收京三首 其一 杜甫 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ 杜甫特集700- 227

757年9月中旬、粛宗の皇子である広平王李俶(のちの代宗)を総司令官とし、朔方軍で功勲のあった郭子儀を副司令官とし、十五万の連合軍は、鳳翔を出発して東に向かったのである。
9月27日には長安の西郊に着いて陣を布き、安守忠・李帰仁の率いる十万の安史軍(この時史忠明の軍本体は幽州に帰っていた。)と戦って翌28日には長安に入城したのである。長安が安禄山の叛乱軍に落ちてから一年三か月ぶりのことであった。史忠明軍のいない安史軍はひとまず正面衝突を回避して、10月18日には洛陽も奪還され、安慶緒は北方の鄴城(河南省安陽)に逃れた。粛宗は、洛陽奪還の翌日、10月19日には鳳翔を出発し、10月23日に長安に帰った。
杜甫も、10月中旬には鳳翔に帰り、粛宗と一緒に長安に帰ったのである。

製作時は757年至徳二載9月末か、10月初めの作。


DCF00206

 收京三首其一
仙仗離丹極,妖星照玉除。須為下殿走,不可好樓居。
暫屈汾陽駕,聊飛燕將書。依然七廟略,更與萬方初。

其二
生意甘衰白,天涯正寂寥。忽聞哀痛詔,又下聖明朝。
羽翼懷商老,文思憶帝堯。叨逢罪己日,沾灑望青霄。

其三
汗馬收宮闕,春城鏟賊壕。賞應歌杕杜,歸及薦櫻桃。
雜虜橫戈數,功臣甲第高。萬方頻送喜,毋乃聖躬勞。


京を収む 三首 其一
仙仗(せんじょう)丹極(たんきょく)を離れ、妖星(ようせい)玉除(ぎょくじょう)を照らす。
須らく下殿の走を為すべし、楼居を好む可らず。
暫く汾陽(ふんよう)の駕を屈す、聊か飛ばす燕将の書。
依然たり七廟の略、更に万方(まんぼう)と初めん。

京を収む 三首 其二
生意 衰白(すいはく)を甘んず、天涯 正に寂蓼(せきりょう)。
忽ち聞く 哀痛(あいつう)の詔、又聖明の朝より下るを。
羽翼 商老を懐い、文思 帝堯を憶う。
叨(みだ)りに己を罪するの日に逢い、沾(なみだ)を灑(そそ)ぎて青霄(せいしょう)を望む。

京を収む 三首 其三
汗馬 宮闕(きゅうけつ)を収め、春城 賊壕(ぞくごう)を鏟(けず)らんとす。
賞は応に杕杜(ていと)を歌うなるべし、帰るは桜桃を薦むるに及ばん。
雑虜 戈を横うること数々なり 功臣甲第高し。
万方頻(しきり)に書を送る、乃ち聖窮の労するなる無からんや。


收京三首其一
仙仗離丹極,妖星照玉除。
天子の儀杖が御所から離れられる様に上皇玄宗はお逃げになった。妖星の光である叛乱軍が御殿の丹砂の土えんを照らしているのである。(即ち安禄山等の兵勢であった。)
須為下殿走,不可好樓居。
同じように梁の武帝も謀叛により、天子は御殿から逃げ出すのにはだしで走るというものである、もとより宮殿は天界か、仙界かというもので、驪山の梧桐生活を好んでいるという風であってはならないのである。
暫屈汾陽駕,聊飛燕將書。
ここに及んで上皇が堯帝の様にたとえ耐え難い屈辱として駕を取って出直されたのであるし、また同じように燕将ともいうべき燕の地を本拠地とする安史軍の将を降す矢ぶみはすこしは発せられていることでもある。
依然七廟略,更與萬方初。

やがて天下ももとどおりに平定するであろうし、幸にも我が大唐の歴代の七廟略は依然として存在しているのである。天子は今後、天下四方とともに従前のしかたをやりなおす様にしなければならないのである。
其二
生意甘衰白,天涯正寂寥。忽聞哀痛詔,又下聖明朝。
羽翼懷商老,文思憶帝堯。叨逢罪己日,沾灑望青霄。

其三
汗馬收宮闕,春城鏟賊壕。賞應歌杕杜,歸及薦櫻桃。
雜虜橫戈數,功臣甲第高。萬方頻送喜,毋乃聖躬勞。



京を収む 三首 其一
仙仗(せんじょう)丹極(たんきょく)を離れ、妖星(ようせい)玉除(ぎょくじょう)を照らす。
須らく下殿の走を為すべし、楼居を好む可らず。
暫く汾陽(ふんよう)の駕を屈す、聊か飛ばす燕将の書。
依然たり七廟の略、更に万方(まんぼう)と初めん。


京を収む 三首 其二
生意 衰白(すいはく)を甘んず、天涯 正に寂蓼(せきりょう)。
忽ち聞く 哀痛(あいつう)の詔、又聖明の朝より下るを。
羽翼 商老を懐い、文思 帝堯を憶う。
叨(みだ)りに己を罪するの日に逢い、沾(なみだ)を灑(そそ)ぎて青霄(せいしょう)を望む。


京を収む 三首 其三
汗馬 宮闕(きゅうけつ)を収め、春城 賊壕(ぞくごう)を鏟(けず)らんとす。
賞は応に杕杜(ていと)を歌うなるべし、帰るは桜桃を薦むるに及ばん。
雑虜 戈を横うること数々なり 功臣甲第高し。
万方頻(しきり)に書を送る、乃ち聖窮の労するなる無からんや。


