中唐詩人選集【Ⅰ李商隠-150】Ⅱ韓退之(韓愈)Ⅶ孟郊(東野)  漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩 訳注解説ブログ

Ⅰ李商隠は難解詩といわれている。約150首紹介済。(晩唐詩人) Ⅱ韓退之(韓愈)-約500首Ⅶ孟郊、中唐の詩人を掲載中。万物の性(さが)をテーマにした哲学的な詩。このブログは基本的に中唐詩人を中心にして掲載する予定。 韓愈詩文のこれまでの掲載分とこれから掲載予定分を時系列で整理した2014.3.29のブログに集約してそこから各年次を見ることができる  kanbuniinkai 検索で、《漢文委員会HP05》サイトあります。漢詩唐詩を理解するための総合サイト:≪漢文委員会 漢詩07≫。

少し、マニアックな晩唐詩人Ⅰ-李商隠150首をまず掲載済み。中唐は盛唐詩人(孟浩然・王維、杜甫、李白)を受け継いだ多様な詩人が出ている。この時代も驚くほど詩が発展している。Ⅱ韓退之(韓愈)500首、Ⅲ柳宗元40首、Ⅳ韋応物、Ⅴ劉長卿、Ⅵ韋荘、Ⅶ孟郊(孟東野)、Ⅷ張籍、Ⅸ賈島、Ⅹ劉禹錫、ほか2012~2020年の予定で気長に進める。同じ中唐ではあるが、白居易のグループについては、李白のブログ350首(2015/6月再開~2018/夏・秋月予定)の後掲載の予定。別に杜甫詩ブログ1500首(2011/7月~2018/8月の予定で)を進行中。詩数につぃては、予定の詩数より多くなる。気まぐれなところがあるのでこの予定が少し変わる場合があり、その節はご容赦ください。                 古詩・謝霊運詩 杜甫詩 韓愈詩 花間集500首全詩 それぞれ毎日ブログしています。 このブログ、索引=語句の「検索」 参考書以上掲載。漢詩力up。

感謝

中唐詩236 登科後 Ⅶ孟郊(孟東野)<19>紀頌之の漢詩ブログ

中唐詩236 登科後 Ⅶ孟郊(孟東野)<19>紀頌之の漢詩ブログ


登科後  孟郊

昔日齷齪不足誇、今朝放蕩思無涯。
春風得意馬蹄疾、一日看尽長安花。

むかし、あくせくしていたことは自慢にはならない
今朝は合格発表心伸び伸び嬉しさ極まりない。
春風は徳満面ひずめの音も軽やかにする
今日一日は見尽くせる長安の花を


 この詩は、何度も何度も落第し、50歳前になってやっと合格した作者の嬉しさを表している。昨日まで、きっと肩身の狭い思いをしていたはずである。得意満面、同じ春風も、ひずめの音も、違っている。とくに、長安の王侯貴族の庭は合格者には無礼講。長安の都はにはボタンの花でいっぱい。作者孟郊は手ばなしに喜んだ。

pla025

昔日(せきじつ)の齷齪(あくそく)誇りに足ら不(ず)
今朝(こんちょう)放蕩として思い涯(は)て無し
春風意(しゅんぷうい)を得て馬蹄疾(ばていはや)し
一日看(み)尽くす長安の花


 同じ作者の詩です。今年も落第しましたと、郷里の母親に手紙を出しています。この種の手紙の場合、通常母の口を借りた詩が多いのですが、作者はゆとりもなくなっているのでしょう。でも次こそ頑張るぞと決意をしめしています。

登科後  孟郊

昔日齷齪不足誇、今朝放蕩思無涯。
春風得意馬蹄疾、一日看尽長安花。

むかし、あくせくしていたことは自慢にはならない
今朝は合格発表心伸び伸び嬉しさ極まりない。
春風は徳満面ひずめの音も軽やかにする
今日一日は見尽くせる長安の花を

 この詩は、何度も何度も落第し、46歳になってやっと合格した作者の嬉しさを表している。昨日まで、きっと肩身の狭い思いをしていたはずである。得意満面、同じ春風も、ひずめの音も、違っている。とくに、長安の王侯貴族の庭は合格者には無礼講。長安の都はにはボタンの花でいっぱい。作者孟郊は手ばなしに喜んだ。


昔日(せきじつ)の齷齪(あくそく)誇りに足ら不(ず)
今朝(こんちょう)放蕩として思い涯(は)て無し
春風意(しゅんぷうい)を得て馬蹄疾(ばていはや)し
一日看(み)尽くす長安の花


註:科挙合格発表の日に限り合格者は一日何処の家の庭へも無礼講で入ることが出来たのだそうだ。
登科=科挙の試験に合格する事。作者・孟郊は五十歳近くなってようやく合格した。

botan00


登科後
昔日齷齪不足誇 今朝放蕩思無涯
春風得意馬蹄疾 一日看尽長安花


昔日の齷齪誇るに足らず、今朝放蕩として思涯無し。
春風意を得て馬蹄疾し、一日看尽くす長安の花。


現代語訳
今まで積み重ねてきた苦労は自慢するほどのことではないのだが、
今朝はのびのびした気分で、どこまでも嬉しい。


科挙の試験に受かって、やっと任官の道が開けた、その晴れ晴れした気持ちです。孟郊は四十六歳にして試験に受かりました。二浪三浪どころの騒ぎじゃないんです。それゃ晴れ晴れもします。


