韓愈《別趙子》#4 人の心は、基より同じものではない、また、一理を以て区割するわけにいかない。それぞれの持っている志、勤めにしたがって、その天職を全うすればそれでよいのである。何も、互いに賢愚、良し悪しと甲乙を分けてこれを用いることなどないのである。


2014年2月12日 の紀頌之5つのブログ
●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場
Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 
LiveDoorブログ
張平子(張衡)《西京賦》(1) 文選 賦<114―(1)>31分割68回 Ⅱ李白に影響を与えた詩1038 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3738
●唐を代表する中唐の韓愈の儒家としての考えのよくわかる代表作の一つ
Ⅱ中唐詩・晩唐詩
 
 LiveDoorブログ
《別趙子》#4韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <951>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3739韓愈詩-246
●杜甫の全作品1141首を取り上げて訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"
Ⅲ杜甫詩1000詩集  LiveDoorブログ 廣徳2年764-27 《草堂 #6》 ふたたび成都 杜甫<667> 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3740 杜甫詩1000-667-942/1500 761
●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている
Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2ブログ 283 《遊城南十六首:贈同遊》 韓愈 kanbuniinkai 紀 頌之の詩詞 fc2ブログ 3741 (02/12)
●●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩。唐から五代詩詞。花間集
Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoor 12 -12 天仙子二首 其一 和學士凝(和凝【わぎょう】)二十首ⅩⅫ唐五代詞・「花間集」 Gs-439-12-#12  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3742
 
 ■最近の人気の文・賦・詩・詞(漢詩の5ブログ各部門)
 ■主要詩人の一覧・詩目次・ブログindex
『楚辞・九歌』東君 屈原詩<78-#1>505 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1332http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67664757.html
『楚辞』九辯 第九段―まとめ 宋玉  <00-#35> 664 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2304  http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-rihakujoseishi/archives/6471825.html
安世房中歌十七首(1) 唐山夫人 漢詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67710265.html 
為焦仲卿妻作 序 漢詩<143>古詩源 巻三 女性詩http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67729401.html
於凊河見輓船士新婚別妻一首 曹丕(魏文帝) 魏詩http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67759129.html
朔風 (一章) 曹植 魏詩<25-#1>文選雑詩 上 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67780868.html
謝靈運詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/1901_shareiun000.html 謝靈運詩六朝期の山水詩人。この人の詩は上品ですがすがしい男性的な深みのある詩である。後世に多大な影響を残している。
謝靈運が傲慢で磊落だったというが彼の詩からはそれを感じさせるということは微塵もない。謝靈運、謝朓、孟浩然は好きな詩人である。
登永嘉緑嶂山詩 #1 謝霊運 <20> 詩集 386ーhttp://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67474554.html
登池上樓 #1 謝霊運<25>#1  ー http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67502196.html
孟浩然の詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/209mokonen01.html 孟浩然の詩盛唐初期の詩人であるが謝霊運の詩に傾倒して山水詩人としてとてもきれいな詩を書いている。特に山水画のような病者の中で細やかな部分に動態を感じさせる表現力は素晴らしい。
李商隠詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/3991_rishoin000.html 
李商隠詩 華やかな時はほんの1年余り、残りは不遇であった。それが独特な詩を生み出した。この詩人の詩は物語であり、詩を単発で見ては面白くなく、数編から十数編のシリーズになっているのでそれを尊重して読まれることを進める。
女性詩人 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/0josei00index.html 女性詩人古代から近世に至るまで女性の詩は書くことを許されない環境にあった。貴族の子女、芸妓だけである。残されている詩のほとんどは詞、楽府の優雅、雅なものへの媚の詞である。しかしその中に針のような痛みを感じさせるものがあるのである。
孟郊詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/328_moukou001.html 「文章得其微,物象由我裁。」詩人が作り出す文章は細やかなる描写表現を得ているものだ、万物の事象をも作り出すことさえも詩人自身の裁量でもってするのである。
李商隠詩 http://kanbuniinkai7.dousetsu.com/99_rishoinn150.html Ⅰ李商隠150首
魚玄機 詩 全首130回賦得江邊柳 魚玄機  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-65-1-#五言律詩  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1876
薛濤 詩詞全首100 井梧吟 薛濤 唐五代詞・宋詩 薛濤-136-8-#1  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2227
主に花間集から
温庭筠 70首『菩薩蠻 一』温庭筠  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-1-1-#1 花間集 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1620
韋荘 50首 菩薩蠻 一 韋荘  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩花間集Gs-247-5-#1  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2617
皇甫松 10首 採蓮子二首  其一 皇甫松  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-307-5-#61  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3082
牛嶠  20首 女冠子四首 其一 牛嶠  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-312-5-#66  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3107
『花間集』継続中 
杜甫全詩 韓愈全詩 李白全集 文選 花間集 古詩源 玉台新詠

