同じ日の紀頌之5つのブログ 
 Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩送應氏二首 其一 曹植 魏詩<31-1>文選 祖餞 662 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1865 
 Ⅱ中唐詩・晩唐詩原道 韓退之(韓愈)詩<115-3>Ⅱ中唐詩575 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ1866 
 Ⅲ杜甫詩1000詩集北鄰 杜甫 成都(3部)浣花渓の草堂(3 -3)  <385>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1867 杜甫詩1000-385-566/1500 
 Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集南山下與老圃期種瓜 孟浩然 (02/01) 
 Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩『楊柳枝 之七』温庭筠  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-63-16-#  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1868 
      
 ■今週の人気記事(漢詩の5ブログ各部門)
 ■主要詩人の一覧・詩目次・ブログindex 
      


古詩十九首 (1) 漢詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67676781.html
安世房中歌十七首(1) 唐山夫人 漢詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67710265.html
為焦仲卿妻作 序 漢詩<143>古詩源 巻三 女性詩
http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67729401.html
於凊河見輓船士新婚別妻一首 曹丕(魏文帝) 魏詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67759129.html
朔風 (一章) 曹植 魏詩<25-#1>文選 雑詩 上  http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67780868.html
謝靈運詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/1901_shareiun000.html 謝靈運詩 六朝期の山水詩人。この人の詩は上品ですがすがしい男性的な深みのある詩である。後世に多大な影響を残している。
謝靈運が傲慢で磊落だったというが彼の詩からはそれを感じさせるということは微塵もない。謝靈運、謝朓、孟浩然は好きな詩人である。
登永嘉緑嶂山詩 #1 謝霊運 <20> 詩集 386ー
http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67474554.html
登池上樓 #1 謝霊運<25>#1  ー http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67502196.html
孟浩然の詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/209mokonen01.html 孟浩然の詩 盛唐初期の詩人であるが謝霊運の詩に傾倒して山水詩人としてとてもきれいな詩を書いている。特に山水画のような病者の中で細やかな部分に動態を感じさせる表現力は素晴らしい。


李商隠詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/3991_rishoin000.html 李商隠詩 華やかな時はほんの1年余り、残りは不遇であった。それが独特な詩を生み出した。この詩人の詩は物語であり、詩を単発で見ては面白くなく、数編から十数編のシリーズになっているのでそれを尊重して読まれることを進める。
女性詩人
http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/0josei00index.html 女性詩人 古代から近世に至るまで女性の詩は書くことを許されない環境にあった。貴族の子女、芸妓だけである。残されている詩のほとんどは詞、楽府の優雅、雅なものへの媚の詞である。しかしその中に針のような痛みを感じさせるものがあるのである。
孟郊詩
http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/328_moukou001.html 「文章得其微,物象由我裁。」詩人が作り出す文章は細やかなる描写表現を得ているものだ、万物の事象をも作り出すことさえも詩人自身の裁量でもってするのである。
李商隠詩
http://kanbuniinkai7.dousetsu.com/99_rishoinn150.html Ⅰ李商隠150首
*****************************************************************



北鄰 杜甫 成都(3部)浣花渓の草堂(3 -3)  <385>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1867 杜甫詩1000-385-566/1500 


詩 題:北鄰 杜甫 成都(3部)浣花渓の草堂(3 -3) 
作時760年9月杜甫49歳 
掲 載; 杜甫1000首の385首目-#3 -3
杜甫ブログ1500回予定の-566回目  



北鄰
(南隣には朱山人が住んでいて北隣はわたしだ。)
明府豈辭滿,藏身方告勞。
そのわたしは華州でここらが潮時と官を辞したのだ、秦州同谷と経てここに隠遁している身となっている。「不敢告労」という語もあるがわたしの場合はまさに労苦を語りたいというものだ。
青錢買野竹,白幘岸江皋。
青銭万選の詩文を売って家の周りに綿竹を買って植えた。役人の白い帽子のような花が岸辺の曲った所に咲いている。
愛酒晉山簡,能詩何水曹。
白い帽子で思うのは酒を愛す西晋の山簡公であり、翼詩文を書き、いつも浣花渓の流れの隈の所でたむろしている自分と重なるのである。
時來訪老疾,步屧到蓬蒿。
隠棲をした今となって自分には年を重ねていくことと持病が時に見舞われ、なにもできないことがある。今は敷き藁の上のような貧乏生活であるがなにもできないことつづくと転蓬の草ぼうぼうの野原をさまようことになるのだろうか。
北鄰
明府 豈に滿を辭し,藏身【ぞうしん】方【まさ】に勞を告げる。
青錢【せいせん】買いたる野竹,白幘【はくさく】 岸なる江皋【こうこう】。
酒を愛す 晉の山簡,詩を能くする 何【いずこ】の水曹。
時來【じらい】老疾に訪れ,步屧【ほしょう】して蓬蒿【ほうこう】に到る。


