《遠遊聯句〔韓愈、李、孟郊〕》#7そんなことで行き、まじりけがなく,濃くのある酒を飲み、聖明の時代に対してもてはやされることであるが、このような蛮族の生臭い食事を味わうようなことはご容赦願いたいものと願っているところである。

 
 2014年11月9日の紀頌之5つのブログ 
 ●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場 
 Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 
LiveDoorブログ
126 《峴山懷古》Index-7 Ⅱ―2 727年開元十五年27歳 6首 安陸を中心に35歳まで約十年遊ぶ。<126> Ⅰ李白詩1308 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ5088 
 孟浩然 詩 index李白詩index謝霊運 詩 index司馬相如 《 子虛賦 ・上林賦 》揚雄 《 甘泉賦 》 ●諸葛亮(孔明)出師表 
 曹植(曹子建)詩 65首 index文選 賦)兩都賦序・西都賦・東都賦 (班固)《李白 全詩》
  総合案内
(1)漁父辞 屈原『楚辞・九歌』東君 屈原《楚辞 『九辯』》 宋玉  <案内> 
 ●唐を代表する 中唐 韓愈 全500首  
 Ⅱ中唐詩・晩唐詩
 
 LiveDoorブログ
24-7 《遠遊聯句〔韓愈、李翱、孟郊〕》韓愈(韓退之)ID 798年貞元14年 31歳<1221> Ⅱ韓昌黎集 巻五 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ5089 
 ・李商隠詩 (1) 136首の75首・李商隠詩 (2) 135首の61首●韓愈index-1 ・孟郊、張籍と交遊・汴州乱41首●韓愈詩index-2[800年 33歳~804年 37歳]27首●韓愈詩index-3 805年 38歳・]陽山から江陵府 36首●韓愈詩index-4 806年 39歳 江陵府・権知国子博士 51首(1)25首 
 index-5 806年39歳 50首の(2)25首index-6[807年~809年 42歳]20首index-7[810年~811年 44歳] 34首index-8 [812年~814年47歳]46首index-9[815年~816年 49歳] 57首index-10[817年~818年 51歳]・「平淮西碑」28首 
 index-11 819年 52歳 ・『論佛骨表』左遷 38首index-12 820年 53歳 ・9月國子祭酒に。18首index-13 821年~822年 55歳 22首index-14 823年~824年 57歳・病気のため退職。没す。 14首韓愈 哲学・儒学「五原」賦・散文・上奏文・碑文など 
 孟郊張籍     
 ●杜甫の全作品1500首を取り上げて訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。" 
 Ⅲ杜甫詩全1500首   LiveDoorブログ766年大暦元年55歲-2-1 《杜鵑 -#1》 杜甫index-15 杜甫<865ー#1> 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ5090 
 杜甫詩(1)736~751年 青年期・李白と交遊期・就活の詩 53首杜甫詩(2)752年~754年、43歳 73首(青年期・就活の詩) 杜甫詩(3)755年~756年、45歳 安史の乱に彷徨う 26首杜甫詩(4)作時757年、46歳 安史軍捕縛、脱出、左拾遺 43首杜甫詩(5)758年;乾元元年、47歳 左拾遺、朝廷疎外、左遷 53首杜甫詩 (6)759年;乾元二年、48歳 三吏三別 官を辞す 44首 
 杜甫詩(7)759年;乾元二年、48歳 秦州抒情詩 66首杜甫詩(8)作時759年、48歳 秦州発、同谷紀行、成都紀行 36首杜甫詩(9)760年;上元元年、49歳 成都浣花渓草堂 45首杜甫詩(10)761年;上元二年、50歳 成都浣花渓草堂 82首杜甫詩(11)762年寶應元年 杜甫51歳  浣花渓草堂~蜀中転々 43首杜甫詩(12)762年寶應元年 杜甫51歳 蜀中転々 49首 
 ●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている 
 Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2ブログ553 韓昌黎集 巻五  《孟生詩【孟先生詩】》韓愈(韓退之)  kanbuniinkai 紀 頌之の詩詞 fc2ブログ 5091 (11/09) 
        
