曲江三章 章五句 杜甫:kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ 誠実な詩人杜甫特集 52 
曲江三章 章五句 (2)

この詩は、父の死以後、生活が杜甫にかかっており、ここ数年士官のため長安に出てきており、全力を挙げて取り組んだが、この秋まですべてうまくいかなかった。曲江の東に弟杜侄を寓居としていた。なりふり構わない活動をしたため、絶望感を漂わせる秋時の感を述べている。752年41歳の作。七言雑詩、絶句の一聯に七言の句を追加して構成される珍しいものである。特にこの詩は三首を一つとしてとらえることも必要だ。
したがって追加しないで整理番号52のままとする。 


長安城郭015
唐 長安の図 図中右下が曲江

曲江三章 第一章五句
曲江蕭條秋氣高,菱荷枯折隨風濤。
曲江のあたり、草木は枯れもの寂しく大空が澄み渡りすっかり秋の気配になった、池の菱と蓮は枯れ、折れなどで荒れた模様で 風が吹き、大波よってゆれうごいている。
遊子空嗟垂二毛,白石素沙亦相蕩,哀鴻獨叫求其曹。

故郷を離れ、仕官もできていない自分、むなしくため息をし、そして白髪交じりになろうとしてきた。
白石があり、ただ沙もむなしく白く互いに落ち着いていない。哀れにも大雁は、一羽で叫んでいたその群れを求めているのだろう。


曲江のあたり、草木は枯れもの寂しく大空が澄み渡りすっかり秋の気配になった、池の菱と蓮は枯れ、折れなどで荒れた模様で 風が吹き、大波よってゆれうごいている。
故郷を離れ、仕官もできていない自分、むなしくため息をし、そして白髪交じりになろうとしてきた。
白石があり、ただ沙もむなしく白く互いに落ち着いていない。哀れにも大雁は、一羽で叫んでいたその群れを求めているのだろう。


曲江蕭条として 秋氣高く、菱荷(菱と蓮)枯折して 風濤に随ふ
游子空しく嗟す 二毛(白髪交じり)に垂(なんなん)とするを
白石素沙 亦た相い蕩(うごか)す
哀鴻(あいこう、哀れなヒシクイ)独り叫び 其の曹(ともがら)を求む



曲江蕭條秋氣高,菱荷枯折隨風濤。
曲江のあたり、草木は枯れもの寂しく大空が澄み渡りすっかり秋の気配になった、池の菱と蓮は枯れ、折れなどで荒れた模様で 風が吹き、大波よってゆれうごいている。



遊子空嗟垂二毛,白石素沙亦相蕩,哀鴻獨叫求其曹。
故郷を離れ、仕官もできていない自分、むなしくため息をし、そして白髪交じりになろうとしてきた。
白石があり、ただ沙もむなしく白く互いに落ち着いていない。哀れにも大雁は、一羽で叫んでいたその群れを求めているのだろう。
○垂 なんなんとする○哀鴻 哀れな大雁。○曹 (ともがら)列を組む群れ。





曲江三章 第二章五句
即事非今亦非古,長歌激夜梢林莽,比屋豪華固難數。
目前にあるものをそのままに、現在ではないし、亦、昔のことでもない。聞いたことのある長歌がこの夜は盛んに歌われているが、林やくさむらによって消されている。ここにある屋敷は豪華なものであり、おおきな一棟は分かるがあとは数えられない。
吾人甘作心似灰,弟侄何傷淚如雨?
自分は人として、少し甘くて心が塵灰のようになってしまった。弟の侄は心を痛めて涙が雨のようにとめどなく流している。


目前にあるものをそのままに、現在ではないし、亦、昔のことでもない。聞いたことのある長歌がこの夜は盛んに歌われているが、林やくさむらによって消されている。ここにある屋敷は豪華なものであり、おおきな一棟は分かるがあとは数えられない。
自分は人として、少し甘くて心が塵灰のようになってしまった。弟の侄は心を痛めて涙が雨のようにとめどなく流している。


