漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩 中唐詩人選集【Ⅰ李商隠-150】Ⅱ韓退之(韓愈)-500Ⅶ孟郊(東野)賈島張籍柳宗元韋応物

Ⅰ李商隠は難解詩といわれている。約150首紹介済。(晩唐詩人) Ⅱ韓退之(韓愈)-約500首Ⅶ孟郊、中唐の詩人を掲載中。万物の性(さが)をテーマにした哲学的な詩。このブログは基本的に中唐詩人を中心にして掲載する予定。 韓愈詩文のこれまでの掲載分とこれから掲載予定分を時系列で整理した2014.3.29のブログに集約してそこから各年次を見ることができる  kanbuniinkai 検索で、《漢文委員会HP05》サイトあります。漢詩唐詩を理解するための総合サイト:≪漢文委員会 漢詩07≫。

艶情詩

少し、マニアックな晩唐詩人Ⅰ-李商隠150首をまず掲載済み。中唐は盛唐詩人(孟浩然・王維、杜甫、李白)を受け継いだ多様な詩人が出ている。この時代も驚くほど詩が発展している。Ⅱ韓退之(韓愈)500首、Ⅲ柳宗元40首、Ⅳ韋応物、Ⅴ劉長卿、Ⅵ韋荘、Ⅶ孟郊(孟東野)、Ⅷ張籍、Ⅸ賈島、Ⅹ劉禹錫、ほか2012~2020年の予定で気長に進める。同じ中唐ではあるが、白居易のグループについては、李白のブログ350首(2015/6月再開~2018/夏・秋月予定)の後掲載の予定。別に杜甫詩ブログ1500首(2011/7月~2018/8月の予定で)を進行中。詩数につぃては、予定の詩数より多くなる。気まぐれなところがあるのでこの予定が少し変わる場合があり、その節はご容赦ください。                 古詩・謝霊運詩 杜甫詩 韓愈詩 花間集500首全詩 それぞれ毎日ブログしています。 このブログ、索引=語句の「検索」 参考書以上掲載。漢詩力up。

「少年」李商隠

紀頌之の漢詩ブログ李商隠特集 32 「少年」李商隠

少年
外戚平羌第一功、生年二十有重封。
外戚はその身内から皇后を出して厚遇される貴族の家柄、その上、父は羌討征に第一の勲功あった名将軍なのである、生まれたのがめぐまれた家系であった少年は何にも勲功なしで年二十歳の若さで、重ねて封禄を増される恩命を受けたのだ。
直登宣室螭頭上、横過甘泉豹尾中。
この世に恐いものなしの貴公子は、門番がいても素通りするし、遠慮も、臆面もなく天子の正室の前にも行くし、暁の彫物のある宮庭のきざはしに登る。また甘泉離宮へ行幸する豹の尾のはたを立てた天子の行列を強引に横切ったりする。
別館覚来雲雨夢、後門歸去蕙蘭叢。
その貴公子はまた妾のいる寝所にも行き、女と淫行勝手な振る舞い、眠りから醒めて夕刻、妓女の香草の叢に淫らに戯れてから帰ってゆく。
㶚陵夜猟随田竇、不識寒郊自轉蓬。

夜はまた猟をするとて、おなじ外戚の田と竇をおともにしてその文帝の陵墓で猟を楽しんでいる。(その陵墓の文帝は飛将軍が異民族からおそれられ北の守りをしていたのを評価されず不遇に終わったのだ。)めぐまれた貴公子は、才能ありながらも世に認められず、寒寒とした郊外の野原を根本からちぎれて飛ぶ転び蓬のように、独りころがってゆく者のあることなどを知っていないだろう。



