漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩 中唐詩人選集【Ⅰ李商隠-150】Ⅱ韓退之(韓愈)-500Ⅶ孟郊(東野)賈島張籍柳宗元韋応物

Ⅰ李商隠は難解詩といわれている。約150首紹介済。(晩唐詩人) Ⅱ韓退之(韓愈)-約500首Ⅶ孟郊、中唐の詩人を掲載中。万物の性(さが)をテーマにした哲学的な詩。このブログは基本的に中唐詩人を中心にして掲載する予定。 韓愈詩文のこれまでの掲載分とこれから掲載予定分を時系列で整理した2014.3.29のブログに集約してそこから各年次を見ることができる  kanbuniinkai 検索で、《漢文委員会HP05》サイトあります。漢詩唐詩を理解するための総合サイト:≪漢文委員会 漢詩07≫。

ラブレター

少し、マニアックな晩唐詩人Ⅰ-李商隠150首をまず掲載済み。中唐は盛唐詩人(孟浩然・王維、杜甫、李白)を受け継いだ多様な詩人が出ている。この時代も驚くほど詩が発展している。Ⅱ韓退之(韓愈)500首、Ⅲ柳宗元40首、Ⅳ韋応物、Ⅴ劉長卿、Ⅵ韋荘、Ⅶ孟郊(孟東野)、Ⅷ張籍、Ⅸ賈島、Ⅹ劉禹錫、ほか2012~2020年の予定で気長に進める。同じ中唐ではあるが、白居易のグループについては、李白のブログ350首(2015/6月再開~2018/夏・秋月予定)の後掲載の予定。別に杜甫詩ブログ1500首(2011/7月~2018/8月の予定で)を進行中。詩数につぃては、予定の詩数より多くなる。気まぐれなところがあるのでこの予定が少し変わる場合があり、その節はご容赦ください。                 古詩・謝霊運詩 杜甫詩 韓愈詩 花間集500首全詩 それぞれ毎日ブログしています。 このブログ、索引=語句の「検索」 参考書以上掲載。漢詩力up。

宿駱氏亭寄懐崔蕹崔兗 李商隠 紀頌之の漢詩ブログ李商隠特集-70

宿駱氏亭寄懐崔蕹崔兗 李商隠 紀頌之の漢詩ブログ李商隠特集-70
856年梓州から長安に帰りついた時。


宿駱氏亭寄懐崔蕹崔兗
竹塢無塵水檻清、相思迢逓隔重城。
滻水のほとり、竹の茂った堤に霜風塵もなく、欄干のあるあずまやのすがすがしいたたずまい、この宿から見える幾重もの城壁を隔てたあなた方に、思いを寄せています。
秋陰不散霜飛晩、留得枯荷聴雨聲。
秋空に雲が低く垂れこめていて、霜もまだ降りてこない。枯れて渇いた蓮に打つ雨の音が耳に聞こえてくるのがここちよい。



滻水のほとり、竹の茂った堤に霜風塵もなく、欄干のあるあずまやのすがすがしいたたずまい、この宿から見える幾重もの城壁を隔てたあなた方に、思いを寄せています。
秋空に雲が低く垂れこめていて、霜もまだ降りてこない。枯れて渇いた蓮に打つ雨の音が耳に聞こえてくるのがここちよい。


駱氏亭に宿り懐いを崔蕹(さいよう)、崔兗(さいこん)に寄す
竹塢塵無く 水檻は清し、相思 迢逓として重城を隔つ。
秋陰散ぜず 霜飛ぶこと晩く、枯荷を留め得て雨声を聴く。


宿駱氏亭寄懐崔蕹崔兗
駱氏亭 長安の東の城門、春明門の外、滻水橋のたもとにあったという楼台。○崔蕹・崔兗 李商隠がその幕下に仕えた崔戎の二人の子供。


竹塢無塵水檻清、相思迢逓隔重城。
滻水のほとり、竹の茂った堤に霜風塵もなく、欄干のあるあずまやのすがすがしいたたずまい、この宿から見える幾重もの城壁を隔てたあなた方に、思いを寄せています。
竹塢 堤、土手。小さな塞。村、集落。山のくま。水辺の光景を述べているここでは窪地から土を盛り上げた堤の方に竹が生えているのを指す。○水檻  水辺の欄檻。杜甫「水檻遣心」の詩のやわらかさ、イメージが似ている。○相思 動詞の前の「相」はその動作が及ぶ対象をもつことを際立たせる。日本語の「相思」が、互いに思うであるのと違って、相手を思う。○迢逓 はるか隔たっている。○重城 都を囲む幾重にも重なった城壁。


