漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩 中唐詩人選集【Ⅰ李商隠-150】Ⅱ韓退之(韓愈)-500Ⅶ孟郊(東野)賈島張籍柳宗元韋応物

Ⅰ李商隠は難解詩といわれている。約150首紹介済。(晩唐詩人) Ⅱ韓退之(韓愈)-約500首Ⅶ孟郊、中唐の詩人を掲載中。万物の性(さが)をテーマにした哲学的な詩。このブログは基本的に中唐詩人を中心にして掲載する予定。 韓愈詩文のこれまでの掲載分とこれから掲載予定分を時系列で整理した2014.3.29のブログに集約してそこから各年次を見ることができる  kanbuniinkai 検索で、《漢文委員会HP05》サイトあります。漢詩唐詩を理解するための総合サイト:≪漢文委員会 漢詩07≫。

万物の性・哲学

少し、マニアックな晩唐詩人Ⅰ-李商隠150首をまず掲載済み。中唐は盛唐詩人(孟浩然・王維、杜甫、李白)を受け継いだ多様な詩人が出ている。この時代も驚くほど詩が発展している。Ⅱ韓退之(韓愈)500首、Ⅲ柳宗元40首、Ⅳ韋応物、Ⅴ劉長卿、Ⅵ韋荘、Ⅶ孟郊(孟東野)、Ⅷ張籍、Ⅸ賈島、Ⅹ劉禹錫、ほか2012~2020年の予定で気長に進める。同じ中唐ではあるが、白居易のグループについては、李白のブログ350首(2015/6月再開~2018/夏・秋月予定)の後掲載の予定。別に杜甫詩ブログ1500首(2011/7月~2018/8月の予定で)を進行中。詩数につぃては、予定の詩数より多くなる。気まぐれなところがあるのでこの予定が少し変わる場合があり、その節はご容赦ください。                 古詩・謝霊運詩 杜甫詩 韓愈詩 花間集500首全詩 それぞれ毎日ブログしています。 このブログ、索引=語句の「検索」 参考書以上掲載。漢詩力up。

《韓愈詩index-15 韓愈 哲学・儒学「五原」》韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <994>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3954

韓愈詩index-15 韓愈 哲学・儒学「五原」



2014年3月27日の紀頌之5つのブログ
●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場
Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 
LiveDoorブログ
李白index- 10 《731年開元十九年31歳 長安、洛陽、嵩陽、河南、安陸と転々とする。》李白詩 全詩<李白index- 10> Ⅰ李白詩1081 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3953
孟浩然 詩 index李白詩index謝霊運 詩 index司馬相如 《 子虛賦 ・上林賦 》揚雄 《 甘泉賦 》 ●諸葛亮(孔明)出師表
曹植(曹子建)詩 65首 index文選 賦)兩都賦序・西都賦・東都賦 (班固)●古詩十九詩 無名氏(1)漁父辞 屈原『楚辞・九歌』東君 屈原《楚辞 『九辯』》 宋玉  <案内>
●唐を代表する 中唐 韓愈 全500首 
Ⅱ中唐詩・晩唐詩
 
