同じ日の紀頌之5つのブログ 
 Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩喜雨 曹植 魏詩<26>古詩源 巻三 656 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1841 
 Ⅱ中唐詩・晩唐詩進学解 韓退之(韓愈)詩<114-13>Ⅱ中唐詩569 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ1842 
 Ⅲ杜甫詩1000詩集戲題王宰畫山水圖歌 杜甫 成都(2部)浣花渓の草堂(2 -18-1)  <381> 2 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1843 杜甫詩1000-381-560/1500 
 Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集過故人莊 孟浩然 (01/26) 
 Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩楊柳枝 (之一) 温庭筠  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-57-10-# 花間集 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1844 
      
 ■今週の人気記事(漢詩の5ブログ各部門)
 ■主要詩人の一覧・詩目次・ブログindex 

古詩十九首 (1) 漢詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67676781.html
安世房中歌十七首(1) 唐山夫人 漢詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67710265.html
為焦仲卿妻作 序 漢詩<143>古詩源 巻三 女性詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67729401.html
於凊河見輓船士新婚別妻一首 曹丕(魏文帝) 魏詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67759129.html
朔風 (一章) 曹植 魏詩<25-#1>文選 雑詩 上  http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67780868.html
謝靈運詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/1901_shareiun000.html 謝靈運詩 六朝期の山水詩人。この人の詩は上品ですがすがしい男性的な深みのある詩である。後世に多大な影響を残している。
謝靈運が傲慢で磊落だったというが彼の詩からはそれを感じさせるということは微塵もない。謝靈運、謝朓、孟浩然は好きな詩人である。
登永嘉緑嶂山詩 #1 謝霊運 <20> 詩集 386ー http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67474554.html
登池上樓 #1 謝霊運<25>#1  ー http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67502196.html
孟浩然の詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/209mokonen01.html 孟浩然の詩 盛唐初期の詩人であるが謝霊運の詩に傾倒して山水詩人としてとてもきれいな詩を書いている。特に山水画のような病者の中で細やかな部分に動態を感じさせる表現力は素晴らしい。


李商隠詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/3991_rishoin000.html 李商隠詩 華やかな時はほんの1年余り、残りは不遇であった。それが独特な詩を生み出した。この詩人の詩は物語であり、詩を単発で見ては面白くなく、数編から十数編のシリーズになっているのでそれを尊重して読まれることを進める。
女性詩人 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/0josei00index.html 女性詩人 古代から近世に至るまで女性の詩は書くことを許されない環境にあった。貴族の子女、芸妓だけである。残されている詩のほとんどは詞、楽府の優雅、雅なものへの媚の詞である。しかしその中に針のような痛みを感じさせるものがあるのである。
孟郊詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/328_moukou001.html 「文章得其微,物象由我裁。」詩人が作り出す文章は細やかなる描写表現を得ているものだ、万物の事象をも作り出すことさえも詩人自身の裁量でもってするのである。
李商隠詩 http://kanbuniinkai7.dousetsu.com/99_rishoinn150.html Ⅰ李商隠150首
*****************************************************************



戲題王宰畫山水圖歌 杜甫 成都(2部)浣花渓の草堂(2 -18-1)  <381> 2 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1843 杜甫詩1000-381-560/1500



詩 題:戲題王宰畫山水圖歌 杜甫 成都(2部)浣花渓の草堂(2 -18-1)
詩形式:七言歌行
作時760年9月杜甫49歳 
掲 載; 杜甫1000の381首目-#2 -18-1
杜甫ブログ1500-560回目
王宰のかいた山水の図をみて戯れにこれに題した詩。

 


戲題王宰畫山水圖歌
十日畫一水,五日畫一石。
十日かけて河水をえがき、また五日かけて巌石崖をえがくということだ。
能事不受相促迫,王宰始肯留真跡。
 そのようにゆっくり画くのは、その仕事を他人からせつかれてするものではないとしていて、王宰殿はそうすることで始めて王辛は自分の真の筆として納得したあとを残すというものなのである。
壯哉昆侖方壺圖。掛君高堂之素壁。』

