韓愈《庭楸》そんな主人に会えるのは九頭の牛に紛れた毛を表わし、物の数にも入らないという故事のようなものであり、未だに多量と少量のあいだであるということはないのである。(多少に関係なくほとんどの人に逢わない)

 

2013年9月30日  同じ日の紀頌之5つのブログ
●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場
Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
   
LiveDoor
司馬相如 《子虚賦 》(24)#10-1 文選 賦<109-#10-1>9分割26回 Ⅱ李白に影響を与えた詩903 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3063
●唐を代表する中唐の韓愈の儒家としての考えのよくわかる代表作の一つ
Ⅱ中唐詩・晩唐詩
 
 LiveDoor
《庭楸》韓愈(韓退之) 194-#3Ⅱ中唐詩 <816>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3064韓愈詩-194-#3
●杜甫の全作品1141首を取り上げて訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"
Ⅲ杜甫詩1000詩集  LiveDoor 659 《將適吳楚留別章使君留後兼幕府諸公得柳字》 蜀中転々 杜甫 <564-#2>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3065 杜甫詩1000-564-#2-807/1500
●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている
Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2 28曹植(曹子建) 《贈白馬王彪 序》 魏詩 kanbuniinkai 紀 頌之の詩詞 fc2ブログ 3066 (09/30)
●●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩
Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoor 荷葉盃 三首 其一 温庭筠  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-304-5-#58  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3067
 
 ■最近の人気の文・賦・詩・詞(漢詩の5ブログ各部門)
 ■主要詩人の一覧・詩目次・ブログindex

『楚辞・九歌』東君 屈原詩<78-#1>505 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1332 
http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67664757.html 
『楚辞』九辯 第九段―まとめ 宋玉  <00-#35> 664 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2304 
http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-rihakujoseishi/archives/6471825.html 
安世房中歌十七首(1) 唐山夫人 漢詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67710265.html 
為焦仲卿妻作 序 漢詩<143>古詩源 巻三 女性詩http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67729401.html 
於凊河見輓船士新婚別妻一首 曹丕(魏文帝) 魏詩http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67759129.html 
朔風 (一章) 曹植 魏詩<25-#1>文選 雑詩 上 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67780868.html 
謝靈運詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/1901_shareiun000.html 謝靈運詩 六朝期の山水詩人。この人の詩は上品ですがすがしい男性的な深みのある詩である。後世に多大な影響を残している。 
謝靈運が傲慢で磊落だったというが彼の詩からはそれを感じさせるということは微塵もない。謝靈運、謝朓、孟浩然は好きな詩人である。 
登永嘉緑嶂山詩 #1 謝霊運 <20> 詩集 386ーhttp://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67474554.html 
登池上樓 #1 謝霊運<25>#1  ー http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67502196.html 
孟浩然の詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/209mokonen01.html 孟浩然の詩 盛唐初期の詩人であるが謝霊運の詩に傾倒して山水詩人としてとてもきれいな詩を書いている。特に山水画のような病者の中で細やかな部分に動態を感じさせる表現力は素晴らしい。

李商隠詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/3991_rishoin000.html 
李商隠詩 華やかな時はほんの1年余り、残りは不遇であった。それが独特な詩を生み出した。この詩人の詩は物語であり、詩を単発で見ては面白くなく、数編から十数編のシリーズになっているのでそれを尊重して読まれることを進める。 
女性詩人 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/0josei00index.html 女性詩人 古代から近世に至るまで女性の詩は書くことを許されない環境にあった。貴族の子女、芸妓だけである。残されている詩のほとんどは詞、楽府の優雅、雅なものへの媚の詞である。しかしその中に針のような痛みを感じさせるものがあるのである。 
孟郊詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/328_moukou001.html 「文章得其微,物象由我裁。」詩人が作り出す文章は細やかなる描写表現を得ているものだ、万物の事象をも作り出すことさえも詩人自身の裁量でもってするのである。 
李商隠詩 http://kanbuniinkai7.dousetsu.com/99_rishoinn150.html Ⅰ李商隠150首

 

《庭楸》韓愈(韓退之) 194-#3Ⅱ中唐詩 <816  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3064韓愈詩-194-#3

 

 

庭楸

庭楸止五株,共生十步間。

にわのヒサギは五本だけにしている。それでもそれぞれの間がが10歩程度で列にして植えている。

各有藤繞之,上各相鉤聯。

その五本には藤が絡みついて、上の方では互いに引っ張り合い繋がり合っている。

下葉各垂地,樹顛各雲連。

下の方ではヒサギの葉がそれぞれの木々の枝に垂れ、それぞれの木の頂は高く雲と連なっている。

朝日出其東,我常坐西偏。

朝日はその木の東側からのぼって來ると、我々は何時も西側に座ってこれを眺める。

夕日在其西,我常坐東邊。

夕日がその木の西にしずむ頃には、我々は東のへりに座ってこれを眺める。

#2

當晝日在上,我在中央間。

昼の日が真上にある時には我々は五本の木の中央の所に座って過ごすのである。

仰視何青青,上不見纖穿。

仰ぎ見るといかにしてか枝葉が青々としてしげっていいて、上の方にはわずかの隙間もないようだ。

朝暮無日時,我且八九旋。

夜明け前や日が沈んだ後には我々は八、九回もそこを徘徊する。

濯濯晨露香,明珠何聯聯。

朝早くに香しい朝露はツルンツルンと落ちる。その露の玉はどうしてか宝玉のように聯聯とすこし連なっている。

夜月來照之,蒨蒨自生煙。

日が暮れて、夜月が來ってこれを照らした。そのこんもり茂ったところから、煙を生ずるように鮮明に照らしている。

#3

我已自頑鈍,重遭五楸牽。

わたしはもともと頑固で愚鈍であることを自覚している、だから、庭の五本のヒサギに対し牽牛星のように重ねて遭遇するというものだ。

客來尚不見,肯到權門前。

客が来るけれどなお面会することはない。敢て名門の権勢のある家の前に到達することなどないのだ。

權門眾所趨,有客動百千。

権勢のある家の門には、みんながあつまってくるものだ。客が有るのは、ややもすれば百も千もの人がたくさんがくるのである。

九牛亡一毛,未在多少間。

そんな主人に会えるのは九頭の牛に紛れた毛を表わし、物の数にも入らないという故事のようなものであり、未だに多量と少量のあいだであるということはないのである。(ほとんどの人に逢わない)