 ●花間集全詩●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩。唐から五代詩詞。花間集 
 Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoor20-526《南鄉子十首,其九》十巻 李珣Ⅻ唐五代詞・『花間集』全詩訳注解説Gs-709-20-(526) 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ5092 
 薛濤の全詩花間集(1)花間集(2)花間集(3)花間集(4)花間集(5) 
 魚玄機全詩●花間集(6)●花間集(7)●花間集(8)●花間集(9)●花間集(10) 
 温庭筠66首 花間集1・2巻皇甫松11首 花間集二巻韋莊47首 花間集二巻薛昭蘊19首 花間集三巻牛嶠31首 花間集三・四巻張泌27首 花間集四巻 
 毛文錫31首 花間集5巻牛希濟11首 花間集5巻欧陽烱17首 花間集5・6巻和凝20首 花間集6巻顧夐56首 花間集6・7巻孫光憲47首 花間集7・8巻 
 魏承班15首 花間集8・9巻鹿虔扆6首 花間集9巻閻選8首 花間集9巻尹鶚6首 花間集9巻毛熙震29首 花間集9・10巻李珣39首 花間集10巻 
  ■最近Best5 賦・詩・詞(漢詩4ブログ各部門)漢詩総合サイト 07ch 
 杜甫全詩案内韓愈全詩案内李白全集文選古詩源花間集案内 
 

24-7 《遠遊聯句〔韓愈、李、孟郊〕》韓愈(韓退之)ID  798年貞元14年 31歳<1221 Ⅱ韓昌黎集 巻五 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ5089

韓愈詩-24-7

 

 

#6

楚些待誰弔,賈辭緘恨投。

しかし、江南は瘴癘の地で、決して永住すべきところではなく、魂魄の離散するのを弔ってあげるのに誰が楚辞の「楚些」のうたを作るのであろうか。そういう人もいないので、死後において、賈誼が屈原を弔ったように恨みを竹簡に包みこんでくれたところで、何の役にも立たない。

翳明弗可曉,祕魂安所求。

自分たちもまた、屈原のように、自らその明を掩うてしまえば、人を諭すどころではなく、魂が一たび幽暗のなかに秘められたなら、それでおしまいであり、その上何を求めるということもできないのである。

氣毒放逐域,蓼雜芳菲疇。

どうせ放逐された人の行く区域であるから、瘴癘の毒気が蔓延していて、蛮人の群がる中でに、自分が一人行くのは、蓼が、芳しい花畑の中交じっているように思われて、無論他人扱いされるに相違ないのである。

當春忽淒涼,不枯亦颼

その地は気候の激変する常としており、春にあたって、忽ち凄涼の様相となり満願の草木、未だに枯れてはいない中に、風は颼の響きを成している。

#7

貉謠眾猥款,巴語相咿

貉族の歌は何やら頻りに悲しむことが多く集まったようで、巴国の言葉は、その場所場所において違っていて、どれが正しいのかわからないのである。

默誓去外俗,嘉願還中州。

自分は黙然として、心に誓い、ここの地方の風俗に同化されることなく、そうして、この国の中心に帰りたいと願うことを喜びとしているのである。

江生行既樂,躬輦自相戮。

その時、長江に春水が生じたならば、舟で旅を進めるのが楽しいものだし、何も自分で力を合わせて輦車をおしていくことはないのである。

飲醇趣明代,味腥謝荒陬〔孟郊。〕

そんなことで行き、まじりけがなく,濃くのある酒を飲み、聖明の時代に対してもてはやされることであるが、このような蛮族の生臭い食事を味わうようなことはご容赦願いたいものと願っているところである。〔ここまで#6・#7孟郊〕#6