何と壮大な絵であろうか、これは崑崙山に神仙の方丈山の図である。これがあなたのお屋敷の主要な座敷の白壁に書かれているのである。

巴陵洞庭日本東,赤岸水與銀河通,中有雲氣隨飛龍。

州人漁子入浦漵,山木盡亞洪濤風。』
尤工遠勢古莫比,咫尺應須論萬裡。
焉得並州快剪刀,剪取吳淞半江水。』

(王宰が画ける山水の図に戯れに題する歌)
十日に一水を画き、五日に一石を画く
能事【のうじ】相い促迫【そくはく】するを受けず、王宰始めて肯【あえ】で真跡【しんせき】を留む。
壮んなる哉 昆侖【こんろん】方壷【ほうこ】の図、君が高堂の素壁に挂【か】く。』

巴陵【はりょう】洞庭【どうてい】日本の東、赤岸の水は銀河と通じ、中ごろ雲気の飛竜に随う有り。

州人漁子浦漵【ほじょ】に入り、山木尽【ことごと】く亜ぐ洪【こうとう】の風に。』
尤【もっと】も遠勢に工みなり 古も比する莫【な】し、咫尺【しせき】応に須【すべからく】らく万里を論ずべし。
焉んぞ並州【へいしゅう】の快剪【かいせん】刀を得て、剪取【せんしゅ】せん呉松【ごしょう】半江の水を。』

蜀の山50055

『戲題王宰畫山水圖歌』 現代語訳と訳註
(本文)
戲題王宰畫山水圖歌
十日畫一水,五日畫一石。
能事不受相促迫,王宰始肯留真跡。
壯哉昆侖方壺圖。掛君高堂之素壁。』


(下し文)
(王宰が画ける山水の図に戯れに題する歌)
十日に一水を画き、五日に一石を画く
能事【のうじ】相い促迫【そくはく】するを受けず、王宰始めて肯【あえ】で真跡【しんせき】を留む。
壮んなる哉 昆侖【こんろん】方壷【ほうこ】の図、君が高堂の素壁に挂【か】く。』


(現代語訳)
十日かけて河水をえがき、また五日かけて巌石崖をえがくということだ。
 そのようにゆっくり画くのは、その仕事を他人からせつかれてするものではないとしていて、王宰殿はそうすることで始めて王辛は自分の真の筆として納得したあとを残すというものなのである。
何と壮大な絵であろうか、これは崑崙山に神仙の方丈山の図である。これがあなたのお屋敷の主要な座敷の白壁に書かれているのである。

峨眉山003

(訳注)
戲題王宰畫山水圖歌
○王宰
 蜀の人で蜀の山を画くことを能くしたという。


十日畫一水,五日畫一石。
十日かけて河水をえがき、また五日かけて巌石崖をえがくということだ。


能事不受相促迫,王宰始肯留真跡。
そのようにゆっくり画くのは、その仕事を他人からせつかれてするものではないとしていて、王宰殿はそうすることで始めて王辛は自分の真の筆として納得したあとを残すというものなのである。
○能事 能力を発揮すること、絵画のことをさす。
○促迫 さいそくする、期限をいそぐこと。
○真跡 真の筆として納得したあとを残す。


壯哉昆侖方壺圖。掛君高堂之素壁。』
何と壮大な絵であろうか、これは崑崙山に神仙の方丈山の図である。これがあなたのお屋敷の主要な座敷の白壁に書かれているのである。
○崑崙 仙山。西王母の宮殿があるという。たびたび出るので詳細は、ブログ検索で。
○方壺 海中の三山を神仙三山、三壺という、方丈を方壷、蓬莱を蓬壷、瀛州を瀛壷という。
○君 王事をさす。
○素壁 しろいかぺ。