《梁國惠康公主挽歌,二首之二〔公主,憲宗長女,下嫁于頔之子季友,元和中薨,詔令百官進詩。〕》長安の街には簫を吹く女がいるが、湘水の波の音にのせて、湘君の奏でる瑟と鼓の音が何処からともなく聞こえてくる。

2013年10月2日  同じ日の紀頌之5つのブログ
●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場
Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
   
LiveDoor
司馬相如 《子虚賦 》(26)#10-3 文選 賦<109-#10-3>9分割26回 Ⅱ李白に影響を与えた詩905 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3073
●唐を代表する中唐の韓愈の儒家としての考えのよくわかる代表作の一つ
Ⅱ中唐詩・晩唐詩
 
 LiveDoor
《梁國惠康公主挽歌,二首之二〔公主,憲宗長女,下嫁于頔之子季友,元和中薨,詔令百官進詩。〕》韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <818>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3074韓愈詩-196
●杜甫の全作品1141首を取り上げて訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"
Ⅲ杜甫詩1000詩集  LiveDoor 659 《將適吳楚留別章使君留後兼幕府諸公得柳字》 蜀中転々 杜甫 <565>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3075 杜甫詩1000-565-809/1500
●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている
Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2 30曹植(曹子建) 《贈白馬王彪 其二》 魏詩 kanbuniinkai 紀 頌之の詩詞 fc2ブログ 3076 (10/02)
●●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩
Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoor 荷葉盃 三首 其三 温庭筠  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-306-5-#60  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3077
 
 ■最近の人気の文・賦・詩・詞(漢詩の5ブログ各部門)
 ■主要詩人の一覧・詩目次・ブログindex

『楚辞・九歌』東君 屈原詩<78-#1>505 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1332 
http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67664757.html 
『楚辞』九辯 第九段―まとめ 宋玉  <00-#35> 664 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2304 
http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-rihakujoseishi/archives/6471825.html 
安世房中歌十七首(1) 唐山夫人 漢詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67710265.html 
為焦仲卿妻作 序 漢詩<143>古詩源 巻三 女性詩http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67729401.html 
於凊河見輓船士新婚別妻一首 曹丕(魏文帝) 魏詩http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67759129.html 
朔風 (一章) 曹植 魏詩<25-#1>文選 雑詩 上 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67780868.html 
謝靈運詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/1901_shareiun000.html 謝靈運詩 六朝期の山水詩人。この人の詩は上品ですがすがしい男性的な深みのある詩である。後世に多大な影響を残している。 
謝靈運が傲慢で磊落だったというが彼の詩からはそれを感じさせるということは微塵もない。謝靈運、謝朓、孟浩然は好きな詩人である。 
登永嘉緑嶂山詩 #1 謝霊運 <20> 詩集 386ーhttp://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67474554.html 
登池上樓 #1 謝霊運<25>#1  ー http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67502196.html 
孟浩然の詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/209mokonen01.html 孟浩然の詩 盛唐初期の詩人であるが謝霊運の詩に傾倒して山水詩人としてとてもきれいな詩を書いている。特に山水画のような病者の中で細やかな部分に動態を感じさせる表現力は素晴らしい。

李商隠詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/3991_rishoin000.html 
李商隠詩 華やかな時はほんの1年余り、残りは不遇であった。それが独特な詩を生み出した。この詩人の詩は物語であり、詩を単発で見ては面白くなく、数編から十数編のシリーズになっているのでそれを尊重して読まれることを進める。 
女性詩人 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/0josei00index.html 女性詩人 古代から近世に至るまで女性の詩は書くことを許されない環境にあった。貴族の子女、芸妓だけである。残されている詩のほとんどは詞、楽府の優雅、雅なものへの媚の詞である。しかしその中に針のような痛みを感じさせるものがあるのである。 
孟郊詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/328_moukou001.html 「文章得其微,物象由我裁。」詩人が作り出す文章は細やかなる描写表現を得ているものだ、万物の事象をも作り出すことさえも詩人自身の裁量でもってするのである。 
李商隠詩 http://kanbuniinkai7.dousetsu.com/99_rishoinn150.html Ⅰ李商隠150首

 

 

《梁國惠康公主挽歌,二首之二〔公主,憲宗長女,下嫁于頔之子季友,元和中薨,詔令百官進詩。〕》韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <818  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3074韓愈詩-196

 

 

作者: 韓愈  816年元和十一年49

卷別: 卷三四三  文體: 五言律詩 

詩題: 梁國惠康公主挽歌,二首之一

〔公主,憲宗長女,下嫁于頔之子季友,元和中薨,詔令百官進詩。〕

 

 

梁國惠康公主挽歌,二首之一

(諡「梁國惠康公主」の野辺の送り、柩の車を挽きつつうたう歌二首の一。)

〔公主,憲宗長女,下嫁于頔之子季友,元和中薨,詔令百官進詩。〕

〔皇帝の女子、憲宗の長女、唐の大臣頔之の子、季友の嫁に下される。元和年間に薨される。勅命で朝廷百官に詩を奉進したものである。〕

定諡芳聲遠,移封大國新。

諡を定められ、芳しき名声はその功績に比べれれば今一つというところだが、大きな国の方に新たに移し封じられた。
巽宮尊長女,台室屬良人。

巽宮傾斜という長女として尊ばれ、朝廷の大臣の賢人の夫に嫁がれた。

河漢重泉夜,梧桐半樹春。

銀河に続く黄泉の国の夜に向かい、鳳凰の棲む梧桐が半分繁った春の木に睦まじくとまる。

龍輀非厭翟,還輾禁城塵。

龍を引き馬にした車は雉の尾羽に飾られ、そして宮中御殿に音を立てて戻ってこられたのである。

 

