杜甫詳注 杜詩の訳注解説 漢文委員会

士族の子で、のほほんとしていた杜甫を変えたのは、三十代李白にあって、強いカルチャーショックを受けたことである。その後十年、就活に励んだ。同時に極限に近い貧困になり、家族を妻の実家に送り届けるときの詩は、そして、子供の死は、杜甫の詩を格段に向上させた。安史の乱直前から、捕縛され、長安での軟禁は、詩にすごみと分かりやすさのすぐれたしにかえてゆき、長安を脱出し、鳳翔の行在所にたどり着き、朝廷に仕えたことは、人間関係の複雑さを体験して、詩に深みが出ることになった。そして、朝廷における疎外感は詩人として数段高めさせてくれた。特に、杜甫の先生に当たる房琯関連の出来事、二十数首の詩は内容のあるものである。  一年朝廷で死に直面し、そして、疎外され、人間的にも成長し、これ以降の詩は多くの人に読まれる。  ◍  華州、秦州、同谷  ◍  成都 春満喫  ◍  蜀州、巴州、転々。 ◍  再び成都 幕府に。 それから、かねてから江陵にむかい、暖かいところで養生して、長安、朝廷に上がるため、蜀を発し、 ◍  忠州、雲州   ◍  夔州   ◍  公安  そして、長安に向かうことなく船上で逝くのである。  本ブログは、上記を完璧に整理し、解説した仇兆鰲の《杜詩詳注》に従い、改めて進めていく。

杜甫の詩、全詩、約1500首。それをきちんと整理したのが、清、仇兆鰲注解 杜詩詳注である。その後今日に至るまで、すべてこの杜詩詳注に基づいて書かれている。筆者も足掛け四年癌と戦い、いったんこれを征することができた。思えば奇跡が何度も起きた。
このブログで、1200首以上掲載したけれど、ブログ開始時は不慣れで誤字脱字も多く、そして、ブログの統一性も不十分である。また、訳注解説にも、手抜き感、不十分さもあり、心機一転、杜詩詳注に完全忠実に初めからやり直すことにした。
・そして、全唐詩と連携して、どちらからでも杜詩の検索ができるようにした。
・杜甫サイトには語順検索、作時編年表からも検索できるようにした。
杜甫詩の4サイト
● http://2019kanbun.turukusa.com/
● http://kanbunkenkyu.webcrow.jp
● http://kanbunkenkyu.web.fc2.com/
● http://kanbuniinka15.yu-nagi.com

757年-248 《 可歎(卷二一(四)一八三○) -#2》 - 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之 訳注解説Blog11210

757-248  可歎(卷二一(四)一八三○) -2 - 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之 訳注解説Blog11210

 

 

757-248

 

 

 可歎(卷二一(四)一八三○)  -2

 

 

杜甫詳注 訳注解説

 

 

漢文委員会kanbuniinkai紀頌之 訳注解説Blog11210

 

 

 

年:767年大暦256-22-#2

卷別:    卷二二二              文體:    七言古詩

詩題:    可歎

作地點:              目前尚無資料

及地點:              豐城 (江南西道 洪州 豐城)              

洪州 (江南西道 洪州 洪州別名:豫章         

交遊人物/地點:王季友      詩文提及(江南西道 洪州 豐城)

李勉       詩文提及(京畿道 京兆府 長安)

 

詩文:

可歎 #1

(王季友を不遇に置いたままであることを、その理由を述べて、なげかわしきことと詠う詩。)

天上浮雲如白衣,斯須改變如蒼狗。

天上に浮んでいる雲をみるに白いきもののようであるが、しばらくするとかわって胡麻塩の狗の様になる。

古往今來共一時,人生萬事無不有。

むかしも今もかわりがある様で、かわりがないことは同時の如きものであって、人間社会にはどんなことでも無い事はないほどのものである。

安史の乱当時の勢力図
近者抉眼去其夫,河東女兒身姓柳。

ちかごろ河東の女子で姓を柳氏というものが“眼をくじる”様に夫を棄てたといふ事件がある。

#2

丈夫正色動引經,酆城客子王季友。

このことについて世間の男子は真顔になってややもすれば經典の文句まで引っぱりだして女の夫で鄭城の客となっている王季友をかれこれと非難する。(王季友はそんなことで非難するにはあたらぬ人物なのだ)

群書萬卷常暗誦,孝經一通看在手。

王季友は万巻の羣書をつねに暗誦し、一本の孝経を、いつも、いつも、手にして見ている。

貧窮老瘦家賣屐,好事就之為攜酒。

彼は貧窮で老い、かつ痩せて家では下駄を売り、揚雄のように、好事の熱心家が酒をもっていって教えを請うている、というような人物である。

#3

豫章太守高帝孫,引為賓客敬頗久。

聞道三年未曾語,小心恐懼閉其口。

太守得之更不疑,人生反覆看亦醜。

#4

明月無瑕豈容易,紫氣鬱鬱猶衝斗。

時危可仗真豪俊,二人得置君側否。

太守頃者領山南,邦人思之比父母。

王生早曾拜顏色,高山之外皆培塿。

#5

用為羲和天為成,用平水土地為厚。

王也論道阻江湖,李也丞疑曠前後。

死為星辰終不滅,致君堯舜焉肯朽。

吾輩碌碌飽飯行,風后力牧長回首。

(歎ず可し)

天上の浮雲は白衣に似たり、斯須改變して蒼狗の如し。

古往 今來 共に一時,人生 萬事 有らざる無し。

近者眼を抉りて其の夫を去る,河東の女兒 身姓は柳。

#2

丈夫 正色 動【ようや】く經を引く,酆城の客子 王季友。

群書 萬卷 常に暗誦し,孝經 一通 看るに手に在る。

貧窮 老瘦 家 屐を賣り,好事 之に就きて為に酒を攜う。

 

清・仇兆鰲 杜甫詳注 関係個所抜粋

 近者抉眼去其夫、/作眯/河東女兒身姓栁。丈夫正色動引經、酆城客子王季友。羣書萬巻常暗誦、《孝經》一通看/在手。貧窮老瘦/本作瘦唯朱/本誤作叟家賣諸本作屐作履張/改作吉岳切/事就之為/擕酒。此叙王生家之事。王有正論、不能挽去婦之心、此事之可歎者、然家貧好學人來就正如此則亦何害於素行乎。

 

・王季友 《唐書》:豐城縣、洪州豫章郡に屬す。 

・在手 又《南史には》徐陵嘗/疾、子份香泣涕、跪誦《孝經》日夜不息 云庾子輿五讀孝經手不釋巻北史馮亮臨卒遺誡右手執孝經/一巻 崔實政論一通置坐側

・在手後漢劉勤家貧每作供食嘗作一勤置不賣他日出妻竊以易米/勤歸知之責妻欺取直因棄不食

擕酒 《揚雄傳》好事者ほ 載酒餚從って游學す

 

 

『可歎』現代語訳と訳註解説
(
本文)

#2

丈夫正色動引經,酆城客子王季友。

群書萬卷常暗誦,孝經一通看在手。

貧窮老瘦家賣屐,好事就之為攜酒。

(下し文)
#2

丈夫 正色 動【ようや】く經を引く,酆城の客子 王季友。

群書 萬卷 常に暗誦し,孝經 一通 看るに手に在る。

貧窮 老瘦 家 屐を賣り,好事 之に就きて為に酒を攜う。

(現代語訳)
#2

このことについて世間の男子は真顔になってややもすれば經典の文句まで引っぱりだして女の夫で鄭城の客となっている王季友をかれこれと非難する。(王季友はそんなことで非難するにはあたらぬ人物なのだ)

王季友は万巻の羣書をつねに暗誦し、一本の孝経を、いつも、いつも、手にして見ている。

彼は貧窮で老い、かつ痩せて家では下駄を売り、揚雄のように、好事の熱心家が酒をもっていって教えを請うている、というような人物である。


(訳注) #2

可歎 #1

(王季友を不遇に置いたままであることを、その理由を述べて、なげかわしきことと詠う詩。)

【題義】王季友を弁護し且つ季友と李勉との二人の偉器なることに関してのべる。767年大暦2年4月以前の一作であり、杜甫、56、この年、22作目。

1 可歎 王季友が妻に家出されたことを世人が非難して、其の人物の大きさを見ないことをなげかわしいとするなり。

 #2この6句間は、王氏の生まれた家、故郷のこと、嫁いでっ来た女の夫として世間の人に批判されたことなどあったが、勉学には常に、真摯に取り組んだ

 

丈夫正色動引經,酆城客子王季友。

このことについて世間の男子は真顔になってややもすれば經典の文句まで引っぱりだして女の夫で鄭城の客となっている王季友をかれこれと非難する。(王季友はそんなことで非難するにはあたらぬ人物なのだ)

9 丈夫 柳女の夫の王季友をさしつつも、同様の世上の男子のことである。

10 正色 まがおになる。

11 動引經 王季友の妻の家出を、世に同様に家出したことを、經書の文句を引用して、これを非難するものである。

李白の足跡0000
12 酆城客子 王季友が現在の江西省宜春市に位置する県級市に客寓していたことをいう。

13 王季友 『全唐詩』 に、王季友,河南の人。家,貧しくして履を売る。博,群書を極む。予章太守李勉,引きて賓客と為し,甚だ之を敬ふ。詩十一首。『唐才子伝』には、季友,河南の人なり。書を誦すこと万巻。論ずるに必ず経を引く。家貧にして屐を売る。好事者,多く酒を携へて之に就く。其の妻柳氏,季友の窮醜を疾にくみて去らしむ。客として鄷城に来るや,洪州刺史李公,一見して傾敬し,即ち引きて幕府を佐たすけしむ。詩に工たくみにして性は磊落不羈,奇を愛して険を務む。遠く常情の外に出づ。白首短褐,崎嶇たる士林。傷いたましき哉,貧や。嘗て詩に云ふ有り,「自ら耕し自から刈りて食ふを天と為す 鹿の如く麋の如く野泉を飲む 亦た知る,世上の公卿貴 且しばらく養はん,邱中草木の年」と。其の山水に志すことの篤きを観ん。性は風疎に遠く,情は雲上に逸すと謂ふ可し。集有り,世に伝ふ。

王季友(714311日-7941218日,名徽,字季友,號雲峰居士,洪州南昌人,祖籍河南洛阳,生于豫章湖之。王季友之父王儀曾任丹陽太守,后迁居豫章湖畔。王季友幼年家道破落,遂與其兄一同遷至豐城雲嶺定居,並用功讀書。杜甫對其的描述為“豐城客子王季友,群書萬卷常暗誦,《孝經》一通看在手……明月無暇豈容易,紫氣鬱郁猶沖斗。”(《杜甫詩集》卷七》)。王季友在22時便考中狀元,並任御史治書。但因厭倦時政,無意與李林甫之輩為伍,王季友不久後返回到豐城,在株山下的龍澤智度寺設帳授徒,開始了長達二十多年的隱居生活。隱居期間,王季友著有《龍澤遺稿》、《四書要注》、《六經通義》等作。名氣亦響喝當時,杜甫、錢起、郎士元等人都與其有唱和之作。杜甫作詩評價王季友為“道阻江湖,期以致君堯舜,不但工詩而已。”王季友去世時享壽81年,安葬于龍澤智度寺。其逝世後的第年,被封為「豫章伯」。其墓的遺址在今株山林場附近。

 

群書萬卷常暗誦,孝經一通看在手。

王季友は万巻の羣書をつねに暗誦し、一本の孝経を、いつも、いつも、手にして見ている。

14 一通 一冊の本

15 孝經 中国の経書のひとつ。曽子の門人が孔子の言動をしるしたという。十三経のひとつ。 孝の大体を述べ、つぎに天子、諸侯、郷大夫、士、庶人の孝を細説し、そして孝道の用を説く。

 ・在手後漢劉勤家貧每作供食嘗作一勤置不賣他日出妻竊以易米/勤歸知之責妻欺取直因棄不食

 

貧窮老瘦家賣屐,好事就之為攜酒。

彼は貧窮で老い、かつ痩せて家では下駄を売り、揚雄のように、好事の熱心家が酒をもっていって教えを請うている、というような人物である。

16 屐 【げき】木製のはきもの。下駄。

17 好事 好事者。ものずき。

18 為攜酒 班固《漢書-卷八十七下揚雄傳》顏師古注「揚雄、知奇字、時有好事者載酒肴從游學」

 擕酒 《揚雄傳》好事者ほ 載酒餚從って游學す

767年-257 可歎(卷二一(四)一八三○)注(1269) Ⅲ 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ

767-257   可歎(卷二一(四)一八三○)注(1269) Ⅲ 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ

 

 

757-248

 

 

 可歎(卷二一(四)一八三○)  -1

 

 

杜甫詳注 訳注解説

 

 

漢文委員会kanbuniinkai紀頌之 訳注解説Blog11202

 

 

 

大曆二年

寫作時間:           767年  56

卷別:    卷二二二             

文體:    七言古詩

詩題:    可歎

詩序:    なし

寫作地點:           目前尚無資料

寫及地點:           豐城 (江南西道 洪州 豐城)              

洪州 (江南西道 洪州 洪州) 別名:豫章      

交遊人物/地點:   王季友    詩文提及(江南西道 洪州 豐城)

李勉    詩文提及(京畿道 京兆府 長安)

 

詩文:可歎

可歎(卷二一(四)一八三○)

天上浮雲似(一作如)白衣,斯許改變如蒼狗。

古往今來共一時,人生萬事無不有。

近者抉眼去其夫(陳作(目米)),河東女兒身姓柳。

丈夫正色動引經,酆城客子王季友。

群書萬卷常暗誦,《孝經》一通看在手。

貧窮老瘦(諸本作瘦,唯朱本誤作叟)家賣(諸本作屐、作履,張遠改作),好事就之為攜酒。

豫章太守高帝孫,引為賓客敬頗久。

(一作問)道三年未曾語,小心恐懼閉其口。

太守得之更不疑,人生反覆看已醜。

明月無瑕豈容易,紫氣鬱鬱猶衝斗。

時危可丈真豪俊,二人得置君側否。

太守頃者領山南(一作南山,非),邦人思之比父母。

王生早曾拜顏色,高山之外皆培塿。

用為羲和天為成,用平水土地為厚。

王也論道阻江湖,李也疑(一作凝,非)(一作丞疑)曠前後。

死為星辰終不滅,致君堯舜焉肯朽。

吾輩碌碌飽飯行,風后力牧長迴首。

 

 

 