秋陰不散霜飛晩、留得枯荷聴雨聲。
秋空に雲が低く垂れこめていて、霜もまだ降りてこない。枯れて渇いた蓮に打つ雨の音が耳に聞こえてくるのがここちよい。
秋陰 秋の曇天。○霜飛晩 『礼記』月令では季秋(旧暦九月)に「霜始めて降る」。霜には「風厲しく霜飛ぶ」(西晋・張載「七命」『文選』巻三五)のように秋の季語としてよく使われる。降、飛、満、威、枯、風、楓、葉、露など。
李白「白鷺鷥」
白鷺下秋水、孤飛如墜霜。
心閑且未去、濁立沙洲傍。



○詩型 七言絶句。  ○韻 清、城、声。


長安城内にいる友人を思いながら、郊外の宿の静寂に浸る。水辺の事の清浄で静諾な雰囲気が心地よい。友人への思いも穏やかで、今身を置いている場所の清澄な雰囲気と溶け合っている。特に「枯荷聴雨聲」は女性にどことなく暖かく残る語句とされる。蓮を女性としてうたわれるが秋の蓮を詠うのは李商隠の独壇場ではなかろうか。同じ雨が打つ音でも、晩夏の蓮の音は重音である。

 この詩を書いたあと、「秋の蓮をに落ちる雨音を聞きながら、あなたのことを思っています。 」と、そえるとラブレターになるが、少し古いか。


天涯 李商隠 :紀頌之の漢詩ブログ李商隠特集 59

天涯 李商隠  :紀頌之の漢詩ブログ李商隠特集 59
853年梓州李商隠43歳。

春日在天涯、天涯日又斜。
春は君との思い出のある季節だ。わたしは地の果てにいる。そんな地の果てにいても太陽がかたむいてくると君との夜が思い出される。
鴬啼如有涙、爲濕最高花。
鴬はここにも啼くのだが、君の歌はここでは聞けない、琴の音を聞いていると涙がでて啜り泣いてしまう。そ君との濡れ場は考えるだけでも一番高い所に咲く花のように手にも取れない。


春は君との思い出のある季節だ。わたしは地の果てにいる。そんな地の果てにいても太陽がかたむいてくると君との夜が思い出される。
鴬はここにも啼くのだが、君の歌はここでは聞けない、琴の音を聞いていると涙がでて啜り泣いてしまう。そ君との濡れ場は考えるだけでも一番高い所に咲く花のように手にも取れない。


天涯
春日 天涯に在り、天涯 日 又斜めなり。
鶯は啼いて 涙有る如く、為に湿す 最高の花。

春日在天涯、天涯日又斜。
春は君との思い出のある季節だ。わたしは地の果てにいる。そんな地の果てにいても太陽がかたむいてくると君との夜が思い出される。
○天涯 地の果て。当時は四方に果てがあると考えられていた。当時は女性が旅行することはないので、都か、江南の、女性に天涯という表現の方が分かりやすいことであろう。東川節度使柳仲邸の幕下、梓州(四川省三台県)にいた頃の作。


鴬啼如有涙、爲濕最高花。
鴬はここにも啼くのだが、君の歌はここでは聞けない、琴の音を聞いていると涙がでて啜り泣いてしまう。そ君との濡れ場は考えるだけでも一番高い所に咲く花のように手にも取れない。
鴬啼如有涙 この句は司馬相如と卓文君の恋物語に基づいている。鶯は司馬相如の『鳳求凰』の琴の音を意味する。また、鶯は歌の上手い芸妓をも示す。このような地の果てに来て、逢うこともできないでいることに対する涙。李商隠は、司馬相如の物語、ラブレターで卓文君を射止めたことを引きながら、この詩を今はあえない芸妓に贈ったものであろう。
爲濕最高花。 この句は相手を最高に持ち上げたものである。濕は性交を示す。花は女性自身、


 

(李商隠解説)
数年徐州で判官をし、851年長安に帰り、令狐綯の力で大学博士に任官する。852年より梓州に赴任する。この時期になると出世というものからはずれ、自己について嘲笑的態度へと変化させることにより自己満足をする、従来の出来事の裏側のある隠された部分を故事、性的描写など李商隠らしく批判的なものを覆いつつあらわしていたものが消えていく物足りない詩になっていく。

