《論佛骨表》(18) 仏がもし霊力があって、禍やたたりをなすことができるならそうなさればよい。およそわざわいがあるということでおとがめがあるならば、私のこの身にお加えなさるがよろしい。


2013年12月24日  の紀頌之5つのブログ
●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場
Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 
LiveDoorブログ
班孟堅(班固)《西都賦》(34)#13-2 文選 賦<112―34>18分割55回 Ⅱ李白に影響を与えた詩988 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3488
●唐を代表する中唐の韓愈の儒家としての考えのよくわかる代表作の一つ
Ⅱ中唐詩・晩唐詩
 
 LiveDoorブログ
《論佛骨表》(18)#11-2韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <901>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3489韓愈詩-227-18
●杜甫の全作品1141首を取り上げて訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"
Ⅲ杜甫詩1000詩集  LiveDoorブログ 729 《花底〔草堂逸詩拾遺〕》 蜀中転々 杜甫 <636>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3490 杜甫詩1000-636-892/1500〔草堂逸詩拾遺-(5)〕
●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている
Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2ブログ 233  《九辯 序文と一段目》 宋玉  kanbuniinkai 紀 頌之の詩詞 fc2ブログ 3491 (12/24)
●●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩
Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoor 9 13 女冠子二首其二 (薛昭蘊)薛侍郎昭蘊ⅩⅫ唐五代詞・「花間集」 Gs-389-9-#13  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3492
 
 ■最近の人気の文・賦・詩・詞(漢詩の5ブログ各部門)
 ■主要詩人の一覧・詩目次・ブログindex
『楚辞・九歌』東君 屈原詩<78-#1>505 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1332http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67664757.html
『楚辞』九辯 第九段―まとめ 宋玉  <00-#35> 664 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2304  http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-rihakujoseishi/archives/6471825.html
安世房中歌十七首(1) 唐山夫人 漢詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67710265.html 
為焦仲卿妻作 序 漢詩<143>古詩源 巻三 女性詩http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67729401.html
於凊河見輓船士新婚別妻一首 曹丕(魏文帝) 魏詩http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67759129.html
朔風 (一章) 曹植 魏詩<25-#1>文選雑詩 上 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67780868.html
謝靈運詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/1901_shareiun000.html 謝靈運詩六朝期の山水詩人。この人の詩は上品ですがすがしい男性的な深みのある詩である。後世に多大な影響を残している。
謝靈運が傲慢で磊落だったというが彼の詩からはそれを感じさせるということは微塵もない。謝靈運、謝朓、孟浩然は好きな詩人である。
登永嘉緑嶂山詩 #1 謝霊運 <20> 詩集 386ーhttp://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67474554.html
登池上樓 #1 謝霊運<25>#1  ー http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67502196.html
孟浩然の詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/209mokonen01.html 孟浩然の詩盛唐初期の詩人であるが謝霊運の詩に傾倒して山水詩人としてとてもきれいな詩を書いている。特に山水画のような病者の中で細やかな部分に動態を感じさせる表現力は素晴らしい。
李商隠詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/3991_rishoin000.html 
李商隠詩 華やかな時はほんの1年余り、残りは不遇であった。それが独特な詩を生み出した。この詩人の詩は物語であり、詩を単発で見ては面白くなく、数編から十数編のシリーズになっているのでそれを尊重して読まれることを進める。
女性詩人 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/0josei00index.html 女性詩人古代から近世に至るまで女性の詩は書くことを許されない環境にあった。貴族の子女、芸妓だけである。残されている詩のほとんどは詞、楽府の優雅、雅なものへの媚の詞である。しかしその中に針のような痛みを感じさせるものがあるのである。
孟郊詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/328_moukou001.html 「文章得其微,物象由我裁。」詩人が作り出す文章は細やかなる描写表現を得ているものだ、万物の事象をも作り出すことさえも詩人自身の裁量でもってするのである。
李商隠詩 http://kanbuniinkai7.dousetsu.com/99_rishoinn150.html Ⅰ李商隠150首
魚玄機 詩 全首130回賦得江邊柳 魚玄機  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-65-1-#五言律詩  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1876
薛濤 詩詞全首100 井梧吟 薛濤 唐五代詞・宋詩 薛濤-136-8-#1  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2227
主に花間集から
温庭筠 70首『菩薩蠻 一』温庭筠  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-1-1-#1 花間集 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1620
韋荘 50首 菩薩蠻 一 韋荘  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩花間集Gs-247-5-#1  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2617
皇甫松 10首 採蓮子二首  其一 皇甫松  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-307-5-#61  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3082
牛嶠  20首 女冠子四首 其一 牛嶠  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-312-5-#66  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3107
『花間集』継続中 
杜甫全詩 韓愈全詩 花間集 古詩源 玉台新詠