 LiveDoorブログ
《韓愈詩index-15 韓愈 哲学・儒学「五原」》韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <994>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3954
・李商隠詩 (1) 136首の75首・李商隠詩 (2) 135首の61首●韓愈index-1 ・孟郊、張籍と交遊・汴州乱41首●韓愈詩index-2[800年 33歳~804年 37歳]27首●韓愈詩index-3 805年 38歳・]陽山から江陵府 36首●韓愈詩index-4 806年 39歳 江陵府・権知国子博士 51首(1)25首
index-5 806年39歳 50首の(2)25首index-6[807年~809年 42歳]20首index-7[810年~811年 44歳] 34首index-8 [812年~814年47歳]46首index-9[815年~816年 49歳] 57首index-10[817年~818年 51歳]・「平淮西碑」28首
index-11 819年 52歳 ・『論佛骨表』左遷 38首index-12 820年 53歳 ・9月國子祭酒に。18首index-13 821年~822年 55歳 22首index-14 823年~824年 57歳・病気のため退職。没す。 14首韓愈 哲学・儒学「五原」賦・散文・上奏文・碑文など
孟郊張籍    
●杜甫の全作品1500首を取り上げて訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"
Ⅲ杜甫詩1000詩集  LiveDoorブログ廣徳2年764-49 《觀李固請司馬弟山水圖,三首之二》 ふたたび成都 杜甫<694> 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3955 杜甫詩1000-694-962/150013
杜甫詩(1)736~751年 青年期・李白と交遊期・就活の詩 53首杜甫詩(2)752年~754年、43歳 73首(青年期・就活の詩) 杜甫詩(3)755年~756年、45歳 安史の乱に彷徨う 26首杜甫詩(4)作時757年、46歳 安史軍捕縛、脱出、左拾遺 43首杜甫詩(5)758年;乾元元年、47歳 左拾遺、朝廷疎外、左遷 53首杜甫詩 (6)759年;乾元二年、48歳 三吏三別 官を辞す 44首
杜甫詩(7)759年;乾元二年、48歳 秦州抒情詩 66首杜甫詩(8)作時759年、48歳 秦州発、同谷紀行、成都紀行 36首杜甫詩(9)760年;上元元年、49歳 成都浣花渓草堂 45首杜甫詩(10)761年;上元二年、50歳 成都浣花渓草堂 82首杜甫詩(11)762年寶應元年 杜甫51歳  浣花渓草堂~蜀中転々 43首杜甫詩(12)762年寶應元年 杜甫51歳 蜀中転々 49首
●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている
Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2ブログ
      
●花間集全詩●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩。唐から五代詩詞。花間集
Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoor花間集 巻第六 (歐陽舍人炯十三首・和學士凝十三首・顧太尉敻十八首) 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3957
薛濤の全詩花間集(1)花間集(2)花間集(3)花間集(4)花間集(5)
魚玄機全詩●花間集(6)●花間集(7)●花間集(8)●花間集(9)●花間集(10)
温庭筠66首 花間集1・2巻皇甫松11首 花間集二巻韋莊47首 花間集二巻薛昭蘊19首 花間集三巻牛嶠31首 花間集三・四巻張泌27首 花間集四巻
毛文錫31首 花間集5巻牛希濟11首 花間集5巻欧陽烱17首 花間集5・6巻和凝20首 花間集6巻顧夐56首 花間集6・7巻孫光憲47首 花間集7・8巻
魏承班15首 花間集8・9巻鹿虔扆6首 花間集9巻閻選8首 花間集9巻尹鶚6首 花間集9巻毛熙震29首 花間集9・10巻李珣39首 花間集10巻
 ■最近Best5 賦・詩・詞(漢詩4ブログ各部門)漢詩総合サイト 07ch
杜甫全詩案内韓愈全詩 案内李白全集文選古詩源花間集案内



韓愈(韓退之)02《韓愈詩index-15 韓愈 哲学・儒学「五原」》韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <994> 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3954



