韓愈《讀巻04-14 送孟東野序 -(4)§1-4四時の推し遣り地位を代わり奪う変化は、それこそかならず陰気と陽気の平均を得ないものがあるのであろうか。その不平の気が鳥虫風胃を借りて表れるのである。

 

 
 2015年2月11日の紀頌之5つのブログ 
 ●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場 
 Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 
LiveDoorブログ
177-#4 《巻20-36 登廣武古戰場懷古 -#4》Index-11 Ⅱ―6 -731年開元十九年31歳 43首 <177-#4> Ⅰ李白詩1397 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ5533 
 孟浩然 詩 index李白詩index謝霊運 詩 index司馬相如 《 子虛賦 ・上林賦 》揚雄 《 甘泉賦 》 ●諸葛亮(孔明)出師表 
 曹植(曹子建)詩 65首 index文選 賦)兩都賦序・西都賦・東都賦 (班固)《李白 全詩》
  総合案内
(1)漁父辞 屈原『楚辞・九歌』東君 屈原《楚辞 『九辯』》 宋玉  <案内> 
 ●唐を代表する 中唐 韓愈 全500首  
 Ⅱ中唐詩・晩唐詩
  LiveDoorブログ
35-(4) 《讀巻04-14 送孟東野序 -(4)§1-4》韓愈(韓退之)ID 801年貞元17年 35歳<1310> Ⅱ唐宋八大家文読本 巻三 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ5534 
 ・李商隠詩 (1) 136首の75首・李商隠詩 (2) 135首の61首●韓愈index-1 ・孟郊、張籍と交遊・汴州乱41首●韓愈詩index-2[800年 33歳~804年 37歳]27首●韓愈詩index-3 805年 38歳・]陽山から江陵府 36首●韓愈詩index-4 806年 39歳 江陵府・権知国子博士 51首(1)25首 
 index-5 806年39歳 50首の(2)25首index-6[807年~809年 42歳]20首index-7[810年~811年 44歳] 34首index-8 [812年~814年47歳]46首index-9[815年~816年 49歳] 57首index-10[817年~818年 51歳]・「平淮西碑」28首 
 index-11 819年 52歳 ・『論佛骨表』左遷 38首index-12 820年 53歳 ・9月國子祭酒に。18首index-13 821年~822年 55歳 22首index-14 823年~824年 57歳・病気のため退職。没す。 14首韓愈 哲学・儒学「五原」賦・散文・上奏文・碑文など 
 孟郊張籍     
 ●杜甫の全作品1500首を訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。" 
 Ⅲ杜甫詩全1500首   LiveDoorブログ766年大暦元年55歲-36-#1奉節-26-#1 《巻15-65 種萵苣 -#1》 杜甫index-15 杜甫<898> 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ5510 
 杜甫詩(1)736~751年 青年期・李白と交遊期・就活の詩 53首杜甫詩(2)752年~754年、43歳 73首(青年期・就活の詩) 杜甫詩(3)755年~756年、45歳 安史の乱に彷徨う 26首杜甫詩(4)作時757年、46歳 安史軍捕縛、脱出、左拾遺 43首杜甫詩(5)758年;乾元元年、47歳 左拾遺、朝廷疎外、左遷 53首杜甫詩 (6)759年;乾元二年、48歳 三吏三別 官を辞す 44首 
 杜甫詩(7)759年;乾元二年、48歳 秦州抒情詩 66首杜甫詩(8)作時759年、48歳 秦州発、同谷紀行、成都紀行 36首杜甫詩(9)760年;上元元年、49歳 成都浣花渓草堂 45首杜甫詩(10)761年;上元二年、50歳 成都浣花渓草堂 82首杜甫詩(11)762年寶應元年 杜甫51歳  浣花渓草堂~蜀中転々 43首杜甫詩(12)762年寶應元年 杜甫51歳 蜀中転々 49首 
 ●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている 
 Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2ブログ 
        