天上浮雲如白衣,斯須改變如蒼狗。

古往今來共一時,人生萬事無不有。

近者抉眼去其夫,河東女兒身姓柳。

丈夫正色動引經,酆城客子王季友。

群書萬卷常暗誦,孝經一通看在手。

貧窮老瘦家賣屐,好事就之為攜酒。

豫章太守高帝孫,引為賓客敬頗久。

聞道三年未曾語,小心恐懼閉其口。

太守得之更不疑,人生反覆看亦醜。

明月無瑕豈容易,紫氣鬱鬱猶衝斗。

時危可仗真豪俊,二人得置君側否。

太守頃者領山南,邦人思之比父母。

王生早曾拜顏色,高山之外皆培塿。

用為羲和天為成,用平水土地為厚。

王也論道阻江湖,李也丞疑曠前後。

死為星辰終不滅,致君堯舜焉肯朽。

吾輩碌碌飽飯行,風后力牧長回首。

 


 

 

可歎 #1

(王季友を不遇に置いたままであることを、その理由を述べて、なげかわしきことと詠う詩。)

天上浮雲如白衣,斯須改變如蒼狗。

天上に浮んでいる雲をみるに白いきもののようであるが、しばらくするとかわって胡麻塩の狗の様になる。

古往今來共一時,人生萬事無不有。

むかしも今もかわりがある様で、かわりがないことは同時の如きものであって、人間社会にはどんなことでも無い事はないほどのものである。

近者抉眼去其夫,河東女兒身姓柳。

ちかごろ河東の女子で姓を柳氏というものが“眼をくじる”様に夫を棄てたといふ事件がある。

#2

丈夫正色動引經,酆城客子王季友。

群書萬卷常暗誦,孝經一通看在手。

貧窮老瘦家賣屐,好事就之為攜酒。

#3

豫章太守高帝孫,引為賓客敬頗久。

聞道三年未曾語,小心恐懼閉其口。

太守得之更不疑,人生反覆看亦醜。

#4

明月無瑕豈容易,紫氣鬱鬱猶衝斗。

時危可仗真豪俊,二人得置君側否。

太守頃者領山南,邦人思之比父母。

王生早曾拜顏色,高山之外皆培塿。

#5

用為羲和天為成,用平水土地為厚。

王也論道阻江湖,李也丞疑曠前後。

死為星辰終不滅,致君堯舜焉肯朽。

吾輩碌碌飽飯行,風后力牧長回首。

(歎ず可し)

天上の浮雲は白衣に似たり、斯須改變して蒼狗の如し。

古往 今來 共に一時,人生 萬事 有らざる無し。

近者眼を抉りて其の夫を去る,河東の女兒 身姓は柳。

 

 

 

清・仇兆鰲 杜詩詳注関係個所 抜粋

 

『可歎』 現代語訳と訳註解説
(
本文)

可歎 #1

天上浮雲如白衣,斯須改變如蒼狗。

古往今來共一時,人生萬事無不有。

近者抉眼去其夫,河東女兒身姓柳。


(下し文)
(歎ず可し)

天上の浮雲は白衣に似たり、斯須改變して蒼狗の如し。

古往 今來 共に一時,人生 萬事 有らざる無し。

近者眼を抉りて其の夫を去る,河東の女兒 身姓は柳。

(現代語訳)
可歎 #1

(王季友を不遇に置いたままであることを、その理由を述べて、なげかわしきことと詠う詩。)

 

天上に浮んでいる雲をみるに白いきもののようであるが、しばらくするとかわって胡麻塩の狗の様になる。

むかしも今もかわりがある様で、かわりがないことは同時の如きものであって、人間社会にはどんなことでも無い事はないほどのものである。

ちかごろ河東の女子で姓を柳氏というものが“眼をくじる”様に夫を棄てたといふ事件がある。


(訳注)

可歎 #1

(王季友を不遇に置いたままであることを、その理由を述べて、なげかわしきことと詠う詩。)

【題義】王季友を弁護し且つ季友と李勉との二人の偉器なることに関してのべる。767年大暦2年4月以前の一作であり、杜甫、56、この年、22作目。

1 可歎 王季友が妻に家出されたことを世人が非難して、其の人物の大きさを見ないことをなげかわしいとするなり。

 此の詩は黄氏に據ると、編に當たるは大歴二年之末に在る。 鶴注に: 隆興は石幢に有り、載李勉は洪州刺史と為る。張鎬の後に在るは、魏少 之れの前に游ぶ。鎬 以て廣徳二年九月の卒。勉めて即ち以て是れ月 之に繼ぐ、大歴二年に至り、凡す三年。是年勉めて朝に入る、四月京兆の尹を拜す。此の詩乃ち勉めて入京後の作なり。故曰「三年未だ曾語らず」。今 按ずるに詩は:又云「李也 丞曠の前後を疑う」、亦た是れ既に入朝して以て此れ之を頌ぶ。黄鶴は復た四年を疑うて勉めて廣に入る時の作、蓋して山南と誤認して廣南と為す也。詩は中山の南、本追、前事を論じるのみ。 《抱朴子》は歎く可し 一に非らず。

 

天上浮雲如白衣,斯須改變如蒼狗。

天上に浮んでいる雲をみるに白いきもののようであるが、しばらくするとかわって胡麻塩の狗の様になる。

2 白衣 しろきころも。

3 斯須 須臾・少選などおなじ、しばらくの意。

4 蒼狗 ごましお柄の犬。・蒼狗 《晉天文志》:鄭雲如衣。又云:衛雲、如狗。赤色長尾。《漢五行志》見物如蒼狗。 《維摩經》:是身如浮雲、須臾變滅。此用其意。

 

古往今來共一時,人生萬事無不有。

むかしも今もかわりがある様で、かわりがないことは同時の如きものであって、人間社会にはどんなことでも無い事はないほどのものである。

5 共一時 一時は同時、時か異にせざるをいう、古今の異なきがごとくなるをいう。 ・一時  梁元帝《纂要》:往古來今謂之宙

6 無不有 なんでもある。・無不有 嵇康詩:事故無不有。

 

近者眼去其夫,河東女兒身姓柳。

ちかごろ河東の女子で姓を柳氏というものが“眼をくじる”様に夫を棄てたといふ事件がある。

7 抉眼去其夫 其の夫を去ることを“眼を抉る”が如くなるをいう。趙注に云う、「東北の人の方言に、見ることを喜ばざるものを、つねに抉眼という」と。去とは棄て去ること、自ら家出せしなり。抉眼去夫の主語は次句の女兒。

8 河東女兒身姓柳 河東は、山西の地、柳氏は河東の名族なり。女兒は女子、身姓は姓。

・其夫 《杜臆》は: 抉眼とは、猶お反目を云う 趙曰う:栁氏は其の夫を喜ばず、抉眼中之の如し。 物をして之を去ることとは東北の人の方言に、喜ばざるものを見る者は、每に抉眼と曰うと。《世家》には:子胥 將って死す、 曰く:「抉は吾眼は吾を東門に置く。」

・栁 河東は、乃ち栁氏の郡名なり。 《杜臆》は以て唐風の近淫と為る。続きを読む

767年-236 《 送高司直尋封閬州(卷二一(四)一八二八) -#5》 - 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之 訳注解説Blog11194

767-236  送高司直尋封閬州(卷二一(四)一八二八) -5 - 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之 訳注解説Blog11194

 

 

767-236

 

 

 送高司直尋封閬州(卷二一(四)一八二八)  -5

 

杜甫詳注 訳注解説

 

 

漢文委員会kanbuniinkai紀頌之 訳注解説Blog11194

 

 

 

送高司直尋封閬州

(高司直が閬州の長官封某の部下となるのに水鬼苦役の夔州に立ち寄った時送別の宴で花を添える、この詩を披露して詠んだ。)

丹雀銜書來,暮棲何樹。

めでたい知らせを嘴にくわえて天子聖王のもとに運ぶのは丹雀のようなあなたが、この夜うらぶれてどの土地の木に宿るおつもりなのか。

驊騮事天子,辛苦在道路。

あの天子の名馬の驊騮のように陛下にお仕えしたあなたが、このような幸い旅をしておられる。

司直非冗官,荒山甚無趣。

あなたの任ぜられていた大理、司直は閑職 ではないはずだが、今、どうしてこのような風情のない荒れ山に迷いこまれたのか。

借問泛舟人,胡為入雲霧。

お尋ね するが、あなたは舟を浮かべて旅をして、なぜ雲や霧の中に入っていかれるのか。

#2

與子姻婭間,既親亦有故。

あなたと私は王族の末裔で姻戚の関係であり、親族にして旧知のあいだ柄でもある。

萬里長江邊,邂逅一相遇。

遠く西の万里のさきから流れてきて、遠く東の東海(太平洋)に流れさる長江のほとりで、思いがけず、偶然にもまたお会いした。

長卿消渴再,公幹沈綿屢。

私は司馬相知のように糖尿病がぶりかえし、建安七子の一人である劉楨のように長患いを 繰り返している。

清談慰老夫,開卷得佳句。

そのような時、あなたの高雅な談論はこの老いぼれを慰め、詩巻を開けば すばらしい詩句を目にすることができる。

#3

時見文章士,欣然澹情素。

今、文章の士といわれる文学に秀でたあなたとお会いできたこと、心の底から喜んで本心を話しておるのである。

伏枕聞別離,疇能忍漂寓。

長安に帰らねばならないのに、持病が悪化し、養生のためこの地に伏せて いる時に、せっかく会えたあなたと別れなければならないと聞けば、いったい誰がこのようなさすらいの境遇 に堪えておれようか。

良會苦短促,溪行水奔注。

良い出会いというものは実に短いものであり、あなたが峡谷に舟を進ませれば、川の水は奔流となって行く手を遮るかもしれない。

熊羆咆空林,遊子慎馳騖。

陸行するならクマとヒグマがひと気のない林で吠える声が響き渡るであろうし、このような場所から旅人として出発し、あわてて進むのはおやめなさい。

#4

西謁巴中侯,艱險如跬步。

ただ、このような心配も西のかた旧知の閬州刺史の封殿にお会いするのを思えば知れたこと、そう考えれば旅の苦難もあと一歩で終わるということである。』

主人不世才,先帝常特顧。

あなたのお仕えする閬州刺史の封殿は不世出の才能の持ち主で、先帝陛下がいつも特別に 目をかけておられたじんぶつである。

拔為天軍佐,崇大王法度。

そして、抜擢されて禁軍の補佐官となり、陛下の政治を大いに助けたものだ。

淮海生清風,南翁尚思慕。

その後、准海の地で役人となった時には、なごやかな清風が生じ、その南の地の老人たちは今なお封殿を讃えて思慕している。

#5

公宮造廣廈,木石乃無數。

いまや公宮殿で大屋根の大規模建物を造ろうとしているが、それに用いる木や石は大量で、数知れないのである。

初聞伐松柏,猶臥天一柱。

だが初めはマツやヒノキを伐る音は聞こえるほど評価されていたのだが、あなた様は、今なお天にも届く一本の柱であるのに、寝かされたままなのである。

我瘦書不成,成字讀亦誤。

私は病気になって手紙が書けない。手紙を書いても、字を書いて読みかえすとまちがっていることがある。

為我問故人,勞心練征戍。

だから、 私のために古なじみである封殿に尋ねさせてくれ、「辺境警備の兵士の訓練に日夜心をくだかれているのか」と。』

 

(高司直の封閬州を尋ぬるを送る)

丹雀書をみて来たり、暮れに何れの郷の樹にか棲む。

驊騮 天子に事え、辛苦 道路に在り。

司直 は冗官に非ず、荒山 甚だ 趣無し。

借間す 舟を泛ぶるの人、胡為れぞ雲霧に入るやと。

#2

子とは姻婭の間、既に親にして亦た故有り。

万里長江の辺、避返して亦た相い遇えり

長卿 消渇 再びし、公幹 沈綿 屡しばなり。

清談 老夫を慰め、巻を開けば 佳句を得たり。

#3

時に文章の士を見、欣然として情素を談ず。

枕に伏して別離を聞けば、たれか能く漂寓するに忍びんや。

良会 苦だ短促、渓行すれば水奔注す。

熊熊空林にほゆ、遊子馳鷲を慎め。

#4

西のかた巴中侯に謁せんとし、難険跬步の如し。

主人不世の才、先帝常に特に顧る。

抜きて天軍の佐と為り、崇大す王の法度を。

准海 清風生じ、南翁 尚お思罫す。

#5

公営広度を造り、木石乃ち無数。

初め聞く松柏を伐つを、猶お臥す天の一柱を。

我れ病みて書成らず、字を成すも読めば亦た誤る。

我が為に故人に問え、心を労して征戊を練るかと

 

杜詩詳注 関係個所

造廣厦、木石乃無數。初聞伐松柏、猶卧天一柱。此稱閬州之賢。須封初為宿衛官、又嘗仕於淮海、

乃歴來宦迹。 且廣厦 梁棟之材、乃採松柏而舍天柱、惜其未得大用也。

天軍佐〕 《漢・天文志》: 虚危南有衆星、曰羽林天軍。

崇大王法度〕 言王朝法度、能尊崇而擴大之。 朱穆《崇厚論》:天不崇大、則覆情不廣。

清風〕 《詩》: 穆如清風。

廣厦〕 趙曰: 凡官府貴處、謂/之公。 《左傳》: 搆其公 桓譚。 

《新 論》:雍門周謂孟嘗君曰:「足下居則廣厦高堂、連闥洞房。」 

天一〕 《神異經》: 崑崙有銅柱其高入天謂之天柱

我病一作/書不成、成字讀一作/亦誤。為/我問故人、勞心練征戍。末以/寄語

 

聞州作結務病不成書應前消渴沉綿練兵征戍乃當/時守土急 此章前二段各八句中二段各十句末

段四/句収

 

杜詩詳注〔四〕《送高司直尋封閬州》訳注解説

(本文)

#5

公宮造廣廈,木石乃無數。

初聞伐松柏,猶臥天一柱。

我瘦書不成,成字讀亦誤。

為我問故人,勞心練征戍。

 

(下し文)

(高司直の封閬州を尋ぬるを送る)

#

公営広度を造り、木石乃ち無数。

初め聞く松柏を伐つを、猶お臥す天の一柱を。

我れ病みて書成らず、字を成すも読めば亦た誤る。

我が為に故人に問え、心を労して征戊を練るかと

 

(現代語訳)

(高司直が閬州の長官封某の部下となるのに水鬼苦役の夔州に立ち寄った時送別の宴で花を添える、この詩を披露して詠んだ。)#5

いまや公宮殿で大屋根の大規模建物を造ろうとしているが、それに用いる木や石は大量で、数知れないのである。

だが初めはマツやヒノキを伐る音は聞こえるほど評価されていたのだが、あなた様は、今なお天にも届く一本の柱であるのに、寝かされたままなのである。

私は病気になって手紙が書けない。手紙を書いても、字を書いて読みかえすとまちがっていることがある。

だから、 私のために古なじみである封殿に尋ねさせてくれ、「辺境警備の兵士の訓練に日夜心をくだかれているのか」と。』

 

 

(訳注解説)

送高司直尋封閬州

(高司直が閬州の長官封某の部下となるのに水鬼苦役の夔州に立ち寄った時送別の宴で花を添える、この詩を披露して詠んだ。)

【題意】杜詩詳注卷二一(四)一八二四、杜少陵詩集四四七。杜詩全譯〔四〕P543

制作時767年、制作地は前詩と同じ夔州。封氏を尋ねるのを送別した詩。高司直は未詳。司直は大理司直を指し、 杜佑『通典』巻二五「職官七」によれば、皇帝の命を承けて使者として派遣されて地方の官吏を尋問し、大理寺(検察庁)で疑獄事件を処理する時には評議に加わる。ただし、高司直 は閬州刺史である封氏の部下となるために赴任すると考えられることから、司直は現職ではなく前職であろう。封閬州も未詳。郁賢暗『唐刺史考全編』二八八四頁は、安史の乱以後、遠くない時期に封議が閬州刺史を務めていたと推測する。

 

#

公宮造廣廈,木石乃無數。

いまや公宮殿で大屋根の大規模建物を造ろうとしているが、それに用いる木や石は大量で、数知れないのである。

廣廈 大きな家、大きな門の家、連棟式の大きな家、複数の役所が一つの大屋根で

廣厦〕 趙曰く: 「凡そ官府は貴き處なり、之れ 公う。 《左傳》に: 其の公。 

後漢初めの桓譚の《新 論》に:雍門周 孟嘗君と謂うて曰く:「足下に居す 則ち廣厦の高堂、連闥洞房。」 

連闥洞房 闥,門。連闥洞房指門重疊,房屋深邃。形容宅第豪華。北周.庾信〈小園賦〉:「豈必連闥洞房,南陽樊重之第;綠墀青瑣,西漢王根之宅?

