807-07元和二年40歳《嘲鼾睡,二首之二#1》 

 

 

2018215

の紀頌之"6"つの校注Blog

747-0ⅲ【字解集】9.採蓮曲 10.-14.越女詞五首

嘲鼾睡,二首之二#1

耳聾

臨江仙三首其一

#1 雜詩五首其四

字解集】41.寄子安42.送別 外–A

李白詩

韓愈詩

杜甫詩

花間集

玉臺新詠

古代史女性論

 

 

2018215

の紀頌之"6"つの校注Blog

10年のBLOGの集大成

   李白総合案内

 

●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」。、現在、①李白集校注詩全詩、②昌黎先生集全40巻他全詩、③杜詩詳注、④花間集、⑤玉臺新詠、⑥薛濤詩 全訳注解説

Ⅰ李白詩(李白集校注)      LiveDoor

747-0ⅲ【字解集】9.採蓮曲 10.-14.越女詞五首漢文委員会kanbuniinkai 紀 頌之の李白詩訳注解説Blog10100

Ⅱ韓昌黎詩集・文集校注      LiveDoor

807年-07元和二年40歳《嘲鼾睡,二首之二#1》 Ⅱ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之Blog10107

Ⅲ 杜詩詳注                  LiveDoor

767年-214 耳聾(卷二○(四)一七八四)注(1232)生年鶡冠子 Ⅲ 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ10074

杜甫詩 全詩 総合案内 

Ⅳブログ詩集漢・唐・宋詞  fc2Blog

花間集 訳注解説 (373)回目顧巻七32臨江仙三首其一》 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ10103 (02/15)

.唐五代詞詩・女性・玉臺新詠     Livedoor

巻三-38-#1 雜詩五首其四代靑靑河畔草〔劉 鑠〕 Ⅴ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の玉臺新詠巻二ブログ 10083

Ⅵ唐代女性論ブログ唐代女性論

九、集-09【字解集】 41.寄子安 42.送別 43.迎李近仁員外 44.送別 45.左名場自澤州至京,使人傳語 46.和人次韻 47.折楊柳   魚玄機 漢文委員会kanbuniinkai 紀 頌之 ブログ10098 –A

杜甫全詩案内

韓愈全詩案内

李白全集

李白詩のサイト

古詩源

花間集案内

漢詩・唐詩・宋詩研究

http://kanbunkenkyu.web.fc2.com/

807-07元和二年40歳《嘲鼾睡,二首之二#1》 Ⅱ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之Blog10107

(澹師という僧侶が眠る時に鼾ををかくので、その日も昼寝をしたときにいびきをかいたので、それをあざけってうたったもの。)その二

澹公が日頃横になる時、長時間眠ると、隠れるところがありはしない。
私はかつてその声を聴いている、深く聞きこむと五臓六腑を破損するかと思うのだ。
それは、黄河が洪水の水と渇水にもてあそばれているのであり、その水を閊えたり、滑らかでないようであり、へたな洪水の神を連ねたようである。

 

 

 

 

韓昌黎集 補遺 《嘲鼾睡二首》

 

 

 

 

 

《嘲鼾睡二首其一》 

全唐詩 卷345_12 -1

韓愈全集校注 〔一〕四二六

韓昌黎集 

嘲鼾睡二首其一 #1

澹師晝睡時,聲氣一何猥。頑飆吹肥脂,坑穀相嵬磊。 

雄哮乍咽,每發壯益倍。

#2

有如阿鼻屍,長喚忍眾罪。 馬牛驚不食,百鬼聚相待。

木枕十字裂,鏡面生痱

#3

鐵佛聞皺眉,石人戰搖腿。孰雲天地仁,吾欲責真宰。 

幽尋虱搜耳,猛作濤翻海。

#4

太陽不忍明,飛禦皆惰怠。 乍如彭與黥,呼冤受菹醢。

又如圈中虎,號瘡兼吼餒。 

#5

雖令伶倫吹,苦韻難可改。雖令巫鹹招,魂爽難複在。 

何山有靈藥,療此願與采。 

 

345_12 -2《嘲鼾睡二首其二》 

澹公坐臥時,長睡無不穩。吾嘗聞其聲,深慮五藏損。 

黃河弄濆薄,梗澀連拙鯀。

#2

南帝初奮槌,鑿竅泄混沌。 迥然忽長引,萬丈不可忖。

謂言於斯,繼出方袞袞。 

#3

幽幽寸喉中,草木森苯mH.盜賊雖狡獪,亡魂敢窺閫。 

鴻蒙總合雜,詭譎騁戾很。

#4

乍如鬥呶呶,忽若怨懇懇。 賦形苦不同,無路尋根本。

何能堙其源,惟有土一畚。 

 


807-06元和二年40

嘲鼾睡,二首之二-#1

昌黎先生集 外遺-10

全唐文/345_12 -1

807年元和240

漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ10107

 

