同じ日の紀頌之5つのブログ 
 Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩贈徐幹 (2) 曹植 魏詩<29>文選 贈答二 660 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1857 
 Ⅱ中唐詩・晩唐詩原道 韓退之(韓愈)詩<115-1>Ⅱ中唐詩573 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ1858 
 Ⅲ杜甫詩1000詩集南鄰 杜甫 成都(3部)浣花渓の草堂(3 -1)  <383>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1859 杜甫詩1000-383-564/1500 
 Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集田園作 孟浩然 (01/30) 
 Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩楊柳枝 之五 温庭筠  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-61-14-# 花間集 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1860 
      
 ■今週の人気記事(漢詩の5ブログ各部門)
 ■主要詩人の一覧・詩目次・ブログindex 

古詩十九首 (1) 漢詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67676781.html
安世房中歌十七首(1) 唐山夫人 漢詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67710265.html
為焦仲卿妻作 序 漢詩<143>古詩源 巻三 女性詩
http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67729401.html
於凊河見輓船士新婚別妻一首 曹丕(魏文帝) 魏詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67759129.html
朔風 (一章) 曹植 魏詩<25-#1>文選 雑詩 上  http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67780868.html
謝靈運詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/1901_shareiun000.html 謝靈運詩 六朝期の山水詩人。この人の詩は上品ですがすがしい男性的な深みのある詩である。後世に多大な影響を残している。
謝靈運が傲慢で磊落だったというが彼の詩からはそれを感じさせるということは微塵もない。謝靈運、謝朓、孟浩然は好きな詩人である。
登永嘉緑嶂山詩 #1 謝霊運 <20> 詩集 386ー
http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67474554.html
登池上樓 #1 謝霊運<25>#1  ー http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67502196.html
孟浩然の詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/209mokonen01.html 孟浩然の詩 盛唐初期の詩人であるが謝霊運の詩に傾倒して山水詩人としてとてもきれいな詩を書いている。特に山水画のような病者の中で細やかな部分に動態を感じさせる表現力は素晴らしい。


李商隠詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/3991_rishoin000.html 李商隠詩 華やかな時はほんの1年余り、残りは不遇であった。それが独特な詩を生み出した。この詩人の詩は物語であり、詩を単発で見ては面白くなく、数編から十数編のシリーズになっているのでそれを尊重して読まれることを進める。
女性詩人
http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/0josei00index.html 女性詩人 古代から近世に至るまで女性の詩は書くことを許されない環境にあった。貴族の子女、芸妓だけである。残されている詩のほとんどは詞、楽府の優雅、雅なものへの媚の詞である。しかしその中に針のような痛みを感じさせるものがあるのである。
孟郊詩
http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/328_moukou001.html 「文章得其微,物象由我裁。」詩人が作り出す文章は細やかなる描写表現を得ているものだ、万物の事象をも作り出すことさえも詩人自身の裁量でもってするのである。
李商隠詩
http://kanbuniinkai7.dousetsu.com/99_rishoinn150.html Ⅰ李商隠150首
*****************************************************************


南鄰 杜甫 成都(3部)浣花渓の草堂(3 -1)  <383>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1859 杜甫詩1000-383-564/1500


詩 題:南鄰 杜甫 成都(3部)浣花渓の草堂(3 -1) 
作時760年9月杜甫49歳 
掲 載; 杜甫1000の383首目-#3 -1
杜甫ブログ1500-564回目:南鄰の某氏を訪問したことをのべる。



南鄰
錦裡先生烏角巾,園收芋栗未全貧。
浣花渓の錦裡先生は鳥角巾を頭に乗せて隠者のすがたをしている。小さな農園でつくっている芋や栗がとれるからまったくの貧乏というのではない。
慣看賓客兒童喜,得食階除鳥雀馴。
子どもは南隣のお客をみなれているので来客をみて喜び歓迎しているようだ、小鳥や、雀などもいつも外のきざはしあたりに近づいてきて物がたべよく人になれてきている。
秋水纔深四五尺,野航恰受兩三人。
秋の澄んだ江水がそこまでよく見え、四五尺の水深だ、そこへ二三人のれる野の小舟をうかべている。
白沙翠竹江村暮,相送柴門月色新。

白い沙浜のむこうに翠の竹林があり、江村も夕暮れが近づいてくる。客の朱山人を送ろうと柴門にむかうと秋の夕暮れは速く月明かりが増して新たに月があらわれたようなのである。
(南 鄰)
錦里先生 烏の角巾、園に芋栗を收む 全く貧ならず。
賓客を看るに慣れて 児童喜び、階除【かいじょ】に食するを得て鳥雀 馴る。
秋水 纔【わず】かに深し 四五尺、野航【やこう】恰【あたか】も受く両三人。
白沙翠竹 江村の暮、相い柴門に送れば月色新たなり。


『南鄰』 現代語訳と訳註
(本文)