(梁國惠康公主の挽歌,二首の一)

諡を定め芳聲の遠と,移封され大國の新として。

巽宮 長女を尊び,台室 良人に屬す。

河漢 重泉の夜,梧桐 半樹の春。

龍輀 厭翟にら非ず,還輾 禁城の塵。

 

梁國惠康公主挽歌,二首之二

(諡「梁國惠康公主」の野辺の送り、柩の車を挽きつつうたう歌二首の二。)

秦地吹簫女,湘波鼓瑟妃。 

長安の街には簫を吹く女がいるが、湘水の波の音にのせて、湘君の奏でる瑟と鼓の音が何処からともなく聞こえてくる。

佩蘭初應夢,奔月竟淪輝。 

佩蘭となって初めて夢の中で対応する。「嫦娥奔月」はついに沈まれて、そして輝いている。

夫族迎魂去,宮官會葬歸。 

夫の血族は魂を迎えそして去ってゆくし、宮女たちは葬儀に出て帰っていく。

從今沁園草,無復更芳菲。 

今からこの宮殿の庭園の花畑の草花となって、この世には再び帰ることはない更に芳しい花となるだけだ。

満月00 

梁國 惠康公主の挽歌,二首の二

秦地 簫を吹く女,湘波 鼓瑟の妃。 

佩蘭 初めて夢に應じ,奔月 竟に淪輝す。 

夫族 迎魂して去り,宮官 會葬して歸る。 

今從り 沁園の草,無復して更に芳菲す。 

 

 

『梁國惠康公主挽歌,二首之二』 現代語訳と訳註

(本文)

梁國惠康公主挽歌,二首之二

秦地吹簫女,湘波鼓瑟妃。 

佩蘭初應夢,奔月竟淪輝。 

夫族迎魂去,宮官會葬歸。 

從今沁園草,無復更芳菲。 

 

 

(下し文)

梁國 惠康公主の挽歌,二首の二

秦地 簫を吹く女,湘波 鼓瑟の妃。 

佩蘭 初めて夢に應じ,奔月 竟に淪輝す。 

夫族 迎魂して去り,宮官 會葬して歸る。 

今從り 沁園の草,無復して更に芳菲す。 

 

 

(現代語訳)

(諡「梁國惠康公主」の野辺の送り、柩の車を挽きつつうたう歌二首の二。)

長安の街には簫を吹く女がいるが、湘水の波の音にのせて、湘君の奏でる瑟と鼓の音が何処からともなく聞こえてくる。

佩蘭となって初めて夢の中で対応する。「嫦娥奔月」はついに沈まれて、そして輝いている。

夫の血族は魂を迎えそして去ってゆくし、宮女たちは葬儀に出て帰っていく。

今からこの宮殿の庭園の花畑の草花となって、この世には再び帰ることはない更に芳しい花となるだけだ。

 

 

(訳注)

bijo01梁國惠康公主挽歌,二首之二

(諡「梁國惠康公主」の野辺の送り、柩の車を挽きつつうたう歌二首の二。)

 

 

秦地 吹簫 ,湘波 鼓瑟

長安の街には簫を吹く女がいるが、湘水の波の音にのせて、湘君の奏でる瑟と鼓の音が何処からともなく聞こえてくる。

「秦地」長安の街

「吹簫」器物、樂器(單稱)、簫。

「湘波」湘水の水澤湖泊、波。

「鼓瑟妃」鼓と樂器瑟。洞庭湖には湘水の神、湘君の奏でる瑟の音が何処からともなく聞こえてくると言う言い伝えも存在する。これは別に、湘妃が鼓する瑶瑟だと言う。

 

 

佩蘭 初應 ,奔月 竟淪輝

佩蘭となって初めて夢の中で対応する。「嫦娥奔月」はついに沈まれて、そして輝いている。

「佩蘭」【はいらん】ジバカマのこと。茎葉を薬用とする。秋の七草としても知られている。 食欲不振、消化不良、吐き気、嘔吐、軟便、倦怠感などに応用する。 糖尿病や浮腫にも用いられ、痒みに浴用剤としても用いられる。

「月」『嫦娥奔月』【じょうがほんげつ】のこと。后羿の妻である嫦娥(嫦娥仙子)が、后羿が西王母から貰った不老不死の霊薬(または天上界へ行ける霊薬)を飲み1人月へ昇り月宮(広寒宮)で寂しく暮らすことになったという中秋節の故事である。嫦娥奔月とは「嫦娥、月に奔る」の意味。

「淪」1 さざなみ。「淪(りんい) 2 沈む。落ちぶれる。

 

 

夫族 迎魂 ,宮官 會葬

夫の血族は魂を迎えそして去ってゆくし、宮女たちは葬儀に出て帰っていく。

「夫族」嫁ぎ先の一族。

 

 

從今 沁園 ,無復 更芳菲

今からこの宮殿の庭園の花畑の草花となって、この世には再び帰ることはない更に芳しい花となるだけだ。

「從今」語義類別:時、時間、範圍時間(今昔)、今。

「沁園」沁みる/浸みる/滲みる】 [動マ上一][文]し・む[マ上二]1 液体や気体が他の物に移りついて、次第に深く広がる。また、にじんで汚れる。しむ。宮殿の庭園の花畑にしみてくる。。

「草」語義類別:物、生物、植物泛稱(草)、草。

「芳菲」植物泛稱、花。