韓愈《知音者誠希》(送別に際していう、君のような親友(・知己・恋人)というものは本当にいないものである)

 
 2014年11月2日の紀頌之5つのブログ 
 ●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場 
 Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 
LiveDoorブログ
121 《越女詞,五首之五》李白index- 6 《726年開元十四年26歳》 襄陽・荊州・武昌・漢口・洞庭湖・金陵・揚州と遊ぶ。 <121> Ⅰ李白詩1301 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ5053 
 孟浩然 詩 index李白詩index謝霊運 詩 index司馬相如 《 子虛賦 ・上林賦 》揚雄 《 甘泉賦 》 ●諸葛亮(孔明)出師表 
 曹植(曹子建)詩 65首 index文選 賦)兩都賦序・西都賦・東都賦 (班固)《李白 全詩》
  総合案内
(1)漁父辞 屈原『楚辞・九歌』東君 屈原《楚辞 『九辯』》 宋玉  <案内> 
 ●唐を代表する 中唐 韓愈 全500首  
 Ⅱ中唐詩・晩唐詩
 
 LiveDoorブログ
23 《知音者誠希》韓愈(韓退之)ID 798年貞元14年 31歳<1214> Ⅱ韓昌黎集 巻五 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ5054韓愈詩-23
 ・李商隠詩 (1) 136首の75首・李商隠詩 (2) 135首の61首●韓愈index-1 ・孟郊、張籍と交遊・汴州乱41首●韓愈詩index-2[800年 33歳~804年 37歳]27首●韓愈詩index-3 805年 38歳・]陽山から江陵府 36首●韓愈詩index-4 806年 39歳 江陵府・権知国子博士 51首(1)25首 
 index-5 806年39歳 50首の(2)25首index-6[807年~809年 42歳]20首index-7[810年~811年 44歳] 34首index-8 [812年~814年47歳]46首index-9[815年~816年 49歳] 57首index-10[817年~818年 51歳]・「平淮西碑」28首 
 index-11 819年 52歳 ・『論佛骨表』左遷 38首index-12 820年 53歳 ・9月國子祭酒に。18首index-13 821年~822年 55歳 22首index-14 823年~824年 57歳・病気のため退職。没す。 14首韓愈 哲学・儒学「五原」賦・散文・上奏文・碑文など 
 孟郊張籍     
 ●杜甫の全作品1500首を取り上げて訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。" 
 Ⅲ杜甫詩全1500首   LiveDoorブログ765年永泰元年54歲-62 《草堂逸詩拾遺。去蜀》 杜甫index-15 杜甫<862> 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ5055 
 杜甫詩(1)736~751年 青年期・李白と交遊期・就活の詩 53首杜甫詩(2)752年~754年、43歳 73首(青年期・就活の詩) 杜甫詩(3)755年~756年、45歳 安史の乱に彷徨う 26首杜甫詩(4)作時757年、46歳 安史軍捕縛、脱出、左拾遺 43首杜甫詩(5)758年;乾元元年、47歳 左拾遺、朝廷疎外、左遷 53首杜甫詩 (6)759年;乾元二年、48歳 三吏三別 官を辞す 44首 
 杜甫詩(7)759年;乾元二年、48歳 秦州抒情詩 66首杜甫詩(8)作時759年、48歳 秦州発、同谷紀行、成都紀行 36首杜甫詩(9)760年;上元元年、49歳 成都浣花渓草堂 45首杜甫詩(10)761年;上元二年、50歳 成都浣花渓草堂 82首杜甫詩(11)762年寶應元年 杜甫51歳  浣花渓草堂~蜀中転々 43首杜甫詩(12)762年寶應元年 杜甫51歳 蜀中転々 49首 
 ●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている 
 Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2ブログ 
        
 ●花間集全詩●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩。唐から五代詩詞。花間集 
 Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoor20-519《南鄉子十首,其二》十巻 李珣Ⅻ唐五代詞・『花間集』全詩訳注解説Gs-702-20-(519) 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ5057 
 薛濤の全詩花間集(1)花間集(2)花間集(3)花間集(4)花間集(5) 
 魚玄機全詩●花間集(6)●花間集(7)●花間集(8)●花間集(9)●花間集(10) 
 温庭筠66首 花間集1・2巻皇甫松11首 花間集二巻韋莊47首 花間集二巻薛昭蘊19首 花間集三巻牛嶠31首 花間集三・四巻張泌27首 花間集四巻 
 毛文錫31首 花間集5巻牛希濟11首 花間集5巻欧陽烱17首 花間集5・6巻和凝20首 花間集6巻顧夐56首 花間集6・7巻孫光憲47首 花間集7・8巻 
 魏承班15首 花間集8・9巻鹿虔扆6首 花間集9巻閻選8首 花間集9巻尹鶚6首 花間集9巻毛熙震29首 花間集9・10巻李珣39首 花間集10巻 
  ■最近Best5 賦・詩・詞(漢詩4ブログ各部門)漢詩総合サイト 07ch 
 杜甫全詩案内韓愈全詩案内李白全集文選古詩源花間集案内 
 
