(南渓は終南山のふもとにあって、そこに始めて舟を浮かべて遊んだ時、この詩を作った三首の一)南渓は終南山のふもとにあって、そこに始めて舟を浮かべて遊んだ、棹さして流れを遡り、上り上ぼって行って引き返すことができなくなった。

 
 2014年8月8日の紀頌之5つのブログ 
 ●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場 
 Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 
LiveDoorブログ
52 《古風,五十九首之五十二》Index-7Ⅱ― 3-728年開元十六年28歳69古風,五十九首之二十六碧荷生幽泉, <52> Ⅰ李白詩1215 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ4623 
 孟浩然 詩 index李白詩index謝霊運 詩 index司馬相如 《 子虛賦 ・上林賦 》揚雄 《 甘泉賦 》 ●諸葛亮(孔明)出師表 
 曹植(曹子建)詩 65首 index文選 賦)兩都賦序・西都賦・東都賦 (班固)《李白 全詩》
  総合案内
(1)漁父辞 屈原『楚辞・九歌』東君 屈原《楚辞 『九辯』》 宋玉  <案内> 
 ●唐を代表する 中唐 韓愈 全500首  
 Ⅱ中唐詩・晩唐詩
  LiveDoorブログ
425 《南溪始泛,三首之一》韓愈(韓退之)ID Index-14-504 Ⅱ韓昌黎集index-14 823年長慶3年 56歳~824年長慶4年 57歳<1128>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ4624韓愈詩-425 
 ・李商隠詩 (1) 136首の75首・李商隠詩 (2) 135首の61首●韓愈index-1 ・孟郊、張籍と交遊・汴州乱41首●韓愈詩index-2[800年 33歳~804年 37歳]27首●韓愈詩index-3 805年 38歳・]陽山から江陵府 36首●韓愈詩index-4 806年 39歳 江陵府・権知国子博士 51首(1)25首 
 index-5 806年39歳 50首の(2)25首index-6[807年~809年 42歳]20首index-7[810年~811年 44歳] 34首index-8 [812年~814年47歳]46首index-9[815年~816年 49歳] 57首index-10[817年~818年 51歳]・「平淮西碑」28首 
 index-11 819年 52歳 ・『論佛骨表』左遷 38首index-12 820年 53歳 ・9月國子祭酒に。18首index-13 821年~822年 55歳 22首index-14 823年~824年 57歳・病気のため退職。没す。 14首韓愈 哲学・儒学「五原」賦・散文・上奏文・碑文など 
 孟郊張籍     
 ●杜甫の全作品1500首を取り上げて訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。" 
 Ⅲ杜甫詩全1500首   LiveDoorブログ廣徳2年764-86 《嚴鄭公宅同詠竹【案:得香字。】》 杜甫index-14 764年 杜甫<788> 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ4625 杜甫詩1500-788-1096/2500廣徳2年764-86 
 杜甫詩(1)736~751年 青年期・李白と交遊期・就活の詩 53首杜甫詩(2)752年~754年、43歳 73首(青年期・就活の詩) 杜甫詩(3)755年~756年、45歳 安史の乱に彷徨う 26首杜甫詩(4)作時757年、46歳 安史軍捕縛、脱出、左拾遺 43首杜甫詩(5)758年;乾元元年、47歳 左拾遺、朝廷疎外、左遷 53首杜甫詩 (6)759年;乾元二年、48歳 三吏三別 官を辞す 44首 
 杜甫詩(7)759年;乾元二年、48歳 秦州抒情詩 66首杜甫詩(8)作時759年、48歳 秦州発、同谷紀行、成都紀行 36首杜甫詩(9)760年;上元元年、49歳 成都浣花渓草堂 45首杜甫詩(10)761年;上元二年、50歳 成都浣花渓草堂 82首杜甫詩(11)762年寶應元年 杜甫51歳  浣花渓草堂~蜀中転々 43首杜甫詩(12)762年寶應元年 杜甫51歳 蜀中転々 49首 
 ●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている 
 Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2ブログ460 韓昌黎集 巻五 393 《送張侍郎》韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <834>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3154韓愈詩-206 韓愈kanbuniinkai 紀 頌之の詩詞 fc2ブログ 4626 (08/08) 
        