李商隠が後半生 において政治詩をほとんど遺していない事との関連性も想起 しうるのである。

揺落 李商隠 :kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ李商隠特集 58李商隠

揺落 李商隠  :紀頌之の漢詩ブログ李商隠特集 58李商隠

詩は、草木揺落する秋吾に託して、僻地に流寓る孤独をだれかわからない女性にラブレターとして歌う。

揺落
揺落傷年日、羈留念遠心。
今、草も木も揺れ落ち、過ぎ去りゆく年をかなしみを覚える憂愁の季節、旅先に長逗留する私の心は、遙かな故郷をしきりに思う。
水亭吟断續、月幌夢飛沈。
水郷の旅館で、詩を詠じつつ作る私は、感情の途絶えと継続を続けている。月光は宿のとばりを照らしとお前とのことを思う、ある時には鳥
のようにまた魚のように、飛びまた沈むような夢のひと時を。
古木含風久、疎螢怯露深。
古木の梢は微風をしばらく抱きかかえる、一つ二つまばらに飛んで螢は露の深さを恐れて、河畔の茂みから姿をあらわしている。
人閑始遙夜、地迥更清砧。
人気なく閑散として静寂のなかで、秋の夜長がはじまる、へんぴな片田舎、澄み切ったきぬたの音がしみわたり心を震わせる。
結愛曾傷晩、端憂復至今。
たとえ平和な生活が約束されていても、私達は愛を結ぶことの遅かったことを悲しんだものだったのに、その時むすばれた前途への憂いは、現実のこととなり、その悲哀の中にのみずっと私は住むこととなった。
未諳滄海路、何處玉山岑。
東海のあおい仙境に向かう海路がある、貴い真珠があり、玉をもって輝く仙山がきりたっており、そこへ赴く道が何処にあるのかわからない。
灘激黄牛暮、雲屯白帝陰。
ここ黄牛山の山麓の日暮れ、はやせには急流が激しい水音を立てて流れ、雲のようなお前の姿が、彼方の白帝城に見えかくれ思いを寄せるのだ。
遙知霑灑意、不滅欲分襟。
その涙と悲しみは、私達が袖を分って別れた時のことを思い出す、あの時のそれにも劣らない気持ちは消えはしない。

今、草も木も揺れ落ち、過ぎ去りゆく年をかなしみを覚える憂愁の季節、旅先に長逗留する私の心は、遙かな故郷をしきりに思う。
水郷の旅館で、詩を詠じつつ作る私は、感情の途絶えと継続を続けている。月光は宿のとばりを照らしとお前とのことを思う、ある時には鳥のようにまた魚のように、飛びまた沈むような夢のひと時を。
古木の梢は微風をしばらく抱きかかえる、一つ二つまばらに飛んで螢は露の深さを恐れて、河畔の茂みから姿をあらわしている。
人気なく閑散として静寂のなかで、秋の夜長がはじまる、へんぴな片田舎、澄み切ったきぬたの音がしみわたり心を震わせる。
たとえ平和な生活が約束されていても、私達は愛を結ぶことの遅かったことを悲しんだものだったのに、その時むすばれた前途への憂いは、現実のこととなり、その悲哀の中にのみずっと私は住むこととなった。東海のあおい仙境に向かう海路がある、貴い真珠があり、玉をもって輝く仙山がきりたっており、そこへ赴く道が何処にあるのかわからない。
ここ黄牛山の山麓の日暮れ、はやせには急流が激しい水音を立てて流れ、雲のようなお前の姿が、彼方の白帝城に見えかくれ思いを寄せるのだ。
その涙と悲しみは、私達が袖を分って別れた時のことを思い出す、あの時のそれにも劣らない気持ちは消えはしない。


揺落す 年を傷むの日、萌留して遠きを念う心あり。
水亭に 吟 断続し、月幌に 夢 飛沈す。
古木は風を含むこと久しく、疎なる螢は露の深きを怯る。
人は閑かなり 始めて遙き夜、地は迥にして更に清き砧あり。
結愛 曾て晩きを傷み、端憂 復た今に至る。
未だ諳んぜず 滄海の路、何の処にか玉山の岑ある。
灘は激す 黄牛の暮、雲は屯す 白帝の陰。
逢かに知る 霑灑の意の、襟を分たんとするに減ぜざらんことを。



揺落傷年日、羈留念遠心。
今、草も木も揺れ落ち、過ぎ去りゆく年をかなしみを覚える憂愁の季節、旅先に長逗留する私の心は、遙かな故郷をしきりに思う。
傷年 過ぎ去りゆく年をかなしむ。劉宋の飽照の故人に贈るの詩に「歓び至るも時に留まらず、毎に感じて輒ち年を傷む。」○羈留 長逗留。


