漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩 中唐詩人選集【Ⅰ李商隠-150】Ⅱ韓退之(韓愈)-500Ⅶ孟郊(東野)賈島張籍柳宗元韋応物

Ⅰ李商隠は難解詩といわれている。約150首紹介済。(晩唐詩人) Ⅱ韓退之(韓愈)-約500首Ⅶ孟郊、中唐の詩人を掲載中。万物の性(さが)をテーマにした哲学的な詩。このブログは基本的に中唐詩人を中心にして掲載する予定。 韓愈詩文のこれまでの掲載分とこれから掲載予定分を時系列で整理した2014.3.29のブログに集約してそこから各年次を見ることができる  kanbuniinkai 検索で、《漢文委員会HP05》サイトあります。漢詩唐詩を理解するための総合サイト:≪漢文委員会 漢詩07≫。

感謝

少し、マニアックな晩唐詩人Ⅰ-李商隠150首をまず掲載済み。中唐は盛唐詩人(孟浩然・王維、杜甫、李白)を受け継いだ多様な詩人が出ている。この時代も驚くほど詩が発展している。Ⅱ韓退之(韓愈)500首、Ⅲ柳宗元40首、Ⅳ韋応物、Ⅴ劉長卿、Ⅵ韋荘、Ⅶ孟郊(孟東野)、Ⅷ張籍、Ⅸ賈島、Ⅹ劉禹錫、ほか2012~2020年の予定で気長に進める。同じ中唐ではあるが、白居易のグループについては、李白のブログ350首(2015/6月再開~2018/夏・秋月予定)の後掲載の予定。別に杜甫詩ブログ1500首(2011/7月~2018/8月の予定で)を進行中。詩数につぃては、予定の詩数より多くなる。気まぐれなところがあるのでこの予定が少し変わる場合があり、その節はご容赦ください。                 古詩・謝霊運詩 杜甫詩 韓愈詩 花間集500首全詩 それぞれ毎日ブログしています。 このブログ、索引=語句の「検索」 参考書以上掲載。漢詩力up。

中唐詩230 Ⅶ孟郊(孟東野)紀頌之の漢詩ブログ 游子吟(10)

中唐詩230 Ⅶ孟郊(孟東野)紀頌之の漢詩ブログ 游子吟(10)


游子吟
旅立つ息子の詩。
慈母手中線、游子身上衣。
慈しみをもった母は自から手の中の糸で、旅立つ息子の上着を縫っている。 
臨行密密縫、意恐遅遅帰。
出発に臨んでは旅先のことを考えてしっかりと緻密に縫い込んでいる、心配する親心は受験に及第をしないでかえるのがずっと遅くなることを心配することだ。
誰言寸草心、報得三春輝。

春に芽生えてくる小さな草の子供としての思いで、大きく包み込む春の陽光の母の慈愛に応えられるとは、だれも思ってはいないというものだ。(母親の慈愛に報いたいのは当たり前のことだ。


遊子吟
慈母(じぼ)手中の線(いと)、游子(ゆうし)身上の衣(ころも)。
行くに臨(のぞ)んで 密密に縫う、意に 恐る 遅遅として帰えらんことを。
寸草(すんそう)の 心を持って、三春(さんしゅん)の暉(き)に報じ得がたし。

DCF00102500


現代語訳と訳註
(本文) 遊子吟 
慈母手中線,遊子身上衣。
臨行密密縫,意恐遲遲歸。
誰言寸草心,報得三春暉。


(下し文) 遊子の吟
慈母 手中の線(いと),遊子  身上の衣(ころも)。
行くに臨みて 密密に 縫ふは,意に恐る  遲遲として 歸らんことを。
誰(たれ)か言ふ 寸草の心の,三春の暉(き)に 報い得(え)んとは。


(現代語訳) 
旅立つ息子の詩。
慈しみをもった母は自から手の中の糸で、旅立つ息子の上着を縫っている。 
出発に臨んでは旅先のことを考えてしっかりと緻密に縫い込んでいる、心配する親心は受験に及第をしないでかえるのがずっと遅くなることを心配することだ。
春に芽生えてくる小さな草の子供としての思いで、大きく包み込む春の陽光の母の慈愛に応えられるとは、だれも思ってはいないというものだ。(母親の慈愛に報いたいのは当たり前のことだ。


(訳注)
遊子吟

旅立つ息子の詩。
○母の子に対する慈愛の深さと、それに感謝する心を詠う。この作品は、全て対句となっているが、日本の読み下しの対句に対する無理が生じる。 ○遊子 旅人。家を離れて他郷にいる人。旅行者。ここでは、この母親の息子のことになる。 ○吟 詩体の一。


慈母手中線、遊子身上衣。
慈しみをもった母は自から手の中の糸で、旅立つ息子の上着を縫っている。 
慈母 慈(いつく)しみ深い母親。 ○手中 手の中。 ○ 糸。○身上 身の上に(羽織る)。 ○ 衣裳。