index-15韓愈哲学 儒家道徳の根源・本質をたずねる論文。
 五原:「原道」「原性」「原人」「原鬼」「原毀」 
  原道 韓退之(韓愈)詩<115-1>Ⅱ中唐詩573 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ1858 
  原道 韓退之(韓愈)詩<115-2>Ⅱ中唐詩574 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ1862 
  原道 韓退之(韓愈)詩<115-3>Ⅱ中唐詩575 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ1866 
  原道 韓退之(韓愈)詩<115-4>Ⅱ中唐詩576 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ1870 
  原道 韓退之(韓愈)詩<115-5>Ⅱ中唐詩577 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ1874 
  原道 韓退之(韓愈)詩<115-6>Ⅱ中唐詩578 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ1878 
  原道 韓退之(韓愈)詩<115-7>Ⅱ中唐詩579 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ1882 4段目-2 
  原道 韓退之(韓愈)詩<115-8>Ⅱ中唐詩580 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ1886 
  原道 韓退之(韓愈)詩<115-9>Ⅱ中唐詩581 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ1890 
  原道 韓退之(韓愈)詩<115-10>Ⅱ中唐詩582 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ1894 
  原道 韓退之(韓愈)詩<115-11>Ⅱ中唐詩583 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ1898 
  原道  韓愈 (韓退之)<115-12>Ⅱ中唐詩584 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ1902 
  原道  韓愈 (韓退之) 13回目<115-13>Ⅱ中唐詩585 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ1906 
  原道  韓愈 (韓退之)14回目 8段目-2<115-14>Ⅱ中唐詩586 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ1910 
  原道  韓愈 (韓退之) 8段目-3<#15>Ⅱ中唐詩587 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ1914 
  原道  韓愈 (韓退之) 9段目<115-16>Ⅱ中唐詩588 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ1918  
  原道  韓愈 (韓退之) 10段目<115-17>Ⅱ中唐詩589 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ1929 
  原道  韓愈 (韓退之) 10段目-2<115-18>Ⅱ中唐詩590 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ1934 
  原道 韓愈 (韓退之) 11段目<115-19>Ⅱ中唐詩591 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ1939 
  原道 韓退之(韓愈)詩12段目<115-20>Ⅱ中唐詩592 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ1944 
  原道 韓愈 (韓退之)詩文12段目#2<115-21>Ⅱ中唐詩593 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ1949 
  原道 韓愈(韓退之) 13段目の#1<115-22>Ⅱ中唐詩594 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ1954 
  原道 韓愈(韓退之) 13段目-#2<115-23>Ⅱ中唐詩595 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ1959 
  原道 韓愈(韓退之) 14段目最終<115-24>Ⅱ中唐詩596 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ1964 
  道をたずねる。 原道 1回~12回 まとめ(1) 韓愈(韓退之) <25>Ⅱ中唐詩597 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ1969 
  原道 13回~24回 まとめ(2) 韓愈(韓退之) <115-26>Ⅱ中唐詩598 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ1974 
    
  原性 韓愈(韓退之) <116-1>Ⅱ中唐詩599 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ1979 
  原性 韓愈(韓退之) <116-2>Ⅱ中唐詩600 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ1984 
  原性 韓愈(韓退之) <116-3>Ⅱ中唐詩601 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ1989 
  原性 韓愈(韓退之) <116-4>Ⅱ中唐詩602 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ1994 
  原性 韓愈(韓退之) <116-5>Ⅱ中唐詩603 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ1999 
  原性 韓愈(韓退之) <116-6>Ⅱ中唐詩602 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ1994 
  原性 韓愈(韓退之) <116-7>Ⅱ中唐詩605 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2009 
  原性 韓愈(韓退之) <116-8>Ⅱ中唐詩606 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2014 
  原性 六段目 韓愈(韓退之) <116-9> Ⅱ中唐晩唐 607 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2019 
  原性 七段目(最終回)韓愈(韓退之) <116-10>Ⅱ中唐詩608 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2024 
  原性(まとめ) 韓愈(韓退之) <116-11>Ⅱ中唐詩609 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2029 
    
  原人 韓愈(韓退之) <117-1>Ⅱ中唐詩610 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2034 
  原人 二段目 韓愈(韓退之) <117-2>Ⅱ中唐詩611 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2039 
  原人 韓愈(韓退之) <117-3>Ⅱ中唐詩612 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2044 
  原人 韓愈(韓退之) <117-4>Ⅱ中唐詩613 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2049 
    
  原鬼 韓愈(韓退之) <118-1>Ⅱ中唐詩614 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2054 
  原鬼 韓愈(韓退之) <118-2>Ⅱ中唐詩615 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2059 
  原鬼 韓愈(韓退之) <118-3>Ⅱ中唐詩616 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2064 
  原鬼 韓愈(韓退之) <118-4>Ⅱ中唐詩617 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2069 
    
  原毀 韓愈(韓退之) <119-#1>Ⅱ中唐詩618 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2074 
  原毀 韓愈(韓退之) <119-#2>Ⅱ中唐詩619 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2079 
  原毀 韓愈(韓退之) <119-#3>Ⅱ中唐詩620 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2084 
  原毀 韓愈(韓退之) <119-#4>Ⅱ中唐詩620 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2084 
  原毀 韓愈(韓退之) <119-#5>Ⅱ中唐詩621 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2089 
  原毀 韓愈(韓退之) <119-#6>Ⅱ中唐詩623 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2099 
  原毀 韓愈(韓退之) <119-#7>Ⅱ中唐詩624 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2104 
  原毀 韓愈(韓退之) <119-#8>Ⅱ中唐詩625 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2109 
  原毀 韓愈(韓退之) <119-#9>Ⅱ中唐詩626 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2114 
  原毀 韓愈(韓退之) <119-#10>Ⅱ中唐詩627 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2119 
  原毀 韓愈(韓退之) <119-#11>Ⅱ中唐詩628 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2124 
  原毀(まとめ) 韓愈(韓退之) <119-#12>Ⅱ中唐詩629 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2129 
    
