〔韓愈、李正封〕《晚秋郾城夜會聯句》(14)将士の凱旋に当たっては、重苦しい兜を脱ぎ棄てて、梳る髪にはつやを生じ、よっては顔を赤くしつつ、杯を傾ける。厚生の道によって、人民を安存させることにたいしては、なんの手落ちもなく、速やかに行うべく、既に罪科を洗い清め、翻然として正に復歸したものに対しては、昔日のことを論じない方がよろしいとされる。

2013年11月14日  の紀頌之5つのブログ
●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場
Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 
LiveDoorブログ
班孟堅(班固) 《兩都賦序》(2) 文選 賦<111―2>13分割41回 Ⅱ李白に影響を与えた詩948 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3288
●唐を代表する中唐の韓愈の儒家としての考えのよくわかる代表作の一つ
Ⅱ中唐詩・晩唐詩
 
 LiveDoorブログ
《晚秋郾城夜會聯句〔韓愈、李正封〕》(14)-#12韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <861>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3289韓愈詩-220-#12
●杜甫の全作品1141首を取り上げて訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"
Ⅲ杜甫詩1000詩集  LiveDoorブログ 690 《江亭送眉州辛別駕昇之〔得蕪字。〕》 蜀中転々 杜甫 <596>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3290 杜甫詩1000-596-852/1500
●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている
Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2ブログ
●●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩
Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoor 臨江仙 一首 張泌【ちょうひつ】  ⅩⅫ唐五代詞・ 「花間集」 Gs-349-7-#11  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3292
 
 ■最近の人気の文・賦・詩・詞(漢詩の5ブログ各部門)
 ■主要詩人の一覧・詩目次・ブログindex
『楚辞・九歌』東君 屈原詩<78-#1>505 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1332http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67664757.html
『楚辞』九辯 第九段―まとめ 宋玉  <00-#35> 664 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2304  http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-rihakujoseishi/archives/6471825.html
安世房中歌十七首(1) 唐山夫人 漢詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67710265.html 
為焦仲卿妻作 序 漢詩<143>古詩源 巻三 女性詩http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67729401.html
於凊河見輓船士新婚別妻一首 曹丕(魏文帝) 魏詩http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67759129.html
朔風 (一章) 曹植 魏詩<25-#1>文選雑詩 上 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67780868.html
謝靈運詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/1901_shareiun000.html 謝靈運詩六朝期の山水詩人。この人の詩は上品ですがすがしい男性的な深みのある詩である。後世に多大な影響を残している。
謝靈運が傲慢で磊落だったというが彼の詩からはそれを感じさせるということは微塵もない。謝靈運、謝朓、孟浩然は好きな詩人である。
登永嘉緑嶂山詩 #1 謝霊運 <20> 詩集 386ーhttp://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67474554.html
登池上樓 #1 謝霊運<25>#1  ー http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67502196.html
孟浩然の詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/209mokonen01.html 孟浩然の詩盛唐初期の詩人であるが謝霊運の詩に傾倒して山水詩人としてとてもきれいな詩を書いている。特に山水画のような病者の中で細やかな部分に動態を感じさせる表現力は素晴らしい。
李商隠詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/3991_rishoin000.html 
李商隠詩 華やかな時はほんの1年余り、残りは不遇であった。それが独特な詩を生み出した。この詩人の詩は物語であり、詩を単発で見ては面白くなく、数編から十数編のシリーズになっているのでそれを尊重して読まれることを進める。
女性詩人 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/0josei00index.html 女性詩人古代から近世に至るまで女性の詩は書くことを許されない環境にあった。貴族の子女、芸妓だけである。残されている詩のほとんどは詞、楽府の優雅、雅なものへの媚の詞である。しかしその中に針のような痛みを感じさせるものがあるのである。
孟郊詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/328_moukou001.html 「文章得其微,物象由我裁。」詩人が作り出す文章は細やかなる描写表現を得ているものだ、万物の事象をも作り出すことさえも詩人自身の裁量でもってするのである。
李商隠詩 http://kanbuniinkai7.dousetsu.com/99_rishoinn150.html Ⅰ李商隠150首
魚玄機 詩 全首130回賦得江邊柳 魚玄機  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-65-1-#五言律詩  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1876
薛濤 詩詞全首100 井梧吟 薛濤 唐五代詞・宋詩 薛濤-136-8-#1  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2227
主に花間集から
温庭筠 70首『菩薩蠻 一』温庭筠  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-1-1-#1 花間集 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1620
韋荘 50首 菩薩蠻 一 韋荘  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩花間集Gs-247-5-#1  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2617
皇甫松 10首 採蓮子二首  其一 皇甫松  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-307-5-#61  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3082
牛嶠  20首 女冠子四首 其一 牛嶠  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-312-5-#66  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3107
『花間集』継続中 
杜甫全詩 韓愈全詩 花間集 古詩源 玉台新詠

