「九成宮」#2 杜甫 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ 杜甫特集700- 202


杜甫詩、杜甫の人生を語る「北征」期の重要な作品。

ID詩題摘要  (至徳二載 秋~冬 757年 杜甫46歳 五言古詩)
970晚行口號 鄜州へ赴く途中で、日ぐれにあるきながら口ずさんだ詩。
971徒步歸行 鄜州へ赴く出発の詩
972九成宮  鄜州へ赴く途中、九成宮のほとりを経過して作った詩である。
973玉華宮  鄜州へ赴く途次其の地をすぎて作る。
974行次昭陵鄜州へ帰る途すがら昭陵のほとりにやどって作る。
975北征五言百四十句の長篇古詩。 至徳二載六月一日、鄜州に帰ることを許された。作者が此の旅行をした所以である。製作時は至徳二載九月頃か。八月初めに鳳翔より出発して鄜州に到著して以後に作ったもの。

977
978
979

羌村三首・黄土高原の雄大な夕景色。夕刻に到着。
・家族全員無事、秋の装い、豊作であった。
・村の長老たちと帰還の祝い。
981重經昭陵帰り道、第二回に昭陵の地を経過したとき作る。
ID詩題摘要  (至徳二載 秋~冬 757年 杜甫46歳 五言律詩)
980收京三首王朝軍の手に長安を奪回したことを聞きつけてにつけて作る。製作時は至徳二載十月末~十一月初めの作。
粛宗に徹底して嫌われ、居場所がなく、家族を向かえに山中の道を行く。疎外された朝廷を後にするがすさまじい孤独感が詩全体にあふれる。
朝廷におけるいきさつについては下のブログ参照。

述懐 #1 杜甫 杜甫特集700- 178

述懐 #2 杜甫 杜甫特集700- 179

述懐 #3 杜甫 杜甫特集700- 180




九成宮
#1
蒼山八百裡,崖斷如杵臼。曾宮憑風迥,岌嶪土嚢口。』
立神扶棟梁,鑿翠開戶牖。其陽產靈芝,其陰宿牛鬥。
紛披長松倒,揭櫱怪石走。哀猿啼一聲,客淚迸林叢。』1
#2
荒哉隋家帝,製此今頹朽。
隋国の天子(煬帝)は土木(どぼく)運河に懸命になりすぎ、心が荒んだのだ、むかしこんな立派な宮殿をこしらえたのであるが今はこんなに禿げ、崩れ、朽ちてしまった。
向使國不亡,焉為巨唐有。
もしさきにその国を滅亡させない様にしたのであれば、どうしてこれが我が大唐王朝の所有物となることになったのであろうか。
雖無新增修,尚置官居守。
我が唐では、玄宗になってからは新しく宮殿増修はしていないが、しかしそれでも管理の官を置いて留守番をさせているのだ。
巡非瑤水遠,跡是雕牆後。』
時々天子も御巡幸になるが、それが穆王が西王母に会うために遠方へおでかけになるということではないということであっても、この離宮の史蹟、隋がやった雕牆の奢侈の後をうけてやっているだけなのだ。
我行屬時危,仰望嗟嘆久。
自分のこの旅をしているちょうど今は、時世の危急な時なのである、この宮殿を仰ぎ望んで長い溜息をつき、この不安な世の中を嘆くのである。
天王狩太白,駐馬更搔首。』
2
今、天子の粛宗は太白山のある地方に巡狩されるように魚在所におわす。そんなことを考えて自分の乗っている馬の足を留めて、首をかきつつ立ち去りがたい気持ちでいるのだ。


九成宮
蒼山(そうざん)入ること百里、崖(がけ)断(た)えて杵臼(しょきゅう)の如し。
曾宮(そうきゅう)風に憑(よ)りて迥(はるか)に、岌嶪(きゅうぎょう)たり土嚢(どのう)の口。
神(しん)を立てて棟梁(とうりょう)を扶(たす)け、翠を鑿(うが)ちて戸牖(こゆう)を開く。
其の陽(みなみ)には霊芝(れいし)を産し、其の陰(きた)には牛斗(ぎゅうと)宿す。
紛披(ふんぴ)として長松(ちょうしょう()倒れ、揭櫱(けつげつ)として怪石(かいせき)走(はし)る。
哀猿(あいえん)啼くこと一声(いっせい)、客涙(かくるい)林叢(りんそう)に迸(ほとばし)る。』
#2