外戚はその身内から皇后を出して厚遇される貴族の家柄、その上、父は羌討征に第一の勲功あった名将軍なのである、生まれたのがめぐまれた家系であった少年は何にも勲功なしで年二十歳の若さで、重ねて封禄を増される恩命を受けたのだ。
この世に恐いものなしの貴公子は、門番がいても素通りするし、遠慮も、臆面もなく天子の正室の前にも行くし、暁の彫物のある宮庭のきざはしに登る。また甘泉離宮へ行幸する豹の尾のはたを立てた天子の行列を強引に横切ったりする。
その貴公子はまた妾のいる寝所にも行き、女と淫行勝手な振る舞い、眠りから醒めて夕刻、妓女の香草の叢に淫らに戯れてから帰ってゆく。
夜はまた猟をするとて、おなじ外戚の田と竇をおともにしてその文帝の陵墓で猟を楽しんでいる。(その陵墓の文帝は飛将軍が異民族からおそれられ北の守りをしていたのを評価されず不遇に終わったのだ。)めぐまれた貴公子は、才能ありながらも世に認められず、寒寒とした郊外の野原を根本からちぎれて飛ぶ転び蓬のように、独りころがってゆく者のあることなどを知っていないだろう。


少年
外戚 完を平らぐ 第一の功、生年 二十にして重封有り。
直ちに宣窒 櫨頭の上に登り、横ままに過る甘泉 豹尾に中る。
別館に覚め来る 芸雨の夢、後門より帰り去る 薫蘭の叢。
濁陵の夜猟 田貴に随い、識らず 寒郊に自ら転蓬するを。




少年
少年の解説 この詩は漢代の貴公子の橋態の叙述に託し、唐の時代の外戚子弟のほしいままなふるまいを諷刺したものであるが、李商隠の晩唐の時期と後漢の時期の共通点に外戚がある。権力が弱くなって国をうまく抑えられなくなると力の強い豪族、諸侯に頼るというのは、法則のようなものである。日本でも古代から江戸末期まで、古今東西、この法則は当てはまる。権力という者均等化されておれば、絶対君主、絶対権力者を生むし、その権力地盤を均等にすれば長期的にその権力を維持できる。このメカニズムは権力構造における法則なのである。

 武力、資金力はあっても権威のなかった者たちに皇帝との姻戚関係ができると、この詩の貴公子の様なものが馬鹿が出るもの法則の様なものである。李商隠は、この朝廷、唐王朝の末期を悟ったのであろう。
 

外戚平羌第一功、生年二十有重封。
外戚はその身内から皇后を出して厚遇される貴族の家柄、その上、父は羌討征に第一の勲功あった名将軍なのである、生まれたのがめぐまれた家系であった少年は何にも勲功なしで年二十歳の若さで、重ねて封禄を増される恩命を受けたのだ。
外戚 皇后の親族。○平羌第一功 後漢の時代の有力な外戚馬援(紀元前一四-紀元四九年)の子、馬防を指。 防は革帝の建初四年(七九年)蘇陽侯に封ぜられ、西荒を平定した功を以て、邑一千三百五十戸を増された。○重封 食呂の戸数を増されること。

直登宣室螭頭上、横過甘泉豹尾中。
この世に恐いものなしの貴公子は、門番がいても素通りするし、遠慮も、臆面もなく天子の正室の前にも行くし、暁の彫物のある宮庭のきざはしに登る。また甘泉離宮へ行幸する豹の尾のはたを立てた天子の行列を強引に横切ったりする。
直登 挨拶ぬきでただちに挙る。○宣室 漢朝の未央宮前殿の天子の正室。○螭頭上 宮殿の赤くぬりこめられた庭、丹斑の上階を螭頭という。螭は額に角を持たない龍のことを言う。龍から角を取った感じだ。山や沢に棲む小さな龍で、色は赤や白、あるいは蒼色のものがいる。螭はとりわけ岩や木陰などの湿った場所を好むという。恐らくその階段の手摺に螭の彫物がしてあったのだろう。○横過 きまりを無視して横暴に通り過ぎる。○甘泉 漢の離宮の名。○豹尾 天子行幸の時、その属事の最後尾の事に、豹の尾のはたを飾る。そこから前は通行止めであるというしるし。

別館覚来雲雨夢、後門歸去蕙蘭叢。
その貴公子はまた妾のいる寝所にも行き、女と淫行勝手な振る舞い、眠りから醒めて夕刻、妓女の香草の叢に淫らに戯れてから帰ってゆく。
別館 妾のいる寝所。○覚来 覚はひとねむりすることであり、また夢から醒めることでもある。○帰去 かえる。○雲雨夢 男女の愛のまじわりを意味する。○蕙蘭叢 蕙も蘭も共に香草で、美女の喩えとなる。美女の叢という表現は裸体を意味する。



