徒步歸行 杜甫 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ 杜甫特集700- 200


徒步歸行 杜甫 雑言古詩
至徳二載 757年 46歳


杜甫詩、杜甫の人生を語る「北征」期の重要な作品。
ID詩題摘要  (至徳二載 秋~冬 757年 杜甫46歳 五言古詩)
970晚行口號 鄜州へ赴く途中で、日ぐれにあるきながら口ずさんだ詩。
971徒步歸行 鄜州へ赴く出発の詩
972九成宮  鄜州へ赴く途中、九成宮のほとりを経過して作った詩である。
973玉華宮  鄜州へ赴く途次其の地をすぎて作る。
974行次昭陵鄜州へ帰る途すがら昭陵のほとりにやどって作る。
975北征 五言百四十句の長篇古詩。 至徳二載六月一日、鄜州に帰ることを許された。作者が此の旅行をした所以である。製作時は至徳二載九月頃か。八月初めに鳳翔より出発して鄜州に到著して以後に作ったもの。

977
978
979

羌村三首・黄土高原の雄大な夕景色。夕刻に到着。
・家族全員無事、秋の装い、豊作であった。
・村の長老たちと帰還の祝い。 
981重經昭陵帰り道、第二回に昭陵の地を経過したとき作る。
ID詩題摘要  (至徳二載 秋~冬 757年 杜甫46歳 五言律詩)
980收京三首王朝軍の手に長安を奪回したことを聞きつけてにつけて作る。製作時は至徳二載十月末~十一月初めの作。
粛宗に徹底して嫌われ、居場所がなく、家族を向かえに山中の道を行く。疎外された朝廷を後にするがすさまじい孤独感が詩全体にあふれる。
朝廷におけるいきさつについては下のブログ参照。

述懐 #1 杜甫 杜甫特集700- 178

述懐 #2 杜甫 杜甫特集700- 179

述懐 #3 杜甫 杜甫特集700- 180




徒步歸行
五言明公壯年值時危,經濟實藉英雄姿。
五言の仁義の言葉をいうべき玄宗皇帝も盛んなる年齢になってからこんなに危機を迎えてしまった。国の財政は実に上手にやっていた、その姿は英雄のようであった。
國之社稷今若是,武定禍亂非公誰。
この国、唐の天下はかくのようになっている、武力で平定されるところがこんな禍のある乱がおこってしまって天子をだれかわからないことになっている。
鳳翔千官且飽飯,衣馬不復能輕肥。」
鳳翔の行在所にあまたの官僚がいるのだが、自分の職に対して馴れ飽きてきている、文人も軍人も普段の生活のことばかりで国の財政体制が軽減されたり、強化されたりかいかくしていくことをしてこなかった
青袍朝士最困者,白頭拾遺徒步歸。
下級官僚のこの制服を着て このもっとも貧窮しているものがいる白髪の頭をして左拾位の職をもっているが 歩いて家族を迎えに帰っているのである。
人生交契無老少,論交何必先同調。
人生は約束をして交わりをしている老人と少年はいないのだ。自分の意見を交わらせてどうして必ずまず同調しないといけないのか
妻子山中哭向天,須公櫪上追風驃。」

妻子は奥まった山の中にいる、天に向かって泣き叫ぶのだ。そうすればなり立ての粛宗は元気いっぱいで、羽囘馬のように風に追われているのである。

五言 明公 壯年にして時危きに值する,經濟 實藉英雄の姿。
國 之を社稷し今是の若し,武定 禍亂し 公 誰あらざらん。
鳳翔千官 且 飯に飽く,衣馬 復 能く輕肥せざる。
青袍の朝士 最も困する者,白頭の拾遺 徒步にて歸る。
人生 交契し 老少無し,論交 何んぞ必ず 先ず同調するや。
妻子 山中 天に向いて哭す,須公 櫪上 驃風に追う。
五言 明公 壯年にして時危きに值する,經濟 實藉英雄の姿。


DCF00218


現代語訳と訳註
(本文)

五言明公壯年值時危,經濟實藉英雄姿。
國之社稷今若是,武定禍亂非公誰。
鳳翔千官且飽飯,衣馬不復能輕肥。」
青袍朝士最困者,白頭拾遺徒步歸。
人生交契無老少,論交何必先同調。
妻子山中哭向天,須公櫪上追風驃。」


(下し文)
五言 明公 壯年にして時危きに值する,經濟 實藉英雄の姿。
國 之を社稷し今是の若し,武定 禍亂し 公 誰あらざらん。
鳳翔千官 且 飯に飽く,衣馬 復 能く輕肥せざる。
青袍の朝士 最も困する者,白頭の拾遺 徒步にて歸る。
人生 交契し 老少無し,論交 何んぞ必ず 先ず同調するや。
妻子 山中 天に向いて哭す,須公 櫪上 驃風に追う。