 

《論佛骨表》(18)11-2韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <901>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3489韓愈詩-227-18

 

 

(17)11-1

乞以此骨付之有司,投諸水火,

どうかこんな骨は役人に下げ渡されることです、そしてこれを水か火に投げ捨てることです。

根本,斷天下之疑,後代之惑。

これから先、永く仏教がひろく通ずることの根本を絶つこと、天下に欺瞞がひろがることを断絶すること、そして、後世に疑惑が伝わらぬように断つことなのです。

使天下之人,知大聖人之所作為,

天下の人々をして大聖人天子のなされる所は、世の常の人々をはるかに凌いでいるということを知らしめるのです。

出於尋常萬萬也。

天子が上に出ること万々倍の常識であることを知らしめて頂きたい。

豈不盛哉!豈不快哉!

これは何と立派なことではないか。何と心よいことではないか。

 (18)11-2

佛如有靈,能作禍祟,

仏がもし霊力があって、禍やたたりをなすことができるならそうなさればよい。

凡有殃咎,宜加臣身。

およそわざわいがあるということでおとがめがあるならば、私のこの身にお加えなさるがよろしい。

上天鑒臨,臣不怨悔。

上天の神も上からこのわたしを見下ろしておられる。私は臣下として首をはねられても怨んだり悔いたりはいたしません。

無任感激懇悃之至,謹奉表以聞。

私は感激とねんごろなまごころの至りに堪えられないので、謹んでこの上表文を奉り申し上げる、

臣某誠惶誠恐。

誠に申し訳なく誠心誠意申し上げる次第である。

 

泰山の夕日 

『論佛骨表』 現代語訳と訳註

(本文) (18)11-2

佛如有靈,能作禍祟,

凡有殃咎,宜加臣身。

上天鑒臨,臣不怨悔。

無任感激懇悃之至,謹奉表以聞。
臣某誠惶誠恐。

 

(下し文)(佛骨を論ずる表)

(18)11-2

佛如有靈,能作禍祟,

凡有殃咎,宜加臣身。

上天鑒臨,臣不怨悔。

無任感激懇悃之至,謹奉表以聞。
臣某誠惶誠恐。

 

(現代語訳)

仏がもし霊力があって、禍やたたりをなすことができるならそうなさればよい。

およそわざわいがあるということでおとがめがあるならば、私のこの身にお加えなさるがよろしい。

上天の神も上からこのわたしを見下ろしておられる。私は臣下として首をはねられても怨んだり悔いたりはいたしません。

私は感激とねんごろなまごころの至りに堪えられないので、謹んでこの上表文を奉り申し上げる、

誠に申し訳なく誠心誠意申し上げる次第である。

 

(訳注) (18)11-2

佛如有靈,能作禍祟,

仏がもし霊力があって、禍やたたりをなすことができるならそうなさればよい。

有霊 霊力がある。ふしぎな力がある。

禍祟 わぎわいとたたり。

 

凡有殃咎,宜加臣身。

およそわざわいがあるということでおとがめがあるならば、私のこの身にお加えなさるがよろしい。

殃咎 とがめ。わざわい。

 

上天鑒臨,臣不怨悔。

上天の神も上からこのわたしを見下ろしておられる。私は臣下として首をはねられても怨んだり悔いたりはいたしません。

鑒臨 上から照らしのぞむ。

 

無任感激懇悃之至,謹奉表以聞。
私は感激とねんごろなまごころの至りに堪えられないので、謹んでこの上表文を奉り申し上げる、

懇悃 ねんごろなまこと。悃はまごころ。

以聞 申し上げる。上表文につける常用形式語。「いぷん」と読む。

 

臣某誠惶誠恐。

誠に申し訳なく誠心誠意申し上げる次第である。

 

DCF00212 


論佛骨表(2)#1 

臣某言:伏以佛者,夷狄之一法耳,自後漢時流入中國,上古未嘗有也。
《論佛骨表》(1)元和十四年韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <884  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3404韓愈詩-227-1