 ●花間集全詩●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩。唐から五代詩詞。花間集 
 Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoor9-433《柳含煙四首其四》毛文錫Ⅻ唐五代詞・『花間集』全詩訳注解説Gs-616-9-(433) 五巻漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ4627 
 薛濤の全詩花間集(1)花間集(2)花間集(3)花間集(4)花間集(5) 
 魚玄機全詩●花間集(6)●花間集(7)●花間集(8)●花間集(9)●花間集(10) 
 温庭筠66首 花間集1・2巻皇甫松11首 花間集二巻韋莊47首 花間集二巻薛昭蘊19首 花間集三巻牛嶠31首 花間集三・四巻張泌27首 花間集四巻 
 毛文錫31首 花間集5巻牛希濟11首 花間集5巻欧陽烱17首 花間集5・6巻和凝20首 花間集6巻顧夐56首 花間集6・7巻孫光憲47首 花間集7・8巻 
 魏承班15首 花間集8・9巻鹿虔扆6首 花間集9巻閻選8首 花間集9巻尹鶚6首 花間集9巻毛熙震29首 花間集9・10巻李珣39首 花間集10巻 
  ■最近Best5 賦・詩・詞(漢詩4ブログ各部門)漢詩総合サイト 07ch 
 杜甫全詩案内韓愈全詩案内李白全集文選古詩源花間集案内 
 
 

425 《南溪始泛,三首之一》韓愈(韓退之)ID Index-14-504 Ⅱ韓昌黎集index-14 823年長慶3年 56歳~824年長慶4年 57歳<1128>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ4624韓愈詩-425

 

 

韓愈の晩年

824年、長慶四年、五十七歳。この年、長男の梨が進士に及第した。昶はすでに二十六歳、父の及第した年よりも一年遅れたわけである。

 

正月、穆宗が死んだ。穆宗も不死の薬を服用していたので、その副作用が死期を早めたのだという。帝位を継いだ敬宗はまだ十六歳である。李達吉の勢力は増大し、李紳はカを失った。

 

二月、李紳が左遷される。若い皇帝は宦官たちと撃毯(ポロのようなスポーツ)や狩猟にふけって、政務をかえりみない。

 

四月には宮廷内に勤務する染物職人が易者にそそのかされ、仲間とともに武器を持って宮中に乱入するという事件が起った。撃毯に興じていた敬宗はあわてて逃げ出し、染物屋たちは宮殿を占拠して宴会を始めた。たわいもない反乱だが、一時は大騒ぎになり、禁軍の兵士が出動して、夜になってからようやく鎮圧した。しかし、これら一連の事件も、もはや韓愈とはほとんど無関係であった。彼の健康はまったく衰えていたのである。

 

八月、吏部侍郎を辞職し(百日間の休暇をとったのだともいう)、長安城南の別荘で静養を始めた。この月に書かれた「正議大夫尚書左丞孔君墓誌銘」(韓文三三)が、制作時期を知り得る彼の散文のうち、最後の作品である。

 

一生の間世俗に反抗し、いつも誰かと喧嘩をしていた彼は、ここに始めて平和な晩年を味わう機会を持った。別荘に移ったばかりのころらしいが、ちょうど見舞いに来た門人の張籍とともに、附近の谷川に舟を浮かべて遊んだこともある。その時の「南渓に始めて浮ぶ」と題する三首の五言古詩(韓昌黎集巻七)は次の通り。

 

 

製作年:824年長慶四年57

卷別:  卷三四二        文體:  五言古詩

     韓昌黎集 巻七

詩題:  南溪始泛,三首之一

作地點:        長安(京畿道 / 京兆府 / 長安)