水亭吟断續、月幌夢飛沈。
水郷の旅館で、詩を詠じつつ作る私は、感情の途絶えと継続を続けている。月光は宿のとばりを照らしとお前とのことを思う、ある時には鳥のようにまた魚のように、飛びまた沈むような夢のひと時を。
 ちん。旅館、休憩所。○ 詩を詠じつつ作る。〇月幌 月夜のとばり。杜甫(712-770年)が月を観て妻子に寄せた詩「月夜」
今夜鄜州月、閨中只独看。
遥憐小児女、未解憶長安。
香霧雲鬟湿、清輝玉臂寒。
何時倚虚幌、双照涙痕乾。
今夜  鄜州(ふしゅう)の月、閨中(けいちゅう)  只だ独り看(み)るらん。
遥かに憐(あわ)れむ小児女(しょうじじょ)の、未(いま)だ長安を憶(おも)うを解(かい)せざるを。
香霧(こうむ)に雲鬟(うんかん)湿(うるお)い、清輝(せいき)に玉臂(ぎょくひ)寒からん。
何(いず)れの時か虚幌(きょこう)に倚(よ)り、双(とも)に照らされて涙痕(るいこん)乾かん。
と表現して以来、月幌の字には、妻を思う意が含められる。○夢飛沈 飛は鳥、沈は魚。「荘子」大宗師
笛に「夢に鳥と為って天に腐り、夢に魚となって淵に没む。」と。


古木含風久、疎螢怯露深。
古木の梢は微風をしばらく抱きかかえる、一つ二つまばらに飛んで螢は露の深さを恐れて、河畔の茂みから姿をあらわしている。


人閑始遙夜、地迥更清砧。
人気なく閑散として静寂のなかで、秋の夜長がはじまる、へんぴな片田舎、澄み切ったきぬたの音がしみわたり心を震わせる。


結愛曾傷晩、端憂復至今。
たとえ平和な生活が約束されていても、私達は愛を結ぶことの遅かったことを悲しんだものだったのに、その時むすばれた前途への憂いは、現実のこととなり、その悲哀の中にのみずっと私は住むこととなった。
端憂 劉宗の謝荘(421-466年)の月の賦に「陳王初め応(場)劉(楨)を喪い、端憂して暇多し。」と前例がある。悲しい一の事柄にのみかかわって、他になす事を知らぬ憂いという意味であろうか。


未諳滄海路、何處玉山岑。
東海のあおい仙境に向かう海路がある、貴い真珠があり、玉をもって輝く仙山がきりたっており、そこへ赴く道が何処にあるのかわからない。
滄海・玉山 錦瑟の詩。


灘激黄牛暮、雲屯白帝陰。
ここ黄牛山の山麓の日暮れ、はやせには急流が激しい水音を立てて流れ、雲のようなお前の姿が、彼方の白帝城に見えかくれ思いを寄せるのだ。
○灘 はやせ。○黄牛 峡谷の名。湖北省宜昌県西北にある黄牛山の山麓にある。○白帝 白帝城。四川省夔州にある山。梁の簡文帝蕭網(503-551年)の浮雲の詩に「憐むべし片雲生ず、暫く重く復た還た軽し。荊王の夢をして、白帝城を過ぐべからしめんとす。」とあるごとく、楚の懐王の夢枕にあらわれた神女の巫山というのは夔州にある故に、白帝の雲といえば、単なる実景ではなく、思い人を夢見る意味も含まれる。○ 山の北側。川では陰はみなみである。


遙知霑灑意、不滅欲分襟。
その涙と悲しみは、私達が袖を分って別れた時のことを思い出す、あの時のそれにも劣らない気持ちは消えはしない。
分襟 別離。


○韻 心、沈、深、砧、今、岑、陰、襟。

夜雨寄北 李商隠 :kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ李商隠特集 53

夜雨寄北 李商隠  :kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ李商隠特集 53
七言絶句。

秘められた恋人に寄せた詩とするのがふさわしい。相手は定かでないものの、場所、時間などの状況ははっきりして、李商隠の恋愛詩のなかでは極めてわかりやすく、実際に手紙に代えて送ったものとも考えられる。


夜雨寄北 
君問歸期末有期、巴山夜雨漲秋池。
君は聞くことだろう、帰る約束ができるのか、また交わるという約束をしてくれないのかと。巴国の山間にはいつでも一緒にいるという約束の雨が秋の夜の冷たく降り続け、池の水もあふれんばかりになっている。
何當共翦西囱燭、却話巴山夜雨時。
いつになれは、ともに何度も蝋燭の芯を切りほど西の閨牀の窓辺のもとにいることができるのか、語り合えるだろう、でも、今は話ができないけど巴山には昔から神女との約束の証が夜雨なのだ。夜雨の降りしきるこの時のことは約束のことを思って過ごそう。



