくものといえば梓の建具、匠の木工、輪の車輪、輿の台車を作る職人というものである」としている。

人之能為人,由腹有詩書。

人は人として良くするものとして徹底して「五経」を暗記し、理解して腹に入れておくのだ。

詩書勤乃有,不勤腹空虛。

特に詩経と書経は勤勉にすることでありそれを重ねていくことである、勤勉でなければその知識のおなかには空虚なものでしかないのだ。

欲知學之力,賢愚同一初。

知己気を得ようとするならば四書五経の教えるところを学ぶのである。愚者であるか、賢者であるかというが、最初は皆同一であるのだ。

#2

由其不能學,所入遂異閭。

兩家各生子,提孩巧相如。

少長聚嬉戲,不殊同隊魚。

年至十二三,頭角稍相疏。

#3

二十漸乖張,清溝映汙渠。

三十骨骼成,乃一龍一豬。

飛黃騰踏去,不能顧蟾蜍。

一為馬前卒,鞭背生蟲蛆。

#4

一為公與相,潭潭府中居。

問之何因爾,學與不學歟。

金璧雖重寶,費用難貯儲。

學問藏之身,身在則有餘。

君子與小人,不繫父母且。

#5

不見公與相,起身自犁鉏。

不見三公後,寒飢出無驢。

文章豈不貴,經訓乃菑畬。

潢潦無根源,朝滿夕已除。

人不通古今,馬牛而襟裾。

#6

行身陷不義,況望多名譽。

時秋積雨霽,新涼入郊墟。

燈火稍可親,簡編可卷舒。

豈不旦夕念,為爾惜居諸。

恩義有相奪,作詩勸躊躇。

 

 

木の規矩に就(つ)くは、梓匠(しょうしょう)と輪輿(りんよ)に在り。

人の能く人と為(な)るは、腹に詩書有るに由る。(*詩経と書経。)

詩書 勤むれば乃ち有り勤めざれば腹空虚なり。

学の力を知らんと欲せば、賢愚 同に初めを一(いつ)にするも。

海水001

#2

其の学ぶこと能はざるに由りて、入る所 遂に閭を異にす。

両家各おの子を生むに、提孩【ていがい】巧みに相如【し】く。

少長聚まって嬉戲【きぎ】するや、一隊の魚に殊ならず。

年十二三に至って、頭角稍く相い疎【わか】る。

#3

二十にして漸く乖張し、清溝 汗渠【おきょ】に映ず。

三十にして骨骼成り、乃ち一は竜、一は豬【ちょ】。

飛黄騰踏して去り、蟾蜍【せんじょ】を顧みる能はず。

一は馬前の卒と為り、背に鞭うたれて虫蛆【ちゅうしょ】を生ず。

#4

一は公と相【しょう】と為り、潭潭として府中に居る。

之を問ふ 何に因りて爾【しか】ると、学べると学ばざりしとか。

金璧は重宝なりと雖も、費用貯儲【ちょちょ】し難し。

学問は之を身に蔵するも、身在れば則ち餘り有り。

君子と小人と、父母に繋【かか】わらず。

#5

見ずや公と相とは、身を起つるに牽鉏【れいしょ】自りす。

見ずや三公の後、寒饑して出づるに驢無し。

文章豈に貴からざらんや、経訓は乃ち菑【わざわい】の畬【はたけ】。

潢潦は根源無く、朝に満つれば夕には已に除かる。

古今に通ぜざれば、馬牛にして襟裾【きんきょ】。

#6

身を行なひて不義に陥らん、況んや名誉多からんことを望むをや。

時秋にして積雨霽【は】れ、新涼 郊墟に入る。

燈火稍【ようや】く親しむべく、簡編 卷舒【けんじょ】すべし。

豈に旦夕に念【おも】はざらんや、爾が為に居諸【きょしょ】を惜しむ。

恩義 相奪ふこと有り、詩を作りて 躊躇を勧【はげ】ます。

 

 

 

『符讀書城南』#1現代語訳と訳註

(本文)

木之就規矩,在梓匠輪輿。

人之能為人,由腹有詩書。

詩書勤乃有,不勤腹空虛。

欲知學之力,賢愚同一初。

 

 

(下し文)