 

 

南溪始泛,三首之一

(南渓は終南山のふもとにあって、そこに始めて舟を浮かべて遊んだ時、この詩を作った三首の一)

榜舟南山下,上上不得返。

南渓は終南山のふもとにあって、そこに始めて舟を浮かべて遊んだ、棹さして流れを遡り、上り上ぼって行って引き返すことができなくなった。

幽事隨去多,孰能量近遠。

行けばいくほど面白く風流な趣が加わる時は、路が遠かろうが、近かろうが、頭から考えることなど全くない。

陰沈過連樹,藏昂抵橫阪。

そのあいだは陰沈としてうすぐらい林のつづく中を過ぎることもあり、道は幾たびか高く低くつらなる斜面にぶつかった。

石粗肆磨礪,波惡厭牽挽。

渓中の岩がごつごつとして、それらは存分にとぎすまされ、さか立つ流れをどこまでも舟を引いて上ぼる厭になるほど骨が折れることだ。

#2

或倚偏岸漁,竟就平洲飯。

點點暮雨飄,梢梢新月偃。

餘年懍無幾,休日愴已晚。

自是病使然,非由取高蹇。

 

(南渓に始めて泛ぶ三首、其の一)

舟を榜【さ】す 南山の下、上り上って返ることを得ず。

幽事 去るに随って多く、孰か能く近遠を量らん。

陰沈として連樹を過ぎ、蔵昂として横坂に抵る。

石は粗にして磨礪を肆にし、波は悪くしして牽挽に厭く。

 

或るいは偏岸に倚りて漁し、竟に平洲に就いて飯す。

点点として暮雨 飄り、梢梢として新月 偃す。

余年 幾ばくも無きを懍れ、休日 己に晩きことを愴う。

自ら是れ 病い 然らしむ、高蹇を取るに由るには非ず。

 

長安付近図00 

『南溪始泛,三首之一』 現代語訳と訳註

(本文)#1

南溪始泛,三首之一

榜舟南山下,上上不得返。

幽事隨去多,孰能量近遠。

陰沈過連樹,藏昂抵橫阪。

石粗肆磨礪,波惡厭牽挽。

 

(含異文)     

榜舟南山下【榜舟南溪上】,上上不得返。

幽事隨去多【幽尋事隨去】,孰能量近遠。

陰沈過連樹,藏昂抵橫阪。

石粗肆磨礪,波惡厭牽挽。

 

或倚偏岸漁,竟就平洲飯。

點點暮雨飄,梢梢新月偃。

餘年懍無幾,休日愴已晚。

自是病使然,非由取高蹇【非由取高謇】。

 

(下し文)

(南渓に始めて泛ぶ三首、其の一)

舟を榜【さ】す 南山の下、上り上って返ることを得ず。

幽事 去るに随って多く、孰か能く近遠を量らん。

陰沈として連樹を過ぎ、蔵昂として横坂に抵る。

石は粗にして磨礪を肆にし、波は悪くしして牽挽に厭く。

 

 

(現代語訳)

(南渓は終南山のふもとにあって、そこに始めて舟を浮かべて遊んだ時、この詩を作った三首の一)

南渓は終南山のふもとにあって、そこに始めて舟を浮かべて遊んだ、棹さして流れを遡り、上り上ぼって行って引き返すことができなくなった。

行けばいくほど面白く風流な趣が加わる時は、路が遠かろうが、近かろうが、頭から考えることなど全くない。

そのあいだは陰沈としてうすぐらい林のつづく中を過ぎることもあり、道は幾たびか高く低くつらなる斜面にぶつかった。

渓中の岩がごつごつとして、それらは存分にとぎすまされ、さか立つ流れをどこまでも舟を引いて上ぼる厭になるほど骨が折れることだ。

 