 

初聞伐松柏,猶臥天一柱。

だが初めはマツやヒノキを伐る音は聞こえるほど評価されていたのだが、あなた様は、今なお天にも届く一本の柱であるのに、寝かされたままなのである。

天一 天に入るほどの一本柱、封の偉大さを柱に例えたもの。大黒柱というところか。 天一〕 《神異經》に: 崑崙には銅柱が有り、其の高さは天に入る、之れを天柱と謂う。

 

我瘦書不成,成字讀亦誤。

私は病気になって手紙が書けない。手紙を書いても、字を書いて読みかえすとまちがっていることがある。

 手紙など文字を書くこと。このころ杜甫の人生で最も多くの詩を残しているから、詩が書けないというのではない

成字 手紙の字を書く。

 字を書いて読みかえすこと。

 

為我問故人,勞心練征戍。

だから、 私のために古なじみである封殿に尋ねさせてくれ、「辺境警備の兵士の訓練に日夜心をくだかれているのか」と。』

故人 封をさす。

芳心練征成 この一句は慰労の言葉。「労心」は、心をくだく。「練征成」は、辺境 警備の兵を訓練する。閲州のある巴葛の地は吐蕃(チベット) の侵攻にさらされていた。

767年-236 《 送高司直尋封閬州(卷二一(四)一八二八) -#4》 - 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之 訳注解説Blog11186

767-236  送高司直尋封閬州(卷二一(四)一八二八) -4 - 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之 訳注解説Blog11186

 

 

767-236

 

 

 送高司直尋封閬州(卷二一(四)一八二八)  -4

 

杜甫詳注 訳注解説

 

 

漢文委員会kanbuniinkai紀頌之 訳注解説Blog11186

 

 

 

 

送高司直尋封閬州

(高司直が閬州の長官封某の部下となるのに水鬼苦役の夔州に立ち寄った時送別の宴で花を添える、この詩を披露して詠んだ。)

丹雀銜書來,暮棲何樹。

めでたい知らせを嘴にくわえて天子聖王のもとに運ぶのは丹雀のようなあなたが、この夜うらぶれてどの土地の木に宿るおつもりなのか。

驊騮事天子,辛苦在道路。

あの天子の名馬の驊騮のように陛下にお仕えしたあなたが、このような幸い旅をしておられる。

司直非冗官,荒山甚無趣。

あなたの任ぜられていた大理、司直は閑職 ではないはずだが、今、どうしてこのような風情のない荒れ山に迷いこまれたのか。

借問泛舟人,胡為入雲霧。

お尋ね するが、あなたは舟を浮かべて旅をして、なぜ雲や霧の中に入っていかれるのか。

#2

與子姻婭間,既親亦有故。

あなたと私は王族の末裔で姻戚の関係であり、親族にして旧知のあいだ柄でもある。

萬里長江邊,邂逅一相遇。

遠く西の万里のさきから流れてきて、遠く東の東海(太平洋)に流れさる長江のほとりで、思いがけず、偶然にもまたお会いした。

長卿消渴再,公幹沈綿屢。

私は司馬相知のように糖尿病がぶりかえし、建安七子の一人である劉楨のように長患いを 繰り返している。

清談慰老夫,開卷得佳句。

そのような時、あなたの高雅な談論はこの老いぼれを慰め、詩巻を開けば すばらしい詩句を目にすることができる。

#3

時見文章士,欣然澹情素。

今、文章の士といわれる文学に秀でたあなたとお会いできたこと、心の底から喜んで本心を話しておるのである。

伏枕聞別離,疇能忍漂寓。

長安に帰らねばならないのに、持病が悪化し、養生のためこの地に伏せて いる時に、せっかく会えたあなたと別れなければならないと聞けば、いったい誰がこのようなさすらいの境遇 に堪えておれようか。

良會苦短促,溪行水奔注。

良い出会いというものは実に短いものであり、あなたが峡谷に舟を進ませれば、川の水は奔流となって行く手を遮るかもしれない。

熊羆咆空林,遊子慎馳騖。

陸行するならクマとヒグマがひと気のない林で吠える声が響き渡るであろうし、このような場所から旅人として出発し、あわてて進むのはおやめなさい。

#4

西謁巴中侯,艱險如跬步。

ただ、このような心配も西のかた旧知の閬州刺史の封殿にお会いするのを思えば知れたこと、そう考えれば旅の苦難もあと一歩で終わるということである。』

主人不世才,先帝常特顧。

あなたのお仕えする閬州刺史の封殿は不世出の才能の持ち主で、先帝陛下がいつも特別に 目をかけておられたじんぶつである。

拔為天軍佐,崇大王法度。

そして、抜擢されて禁軍の補佐官となり、陛下の政治を大いに助けたものだ。

淮海生清風,南翁尚思慕。

その後、准海の地で役人となった時には、なごやかな清風が生じ、その南の地の老人たちは今なお封殿を讃えて思慕している。

#5

公宮造廣廈,木石乃無數。

初聞伐松柏,猶臥天一柱。

我瘦書不成,成字讀亦誤。

為我問故人,勞心練征戍。

 

(高司直の封閬州を尋ぬるを送る)

丹雀書をみて来たり、暮れに何れの郷の樹にか棲む。

驊騮 天子に事え、辛苦 道路に在り。

司直 は冗官に非ず、荒山 甚だ 趣無し。

借間す 舟を泛ぶるの人、胡為れぞ雲霧に入るやと。

#2

子とは姻婭の間、既に親にして亦た故有り。

万里長江の辺、避返して亦た相い遇えり

長卿 消渇 再びし、公幹 沈綿 屡しばなり。

清談 老夫を慰め、巻を開けば 佳句を得たり。

#3

時に文章の士を見、欣然として情素を談ず。

枕に伏して別離を聞けば、たれか能く漂寓するに忍びんや。

良会 苦だ短促、渓行すれば水奔注す。

熊熊空林にほゆ、遊子馳鷲を慎め。

#4

西のかた巴中侯に謁せんとし、難険跬步の如し。

主人不世の才、先帝常に特に顧る。

抜きて天軍の佐と為り、崇大す王の法度を。

准海 清風生じ、南翁 尚お思罫す。

#5

公営広度を造り、木石乃ち無数。

初め聞く松柏を伐つを、猶お臥す天の一柱を。

我れ病みて書成らず、字を成すも読めば亦た誤る。

我が為に故人に問え、心を労して征戊を練るかと

 

杜詩詳注 関係個所

時見文章士、欣然談一作/情素。伏枕聞離、疇能忍漂寓。

苦短促、溪行水奔注。熊羆咆空林、遊子慎馳騖。

西謁巴中侯、艱險一作/跬步此為司直惜。 清談、屬高。 談情/屬公。

 水行恐奔注、陸行恐遇熊羆、特以巴侯舊契、故視艱險如跬步耳。

情素〕 遊蔡傳公、孫鞅之事孝公披腹心示情素。

馳騖〕 曹植《節澤賦》: 步北林而馳騖。 

巴中〕 巴中侯、指封閬州。

跬步〕 《越/絶書》 曽無跬步之勞。 按:半步曰跬。

主人不世才、先帝常特顧。拔為天軍佐、崇大王法度。淮海生清風、南翁尚思慕。

造廣厦、木石乃無數。初聞伐松柏、猶卧天一柱。此稱閬州之賢。須封初為宿衛官、又嘗仕於淮海、

乃歴來宦迹。 且廣厦 梁棟之材、乃採松柏而舍天柱、惜其未得大用也。

天軍佐〕 《漢・天文志》: 虚危南有衆星、曰羽林天軍。

崇大王法度〕 言王朝法度、能尊崇而擴大之。 朱穆《崇厚論》:天不崇大、則覆情不廣。

清風〕 《詩》: 穆如清風。

廣厦〕 趙曰: 凡官府貴處、謂/之公。 《左傳》: 搆其公 桓譚。 

《新 論》:雍門周謂孟嘗君曰:「足下居則廣厦高堂、連闥洞房。」 

天一〕 《神異經》: 崑崙有銅柱其高入天謂之天柱

我病一作/書不成、成字讀一作/亦誤。為/我問故人、勞心練征戍。末以/寄語

 

 

杜詩詳注〔四〕《送高司直尋封閬州》訳注解説

(本文)

#4

西謁巴中侯,艱險如跬步。

主人不世才,先帝常特顧。

拔為天軍佐,崇大王法度。

淮海生清風,南翁尚思慕。

 

(下し文)

(高司直の封閬州を尋ぬるを送る)

#

西のかた巴中侯に謁せんとし、難険跬步の如し。

主人不世の才、先帝常に特に顧る。

抜きて天軍の佐と為り、崇大す王の法度を。

准海 清風生じ、南翁 尚お思罫す。

 

(現代語訳)

(高司直が閬州の長官封某の部下となるのに水鬼苦役の夔州に立ち寄った時送別の宴で花を添える、この詩を披露して詠んだ。)#4

ただ、このような心配も西のかた旧知の閬州刺史の封殿にお会いするのを思えば知れたこと、そう考えれば旅の苦難もあと一歩で終わるということである。』

あなたのお仕えする閬州刺史の封殿は不世出の才能の持ち主で、先帝陛下がいつも特別に 目をかけておられたじんぶつである。

そして、抜擢されて禁軍の補佐官となり、陛下の政治を大いに助けたものだ。

その後、准海の地で役人となった時には、なごやかな清風が生じ、その南の地の老人たちは今なお封殿を讃えて思慕している。

 

(訳注解説)

送高司直尋封閬州

(高司直が閬州の長官封某の部下となるのに水鬼苦役の夔州に立ち寄った時送別の宴で花を添える、この詩を披露して詠んだ。)

【題意】杜詩詳注卷二一(四)一八二四、杜少陵詩集四四七。杜詩全譯〔四〕P543

制作時767年、制作地は前詩と同じ夔州。封氏を尋ねるのを送別した詩。高司直は未詳。司直は大理司直を指し、 杜佑『通典』巻二五「職官七」によれば、皇帝の命を承けて使者として派遣されて地方の官吏を尋問し、大理寺(検察庁)で疑獄事件を処理する時には評議に加わる。ただし、高司直 は閬州刺史である封氏の部下となるために赴任すると考えられることから、司直は現職ではなく前職であろう。封閬州も未詳。郁賢暗『唐刺史考全編』二八八四頁は、安史の乱以後、遠くない時期に封議が閬州刺史を務めていたと推測する。

 

#4

西謁巴中侯,艱險如跬步。

ただ、このような心配も西のかた旧知の閬州刺史の封殿にお会いするのを思えば知れたこと、そう考えれば旅の苦難もあと一歩で終わるということである。』

巴中侯 封閲州を指す。「巴中」は四川盆地の東部を流れる嘉陵汀の流域で、ここでは 閲州。「侯」は刺史の雅称。巴中〕 巴中侯、指封閬州。

難陰如踵歩 旅の苦難はわずか一歩を踏み出すうちに終わる。封閻州に 会えば必ず歓待されることを予想する。「蛙歩」は、片足を前に出す距離で、日本でいう一歩。跬步〕 《越/絶書》 曽無跬步之勞。 按:半步曰跬。

 

 

主人不世才,先帝常特顧。

あなたのお仕えする閬州刺史の封殿は不世出の才能の持ち主で、先帝陛下がいつも特別に 目をかけておられたじんぶつである。

主人 封尚州。

不世才 不世出の才能。

先帝 玄宗あるいは粛宗。

 

 

拔為天軍佐,崇大王法度。

そして、抜擢されて禁軍の補佐官となり、陛下の政治を大いに助けたものだ。

天軍 大子に近侍する禁軍。天軍佐〕 《漢・天文志》: 虚危南有衆星、曰羽林天軍。

崇大 王法度 帝王の政治(法律・制度) を立派にするっ 崇大王法度〕 言王朝法度、能尊崇而擴大之。 朱穆《崇厚論》:天不崇大、則覆情不廣。

 

 

 

淮海生清風,南翁尚思慕。

その後、准海の地で役人となった時には、なごやかな清風が生じ、その南の地の老人たちは今なお封殿を讃えて思慕している。

准海 准河と東海(東シナ海) のほとり。揚州を 中心とした山東省南部・江蘇省北部一帯。

清風 万物を養い育てる穏やかな風。また、そのように徳 によって民衆を養育して教化する勝れた政治。『詩経』 大雅「蒸民」 に見える語。ここでは封聞州がか って准海地域の地方官であった時の治績を賛美する。清風〕 《詩》: 穆如清風。

南翁 南方の老人。ここでは准海の老人を指 す。一説に南方に寓居する杜南といい(『黄鶴補注』 巻一四)、また封刺史を指すともいう (『李寿松 注』 三六六百)。

767年-236 《 送高司直尋封閬州(卷二一(四)一八二八) -#3》 - 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之 訳注解説Blog11178

767-236  送高司直尋封閬州(卷二一(四)一八二八) -3 - 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之 訳注解説Blog11178

