喜聞官軍已臨賊寇 二十韻 #2 杜甫 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ 杜甫特集700- 224


杜甫が羌村の家族のもとで日を過ごしているあいだに、唐の王朝軍は回紇(ウイグル)の援軍を加えて連合軍とし、長安への進攻を開始していた。すなわち757年9月中旬、粛宗の皇子である広平王李俶(のちの代宗)を総司令官とし、朔方軍で功勲のあった郭子儀を副司令官とし、十五万の連合軍は、鳳翔を出発して東に向かったのである。
9月27日には長安の西郊に着いて陣を布き、安守忠・李帰仁の率いる十万の安史軍(この時史忠明の軍本体は幽州に帰っていた。)と戦って翌28日には長安に入城したのである。長安が安禄山の叛乱軍に落ちてから一年三か月ぶりのことであった。史忠明軍のいない安史軍はひとまず正面衝突を回避して、10月18日には洛陽も奪還され、安慶緒は北方の鄴城(河南省安陽)に逃れた。粛宗は、洛陽奪還の翌日、十月十九日には鳳翔を出発し、十月二十三日に長安に帰った。
杜甫は鄜州の羌村で、王朝軍の長安進攻を知り「官軍の己に賊寇に臨むを聞くを喜ぶ二十韻」をつくり、入城を知って、「京を収む三首」を作って、その歓喜の情を表わしている。


<#1の要旨>
唐王朝軍の連合軍が長安に迫って、長安城の郊外を制圧した。鳳翔の行在所にはウイグルの兵士が警護をしている。状況だが、間もなく天子、粛宗が長安の都に入城されるであろう。



喜聞官軍已臨賊寇 二十韻
#1
胡虜潛京縣,官軍擁賊壕。鼎魚猶假息,穴蟻欲何逃。」
帳殿羅玄冕,轅門照白袍。秦山當警蹕,漢苑入旌旄。
#2
路失羊腸險,雲橫雉尾高。
さしてゆく路には羊腸のような険阻もなくなって平な道がひらかれていて、天子の御行列にはただ雑尾扇の雲が高く横わるである。
五原空壁壘,八水散風濤。
攻防を極めた五原もいたずらに壁塁が残っている、八水はも風光明美な涛波がすっかりなくなっている。
今日看天意,遊魂貸爾曹。
長安を開城できた今となって天はしばらくの間は様子を見ておられるのだろう、この戦いでしばらくの間、天子のかもし出す佳気と魂を浮遊させたておいたのは、叛乱軍たちにつかの間貸してあっただけのことなのである。
乞降那更得,尚詐莫徒勞。」

あっさりと退いたということは、いまさら降参したかのようにして、なにか詐りごとをしてこちらをだまそうとしてもそれはむだ骨折ではなかろうか。』

#3
元帥歸龍種,司空握豹韜。前軍蘇武節,左將呂虔刀。
兵氣回飛鳥,威聲沒巨鰲。戈鋌開雪色,弓矢向秋毫。
天步艱方盡,時和運更遭。誰雲遺毒螫,已是沃腥臊。」
#4
睿想丹墀近,神行羽衛牢。花門騰絕漠,拓羯渡臨洮。
此輩感恩至,羸浮何足操。鋒先衣染血,騎突劍吹毛。
喜覺都城動,悲連子女號。家家賣釵釧,只待獻春醪。」


喜聞官軍己臨賊寇二十韻
(官軍己に賊寇に臨むと聞くを喜ぶ 二十韻)
#1
胡騎京県に潜み、官軍賊壕を擁す。
鼎魚(ていぎょ)猶息を仮す、穴蟻何に逃れんと欲する。」
帳殿玄冤(げんべん)羅(つらな)り、轅門(えんもん)白袍照る。
秦山警蹕(けいひつ)に当る 漢苑旌旄(せいぼう)に入る。
#2
路は羊腸の険を失す、雲横わりて雉尾(ちび)高し。
五原空しく壁塁(へきるい)、八水風涛(ふうとう)散ず。
今日天意を看るに、遊魂(ゆうこん)爾が曹に貸す。』
降を乞うも那(なん)ぞ更に得ん 詐を尚(たっと)ぶは徒に労する莫らんや。

#3
元帥竜種(りょうしゅ)に帰し、司空豹韜(ひょうとう)を握る。
前軍 蘇武が節、左将 呂虔(りょけん)が刀。
兵気 飛鳥(ひちょう)を回(か)えす、威声(いせい) 巨鰲を没せしむ。
戈鋌(かせん) 雪色開き、弓矢 秋毫(しゅうごう)に向う。
天歩(てんぽ) 艱 方(まさ)に尽く、時和 運 更に遭う。
誰か云う毒螫を遺すと、己に是れ 腥臊(せいそう)に沃(そそ)ぐ。」
#4
睿想 丹墀(たんち)近く、神行 羽衛(うえい)牢(かた)し。
花門 絶漠に騰(あが)り、拓羯(たくけつ)臨洮(りんとう)を渡る。
此の輩恩に感じて至る、羸浮(るいふ)何ぞ操るに足らん。
鋒 先(さきだ)ちて 衣血に染む、騎 突きて 剣毛(けんけ)を吹く。
喜びは覺ゆ 都城の動くを、悲みは連(ともな)う 子女の號(さけ)ぶを。
家家 釵釧を売り 只だ待つ春醪を献ずるを』