木の規矩に就(つ)くは、梓【しょう】匠【しょう】輪【りん】輿【よ】に在り。

人の能く人と為【な】るは、腹に詩書有るに由る。

詩書 勤むれば乃ち有り、勤めざれば腹空虚なり。

学の力を知らんと欲せば、賢愚 同に初めを一【いつ】にするも。

 

(現代語訳)

(息子がこの長安の南郊の家で勉学をするための詩)

孟子は「木を加工する規矩術につくものといえば梓の建具、匠の木工、輪の車輪、輿の台車を作る職人というものである」としている。

人は人として良くするものとして徹底して「五経」を暗記し、理解して腹に入れておくのだ。

特に詩経と書経は勤勉にすることでありそれを重ねていくことである、勤勉でなければその知識のおなかには空虚なものでしかないのだ。

知己気を得ようとするならば四書五経の教えるところを学ぶのである。愚者であるか、賢者であるかというが、最初は皆同一であるのだ。

 

 

(訳注)

符讀書城南

(息子がこの長安の南郊の家で勉学をするための詩)

一年前に作ったものに『示兒』がある。示兒 韓愈(韓退之) <112-#2>Ⅱ中唐詩666 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2314

自分の男の子に読ませるために作った詩。韓愈には、韓昶という子があった。韓愈長子韓昶【かんちょう】貞元十五年(799855年),幼少期の名を符といった。この詩は、元和十年(815年)ごろの作。元和十年とすれば、韓愈48歳、韓昶17歳。韓愈が心の底に持っていた立身出世主義を露骨に出した作品で、新興成金のおやじが、むすこに自分の成功談を得得と話している。

 

符讀書城南【案:符,愈之子;城南,愈別墅。】 韓愈(韓退之) <166>Ⅱ中唐詩772 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2844

城南聯句 韓退之(韓愈)詩<64-#31最終回>Ⅱ中唐詩427 紀頌之の漢詩ブログ1360

人日城南登高 韓愈(韓退之) <167>Ⅱ中唐詩773 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2849

遊城南十六首:楸樹,二首之二 韓愈(韓退之) <173>Ⅱ中唐詩779 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2879

 

 

木之就規矩,在梓匠輪輿。

孟子は「木を加工する規矩術につくものといえば梓の建具、匠の木工、輪の車輪、輿の台車を作る職人というものである」としている。

・規矩 1 コンパスとさしがね。転じて、寸法や形。2 考えや行動の規準とするもの。手本。規則。「詩歌といい、舞踏といい、皆それぞれに―をそなえて」〈逍遥・小説神髄〉3 「規矩術」の略。規矩術:さしがねを用いて、建物の垂木(たるき)などの構造部の実形を立体幾何学的に求め、直接木材に作図する方法。規矩法。規矩準縄:《「孟子」離婁上から。「準」は平をはかるみずもり、「縄」は直をはかるすみなわ》物事・行動の規準になるもの。法則。規則。手本。

・『孟子-盡心』“「梓匠輪輿,能與人規矩,不能使人巧。」(梓・匠・輪・輿は能く人に規矩を興ふるも,人をして巧ならしむることあたはず.)梓は建具、匠は木工、輪は車輪、輿は台車を作る職人のこと。

 

人之能為人,由腹有詩書。

人は人として良くするものとして徹底して「五経」を暗記し、理解して腹に入れておくのだ。

・詩書 詩経と書経、四経。『荘子』や『語叢』においては、下記の六種類の経書が列挙されている。

「詩」、「書」、「礼」、「楽」、「易」「春秋」。当時の儒家らはこれらの経典を重視したが、『楽』は早くに失われたとされる。

前漢では五経「易」、「書」、「詩」、「士礼」、「春秋」

唐代、唐の太宗は、以下の経典を「五経」とし、『五経正義』という解釈を孔穎達らに定めさせた。「易」、「書」、「詩」、「礼記」、「春秋」。

 

詩書勤乃有,不勤腹空虛。

特に詩経と書経は勤勉にすることでありそれを重ねていくことである、勤勉でなければその知識のおなかには空虚なものでしかないのだ。

 

欲知學之力,賢愚同一初。

知己気を得ようとするならば四書五経の教えるところを学ぶのである。愚者であるか、賢者であるかというが、最初は皆同一であるのだ。