漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩 中唐詩人選集【Ⅰ李商隠-150】Ⅱ韓退之(韓愈)-500Ⅶ孟郊(東野)賈島張籍柳宗元韋応物

Ⅰ李商隠は難解詩といわれている。約150首紹介済。(晩唐詩人) Ⅱ韓退之(韓愈)-約500首Ⅶ孟郊、中唐の詩人を掲載中。万物の性(さが)をテーマにした哲学的な詩。このブログは基本的に中唐詩人を中心にして掲載する予定。 韓愈詩文のこれまでの掲載分とこれから掲載予定分を時系列で整理した2014.3.29のブログに集約してそこから各年次を見ることができる  kanbuniinkai 検索で、《漢文委員会HP05》サイトあります。漢詩唐詩を理解するための総合サイト:≪漢文委員会 漢詩07≫。

六朝時代

少し、マニアックな晩唐詩人Ⅰ-李商隠150首をまず掲載済み。中唐は盛唐詩人(孟浩然・王維、杜甫、李白)を受け継いだ多様な詩人が出ている。この時代も驚くほど詩が発展している。Ⅱ韓退之(韓愈)500首、Ⅲ柳宗元40首、Ⅳ韋応物、Ⅴ劉長卿、Ⅵ韋荘、Ⅶ孟郊(孟東野)、Ⅷ張籍、Ⅸ賈島、Ⅹ劉禹錫、ほか2012~2020年の予定で気長に進める。同じ中唐ではあるが、白居易のグループについては、李白のブログ350首(2015/6月再開~2018/夏・秋月予定)の後掲載の予定。別に杜甫詩ブログ1500首(2011/7月~2018/8月の予定で)を進行中。詩数につぃては、予定の詩数より多くなる。気まぐれなところがあるのでこの予定が少し変わる場合があり、その節はご容赦ください。                 古詩・謝霊運詩 杜甫詩 韓愈詩 花間集500首全詩 それぞれ毎日ブログしています。 このブログ、索引=語句の「検索」 参考書以上掲載。漢詩力up。

艶歌 東陽谿中贈答(一)(二) 謝霊運 (4)六朝時代

艶歌 東陽谿中贈答 謝霊運 (4)

   謝霊運の詩というと、一般に山水の美を歌ったもののみが高く評価されている。
 梁の徐陵の探した『玉台新詠』の巻十に、きわめてなまめかしい霊運の艶歌二首が選ばれていることに注目してみた。艶歌とは、当時、多くの詩人が遊びとして作ったもので、男女の間の愛情を歌ったものである。謝霊運も遊びとして作ったものであろう。
 その作品数も二首のみではなく、相当数あったものであろうが、このような傾向のものが彼の楽府のなかに微弱に認められるもののこれほどのものはほかにない。
創作年代は不明であるが、常識的に、若いころのものとおもわれる。謝霊運もおそらくこれに属すると推定される。

 「東陽の新中の贈答」の「東陽」とは浙江省の金華府のことであり、色町のあったところである。この詩はその街において男女のことを客観的に見て男女について詠っている。
 このわずかな謝霊運のこの詩に影響され、李白はこの詩をそのままの語、内容で詠っている。閨情詩として「越女詞其四」(東陽素足女)である。そこではこの詩の(一)、と(二)を一緒にして歌っている。
李白 16 越女詞 其四
東陽素足女,會稽素舸郎。
相看月未墮,白地斷肝腸。
まるっきりそのものであり、興味がわいてきて味わいが深い。

東陽谿中贈答 
 場面の設定は、民妓、官妓であろう、あるいは娼婦かもしれないが女性から誘っている詩である。

(一)女篇
可憐誰家婦」 (可憐なり誰が家の婦おんな)
可憐誰家婦,淥流洗素足。
可愛らしいのは、どの家にいる婦人か、澄み切った流に、白い足を洗っている。
明月在雲間,迢迢不可得。
明月は、雲のむこうにあるもの、遥か彼方の存在だから、手にいれることはできない。