(現代語訳)
五言の仁義の言葉をいうべき玄宗皇帝も盛んなる年齢になってからこんなに危機を迎えてしまった。国の財政は実に上手にやっていた、その姿は英雄のようであった。
鳳翔の行在所にあまたの官僚がいるのだが、自分の職に対して馴れ飽きてきている、文人も軍人も普段の生活のことばかりで国の財政体制が軽減されたり、強化されたりかいかくしていくことをしてこなかった
この国、唐の天下はこのようになっている、武力で平定されるところがこんな禍のある乱がおこってしまって天子をだれかわからないことになっている。
下級官僚のこの制服を着て このもっとも貧窮しているものがいる 白髪の頭をして左拾位の職をもっているが歩いて家族を迎えに帰っているのである。
人生は約束をして交わりをしている老人と少年はいないのだ。自分の意見を交わらせてどうして必ずまず同調しないといけないのか。
妻子は奥まった山の中にいる、天に向かって泣き叫ぶのだ。そうすればなり立ての粛宗は元気いっぱいで、羽囘馬のように風に追われているのである。

banri11

(訳注)
五言明公壯年值時危,經濟實藉英雄姿。
五言 明公 壯年にして時危きに值する,經濟 實藉英雄の姿。
五言の仁義の言葉をいうべき玄宗皇帝も盛んなる年齢になってからこんなに危機を迎えてしまった。国の財政は実に上手にやっていた、その姿は英雄のようであった。
五言 仁、義、礼、知、信にかなった言葉。五言でなる詩、五言絶句、五言律詩、五言古詩。語でわかるような表現。古詩の場合、同じ調子が繰り返される。○明公 あなた様。身分の高い人を指す。值(値). 名詞. 1.値段; 2.〈数〉値. 動詞. 1.値する; 2.意義がある; 3.…に当たる; 4.順番に仕事に当たる.○實藉 実に経済上の供給をうまくやる


國之社稷今若是,武定禍亂非公誰。
國 之を社稷し今是の若し,武定 禍亂し 公 誰あらざらん。
この国、唐の天下はかくのようになっている、武力で平定されるところがこんな禍のある乱がおこってしまって天子をだれかわからないことになっている。
社稷 唐の天下をいう。○禍亂 反乱軍の禍


鳳翔千官且飽飯,衣馬不復能輕肥。」
鳳翔千官 且 飯に飽く,衣馬 復 能く輕肥せざる。
鳳翔の行在所にあまたの官僚がいるのだが、自分の職に対して馴れ飽きてきている、文人も軍人も普段の生活のことばかりで国の財政体制が軽減されたり、強化されたりかいかくしていくことをしてこなかった


青袍朝士最困者,白頭拾遺徒步歸。
青袍の朝士 最も困する者,白頭の拾遺 徒步にて歸る。
下級官僚のこの制服を着たこのもっとも貧窮しているものがいる 白髪の頭をして左拾位の職をもっているが歩いて家族を迎えに帰っているのである。
青袍 書生乃至は下級の官にいる者の服。○朝士 朝廷の下級官僚。○白頭 白髪頭。このころの杜甫が白髪の語を使う場合、心の中に反発心を持っている場合が多い。ここでは、いかに白髪とはいえ、年寄扱いをするなという意。○拾遺 杜甫の職名。


人生交契無老少,論交何必先同調。
人生 交契し 老少無し,論交 何んぞ必ず 先ず同調するや。
人生は約束をして交わりをしている老人と少年はいないのだ。自分の意見を交わらせてどうして必ずまず同調しないといけないのか

妻子山中哭向天,須公櫪上追風驃。」
妻子 山中 天に向いて哭す,須公 櫪上 驃風に追う。
妻子は奥まった山の中にいる、天に向かって泣き叫ぶのだ。そうすればなり立ての粛宗は元気いっぱいで、羽囘馬のように風に追われているのである。
須公 しばらくの間の皇帝。なり立ての天子。○櫪上 元気のある馬を意味する。・はうまやのふみ板。○伏櫪 魏の曹操の詩に「老僕伏櫪」とみえる。櫪に伏すとは老馬をいう。


hinode0200

blogram投票ボタン

毎日それぞれ一首(長詩の場合一部分割掲載)kanbuniinkai紀 頌之の漢詩3ブログ
05rihakushi350

李白詩350首kanbuniinkai紀頌之のブログ

700Toho shi

kanbuniinkai11の頌之漢詩 杜甫詩700首



800tousouSenshu
kanbuniinkai10 頌之の漢詩 唐宋詩人選集 Ⅰ李商隠150首 Ⅱ韓退之(韓愈)Ⅶ孟郊
各詩人についてはブログ内の検索を利用したほうが良い場合もあります。
burogutitl770

http://kanshi100x100.blog.fc2.com/

唐宋詩 
(Ⅰ李商隠Ⅱ韓退之(韓愈))
李白詩INDEX02
李商隠INDEX02
杜甫詩INDEX02