1 進学解 韓退之(韓愈)詩<114-1>Ⅱ中唐詩557 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ1794國子先生,晨入太學,
  進学解 韓退之(韓愈)詩<114-2>Ⅱ中唐詩558 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ1798 
  進学解 韓退之(韓愈)詩<114-3>Ⅱ中唐詩559 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ1802 
  進学解 韓退之(韓愈)詩<114-4>第2段の2Ⅱ中唐詩560 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ1806 
  進学解 韓退之(韓愈)詩<114-5>Ⅱ中唐詩561 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ1810 
  進学解 韓退之(韓愈)詩<114-6>Ⅱ中唐詩562 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ1814 
  進学解 韓退之(韓愈)詩<114-7>Ⅱ中唐詩563 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ1818 
  進学解 韓退之(韓愈)詩<114-8>Ⅱ中唐詩564 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ1822 
  進学解 韓退之(韓愈)詩<114-9>Ⅱ中唐詩565 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ1826 
  進学解 韓退之(韓愈)詩<114-10>Ⅱ中唐詩566 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ1830 
  進学解 韓退之(韓愈)詩<114-11>Ⅱ中唐詩567 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ1834 
  進学解 韓退之(韓愈)詩<114-12>Ⅱ中唐詩568 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ1838 
  進学解 韓退之(韓愈)詩<114-13>Ⅱ中唐詩569 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ1842 
  進学解 韓退之(韓愈)詩<114-14>Ⅱ中唐詩570 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ1846 
  進学解 韓退之(韓愈)詩<114-15>Ⅱ中唐詩571 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ1850 
  「学問を進めるための解明文」進学解(まとめ) 韓退之(韓愈)詩<114-16>Ⅱ中唐詩572 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ1854 
    
    

韓愈詩index-15 韓愈 哲学・儒学「五原」



韓愈(韓退之)02《韓愈詩index-15 韓愈 哲学・儒学「五原」》韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <994> 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3954

中唐詩 Ⅶ孟郊(孟東野) 贈鄭夫子魴 <23> kanbun-iinkai紀頌之の漢詩ブログ247

中唐詩 Ⅶ孟郊(孟東野) 贈鄭夫子魴 <23> kanbun-iinkai紀頌之の漢詩ブログ247

そもそも、孟郊にとって、詩を作るということは、どういうことを意味したのだろうか。孟郊に「贈鄭夫子魴」(巻六)と題する詩があり、詩歌の創作に対する見解を述べている。鄭魴という人物に贈った詩。
kairo10680

贈鄭夫子魴
 天地入胸臆,籲嗟生風雷。
天地、自然万物が詩人の胸に入る、ため息を吐き出し、それは風を生み、雷を鳴らせるのである。
 文章得其微,物象由我裁。
詩人が作り出す文章は細やかなる描写表現を得ているものだ、万物の事象をも作り出すことさえも詩人自身の裁量でもってするのである。
 宋玉逞大句,李白飛狂才。
宋玉は雄々しい句でたくましい。李白は集中しこだわりを持ち常人では考えられないほどの才能を迸せている。
 苟非聖賢心,孰與造化該。
いやしくも詩歌を作る才能だけでなく聖人と賢人の心であらねばならない。そして、詩歌の創作が造物主の働きに匹敵することをいう。
 勉矣鄭夫子,驪珠今始胎。

鄭魴・先生はこのまま勉められるよいとおもう。黒竜の顎下の驪珠を手に入れたような宿されたばかりの若い才能に期待している。


天地 胸臆【きょうおく】に入り、吁嗟【ああ】風雷を生ず。
文章其の微を得て、物象我に由りて裁つ。
宋玉大句を逞しくし、李白狂才を飛ばす。
苟【いやし】くも聖賢の心に非ざれば、孰【いずれ】か造化と該たらん。
勉めよ鄭夫子、驪珠【りしゅ】今始めて胎す。

