漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩 中唐詩人選集【Ⅰ李商隠-150】Ⅱ韓退之(韓愈)-500Ⅶ孟郊(東野)賈島張籍柳宗元韋応物

Ⅰ李商隠は難解詩といわれている。約150首紹介済。(晩唐詩人) Ⅱ韓退之(韓愈)-約500首Ⅶ孟郊、中唐の詩人を掲載中。万物の性(さが)をテーマにした哲学的な詩。このブログは基本的に中唐詩人を中心にして掲載する予定。 韓愈詩文のこれまでの掲載分とこれから掲載予定分を時系列で整理した2014.3.29のブログに集約してそこから各年次を見ることができる  kanbuniinkai 検索で、《漢文委員会HP05》サイトあります。漢詩唐詩を理解するための総合サイト:≪漢文委員会 漢詩07≫。

哭劉司戸二首

少し、マニアックな晩唐詩人Ⅰ-李商隠150首をまず掲載済み。中唐は盛唐詩人(孟浩然・王維、杜甫、李白)を受け継いだ多様な詩人が出ている。この時代も驚くほど詩が発展している。Ⅱ韓退之(韓愈)500首、Ⅲ柳宗元40首、Ⅳ韋応物、Ⅴ劉長卿、Ⅵ韋荘、Ⅶ孟郊(孟東野)、Ⅷ張籍、Ⅸ賈島、Ⅹ劉禹錫、ほか2012~2020年の予定で気長に進める。同じ中唐ではあるが、白居易のグループについては、李白のブログ350首(2015/6月再開~2018/夏・秋月予定)の後掲載の予定。別に杜甫詩ブログ1500首(2011/7月~2018/8月の予定で)を進行中。詩数につぃては、予定の詩数より多くなる。気まぐれなところがあるのでこの予定が少し変わる場合があり、その節はご容赦ください。                 古詩・謝霊運詩 杜甫詩 韓愈詩 花間集500首全詩 それぞれ毎日ブログしています。 このブログ、索引=語句の「検索」 参考書以上掲載。漢詩力up。

哭劉司戸二首其二 李商隠  :kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ李商隠特集 40

kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ李商隠特集 40 「哭劉司戸二首其二」李商隠 812~858



哭劉司戸二首 其二
有美扶皇運、無誰薦直言。
世の中広いが道端であったであって心通じた人なんてあるものではないが、勇気をもって正しいことを主張できる人に、皇帝の命運を支えることだできる唯ひとりの人だ、だが直言して推挙する人物は誰もいなかった。
己爲秦逐客、復作楚冤魂。
秦の追放令を食らって長安を追われたうえに、濡れ衣を着せられて死んだ屈原は、楚の地に非業の死を遂げたと同じようなことになってしまった。
湓浦應分振、荊江有會源。
湓浦では長江はいくつにも分かれているように官僚が党派により争っている。上流の荊江では多くの水流が一つに集まっているように宦官に対して結集しないといけないのだ。
併將添恨涙、一酒問乾坤。
せめて長江の水に恨みのこの涙を添え、そのすべてを地に洗い流して天と地に是非を問いただそう。


世の中広いが道端であったであって心通じた人なんてあるものではないが、勇気をもって正しいことを主張できる人に、皇帝の命運を支えることだできる唯ひとりの人だ、だが直言して推挙する人物は誰もいなかった。
秦の追放令を食らって長安を追われたうえに、濡れ衣を着せられて死んだ屈原は、楚の地に非業の死を遂げたと同じようなことになってしまった。
湓浦では長江はいくつにも分かれているように官僚が党派により争っている。上流の荊江では多くの水流が一つに集まっているように宦官に対して結集しないといけないのだ。
せめて長江の水に恨みのこの涙を添え、そのすべてを地に洗い流して天と地に是非を問いただそう。
 


其の二
有美は皇運を扶するも、誰の直言を薦むるも無し。
己に秦の逐客と為り、復た楚の冤魂と作る。
湓浦 応に派を分かつべし、荊江 源を会する有り。
併せて将て恨涙を添え、一たび洒ぎて乾坤に間わん。



有美扶皇運、無誰薦直言。
 世の中広いが道端であったであって心通じた人なんてあるものではないが、勇気をもって正しいことを主張できる人に、皇帝の命運を支えることだできる唯ひとりの人だ、だが直言して推挙する人物は誰もいなかった。
有美 『詩経』鄭風・野右曼草に
野右曼草   零露溥兮
有美一人   清揚婉兮
邂逅相遇   適我願兮
「美なる一人有り、清揚にして婉たり」とある。道で出会った恋の嬉しさを詠うものである。これも男の洒落であろう。「有美一人」の最初の二字を取った語。人格、能力を備えた人をいう。○皇運 皇帝の命運。○直言 諌言を呈する臣。一句は劉責が賢良方正能直言極諌科に落第させられたことをいう。