往既無可顧,不往自可憐。

自分が権門に出世したとしてもこれまでのことは顧みることはすべきでない。往かなければ、ただ自らの運命を貫くことを憐れむだけなのである。

 

庭楸【ていしゅう】

庭楸 五株【ごしゅう】止のみ,共に十步の間に生ず。

各の藤有って之を繞り,上は各の相い鉤聯【こうれん】す。

下葉は各の地に垂れ,樹顛【じゅてん】各の雲と連る。

朝日 其の東に出づれば,我 常に西偏に坐す。

夕日 其の西に在れば,我 常に東邊に坐す。

#2

晝に當って 日 上に在れば,我 中央の間に在り。

仰ぎ視れば 何ぞ青青たる,上 纖穿【せんせん】を見ず。

朝暮 日無き時,我 且つ八九たび旋【めぐ】る。

濯濯【たくたく】として晨露【しんろ】香しく,明珠【めいしゅ】何ぞ聯聯たる。

夜月 來って之を照らし,蒨蒨【せんせん】として自ら煙を生ず。

#3

我れ已に自ら頑鈍【がんとん】,重ねて五楸の牽くに遭う。

客來たるも尚お見えず,肯えて權門の前に到らむや。

權門は眾の趨【はし】る所,客有り動じて百千。

九牛に一毛を亡う,未だ多少の間に在らず。

往けば既に顧【かえるみ】る可き無く,往かざれば自ら憐れむ可し。

 楠樹03

 

 

『庭楸』 現代語訳と訳註

(本文) #3

我已自頑鈍,重遭五楸牽。

客來尚不見,肯到權門前。

權門眾所趨,有客動百千。

九牛亡一毛,未在多少間。

往既無可顧,不往自可憐。

 

 

(下し文) #3

我れ已に自ら頑鈍【がんとん】,重ねて五楸の牽くに遭う。

客來たるも尚お見えず,肯えて權門の前に到らむや。

權門は眾の趨【はし】る所,客有り動じて百千。

九牛に一毛を亡う,未だ多少の間に在らず。

往けば既に顧【かえるみ】る可き無く,往かざれば自ら憐れむ可し。

 

 

(現代語訳)

わたしはもともと頑固で愚鈍であることを自覚している、だから、庭の五本のヒサギに対し牽牛星のように重ねて遭遇するというものだ。

客が来るけれどなお面会することはない。敢て名門の権勢のある家の前に到達することなどないのだ。

権勢のある家の門には、みんながあつまってくるものだ。客が有るのは、ややもすれば百も千もの人がたくさんがくるのである。

そんな主人に会えるのは九頭の牛に紛れた毛を表わし、物の数にも入らないという故事のようなものであり、未だに多量と少量のあいだであるということはないのである。(ほとんどの人に逢わない)

自分が権門に出世したとしてもこれまでのことは顧みることはすべきでない。往かなければ、ただ自らの運命を貫くことを憐れむだけなのである。

 

 

(訳注)

庭楸

 

 

我已 自頑鈍 ,重遭 五楸

わたしはもともと頑固で愚鈍であることを自覚している、だから、庭の五本のヒサギに対し牽牛星のように重ねて遭遇するというものだ。

「頑鈍」頑固で愚鈍なこと。

「五楸」五本の楸。

「牽」牽牛。わし座のアルファ星アルタイルの漢名。天の河をへだてて織女と対する。牽牛星。彦星(ひこぼし)。男星(おぼし)。 [季] 秋。

 

客來 尚不見 ,肯到 權門

客が来るけれどなお面会することはない。敢て名門の権勢のある家の前に到達することなどないのだ。

「權門」(1)位が高く権勢のある家柄。 「―勢家」 (2)権力者に対する饗応や贈賄。

「前」語義類別:地、空間、位置、前。

 

權門 眾所趨,有客 百千

権勢のある家の門には、みんながあつまってくるものだ。客が有るのは、ややもすれば百も千もの人がたくさんがくるのである。

「權門」語義類別:人、稱謂、指代稱謂、權貴。

「有」語義類別:其他、形容詞彙、對比詞、有無(有)。

「客」語義類別:人、稱謂、一般稱謂、客。

「動」語義類別:人、行為動作、一般行為(其他部)、動。

「百千」語義類別:其他、數詞、概量數詞、百千。

 

九牛 一毛 ,未在 多少

そんな主人に会えるのは九頭の牛に紛れた毛を表わし、物の数にも入らないという故事のようなものであり、未だに多量と少量のあいだであるということはないのである。(多少に関係なくほとんどの人に逢わない)

「九牛」《「漢書」司馬遷伝「九牛亡一毛」。多くの牛の中の1本の毛の意》多数の中のごく一部分。取るに足りないこと。

 

 

往既 無可 顧,不往 自可憐

自分が権門に出世したとしてもこれまでのことは顧みることはすべきでない。往かなければ、ただ自らの運命を貫くことを憐れむだけなのである。
燕麦01