㶚陵夜猟随田竇、不識寒郊自轉蓬。
夜はまた猟をするとて、おなじ外戚の田と竇をおともにしてその文帝の陵墓で猟を楽しんでいる。(その陵墓の文帝は飛将軍が異民族からおそれられ北の守りをしていたのを評価されず不遇に終わったのだ。)めぐまれた貴公子は、才能ありながらも世に認められず、寒寒とした郊外の野原を根本からちぎれて飛ぶ転び蓬のように、独りころがってゆく者のあることなどを知っていないだろう。
㶚陵 漢の文帝劉恆(紀元前203-前157年)陵墓。長安の東南にある。〇夜猟 㶚陵夜猟 漢の「飛」将軍が、夜、山中に射猟して文帝に「君が高祖の時代に生まれていればなあ」と不遇なままで終わったことさす。満陵の尉に叱責された故事をふまえる。〇田竇 漢の武安侯田蚡(未詳-紀元前31年)と魏其侯竇嬰(未詳-紀元前131年)のこと。前者は孝景皇后の弟。後者は孝文后の従兄の子。共に漢代の有力な外戚貴族である。○轉蓬 風にころがって行く野草。魏の曹植(192-232年)の雑詩其二に「転蓬は本根を離れ、諷颻として長風に随う。」と。杜甫の野人送朱桜「この日 新しきを嘗めて転蓬にまかす。」など。


少年  李商隠
七言律詩
○韻 功、封、中、叢、蓬。

李花 李商隠

「李花」 李商隠 紀頌之の漢詩ブログ李商隠特集 24(花街の年増女の艶情)

 花街にまつわる年を重ねた女の艶情について詠っている。



李径獨來数、愁情相與懸。
すももの花咲く小道にいくたびか花街に私は独りやって来た。一つ、二つ、枝から垂れている白いその花のように女たちも年を取る、零落する者の愁いも共におとろえていく。
自明無月夜、強笑欲風天。
その花は、月のない夜暗い小道に明るくはっきりと浮び出で、花と女の笑い顔がある、天のその気に後押しされて、誰だってその気になるはずだ。
減粉與園籜、分香沾渚蓮。
己れの花粉をへらしては、園に生えたたけのこにあたえるように男たちに接する、また、男たちはその香りを分けて、池のなぎさの蓮の女たちをうるおそうとする。
徐妃久己嫁、猶自玉爲鈿。

歳を重ねても多情淫乱だった梁の元帝の妃だった徐妃と同じようにここにきてすでにずいぶん年を重ねているのに、老いてなお多情、キラキラの簪をつけ、左右のものにだれかれとなく情けをかけてくる。



すももの花咲く小道にいくたびか花街に私は独りやって来た。一つ、二つ、枝から垂れている白いその花のように女たちも年を取る、零落する者の愁いも共におとろえていく。
その花は、月のない夜暗い小道に明るくはっきりと浮び出で、花と女の笑い顔がある、天のその気に後押しされて、誰だってその気になるはずだ。
己れの花粉をへらしては、園に生えたたけのこにあたえるように男たちに接する、また、男たちはその香りを分けて、池のなぎさの蓮の女たちをうるおそうとする。
歳を重ねても多情淫乱だった梁の元帝の妃だった徐妃と同じようにここにきてすでにずいぶん年を重ねているのに、老いてなお多情、キラキラの簪をつけ、左右のものにだれかれとなく情けをかけてくる。


李 の 花
李径 独り来ること数々、愁情 相与に懸る。
自から明かなり 月無き夜、強いて笑う 風ならんと欲するの天。
粉を減じては園籜に与え、香を分ちては渚蓮を沾す
徐妃 久しく己に嫁して、猶お自ら玉を鈿と為す

 