 

 

767-236

 

 

 送高司直尋封閬州(卷二一(四)一八二八)  -3

 

杜甫詳注 訳注解説

 

 

漢文委員会kanbuniinkai紀頌之 訳注解説Blog11178

 

 

 

 

送高司直尋封閬州

(高司直が閬州の長官封某の部下となるのに水鬼苦役の夔州に立ち寄った時送別の宴で花を添える、この詩を披露して詠んだ。)

丹雀銜書來,暮棲何樹。

めでたい知らせを嘴にくわえて天子聖王のもとに運ぶのは丹雀のようなあなたが、この夜うらぶれてどの土地の木に宿るおつもりなのか。

驊騮事天子,辛苦在道路。

あの天子の名馬の驊騮のように陛下にお仕えしたあなたが、このような幸い旅をしておられる。

司直非冗官,荒山甚無趣。

あなたの任ぜられていた大理、司直は閑職 ではないはずだが、今、どうしてこのような風情のない荒れ山に迷いこまれたのか。

借問泛舟人,胡為入雲霧。

お尋ね するが、あなたは舟を浮かべて旅をして、なぜ雲や霧の中に入っていかれるのか。

#2

與子姻婭間,既親亦有故。

あなたと私は王族の末裔で姻戚の関係であり、親族にして旧知のあいだ柄でもある。

萬里長江邊,邂逅一相遇。

遠く西の万里のさきから流れてきて、遠く東の東海(太平洋)に流れさる長江のほとりで、思いがけず、偶然にもまたお会いした。

長卿消渴再,公幹沈綿屢。

私は司馬相知のように糖尿病がぶりかえし、建安七子の一人である劉楨のように長患いを 繰り返している。

清談慰老夫,開卷得佳句。

そのような時、あなたの高雅な談論はこの老いぼれを慰め、詩巻を開けば すばらしい詩句を目にすることができる。

#3

時見文章士,欣然澹情素。

今、文章の士といわれる文学に秀でたあなたとお会いできたこと、心の底から喜んで本心を話しておるのである。

伏枕聞別離,疇能忍漂寓。

長安に帰らねばならないのに、持病が悪化し、養生のためこの地に伏せて いる時に、せっかく会えたあなたと別れなければならないと聞けば、いったい誰がこのようなさすらいの境遇 に堪えておれようか。

良會苦短促,溪行水奔注。

良い出会いというものは実に短いものであり、あなたが峡谷に舟を進ませれば、川の水は奔流となって行く手を遮るかもしれない。

熊羆咆空林,遊子慎馳騖。

陸行するならクマとヒグマがひと気のない林で吠える声が響き渡るであろうし、このような場所から旅人として出発し、あわてて進むのはおやめなさい。

#4

西謁巴中侯,艱險如跬步。

主人不世才,先帝常特顧。

拔為天軍佐,崇大王法度。

淮海生清風,南翁尚思慕。

#5

公宮造廣廈,木石乃無數。

初聞伐松柏,猶臥天一柱。

我瘦書不成,成字讀亦誤。

為我問故人,勞心練征戍。

 

(高司直の封閬州を尋ぬるを送る)

丹雀書をみて来たり、暮れに何れの郷の樹にか棲む。

驊騮 天子に事え、辛苦 道路に在り。

司直 は冗官に非ず、荒山 甚だ 趣無し。

借間す 舟を泛ぶるの人、胡為れぞ雲霧に入るやと。

#2

子とは姻婭の間、既に親にして亦た故有り。

万里長江の辺、避返して亦た相い遇えり

長卿 消渇 再びし、公幹 沈綿 屡しばなり。

清談 老夫を慰め、巻を開けば 佳句を得たり。

#3

時に文章の士を見、欣然として情素を談ず。

枕に伏して別離を聞けば、たれか能く漂寓するに忍びんや。

良会 苦だ短促、渓行すれば水奔注す。

熊熊空林にほゆ、遊子馳鷲を慎め。

#4

西のかた巴中侯に謁せんとし、難険踵歩の如し。

主人不世の才、先帝常に特に顧る。

抜きて天軍の佐と為り、崇大す王の法度を。

准海清風生じ、南翁尚お思罫す。

#5

公営広度を造り、木石乃ち無数。

初め聞く松柏を伐つを、猶お臥す天の一柱を。

我れ病みて書成らず、字を成すも読めば亦た誤る。

我が為に故人に問え、心を労して征戊を練るかと

 

杜詩詳注 関係個所

時見文章士、欣然談一作/情素。伏枕聞離、疇能忍漂寓。

苦短促、溪行水奔注。熊羆咆空林、遊子慎馳騖。

西謁巴中侯、艱險一作/如跬步。此為司直惜。 清談、屬高。 談情/屬公。

 水行恐奔注、陸行恐遇熊羆、特以巴侯舊契、故視艱險如跬步耳。

情素〕 遊蔡傳公、孫鞅之事孝公披腹心示情素。

馳騖〕 曹植《節澤賦》: 步北林而馳騖。 

巴中〕 巴中侯、指封閬州。

跬步〕 《越/絶書》 曽無跬步之勞。 按:半步曰跬。

主人不世才、先帝常特顧。拔為天軍佐、崇大王法度。淮海生清風、南翁尚思慕。

造廣厦、木石乃無數。初聞伐松柏、猶卧天一柱。此稱閬州之賢。須封初為宿衛官、又嘗仕於淮海、

乃歴來宦迹。 且廣厦 梁棟之材、乃採松柏而舍天柱、惜其未得大用也。

天軍佐〕 《漢・天文志》: 虚危南有衆星、曰羽林天軍。

崇大王法度〕 言王朝法度、能尊崇而擴大之。 朱穆《崇厚論》:天不崇大、則覆情不廣。

清風〕 《詩》: 穆如清風。

廣厦〕 趙曰: 凡官府貴處、謂/之公。 《左傳》: 搆其公 桓譚。 

《新 論》:雍門周謂孟嘗君曰:「足下居則廣厦高堂、連闥洞房。」 

天一〕 《神異經》: 崑崙有銅柱其高入天謂之天柱

我病一作/書不成、成字讀一作/亦誤。為/我問故人、勞心練征戍。末以/寄語

 

 

杜詩詳注〔四〕《送高司直尋封閬州》訳注解説

(本文)

3

時見文章士,欣然澹情素。

伏枕聞別離,疇能忍漂寓。

良會苦短促,溪行水奔注。

熊羆咆空林,遊子慎馳騖。

 

(下し文)

(高司直の封閬州を尋ぬるを送る)

#3

 

(現代語訳)

(高司直が閬州の長官封某の部下となるのに水鬼苦役の夔州に立ち寄った時送別の宴で花を添える、この詩を披露して詠んだ。)#3

今、文章の士といわれる文学に秀でたあなたとお会いできたこと、心の底から喜んで本心を話しておるのである。

長安に帰らねばならないのに、持病が悪化し、養生のためこの地に伏せて いる時に、せっかく会えたあなたと別れなければならないと聞けば、いったい誰がこのようなさすらいの境遇 に堪えておれようか。

良い出会いというものは実に短いものであり、あなたが峡谷に舟を進ませれば、川の水は奔流となって行く手を遮るかもしれない。

陸行するならクマとヒグマがひと気のない林で吠える声が響き渡るであろうし、このような場所から旅人として出発し、あわてて進むのはおやめなさい。

 

 

(訳注解説)

送高司直尋封閬州

(高司直が閬州の長官封某の部下となるのに水鬼苦役の夔州に立ち寄った時送別の宴で花を添える、この詩を披露して詠んだ。)

【題意】杜詩詳注卷二一(四)一八二四、杜少陵詩集四四七。杜詩全譯〔四〕P543

制作時767年、制作地は前詩と同じ夔州。封氏を尋ねるのを送別した詩。高司直は未詳。司直は大理司直を指し、 杜佑『通典』巻二五「職官七」によれば、皇帝の命を承けて使者として派遣されて地方の官吏を尋問し、大理寺(検察庁)で疑獄事件を処理する時には評議に加わる。ただし、高司直 は閬州刺史である封氏の部下となるために赴任すると考えられることから、司直は現職ではなく前職であろう。封閬州も未詳。郁賢暗『唐刺史考全編』二八八四頁は、安史の乱以後、遠くない時期に封議が閬州刺史を務めていたと推測する。

 

#3

此は司直との惜す。 清談、屬高す。 談情屬公。水行 恐らく奔注をみ、陸行 恐らく熊羆に遇す、特に以て巴侯に舊契す、故に艱險を跬步の如くと視るのみ。

時見文章士,欣然澹情素。

今、文章の士といわれる文学に秀でたあなたとお会いできたこと、心の底から喜んで本心を話しておるのである。

文章士 文章に優れた人物。「為文章操紙筆立書」(文章を為るときは、紙筆を操って立ちどころに書く。

情素 本心。① 平素からの感情。もとからの思い。② 汚れのない気持。潔白な気持。誠意。情素〕 遊蔡傳公、孫鞅之事、孝公 腹心を披い情素を示す。

 

伏枕聞別離,疇能忍漂寓。

長安に帰らねばならないのに、持病が悪化し、養生のためこの地に伏せて いる時に、せっかく会えたあなたと別れなければならないと聞けば、いったい誰がこのようなさすらいの境遇 に堪えておれようか。

漂寓 さまよって他郷に仮住まいする。

 

良會苦短促,溪行水奔注。

良い出会いというものは実に短いものであり、あなたが峡谷に舟を進ませれば、川の水は奔流となって行く手を遮るかもしれない。

良書 良い 出会い。

溪行 谷川を進む。ここでは長汀を遡る。この二句と次の二句は、送別の宴を開いた夔州が水陸駅であることで、陸行と水行するものがあり、そのどちらも難航が予想されるたびであることを言う。

 

熊羆咆空林,遊子慎馳騖。

陸行するならクマとヒグマがひと気のない林で吠える声が響き渡るであろうし、このような場所から旅人として出発し、あわてて進むのはおやめなさい。

空林 ひと気のない林。

遊子 旅人。

馳驚  速く馳せる。馳騖〕 曹植《節澤賦》: 步北林而馳騖。

767年-236 《 送高司直尋封閬州(卷二一(四)一八二八) -#2》 - 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之 訳注解説Blog11170

 

最近 一週間の訳注解説 BLOG

/ 

李白集校注

韓昌黎集

杜詩詳注

花間集

玉臺新詠

女性関連

 

2/17

贈丹陽橫山周處士惟 #2

張中丞傳後敘 -#15

冬至

 

邱巨源_其二聽隣妓 -#1

 

 

 

2/18

雪讒詩贈友人#-0

張中丞傳後敘 -#16

柳司馬至 -#1

 

邱巨源_其二聽隣妓

 

 

 

2/19

雪讒詩贈友人 #1

張中丞傳後敘 -#17

柳司馬至-#2

 

王融_ 雜詩五首其一古意

 

 

 

2/20

雪讒詩贈友人 #2

張中丞傳後敘 -#18

 別李義 - #1

 

王融_雜詩五首〔2

 

 

 

2/21

雪讒詩贈友人 #3

張中丞傳後敘 -#19

 別李義 - #2

 

王融_雜詩五首〔3

 

 

 

2/22

雪讒詩贈友人 #4

中丞傳後敘 -#20

 別李義 - #3

 

王融_雜詩五首〔4

 

 

 

2/23

 

 

杜甫研究、詩と生涯(1)

 

 

 

 

 

2/24

 

 

杜甫研究、詩と生涯(2)

 

 

 

 

 

2/25

雪讒詩贈友人 #5

張中丞傳後敘 -#21

 別李義 - #4

 

王融_雜詩五首〔5

 

 

 

2/26

雪讒詩贈友人 #6

張中丞傳後敘 -#22

 別李義 - #5

 

謝朓_雜詩十二〔1

 

 

 

2/27

雪讒詩贈友人 #7

張中丞傳後敘 -#23

 別李義 - #6

 

謝朓雜詩十二〔2

 

 

 

2/28

雪讒詩贈友人 #8

張中丞傳後敘 -#24

 別李義 - #7

 

謝朓雜詩十二〔3

 

 

 

2/29

雪讒詩贈友人 #9

張中丞傳後敘 -#25

 送高司直尋封閬州 #1

 

謝朓雜詩十二〔4

 

 

 

3/1

 

 

杜甫研究、詩と生涯(3)

 

 

 

 

 

3/2

留別金陵諸公#1

張中丞傳後敘 -#26

 送高司直尋封閬州 #2

 

謝朓雜詩十二〔5

 

 

 

3/3

留別金陵諸公#2

張中丞傳後敘 -#27

 送高司直尋封閬州#3

 

6詠邯鄲故才人嫁為厮養

 

 

 

3/4

留別金陵諸公#3

張中丞傳後敘 -#28

 可歎 #1

 

7秋夜

 

 

 

767-236  送高司直尋封閬州(卷二一(四)一八二八) -2 - 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之 訳注解説Blog11170

 

 

 

767-236

 

 

 送高司直尋封閬州(卷二一(四)一八二八)  -2

 

杜甫詳注 訳注解説

 

 

漢文委員会kanbuniinkai紀頌之 訳注解説Blog11170

 

 

 

 

送高司直尋封閬州

(高司直が閬州の長官封某の部下となるのに水鬼苦役の夔州に立ち寄った時送別の宴で花を添える、この詩を披露して詠んだ。)

丹雀銜書來,暮棲何樹。

めでたい知らせを嘴にくわえて天子聖王のもとに運ぶのは丹雀のようなあなたが、この夜うらぶれてどの土地の木に宿るおつもりなのか。

驊騮事天子,辛苦在道路。

あの天子の名馬の驊騮のように陛下にお仕えしたあなたが、このような幸い旅をしておられる。

司直非冗官,荒山甚無趣。

あなたの任ぜられていた大理、司直は閑職 ではないはずだが、今、どうしてこのような風情のない荒れ山に迷いこまれたのか。

借問泛舟人,胡為入雲霧。

お尋ね するが、あなたは舟を浮かべて旅をして、なぜ雲や霧の中に入っていかれるのか。

#2

與子姻婭間,既親亦有故。

あなたと私は王族の末裔で姻戚の関係であり、親族にして旧知のあいだ柄でもある。

萬里長江邊,邂逅一相遇。

遠く西の万里のさきから流れてきて、遠く東の東海(太平洋)に流れさる長江のほとりで、思いがけず、偶然にもまたお会いした。

長卿消渴再,公幹沈綿屢。

私は司馬相知のように糖尿病がぶりかえし、建安七子の一人である劉楨のように長患いを 繰り返している。

清談慰老夫,開卷得佳句。

そのような時、あなたの高雅な談論はこの老いぼれを慰め、詩巻を開けば すばらしい詩句を目にすることができる。

 