君は聞くことだろう、帰る約束ができるのか、また交わるという約束をしてくれないのかと。巴国の山間にはいつでも一緒にいるという約束の雨が秋の夜の冷たく降り続け、池の水もあふれんばかりになっている。
いつになれは、ともに何度も蝋燭の芯を切りほど西の閨牀の窓辺のもとにいることができるのか、語り合えるだろう、でも、今は話ができないけど巴山には昔から神女との約束の証が夜雨なのだ。夜雨の降りしきるこの時のことは約束のことを思って過ごそう。





夜雨 北に寄す
君 帰期を問うも未だ期有らず、巴山の夜雨 秋池に漲る。
何当か共に西窓の燭を翦り、却って話さん 巴山夜雨の時。



夜雨寄北
○寄北 851~855まで梓州(四川省)の柳仲郢の幕下にいた時期。妻王氏はすでに没している。従来、妻に寄せた詩と解されることが多いが、「北」に妻の意味はないし、儒教的な詩の意味はない。ここでの雨が宋玉「高唐の賦」にある巫山神女の故事によるもので、懷王と交わった後、神女が「暮には行雨とならん」とどんな時でも一緒にいるといった意味を持つ雨である。



君問歸期末有期、巴山夜雨漲秋池。
君は聞くことだろう、帰る約束ができるのか、また交わるという約束をしてくれないのかと。巴国の山間にはいつでも一緒にいるという約束の雨が秋の夜の冷たく降り続け、池の水もあふれんばかりになっている。
○期 約束。李商隠「景陽井」にある。同じ句の中に期を二語つかっている。二つの約束を示す。帰るという約束。秘められた女性とのまた交わるという約束有るに至らず。
○巴山 「巴」は四川省東部一帯を指す古名。巴の國に属する山といえは巫山があり、楚の懐王が巫山の神女と夢のなかで交わった故事を連想させる。「重ねて聖女詞を過ぎる」詩注参照。



何當共翦西囱燭、却話巴山夜雨時。
いつになれは、ともに何度も蝋燭の芯を切りほど西の閨牀の窓辺のもとにいることができるのか、語り合えるだろう、でも、今は話ができないけど巴山には昔から神女との約束の証が夜雨なのだ。夜雨の降りしきるこの時のことは約束のことを思って過ごそう。
○何当 いつ。未来の時についての疑問詞。いつになればと願う気持ちを伴う。○共翦西窓燭 「燭を翳る」は、ろうそくの芯についた燃えかすを切り取って明るくする。時間が経過したことをあらわす。また燃えかすが花のようになった「灯花」ができるのは待ち人が来るなど、吉兆とされる。「共」には一緒にと何度もの意味。「西窓」は閨牀の窓辺で、情交を意味する。○却 思いや動きが反対の向きに変わることを示す。


○韻 池、期、時。

李商隠 14 碧城 其二(届かぬ思いの詩)

李商隠 14 碧城(届かぬ思いの詩)

謝靈運index謝靈運詩古詩index漢の無名氏 
孟浩然index孟浩然の詩韓愈詩index韓愈詩集
杜甫詩index杜甫詩 李商隠index李商隠詩
李白詩index 李白350首女性詩index女性詩人 

碧城其 二
對影聞聲己可憐、玉池荷葉正田田。
逢ってはいけないあなただから、その香、声、気配、窓辺の-簾に映る影、その声を聞くだけで、私の五感は、充分、可憐さを感じている。仙界の玉池には、荷の花が咲き、はすの葉が水面田田といっぱいに重なりあって覆い広がっている様子であなたを思う。
不逢粛史休回首、莫見洪崖又拍肩。
古くからの民謡に恋歌の採蓮曲というのがある。今、その池の蓮も、曲歌の通りに茂っている。むかし秦の穆公の娘を娶った粛史のように私以外の者には,恋しいひとよ、頸をめぐらして色目を使ったりしないでくれ。たとえ洪崖の肩叩きといわれる備わった人があらわれても親しく肩に触れてはいけないよ。
紫鳳放嬌銜楚珮、赤鱗狂舞撥湘絃。
紫色の高貴な鳳が私のいとしい人をもてあそんでいる。まるで、逸話の鄭交甫が漢水のほとりで水の精にあい、佩びだまをもらって誓ったが、彼が十数歩も行かぬうちに、精は消え、約束の晶も懐中から消えたという裏切りがあるのだろうか。淵深く住む赤い鱗の魚のように、あなたは、はじかれる琴の音にあわせて、狂おしい愉楽の舞いを舞うのか。
卾君悵望舟中夜、繍被焚香濁自眠。