李径獨來数、愁情相與懸。
すももの花咲く小道にいくたびか花街に私は独りやって来た。一つ、二つ、枝から垂れている白いその花のように女たちも年を取る、零落する者の愁いも共におとろえていく。
李径 すももの花さく小道。遊郭へ行く小道のこと。 ○ しばしばの意として入声によんだ。かぞえると上声によんで晶ずる。○相与 愁いと花とがときた。


自明無月夜、強笑欲風天。
その花は、月のない夜暗い小道に明るくはっきりと浮び出で、花と女の笑い顔がある、天のその気に後押しされて、誰だってその気になるはずだ。
強笑 強はむりにも。笑は花開くことのたとえ。女性が、笑って白い歯を出すこと。


減粉與園籜、分香沾渚蓮。
己れの花粉をへらしては、園に生えたたけのこにあたえるように男たちに接する、また、男たちはその香りを分けて、池のなぎさの蓮の女たちをうるおそうとする。
 たけのこの皮。その皮にふく粉を籜粉という。○渚蓮 渚はみぎわ。釈道源の注にいう、「李の開くは蓮と時を同じゅうせず。此れ其の色を彷彿せるのみ。」と。 


徐妃久己嫁、猶自玉爲鈿。
歳を重ねても多情淫乱だった梁の元帝の妃だった徐妃と同じようにここにきてすでにずいぶん年を重ねているのに、老いてなお多情、キラキラの簪をつけ、左右のものにだれかれとなく情けをかけてくる。
徐妃 梁の元帝蕭繹(508-554年)の多情の妃。唐の李延寿の「南史」に、徐妃は僧侶智遠道人と私通し、また帝の侍臣李江と姦通した。その嫉妬深さ多情さは、当の李江が「柏直(土地の名)の狗は年老いてもよく猟するように、徐娘は婆さんになっても矢張り多情だ。」と非難した程だったという。徐妃は後に自殺を命ぜられて死んだ。○ かんざし。



ウィキペディアには少し詳しいので参照
徐 昭佩(じょ しょうはい、生年不詳 - 549年)は、南朝梁の元帝蕭繹の妃。本貫は東海郡郯県。
侍中・信武将軍の徐緄の娘として生まれた。天監16年(517年)12月、湘東王妃となった。武烈世子蕭方等と益昌公主蕭含貞を生んだ。貞恵世子蕭方諸の母の王氏が元帝の寵愛を受けていたが、王氏が死去すると元帝は徐妃のせいにした。蕭方等が死去すると、徐妃は病がちになった。太清3年(549年)5月、罪を問われて自殺を迫られ、井戸に身を投げて死去した。江陵の瓦官寺に葬られた。元帝は『金楼子』に彼女の淫行を書かせた。
 
伝説
 徐妃は容姿が醜く、元帝は2、3年に1回しか入室しなかった。元帝は片眼だったので、徐妃は元帝がやってくると知ると、半面を化粧して待ったため、元帝は激怒して部屋を出た。徐妃は酒を好み、よく深酒していて、元帝が私室に帰ると、衣中に吐きもどした。徐妃は荊州の後堂瑤光寺の智遠道人と私通した。ひどく嫉妬深く、元帝の寵愛を受けない妾とは酒杯を交わして仲良くした。元帝の子を宿した者がいると分かると、手ずから刃傷を加えた。元帝の側近の曁季江の容姿が美しかったので、またこれと姦通した。季江は徐妃の老いらくの情に困惑して嘆いた。ときに賀徽という者の容姿が美しいことで知られたが、徐妃は賀徽を普賢尼寺に召して、白角の枕頭で詩を贈答しあった。
 
伝記資料
 『梁書』巻7 列伝第1 皇后
 『南史』巻12 列伝第2 后妃下

柳 李商隠

「柳」 李商隠 紀頌之の漢詩ブログ李商隠特集 23 (野暮な男を詠う)
この詩は、漢、六朝、の憂愁艶情の詩、斉梁時代(479-556年)の唯美的な艶情詩の発想を発展的に継承した李商隠独特の詠物詩。基本的に楊は女性をあらわし、柳は男性をあらわす。したがって、男性の側の恋心、野暮な男を詠うもの。