(高司直の封閬州を尋ぬるを送る)

丹雀書をみて来たり、暮れに何れの郷の樹にか棲む。

驊騮 天子に事え、辛苦 道路に在り。

司直 は冗官に非ず、荒山 甚だ 趣無し。

借間す 舟を泛ぶるの人、胡為れぞ雲霧に入るやと。

#2

子とは姻婭の間、既に親にして亦た故有り。

万里長江の辺、避返して亦た相い遇えり

長卿 消渇 再びし、公幹 沈綿 屡しばなり。

清談 老夫を慰め、巻を開けば 佳句を得たり。

安史の乱当時の勢力図蜀中転々圖 

杜詩詳注〔四〕《送高司直尋封閬州》訳注解説

(本文)

#2

與子姻婭間,既親亦有故。

萬里長江邊,邂逅一相遇。

長卿消渴再,公幹沈綿屢。

清談慰老夫,開卷得佳句。

 

(下し文)

(高司直の封閬州を尋ぬるを送る)

#2

子とは姻婭の間、既に親にして亦た故有り。

万里長江の辺、避返して亦た相い遇えり

長卿 消渇 再びし、公幹 沈綿 屡しばなり。

清談 老夫を慰め、巻を開けば 佳句を得たり。

 

(現代語訳)

(高司直が閬州の長官封某の部下となるのに水鬼苦役の夔州に立ち寄った時送別の宴で花を添える、この詩を披露して詠んだ。)

あなたと私は王族の末裔で姻戚の関係であり、親族にして旧知のあいだ柄でもある。

遠く西の万里のさきから流れてきて、遠く東の東海(太平洋)に流れさる長江のほとりで、思いがけず、偶然にもまたお会いした。

私は司馬相知のように糖尿病がぶりかえし、建安七子の一人である劉楨のように長患いを 繰り返している。

そのような時、あなたの高雅な談論はこの老いぼれを慰め、詩巻を開けば すぼらしい詩句を目にすることができる。

 

(訳注解説)

送高司直尋封閬州

(高司直が閬州の長官封某の部下となるのに水鬼苦役の夔州に立ち寄った時送別の宴で花を添える、この詩を披露して詠んだ。)

【題意】杜詩詳注卷二一(四)一八二四、杜少陵詩集四四七。杜詩全譯〔四〕P543

制作時767年、制作地は前詩と同じ夔州。封氏を尋ねるのを送別した詩。高司直は未詳。司直は大理司直を指し、 杜佑『通典』巻二五「職官七」によれば、皇帝の命を承けて使者として派遣されて地方の官吏を尋問し、大理寺(検察庁)で疑獄事件を処理する時には評議に加わる。ただし、高司直 は閬州刺史である封氏の部下となるために赴任すると考えられることから、司直は現職ではなく前職であろう。封閬州も未詳。郁賢暗『唐刺史考全編』二八八四頁は、安史の乱以後、遠くない時期に封議が閬州刺史を務めていたと推測する。

 

#2

與子姻婭間,既親亦有故。

あなたと私は王族の末裔で姻戚の関係であり、親族にして旧知のあいだ柄でもある。

姻婭間 姻戚関係。「姻 姓」は双声語「インア」。

 

萬里長江邊,邂逅一相遇。

遠く西の万里のさきから流れてきて、遠く東の東海(太平洋)に流れさる長江のほとりで、思いがけず、偶然にもまたお会いした。

萬里長江邊 中國の大河川は西から東へ万里の距離を流れゆく。長江は最大流域面積の河川である。そのちょうど中間に夔州配置するが、唐の南の国境を流れていたので、辺境という意味になる。

邂逅 思いがけなく出あうこと。偶然の出あい。めぐりあい。「旧友と邂逅する」

 

長卿消渴再公幹沈綿屢

私は司馬相知のように糖尿病がぶりかえし、建安七子の一人である劉楨のように長患いを 繰り返している。

長卿消渴再 前漢の司馬相知 (字は長卿」) のように糖尿病がぶり返す。杜甫は糖尿病を患う自分を、しばしば同病の 司馬相知になぞらえた。

公幹沈綿屢 後漢末の劉楨(字は公幹」)のように長患いを 繰り返す。「沈綿」は長引く病で、劉楨が病臥の折に作った「五官中郡将に贈る、四首」其の二に「余れは嬰る沈痛の疾」とある。劉 楨(りゅう てい、? - 217年)は、中国後漢末に曹操に仕えた文学者。字は公幹。建安七子の一人。兗州東平国寧陽県(現在の山東省泰安市寧陽県)の人。漢の宗族の劉梁の孫[1]

 

清談慰老夫,開卷得佳句。

そのような時、あなたの高雅な談論はこの老いぼれを慰め、詩巻を開けば すぼらしい詩句を目にすることができる。

清談 ここでは、高司直との話を世俗を離れた高雅な談論としてもちあげたもの。元来、儒教思想全盛の漢代から、魏の時代になり、知識人たちは常識的な儒教道徳を超えて、主に老荘思想を題材とする幽玄な哲学的議論を交わしていた。清談とは、世俗を離れた清らかな談話、という意味である。いわゆる竹林の七賢の清談はこの代表例である。ただし、竹林の七賢の逸話にもうかがえるように、世俗を離れた老荘的談話を展開した背景には、後漢から魏、魏から晋へと興亡相次いだ乱世にあって、儒教に忠実であること、世俗に関与することが政治的な身の危険に繋がったという事情も存在する。

なお、当時において知識人とはすなわち貴族であり政治家であった。その知識人がもっぱら世俗を離れた清談に終始していたことは、西晋の滅亡の大きな要因となったといわれる。

767年-236 《 送高司直尋封閬州(卷二一(四)一八二八) -#1》 - 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之 訳注解説Blog11162

 

最近 一週間の訳注解説 BLOG

/ 

李白集校注

韓昌黎集

杜詩詳注

花間集

玉臺新詠

女性関連

 

2/17

贈丹陽橫山周處士惟 #2

張中丞傳後敘 -#15

冬至

 

邱巨源_其二聽隣妓 -#1

 

 

 

2/18

雪讒詩贈友人#-0

張中丞傳後敘 -#16

柳司馬至 -#1

 

邱巨源_其二聽隣妓

 

 

 

2/19

雪讒詩贈友人 #1

張中丞傳後敘 -#17

柳司馬至-#2

 

王融_ 雜詩五首其一古意

 

 

 

2/20

雪讒詩贈友人 #2

張中丞傳後敘 -#18

 別李義 - #1

 

王融_雜詩五首〔2

 

 

 

2/21

雪讒詩贈友人 #3

張中丞傳後敘 -#19

 別李義 - #2

 

王融_雜詩五首〔3

 

 

 

2/22

雪讒詩贈友人 #4

中丞傳後敘 -#20

 別李義 - #3

 

王融_雜詩五首〔4

 

 

 

2/23

 

 

杜甫研究、詩と生涯(1)

 

 

 

 

 

2/24

 

 

杜甫研究、詩と生涯(2)

 

 

 

 

 

2/25

雪讒詩贈友人 #5

張中丞傳後敘 -#21

 別李義 - #4

 

王融_雜詩五首〔5

 

 

 

2/26

雪讒詩贈友人 #6

張中丞傳後敘 -#22

 別李義 - #5

 

謝朓_雜詩十二〔1

 

 

 

2/27

雪讒詩贈友人 #7

張中丞傳後敘 -#23

 別李義 - #6

 

謝朓雜詩十二〔2

 

 

 

2/28

雪讒詩贈友人 #8

張中丞傳後敘 -#24

 別李義 - #7

 

謝朓雜詩十二〔3

 

 

 

2/29

雪讒詩贈友人 #9

張中丞傳後敘 -#25

 送高司直尋封閬州 #1

 

謝朓雜詩十二〔4

 

 

 

3/1

 

 

杜甫研究、詩と生涯(3)

 

 

 

 

 

3/2

留別金陵諸公#1

張中丞傳後敘 -#26

 送高司直尋封閬州 #2

 

謝朓雜詩十二〔5

 

 

 

3/3

留別金陵諸公#2

張中丞傳後敘 -#27

 送高司直尋封閬州#3

 

6詠邯鄲故才人嫁為厮養

 

 

 

3/4

留別金陵諸公#3

張中丞傳後敘 -#28

 可歎 #1

 

7秋夜

 

 

 

767-236  送高司直尋封閬州(卷二一(四)一八二八) -1 - 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之 訳注解説Blog11162 

 


 

767-236

 

 

 送高司直尋封?州(卷二一(四)一八二八)  -1

 

杜甫詳注 訳注解説

 

 

漢文委員会kanbuniinkai紀頌之 訳注解説Blog11162

 

 


 

1214        送高司直尋封閬州(卷二一(四)一八二八)

                  丹雀銜書來,暮棲何樹。驊騮事天子,辛苦在道路。司直非冗官,荒山甚無趣

                  借問泛舟人,胡為入雲霧。與子姻婭間,既親亦有故。萬里長江邊,邂逅亦相遇。

                  長卿消渴再,公幹沉綿屢。時見文章士,欣然談(一作澹)情素。伏枕聞別離,

                  疇能忍漂寓。良會苦短促,溪行水奔注。熊羆咆空林,遊子慎馳騖。西謁巴中侯,

                  艱險(一作難)如跬步。主人不世才,先帝常特顧。拔為天軍佐,崇大王法度。

                  淮海生清風,南翁尚思慕。公宮造廣廈,木石乃無數。初文伐松柏,猶臥天一柱。

                  我病(一作瘦)書不成,成字讀(一作字)亦誤。為我問故人,勞心練征戍。

 

 

年:       大曆二年

寫作時間:           767

寫作年紀:           56

卷別:    卷二二二              文體:    五言古詩

詩題:    送高司直尋封閬州

詩序:   

寫作地點:           夔州(山南東道 / 夔州 / 夔州)

寫及地點:          

閬州 (山南西道 閬州 閬州) 別名:閬、巴城             

交遊人物/地點:  

高司直              當地交遊(山南東道 夔州 夔州)

封閬州              詩文提及(山南西道 閬州 閬州)

 

 

 

送高司直尋封閬州

丹雀銜書來,暮棲何樹。

驊騮事天子,辛苦在道路。

司直非冗官,荒山甚無趣。

借問泛舟人,胡為入雲霧。

#2

與子姻婭間,既親亦有故。

萬里長江邊,邂逅一相遇。

長卿消渴再,公幹沈綿屢。

清談慰老夫,開卷得佳句。

#3

時見文章士,欣然澹情素。

伏枕聞別離,疇能忍漂寓。

良會苦短促,溪行水奔注。

熊羆咆空林,遊子慎馳騖。

#4

西謁巴中侯,艱險如跬步。

主人不世才,先帝常特顧。

拔為天軍佐,崇大王法度。

淮海生清風,南翁尚思慕。

#5

公宮造廣廈,木石乃無數。

初聞伐松柏,猶臥天一柱。

我瘦書不成,成字讀亦誤。

為我問故人,勞心練征戍。

 

詩文(含異文)     丹雀銜書來,暮棲何樹。驊騮事天子,辛苦在道路。司直非冗官,荒山甚無趣。借問泛舟人,胡為入雲霧。與子姻婭間,既親亦有故。萬里長江邊,邂逅一相遇。長卿消渴再,公幹沈綿屢。清談慰老夫,開卷得佳句。時見文章士,欣然澹情素【欣然談情素】。伏枕聞別離,疇能忍漂寓。良會苦短促,溪行水奔注。熊羆咆空林,遊子慎馳騖。西謁巴中侯,艱險如跬步。主人不世才,先帝常特顧。拔為天軍佐,崇大王法度。淮海生清風,南翁尚思慕。公宮造廣廈,木石乃無數。初聞伐松柏,猶臥天一柱。我瘦書不成【我病書不成】,成字讀亦誤【成字字亦誤】。為我問故人,勞心練征戍。

 

 

  送高司直尋封閬州鶴注此當是大歴二年/ 司直大理寺官後魏永

  安二年置司直十人唐制/六人寺有疑讞則參議之

丹雀銜書來暮棲何樹驊騮事天子辛苦在道路

直非冗官荒山甚無趣借問泛舟人胡為入雲霧首叙/司直

入蜀之上四比興下四賦詞王趙曰高通籍事主故比/丹雀 於文王驊騮之於穆 荒山雲霧非司直所

宜經故惜而問之於周禮疏中候我應云季秋甲子赤/雀銜丹書入豐止 昌戸昌拜稽首受其文遁甲赤雀

不見則國無賢注赤雀主銜書陽精也令周穆王駕八/駿之乗右服驊騮 通鑑和帝以尚書 黄香為東郡

 

太守香辭以典郡從/政才非所宜乞冗官與子姻婭間既親亦有故萬里長

江邊邂逅亦相遇長丁丈/卿消渴再公幹沉綿屢/

談慰老夫開巻得佳句此叙相遇交情亦得其清談佳/句雖消病沉綿 可頓蘇矣

𤨏𤨏姻婭身有故謂故交祗劉公幹詩余/嬰沉痼疾竄 清漳濵 箴清談輟響時見文章

士欣然談一作/情素伏枕聞離疇能忍漂寓良

短促溪行水奔注熊羆咆空林遊子慎馳騖西謁巴中

侯艱險一作/如跬步此為司直惜阻清談屬高談情/屬公 水行恐 奔注陸行恐遇

 

熊羆特以巴侯舊契故視艱險如跬步耳遊蔡澤傳公/孫鞅之事孝公披腹心示情素 曹植節 賦步北林

而馳騖無巴中侯指封閬州曰越/絶書曽 跬步之勞按半步 主人不世才先帝常

特顧拔為天軍佐崇大王法度淮海生清風南翁尚思

慕公造廣厦木石乃無數初聞伐松柏猶卧天一

此稱閬州之賢須封初為宿衛官又嘗仕於淮海乃歴/來宦迹且廣厦 梁棟之材乃採松柏而舍天柱惜其

未得大用也度漢天文志虚危南有衆星曰羽林天軍/ 言王朝法 能尊崇而擴大之朱穆崇厚論天不崇

大則覆情不廣其詩穆如清風新趙曰凡官府貴處謂/之公左傳搆 桓譚 論雍門周謂孟嘗君

 

曰足下居則廣厦高堂連闥洞房天神/異經崑崙有銅柱其高入天謂之 我病一作/書不

成成字讀一作/亦誤為/我問故人勞心練征戍末以/寄語

 

聞州作結務病不成書應前消渴沉綿練兵征戍乃當/時守土急 此章前二段各八句中二段各十句末

段四/句収

 

 

送高司直尋封閬州

(高司直が閬州の長官封某の部下となるのに水鬼苦役の夔州に立ち寄った時送別の宴で花を添える、この詩を披露して詠んだ。)