600moon880

現代語訳と訳註
(本文)
贈鄭夫子魴
 天地入胸臆,籲嗟生風雷。
 文章得其微,物象由我裁。
 宋玉逞大句,李白飛狂才。
 苟非聖賢心,孰與造化該。
 勉矣鄭夫子,驪珠今始胎。


(下し文)
天地 胸臆【きょうおく】に入り、吁嗟【ああ】風雷を生ず。
文章其の微を得て、物象我に由りて裁つ。
宋玉大句を逞しくし、李白狂才を飛ばす。
苟【いやし】くも聖賢の心に非ざれば、孰【いずれ】か造化と該たらん。
勉めよ鄭夫子、驪珠【りしゅ】今始めて胎す。


(現代語訳)
天地、自然万物が詩人の胸に入る、ため息を吐き出し、それは風を生み、雷を鳴らせるのである。
詩人が作り出す文章は細やかなる描写表現を得ているものだ、万物の事象をも作り出すことさえも詩人自身の裁量でもってするのである。
宋玉は雄々しい句でたくましい。李白は集中しこだわりを持ち常人では考えられないほどの才能を迸せている。
いやしくも詩歌を作る才能だけでなく聖人と賢人の心であらねばならない。そして、詩歌の創作が造物主の働きに匹敵することをいう。
鄭魴・先生はこのまま勉められるよいとおもう。黒竜の顎下の驪珠を手に入れたような宿されたばかりの若い才能に期待している。

80022008

(訳注)
天地入胸臆,籲嗟生風雷。

天地、自然万物が詩人の胸に入る、ため息を吐き出し、それは風を生み、雷を鳴らせるのである。
胸臆  むね。胸部。心。心の中。胸のうち。肉体を自然現象になぞらえている。○ 籲嗟 ああ、の辞。籲は呼ぶ。杜甫『奉贈鮮於京兆二十韻』 
この句は、詩を作ることは、天地の自然を自由に操ることなのである。言い換えれば、詩歌の創作は造物主の働きに等しいことになる。


文章得其微,物象由我裁。
詩人が作り出す文章は細やかなる描写表現を得ているものだ、万物の事象をも作り出すことさえも詩人自身の裁量でもってするのである。
○詩人が感じたものを創作の描写表現の神髄について述べる。主観的に描く対象を造型しうることこそが、創作の神髄なのだという。


宋玉逞大句,李白飛狂才。
宋玉は雄々しい句でたくましい。李白は集中しこだわりを持ち常人では考えられないほどの才能を迸せている。
宋玉 屈原の弟子で、『文選』巻十九に「高唐賦」「神女賦」などの作品が載っている。○逞 たくましいい。創作の神髄をきわめた詩人の例を挙げる。○大句  スケールの大きい句、雄々しい句であること。○李白 奔放で変幻自在な詩風。○狂才 集中しこだわりを持ち常人では考えられないほどの才能。狂は狂人というのではない。
○すぐれた詩句であること、孟郊は宋玉と李白を讃えている。


苟非聖賢心,孰與造化該。
いやしくも詩歌を作る才能だけでなく聖人と賢人の心であらねばならない。そして、詩歌の創作が造物主の働きに匹敵することをいう。
○苟 いやしくも。○ いずれ。


勉矣鄭夫子,驪珠今始胎。
鄭魴先生はこのまま勉められるよいとおもう。黒竜の顎下の驪珠を手に入れたような宿されたばかりの若い才能に期待している。
○夫子  1 昔、中国で、大夫(たいふ)以上の人に用いた敬称。また、長者・賢者・先生などを敬っていう語。2 その当人を指す語。あなた・あの人の意。 3 孔子の敬称。 ○驪珠 『荘子』《列禦寇》から黒色の竜のあごの下にある珠をいう。危険を冒さなくては手に入れることのできない貴重なもの。つまり黒竜のあごの下にある玉とは、鄭魴のすぐれた文才のたとえ。鄭魴を激励することばである。