楚些【そさ】誰が弔いを待たん,賈辭 恨を緘みて投ず。

明を翳【かざ】して曉【さと】す可からず,祕魂【ひこん】安んぞ求むる所あらん。

氣は放逐の域に毒し,蓼は芳菲の疇に雜わる。

春に當って忽ち淒涼し,枯れずして 亦た颼【しゅうりゅう】す

#7

貉謠【はくよう】眾く猥款【わいあい】し,巴語 相い咿【いゆう】す

默誓【もくせい】外俗を去り,嘉願 中州に還る。

江生 行 既に樂み,輦を躬【みずから】して自ら相い戮【あ】わす。

醇を飲んで明代に趣き,腥を味うて荒陬【こうしゅ】を謝す。:〔孟郊。〕

 

云亭 

『遠遊聯句〔韓愈、李、孟郊〕』 現代語訳と訳註解説

(本文) #7

貉謠眾猥款,巴語相咿

默誓去外俗,嘉願還中州。

江生行既樂,躬輦自相戮。

飲醇趣明代,味腥謝荒陬。〔孟郊。〕

 

(下し文)

貉謠【はくよう】眾く猥款【わいあい】し,巴語 相い咿【いゆう】す。

默誓【もくせい】外俗を去り,嘉願 中州に還る。

江生 行 既に樂み,輦を躬【みずから】して自ら相い戮【あ】わす。

醇を飲んで明代に趣き,腥を味うて荒陬【こうしゅ】を謝す。:〔孟郊。〕

 

(現代語訳)

貉族の歌は何やら頻りに悲しむことが多く集まったようで、巴国の言葉は、その場所場所において違っていて、どれが正しいのかわからないのである。

自分は黙然として、心に誓い、ここの地方の風俗に同化されることなく、そうして、この国の中心に帰りたいと願うことを喜びとしているのである。

その時、長江に春水が生じたならば、舟で旅を進めるのが楽しいものだし、何も自分で力を合わせて輦車をおしていくことはないのである。

そんなことで行き、まじりけがなく,濃くのある酒を飲み、聖明の時代に対してもてはやされることであるが、このような蛮族の生臭い食事を味わうようなことはご容赦願いたいものと願っているところである。〔ここまで#6・#7孟郊〕

 

唐時代 韓愈関連05三峡 巫山十二峰001 

(訳注) #7

(遠遊聯句)

(江南に赴任する孟郊と韓愈・李翺の送別の聯句。)

○遠遊 元和三年、孟郊が溧陽尉に任ぜられて、江南に赴任するということで、孟郊20韻を中心にして、韓愈19韻、李翺1韻を聯句とした。孟郊が遠方にしか赴任する所がなく、ふてくされているのを慰めるための聯句ということである。

 

貉謠眾猥款,巴語相咿

貉族の歌は何やら頻りに悲しむことが多く集まったようで、巴国の言葉は、その場所場所において違っていて、どれが正しいのかわからないのである。

貉謠 貉族の歌。貉族とは北方族,中国文明の最早者であると傳えられ,貉,又た貊をされた,あるいはまた、濊貉と称せられた。

巴語相咿 巴国の言葉は、その相応した場所において違っていて、どれが正しいのかわからないのである。

 

默誓去外俗,嘉願還中州。

自分は黙然として、心に誓い、ここの地方の風俗に同化されることなく、そうして、この国の中心に帰りたいと願うことを喜びとしているのである。

 

江生行既樂,躬輦自相戮。

その時、長江に春水が生じたならば、舟で旅を進めるのが楽しいものだし、何も自分で力を合わせて輦車をおしていくことはないのである。

躬輦自相戮 何も自分で力を合わせて輦車をおしていくことはないのである。

戮 1 切り殺す。「殺戮・誅戮(ちゅうりく)2 力を合わせる。「戮力」

 

飲醇趣明代,味腥謝荒陬。 〔孟郊。〕

そんなことで行き、まじりけがなく,濃くのある酒を飲み、聖明の時代に対してもてはやされることであるが、このような蛮族の生臭い食事を味わうようなことはご容赦願いたいものと願っているところである。〔ここまで#6・#7孟郊〕

 まじりけがなく,こくのある酒。