 
己爲秦逐客、復作楚冤魂。
秦の追放令を食らって長安を追われたうえに、濡れ衣を着せられて死んだ屈原は、楚の地に非業の死を遂げたと同じようなことになってしまった。
秦逐客 秦の始皇帝がまだ秦王であった紀元前237年、嫪毐(ロウアイ)の乱各地から秦に入っていた遊説の士を捜索して追放したことがあった。のちに丞相となる李斯は自分も楚の人であったので、上書して人材は広く集めるべきであると論じ、そこで「逐客令」は廃止された(『史記』秦始皇本紀)。ここでは秦の地である長安と結びつけて、劉蕡が長安から追われたことと重ねている。○楚冤魂 楚の屈原は冤罪を着せられて楚の国から追放され、汨羅に身を投じた。
天末懷李白
涼風起天末,君子意如何?
鴻雁幾時到,江湖秋水多。
文章憎命達,魑魅喜人過。
應共冤魂語,投詩贈汨羅。
杜甫「天末に李白を懐う」詩に李白がすでに死んだかと思い、「応に冤魂と共に語るべし、詩を投じて汨羅に贈らん」、黄泉の国で屈原と語り合っていることだろうという。ここでは劉蕡が都を遠く離れた南方の地で無実のまま死んだことと重ねる。



湓浦應分振、荊江有會源。
湓浦では長江はいくつにも分かれているように官僚が党派により争っている。上流の荊江では多くの水流が一つに集まっているように宦官に対して結集しないといけないのだ。
湓浦 江州薄陽(江西省九江市)の地名。塩水が長江に合流するあたり。「劉蕡を哭す」詩に「漁浦より書来たりて秋雨翻る」とあるのを劉蕡の訃報とし、湓浦で歿したとする説がある。とすれば柳州から召還されて都に戻る途上で死んだことになる。○分振 振は支流。長江は薄陽に至って九つの流れに分かれる(『漢書』地理志)。○荊江 江州より上流の荊州(湖北省荊州市)付近を流れる長江の称。○会源 長江は荊州のあたりで洞庭湖からの流れ込みをはじめとして、湖南省を流れてきた諸川が合流する。この二句は、劉蕡のまわりに集まっていた人々が次第に遠ざかっていくことをいうのと宦官に向かうべき恨みを官僚の派閥争いをしていることを示している。どうして、官僚が一致団結しないのか、と訴えている。



併將添恨涙、一洒問乾坤。
せめて長江の水に恨みのこの涙を添え、そのすべてを地に洗い流して天と地に是非を問いただそう。
併将一句 幾つもの流れが一つに合わさったり、また分流しながら流れゆく長江の水に、劉蕡の死を悼む涙を添えようの意もある。李商隠「涙」紀頌之漢詩ブログ李商隠33にいくつものの涙を詠っている。「哭劉司戸二首其二」では正論主張を中央の朝廷の中で、少数派になっていることの悔し涙か。○乾坤 天地。「乾坤に問う」とは、劉蕡が正しいのかどうかを問うとしながら、天は味方しないのかを問うの意。



○詩型・押韻 五言律詩。言、源、魂、坤。

哭劉司戸二首 其一 李商隠 :kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ李商隠特集 39 

紀頌之の漢詩ブログ李商隠特集 39 「哭劉司戸二首
其一」李商隠 812~858



哭劉司戸二首其一
離居星歳易、失望死生分。
離ればなれに暮らし、星のまたたきとともに年月は移り、再会できない失望のまま、生と死さえ分かたれているのだ。
酒甕凝餘桂、書籖冷舊芸。
かめにはのこった桂酒が凝り、書物に挟んだしおりも古びた芸香が冷たくなっている。
江風吹雁急、山木帯蝉曛。
長江の風は旅だった雁に激しく吹き付けるようにわたしたちにも吹いている、そして、山の木々のように世間の人たくさんには正しいことを主張し啼いている蝉の声を響かせたけれどとどかないで暮れていくのだ。
一叫千廻首、天高不爲聞。

ひとたび大きく正論を主張し叫んだ、それを千回も向を振り返っても、天子は宦官によって高いところに置かれていて、この正当な主張を耳に届くことはないのだ。


離ればなれに暮らし、星のまたたきとともに年月は移り、再会できない失望のまま、生と死さえ分かたれているのだ。
かめにはのこった桂酒が凝り、書物に挟んだしおりも古びた芸香が冷たくなっている。
長江の風は旅だった雁に激しく吹き付けるようにわたしたちにも吹いている、そして、山の木々のように世間の人たくさんには正しいことを主張し啼いている蝉の声を響かせたけれどとどかないで暮れていくのだ。
ひとたび大きく正論を主張し叫んだ、それを千回も向を振り返っても、天子は宦官によって高いところに置かれていて、この正当な主張を耳に届くことはないのだ。


劉司戸を哭す二首其の一
離居して星歳易(か)わり、望みを失す 死生分かるるに
酒甕(しゅおう) 余桂(よけい) 擬(ぎょう)し、書籖(しょせん) 旧芸(きゅううん)冷やかなり
江風 雁を吹きて急に、山木 蝉を帯びて曛(く)る
一たび叫び千たび首を廻らすも、天高くして為に聞かず