臨行密密縫、意恐遲遲歸。
出発に臨んでは旅先のことを考えてしっかりと緻密に縫い込んでいる、心配する親ごころは受験に及第をしないでかえるのがずっと遅くなることを心配することだ。
臨行 出発に際して。 ○密密 しっかりと。密に。ここでは縫い目が密であるさまをいう。 ○ 縫う。
 思い。意図するところ。 ○ おそらく。 ○遲遲 のろのろとして。ぐずぐずとして。時間がかかるさま。速度、進度が滞りがちなさまを謂う。 ○ 旅先から自宅に戻る。「歸」は本来の居場所(自宅、故郷、墓所)にもどることをいう。


誰言寸草心、報得三春暉。
春に芽生えてくる小さな草の子供としての思いで、大きく包み込む春の陽光の母の慈愛に応えられるとは、だれも思ってはいないというものだ。(母親の慈愛に報いたいのは当たり前のことだ。
誰言 …とだれが言おうか。だれも言わない。だれも思わない。 ○寸草心 小さな草の思い。子ども側の母親の厚恩慈祥に対する心。「草」は後出の「暉」=暖かい陽光、に対して使われている。 ○寸草 小さな草。○報得 …に応える。…に報(むく)いる。○三春暉 母親の慈愛のあたたかさや大きさ。○三春 春の三ヶ月。陰暦一月、二月、三月のこと。春季。○ 輝き。
DCF00117

唐宋詩204 Ⅶ孟郊(孟東野)紀頌之の漢詩ブログ 「渭上思帰」孟郊(9)

唐宋詩204 Ⅶ孟郊(孟東野)紀頌之の漢詩ブログ 「渭上思帰」孟郊(9)


渭上思帰
獨訪千里信、囘臨千里河。
ひとり長安で試験に臨んでいる、千里先の故郷の母は信頼し、及第することを信じてくれている、そしてまた、渭水は千里の先で故郷とつながっているだからこの川にのぞむと母につながっていることを感じるのである。
家在呉楚郷、涙寄東南波。
実家は呉と楚の国の地方の水郷にある、春風の波から夏の風の波に変わりつつある、また次の都市の試験を思うと涙が止まらない。

渭上の思帰
ひとり千里の信を訪う、また千里の河に臨む。
家は在り呉楚の郷、涙は寄す東南の波。

sas00800



渭上思帰 現代語訳と訳註
(本文)

獨訪千里信、囘臨千里河。
家在呉楚郷、涙寄東南波。


(下し文)
ひとり千里の信を訪う、また千里の河に臨む。
家は在り呉楚の郷、涙は寄す東南の波。


(現代語訳)
ひとり長安で試験に臨んでいる、千里先の故郷の母は信頼し、及第することを信じてくれている、そしてまた、渭水は千里の先で故郷とつながっているだからこの川にのぞむと母につながっていることを感じるのである。
実家は呉と楚の国の地方の水郷にある、春風の波から夏の風の波に変わりつつある、また次の都市の試験を思うと涙が止まらない。


(訳注)
獨訪千里信、囘臨千里河。

ひとり千里の信を訪う、また千里の河に臨む。
ひとり長安で試験に臨んでいる、千里先の故郷の母は信頼し、及第することを信じてくれている、そしてまた、渭水は千里の先で故郷とつながっているだからこの川にのぞむと母につながっていることを感じるのである。
千里信 長安と江南は千里以上もある。その間を信頼という絆でつながっている。あるいは、母の慈愛であろうか。○千里河 渭水は黄河に灌ぎ、黄河は運河を通じて長江のつながっている。都、長安の食料の大半が江南地方の生産物に頼っていた。


家在呉楚郷、涙寄東南波。
家は在り呉楚の郷、涙は寄す東南の波。
実家は呉と楚の国の地方の水郷にある、春風の波から夏の風の波に変わりつつある、また次の都市の試験を思うと涙が止まらない。
呉楚郷 呉と楚の国の地方の水郷。浙江省、安徽省にある。○東南波 東の風は春を示す、春風に倚る波。春は、科挙の試験の季節。南は夏風による波、季節の移り変わりを詠ったものである。夏になる前から受験の準備にかかる。受験生は、毎年こうした季節を感じているのである。

 隋時代から始まった科挙試験、20歳前後から30年近く受験し続けた孟郊がすごいのか、息子を元気づける母親がすごいのか。現代人に理解できるのか。当時は貴族時代。当時としては科挙試験を宿命づけられた人にとって、頑張り続けるより道はなかったのだ。通常40歳を超え、45歳までにあきらめる場合が多かったようだが。
DCF00212

blogram投票ボタン

毎日それぞれ一首(長詩の場合一部分割掲載)kanbuniinkai紀 頌之の漢詩3ブログ
05rihakushi350

李白詩350首kanbuniinkai紀頌之のブログ

700Toho shi

kanbuniinkai11の頌之漢詩 杜甫詩700首



800tousouSenshu
kanbuniinkai10 頌之の漢詩 唐宋詩人選集 Ⅰ李商隠150首 Ⅱ韓退之(韓愈)Ⅶ孟郊
各詩人についてはブログ内の検索を利用したほうが良い場合もあります。
burogutitl770

http://kanshi100x100.blog.fc2.com/

李 白 詩
唐宋詩 
(Ⅰ李商隠Ⅱ韓退之(韓愈))
杜 甫 詩
李白詩INDEX02
李商隠INDEX02
杜甫詩INDEX02

記事検索
livedoor 天気
記事検索
プロフィール

紀 頌之

Twitter プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