 

《晚秋郾城夜會聯句〔韓愈、李正封〕》(14)-#12韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <861>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3289韓愈詩-220-#12

 

 

(13)-#11

藁街陳鈇鉞,桃塞興錢鎛。

その後始末として、長安の外国人居留地である藁街には、斧鉞を陳列して声威を示し、桃林の塞には田器を備えて、開墾の用意を成している。

地理畫封疆,天文埽寥廓。(正封)

地理上、天子の直轄地と潘鎮との境界を画して、天文においては、大空を払って、妖氛を消滅させるように致したい。

天子憫瘡痍,將軍禁鹵掠。

今の天子は聖明におわす故に、蒼生の創痍に悩むを哀憫せられ、将軍は令を下して、奪掠を禁じる。

策勳封龍,歸獸獲麟脚。(愈)

功勲あるものを策して、諸侯に封じ、猟をした時に麒麟を得るに相違なく、世は追々と太平に復帰することであろう。

藁街【おうがい】鈇鉞【ふえつ】を陳【つら】ね,桃塞【とうさい】錢鎛【せんはく】を興す。

地理 封疆【ほうきょう】を畫す,天文 寥廓【りょうかく】を埽う。(正封)

天子 瘡痍【そうい】を憫【あわれ】み,將軍 鹵掠【ろりゃく】を禁ず。

勳を策して 龍ぜられ,歸獸 麟脚を獲たり。(愈)

 (14)-#12

詰誅敬王怒,給復哀人瘼。

その暴慢を詰責して、誅罰するにあたりては、王の前日の怒りを敬して、みだりにこれを許さず、しかし、人民の止めるものに対しては、同情を表して、租税を免じ、かつこれを使役せぬようにしたい。

澤髮解兜鍪,酡顏傾鑿落。(正封)

将士の凱旋に当たっては、重苦しい兜を脱ぎ棄てて、梳る髪にはつやを生じ、よっては顔を赤くしつつ、杯を傾ける。

安存惟恐晚,洗雪不論昨。

厚生の道によって、人民を安存させることにたいしては、なんの手落ちもなく、速やかに行うべく、既に罪科を洗い清め、翻然として正に復歸したものに対しては、昔日のことを論じない方がよろしいとされる。

暮鳥已安巢,春蠶看滿箔。(愈)

かくのごとくすれば、暮鳥がその巢に帰り、安心するように、銘々落ち着くところを得て、春になれば、蚕を飼って箔上に満ち、次第に殖産の発展を図ることもできるのである。

詰誅【きつちゅう】王の怒を敬【つつし】み,給復 人の瘼【はく】を哀む。

澤髮【たくはつ】兜鍪【とうぼう】をき,酡顏【たがん】鑿落【さくらく】傾く。(正封)

安存【あんそん】惟だ晚からむことを恐れ,洗雪 昨を論ぜず。

暮鳥 已に巢に安んじ,春蠶【しゅんさん】箔に滿つるを看る。(愈)

 (15)-#13

聲明動朝闕,光寵耀京洛。

旁午降絲綸,中堅擁鼓鐸。(正封)

密坐列珠翠,高門塗粉雘。

跋朝賀書飛,塞路歸鞍躍。(愈)

聲明 朝闕を動かし,光寵 京洛に耀【かがや】く。

旁午【ほうご】絲綸【しりん】を降【くだ】し,中堅 鼓鐸【こたく】を擁す。(正封)