hinode0200

blogram投票ボタン

毎日それぞれ一首(長詩の場合一部分割掲載)kanbuniinkai紀 頌之の漢詩3ブログ
05rihakushi350

李白詩350首kanbuniinkai紀頌之のブログ

700Toho shi

kanbuniinkai11の頌之漢詩 杜甫詩700首

800tousouSenshu
kanbuniinkai10 頌之の漢詩 唐宋詩人選集 Ⅰ李商隠150首 Ⅱ韓退之(韓愈)Ⅶ孟郊
各詩人についてはブログ内の検索を利用したほうが良い場合もあります。
burogutitl770

http://kanshi100x100.blog.fc2.com/


唐宋詩 
(Ⅰ李商隠Ⅱ韓退之(韓愈))
李白詩INDEX02
李商隠INDEX02
杜甫詩INDEX02

唐宋詩202 Ⅶ孟郊(孟東野)紀頌之の漢詩ブログ 「春雨後」孟郊(7)

唐宋詩202 Ⅶ孟郊(孟東野)紀頌之の漢詩ブログ 「春雨後」孟郊(7)

春雨後 
昨夜一霎雨、天意蘇群物。
昨夜、わずか短い時間、雨が降った、天の意志で、群れを成し関連しあった万物を復活させるおつもりなのだ。
何物最先知、虚庭草争出。

その天意を最初に知ることになったのは何だろうか、冬枯れした庭の雑草が先を争って生えだした。

春雨の後
昨夜 一霎(いっしょう)の雨、天意 群物を蘇らす。
何物ぞ 最も先ず知る、虚庭 草 争い出ず。

春雨後 現代語訳と訳註
(本文)

昨夜一霎雨、天意蘇群物。
何物最先知、虚庭草争出。

(下し文) 春雨の後
昨夜 一霎(いっしょう)の雨、天意 群物を蘇らす。
何物ぞ 最も先ず知る、虚庭 草 争い出ず。


(現代語訳)
昨夜、わずか短い時間、雨が降った、天の意志で、群れを成し関連しあった万物を復活させるおつもりなのだ。
その天意を最初に知ることになったのは何だろうか、冬枯れした庭の雑草が先を争って生えだした。


(訳注)
昨夜一霎雨、天意蘇群物。
(昨夜 一霎(いっしょう)の雨、天意 群物を蘇らす。)
昨夜、わずか短い時間、雨が降った、天の意志で、群れを成し関連しあった万物を復活させるおつもりなのだ。
一霎 短い時間 霎眼 瞬く間に. 霎时, 霎时间 一瞬の間.○天意 1 天の意志。造物主の意志。また、自然の道理。 2 天の意志。天子の思い、おぼしめし。○群物 群れを成し関連しあった万物。

何物最先知、虚庭草争出。
(何物ぞ 最も先ず知る、虚庭 草 争い出ず。)
その天意を最初に知ることになったのは何だろうか、冬枯れした庭の雑草が先を争って生えだした。
虚庭 冬枯れした庭。手入れがなく荒廃した庭。○草争出 雑草が先を争って生える。


春雨に関した漢詩ブログ
大雲寺贊公房四首 其一#1 杜甫 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ 杜甫特集700- 164

柳枝五首有序 李商隠 紀頌之の漢詩ブログ李商隠特集150- 113

無 題(白道縈廻入暮霞) 李商隠 紀頌之の漢詩ブログ李商隠特集-83

細雨(瀟洒傍廻汀)  李商隠 紀頌之の漢詩ブログ李商隠特集-78

春雨 李商隠 紀頌之の漢詩ブログ李商隠特集-77


blogram投票ボタン

毎日それぞれ一首(長詩の場合一部分割掲載)kanbuniinkai紀 頌之の漢詩3ブログ
05rihakushi350

李白詩350首kanbuniinkai紀頌之のブログ

700Toho shi

kanbuniinkai11の頌之漢詩 杜甫詩700首



800tousouSenshu
kanbuniinkai10 頌之の漢詩 唐宋詩人選集 Ⅰ李商隠150首 Ⅱ韓退之(韓愈)Ⅶ孟郊
各詩人についてはブログ内の検索を利用したほうが良い場合もあります。
burogutitl770

