韓愈《贈別元十八協律,六首之一》 歌う時、その声清越、金石より出るがごとくであるが、宮室はただ關鍵によって開かれると同じく、その中にたくわえたものをめったに人の前に広げることがない。されば何人も章甫の冠の貴きをしらず、矢張り役にもたたぬものとして各別じゅう重要視しないが、さすがに、駿馬が一度馳せれば、その蹄は屈曲して高くあがるがごとく、才能の充分あることは、世に認められている。


2014年1月9日  の紀頌之5つのブログ
●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場
Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 
LiveDoorブログ
班孟堅(班固)《東都賦》(2)#1-2 文選 賦<112―50>18分割55回 Ⅱ李白に影響を与えた詩1004 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3568
●唐を代表する中唐の韓愈の儒家としての考えのよくわかる代表作の一つ
Ⅱ中唐詩・晩唐詩
 
 LiveDoorブログ
《贈別元十八協律,六首之一》韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <917>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3569韓愈詩-232-3
●杜甫の全作品1141首を取り上げて訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"
Ⅲ杜甫詩1000詩集  LiveDoorブログ 743廣徳2年764-1 《韋諷錄事宅觀曹將軍畫馬圖-#3》 蜀中転々 杜甫 <652>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3570 杜甫詩1000-652-908/1500
●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている
Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2ブログ
●●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩。唐から五代詩詞。花間集
Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoor 10 -8 臨江仙七首其四 牛學士希濟(牛希濟)ⅩⅫ唐五代詞・「花間集」 Gs-405-10-#8  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3572
 
 ■最近の人気の文・賦・詩・詞(漢詩の5ブログ各部門)
 ■主要詩人の一覧・詩目次・ブログindex
『楚辞・九歌』東君 屈原詩<78-#1>505 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1332http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67664757.html
『楚辞』九辯 第九段―まとめ 宋玉  <00-#35> 664 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2304  http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-rihakujoseishi/archives/6471825.html
安世房中歌十七首(1) 唐山夫人 漢詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67710265.html 
為焦仲卿妻作 序 漢詩<143>古詩源 巻三 女性詩http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67729401.html
於凊河見輓船士新婚別妻一首 曹丕(魏文帝) 魏詩http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67759129.html
朔風 (一章) 曹植 魏詩<25-#1>文選雑詩 上 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67780868.html
謝靈運詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/1901_shareiun000.html 謝靈運詩六朝期の山水詩人。この人の詩は上品ですがすがしい男性的な深みのある詩である。後世に多大な影響を残している。
謝靈運が傲慢で磊落だったというが彼の詩からはそれを感じさせるということは微塵もない。謝靈運、謝朓、孟浩然は好きな詩人である。
登永嘉緑嶂山詩 #1 謝霊運 <20> 詩集 386ーhttp://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67474554.html
登池上樓 #1 謝霊運<25>#1  ー http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67502196.html
孟浩然の詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/209mokonen01.html 孟浩然の詩盛唐初期の詩人であるが謝霊運の詩に傾倒して山水詩人としてとてもきれいな詩を書いている。特に山水画のような病者の中で細やかな部分に動態を感じさせる表現力は素晴らしい。
李商隠詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/3991_rishoin000.html 
李商隠詩 華やかな時はほんの1年余り、残りは不遇であった。それが独特な詩を生み出した。この詩人の詩は物語であり、詩を単発で見ては面白くなく、数編から十数編のシリーズになっているのでそれを尊重して読まれることを進める。
女性詩人 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/0josei00index.html 女性詩人古代から近世に至るまで女性の詩は書くことを許されない環境にあった。貴族の子女、芸妓だけである。残されている詩のほとんどは詞、楽府の優雅、雅なものへの媚の詞である。しかしその中に針のような痛みを感じさせるものがあるのである。
孟郊詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/328_moukou001.html 「文章得其微,物象由我裁。」詩人が作り出す文章は細やかなる描写表現を得ているものだ、万物の事象をも作り出すことさえも詩人自身の裁量でもってするのである。
李商隠詩 http://kanbuniinkai7.dousetsu.com/99_rishoinn150.html Ⅰ李商隠150首
魚玄機 詩 全首130回賦得江邊柳 魚玄機  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-65-1-#五言律詩  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1876
薛濤 詩詞全首100 井梧吟 薛濤 唐五代詞・宋詩 薛濤-136-8-#1  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2227
主に花間集から
温庭筠 70首『菩薩蠻 一』温庭筠  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-1-1-#1 花間集 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1620
韋荘 50首 菩薩蠻 一 韋荘  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩花間集Gs-247-5-#1  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2617
皇甫松 10首 採蓮子二首  其一 皇甫松  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-307-5-#61  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3082
牛嶠  20首 女冠子四首 其一 牛嶠  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-312-5-#66  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3107
『花間集』継続中 
杜甫全詩 韓愈全詩 李白全集 文選 花間集 古詩源 玉台新詠