荒(こう)なる哉(かな) 隋家(ずいか)の帝(てい)、 此を製(せい)して今頹朽(たいきゅう)せり。
向(さき)に国をして亡びざら使(し)めば 焉(いずくんぞ)ぞ巨唐(きょとう)の有(ゆう)と為(な)らん。
新(あらた)に増修(ぞうしゅう)する無しと雖(いえど)も 尚(なお)官を置きて居守(きょしゅ)せしむ。
巡は瑤水の遠きに非ず、 跡は 是 雕牆(ちょうしょう)の後(のち)なり。』
我行きて時の危(あやう)きに属す、仰望(ぎょうぼう)して嗟嘆(さたん)すること久し。
天王(てんのう)太白(たいはく)に狩(かり)す、馬を駐(とど)めて更に首を掻く。』

 
 

「九成宮」 現代語訳と訳註
(本文)
#2
荒哉隋家帝,製此今頹朽。
向使國不亡,焉為巨唐有。
雖無新增修,尚置官居守。
巡非瑤水遠,跡是雕牆後。』
我行屬時危,仰望嗟嘆久。
天王狩太白,駐馬更搔首。』2


(下し文)
荒(こう)なる哉(かな) 隋家(ずいか)の帝(てい)、 此を製(せい)して今頹朽(たいきゅう)せり。
向(さき)に国をして亡びざら使(し)めば 焉(いずくんぞ)ぞ巨唐(きょとう)の有(ゆう)と為(な)らん。
新(あらた)に増修(ぞうしゅう)する無しと雖(いえど)も 尚(なお)官を置きて居守(きょしゅ)せしむ。
巡は瑤水の遠きに非ず、 跡は 是 雕牆(ちょうしょう)の後(のち)なり。』
我行きて時の危(あやう)きに属す、仰望(ぎょうぼう)して嗟嘆(さたん)すること久し。
天王(てんのう)太白(たいはく)に狩(かり)す、馬を駐(とど)めて更に首を掻く。』


(現代語訳)
隋国の天子(煬帝)は土木(どぼく)運河に懸命になりすぎ、心が荒んだのだ、むかしこんな立派な宮殿をこしらえたのであるが今はこんなに禿げ、崩れ、朽ちてしまった。
もしさきにその国を滅亡させない様にしたのであれば、どうしてこれが我が大唐王朝の所有物となることになったのであろうか。
我が唐では、玄宗になってからは新しく宮殿増修はしていないが、しかしそれでも管理の官を置いて留守番をさせているのだ。
時々天子も御巡幸になるが、それが穆王が西王母に会うために遠方へおでかけになるということではないということであっても、この離宮の史蹟、隋がやった雕牆の奢侈の後をうけてやっているだけなのだ。
自分のこの旅をしているちょうど今は、時世の危急な時なのである、この宮殿を仰ぎ望んで長い溜息をつき、この不安な世の中を嘆くのである。
今、天子の粛宗は太白山のある地方に巡狩されるように魚在所におわす。そんなことを考えて自分の乗っている馬の足を留めて、首をかきつつ立ち去りがたい気持ちでいるのだ。


(訳注)
荒哉隋家帝、製此今頹朽。

荒(こう)なる哉(かな) 隋家(ずいか)の帝(てい)、 此を製(せい)して今頹朽(たいきゅう)せり。
隋国の天子(煬帝)は土木(どぼく)運河に懸命になりすぎ、心が荒んだのだ、むかしこんな立派な宮殿をこしらえたのであるが今はこんなに禿げ、崩れ、朽ちてしまった。   
 「尚書」五子之歌に色荒、禽荒の文字がある、荒とはその事に耽って精神の迷い乱れることをいう。・隋家帝 隋の腸帝をいう。604年に文帝の崩御に伴い即位したが、崩御直前の文帝が楊広を廃嫡しようとして逆に暗殺された。即位した煬帝はそれまでの倹約生活から豹変し奢侈を好む生活を送った。また廃止されていた残酷な刑を復活させ、謀反を企てた楊玄感(煬帝を擁立した楊素の息子)は九族に至るまで処刑されている。洛陽を東都に定めた他、文帝が着手していた国都大興城(長安)の建設を推進し、また100万人の民衆を動員し大運河を建設、華北と江南を連結させ、これを使い江南からの物資の輸送を行うことが出来るようになった。対外的には煬帝は国外遠征を積極的に実施し、高昌に朝貢を求め、吐谷渾、林邑、流求(現在の台湾)などに出兵し版図を拡大した。・ この離宮をさす。 ・頹朽 漆がはげ、くずれ、くちる。実際にはこの離宮に飲み水が不足しており、利用しなかったのだ。