http://kanshi100x100.blog.fc2.com/

重雲李觀疾贈之 #2 唐宋詩201Ⅱ韓退之(韓愈) 紀頌之の漢詩ブログ 韓愈特集-5

重雲李觀疾贈之 #2 唐宋詩201Ⅱ韓退之(韓愈) 紀頌之の漢詩ブログ 韓愈特集-5

孟郊が進士の試に合格したのは貞元十二年〈七九六〉であった。すなわちこの詩は、合格前の郊に贈ったものである。礼部の試には合格したが、吏部の試には落第した愈と、礼部の試にも合格できぬ郊と、落第の段階は違うが、官職につけず、俸給がもらえない点では、変わりがない。だから愈のこの時期の詩はヽ進士の試に合格はしたもののヽ「門を昨ず」と同じ調子をもっている・ そして翌貞元十年〈七九四〉に、愈が最も尊敬していた同輩の李観が死んだ。観はすでに博学鴻辞の科にも合格し、太子校書の職を授けられていた。その最後の病床に、愈は一首の詩を贈った。

李観が死んだのは、貞元十年の春である。この春は異常に長雨が続き、『唐書』「五行志」によれば、四か月のあいだに降らなかったのはたった一日か二日であったという。詩はそのときに作られたのであろう。


重雲李觀疾贈之
#1

  天行失其度,陰氣來幹陽。
  重雲閉白日,炎燠成寒涼。
  小人但咨怨,君子惟憂傷。
  飲食爲減少,身體豈寧康。」
#2
此志誠足貴,懼非職所當。
君の気持はほんとうに貴ばれる値うちのあるものである、ただ、おそらくは君の職責の該当する問題ではあるまい。
藜羹尚如此,肉食安可嚐。
わたしにしたって、俸禄がなくアカザを実にした吸い物を啜る今の身分ではあるがこのとおりである、高い身分の人が食ベる肉料理など、味わうことができるものか。
窮冬百草死,幽桂乃芬芳。
冬の極まった季節には全部の草が枯れてしまうものであるが、そうなると奥まったところに植えられている桂であってもよい香りを放つということなのだ。
且況天地間,大運自有常。
ましてこの天地の間に、めぐり来る運命にはそれなりの法則性があるものだ(だから君の病気はきっと全快する。
勸君善飲食,鸞鳳本高翔。」
しっかり食事をとることを君に進める。君は非几な鸞鳳である、もともと世俗を超越して、高く翔るものなのだ。


#1
天行 其の度を失い、陰気 来たりて陽を干(おか)す。
重雲(ちょううん)は白日を閉し、炎燠(えんいく)は寒涼と成る。
小人は但だ咨怨(しえん)するのみ、君子は惟れ憂傷す。
飲食 為に減少す、身体 豈 寧康ならんや。
#2
此の志 誠に貴ぶに足るも、懼(おそ)らくは職の当たる所に非じ。
藜羹(れいこう)すら 尚 此の如し、肉食 安くんぞ嚐(な)む可けんや。
窮冬(きゅうとう) 百草 死し、幽桂(ゆうけい) 乃ち芬芳(ぶんほう)。
且つ況んや天地の間、大運 自から常有るをや。
君に勸む善く飲食せよ、鸞鳳 本 高翔す。


重雲李觀疾贈之 " 現代語訳と訳註
(本文) #2

  此志誠足貴,懼非職所當。
  藜羹尚如此,肉食安可嚐。
  窮冬百草死,幽桂乃芬芳。
  且況天地間,大運自有常。
  勸君善飲食,鸞鳳本高翔。」

(下し文) #2
此の志 誠に貴ぶに足るも、懼(おそ)らくは職の当たる所に非じ。
藜羹(れいこう)すら 尚 此の如し、肉食 安くんぞ嚐(な)む可けんや。
窮冬(きゅうとう) 百草 死し、幽桂(ゆうけい) 乃ち芬芳(ぶんほう)。
且つ況んや天地の間、大運 自から常有るをや。
君に勸む善く飲食せよ、鸞鳳 本 高翔す。