即事 今に非ず 亦た古(いにしへ)に非ず
長歌夜激しくして 林莽(りんぼう、林やくさむら)を捎(はら)ふ
比屋 豪華にして 固より数え難し
吾人 甘んじて 心 灰に似たるを作さん
弟姪 何をか傷みて 泪(なみだ)雨の如くなる



即事非今亦非古,長歌激夜梢林莽,比屋豪華固難數。
目前にあるものをそのままに、現在ではないし、亦、昔のことでもない。聞いたことのある長歌がこの夜は盛んに歌われているが、林やくさむらによって消されている。ここにある屋敷は豪華なものであり、おおきな一棟は分かるがあとは数えられない。
林莽 りんぼう、林やくさむら



吾人甘作心似灰,弟侄何傷淚如雨?
自分は人として、少し甘くて心が塵灰のようになってしまった。弟の侄は心を痛めて涙が雨のようにとめどなく流している。
(体が塵灰になるまで、心、志をしっかり持とう。)





曲江三章 第三章五句
自斷此生休問天,杜曲幸有桑麻田,故將移住南山邊。
自分はこの世の生涯の望み、仕官の願いを断ってしまったから運命の窮通について天に問う必要もない。幸に杜曲には桑麻を作りうる田地がある、だから此処(曲江)から南山ちかく(杜曲)へひきうつってきたのだ。
短衣匹馬隨李廣,看射猛虎終殘年。

気軽にひとえ着で一匹の馬にまたがり、李広のような男のあとについていく、猛虎でも射るのを桑畑でみながらこの老いさきを終ろうとおもう。



自分はこの世の生涯の望み、仕官の願いを断ってしまったから運命の窮通について天に問う必要もない。幸に杜曲には桑麻を作りうる田地がある、だから此処(曲江)から南山ちかく(杜曲)へひきうつってきたのだ。
気軽にひとえ着で一匹の馬にまたがり、李広のような男のあとについていく、猛虎でも射るのを桑畑でみながらこの老いさきを終ろうとおもう。

自ら此の生を断つ天に問うを休めよ、杜曲幸に桑麻の田有り、故に将に南山の辺に移住す。
短衣匹馬李広に随い、猛虎を射るを看て残年を終えんとす。



自斷此生休問天,杜曲幸有桑麻田,故將移住南山邊。
自分はこの世の生涯の望み、仕官の願いを断ってしまったから運命の窮通について天に問う必要もない。幸に杜曲には桑麻を作りうる田地がある、だから此処(曲江)から南山ちかく(杜曲)へひきうつってきたのだ。
自断此生 衷心に決する所があってこの生涯に於ける仕進の意を断絶することをいう。○休問天 天命に安んずる故に天に問う必要がない。○杜曲 杜曲は韋曲と共に長安の南、奨川の水曲の名で名勝である。杜甫の居宅は杜曲に在った。○桑麻田 桑や麻をつくるはたけ。○故将 故はそれゆえに。将はまさに云々せんとすで、「終残年」までにかかる。○移住 これは杜曲よりいうのではなく曲江よりいう。○南山 終南山。南山辺とは即ち杜曲をさす。李広が実際虎を射た山は東南へ約20km以上いった藍田県の南山であるが、家賃が安く、自給自足ができるところであったのか。



短衣匹馬隨李廣,看射猛虎終殘年。
気軽にひとえ着で一匹の馬にまたがり、李広のような男のあとについていく、猛虎でも射るのを桑畑でみながらこの老い先を終ろうとおもう。
李広 漢の武帝の時の大将軍。飛将軍として、匈奴からおそれられ、尊敬されたが、国内の評価は低く不遇に終わった。ここは、広藍田の南山中に屏居して射猟をしたとき、草中の石を虎と見あやまって射たところ、矢は石に没したという。○残年 老いさき。