西枝村尋置草堂地,夜宿贊公土室二首 其一 杜甫 <282-#1> kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1298 杜甫詩 700- 397

(西枝村に草堂を置く地を尋ね、夜賛公が土室に宿す 二首)
秦州の近郊にある西枝村というところで、自分の草屋を設けるための地面をたずねて夜になり、賛公の穴居の室にとまったことをのべた詩である。759年乾元二年の秋冬の交の作。杜佐のいる東桐谷に居を定めた以後のことである。

乾元2年 759年 48歳
西枝村尋置草堂地,夜宿贊公土室二首 其一
出郭眄細岑,披榛得微路。溪行一流水,曲折方屢渡。
贊公湯休徒,好靜心跡素。昨枉霞上作,盛論岩中趣。』
怡然共攜手,恣意同遠步。捫蘿澀先登,陟巘眩反顧。
要求陽岡暖,苦涉陰嶺冱。惆悵老大藤,沈吟屈蟠樹。』
卜居意未展,杖策回旦暮。層巔餘落日,早蔓已多露。』

西枝村尋置草堂地夜宿賛公土室二首 其二
天寒鳥已帰、月出山更静。土室延白光、松門耿疎影。
躋攀倦日短、語楽寄夜永。明然林中薪、暗汲石底井。』
大師京国旧、徳業天機秉。従来支許遊、興趣江湖迥。
数奇謫関塞、道広存箕潁。何知戎馬間、復接塵事屏。』
幽尋豈一路、遠色有諸嶺。晨光稍朦朧、更越西南頂。』


西枝村尋置草堂地,夜宿贊公土室二首 其一
#1
出郭眄細岑,披榛得微路。
溪行一流水,曲折方屢渡。
贊公湯休徒,好靜心跡素。
昨枉霞上作,盛論岩中趣。』
(秦州の近郊の西枝村に草堂にふさわしい場所を尋ねる、夜になって賛公先生の窰洞居室に泊まる。二首)
秦州の城郭を出て小さな峯を横にして歩き見ながら、榛のやぶをかきわけすすみつつ、山の中腹に向かう小路をみつけてすすむ。
渓谷にそってゆくと一すじの水の流れがあるが、それが折れ曲がっているのでたびたびそれを渡ることになる。
私と賛公先生といえばは昔で謂うと湯恵休と友人であった鮑照のようなものである、閑静を好んで心も行いも生地のままのお方である。
昨日先生から「霞上作」の詩篇を頂いたが、中に盛んに巌石の境地のおもむきが論じてあった。』
(西枝村に草堂を置く地を尋ね、夜賛公が土室に宿す 二首 其の一)#1
郭を出でて細岑【さいしん】を眄【み】る、榛【しん】を披【ひら】きて微路【びろ】を得。
渓行【けいこう】すれば一流水、曲折【きょくせつ】方【まさ】に屡【しばし】ば渡る。
賛公は湯休【とうきゅう】の徒、静を好みて心跡【しんせき】素なり。
昨 霞上【かじょう】の作を枉【ま】ぐ、盛りに巌中【がんちゅう】の趣を論ぜり。』

(現代語訳)


現代語訳と訳註
(本文) 西枝村尋置草堂地,夜宿贊公土室二首 其一
出郭眄細岑,披榛得微路。溪行一流水,曲折方屢渡。
贊公湯休徒,好靜心跡素。昨枉霞上作,盛論岩中趣。』


(下し文) (西枝村に草堂を置く地を尋ね、夜賛公が土室に宿す 二首 其の一)#1
郭を出でて細岑【さいしん】を眄【み】る、榛【しん】を披【ひら】きて微路【びろ】を得。
渓行【けいこう】すれば一流水、曲折【きょくせつ】方【まさ】に屡【しばし】ば渡る。
賛公は湯休【とうきゅう】の徒、静を好みて心跡【しんせき】素なり。
昨 霞上【かじょう】の作を枉【ま】ぐ、盛りに巌中【がんちゅう】の趣を論ぜり。』

(現代語訳)
(秦州の近郊の西枝村に草堂にふさわしい場所を尋ねる、夜になって賛公先生の窰洞居室に泊まる。二首)
秦州の城郭を出て小さな峯を横にして歩き見ながら、榛のやぶをかきわけすすみつつ、山の中腹に向かう小路をみつけてすすむ。
渓谷にそってゆくと一すじの水の流れがあるが、それが折れ曲がっているのでたびたびそれを渡ることになる。
私と賛公先生といえばは昔で謂うと湯恵休と友人であった鮑照のようなものである、閑静を好んで心も行いも生地のままのお方である。
昨日先生から「霞上作」の詩篇を頂いたが、中に盛んに巌石の境地のおもむきが論じてあった。』


(訳注)
西枝村尋置草堂地,夜宿贊公土室二首 其一
秦州の近郊の西枝村に草堂にふさわしい場所を尋ねる、夜になって賛公先生の窰洞居室に泊まる。
○西枝村 秦州の近郊にある地と思われる。○草堂 くさや。作者の住家である。○土室 穴居の室、この地方は土地が乾燥しているために、崖壁をくりぬき区割を設けて居宅(窰洞ヤオトン)とする。『寄贊上人』で杜甫は、「近聞西枝西,有穀杉漆稠。」と西枝村に住みたい旨をのべた。
寄贊上人
一昨陪錫杖,卜鄰南山幽。
年侵腰腳衰,未便陰崖秋。
重岡北面起,竟日陽光留。
茅屋買兼土,斯焉心所求。
近聞西枝西,有穀杉漆稠。
荘子が隠遁したときと同じであると胸を膨らませた。

出郭眄細岑,披榛得微路。
秦州の城郭を出て小さな峯を横にして歩き見ながら、榛のやぶをかきわけすすみつつ、山の中腹に向かう小路をみつけてすすむ。
○眄 斜めにみやる。○細岑 小さなみね。○披榛 はりはらのやぶをかきわける。○微路 翠微の位置までの道。・翠微: 1 薄緑色にみえる山のようす。また、遠方に青くかすむ山。2 山の中腹。八合目あたりのところ。

溪行一流水,曲折方屢渡。
渓谷にそってゆくと一すじの水の流れがあるが、それが折れ曲がっているのでたびたびそれを渡ることになる。
○渓行 たににそってゆく。〇一流水 一すじのたにがわ。

贊公湯休徒,好靜心跡素。
私と賛公先生といえばは昔で謂うと湯恵休と友人であった鮑照のようなものである、閑静を好んで心も行いも生地のままのお方である。
○湯休 湯恵休、六朝宋代の詩僧。釈恵休。俗姓は湯。湯恵休とも。鮑照・徐湛之と交誼があり、孝武帝の命で還俗して揚州従事史まで進んだ。 華美・通俗的な詩で鮑照と並称されたが、「淫靡にして情は才に過ぐ」と後世の評価は低く、六朝盛時に典型の詩風とされる。○心跡 心と行い。○素 かざりけなし、きじのまま。

昨枉霞上作,盛論岩中趣。』
昨日先生から「霞上作」の詩篇を頂いたが、中に盛んに巌石の境地のおもむきが論じてあった。』
○枉 こちらへよこしてくれたこと。○霞上作 どんな詩篇か知らないが、その中に「霞上」の語を用いてある作である。○巌中趣 巌石の境地のおもむき。