 

23 《知音者誠希》韓愈(韓退之)ID  798年貞元14年 31歳<1214 Ⅱ韓昌黎集 巻五 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ5054韓愈詩-23

 

 

年:       貞元十四年

寫作時間:           798

寫作年紀:           31

卷別:    卷三四五              文體:    五言

詩題:    知音者誠希【見《外集》、《遺集》。】

 

 

知音者誠希

(送別に際していう、君のような親友(・知己・恋人)というものは本当にいないものである)

知音者誠希,念子不能別。

世に知音のものは誠に稀であって、君のようにわが心の底まで知り抜いているものは、ほかには全くいないから、君を思って、ここに別れを為すことはできない。

行行天未曉,攜酒踏明月。

そこで未だ夜が開けていないうちに君を送り出すこととして、酒を携えて明月の差し込む道を踏みつつ、行き行きて留まるところを知らないというほどなのである。

 

(知音の者は誠に希れなり)

知音の者は誠に希れなり,子を念うて別るる能わず。

行行 天 未だ曉ならず,酒を攜えて明月を踏む。

 

BlogPaint 

『知音者誠希』 現代語訳と訳註解説

(本文)

知音者誠希

知音者誠希,念子不能別。

行行天未曉,攜酒踏明月。

 

 

(下し文)

(知音者誠希)

知音の者は誠に希れなり,子を念うて別るる能わず。

行行 天 未だ曉ならず,酒を攜えて明月を踏む。

 

(現代語訳)

(送別に際していう、君のような親友(・知己・恋人)というものは本当にいないものである)

世に知音のものは誠に稀であって、君のようにわが心の底まで知り抜いているものは、ほかには全くいないから、君を思って、ここに別れを為すことはできない。

そこで未だ夜が開けていないうちに君を送り出すこととして、酒を携えて明月の差し込む道を踏みつつ、行き行きて留まるところを知らないというほどなのである。

終南山06 

 (訳注)

知音者誠希

(送別に際していう、君のような親友(・知己・恋人)というものは本当にいないものである)

送別の詩であるが、詩中起首一句を題に替える。この四句は一気呵成に詠み、前区が熟語のように送別に利用された素晴らしい句である。

知音 《中国の春秋時代、琴の名人伯牙は親友鍾子期が亡くなると、自分の琴の音を理解する者はもはやいないと愛用していた琴の糸を切って再び弾じなかったという「列子」湯問などの故事から》

互いによく心を知り合った友。親友。「年来の―」

知り合い。知己。「―を頼る」

恋人となること。また、恋人。なじみの相手。

 

知音者誠希,念子不能別。

世に知音のものは誠に稀であって、君のようにわが心の底まで知り抜いているものは、ほかには全くいないから、君を思って、ここに別れを為すことはできない。

 

行行天未曉,攜酒踏明月。

そこで未だ夜が開けていないうちに君を送り出すこととして、酒を携えて明月の差し込む道を踏みつつ、行き行きて留まるところを知らないというほどなのである。

 

知音について 

『烈子・湯問』

伯牙鼓琴、鍾子期聴之。

方鼓琴而志在太山、鍾子期曰、

「善哉乎、鼓琴。巍巍乎若太山。」

少選之間、而志在流水、鍾子期又曰、

「善哉乎、鼓琴。湯湯乎若流水。」

鍾子期死。伯牙破琴絶絃、終身不復鼓琴。

以為世無足復為鼓琴者。

伯牙 琴を鼓し、鍾子期 之を聴く。

琴を鼓するに方たりて、志太山に在り。鐘子期曰はく、

「善きかな、琴を鼓すること。巍巍乎(ぎぎこ)として太山のごとし」と。

少選の間にして、志 流水に在り。鐘子期又曰はく、

「善きかな、琴を鼓すること。湯湯乎(しゃしゃうこ)として流水のごとし。」と。」

鐘子期死す。伯牙 琴を破り絃を断ち、終身復た琴を鼓せず。

以為(おも)へらく世に復た為に琴を鼓するに足る者無しと。

 

呂氏春秋

鍾子期死。伯牙破琴絶絃、終身不復鼓琴。

以為世無知音為鼓琴者。

鐘子期死す。伯牙 琴を破り絃を断ち、終身復た琴を鼓せず。

以為(おも)へらく世に知音者無しと。

 

文選・古詩

「不愁歌者苦、但傷知音希。」愁えず、歌うものはなやみ、知音の者は誠に希れなるを傷む。,