 (3)#2

昔者黃帝在位百年,年百一十

少昊在位八十年,年百

顓頊在位七十九年,年九十八

帝嚳在位七十年,年百五

帝堯在位九十八年,年百一十八

帝舜及禹,年皆百。此時天下太平,

百姓安樂壽考,然而中國未有佛也。

《論佛骨表》(2)元和十四年韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <885  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3409韓愈詩-227-2
《論佛骨表》(3)元和十四年韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <886  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3414韓愈詩-227-3

#3

其後,殷湯亦年百,湯孫太戊在位七十五年,武丁在位五十九年,書史不言其年壽所極,推其年數,蓋亦俱不減百,周文王年九十七,武王年九十三,穆王在位百年。此時佛法亦未入中國,非因事佛而致然也。

 《論佛骨表》(4)元和十四年韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <887  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3419韓愈詩-227-4

#4

漢明帝時,始有佛法,明帝在位,才十八年耳。其後亂亡相繼,運祚不長。宋、齊、梁、陳、元魏以下,事佛漸謹,年代尤促。惟梁武帝在位四十八年,前後三度舍身施佛,宗廟之祭,不用牲牢,晝日一食,止於菜果。其後竟為侯景所逼,餓死台城,國亦尋滅。事佛求福,乃更得禍。由此觀之,佛不足事,亦可知矣。

《論佛骨表》(5)元和十四年韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <888  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3424韓愈詩-227-5

《論佛骨表》(6)元和十四年韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <889  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3429韓愈詩-227-6ー#4-2 

#5

高祖始受隋禪,則議除之。當時群臣材識不遠,不能深知先王之道、古今之宜,推闡聖明,以救斯弊,其事遂止。臣常恨焉。

《論佛骨表》(7)元和十四年韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <890  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3434韓愈詩-227-7

#6

伏惟睿聖文武皇帝陛下,神聖英武,數千百年已來,未有倫比。即位之初,即不許度人為僧尼、道士,又不許創立寺觀。臣以為高祖之誌,必行於陛下之手,今縱未能即行,豈可恣之轉令盛也!

《論佛骨表》(8)元和十四年韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <891  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3439韓愈詩-227-8

《論佛骨表》(9) #7元和十四年韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <892  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3444韓愈詩-227-9

#7

今聞陛下令群僧迎佛骨於鳳翔,禦樓以觀,舁入大,又令諸寺遞迎供養。臣雖至愚,必知陛下不惑於佛,作此崇奉,以祈福祥也。直以年豐人樂,徇人之心,為京都士庶設詭異之觀,戲玩之具耳。安有聖明若此,而肯信此等事哉!

《論佛骨表》(10)元和十四年韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <893  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3449韓愈詩-227-10

#8然百姓愚冥,易惑難曉,苟見陛下如此,將謂真心事佛。皆云:「天子大聖,猶一心敬信;百姓何人,豈合更惜身命!」焚頂燒指,百十為群,解衣散錢,自朝至暮,轉相仿效。惟恐後時,老少奔波,棄其業次。若不即加禁遏,更曆諸寺,必有斷臂臠身,以為供養者。傷風敗俗,傳笑四方,非細事也。

《論佛骨表》(11)韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <894  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3454韓愈詩-227-11

《論佛骨表》(12)#8-2韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <895  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3459韓愈詩-227-12

#9

夫佛本夷狄之人,與中國言語不通,衣服殊制,口不言先王之法言,身不服先王之法服,不知君臣之義、父子之情。假如其身至今尚在,奉其國命,來朝京師;陛下容而接之,不過宣政一見,禮賓一設,賜衣一襲,衛而出之於境,不令惑眾也。

《論佛骨表》(13)韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <896  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3464韓愈詩-227-13 

《論佛骨表》(14)#9-2韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <897  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3469韓愈詩-227-14

10

況其身死已久,枯朽之骨,凶穢之餘,豈宜令入宮禁?

孔子曰:「敬鬼神而遠之。」古之諸侯行吊於其國,尚令巫祝先以桃茢祓除不祥,然後進吊。今無故取朽穢之物,親臨觀之,巫祝不先,桃茢不用。群臣不言其非,禦史不舉其失,臣實恥之。

《論佛骨表》(15)#10-1韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <898  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3474韓愈詩-227-15 

11 

乞以此骨付之有司,投諸水火,永根本,斷天下之疑,後代之惑。使天下之人,知大聖人之所作為,出於尋常萬萬也。豈不盛哉!豈不快哉!佛如有靈,能作禍祟,凡有殃咎,宜加臣身。上天鑒臨,臣不怨悔。無任感激懇悃之至,謹奉表以聞。
臣某誠惶誠恐。

美女画55101道観