可愛らしいのは、どの家にいる婦人か、澄み切った流に、白い足を洗っている。
明月は、雲のむこうにあるもの、遥か彼方の存在だから、手にいれることはできない。


可愛らしいのは、どの娼家にいる女の方か、さかんに素足を見せて誘ってくる。
(なんにもしないでそのままでいたら、)女との情交というものは、はるかかなたのもので手に入れられはしない


(下し文)東陽谿中 贈答
(一)女篇
可憐なり  誰(た)が家の 婦(おんな)ぞ,淥流(ろくりゅう)に 素足を 洗ふ。
明月  雲間に 在り,迢迢(ちょうちょう)として  得 可(べ)からず。

可憐誰家婦、淥流洗素足。
可愛らしいのは、どの家にいる婦人か、澄み切った流に、白い足を洗っている。
・可憐 愛すべき。可愛らしい。 ・誰家 どこの。 ・ おんな。 ・淥流:きよらかな谷川の流れに沿って。 ・ あらう。 ・素足 白い足。 ・素:白い。素足を出して洗うのは、着物の裾をあげて女が男を誘う際のしぐさ。男を誘う際のしぐさを淥流素足を洗うと表現する。別にわざわざ川に行って洗うわけではない。この句を後世、


明月在雲間、迢迢不可得。
明月は、雲のむこうにあるもの、遥か彼方の存在だから、手にいれることはできない。 
明月 澄みわたった月。この場合の月は女性自身を示す。したがって明月と女性とをあらわす掛けことば。 ・雲間:雲の間。雲は情交の行為をあらわす掛け言葉。 ・迢迢 (ちょうちょう) 遥か。遠い。高い。 ・不可得 得ることができない。

と誘っている女を詠い、次の歌では、
 

(二)可憐誰家郎 (可憐なり誰が家の郎おとこ)
可憐誰家郎、淥流乗素射。
そこのいいおとこが、清らかな流れに一人で船に乗っている。
但問情若爲、月就雲中堕。

声をかけられている、情交をするときよ、月は雲間に隠れているのに。

そこのいいおとこが、清らかな流れに一人で船に乗っている。
声をかけられている、情交をするときよ、月は雲間に隠れているのに。

そこのいい男、小舟に乗っているあなたのことよ。
もしもその気があるなら、わたしはいつでも、とてもよいチャンスなのよ。
と、何をぐずぐずしてられるのさ。と、女の独語で表現している。もちろん、この詩(一)(二)ではエロチックな意味を意識して謝霊運はうたっている。


(下し文)東陽谿中 贈答
(二)男篇

可憐なり誰が家の郎ぞ、淥流 素肘に乗る
但だ問う 情 若為(いか)にと、月は雲中に就いて堕つ

権力もあり、金持で、秀才であった謝霊運が、現実に美しい女性にそれほど事欠くことはなかったであろう。それにもかかわらず、このような詩を作ったのは、六朝の文化である。直接的な表現を使わないでいかにそのことを詠うかというのが当時の遊びだったからであったと思う。詩としてはあまり巧みとはいえないが、十分にエロチシズムもあり、謝霊運の詩にもこのような一面があったことを示すのによい材料と思う。
しかし、この傾向は後世にきっちり引き継がれて行く。

豫章行苦相篇 傅玄 女のさだめ 六朝時代(3)

 

今週の人気記事(漢詩の3部門ランキング)

 謝靈運index謝靈運詩古詩index漢の無名氏  
孟浩然index孟浩然の詩韓愈詩index韓愈詩集
杜甫詩index杜甫詩 李商隠index李商隠詩
李白詩index 李白350首女性詩index女性詩人 
 上代~隋南北朝・隋の詩人初唐・盛唐・中唐・晩唐 
 