科挙は隋代の598年に始まり清代の1905年に廃止されるまで1300年以上も続いた試験制度。最終的に合格して進士となれる者は数千人に一人。
hinode0200

blogram投票ボタン

毎日それぞれ一首(長詩の場合一部分割掲載)kanbuniinkai紀 頌之の漢詩3ブログ
05rihakushi350

李白詩350首kanbuniinkai紀頌之のブログ

700Toho shi

kanbuniinkai11の頌之漢詩 杜甫詩700首

800tousouSenshu
kanbuniinkai10 頌之の漢詩 唐宋詩人選集 Ⅰ李商隠150首 Ⅱ韓退之(韓愈)Ⅶ孟郊
各詩人についてはブログ内の検索を利用したほうが良い場合もあります。
burogutitl770

http://kanshi100x100.blog.fc2.com/




唐宋詩 
(Ⅰ李商隠Ⅱ韓退之(韓愈))
李白詩INDEX02
李商隠INDEX02
杜甫詩INDEX02

中唐詩233 帰信吟 Ⅶ孟郊(孟東野)<15>紀頌之の漢詩ブログ

中唐詩233 帰信吟 Ⅶ孟郊(孟東野)<15>紀頌之の漢詩ブログ

「今年も落第しました」と、郷里の母親に手紙を出す。この種の手紙の場合、母の口を借りた詩が多いのであるが、作者はストレートに「涙墨」という語を使っている。一つには作者の心のゆとりもなくなっている、二つには、言い回しをすることは心配してくれている母親に妙な強がりのように感じさせる。十数年落第している孟郊の複雑な気持ちである。そうであっても「次こそ頑張るぞと決意」が伝わらないといけないのである。<悲愴感と決意とどう表現するのか>という視点でこの詩を見ていく。



帰信吟
涙墨灑為書、将寄萬里親。
書去魂亦去、兀然空一身。

涙で磨った墨を硯に灌ぎ書を為すと、まさに心寄せるは萬里の親である。
書を去らせるのは魂も亦去ることであり、兀然としているとこの身は空しいい。

現代語訳と訳註
(本文)

涙墨灑為書、将寄萬里親。
書去魂亦去、兀然空一身。

(下し文)
涙墨をそそいで書と為す、まさに萬里の親に寄せんとす。
書去って魂亦去り、兀然として一身空し。

(現代語訳)
溢れ落ちる涙が硯にそそいで墨をすっている故郷に結果を知らせる書簡をしたためている。まさに、遠くはるかな母親に感謝の気持ちを寄せるためなのだ。
書簡を送付して去っていくと張り詰めていた気持ちも同じようにどこかへ去っていく。何をする気も起らずじっとしている、ここには空しい姿の一身があるだけなのだ。

(訳注)
涙墨灑為書、将寄萬里親。

涙墨をそそいで書と為す、まさに萬里の親に寄せんとす。
溢れ落ちる涙が硯にそそいで墨をすっている故郷に結果を知らせる書簡をしたためている。まさに、遠くはるかな母親に感謝の気持ちを寄せるためなのだ。
涙墨 溢れ落ちる涙が硯にそそいで墨。悲愴感を印象付ける語である。試験が終わり、結果を待っていると思えば胸にこみ上げてくる。このような気持ちを中国の詩では、「涙」で表し、「涕涙」は悔しさをあらわす場合が多い。このほか「涙嘆」「血涙」「聲涙」「「落涙」、「暗涙」などある。「涙墨」は涙が巣釣りの海に広がること、下句で「将寄」で一点に寄せるものとして対句になる。○灑為書 灑ことによって書を為せる。そそぐが句の中心に位置することで悲愴な雰囲気が強調される。○萬里親 故郷の親としないで万里としている。上の句で灑為というのが一点に集中することを示す対語として万里なのである。


書去魂亦去、兀然空一身。
書去って魂亦去り、兀然として一身空し。
書簡を送付して去っていくと張り詰めていた気持ちも同じようにどこかへ去っていく。何をする気も起らずじっとしている、ここには空しい姿の一身があるだけなのだ。
兀然 [1]山などが高くつき出ているさま。ごつぜん。[2]じっとしているさま。動かないさま。この聯は転句、結句ともSV構文の対句としている。
(転句) 書去 → 魂亦去、
(結句) 兀然 → 空一身。

母に送る手紙にこういう手法がくみ取れることを意識して、絶句を作っている。受け取った母は、落第して、風来坊になるのではないかと心配をすることはないと安心するであろうと考える。多くの受験生は挫折して、逃避するものである。全国何万人から地方で数百人にふるい落とされ、その推薦をもって中央朝廷の試験を受ける。数人、場合によっては合格者なしの場合もある。現代の司法官試験の十郎、十五「浪人」とあるそれより、さらに難しい難関で脱落逃避、「飄蓬」となるものが多かったのだ。中国では、マザコンが当たり前、「心配ない」という書簡ではさらに心配が募るというものだ。


DCF00212

今年もまた落第した。そのことを故郷の書をしたためる作者。涙があふれて留めない。
私が手紙を書かなくなったら、心は届かない、きっとむなしいものになってしまう。手紙は心を奮い立たせ、今度こそという気持ちにならせるのだ。
涙墨灑為書、将寄萬里親。
書去魂亦去、兀然空一身。


記事検索
最新記事
livedoor 天気
最新記事(画像付)
記事検索
プロフィール

紀 頌之

Twitter プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