 ●花間集全詩●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩。唐から五代詩詞。花間集 
 Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoor『花間集』全詩訳注解説(改訂版)-67-2皇甫松1《巻2-17 天仙子二首其一》皇甫松12首巻二17-〈67〉漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ-5537 
 薛濤の全詩花間集(1)花間集(2)花間集(3)花間集(4)花間集(5) 
 魚玄機全詩●花間集(6)●花間集(7)●花間集(8)●花間集(9)●花間集(10) 
 温庭筠66首 花間集1・2巻皇甫松11首 花間集二巻韋莊47首 花間集二巻薛昭蘊19首 花間集三巻牛嶠31首 花間集三・四巻張泌27首 花間集四巻 
 毛文錫31首 花間集5巻牛希濟11首 花間集5巻欧陽烱17首 花間集5・6巻和凝20首 花間集6巻顧夐56首 花間集6・7巻孫光憲47首 花間集7・8巻 
 魏承班15首 花間集8・9巻鹿虔扆6首 花間集9巻閻選8首 花間集9巻尹鶚6首 花間集9巻毛熙震29首 花間集9・10巻李珣39首 花間集10巻 
  ■最近Best5 賦・詩・詞(漢詩4ブログ各部門)漢詩総合サイト 07ch 
 杜甫全詩案内韓愈全詩案内李白全集文選古詩源花間集案内 
 
 

35-(4) 《讀巻04-14 送孟東野序 -(4)§1-4》韓愈(韓退之)ID  801年貞元17 35歳<1310> Ⅱ唐宋八大家文読本 巻三 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ5534韓愈詩-35-(4)

 

 

孟郊は、貞元十五年七九九春、汴州をはなれて蘇州各地をめぐり、十六年、五十歳で、はじめて溧陽県の尉に任命され赴任した。溧陽は、いまの江蘇省の南京から約百キロメートル東南のまちで、尉は、警察部長にあたる。県令の季操は官僚肌の男で、孟郊の学問や詩業など眼中になかった。孟郊は、老いた母親まで呼びよせて、しばらく落ちつくつもりだったが、805年永貞元年ついに母を常州の属邑義興にうつし、元和元年、職をもとめて、単身、長安に上って来た。韓愈が帰って来たときには、ほぼ新しい職のめどもついていたのである。

かれらにとっては、四、五年ぶりの再会であった。話題が豊富であった。ほとんど毎晩のように寄り合い、酒をくみ、別れていた間の出来事を語りあい、詩をよせあった。そして、多くの聯句を残した。

 

 

《讀巻04-14 送孟東野序》

送孟東野序   (1)§1-1

(江蘇省の溧陽県の尉となって赴任する孟東野に不平の心があるのを慰めるために、この序を贈った。)

大凡物不得其平則鳴。

およそ物は平常の状態を得ないときには鳴る。

草木之無聲,風撓之鳴;

草木のように声のないものでも、風がこれをたわませると鳴る。

水之無聲,風蕩之鳴。

水のように声の無いものも風がこれをゆり動かせば鳴る。

其躍野,或激之;

水が躍り上がるのは、水が流れゆく、往く手にものがあってこれに打ち当たるためである。

其趨也,或梗之;

水が急にとび出すのは、これを梗(ふさ)ぐものがあるからである。

其沸也,或炙之。

水が沸きたぎるのは、これを火にあぶり熱するものがあるからである。

 (2)§1-2

金石之無聲,或擊之鳴;

金や石の声のないものも、これを打つことあれば鳴るのである。

人之於言也亦然。

人間の言語の場合もまたそうである。

有不得已者而後言,

心に平常の状態を失って、やめることができないわけがあって、その後、はじめてものをいうのである。

其謌也有思,其哭也有懷。

人が歌うのは心に思い求めるものがあるからである。人が声をあげて泣くのは、心に慕わしく思うことがあるからである。

凡出乎口而為聲者,其皆有弗平者乎?

およそ口から音声をなすのは、それはみな心に平らかでないものがあるのであろうかと思う。

 (3)§1-3

樂也者,鬱於中而泄於外也,

音楽というものは、情が心中にふさがって、それが外にもれるものである。

擇其善鳴者,而假之鳴。

その場合、善く鳴る楽器を択んで、これを借りて鳴り、表現するのである。

金、石、絲、竹、匏、土、革、木八者,物之善鳴者也。

金(鐘)・石(磬)・糸(絃楽器)・竹(管楽器)・匏(ひさご瓜のふえ)・土(つちぶえ)・革(鼓)・木(木琴や敔の類)の八つのものは、器物の中で最も善く鳴るものである。

(4)§1-4

維天之於時也亦然,擇其善鳴者而假之鳴;

是故以鳥鳴春,以雷鳴夏,

以蟲鳴秋,以風鳴冬。

四時之相推,其必有不得其平者乎!