 

《別趙子》#4韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <951  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3739韓愈詩-246

 

 

作時年: 819  元和十四年  52

卷 別: 卷三四一  文體: 五言古詩 

詩 題: 別趙子〔趙子名德,潮州人。愈刺潮,德攝海陽尉,督州學生徒,愈移袁州,欲與俱,不可,詩以別之。〕 

作地點: 揭陽(嶺南道東部 / 潮州 / 揭陽) 〔揭陽,漢縣,屬南海郡,至唐為湘州。〕

及地點:  揭陽 (嶺南道東部 潮州 揭陽) ・袁州 (江南西道 袁州 袁州) 別名:宜春 【袁州。】    

交遊人物/地點: 趙德當地交遊(嶺南道東部 潮州 揭陽)

 

杏の花0055 

別趙子

(趙德君と別れる)

〔趙子名德,潮州人。愈刺潮,德攝海陽尉,督州學生徒,愈移袁州,欲與俱,不可,詩以別之。〕

(趙子 名は德,潮州の人。愈 潮の刺たりしとき,德 海陽尉を攝し,州學の生徒を督す。 愈 袁州に移るとき,與に俱せんと欲すも,「可ならず」,詩以て之と別る。)

我遷於揭陽,君先揭陽居。

私が初めて潮州に左遷された時、君はそれに先立って、掲揚にいた。

揭陽去京華,其里萬有餘。

潮州は長安を去ること、万里以上もあり、まことに僻遠の偏地である。

不謂小郭中,有子可與

そんな小さな城郭の中に、君のごとく共に語るに足る人がいることは、まことに予想せぬことである。

心平而行高,兩通詩與書。

心を平穏にして行いを高くするそして、詩経と書経の両經に精通していて、立派に学問の根底ができている。

#2

婆娑海水南,簸弄明月珠。

而も大海に面した南の僻地に婆娑としてうろついていて、名月の真珠の様な才徳をただもてあそんでおられる。

及我遷宜春,意欲攜以俱。

ところが今や、我々は、兗州に量移されたことにより、君を携え、一緒にその地に行こうと思ったのだ。

擺頭笑且言,我豈不足歟。

ところが君は、首を横に振って笑いながら言ったことは「現在のわれわれの職は格別なものではありません。自分にとっては採るに足らないものでしかないのです。」

又奚為於北,往來以紛如。

「また、どうして、わざわざ北に向かって往来し、その上、身を粉にするめんどうなことを致さねばならないのか。」

(自分は欲得づくではなく、甘んじてこの地方の教育に従事し、それでこの一生を終えたとしても良いと考えており、他の場所に移ろうとは思わないのです。)

#3

海中諸山中,幽子頗不無。

この大海に面した潮州の近隣の諸山中には高士の隠遁者が随分いるという。
相期風濤觀,已久不可渝。

この者たちがここの海上の風濤を見学しようと約束したこともある。それも既久しく歳月を経過したしたのであるが、高士のものとの約束というのは決して反故にすることはないのである。

又嘗疑龍蝦,果誰雄牙鬚。

それから、ここ潮州には、また、様々な海産物があって、その中でも龍蝦は牙鬚の雄大なるを以て、誰もが承知していることなのである。

蚌蠃魚鱉蟲,瞿瞿以狙狙。

その他、上は貝類、エビなど虫偏の甲殻類、から魚や亀類に至るものが、ククとして寄り、ソソとして集まっているところなのだ。

#4

識一已忘十,大同細自殊。

これらのことを調べかけたのであるが、一を知った時にはもう十のことを忘れてしまうし、大筋のことが同じであっても、細かい所では全く異なっているのは自ずからわかっているつもりであった。

欲一窮究之,時屢謝除。

だから、ぜひ、いちいち、心行くまで調べたいと思っていたのだが、歳月がしばしば移ってしまったのである。

今子南且北,豈非亦有圖。

しかし、君は一度南下して、この潮州に来られ、まだ一年もたっていないというのに、北に向かい、兗州に遷られるというのである。そのことはご自分にこの潮州の教育水準を揚げたいという意図があって北に行きたくないといわれるのは理解できることである。

人心未嘗同,不可一理區。

なるほど人の心は、基より同じものではない、また、一理を以て区割するわけにいかない。

宜各從所務,未用相賢愚。 

それぞれの持っている志、勤めにしたがって、その天職を全うすればそれでよいのである。何も、互いに賢愚、良し悪しと甲乙を分けてこれを用いることなどないのである。

 

(趙子に別る)

(趙子 名は德,潮州の人。愈 潮の刺たりしとき,德 海陽尉を攝し,州學の生徒を督す。 愈 袁州に移るとき,與に俱せんと欲すも,「可ならず」,詩以て之と別る。)