動春何限葉、撼暁幾多枝。
柳は春の暖かい季節になった男たちは数知れぬ新しい葉葉をゆさぶり、暁まで、おびただしく垂れた枝をゆさゆさとゆさぶるように女たちとたのしむ。
解有相思否、應無不舞時。
新しく目を出した柳に恋はないのか。まさに風のそよぐ限り、枝葉の舞いはやむ時などとてもなさそうだ。
絮飛蔵皓蜨、帯弱露黄鸝。
柳絮を飛ばせて、清らかな白い蝶の姿をかくし、また、やわらかい細い腰の枝はとまった鶯の重みにたえかねて、その姿をあらわす。
傾国宜通體、誰來濁賞眉。

一瞥にて国を傾けた美女というものは、その肉体、情を交えることすべてのことのはずなのに、格子から見えるたたった一つだけの美しい眉だけでその気になる野暮な男は一体誰か。


柳は春の暖かい季節になった男たちは数知れぬ新しい葉葉をゆさぶり、暁まで、おびただしく垂れた枝をゆさゆさとゆさぶるように女たちとたのしむ。
新しく目を出した柳に恋はないのか。まさに風のそよぐ限り、枝葉の舞いはやむ時などとてもなさそうだ。
柳絮を飛ばせて、清らかな白い蝶の姿をかくし、また、やわらかい細い腰の枝はとまった鶯の重みにたえかねて、その姿をあらわす。
一瞥にて国を傾けた美女というものは、その肉体、情を交えることすべてのことのはずなのに、格子から見えるたたった一つだけの美しい眉だけでその気になる野暮な男は一体誰か。



春に動く 何限の葉、暁に撼く 幾多の枝。
解く相思有りや否や、応に舞わざる時無かるべし。
絮は飛んで皓蜨を蔵し、帯は弱くして黄鸝を露わす。
傾国 宜しく通体なるべし、誰か来って独り眉を賞す。


動春何限葉、撼暁幾多枝。
柳は春の暖かい季節になった男たちは数知れぬ新しい葉葉をゆさぶり、暁まで、おびただしく垂れた枝をゆさゆさとゆさぶるように女たちとたのしむ。
何限 無限におなじ。○ ゆさゆさゆすぶること。


解有相思否、應無不舞時。
新しく目を出した柳に恋はないのか。まさに風のそよぐ限り、枝葉の舞いはやむ時などとてもなさそうだ。
 会(きっと何何する)や能(何何する事ができる)に同じ。○相思否 否の字は別のテキストでは、苦の字に作る。相思は恋。李商隠 7 無題(颯颯東風細雨來)
颯颯東風細雨來﹐芙蓉塘外有輕雷。
金蟾嚙鎖燒香入﹐玉虎牽絲汲井回。
賈氏窺帘韓掾少﹐宓妃留枕魏王才。
春心莫共花爭發﹐一寸相思一寸灰。


絮飛蔵皓蜨、帯弱露黄鸝。
柳絮を飛ばせて、清らかな白い蝶の姿をかくし、また、やわらかい細い腰の枝はとまった鶯の重みにたえかねて、その姿をあらわす。
絮飛 柳絮。柳が白い綿を飛ばす。男性の性行為をあらわす。 ○皓蜨 蝶。○ たれさがった柳の枝のこと。○黄鸝 うぐいす。この句は、思いのの通い合った高尚な男女間ではなく、その場の性交渉だけの男女間を示し、次の句へつなぐ。


傾国宜通體、誰來濁賞眉。
一瞥にて国を傾けた美女というものは、その肉体、情を交えることすべてのことのはずなのに、格子から見えるたたった一つだけの美しい眉だけでその気になる野暮な男は一体誰か。
傾国 その一瞥で国運を傾けるほどの要。漢の李延年が李夫人の美貌をたたえた詩から出る言葉。○通体  漢の司馬相如の琴歌に「情を交え体を通じて心和諧す。」という句があり、(宜通体)は、よろしく体を通すべし、という意味になる。○賞眉 女の眉の美しさ。この場合、娼婦の格子越の化粧した眉のことを指す。

記事検索
livedoor 天気
記事検索
プロフィール

紀 頌之

Twitter プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