錦裡先生烏角巾,園收芋栗未全貧。
慣看賓客兒童喜,得食階除鳥雀馴。
秋水纔深四五尺,野航恰受兩三人。
白沙翠竹江村暮,相送柴門月色新。


(下し文)
(南 鄰)
錦里先生 烏の角巾、園に芋栗を收む 全く貧ならず。
賓客を看るに慣れて 児童喜び、階除【かいじょ】に食するを得て鳥雀 馴る。
秋水 纔【わず】かに深し 四五尺、野航【やこう】恰【あたか】も受く両三人。
白沙翠竹 江村の暮、相い柴門に送れば月色新たなり。


(現代語訳)
浣花渓の錦裡先生は鳥角巾を頭に乗せて隠者のすがたをしている。小さな農園でつくっている芋や栗がとれるからまったくの貧乏というのではない。
子どもは南隣のお客をみなれているので来客をみて喜び歓迎しているようだ、小鳥や、雀などもいつも外のきざはしあたりに近づいてきて物がたべよく人になれてきている。
秋の澄んだ江水がそこまでよく見え、四五尺の水深だ、そこへ二三人のれる野の小舟をうかべている。
白い沙浜のむこうに翠の竹林があり、江村も夕暮れが近づいてくる。客の朱山人を送ろうと柴門にむかうと秋の夕暮れは速く月明かりが増して新たに月があらわれたようなのである。


(訳注)
南鄰

○南鄰
 南となりにすむ人のことをいう、朱山人という者である、旧解は作者が南郷を訪問した詩ととく。作者には別に「過南鄰朱山人水亭」(南鄰ノ朱山人ノ水亭二過ル)詩(1/31ブログ)がある。


錦裡先生烏角巾,園收芋栗未全貧。
浣花渓の錦裡先生は鳥角巾を頭に乗せて隠者のすがたをしている。小さな農園でつくっている芋や栗がとれるからまったくの貧乏というのではない。
○錦里先生 陶淵明はその場所を桃源郷と云い自ずから五柳先生と称し、白楽天が自ずから酔吟先生と称した類。杜甫は、ここを浣花渓といい杜甫自身を錦里先生といってみた。
○鳥角巾 黒色の方形の頭巾。
この上句は李白が山公を表現したようにちょっとユーモア的に表現している。
李白50 『襄陽曲四首 其二』「山公醉酒時。 酩酊高陽下。頭上白接籬。 倒著還騎馬。」

李白と道教(7)襄陽曲49から52


慣看賓客兒童喜,得食階除鳥雀馴。
子どもは南隣のお客をみなれているので来客をみて喜び歓迎しているようだ、小鳥や、雀などもいつも外のきざはしあたりに近づいてきて物がたべよく人になれてきている。
○賓客 朱山人をさす。
○児童 杜家の児童。
○階除 杜家の塘除。家の外側をいちだんあげている。その上がったところからやく1.5mくらいひかえて基礎がある。塘はその一段高いのが土か小石で固めてあるのだろう、低い土手のような状態。風徐室と同じ考えで、そこの階で水の浸入を避ける、排除する。


秋水纔深四五尺,野航恰受兩三人。
秋の澄んだ江水がそこまでよく見え、四五尺の水深だ、そこへ二三人のれる野の小舟をうかべている。
・秋水 長雨などなく、晴天が続いているので川の水が澄んでいて綺麗という意味である。この情景はズームアップしている。
・野航 航はふね。この表現で少しフェードアウトしたようだ。


白沙翠竹江村暮,相送柴門月色新。
白い沙浜のむこうに翠の竹林があり、江村も夕暮れが近づいてくる。客の朱山人を送ろうと柴門にむかうと秋の夕暮れは速く月明かりが増して新たに月があらわれたようなのである。
○相送 作者が朱山人を送る。
○柴門 『野老』
野老籬邊江岸迴,柴門不正逐江開。
漁人網集澄潭下,估客船隨返照來。
長路關心悲劍閣,片雲何意傍琴台?
王師未報收東郡,城闕秋生畫角哀。
田野の老人の家の籬の一辺は錦江流れで岸がまがっている、だから柴の門もまがった江の流れに添うように家に平行でなくつくったのだ。

成都(2部)浣花渓の草堂(2 -10) 野老 杜甫 <373  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1799 杜甫詩 1000- 549

月色新 秋の月で、新月ではなく、新たに表れたということだが夕刻に出る月であるから、9月10日より少し前ぐらいであり、3日の新月から日に日に大きくなって結構月明かりに頼りがいのある明るさになっている、そして秋の日はくれていくのが速いので、という月であろう。


解説
柴門の所に月が出てきたというのは間違い。この柴門は家からすると南西方向になるので見えるわけがないのだ。したがって多くの訳註本が間違っている。杜甫と客が家を出て柴門を過ぎて川まで下りて舟に乗ろうとした時には、見あるかもしれない。
南鄰の家に杜が訪問して作った詩とみる中國の訳注もあるようだが、詩の後半矛盾が生じるのでここは杜甫の草堂に来客があったということが正しい。