丹雀銜書來,暮棲何樹。

めでたい知らせを嘴にくわえて天子聖王のもとに運ぶのは丹雀のようなあなたが、この夜うらぶれてどの土地の木に宿るおつもりなのか。

驊騮事天子,辛苦在道路。

あの天子の名馬の驊騮のように陛下にお仕えしたあなたが、このような幸い旅をしておられる。

司直非冗官,荒山甚無趣。

あなたの任ぜられていた大理、司直は閑職 ではないはずだが、今、どうしてこのような風情のない荒れ山に迷いこまれたのか。

借問泛舟人,胡為入雲霧。

お尋ね するが、あなたは舟を浮かべて旅をして、なぜ雲や霧の中に入っていかれるのか。

#2

與子姻婭間,既親亦有故。

萬里長江邊,邂逅一相遇。

長卿消渴再,公幹沈綿屢。

清談慰老夫,開卷得佳句。

 

(高司直の封閬州を尋ぬるを送る)

丹雀書をみて来たり、暮れに何れの郷の樹にか棲む。

驊騮 天子に事え、辛苦 道路に在り。

司直 は冗官に非ず、荒山 甚だ 趣無し。

借間す 舟を泛ぶるの人、胡為れぞ雲霧に入るやと。

子とは姻婭の間、既に親にして亦た故有り。

万里長江の辺、避返して亦た相い遇えり

長卿 消渇 再びし、公幹 沈綿 屡しばなり。

清談 老夫を慰め、巻を開けば 佳句を得たり。

 

杜詩詳注〔四〕《送高司直尋封閬州》訳注解説

(本文)

#1

送高司直尋封閬州

丹雀銜書來,暮棲何樹。

驊騮事天子,辛苦在道路。

司直非冗官,荒山甚無趣。

借問泛舟人,胡為入雲霧。

 

(下し文)

(高司直の封閬州を尋ぬるを送る)

丹雀書をみて来たり、暮れに何れの郷の樹にか棲む。

驊騮 天子に事え、辛苦 道路に在り。

司直 は冗官に非ず、荒山 甚だ 趣無し。

借間す 舟を泛ぶるの人、胡為れぞ雲霧に入るやと。

 

(現代語訳)

(高司直が閬州の長官封某の部下となるのに水鬼苦役の夔州に立ち寄った時送別の宴で花を添える、この詩を披露して詠んだ。)

めでたい知らせを嘴にくわえて天子聖王のもとに運ぶのは丹雀のようなあなたが、この夜うらぶれてどの土地の木に宿るおつもりなのか。

あの天子の名馬の驊騮のように陛下にお仕えしたあなたが、このような幸い旅をしておられる。

あなたの任ぜられていた大理、司直は閑職 ではないはずだが、今、どうしてこのような風情のない荒れ山に迷いこまれたのか。

お尋ね するが、あなたは舟を浮かべて旅をして、なぜ雲や霧の中に入っていかれるのか。

 

(訳注解説)

送高司直尋封閬州

(高司直が閬州の長官封某の部下となるのに水鬼苦役の夔州に立ち寄った時送別の宴で花を添える、この詩を披露して詠んだ。)

【題意】杜詩詳注卷二一(四)一八二四、杜少陵詩集四四七。杜詩全譯〔四〕P543

制作時767年、制作地は前詩と同じ夔州。封氏を尋ねるのを送別した詩。高司直は未詳。司直は大理司直を指し、 杜佑『通典』巻二五「職官七」によれば、皇帝の命を承けて使者として派遣されて地方の官吏を尋問し、大理寺(検察庁)で疑獄事件を処理する時には評議に加わる。ただし、高司直 は閬州刺史である封氏の部下となるために赴任すると考えられることから、司直は現職ではなく前職であろう。封閬州も未詳。郁賢暗『唐刺史考全編』二八八四頁は、安史の乱以後、遠くない時期に封議が閬州刺史を務めていたと推測する。

 

丹雀銜書來,暮棲何樹。

めでたい知らせを嘴にくわえて天子聖王のもとに運ぶのは丹雀のようなあなたが、この夜うらぶれてどの土地の木に宿るおつもりなのか。

丹雀銜書來 赤い雀が丹書(瑞書)を口にくわえてくる。丹雀は、周の文王 に天命が授けられた時に使者として飛来したという鳥。『呂氏春秋』巻一三「名類」などに見える。ここでは瑞書を王者(都の帝王) に届けるべき丹雀が、王者から遠く離れた斐州に飛んできたことを述べて、 高司直が左遷されたことをいう。

 

 

驊騮事天子,辛苦在道路。

あの天子の名馬の驊騮のように陛下にお仕えしたあなたが、このような幸い旅をしておられる。

驊騮事天子 西周の穆王の八頭の駿馬の一匹である驊騮が天子に仕 える。ここでも、「驊騮」のように帝王のそば近くに仕えるべき高司直が辛苦の旅をすることを述べ て、高司直の左遷を寓意する。

 

司直非冗官,荒山甚無趣。

あなたの任ぜられていた大理、司直は閑職 ではないはずだが、今、どうしてこのような風情のない荒れ山に迷いこまれたのか。

冗官 無駄な官職。閑職。

借間 ちょっと尋ねる。

 

借問泛舟人,胡為入雲霧。

お尋ね するが、あなたは舟を浮かべて旅をして、なぜ雲や霧の中に入っていかれるのか。

人雲霧 雲や 霧が立ちこめる陰気な世界に入る。高司直が逆境にあることを暗に示す。

767年-235 《 別李義(卷二一(四)一八二五) -#6》 - 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之 訳注解説Blog11146

767-235  別李義(卷二一(四)一八二五) -#6》 - 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之 訳注解説Blog11146

 

 

767-235

 

 

 別李義(卷二一(四)一八二五)  -#6

 

 

杜甫詳注 訳注解説

 

 

漢文委員会kanbuniinkai紀頌之 訳注解説Blog11146

 

 

 

 

別李義

杜甫の縁戚で、唐王朝の宗室でもある李義を送別するにあたり、彼とその父の李錬の人物を歌い、成都へ赴く李義へ忠告して詠う。

神堯十八子,十七王其門。

唐の高祖、神尭皇帝の22人いた皇子で4人を除いた18人の皇子のうち、17人が王に封じられた。

道國洎舒國,督唯親弟昆。

そのうち、道王 と舒王はほんとうに同腹の兄弟であるとみられている。

中外貴賤殊,余亦忝諸孫。

そして、あなたは直系で私は外孫、身分の貴賤は異なるのであるけれど、 私にとっては、また恐れ多いことながら子孫の列に列なっている事に違いはないのである。

丈人嗣三葉,之子白玉溫。

あなたの父上は道王三代を嗣いでおられ、あなたも白玉のように温厚でいらっしゃる。』

#2

道國繼德業,請從丈人論。

道王は代々、徳行と功業を継承しておられたあなたの先代の父上のことから申し上げさせていただこう。

丈人領宗卿,肅穆古制敦。

父上は宗 正卿に領じられ、宗室の威厳を備えながらも穏やかな態度は、古代の制度が持つ誠実さに裏打ちされておられた。

先朝納諫諍,直氣橫乾坤。

玄宗皇帝の開元の治と称えられた善政で唐の絶頂期を迎えた御代では、諌言も受け入れられ、父上の正しい精神は天地の隅々まで溢れていたのである。

子建文筆壯,河間經術存。

そして、 陳思王曹植のように詩文はすばらしく、河間王劉徳のように儒学を修めておられた。』

#3

爾克富詩禮,骨清慮不喧。

あなたもまた『詩経』や「三礼」など儒学への造詣を充分に深められてお り、高潔な資質を備えて心は落ち着いておられる。

洗然遇知己,談論淮湖奔。

こうして知己であるあなたにお会いして みれば物事にとらわれず気品に富み、その談論は雄弁で准河や太湖の水が滑々と流れるよう だ。

憶昔初見時,小襦繡芳蓀。

思えば昔、初めてお会いした時、装いは、短い上着に香草を刺繍されていて洗練されていた。

長成忽會面,慰我久疾魂。

今、成長されたお姿を突然拝見すると、私の長く病んでいた心が慰められる思いになるのです。

#4

三峽春冬交,江山雲霧昏。

三峡下りの入り口に位置する夔州は冬と春の季節の変わり目というものであり、この地の雨雲霧は古来より、男女の情の物語があり長江や山には雲や霧が出て暗い。

正宜且聚集,恨此當離尊。

せっかくここで出会い集まって酒宴をご一緒にしているのですから、 もうしばらくともに時を過ごしたいのでありますが、今、別れの宴の酒樽を前にしなければならないのが恨めしく思うのです。

莫怪執杯遲,我衰涕唾煩。

したがって杯を手に取るのがゆっくりだというのを不審に思わないでいただきたい、というのも、この私、老いぼれてしまい、涙と唾がだらしなく溢れ出る次第なのです。

重問子何之,西上岷江源。

あなたはどちらに向かわれるのかと改めてまた問えば、西に向かって眠江の源へ遡ることなのでしょう。』

 

#5

願子少干謁,蜀都足戎軒。

だからといって出世の糸口を求めて節度使など実力者に面会するなどというのは、お控えなされるほうがよいでしょう。蜀の都であった成都には、戦車、軍人が多いことがわかるので心配します。

誤失將帥意,不如親故恩。

あなたが誤って将帥、将軍のご機嫌を損なえば、彼らは親戚や旧友の間のような恩愛でもって接することなど全くなく、どんな危害を加えるかわからないのである。

少年早歸來,梅花已飛翻。

お若いあなたは早く長安に戻りましょう、時が過ぎ去って、梅の花はすでに散り、風に舞い飛んでいるのでしょう。

努力慎風水,豈惟數盤飧。

異郷の気候や水もよくよく気を付け、慎重になされることがよいし、他人からたびたび御馳走されるような接待をご遠慮されるのがよいでしょう。

#6

猛虎臥在岸,蛟螭出無痕。

猛々しい虎は岸辺に伏せており、龍やみずちは、前触れもなく飛び出してくるというのも、長安の官僚生活で経験したことである。

王子自愛惜,老夫困石根。

王子よ、御自愛なされよ。この老いぼれは岩山の麓に隠遁して困窮している。

生別古所嗟,發聲為爾吞。

生きながらの別れの嘆きは昔からのこと、 私も泣き声が出そうなのだが、あなたが悲しむといけないのでそれを呑んでこらえているのだ。

 

 

(李義に別る)

神堯の十八子,十七 其の門を王とす。

道國 洎【およ】び舒國,唯し親弟昆と督す。

中外 貴賤 殊なるも,余 亦た諸孫なるを忝くする。

丈人 嗣ぐこと 三葉,之の子 白玉のごとく溫かなり。

#2

道國 德業を繼ぎて,丈人より論ぜんことを請う。

丈人 宗卿を領し,肅穆にして 古制 敦し。

先朝 諫諍を納れ,直氣 乾坤に橫わる。

子建のごとく 文筆 壯に,河間のごとく 經術 存す。

#3

爾 克く詩禮に富む,骨 清くして慮 喧しからず。

洗然 知己に遇えば,談論 淮湖に奔る。

憶う昔 初めて 見し時,小襦 芳蓀を繡す。

長成 忽ち會面す,我が久疾の魂を慰む。

#4

三峽 春冬の交,江山 雲霧 昏し。

正に宜く且く聚集すべきも,恨むらくは此こに離尊に當るを。

怪しむ莫れ 杯を執ることの遲きを,我れ衰えて涕唾 煩し。

重ねて子に何こに之くかと問えば,西のかた岷江の源に上ると。

#5

願わくば 子 干謁を少くせよ,蜀都に 戎軒 足る。

誤りて 將帥の意を失わば,親故の恩も 知らず。

少年 早く歸り來たれ,梅花 已に飛翻す。

努力して 風水を慎め,豈に惟だに 盤飧を數するのみならんや。

#6

猛虎は 臥して岸に在り,蛟螭は 出でて痕無し。

王子 自ら愛惜せよ,老夫 石根に困む。

生別は 古えより 嗟く所,聲を發せんしてと爾が為に吞む。

瞿塘峡・白帝城・魚復 

 

杜詩詳注 卷二一(四)一八二五 《別李義》 現代語訳 訳注解説

(本文)

別李義(卷二一(四)一八二五)  767

#6

猛虎臥在岸,蛟螭出無痕。

王子自愛惜,老夫困石根。

生別古所嗟,發聲為爾吞。

 

(下し文)

(李義に別る)

#6

猛虎は 臥して岸に在り,蛟螭は 出でて痕無し。

王子 自ら愛惜せよ,老夫 石根に困む。

生別は 古えより 嗟く所,聲を發せんしてと爾が為に吞む。

 

(現代語訳)

杜甫の縁戚で、唐王朝の宗室でもある李義を送別するにあたり、彼とその父の李錬の人物を歌い、成都へ赴く李義へ忠告して詠う。

猛々しい虎は岸辺に伏せており、龍やみずちは、前触れもなく飛び出してくるというのも、長安の官僚生活で経験したことである。

王子よ、御自愛なされよ。この老いぼれは岩山の麓に隠遁して困窮している。

生きながらの別れの嘆きは昔からのこと、 私も泣き声が出そうなのだが、あなたが悲しむといけないのでそれを呑んでこらえているのだ。

 

 

(訳注解説)

別李義

杜甫の縁戚で、唐王朝の宗室でもある李義を送別するにあたり、彼とその父の李錬の人物を歌い、成都へ赴く李義へ忠告して詠う。

【題意】杜詩詳注卷二一(四)一八二四、杜少陵詩集四四二。杜詩全譯〔四〕P537

制作時767年、制作地は前詩と同じ夔州。杜甫の縁戚で、唐王朝の宗室でもある李義を送別するにあたり、彼とその父の李錬の人物を歌い、成都へ赴く李義へ忠告する。李義は膚の高 祖・李淵の第一六子である道士李元慶の玄孫(『新唐音』巻七〇下「宗室世系表下」)。

 

#6

猛虎臥在岸,蛟螭出無痕。

猛々しい虎は岸辺に伏せており、龍やみずちは、前触れもなく飛び出してくるというのも、長安の官僚生活で経験したことである。

蛟螭 みずちと龍。 猛虎とともに異郷の危険な自然をいう。詳注に邪悪な勢力の比喩とある。杜甫は、粛宗の張皇后、、宦官、賀蘭進明、第五琦一派に。朝廷で苛め抜かれ、左遷された経験の語である。

 

王子自愛惜,老夫困石根。

王子よ、御自愛なされよ。この老いぼれは岩山の麓に隠遁して困窮している。

王子 道王の子孫である李義。

石根 岩石の基底部。岩山の慕。ここでは岩山の谷間にある夔州をいう。

 