 

《贈別元十八協律,六首之一》韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <917  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3569韓愈詩-232-3

 

 

作時年:  819  元和十四年  52

卷別: 卷三四一  文體: 五言古詩 

詩題: 贈別元十八協律,六首之一

交遊人物: 元集虛

DCF00212 

 

贈別元十八協律,六首之一

(元君と一緒に詠い、この賦を贈る。六首のその一。)

知識久去眼,吾行其既遠。 

平生から互いに知り合っているという人らは既に、眼中から消え去り、我が旅もすでに遠い所に来ている。

瞢瞢莫訾省,默默但寢飯。 

その間に心はぼんやりとして、思い返してみても、悪口を言った過失というのではない反省するわけでもなく、黙々として、ただ寝たり、食べたりしているだけなのだ。
子兮何為者,冠珮立憲憲。 

君はどんな人なのか、冠と佩をつけていかにもうれしそうな感じでおられる。

何氏之從學,蘭蕙已滿畹。

君はこれまでどんな人のもとで仕えて学ばれていたのか知らないが、蘭惠は既にその艶やかさ一杯に香り立っている。

 

於何玩其光,以至向晚。 

天はよくはれ、その身は修養をよくつまれてその光彩は自然に外に発越し、この年もまさに暮れようとしている荒寒の天地においているようでとても優れて見えるのである。

治惟尚和同,無俟於謇謇。 

そもそも、治をなすには、和光同塵を旨とすべく蹇蹇たる忠貞をうわべに見せつけるようではよろしくない。

或師學賢,不以藝自輓。 

或は、今の世に行われない教学を身に体したような大賢を師とし、もっぱら内を治め、心を練っておられるらしいが、区々たる芸能をもって自ら推挽しない方が良いのだ。

子兮獨如何,能自媚婉娩。 

君は独り如何にあるかということだが.言貌ともに優しく、ことさら異を立てず、世間並みにしてえらく見せないようにできるのか。

 

金石出聲音,宮室發關楗。 

されば、時あって歌う時、その声清越、金石より出るがごとくであるが、宮室はただ關鍵によって開かれると同じく、その中にたくわえたものをめったに人の前に広げることがない。

何人識章甫,而知駿蹄踠。 

されば何人も章甫の冠の貴きをしらず、矢張り役にもたたぬものとして各別じゅう重要視しないが、さすがに、駿馬が一度馳せれば、その蹄は屈曲して高くあがるがごとく、才能の充分あることは、世に認められている。

惜乎吾無居,不得留息偃。 

惜しむらくは、我々今、旅中の身で、御逃すまいというものもないから、君を留めてゆっくり休息せしめ、そして教えを受けることもできない。

臨當背面時,裁詩示繾綣。 

そこで、別れをなし、面をそむけむとするに際し、特に詩を作って君に贈り、もって繾綣の情思を致すしだいである。

 

#1

知識 久しく眼を去り,吾行 其れ既に遠し。 

瞢瞢【ほうほう】として訾省【しせい】する莫く,默默として但だ寢飯す。 

子や何為る者ぞ,冠珮【かんび】立って憲憲たり。 

何の氏にか從って學べる,蘭蕙【らんけい】已に畹【えん】に滿つ。

#2

於【ここ】に何んぞ其の光を玩【もてあそ】んで,以て晚に向うに至れりや 

治は惟だ和同を尚【たっと】ぶ,謇謇【けんけん】に俟【ま】つ無し。 

或いは學の賢を師とし以藝をって自ら輓【ひ】かず。 

子や獨り如何【いかん】,能く自ら媚びて婉娩【えんべん】たり。 

#3

金石 聲音を出し,宮室 關楗【かんけん】發【ひら】く。 

何人か章甫【しょうほ】を識らん,而も駿蹄【しゅんてい】の踠【あが】くを知る。 

惜いかな 吾に居無く,留めて息偃【そくえん】せしむるを得ず。 

背面の時に當るに臨み,詩を裁して繾綣【けんけん】を示す。 

 