 現代語訳と訳註
(本文) 收京三首其一

仙仗離丹極,妖星照玉除。
須為下殿走,不可好樓居。
暫屈汾陽駕,聊飛燕將書。
依然七廟略,更與萬方初。


(下し文) 収  京三首 (京を収む 三首)
仙伎丹極を離れ 妖星玉除を照らす
須らく下殿の走を為すぺし 楼居を好む可らず
暫く汾陽の駕を屈す 柳か飛ばす燕将の書
依然たり七廟の略 更に万方と初めん


(現代語訳) 京を収む 三首 其一
天子の儀杖が御所から離れられる様に上皇玄宗はお逃げになった。妖星の光である叛乱軍が御殿の丹砂の土えんを照らしているのである。(即ち安禄山等の兵勢であった。)
同じように梁の武帝も謀叛により、天子は御殿から逃げ出すのにはだしで走るというものである、もとより宮殿は天界か、仙界かというもので、驪山の梧桐生活を好んでいるという風であってはならないのである。
ここに及んで上皇が堯帝の様にたとえ耐え難い屈辱として駕を取って出直されたのであるし、また同じように燕将ともいうべき燕の地を本拠地とする安史軍の将を降す矢ぶみはすこしは発せられていることでもある。
やがて天下ももとどおりに平定するであろうし、幸にも我が大唐の歴代の七廟略は依然として存在しているのである。天子は今後、天下四方とともに従前のしかたをやりなおす様にしなければならないのである。


(訳注) 京を収む 三首 其一
仙仗離丹極,妖星照玉除。

仙仗(せんじょう)丹極(たんきょく)を離れ、妖星(ようせい)玉除(ぎょくじょう)を照らす。
天子の儀杖が御所から離れられる様に上皇玄宗はお逃げになった。妖星の光である叛乱軍が御殿の丹砂の土えんを照らしているのである。(即ち安禄山等の兵勢であった。)
仙仗 天子の儀使、仙の字は天子をさす、仗は儀式のとき執って並ぶ旗刺物類。○ ごてんから離れ去ること。○丹極 御殿をいう、丹は宮廷に丹泥をぬるゆえにいう、極は動かないその中心をいう。天子の位居をいい、上皇(玄宗)についていう。○妖星 あやしい不祥の星、凡そ二十一種ある。○玉除 除は土えん、階下をいう、玉はうつくしいこと、此の句は叛乱軍(混成軍である)のトップ安禄山についていう。


須為下殿走,不可好樓居
須らく下殿の走を為すべし、楼居を好む可らず。
同じように梁の武帝も謀叛により、天子は御殿から逃げ出すのにはだしで走るというものである、もとより宮殿は天界か、仙界かというもので、驪山の梧桐生活を好んでいるという風であってはならないのである。
下殿走 諺に(熒惑(星名)南斗に入り、天子殿を下って走る。」という、『玉台新詠』を編纂させた文人の梁の武帝は反乱勃発に、首都建康を包囲されたが、洗足で殿より下った。○好楼居 「漢書」武帝紀に公孫卿がいうのに、「仙人ハ楼居ヲ好ム」と、此の詩句は玄宗と楊貴妃とのことをいう、玄宗の驪山の梧桐生活は仙人楼居の生活のごとくである。


暫屈汾陽駕,聊飛燕將書。
暫く汾陽(ふんよう)の駕を屈す、聊か飛ばす燕将の書。
ここに及んで上皇が堯帝の様にたとえ耐え難い屈辱として駕を取って出直されたのであるし、また同じように燕将ともいうべき燕の地を本拠地とする安史軍の将を降す矢ぶみはすこしは発せられていることでもある。
○暫屈 屈とは地位の高いものが身をかがめて卑いことを為すことをいう。○汾陽駕 「荘子」に堯が四子を藐姑射の山、汾水の陽に見、窅然(ようぜん)として其の天下を喪ったとある。玄宗が蜀へ出奔したことを堯が有道の人を見るために汾陽へ行ったことを以てたとえていう。○燕将書 燕将を降参させる手紙をいう。戦国の時、燕の将が聊城を攻め下してこれを守った、田単がこれを攻めても下すことができなかったが、魯仲連が矢に書をくくって城中に射こんだところが燕将は感じ泣いて自殺したことをいう。これは唐王朝軍より安史軍を降らしめる書をとばすことをいう。故事に言うがこの時の叛乱側には、書を読み取るものは全くいなかった。


依然七廟略,更與萬方初。
依然たり七廟の略、更に万方(まんぼう)と初めん。
やがて天下ももとどおりに平定するであろうし、幸にも我が大唐の歴代の七廟略は依然として存在しているのである。天子は今後、天下四方とともに従前のしかたをやりなおす様にしなければならないのである。
依然 もとどおり。〇七廟略 天子は七廟を置く、長安北にある、廟にて国家の大事についての謀略を定めたとある。故に国謀を廟略という。〇万万 天下四方というのも同じ。○ 更始の義、これまでとはやり方を変えて新しく始めることをいう。
hinode0200

blogram投票ボタン

毎日それぞれ一首(長詩の場合一部分割掲載)kanbuniinkai紀 頌之の漢詩3ブログ
05rihakushi350

李白詩350首kanbuniinkai紀頌之のブログ

700Toho shi

kanbuniinkai11の頌之漢詩 杜甫詩700首

800tousouSenshu
kanbuniinkai10 頌之の漢詩 唐宋詩人選集 Ⅰ李商隠150首 Ⅱ韓退之(韓愈)Ⅶ孟郊
各詩人についてはブログ内の検索を利用したほうが良い場合もあります。
burogutitl770

http://kanshi100x100.blog.fc2.com/


唐宋詩 
(Ⅰ李商隠Ⅱ韓退之(韓愈))350
李白詩INDEX02
李商隠INDEX02
杜甫詩INDEX02