楚の卾君は歌を唄って讃えてくれる漕手もいなくてびとり、さびしく、逢いたいと望むだけでその夜を過ごした。
私もあなたに近づけず、わが繍衣の袖で身を被って、あなたが愛用した香を焚き、あなたを思いつつ孤独に眠るのである。

逢ってはいけないあなただから、その香、声、気配、窓辺の-簾に映る影、その声を聞くだけで、私の五感は、充分、可憐さを感じている。仙界の玉池には、荷の花が咲き、はすの葉が水面田田といっぱいに重なりあって覆い広がっている様子であなたを思う。
古くからの民謡に恋歌の採蓮曲というのがある。今、その池の蓮も、曲歌の通りに茂っている。むかし秦の穆公の娘を娶った粛史のように私以外の者には,恋しいひとよ、頸をめぐらして色目を使ったりしないでくれ。たとえ洪崖の肩叩きといわれる備わった人があらわれても親しく肩に触れてはいけないよ。
紫色の高貴な鳳が私のいとしい人をもてあそんでいる。まるで、逸話の鄭交甫が漢水のほとりで水の精にあい、佩びだまをもらって誓ったが、彼が十数歩も行かぬうちに、精は消え、約束の晶も懐中から消えたという裏切りがあるのだろうか。淵深く住む赤い鱗の魚のように、あなたは、はじかれる琴の音にあわせて、狂おしい愉楽の舞いを舞うのか。
楚の卾君は歌を唄って讃えてくれる漕手もいなくてびとり、さびしく、逢いたいと望むだけでその夜を過ごした。
私もあなたに近づけず、わが繍衣の袖で身を被って、あなたが愛用した香を焚き、あなたを思いつつ孤独に眠るのである。

(下し文)碧城其の二
影に対し声を開く 己に憐む可し
玉池の荷葉 正に田田たり
粛史に逢わざれば首を回らすを休めよ
洪崖を見て又た肩を拍つこと莫かれ
紫鳳は嬌を故にして楚珮を銜み
赤鱗は狂舞して湘絃を撥く
顎君 悵望す 舟中の夜
繍被 香を焚いて独り自ら眠る

對影聞聲己可憐、玉池荷葉正田田。
逢ってはいけないあなただから、その香、声、気配、窓辺の-簾に映る影、その声を聞くだけで、私の五感は、充分、可憐さを感じている。仙界の玉池には、荷の花が咲き、はすの葉が水面田田といっぱいに重なりあって覆い広がっている様子であなたを思う。
已可憐 己はそれだけでもすでに。可憐は可愛らしい。○玉池 ため池の名として後漢の張衡(78-139)の南都賦に登場するが、ここは仙界の池として用いられている。なお梁の武帝粛衍(464-549)の王金珠歓聞歌に「豔豔たり金楼の女、心は玉池の蓮の如し。」という句がある。○荷葉正田田 荷は蓮 田田は荷の葉のかっこうをいう擬声語。楽府古辞即ち漢代民謡の江南篇に「江南にては蓮を採る可し、蓮の葉は何ゆえかくも田田たる。」と歌われる。正は、まさしくその通りと言う語調。なお、〈蓮〉は(憐)に通ずる隠し言葉である。

不逢粛史休回首、莫見洪崖又拍肩。
古くからの民謡に恋歌の採蓮曲というのがある。今、その池の蓮も、曲歌の通りに茂っている。むかし秦の穆公の娘を娶った粛史のように私以外の者には恋しいひとよ、頸をめぐらして色目を使ったりしないでくれ。たとえ洪崖の肩叩きといわれる備わった人があらわれても親しく肩に触れてはいけないよ。
粛史 漢の劉向の「列仙伝」中の人物。秦の穆公の娘である弄玉のむこ。○洪崖拍肩 洪崖は東晋の葛洪の神仙伝中の人物。衛叔卿と賭博をしたという。東晋の詩人郭璞(277-324)の游仙詩の左に浮丘(仙人の名)の袖をとり、右に洪涯の肩を拍つ。」の句を利用した表現句。