(訳注) #1

南溪始泛,三首之一

(南渓は終南山のふもとにあって、そこに始めて舟を浮かべて遊んだ時、この詩を作った三首の一)

○南溪始泛 南渓は、長安の南、終南山にある渓谷。韓愈は、五十七歳になった長慶四年(八二四年)夏、病気で休暇を願い、長安の南の郊外にある別荘で養生することにしたが、休暇期間がおわり、長安の邸宅に帰って、その年十二月二日薨った。この詩は、南郊に養生中、作られたもので、韓愈の絶筆であるといわれる。

 

榜舟南山下,上上不得返。

南渓は終南山のふもとにあって、そこに始めて舟を浮かべて遊んだ、棹さして流れを遡り、上り上ぼって行って引き返すことができなくなった。

○榜 舟をこいだりさおさしたりして進めること。

○南山 長安の南にある山脈。終南山。

南山詩 韓退之(韓愈)詩<63-#20>Ⅱ中唐詩396 

城南聯句 韓愈・孟郊 聯句<64-#1>Ⅱ中唐詩397 

遊城南十六首:賽神 韓愈(韓退之) <169>Ⅱ中唐詩780 

遊城南十六首:題于賓客莊 韓愈(韓退之) <170>Ⅱ中唐詩781 

遊城南十六首:晚春 韓愈(韓退之) <171>Ⅱ中唐詩782 

遊城南十六首:落花 韓愈(韓退之) <172>Ⅱ中唐詩783 

遊城南十六首:楸樹,二首之一 韓愈(韓退之) <173>Ⅱ中唐詩784 

城南十六首:楸樹,二首之二 韓愈(韓退之) <174>Ⅱ中唐詩785 

遊城南十六首:風折花枝 韓愈(韓退之) <175>Ⅱ中唐詩786 

遊城南十六首:贈同遊 韓愈(韓退之) <176>Ⅱ中唐詩787 

遊城南十六首:贈張十八助教 韓愈(韓退之) <177>Ⅱ中唐詩788 

遊城南十六首:題韋氏莊 韓愈(韓退之) <178>Ⅱ中唐詩789 

遊城南十六首:晚雨 韓愈(韓退之) <179>Ⅱ中唐詩790 

遊城南十六首:出城 韓愈(韓退之) <180>Ⅱ中唐詩791 

遊城南十六首:把酒 韓愈(韓退之) <181>Ⅱ中唐詩792 

遊城南十六首:嘲少年 韓愈(韓退之) <182>Ⅱ中唐詩793 

遊城南十六首:楸樹 韓愈(韓退之) <183>Ⅱ中唐詩794 

遊城南十六首:遣興 韓愈(韓退之) <184>Ⅱ中唐詩795 

395-1 《南山有高樹行贈李宗閔》韓愈(韓退之) Ⅱ韓昌黎集 巻五 <1036  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ4164韓愈詩-395-1

nanda019 

幽事隨去多,孰能量近遠。

行けばいくほど面白く風流な趣が加わる時は、路が遠かろうが、近かろうが、頭から考えることなど全くない。

○幽事 人気をはなれた風流な趣き。

 

陰沈過連樹,藏昂抵橫阪。

そのあいだは陰沈としてうすぐらい林のつづく中を過ぎることもあり、道は幾たびか高く低くつらなる斜面にぶつかった。

○連樹 つづいている林。その状態が陰沈なのである。

〇歳昂.低くかくれたり高くそびえ立ったりしているさま。でこぼこしている。

○横坂 横ざまにつっ立った斜面ということであろう。

 

石粗肆磨礪,波惡厭牽挽。

渓中の岩がごつごつとして、それらは存分にとぎすまされ、さか立つ流れをどこまでも舟を引いて上ぼる厭になるほど骨が折れることだ。

○像ごつごつしている。

○磨礪 磨も礪も、とぎすますこと。

○牽挽 舟を引っ張ること。
終南山06