 

(1)§1-1

大凡そ物其の平を得ざれは則ち鳴る。

草木の聲無きも、風之を撓ませば鳴る。

水の聾無きも、風之を蕩せば鳴る。

其の躍るや之を激す或ればなり。

共の趨るや之を梗ぐ或ればなり。

其の沸くや之を炙る或ればなり。

 

(2)§1-2

金石の聾無きも、之を撃つ或れは鳴る。

人の言に於けるや亦然り。

已むを得ざる者有って而る後に言ふ。

其の歌ふや思ふこと有ればなり。

其の突するや懐ふこと有ればなり。

凡そ口より肝でて聾を馬す者は、其れ皆平かならざる者有るか。

 

(3)§1-3

欒なる者は、中に鬱がつて外に泄るる者なり。

其の善く鳴る者を拝んで、之を慣りて鳴る。

金・石・蘇・竹・鞄・土・草・木の八つの者は、物の善く鳴る者なり。

 

(4)§1-4

維れ天の時に於けるや亦然り。

其の善く鳴る者を揮んで、之を慣りて鳴る。

是の故に鳥を以て春に鳴り、寓を以て夏に鳴り、轟を以て秋に鳴り、風を以て冬に鳴る。

四時の相推勉すること、其れ必ず其の平を得ざる者有るか。

 

 

《讀巻04-14 送孟東野序》

『送孟東野序』 現代語訳と訳註解説
(
本文)

4)§1-4

維天之於時也亦然,擇其善鳴者而假之鳴;

是故以鳥鳴春,以雷鳴夏,

以蟲鳴秋,以風鳴冬。

四時之相推,其必有不得其平者乎!


(下し文)
(4)§1-4

維れ天の時に於けるや亦然り。

其の善く鳴る者を揮んで、之を慣りて鳴る。

是の故に鳥を以て春に鳴り、寓を以て夏に鳴り、轟を以て秋に鳴り、風を以て冬に鳴る。

四時の相推勉すること、其れ必ず其の平を得ざる者有るか。

(現代語訳)
さて天が四季において意をあらわす場合もまた同様である。その善く鳴る者を択んで之を借りて鳴るのである。

この故に鳥をもって春に鳴り、雷を以て夏に鳴る。

虫を以て秋に鳴り、風を以て冬に鳴る。

四時の推し遣り地位を代わり奪う変化は、それこそかならず陰気と陽気の平均を得ないものがあるのであろうか。その不平の気が鳥虫風胃を借りて表れるのである。



(訳注) 4)§1-4

《讀巻04-14 送孟東野序》

(江蘇省の溧陽県の尉となって赴任する孟東野に不平の心があるのを慰めるために、この序を贈った。)

東野のことは《讀巻03-09 與孟東野書》「孟東野に与ふる書」参照。34 《讀巻03-09 與孟東野書》韓愈(韓退之)ID 800年貞元16年 34歳<1300 Ⅱ唐宋八大家文読本 巻三 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ5484

 

 

維天之於時也亦然,擇其善鳴者而假之鳴;

さて天が四季において意をあらわす場合もまた同様である。その善く鳴る者を択んで之を借りて鳴るのである。

 

是故以鳥鳴春,以雷鳴夏,

この故に鳥をもって春に鳴り、雷を以て夏に鳴る。

 

以蟲鳴秋,以風鳴冬。

虫を以て秋に鳴り、風を以て冬に鳴る。

 

四時之相推,其必有不得其平者乎!

四時の推し遣り地位を代わり奪う変化は、それこそかならず陰気と陽気の平均を得ないものがあるのであろうか。その不平の気が鳥虫風胃を借りて表れるのである。

 【スヰダツ】は強いて取るで、奪に同じ。推移して地位を代わり奪う。春夏秋冬の気の推移と支配のことをいう。