紫鳳放嬌銜楚珮、赤鱗狂舞撥湘絃。
紫色の高貴な鳳が私のいとしい人をもてあそんでいる。まるで、逸話の鄭交甫が漢水のほとりで水の精にあい、佩びだまをもらって誓ったが、彼が十数歩も行かぬうちに、精は消え、約束の晶も懐中から消えたという裏切りがあるのだろうか。淵深く住む赤い鱗の魚のように、あなたは、はじかれる琴の音にあわせて、狂おしい愉楽の舞いを舞うのか。

銜楚珮 漢水の精である二妃が鄭交甫にあって、佩び玉を説いて彼に与えた。漢の韓嬰の「韓詩内伝」佚文に出てくる話を引き合いに出している。交甫は神女と知らず交わり、十歩ばかり行った時、女の姿は見えなくなり、懐にした女の佩び玉もなくなっていたという。銜は鳳がくちばしにくわえることをいう。○赤鱗 仙界の魚。川の淵にすみ赤い鱗をもつという。梁の江淹(444-505)の別れの賦に「駟馬は仰秣を驚かし淵魚は赤燐を䵷ぐ聳ぐ。」とあり、李善注に、「伯牙瑟を鼓すれば淵魚出でて聴き、弧巴琴を鼓すれば六馬仰いで秣う。」という、漢の韓嬰の「韓詩外伝」の言葉をひいている。瓠巴は上古の楚の琴の名手。伯牙は春秋時代の琴の名手。

卾君悵望舟中夜、繍被焚香濁自眠。
楚の卾君は歌を唄って讃えてくれる漕手もいなくてびとり、さびしく、逢いたいと望むだけでその夜を過ごした。
私もあなたに近づけず、わが繍衣の袖で身を被って、あなたが愛用した香を焚き、あなたを思いつつ孤独に眠るのである。

卾君 楚の貴公子の名。舟遊びして越人の漕手が楫を擁して歌うのを聞き、それを抱擁し繍被もて覆ったという故事。牡丹の詩(7/末か8/初頃掲載予定)参照。その越人の歌は、「(前略)山に木有り木に枝有り、心に君を悦ぶも君知らず。」というのだが、この詩で、卾君が孤独を嘆くことの故事。

  芸妓を恋してしまった。いとおしくて狂いそうだが、高貴な人の宴の席に出ていたら、あなたと過ごした時の繍衣を抱き、あなたの好きなお香を焚いて過ごすよりない。
やはり、私にはあなたしかいない。



李白の詩 96首 7/23現在 酒と女 詩連載       杜甫全詩開始 青年期の詩
burogutitl450toshi blog BN


碧城 三首 李商隠 13「恋の無題詩」

李商隠 13 「恋の無題詩」碧城三首
「恋する人へ打ち明けた思いの詩」

碧城三首
其一 
碧城十二曲蘭干、犀辟塵埃玉辟寒。
崑崙山の碧い霞のたちこめるその仙人の館は、十二曲りもの渡り廊下の曲折する豪壮さである。その館の中は、塵除けの不思議な海獣の角が置かれて清らけく、光かがやきつつ熱をも発する宝玉が備えられて、部屋はいつもあたたかい。
閬苑有書多附鶴、女牀無樹不棲鸞。
西の理想郷の庭園、閬風苑には、しばしば手紙を寄せる使者となる、多くの鶴が書を受けてくれる。また、東のその名も艶めかしい女牀山には、鸞鳥が樹上ではなく寝牀にいた。
星沉海底當囱見、雨過河源隔座看。
鶴が鸞鳥にことづてを伝わると、あけがたになって、星星が東方の大海、その青い海底に沈んでゆく有様も、その碧城の窓から望むことができる。そしてまた恋人同志は、雨雲が彼方の西のかなたの河源のあたりの空を雨降らしながらよぎるのを、座を隔てて眺められるのだ
若是暁珠明又定、一生長對水精盤。

暁の五色に輝く真珠、その真珠のきらめきが、やがてまた一つに集って太陽の輝きとなって一定するように、たとえば夢幻の中に、ぴかぴか光る情念の光彩が、もし一つの現実の光に凝集するならば、私は生涯にわたって、他の一切を忘却し、水晶盤のような愛の透明さにだけ向い合っていてもいい、と思う。

其の一
碧城に 十二蘭干 曲る、犀辟 塵埃玉寒 辟く。
閬苑 書有り 多く鶴に附す、女牀 樹無なし 鸞らんを棲すましめざる。
星の海底に沉むは 囱に當って見え、雨の河源を過ぐるは 座を隔てて看る。
若し是れ 暁珠 明又た定らば、一生 長く対せん 水精盤。

其の一(ラブレター)