生別古所嗟,發聲為爾吞

生きながらの別れの嘆きは昔からのこと、 私も泣き声が出そうなのだが、あなたが悲しむといけないのでそれを呑んでこらえているのだ。

發聲為爾吞 声が出そうになるが、あなたのためにそれをこらえる。「呑声」は声をのむ、泣き声をあげるのを こらえる。「爾」李羲のこと。

 

 

 

杜詩詳注

  别李義

  此當是大歴二年冬作。 祭盧注:李義、李鍊之子。鍊在明皇朝、曽遣 沂山東安公。

  乃宗室之賢、義能繼美。

 

神堯十八子、十七王其門。道國洎一作及舒國、實一作督維親弟昆。

中外貴賤殊、余亦忝諸孫。丈人嗣三葉、一作玉業之子白玉温。從世系親誼叙起。 

朱注:義與公為中表戚、故云:「中外貴賤殊」 趙曰:「丈人、指義之父鍊;之子則指李義也。

詳味詩意、李義者、道國之裔孫、而公/則舒國後裔之外孫也。 從義之父、上遡至道王為三世、

故曰:「嗣三葉」

1.    《通鑑》:天寶十三載二月、上高祖謚曰神堯大聖光孝皇帝。 鮑曰、高祖二十二子衛懷王𤣥

霸楚哀王智雲皆先薨太子建成巢王元吉以事誅詔/除籍故止言十八子太宗有天下止十七子封王

2.    《唐書》:道王元慶高祖第十六子舒王元明第十八子。

3.    潘岳《誄楊綏》: 藉三葉世親之恩。

4.    《詩》: 温其如玉。

 

道國繼徳業、請從丈人論。/丈人領宗卿、肅睦一作/古制敦。

先朝/納諫諍、直氣横乾坤。子建文章一作/壯、河間經術存。

此申丈人嗣三葉兼舉其忠義文學。

1.    《唐書》: 宗正寺卿一人、從三品。掌天子族親屬籍。以辨昭穆。

2.    肅睦、敬而和也。

3.    曹子建、河間王、注各見前。

 

一作温克富詩禮、骨清慮不喧。洗蘇亥/然遇知巳、談諭淮湖一作/奔。

憶昔初見時、小襦一作/繡芳蓀。長丁丈/成忽面、慰我久疾魂。

 此申之子/白玉温備述其人品交情蜂

1.    潘岳詩: 吾子洗然。恬淡自逸。

2.    洙曰:淮湖奔言談論 起如奔濤之不可涯涘

3.    鶴曰:百姓歌范云昔無襦今五袴則襦下於袴也。《急就篇》注:短衣曰襦自膝以上古詞妾有繡腰襦

自生光 謝靈運詩挹/露馥芳蓀

 

三峽春冬交、江山雲霧昏。正宜且聚集、恨此當離樽。

莫怪執盃遲、我衰涕唾煩。重/問子何之、西上/岷江源。

此叙江餞之意。 

1.     趙曰:舉杯遲、以涕唾之煩故也。

2.     《解嘲》涕 流沫。

3.     《孟子》先生將何之

4.     江居下流、故赴 蜀為西上。

 

願子少干謁、蜀都足戎軒。誤失將/帥意、不知一作/親故恩。、

/年早歸來,梅花已飛翻。努力慎風水,豈惟數所角/盤飧。

 

猛虎卧在岸、蛟螭出無痕。

王子自愛惜、老夫困石根。生古所嗟、發聲為/爾吞。

末致臨戒勉之辭反人情既不足恃而物害又復可/危公於知交誼切故 覆丁寧至此 此章前四段各

八句末一段十四句

1.《魏志・鍾繇傳》: 當厄/於水、努力慎之。

2.洙曰: 吞聲、聲出而 復吞也。

 王嗣奭曰: 當時戎軒多武夫、公所甚畏、詩每及之。 此云: 「誤失將帥意、不知親故恩。」

又云: 「努力慎風水、豈惟數盤餐。」

 一飯跡便掃、世情大抵然也、故以頻過人飯/為戒、皆忠谷之語、 李少年、涉世尚淺、故致其惓惓、

 公之篤於親/誼如此。

 王道俊《博議》曰:《舊書》道玉元慶、麟徳元年薨。 子臨淮/王誘嗣。 次子詢。詢子微、神龍初、

封為嗣道王。景雲元年、官宗正卿、卒。 子鍊、開元二十五年、襲封嗣道王、廣/徳中、官宗正卿。

《新書・宗室世系表》於道孝王元慶之下、首書嗣王誘、次書嗣王宗正卿嗣王宗正卿鍊、

/嗣王京兆尹實。

《困學紀聞》云:「義葢之子。」以予考之。不然。 義乃鍊之諸子、而實之弟耳。 

 詩云:「丈人嗣三葉。」 丈人謂鍊、自誘至鍊為嗣道王者三世。 故曰「嗣三葉」也。

 又云:「丈人領宗卿、肅穆古制敦。 先朝納諫諍、直氣/横乾坤。」 按《舊志》: 天寶十載正月、

遣太子率更令嗣道王鍊、祭沂山東安公、則鍊在𤣥宗時、巳任使、所云「先朝納鍊諍」者、葢𤣥宗也。

 又云: 「憶昔初見時、小襦繡芳蓀。長成忽面、慰我久客魂」、與、「少年早歸來、梅花已飛翻・」

 「王子自愛惜、老夫困石根」等語、皆前輩諄勉之詞。 葢公天寶中、曽見義於京師、年尚少、今來巫峽、

 將入蜀干謁、故以猛虎蛟螭戒之。

 若令義為子、則卒於景雲中、去大歴二年且五十六七載、義之齒當長於公、

安得目為少年而自居老夫乎、由此言之則義為鍊之諸子審矣。

 夔州東川卜居図詳細 002夔州三峡

続きを読む

767年-235 《 別李義(卷二一(四)一八二五) -#5》 - 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之 訳注解説Blog11138

 

最近 一週間の訳注解説 BLOG

/ 

李白集校注

韓昌黎集

杜詩詳注

花間集

玉臺新詠

女性関連

 

2/17

贈丹陽橫山周處士惟 #2

張中丞傳後敘 -#15

冬至

 

邱巨源_其二聽隣妓 -#1

 

 

 

2/18

雪讒詩贈友人#-0

張中丞傳後敘 -#16

柳司馬至 -#1

 

邱巨源_其二聽隣妓

 

 

 

2/19

雪讒詩贈友人 #1

張中丞傳後敘 -#17

柳司馬至-#2

 

王融_ 雜詩五首其一古意

 

 

 

2/20

雪讒詩贈友人 #2

張中丞傳後敘 -#18

 別李義 - #1

 

王融_雜詩五首〔2

 

 

 

2/21

雪讒詩贈友人 #3

張中丞傳後敘 -#19

 別李義 - #2

 

王融_雜詩五首〔3

 

 

 

2/22

雪讒詩贈友人 #4

中丞傳後敘 -#20

 別李義 - #3

 

王融_雜詩五首〔4

 

 

 

2/23

 

 

杜甫研究、詩と生涯(1)

 

 

 

 

 

2/24

 

 

杜甫研究、詩と生涯(2)

 

 

 

 

 

2/25

雪讒詩贈友人 #5

張中丞傳後敘 -#21

 別李義 - #4

 

王融_雜詩五首〔5

 

 

 

2/26

雪讒詩贈友人 #6

張中丞傳後敘 -#22

 別李義 - #5

 

謝朓_雜詩十二〔1

 

 

 

2/27

雪讒詩贈友人 #7

張中丞傳後敘 -#23

 別李義 - #6

 

謝朓雜詩十二〔2

 

 

 

2/28

雪讒詩贈友人 #8

張中丞傳後敘 -#24

 別李義 - #7

 

謝朓雜詩十二〔3

 

 

 

2/29

雪讒詩贈友人 #9

張中丞傳後敘 -#25

 送高司直尋封閬州 #1

 

謝朓雜詩十二〔4

 

 

 

3/1

 

 

杜甫研究、詩と生涯(3)

 

 

 

 

 

3/2

留別金陵諸公#1

張中丞傳後敘 -#26

 送高司直尋封閬州 #2

 

謝朓雜詩十二〔5

 

 

 

3/3

留別金陵諸公#2

張中丞傳後敘 -#27

 送高司直尋封閬州#3

 

6詠邯鄲故才人嫁為厮養

 

 

 

3/4

留別金陵諸公#3

張中丞傳後敘 -#28

 可歎 #1

 

7秋夜

 

 

 

767-235  別李義(卷二一(四)一八二五) -#5》 - 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之 訳注解説Blog11138

 

 

767-235

 

 

 別李義(卷二一(四)一八二五)  -#5

 

 

杜甫詳注 訳注解説

 

 

漢文委員会kanbuniinkai紀頌之 訳注解説Blog11138

 

 

 

 

別李義

杜甫の縁戚で、唐王朝の宗室でもある李義を送別するにあたり、彼とその父の李錬の人物を歌い、成都へ赴く李義へ忠告して詠う。

神堯十八子,十七王其門。

唐の高祖、神尭皇帝の22人いた皇子で4人を除いた18人の皇子のうち、17人が王に封じられた。

道國洎舒國,督唯親弟昆。

そのうち、道王 と舒王はほんとうに同腹の兄弟であるとみられている。

中外貴賤殊,余亦忝諸孫。

そして、あなたは直系で私は外孫、身分の貴賤は異なるのであるけれど、 私にとっては、また恐れ多いことながら子孫の列に列なっている事に違いはないのである。

丈人嗣三葉,之子白玉溫。

あなたの父上は道王三代を嗣いでおられ、あなたも白玉のように温厚でいらっしゃる。』

#2

道國繼德業,請從丈人論。

道王は代々、徳行と功業を継承しておられたあなたの先代の父上のことから申し上げさせていただこう。

丈人領宗卿,肅穆古制敦。

父上は宗 正卿に領じられ、宗室の威厳を備えながらも穏やかな態度は、古代の制度が持つ誠実さに裏打ちされておられた。

先朝納諫諍,直氣橫乾坤。

玄宗皇帝の開元の治と称えられた善政で唐の絶頂期を迎えた御代では、諌言も受け入れられ、父上の正しい精神は天地の隅々まで溢れていたのである。

子建文筆壯,河間經術存。

そして、 陳思王曹植のように詩文はすばらしく、河間王劉徳のように儒学を修めておられた。』

#3

爾克富詩禮,骨清慮不喧。

あなたもまた『詩経』や「三礼」など儒学への造詣を充分に深められてお り、高潔な資質を備えて心は落ち着いておられる。

洗然遇知己,談論淮湖奔。

こうして知己であるあなたにお会いして みれば物事にとらわれず気品に富み、その談論は雄弁で准河や太湖の水が滑々と流れるよう だ。

憶昔初見時,小襦繡芳蓀。

思えば昔、初めてお会いした時、装いは、短い上着に香草を刺繍されていて洗練されていた。

長成忽會面,慰我久疾魂。

今、成長されたお姿を突然拝見すると、私の長く病んでいた心が慰められる思いになるのです。

#4

三峽春冬交,江山雲霧昏。

三峡下りの入り口に位置する夔州は冬と春の季節の変わり目というものであり、この地の雨雲霧は古来より、男女の情の物語があり長江や山には雲や霧が出て暗い。

正宜且聚集,恨此當離尊。

せっかくここで出会い集まって酒宴をご一緒にしているのですから、 もうしばらくともに時を過ごしたいのでありますが、今、別れの宴の酒樽を前にしなければならないのが恨めしく思うのです。

莫怪執杯遲,我衰涕唾煩。

したがって杯を手に取るのがゆっくりだというのを不審に思わないでいただきたい、というのも、この私、老いぼれてしまい、涙と唾がだらしなく溢れ出る次第なのです。

重問子何之,西上岷江源。

あなたはどちらに向かわれるのかと改めてまた問えば、西に向かって眠江の源へ遡ることなのでしょう。』

 

#5

願子少干謁,蜀都足戎軒。

だからといって出世の糸口を求めて節度使など実力者に面会するなどというのは、お控えなされるほうがよいでしょう。蜀の都であった成都には、戦車、軍人が多いことがわかるので心配します。

誤失將帥意,不如親故恩。

あなたが誤って将帥、将軍のご機嫌を損なえば、彼らは親戚や旧友の間のような恩愛でもって接することなど全くなく、どんな危害を加えるかわからないのである。

少年早歸來,梅花已飛翻。

お若いあなたは早く長安に戻りましょう、時が過ぎ去って、梅の花はすでに散り、風に舞い飛んでいるのでしょう。

努力慎風水,豈惟數盤飧。

異郷の気候や水もよくよく気を付け、慎重になされることがよいし、他人からたびたび御馳走されるような接待をご遠慮されるのがよいでしょう。

#6

猛虎臥在岸,蛟螭出無痕。王子自愛惜,老夫困石根。

生別古所嗟,發聲為爾吞。

 

 

(李義に別る)

神堯の十八子,十七 其の門を王とす。

道國 洎【およ】び舒國,唯し親弟昆と督す。

中外 貴賤 殊なるも,余 亦た諸孫なるを忝くする。

丈人 嗣ぐこと 三葉,之の子 白玉のごとく溫かなり。

#2

道國 德業を繼ぎて,丈人より論ぜんことを請う。

丈人 宗卿を領し,肅穆にして 古制 敦し。

先朝 諫諍を納れ,直氣 乾坤に橫わる。

子建のごとく 文筆 壯に,河間のごとく 經術 存す。

#3

爾 克く詩禮に富む,骨 清くして慮 喧しからず。

洗然 知己に遇えば,談論 淮湖に奔る。

憶う昔 初めて 見し時,小襦 芳蓀を繡す。

長成 忽ち會面す,我が久疾の魂を慰む。

#4

三峽 春冬の交,江山 雲霧 昏し。

正に宜く且く聚集すべきも,恨むらくは此こに離尊に當るを。

怪しむ莫れ 杯を執ることの遲きを,我れ衰えて涕唾 煩し。

重ねて子に何こに之くかと問えば,西のかた岷江の源に上ると。

#5

願わくば 子 干謁を少くせよ,蜀都に 戎軒 足る。

誤りて 將帥の意を失わば,親故の恩も 知らず。

少年 早く歸り來たれ,梅花 已に飛翻す。

努力して 風水を慎め,豈に惟だに 盤飧を數するのみならんや。

#6

猛虎は 臥して岸に在り,蛟螭は 出でて痕無し。

王子 自ら愛惜せよ,老夫 石根に困む。

生別は 古えより 嗟く所,聲を發せんしてと爾が為に吞む。

 

 

杜詩詳注 卷二一(四)一八二五 《別李義》 現代語訳 訳注解説

(本文)