現代語訳と訳註
(本文) #2

路失羊腸險,雲橫雉尾高。
五原空壁壘,八水散風濤。
今日看天意,遊魂貸爾曹。
乞降那更得,尚詐莫徒勞。」


(下し文) #2
路は羊腸の険を失す、雲横わりて雉尾(ちび)高し。
五原空しく壁塁(へきるい)、八水風涛(ふうとう)散ず。
今日天意を看るに、遊魂(ゆうこん)爾が曹に貸す。』
降を乞うも那(なん)ぞ更に得ん 詐を尚(たっと)ぶは徒に労する莫らんや。


(現代語訳)
さしてゆく路には羊腸のような険阻もなくなって平な道がひらかれていて、天子の御行列にはただ雑尾扇の雲が高く横わるである。
攻防を極めた五原もいたずらに壁塁が残っている、八水はも風光明美な涛波がすっかりなくなっている。
長安を開城できた今となって天はしばらくの間は様子を見ておられるのだろう、この戦いでしばらくの間、天子のかもし出す佳気と魂を浮遊させたておいたのは、叛乱軍たちにつかの間貸してあっただけのことなのである。
あっさりと退いたということは、いまさら降参したかのようにして、なにか詐りごとをしてこちらをだまそうとしてもそれはむだ骨折ではなかろうか。』


(訳注)#2
路失羊腸險,雲橫雉尾高。
さしてゆく路には羊腸のような険阻もなくなって平な道がひらかれていて、天子の御行列にはただ雑尾扇の雲が高く横わるである。
路失 失はこれまで有ったが今はなくなること。○羊腸険 羊のはらわたのようにうねうねと曲った路のある山険。○雲横 この雲は実物ではなく雉尾扇のむらがるのをたとえていう辞。天上と朝廷、仙人・天上の神は天子、であり、時には天子は雲に乗った龍なのである。○雉尾高 天子の大駕の歯簿には雉尾障扇・小団雉尾扇・方雑尾扇・小雉尾扇等のたぐいがある。雉尾とは雉の尾で作ったうちわ。天子の行くところは、天上と同じということを示すもの。天子の神聖化、カリスマ化のための雰囲気づくりの一貫。


五原空壁壘,八水散風濤。
攻防を極めた五原もいたずらに壁塁が残っている、八水はも風光明美な涛波がすっかりなくなっている。
五原 長安附近の五つの原(高地)をいう、畢原(ひつげん)・白鹿原・少陵原・高陽原・細柳原のこと。○空壁墨 とりでだけがいたずらに存する、無用となり役に立たぬこと。〇八水 涇水・滻水・㶚水・澇水・滈水・灃水・潏水の八つを関内八水と称する。○散風涛 散とは集の反対、今までは風涛が多く集まっていたが今は散らばってなくなった。

長安 五原八水00

今日看天意,遊魂貸爾曹。
長安を開城できた今となって天はしばらくの間は様子を見ておられるのだろう、この戦いでしばらくの間、天子のかもし出す佳気と魂を浮遊させたておいたのは、叛乱軍たちにつかの間貸してあっただけのことなのである。
天意 天のこころ。○遊魂 ふらふらしたたましい。○貸爾曹 爾菅は汝等、汝等とは賊軍をさす、貸はかしあたえる。


乞降那更得,尚詐莫徒勞。」
あっさりと退いたということは、いまさら降参したかのようにして、なにか詐りごとをしてこちらをだまそうとしてもそれはむだ骨折ではなかろうか。』
乞降 降参をたのむ。○那更得 どうしてできようぞ、降参もできぬとは必ず誅殺されるべきことをいう。○尚詐いつわりをとうとぶ、官軍に対し詐略を用いること。○莫徒労 莫は反語、徒労はむだばねをおること。


hinode0200

blogram投票ボタン

毎日それぞれ一首(長詩の場合一部分割掲載)kanbuniinkai紀 頌之の漢詩3ブログ
05rihakushi350

李白詩350首kanbuniinkai紀頌之のブログ

700Toho shi

kanbuniinkai11の頌之漢詩 杜甫詩700首

800tousouSenshu
kanbuniinkai10 頌之の漢詩 唐宋詩人選集 Ⅰ李商隠150首 Ⅱ韓退之(韓愈)Ⅶ孟郊
各詩人についてはブログ内の検索を利用したほうが良い場合もあります。
burogutitl770

http://kanshi100x100.blog.fc2.com/


唐宋詩 
(Ⅰ李商隠Ⅱ韓退之(韓愈))350
李白詩INDEX02
李商隠INDEX02
杜甫詩INDEX02