碧城十二曲蘭干、犀辟塵埃玉辟寒。
崑崙山の碧い霞のたちこめるその仙人の館は、十二曲りもの渡り廊下の曲折する豪壮さである。その館の中は、塵除けの不思議な海獣の角が置かれて清らけく、光かがやきつつ熱をも発する宝玉が備えられて、部屋はいつもあたたかい。
碧城 仙人の住む碧い霞の館。「元始天尊は紫雲の闇に居り、碧霞を城と為す。」と宋初の類書「太平御覧」にある。この題は詩句の冒頭の言葉を取ったもので、無題詩に類する恋の歌である。○曲蘭干 曲りくねった長い蘭干。十二は曲蘭干にかかる形容で、十二まがりということで碧城が十二あるというのではない。○犀辟塵挨 却塵犀とよばれ、南海に住むという海獣。その角は塵をよけると考えられ、座席に置いたり女性の簪にしたりする。梁の任昉の「述異記」、及び五代の劉怐の「嶺表録異」などの書にある。実際には解熱剤となる。○玉辟寒 唐の王仁裕の「開元天宝遺事」に、扶桑(一本は扶余)国が火玉なる大きな宝石を貢物として、唐の玄宗皇帝に贈ったが、それは真っ赤な色をしていて、反射光が遠くまで及んだという記事がある。寧王がその玉で酒盃を作ったところ、その盃 の置かれた部屋は温かで、綿入を着る必要はなかった。

閬苑有書多附鶴、女牀無樹不棲鸞。
西の理想郷の庭園、閬風苑には、しばしば手紙を寄せる使者となる、多くの鶴が書を受けてくれる。また、東のその名も艶めかしい女牀山には、鸞鳥が樹上ではなく寝牀にいた。
閬苑 道教に言う中国西方の理想郷、仙女西王母が住んでいたという崑崙山中の閬風苑のこと。○附鶴 附は手紙をことづけること。道教では、青い鳥、鶴や白雲は音信を伝えるものと考えられた。〇女牀 東の理想郷の仙山の名である。「山海経」に「女牀山に鳥有り。其の状は翟の如く、五采の文あり。名づけて鸞鳥という。」としめして。女牀と閬苑の対はとは東西の方向対を示す。また、寝台をかけている。・鸞鳥 理想郷に棲む想像上の鳥。羽の色は赤色に五色を交え声は五音に合うという。

星沉海底當囱見、雨過河源隔座看。
鶴が鸞鳥にことづてを伝わると、あけがたになって、星星が東方の大海、その青い海底に沈んでゆく有様も、その碧城の窓から望むことができる。そしてまた恋人同志は、雨雲が彼方の西のかなたの河源のあたりの空を雨降らしながらよぎるのを、座を隔てて眺められるのだ。
海底・河源 東の大海の海底に対して河源は旬奴との境のあたりの西の辺境を指す、黄河の源、海底と河源の対は、同様に東西の方向の対をも意味する。
通説では、東西が反対で間違って解釈されている。


若是暁珠明又定、一生長對水精盤。
暁の五色に輝く真珠、その真珠のきらめきが、やがてまた一つに集って太陽の輝きとなって一定するように、たとえば夢幻の中に、ぴかぴか光る情念の光彩が、もし一つの現実の光に凝集するならば、私は生涯にわたって、他の一切を忘却し、水晶盤のような愛の透明さにだけ向い合っていてもいい、と思う。
暁珠 これについては諸説あるがこの真珠は、「その光彩月の、ことく、夜に人を照せば美醜にかかわらず、皆端麗に見えたと。」暁珠とは暁の太陽の彩光の喩えであると解するのが妥当と考える。○明又定 定は安定すること。○水精盤 水精は水晶に同じ。

この最後の聯が相手に伝えたいすべてであるから故事をとらないほうが前の句までのすべてがここに集中し、味わいがぐっと深まるいい詩になる。
あなたと一緒に過ごせた夜が日の出の宝石のように放つ採光を明日以降にも続けられるなら、他の一切のこと投げ捨てて、水晶盤のようなあなたを長くいつまでも愛し続けたい。)



李商隠 8 無題 (昨夜星辰昨夜風) 題をつけられない詩。
秘められた恋、許されない恋。いつの世も後に残るのはせつない思いか。
七言律詩 無題
昨夜星辰昨夜風、畫樓西畔桂堂東。
身無綵鳳雙飛翼、心有靈犀一點通。
隔座送鉤春酒暖、分曹射覆蠟燈紅。
嗟余聽鼓應官去、走馬蘭臺類轉蓬。

記事検索
livedoor 天気
記事検索
プロフィール

紀 頌之

Twitter プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