密坐【みつざ】珠翠【しゅすい】を列ね,高門 粉雘【ふんわく】を塗る。

朝を跋【こぞ】りて賀書 飛び,路を塞いで歸鞍【きあん】躍る。(愈)

 (16)-#14

魏闕橫雲漢,秦關束巖崿。

拜迎羅櫜鞬,問遺結囊橐。(正封)

江淮永清晏,宇宙重開拓。

是日號升平,此年名作噩。(愈)

魏闕 雲漢に橫わり,秦關【しんかん】巖崿【がんがく】を束【つか】ぬ。

拜迎【はいげい】櫜鞬【こうけん】を羅【つら】ね,問遺【もんい】囊橐【のうたく】結ぶ。(正封)

江淮【こうわい】永く清晏,宇宙 重ねて開拓。

是の日 升平と號し,此の年 作噩【さくがき】と名づく。(愈)

 

杏の白花013 

『晚秋郾城夜會聯句』 現代語訳と訳註

(本文) (14)-#12

詰誅敬王怒,給復哀人瘼。

澤髮解兜鍪,酡顏傾鑿落。(正封)

安存惟恐晚,洗雪不論昨。

暮鳥已安巢,春蠶看滿箔。(愈)

 

 

(下し文) (14)-#12

詰誅【きつちゅう】王の怒を敬【つつし】み,給復 人の瘼【はく】を哀む。

澤髮【たくはつ】兜鍪【とうぼう】をき,酡顏【たがん】鑿落【さくらく】傾く。(正封)

安存【あんそん】惟だ晚からむことを恐れ,洗雪 昨を論ぜず。

暮鳥 已に巢に安んじ,春蠶【しゅんさん】箔に滿つるを看る。(愈)

 

 

(現代語訳)

その暴慢を詰責して、誅罰するにあたりては、王の前日の怒りを敬して、みだりにこれを許さず、しかし、人民の止めるものに対しては、同情を表して、租税を免じ、かつこれを使役せぬようにしたい。

将士の凱旋に当たっては、重苦しい兜を脱ぎ棄てて、梳る髪にはつやを生じ、よっては顔を赤くしつつ、杯を傾ける。

厚生の道によって、人民を安存させることにたいしては、なんの手落ちもなく、速やかに行うべく、既に罪科を洗い清め、翻然として正に復歸したものに対しては、昔日のことを論じない方がよろしいとされる。

かくのごとくすれば、暮鳥がその巢に帰り、安心するように、銘々落ち着くところを得て、春になれば、蚕を飼って箔上に満ち、次第に殖産の発展を図ることもできるのである。

 

 

(訳注) (14)-#12

詰誅敬王怒,給復哀人瘼。

その暴慢を詰責して、誅罰するにあたりては、王の前日の怒りを敬して、みだりにこれを許さず、しかし、人民の止めるものに対しては、同情を表して、租税を免じ、かつこれを使役せぬようにしたい。

・詰誅 詰責して、誅罰する。

・瘼 病,困苦。

 

澤髮解兜鍪,酡顏傾鑿落。(正封)

将士の凱旋に当たっては、重苦しい兜を脱ぎ棄てて、梳る髪にはつやを生じ、よっては顔を赤くしつつ、杯を傾ける。

・澤髮 梳る髪にはつやを生じる。

・兜鍪 かぶと。

・鑿 鑿(のみ)は、木材、石材、金属等に穴を穿ったり、溝を刻んだりするのに用いる工具。

 

安存惟恐晚,洗雪不論昨。

厚生の道によって、人民を安存させることにたいしては、なんの手落ちもなく、速やかに行うべく、既に罪科を洗い清め、翻然として正に復歸したものに対しては、昔日のことを論じない方がよろしいとされる。

 

暮鳥已安巢,春蠶看滿箔。(愈)

かくのごとくすれば、暮鳥がその巢に帰り、安心するように、銘々落ち着くところを得て、春になれば、蚕を飼って箔上に満ち、次第に殖産の発展を図ることもできるのである。

・暮鳥 夕方になって山の巣に帰ることをいう。

・春蠶 春になれば、蚕を飼う。

・滿箔 箔上に満ち、次第に殖産の発展を図る。
甘粛省-嘉峪関