豫章行苦相篇 傅玄 女のさだめ

傅玄 217-278 三国魏から晋の初めにかけての思想家、文人。字は休奕。泥陽(陝西省燿県東南)の人。貧困のうちに少年時代をすごしたが、晋の武帝に仕えて、散騎常侍、司隷校尉(首都の警備長官)となり、子爵に封ぜられた。政治哲学の書『傅子』を著わしたといわれ、また社会問題や男女の愛情をうたった楽府体の詩に長ずる。『詩品』が下品におき、息子の傅咸と並べて「繁富嘉す可し」と評するのは、多作であったことへの賛辞らしい。『文選』が一篇、『玉台新詠』が十二篇の詩を収め、『晋書』巻四十七に伝がある。


豫章行苦相篇
【豫章行•苦相篇】晉•傅玄
よしょうこう・くそうへん        しん・ふげん
苦相身為女,卑陋難再陳。
苦しみのもとになる星は、女に生まれたためで、低くて粗末にされること言葉にするのが難しい。
兒男當門戶,墮地自生神。
男子に生まれたものは一家を背負うものとされ、生まれおちた時から備わったものとして人の心がちがうのだ
雄心志四海,萬里望風塵。
志を天下四方の海に雄飛させ、万里のかなたで戦い手柄を立てることを望む
女育無欣愛,不為家所珍。
女に生まれたら育つ時もてもよろこばれず、家では大事にあつかわれはしない
長大逃深室,藏頭羞見人。
大きくなれば 奥の部屋に逃れ、顔をかくして 人にあうのも恥しがる
無淚適他鄉,忽如雨絕雲。
涙もないままに他郷へゆかせられ、たちまちにして雲を離れた雨と同じになってしまう。
低頭和顏色,素齒結硃脣。
頭を下げてきめ顔をつくり、白い歯も朱い唇を結んでかくす。
跪拜無複數,婢妾如嚴賓。
うなずいてお辞儀のしどおし、下女とめかけをこわいお客のように扱う
情合同雲漢,葵藿仰陽春。
交情というものは 天の川で出会う年に一度の七夕のよう、女の本質は 春の陽の慈愛慈恵を仰ぐというもの
心乖甚水火,百惡集其身。
心は水と火よりもちぐはぐ、すべての悪いことがこの身に集まってくる。
玉顏隨年變,丈夫多好新。
若さあふれる美しい顔は年を重ねて老けていく、それにともなう一人前のおとこというものは新しい女を多く作ることが甲斐性なのだ。
昔為形與影,今為胡與秦。
昔は二人の仲は影が姿にそうようにいっていたけど、今は胡異民族と漢民族のように離れてしまった。
胡秦時相見,一絕逾參辰。

でも胡異民族と漢民族なら時に出会うこともあるが、今は一切絶えて参星と辰星よりこえるほどひどい。

苦しみのもとになる星は、女に生まれたためで、低くて粗末にされること言葉にするのが難しい。
男子に生まれたものは一家を背負うものとされ、生まれおちた時から備わったものとして人の心がちがうのだ
志を天下四方の海に雄飛させ、万里のかなたで戦い手柄を立てることを望む
女に生まれたら育つ時もてもよろこばれず、家では大事にあつかわれはしない
大きくなれば 奥の部屋に逃れ、顔をかくして 人にあうのも恥しがる
頭を下げてきめ顔をつくり、白い歯も朱い唇を結んでかくす。
うなずいてお辞儀のしどおし、下女とめかけをこわいお客のように扱う
涙もないままに他郷へゆかせられ、たちまちにして雲を離れた雨と同じになってしまう。頭を下げてきめ顔をつくり、白い歯も朱い唇を結んでかくす。
うなずいてお辞儀のしどおし、下女とめかけをこわいお客のように扱う
交情というものは 天の川で出会う年に一度の七夕のよう、女の本質は 春の陽の慈愛慈恵を仰ぐというもの
心は水と火よりもちぐはぐ、すべての悪いことがこの身に集まってくる。
若さあふれる美しい顔は年を重ねて老けていく、それにともなう一人前のおとこというものは新しい女を多く作ることが甲斐性なのだ。
昔は二人の仲は影が姿にそうようにいっていたけど、今は胡異民族と漢民族のように離れてしまった。
でも胡異民族と漢民族なら時に出会うこともあるが、今は一切絶えて参星と辰星よりこえるほどひどい。