 

我れ揭陽【けいよう】に遷り,君は先づ揭陽に居る。

揭陽 京華を去る,其の里 萬有う餘。

謂わざりき小郭の中,子が與にしむ可き有らんとは

心 平らかにして行い高し,兩つながら詩と書とに通ず。

 

海水の南に婆娑とし,明月の珠を簸弄【はろう】す

我が宜春【ぎしゅん】に遷るに及び,意 攜えて以って俱にせんと欲す。

頭を擺って笑い且つう言,我 豈に足らざらん歟【や】。

又 奚【なん】ぞ北に為さん,往來 以て紛如【ふんじょ】たり。

 

海中 諸山の中,幽子 頗ぶる無きにあらず。

風濤の觀を相い期し,已に久しくして渝【かわ】る可からず。

又 嘗て疑う 龍蝦【りょうか】,果して誰か牙鬚【がしゅ】に雄なる。

蚌蠃【ぼうら】魚鱉【ぎょべつ】の蟲【ちゅう】,瞿瞿【くく】以て狙狙【そそ】たり。

 

一を識って已に十を忘る,大は同じゅうして細は自ら殊【こと】なれり。

一たび之を窮究せんと欲す,時 【しばし】ば謝除【しゃじょ】す。

今 子 南し且つ北す,豈に亦た圖ること有るに非らざらんや。

人心 未だ嘗て同じからず,一理もて區す可からず。

宜しく各【おのお】の務むる所に從うべく,未だ相い賢愚【けんぐ】するを用いず。 

toujidaimap 

 

『別趙子』 現代語訳と訳註

(本文) #4#4

識一已忘十,大同細自殊。

欲一窮究之,時屢謝除。

今子南且北,豈非亦有圖。

人心未嘗同,不可一理區。

宜各從所務,未用相賢愚。 

 

(下し文)

一を識って已に十を忘る,大は同じゅうして細は自ら殊【こと】なれり。

一たび之を窮究せんと欲す,時 屢【しばし】ば謝除【しゃじょ】す。

今 子 南し且つ北す,豈に亦た圖ること有るに非らざらんや。

人心 未だ嘗て同じからず,一理もて區す可からず。

宜しく各【おのお】の務むる所に從うべく,未だ相い賢愚【けんぐ】するを用いず。 

 

(現代語訳)

これらのことを調べかけたのであるが、一を知った時にはもう十のことを忘れてしまうし、大筋のことが同じであっても、細かい所では全く異なっているのは自ずからわかっているつもりであった。

だから、ぜひ、いちいち、心行くまで調べたいと思っていたのだが、歳月がしばしば移ってしまったのである。

しかし、君は一度南下して、この潮州に来られ、まだ一年もたっていないというのに、北に向かい、兗州に遷られるというのである。そのことはご自分にこの潮州の教育水準を揚げたいという意図があって北に行きたくないといわれるのは理解できることである。

なるほど人の心は、基より同じものではない、また、一理を以て区割するわけにいかない。

それぞれの持っている志、勤めにしたがって、その天職を全うすればそれでよいのである。何も、互いに賢愚、良し悪しと甲乙を分けてこれを用いることなどないのである。

 

DCF00212 

(訳注) #4

別趙子

(趙德君と別れる)

趙子 趙德に當たる。蘇東坡『潮州韓文公廟碑』に進士とあるから、郷貢進士であったひと。

 

識一 已忘 ,大同 自殊

これらのことを調べかけたのであるが、一を知った時にはもう十のことを忘れてしまうし、大筋のことが同じであっても、細かい所では全く異なっているのは自ずからわかっているつもりであった。

 

欲一 窮究 之,時 屢謝除

だから、ぜひ、いちいち、心行くまで調べたいと思っていたのだが、歳月がしばしば移ってしまったのである。

 

今子 且北 ,豈非 亦有

しかし、君は一度南下して、この潮州に来られ、まだ一年もたっていないというのに、北に向かい、兗州に遷られるというのである。そのことはご自分にこの潮州の教育水準を揚げたいという意図があって北に行きたくないといわれるのは理解できることである。

「南」南の潮州に来たこと。。

「北」北の兗州に赴任すること

「豈非」是非。

「圖」この潮州の教育水準を揚げたいという意図。 

 

人心 未嘗 同,不可 一理 區。

なるほど人の心は、基より同じものではない、また、一理を以て区割するわけにいかない。

「一理」一つの真理と思える理屈、理論。

 

 宜各從所務,未用 相賢愚

それぞれの持っている志、勤めにしたがって、その天職を全うすればそれでよいのである。何も、互いに賢愚、良し悪しと甲乙を分けてこれを用いることなどないのである。

「賢愚」賢愚、良し悪しとなんでも甲乙に分けること。
韓愈の地図01