別李義(卷二一(四)一八二五)  767

#5

願子少干謁,蜀都足戎軒。

誤失將帥意,不如親故恩。

少年早歸來,梅花已飛翻。

努力慎風水,豈惟數盤飧。

 

(下し文)

(李義に別る)

#5

願わくば 子 干謁を少くせよ,蜀都に 戎軒 足る。

誤りて 將帥の意を失わば,親故の恩も 知らず。

少年 早く歸り來たれ,梅花 已に飛翻す。

努力して 風水を慎め,豈に惟だに 盤飧を數するのみならんや。

 

(現代語訳)

杜甫の縁戚で、唐王朝の宗室でもある李義を送別するにあたり、彼とその父の李錬の人物を歌い、成都へ赴く李義へ忠告して詠う。

#

だからといって出世の糸口を求めて節度使など実力者に面会するなどというのは、お控えなされるほうがよいでしょう。蜀の都であった成都には、戦車、軍人が多いことがわかるので心配します。

あなたが誤って将帥、将軍のご機嫌を損なえば、彼らは親戚や旧友の間のような恩愛でもって接することなど全くなく、どんな危害を加えるかわからないのである。

お若いあなたは早く長安に戻りましょう、時が過ぎ去って、梅の花はすでに散り、風に舞い飛んでいるのでしょう。

異郷の気候や水もよくよく気を付け、慎重になされることがよいし、他人からたびたび御馳走されるような接待をご遠慮されるのがよいでしょう。

 

(訳注解説)

別李義

杜甫の縁戚で、唐王朝の宗室でもある李義を送別するにあたり、彼とその父の李錬の人物を歌い、成都へ赴く李義へ忠告して詠う。

【題意】杜詩詳注卷二一(四)一八二四、杜少陵詩集四四二。杜詩全譯〔四〕P537

制作時767年、制作地は前詩と同じ夔州。杜甫の縁戚で、唐王朝の宗室でもある李義を送別するにあたり、彼とその父の李錬の人物を歌い、成都へ赴く李義へ忠告する。李義は膚の高 祖・李淵の第一六子である道士李元慶の玄孫(『新唐音』巻七〇下「宗室世系表下」)。

 

#5

願子少干謁,蜀都足戎軒。

だからといって出世の糸口を求めて節度使など実力者に面会するなどというのは、お控えなされるほうがよいでしょう。蜀の都であった成都には、戦車、軍人が多いことがわかるので心配します。

千謁 官職や推薦などを求めるために権力者や高級官僚に謁見する。「干」は便宜を求めるの意味。千謁 なにかをたのみこむために貴人に面会する。杜甫は仕官活動の初めのころ一時期面会し、詩を贈っている。いやで仕方なかったことを示す。杜甫 自京赴奉先縣詠懷五百字 「以茲悟生理,獨恥事干謁。」

蜀都・軍都 成都(四川省成都市)。

足戎軒 兵事が多い。軍人が多いことをいう。

 

 

誤失將帥意,不如親故恩。

あなたが誤って将帥、将軍のご機嫌を損なえば、彼らは親戚や旧友の間のような恩愛でもって接することなど全くなく、どんな危害を加えるかわからないのである。

○将帥 将軍。『杜詩鏡鍵』巻 一八は岸畔(摩寧)と解する。

○親故恩 親戚や旧友の情愛。

 

 

少年早歸來,梅花已飛翻。

お若いあなたは早く長安に戻りましょう、時が過ぎ去って、梅の花はすでに散り、風に舞い飛んでいるのでしょう。

 

努力慎風水,豈惟數盤飧。

異郷の気候や水もよくよく気を付け、慎重になされることがよいし、他人からたびたび御馳走されるような接待をご遠慮されるのがよいでしょう。

風水 異郷の風と水、風土。古代、とくに、水が合わなくて体調を崩すことが多かった。旅に故郷の土を持ち歩き水がめに土を沈めて飮むことで予防したという。

数盤餐 皿に盛った料理を何度もごちそうになる。他人から接待などを受けること。『九家注』巻一四は何度も 食事を摂って自愛し、体力を養うことと解する。「盤餐」は畳韻語「バンサン」。

767年-235 《 別李義(卷二一(四)一八二五) -#4》 - 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之 訳注解説Blog11130

最近 一週間の訳注解説 BLOG

/日 

李白集校注

韓昌黎集

杜詩詳注

花間集

玉臺新詠

女性関連

李白

韓愈

杜甫

2/10

古風,五十九首之一 #1

張中丞傳後敘-#9

寫懷二首其一-#1

 

雜詩六首其四古意贈今人 #1

 

2/11

古風之一 #2

張中丞傳後敘-#10

寫懷二首其一 -2

 

古意贈今人 #2

 

2/12

古風,之三五

張中丞傳後敘 -#11

寫懷二首其一 -3

 

代葛沙門妻郭小玉詩二首

 

2/13

僧伽歌 -#1

張中丞傳後敘 -#13

寫懷二首其二-#1

 

代葛沙門妻郭小玉詩二首

 

2/14

僧伽歌  #2

張中丞傳後敘-#12

寫懷二首其二 -#2

 

雜詩二首其一 詠七寳扇-#1

 

2/15

贈丹陽橫山周處士惟長

張中丞傳後敘 -#14

寫懷二首其二 -#3

 

邱巨源_雜詩_詠七寳扇-#2

 

2/16

-

-

 

 

 

 

2/17

贈丹陽橫山周處士惟長 #2

張中丞傳後敘 -#15

冬至

 

邱巨源_其二聽隣妓 -#1

 

2/18

雪讒詩贈友人#-0

張中丞傳後敘 -#16

柳司馬至 -#1

 

邱巨源_其二聽隣妓

 

2/19

雪讒詩贈友人 #1

張中丞傳後敘 -#17

柳司馬至-#2

 

王融_ 雜詩五首其一古意

 

2/20

雪讒詩贈友人 #2

張中丞傳後敘 -#18

 別李義 - #1

 

王融_雜詩五首〔2

 

2/21

雪讒詩贈友人 #3

張中丞傳後敘 -#19

 別李義 - #2

 

王融_雜詩五首〔3

 

2/22

雪讒詩贈友人 #4

張中丞傳後敘 -#20

 別李義 - #3

 

王融_雜詩五首〔4

 

2/23

 

 

杜甫研究、詩と生涯(1)

 

 

 

2/24

 

 

杜甫研究、詩と生涯(2)

 

 

 

2/25

雪讒詩贈友人 #5

張中丞傳後敘 -#21

 別李義 - #4

 

王融_雜詩五首〔5

 

2/26

雪讒詩贈友人 #6

張中丞傳後敘 -#22

 別李義 - #5

 

謝朓_雜詩十二〔1

 

2/27

雪讒詩贈友人 #7

張中丞傳後敘 -#23

 別李義 - #6

 

謝朓雜詩十二〔2

 

2/28

雪讒詩贈友人 #8

張中丞傳後敘 -#24

 別李義 - #7

 

謝朓雜詩十二〔3

 


767
-235  別李義(卷二一(四)一八二五) -#4》 - 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之 訳注解説Blog11130

 

 

767-235

 

 

 別李義(卷二一(四)一八二五)  -#4

 

 

杜甫詳注 訳注解説

 

 

漢文委員会kanbuniinkai紀頌之 訳注解説Blog11130

 

 

 

 

別李義

杜甫の縁戚で、唐王朝の宗室でもある李義を送別するにあたり、彼とその父の李錬の人物を歌い、成都へ赴く李義へ忠告して詠う。

神堯十八子,十七王其門。

唐の高祖、神尭皇帝の22人いた皇子で4人を除いた18人の皇子のうち、17人が王に封じられた。

道國洎舒國,督唯親弟昆。

そのうち、道王 と舒王はほんとうに同腹の兄弟であるとみられている。

中外貴賤殊,余亦忝諸孫。

そして、あなたは直系で私は外孫、身分の貴賤は異なるのであるけれど、 私にとっては、また恐れ多いことながら子孫の列に列なっている事に違いはないのである。

丈人嗣三葉,之子白玉溫。

あなたの父上は道王三代を嗣いでおられ、あなたも白玉のように温厚でいらっしゃる。』

#2

道國繼德業,請從丈人論。

道王は代々、徳行と功業を継承しておられたあなたの先代の父上のことから申し上げさせていただこう。

丈人領宗卿,肅穆古制敦。

父上は宗 正卿に領じられ、宗室の威厳を備えながらも穏やかな態度は、古代の制度が持つ誠実さに裏打ちされておられた。

先朝納諫諍,直氣橫乾坤。

玄宗皇帝の開元の治と称えられた善政で唐の絶頂期を迎えた御代では、諌言も受け入れられ、父上の正しい精神は天地の隅々まで溢れていたのである。

子建文筆壯,河間經術存。

そして、 陳思王曹植のように詩文はすばらしく、河間王劉徳のように儒学を修めておられた。』

#3

爾克富詩禮,骨清慮不喧。

あなたもまた『詩経』や「三礼」など儒学への造詣を充分に深められてお り、高潔な資質を備えて心は落ち着いておられる。

洗然遇知己,談論淮湖奔。

こうして知己であるあなたにお会いして みれば物事にとらわれず気品に富み、その談論は雄弁で准河や太湖の水が滑々と流れるよう だ。

憶昔初見時,小襦繡芳蓀。

思えば昔、初めてお会いした時、装いは、短い上着に香草を刺繍されていて洗練されていた。

長成忽會面,慰我久疾魂。

今、成長されたお姿を突然拝見すると、私の長く病んでいた心が慰められる思いになるのです。

#4

三峽春冬交,江山雲霧昏。

三峡下りの入り口に位置する夔州は冬と春の季節の変わり目というものであり、この地の雨雲霧は古来より、男女の情の物語があり長江や山には雲や霧が出て暗い。

正宜且聚集,恨此當離尊。

せっかくここで出会い集まって酒宴をご一緒にしているのですから、 もうしばらくともに時を過ごしたいのでありますが、今、別れの宴の酒樽を前にしなければならないのが恨めしく思うのです。

莫怪執杯遲,我衰涕唾煩。

したがって杯を手に取るのがゆっくりだというのを不審に思わないでいただきたい、というのも、この私、老いぼれてしまい、涙と唾がだらしなく溢れ出る次第なのです。

重問子何之,西上岷江源。

あなたはどちらに向かわれるのかと改めてまた問えば、西に向かって眠江の源へ遡ることなのでしょう。』#5

願子少干謁,蜀都足戎軒。誤失將帥意,不如親故恩。

少年早歸來,梅花已飛翻。努力慎風水,豈惟數盤飧。

#6

猛虎臥在岸,蛟螭出無痕。王子自愛惜,老夫困石根。

生別古所嗟,發聲為爾吞。

 

 

(李義に別る)

神堯の十八子,十七 其の門を王とす。

道國 洎【およ】び舒國,唯し親弟昆と督す。

中外 貴賤 殊なるも,余 亦た諸孫なるを忝くする。

丈人 嗣ぐこと 三葉,之の子 白玉のごとく溫かなり。

#2

道國 德業を繼ぎて,丈人より論ぜんことを請う。

丈人 宗卿を領し,肅穆にして 古制 敦し。

先朝 諫諍を納れ,直氣 乾坤に橫わる。

子建のごとく 文筆 壯に,河間のごとく 經術 存す。

#3

爾 克く詩禮に富む,骨 清くして慮 喧しからず。

洗然 知己に遇えば,談論 淮湖に奔る。

憶う昔 初めて 見し時,小襦 芳蓀を繡す。

長成 忽ち會面す,我が久疾の魂を慰む。

#4

三峽 春冬の交,江山 雲霧 昏し。

正に宜く且く聚集すべきも,恨むらくは此こに離尊に當るを。

怪しむ莫れ 杯を執ることの遲きを,我れ衰えて涕唾 煩し。

重ねて子に何こに之くかと問えば,西のかた岷江の源に上ると。

#5

願わくば 子 干謁を少くせよ,蜀都に 戎軒 足る。

誤りて 將帥の意を失わば,親故の恩も 知らず。

少年 早く歸り來たれ,梅花 已に飛翻す。

努力して 風水を慎め,豈に惟だに 盤飧を數するのみならんや。

#6

猛虎は 臥して岸に在り,蛟螭は 出でて痕無し。

王子 自ら愛惜せよ,老夫 石根に困む。

生別は 古えより 嗟く所,聲を發せんしてと爾が為に吞む。

 

 瞿塘峡・白帝城・魚復

杜詩詳注 卷二一(四)一八二五 《別李義》 現代語訳 訳注解説

(本文)

別李義(卷二一(四)一八二五)  767

#4

三峽春冬交,江山雲霧昏。

正宜且聚集,恨此當離尊。

莫怪執杯遲,我衰涕唾煩。

重問子何之,西上岷江源。

 

(下し文)

(李義に別る)

#4

三峽 春冬の交,江山 雲霧 昏し。

正に宜く且く聚集すべきも,恨むらくは此こに離尊に當るを。

怪しむ莫れ 杯を執ることの遲きを,我れ衰えて涕唾 煩し。

重ねて子に何こに之くかと問えば,西のかた岷江の源に上ると。

 

(現代語訳)

杜甫の縁戚で、唐王朝の宗室でもある李義を送別するにあたり、彼とその父の李錬の人物を歌い、成都へ赴く李義へ忠告して詠う。

#4

三峡下りの入り口に位置する夔州は冬と春の季節の変わり目というものであり、この地の雨雲霧は古来より、男女の情の物語があり長江や山には雲や霧が出て暗い。

せっかくここで出会い集まって酒宴をご一緒にしているのですから、 もうしばらくともに時を過ごしたいのでありますが、今、別れの宴の酒樽を前にしなければならないのが恨めしく思うのです。

したがって杯を手に取るのがゆっくりだというのを不審に思わないでいただきたい、というのも、この私、老いぼれてしまい、涙と唾がだらしなく溢れ出る次第なのです。

あなたはどちらに向かわれるのかと改めてまた問えば、西に向かって眠江の源へ遡ることなのでしょう。』

 

(訳注解説)

別李義

杜甫の縁戚で、唐王朝の宗室でもある李義を送別するにあたり、彼とその父の李錬の人物を歌い、成都へ赴く李義へ忠告して詠う。

【題意】杜詩詳注卷二一(四)一八二四、杜少陵詩集四四二。杜詩全譯〔四〕P537

制作時767年、制作地は前詩と同じ夔州。杜甫の縁戚で、唐王朝の宗室でもある李義を送別するにあたり、彼とその父の李錬の人物を歌い、成都へ赴く李義へ忠告する。李義は膚の高 祖・李淵の第一六子である道士李元慶の玄孫(『新唐音』巻七〇下「宗室世系表下」)。

 

#4

三峽春冬交,江山雲霧昏