嘲鼾睡二首其二》 

澹公坐臥時,長睡無不穩。吾嘗聞其聲,深慮五藏損。 

黃河弄濆薄,梗澀連拙鯀。

#2

南帝初奮槌,鑿竅泄混沌。 

迥然忽長引,萬丈不可忖。謂言於斯,繼出方袞袞。 

#3

幽幽寸喉中,草木森苯mH.盜賊雖狡獪,亡魂敢窺閫。 

鴻蒙總合雜,詭譎騁戾很。

#4

乍如鬥呶呶,忽若怨懇懇。 賦形苦不同,無路尋根本。

何能堙其源,惟有土一畚。 

 

嘲鼾睡 其二
(澹師という僧侶が眠る時に鼾ををかくので、その日も昼寝をしたときにいびきをかいたので、それをあざけってうたったもの。)その二

澹公坐臥時,長睡無不穩。
澹公が日頃横になる時、長時間眠ると、隠れるところがありはしない。
吾嘗聞其聲,深慮五藏損。
私はかつてその声を聴いている、深く聞きこむと五臓六腑を破損するかと思うのだ。
黃河弄濆薄,梗澀連拙鯀。
それは、黄河が洪水の水と渇水にもてあそばれているのであり、その水を閊えたり、滑らかでないようであり、へたな洪水の神を連ねたようである。


嘲鼾睡 其二
澹公 坐ろに臥す時,長睡 穩せざるなし。
吾 嘗て其の聲を聞ん,深慮して五藏の損。
黃河 濆薄に弄び,梗澀【こうじゅう】 拙鯀【せつげい】に連る。
#2

南帝 初めて槌を奮い,鑿竅【さくきゅう】 混沌【こんとん】を泄う。
迥然【けいぜん】忽【こつ】として長引し,萬丈して忖【すい】すべからず。
言を謂うは
えて斯【し】し,繼出するは方【まさ】に袞袞【えんえん】。

#3

幽幽たり寸喉の中,草木 苯 森なり。
盜賊 狡獪【こうかい】なると雖も,亡魂 敢えて窺閫。
鴻蒙【こうもう】總て合さり雜【まじ】る,詭譎【ききつ】戾很【れいこん】を騁【は】せる。
#4

乍【たちま】ち呶呶【どうどう】と鬥うが如し,忽ち懇懇【こんこん】と怨るが若し。
賦形 苦しみは同じからず,根本を尋ねる路は無し。
何れか能く其の源を堙【ふさぎ】,惟だ土一畚【もっこ】有ればなり。



現代語訳と訳註
(
本文)
 

嘲鼾睡 其二
澹公坐臥時,長睡無不穩。吾嘗聞其聲,深慮五藏損。
黃河弄濆薄,梗澀連拙鯀。


(下し文)
嘲鼾睡 其二
澹公 坐して臥す時,長睡 穩せざるなし。
吾 嘗て其の聲を聞ん,深慮して五藏の損。
黃河 弄濆の薄,澀を梗して連拙の鯀。
南帝 初めて槌を奮い,鑿竅 混沌を泄う。
迥然として忽し長引し,萬丈して忖すべからず。
言を謂うは
して斯し,繼出するは方に袞袞す。


(現代語訳)
(澹師という僧侶が眠る時に鼾ををかくので、その日も昼寝をしたときにいびきをかいたので、それをあざけってうたったもの。)その二

澹公が日頃横になる時、長時間眠ると、隠れるところがありはしない。
私はかつてその声を聴いている、深く聞きこむと五臓六腑を破損するかと思うのだ。
それは、黄河が洪水の水と渇水にもてあそばれているのであり、その水を閊えたり、滑らかでないようであり、へたな洪水の神を連ねたようである。


(訳注)

嘲鼾睡 其二
1. (澹師という僧侶が眠る時に鼾ををかくので、その日も昼寝をしたときにいびきをかいたので、それをあざけってうたったもの。)その二

 

澹公坐臥時,長睡無不穩。
澹公が日頃横になる時、長時間眠ると、隠れるところがありはしない。

 

吾嘗聞其聲,深慮五藏損。
私はかつてその声を聴いている、深く聞きこむと五臓六腑を破損するかと思うのだ。

 

黃河弄濆薄,梗澀連拙鯀。
それは、黄河が洪水の水と渇水にもてあそばれているのであり、その水を閊えたり、滑らかでないようであり、へたな洪水の神を連ねたようである。
2. ・ 1 しんの堅い枝。「花梗」 2 つかえてふさがる。「梗塞(こうそく)」 3 骨組み。「梗概」
3.
 ・澀 (1) しぶい.(2) 滑らかでない
4.
 ・拙  1(名・形動) []ナリ まずいこと。へたなこと。また、そのさま。2(一人称。
・鯀 中国の神話にみえる洪水神。顓頊(せんぎよく)ののちとされるが,顓頊は〈死して蘇(よみがえ)る〉神,すなわち洪水神で,魚形の神であったらしい。鯀は治水に失敗して放逐され,その子である禹(う)が大洪水を治めて夏(か)王朝をひらいた。禹も顓頊と同じように,偏枯(へんこ)にして魚形の神とされる。これらは夏系諸族の伝える洪水神で,夏系の先史文化である彩陶土器の最も早期とされる西安半坡(はんぱ)遺跡出土の土器文様に魚形,人面魚身の多いことが注意される。