劉司戸
劉司戸 劉蕡、字は去華。当時の硬骨の士。宝暦二年(826)進士及第ののち、大和二年(828)に賢良方正能直言極諌科に応じた時、権勢・謀略をほしいままにしていた宦官勢力を激しく攻撃し、その対策論文を提出した。試験官たちは感服したものの甘露の変*以降、どうすることもできない状態だったので宦官を恐れて落とした。
合格者のなかには劉蕡が落ちて自分が合格した厚顔には堪えられないと授けられた官職を辞退する者まであらわれた。劉蕡は令狐楚、牛僧濡らの幕下で大切に扱われたが、宦官の恨みはすさまじく、結局柳州(広西壮族自治区柳州市)司戸参軍に流謫されてその地で歿した。死後六十数年を経た唐末に至って左諌議大夫を追贈されたことが示すように、権力を恐れない義人として名声は伝えられた。李商隠はおそらく令狐楚を介して知り合ったのだろうが、その人となりを敬慕し、劉蕡が柳州に流される時には「劉司戸に贈る 李商隠35」送別詩を作り、その死に際しては、「劉蕡を哭す 李商隠36」、と「劉司戸蕡を哭す二首」の計四首を作っている。次回「其の二を掲載。」

*甘露の変(かんろのへん)とは、中国、唐の大和9年(835年)、文宗および官僚が企図した宦官誅殺未遂事件。本件が失敗したことにより中唐期以降、唐における宦官勢力の権力掌握がほぼ確実となった。



離居星歳易、失望死生分。
離ればなれに暮らし、星のまたたきとともに年月は移り、再会できない失望のまま、生と死さえ分かたれているのだ。
離居 離ればなれに住む。『礼記』檀弓の「離群索居」朋友から離れて孤独にいること。○星歳 時間をいう。



酒甕凝餘桂、書籖冷舊芸。
かめにはのこった桂酒が凝り、書物に挟んだしおりも古びた芸香が冷たくなっている。
酒甕 酒を入れたかめ。この甕は女性を意味するものであり、桂は閨を意味する。ととも○余桂 「桂」は香木の香りのさけ、桂酒。桂を浸した上等の酒。次の句の「芸」とともに香り高いものでもある。○書籖 書物の間にしおりのように挟むふだ。籖にも閨情の意味のつきさすということだ。○旧芸 芸は芸香という香草。書物の虫除けに用いる。芸は云、情交を意味する。武骨な部分とこうした、閨情語を使用してしゃれた感じを出したのである。ここでは、李商隠の部隊が娼屋ではない、閨情詩ではないので普通に訳す。次の聯が李商隠の主張であるから。

風吹雁急、山木帯蝉曛。
長江の風は旅だった雁に激しく吹き付けるようにわたしたちにも吹いている、そして、山の木々のように世間の人たくさんには正しいことを主張し啼いている蝉の声を響かせたけれどとどかないで暮れていくのだ。
○蝉 李商隠の「蝉」に詳しく述べているが、蝉は損得、賄賂など関係なく正しいことを主張するという意味で使っている。この意味を正しくとらえないとこの詩を理解はできない。紀頌之漢詩ブログ29「蝉」を参照 夕日の光、夕暮れ、黄昏。



一叫千廻首、天高不爲聞。
ひとたび大きく正論を主張し叫んだ、それを千回も向を振り返っても、天子は宦官によって高いところに置かれていて、この正当な主張を耳に届くことはないのだ。
天高一句 「天高きも卑きを聴く」(『史記』宋傲之世家など)といわれるのに、低い所から発する声を天はただ聞いてくれないだけでなく、宦官が宮廷を牛耳っており天子にこれが届かないということなのだ。


詩型・押韻 五言律詩 分、芸、噴、聞。



李商隠の時代

 宦官は、唐王朝初期60人程度であったものから、徐々に宮廷を侵食し、約100年前の玄宗皇帝の宦官、を高力士の時期には1000人程度まで増大し、さらに、皇帝暗殺、など様々に権勢をにぎり、さらに急速に増大して李商隠の時代は数千人名にまで膨れ上がった。宦官は養子縁組で増大していく、一方の朝廷は科挙から官僚になるものと、血縁、貴族の世襲のものとが、対立していて、宦官対策どころではないのである。権力闘争というより、人事権の争いの様なもので、有力な地方の節度使は独立国を形成していた。
 唐王朝の実質支配は、長安の一体、洛陽の中心部と地方のピンポイントに支配権をもって点と線で結ばれた限られた地域のものにあっていた。
 そうした中で、唐宮廷の官僚は、牛僧孺・李宗閔らを領袖とする科挙及第者の派閥と、李徳裕に率いられる門閥貴族出身者の派閥に分かれ、政争に明け暮れていた。いわゆる牛李の党争をしていたのである。
 ところが、ここから、半世紀以上も唐王朝は宦官の力で続くのである。

記事検索
livedoor 天気
記事検索
プロフィール

紀 頌之

Twitter プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