向使國不亡,焉為巨唐有。
向(さき)に国をして亡びざら使(し)めば 焉(いずくんぞ)ぞ巨唐(きょとう)の有(ゆう)と為(な)らん。  
もしさきにその国を滅亡させない様にしたのであれば、どうしてこれが我が大唐王朝の所有物となることになったのであろうか
 衛と同じ ・巨唐 大唐、大は自ずから尊ぶ辞。 ・ もちもの。


雖無新增修、尚置官居守。
新(あらた)に増修(ぞうしゅう)する無しと雖(いえど)も 尚(なお)官を置きて居守(きょしゅ)せしむ。
我が唐では、玄宗になってからは新しく宮殿増修はしていないが、しかしそれでも管理の官を置いて留守番をさせているのだ。
新増修 唐になってからの増築、修理 ・置官 詔官を設け置く。総監一人、副監一人、丞・簿・録事各々一人があった。○居守 ここにいて番をする。
 
巡非瑤水遠、跡是雕牆後。
巡は瑤水の遠きに非ず、跡は是雕牆(ちょうしょう)の後なり。
時々天子も御巡幸になるが、それが穆王が西王母に会うために遠方へおでかけになるということではないということであっても、この離宮の史蹟、隋がやった雕牆の奢侈の後をうけてやっているだけなのだ。
 巡幸、天子がここへこられること。 ・瑤水遠 瑤水は瑤池、西王母の国に在り、周の穆王が天下をめぐって西王母と瑤池に会した。・ 古跡。 ・雕牆後 雕牆とは土塀をうつくしく飾り画くこと。この離宮は避暑のためとはいえ使用されないものであり、隋王朝のおごりの象徴であった。後とは唐は隋の雕牆のおごりのあとをうけたことをいう。


我行屬時危,仰望嗟嘆久。
我行きて時の危(あやう)きに属す、仰望(ぎょうぼう)して嗟嘆(さたん)すること久し。
自分のこの旅をしているちょうど今は、時世の危急な時なのである、この宮殿を仰ぎ望んで長い溜息をつき、この不安な世の中を嘆くのである。
 つく、であうこと。


天王狩太白,駐馬更搔首。
天王(てんのう)太白(たいはく)に狩(かり)す、馬を駐(とど)めて更に首を掻く。
今、天子の粛宗は太白山のある地方に巡狩されるように魚在所におわす。そんなことを考えて自分の乗っている馬の足を留めて、首をかきつつ立ち去りがたい気持ちでいるのだ。
天王狩太白 天王は粛宗をさす。太白は武功県にある山の名。狩とは実際に狩りをするのではなく、借りて粛宗が鳳翔の行在所におわすことをいう。・掻首 首をかく、この掻首は蜘厨(ためらうさま)の意として用いている。
hinode0200

blogram投票ボタン

毎日それぞれ一首(長詩の場合一部分割掲載)kanbuniinkai紀 頌之の漢詩3ブログ
05rihakushi350

李白詩350首kanbuniinkai紀頌之のブログ

700Toho shi

kanbuniinkai11の頌之漢詩 杜甫詩700首



800tousouSenshu
kanbuniinkai10 頌之の漢詩 唐宋詩人選集 Ⅰ李商隠150首 Ⅱ韓退之(韓愈)Ⅶ孟郊
各詩人についてはブログ内の検索を利用したほうが良い場合もあります。
burogutitl770

http://kanshi100x100.blog.fc2.com/


唐宋詩 
(Ⅰ李商隠Ⅱ韓退之(韓愈))
李白詩INDEX02
李商隠INDEX02
杜甫詩INDEX02