(現代語訳) #2
君の気持はほんとうに貴ばれる値うちのあるものである、ただ、おそらくは君の職責の該当する問題ではあるまい。
わたしにしたって、俸禄がなくアカザを実にした吸い物を啜る今の身分ではあるがこのとおりである、高い身分の人が食ベる肉料理など、味わうことができるものか。
冬の極まった季節には全部の草が枯れてしまうものであるが、そうなると奥まったところに植えられている桂であってもよい香りを放つということなのだ。
ましてこの天地の間に、めぐり来る運命にはそれなりの法則性があるものだ(だから君の病気はきっと全快する)。
しっかり食事をとることを君に進める。君は非几な鸞鳳である、もともと世俗を超越して、高く翔るものなのだ。


(訳注)
此志誠足貴,懼非職所當。
(此の志 誠に貴ぶに足るも、懼(おそ)らくは職の当たる所に非じ。)

君の気持はほんとうに貴ばれる値うちのあるものである、ただ、おそらくは君の職責の該当する問題ではあるまい。
 職責 李観博学鴻辞の科にも合格し、太子校書の職。


藜羹尚如此,肉食安可嚐。
(藜羹(れいこう)すら 尚 此の如し、肉食 安くんぞ嚐(な)む可けんや。)
わたしにしたって、俸禄がなくアカザを実にした吸い物を啜る今の身分ではあるがこのとおりである、高い身分の人が食ベる肉料理など、味わうことができるものか。
藜羹 アカザを実にした吸い物。粗末な食物のたとえ。(藜羹を食らう者は大牢の滋味を知らず.)


窮冬百草死,幽桂乃芬芳。
(窮冬(きゅうとう) 百草 死し、幽桂(ゆうけい) 乃ち芬芳(ぶんほう)。)
冬の極まった季節には全部の草が枯れてしまうものであるが、そうなると奥まったところに植えられている桂であってもよい香りを放つということなのだ。
 1 カツラ科の落葉高木。山地に自生。葉は広卵形で裏面が白い。雌雄異株。5月ごろ、紅色の雄花、淡紅色の雌花をつけ、花びらはない。材を建築・家具や碁盤・将棋盤などに用いる。おかつら。かもかつら。
2 中国の伝説で、月の世界にあるという木。
桂を折る
《「晋書」郤詵(げきしん)伝から。すぐれた人材を桂の枝にたとえて》官吏登用試験に合格する。桂林(けいりん)の一枝(いっし)
 よいかおりのするさま。匂いただようさま。


且況天地間,大運自有常。
(且つ況んや天地の間、大運 自から常有るをや。)
ましてこの天地の間に、めぐり来る運命にはそれなりの法則性があるものだ(だから君の病気はきっと全快する。


勸君善飲食,鸞鳳本高翔。」
(君に勸む善く飲食せよ、鸞鳳 本 高翔す。)
しっかり食事をとることを君に進める。君は非几な鸞鳳である、もともと世俗を超越して、高く翔るものなのだ。



詩は、韓愈が李観の家へは行かずに、詩のみを贈って病気見舞いとしたらしい。観の病気に対して愈はあまり重大に考えず、気侯不順のため食欲も進まず、身体に違和を来たしたと思っていたようである。それに加えて、天侯の異変は天のいましめであるとする通念がある。まじめな李観は、それを心配しているのであろう。だが、そんなことを心配するのは宰相の職分で、太子校書ごときが心配するのは、越権行為である。そんなことは気にかけず、療養につとめなさい、と愈は言っているのである。
 そのかいもなく、李観は死んだ。享年二十九であった。

blogram投票ボタン

毎日それぞれ一首(長詩の場合一部分割掲載)kanbuniinkai紀 頌之の漢詩3ブログ
05rihakushi350

李白詩350首kanbuniinkai紀頌之のブログ

700Toho shi

kanbuniinkai11の頌之漢詩 杜甫詩700首



800tousouSenshu
kanbuniinkai10 頌之の漢詩 唐宋詩人選集 Ⅰ李商隠150首 Ⅱ韓退之(韓愈)Ⅶ孟郊
各詩人についてはブログ内の検索を利用したほうが良い場合もあります。
burogutitl770

http://kanshi100x100.blog.fc2.com/

記事検索
livedoor 天気
記事検索
プロフィール

紀 頌之

Twitter プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