 泰山の夕日


『贈別元十八協律,六首之一』 現代語訳と訳註

(本文)

金石出聲音,宮室發關楗。 

何人識章甫,而知駿蹄踠。 

惜乎吾無居,不得留息偃。 

臨當背面時,裁詩示繾綣。 

 

(下し文)

#3

金石 聲音を出し,宮室 關楗【かんけん】發【ひら】く。 

何人か章甫【しょうほ】を識らん,而も駿蹄【しゅんてい】の踠【あが】くを知る。 

惜いかな 吾に居無く,留めて息偃【そくえん】せしむるを得ず。 

背面の時に當るに臨み,詩を裁して繾綣【けんけん】を示す。

(現代語訳)

されば、時あって歌う時、その声清越、金石より出るがごとくであるが、宮室はただ關鍵によって開かれると同じく、その中にたくわえたものをめったに人の前に広げることがない。

されば何人も章甫の冠の貴きをしらず、矢張り役にもたたぬものとして各別じゅう重要視しないが、さすがに、駿馬が一度馳せれば、その蹄は屈曲して高くあがるがごとく、才能の充分あることは、世に認められている。

惜しむらくは、我々今、旅中の身で、御逃すまいというものもないから、君を留めてゆっくり休息せしめ、そして教えを受けることもできない。

そこで、別れをなし、面をそむけむとするに際し、特に詩を作って君に贈り、もって繾綣の情思を致すしだいである。

 

(訳注)

贈別元十八協律,六首之一  #3

(元君と一緒に詠い、この賦を贈る。六首のその一。)

○元十八 この人物の経歴は分からないとされている。この詩は韓愈が潮州に流され、その赴く途中にこの人物と出会い、そして別れる際に、賦して贈ったものである。

ただ、現在では『白樂天集』に元十八集虛というのが見え、桂林の伯で桂管觀察使で裴行としていた人物であろうといわれている。

 

金石 聲音 ,宮室 關楗

されば、時あって歌う時、その声清越、金石より出るがごとくであるが、宮室はただ關鍵によって開かれると同じく、その中にたくわえたものをめったに人の前に広げることがない。

「聲音」時あって歌う時、その声清越。

「關楗」閂。

 

何人 章甫 ,而知 駿蹄

されば何人も章甫の冠の貴きをしらず、矢張り役にもたたぬものとして各別じゅう重要視しないが、さすがに、駿馬が一度馳せれば、その蹄は屈曲して高くあがるがごとく、才能の充分あることは、世に認められている。

「章甫」殷代の冠の名。「章甫を資して越に適く」 道理にはずれた行為や見当違いなことをするたとえで、あるところでは必要なものでも、所によっては不必要とされるたとえで。程度の低いものには高尚なことは理解できないことのたとえにもいう。章甫の冠を売ろうとして、冠などかぶらない越の国へ行く意味から。「章甫」殷代の冠の名。

 

惜乎 吾無 ,不得 息偃

惜しむらくは、我々今、旅中の身で、御逃すまいというものもないから、君を留めてゆっくり休息せしめ、そして教えを受けることもできない。

「息偃」安息,休息。詩経·小雅·北山或息偃在牀,或不已於行。」(或は息偃として牀に在り,或は行に已まず。)

 

臨當 背面 ,裁詩 繾綣

そこで、別れをなし、面をそむけむとするに際し、特に詩を作って君に贈り、もって繾綣の情思を致すしだいである。

「背面」面をそむける。

「裁詩」文藝、文體、詩をつくる。

「繾綣」男女の仲が固く結ばれた,離れ難い繾綣之情固い愛のきずな.。
2潮州広東00