【豫章行•苦相篇】 晉•傅玄

苦相身為女,卑陋難再陳。
苦しみのもとになる星は、女に生まれたためで、低くて粗末にされること言葉にするのが難しい。
卑陋 ひろう 心が賤しく狭い。下品。身分が賤しい。低くて粗末。


兒男當門戶,墮地自生神。
男子に生まれたものは一家を背負うものとされ、生まれおちた時から備わったものとして人の心がちがうのだ
門戶 門と戶。入り口。家。家柄。○墮地 おまれ堕ちたところ  ○ 天の神。人の心。


雄心志四海,萬里望風塵。
志を天下四方の海に雄飛させ、万里のかなたで戦い手柄を立てることを望む
四海 天下の人。大地の四方の果てに海があると意識されていた。○風塵 兵乱、戦争。


女育無欣愛,不為家所珍。
女に生まれたら育つ時もてもよろこばれず、家では大事にあつかわれはしない
欣愛 喜び愛する。愛すること。○家所珍 家の宝物。一族での貴重なもの。


長大逃深室,藏頭羞見人。
大きくなれば 奥の部屋に逃れ、顔をかくして 人にあうのも恥しがる
深室 家の奥まった部屋。 ○見人 出会う人。女として、芸妓に出されるのを恐れるさまをいう。


無淚適他鄉,忽如雨絕雲。
涙もないままに他郷へゆかせられ、たちまちにして雲を離れた雨と同じになってしう。
他鄉 生れたところより違う地方のこと。芸妓の楼のことをいう。 ○雨絕雲 雲を離れた雨。雲は姿態をしめす。


低頭和顏色,素齒結硃脣。
頭を下げてきめ顔をつくり、白い歯も朱い唇を結んでかくす。
○硃脣 紅を塗った唇。硃 赤い顔料。赤い砂。素齒は子供のような笑顔のしぐさのこと。


跪拜無複數,婢妾如嚴賓。
うなずいてお辞儀のしどおし、下女とめかけをこわいお客のように扱う
婢妾 下女とめかけ。○嚴賓 怖いお客。厳格な威厳のある客。


情合同雲漢,葵藿仰陽春。
交情というものは 天の川で出会う年に一度の七夕のよう、女の本質は 春の陽の慈愛慈恵を仰ぐというもの
情合 男女の交わり。 ○雲漢 天の川。 ○葵藿 キカク ひまわり。物性はものの本姓。奪い取ることのできない天性のもの。魏の曹植「親を通ぜんことを求る表」に『葵藿の葉を傾けるがごときは、太陽の之がために光を廻らさずと雖も、終に之に向かう者は誠なり』とあるに基づく。 ○陽春 陽気の満ち満ちた春。春という季節は万物をはぐくみ育てる、それに似た慈愛慈恵。


心乖甚水火,百惡集其身。
心は水と火よりもちぐはぐ、すべての悪いことがこの身に集まってくる。
○乖 カイ さからう。わかれる。はなれる。


玉顏隨年變,丈夫多好新。
若さあふれる美しい顔は年を重ねて老けていく、それにともなう一人前のおとこというものは新しい女を多く作ることが甲斐性なのだ。
○玉顔 キラキラ輝くような顔。美しい顔。若さあふれる顔をいう。○丈夫多好新 一人前のおとこになったら新しい女を多く作ることが甲斐性。


昔為形與影,今為胡與秦。
昔は二人の仲は影が姿にそうようにいっていたけど、今は胡異民族と漢民族のように離れてしまった。
形與影 二人の情愛をしめす。


胡秦時相見,一絕逾參辰。
でも胡異民族と漢民族なら時に出会うこともあるが、今は一切絶えて参星と辰星よりこえるほどひどい。
 ・・・・を超える。 ○參辰 東の星と西の星は交わらないことを示す。參:西に三つ星ならんでから犂のように見える星。三星。辰:天体。東の方。

記事検索
livedoor 天気
記事検索
プロフィール

紀 頌之

Twitter プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