鸕鷀001

『北鄰』 現代語訳と訳註
(本文)
北鄰
明府豈辭滿,藏身方告勞。
青錢買野竹,白幘岸江皋。
愛酒晉山簡,能詩何水曹。
時來訪老疾,步屧到蓬蒿。


(下し文)
北鄰
明府 豈に滿を辭し,藏身【ぞうしん】方【まさ】に勞を告げる。
青錢【せいせん】買いたる野竹,白幘【はくさく】 岸なる江皋【こうこう】。
酒を愛す 晉の山簡,詩を能くする 何【いずこ】の水曹。
時來【じらい】老疾に訪れ,步屧【ほしょう】して蓬蒿【ほうこう】に到る。


(現代語訳)
(南隣には朱山人が住んでいて北隣はわたしだ。)そのわたしは華州でここらが潮時と官を辞したのだ、秦州同谷と経てここに隠遁している身となっている。「不敢告労」という語もあるがわたしの場合はまさに労苦を語りたいというものだ。
青銭万選の詩文を売って家の周りに綿竹を買って植えた。役人の白い帽子のような花が岸辺の曲った所に咲いている。
白い帽子で思うのは酒を愛す西晋の山簡公であり、翼詩文を書き、いつも浣花渓の流れの隈の所でたむろしている自分と重なるのである。
隠棲をした今となって自分には年を重ねていくことと持病が時に見舞われ、なにもできないことがある。今は敷き藁の上のような貧乏生活であるがなにもできないことつづくと転蓬の草ぼうぼうの野原をさまようことになるのだろうか。


(訳注)
北鄰

南隣には朱山人が住んでいて北隣の事にいてのべたもの。家の北には野竹林があり、浣花渓の曲って隈になったところに白い花が咲く。


明府豈辭滿,藏身方告勞。
(南隣には朱山人が住んでいて北隣はわたしだ。)そのわたしは華州でここらが潮時と官を辞したのだ、秦州同谷と経てここに隠遁している身となっている。「不敢告労」という語もあるがわたしの場合はまさに労苦を語りたいというものだ。
・明府 漢の時代の県令の尊称であった。明府は県令、少府は県尉のこと、親族が同じ県の長と次長をしていたことになるのである。陶淵明や友人の高適が県令職を辞したことをのべるブログ。官定後戲贈 杜甫 : kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ 誠実な詩人杜甫特集 100
『蕭八明府實處覓桃栽』『從韋二明府續處覓綿竹三數叢』などにもみある。
・辭滿 史記(越王勾践世家)[1]弓をいっぱいに引きしぼる。十分に用意して機会を待つ。満を持する。―・して待つ[2]物事が絶頂に達し、その状態を保つ。
・藏身 隠れる,身を潜める.
方告勞 儒教には「不敢告労」とある。正反対の意味である。


青錢買野竹,白幘岸江皋。
青銭万選の詩文を売って家の周りに綿竹を買って植えた。役人の白い帽子のような花が岸辺の曲った所に咲いている。
・青錢 青銭万選のこと。青銅の銭は質がよいので、一万回選び取っても、他の粗悪な銭と取り間違えたりしないこと。転じて、何度受けても必ず科挙(昔の中国の官吏登用試験)の試験に合格できるほどのすばらしい文章のこと。
・買野竹 『從韋二明府續處覓綿竹三數叢』
華軒藹藹他年到,綿竹亭亭出縣高。
江上舍前無此物,幸分蒼翠拂波濤。

・白幘 御幘 - 冠の巾子(こじ)に結び下げる白の平絹(ひらぎぬ)。  おさく【御幘】. 御幘の冠に結ぶ白絹。纓(えい)を巾子(こじ)の上から前へ折って巾子ぐるみ後ろに結び垂れる。結び方に山科流と高倉流がある。
・皋 澤、湿地、沼。水辺の隈。


愛酒晉山簡,能詩何水曹。
白い帽子で思うのは酒を愛す西晋の山簡公であり、翼詩文を書き、いつも浣花渓の流れの隈の所でたむろしている自分と重なるのである。
・愛酒晉山簡 杜甫『曲江二首 其一』
一片花飛減却春、風飄万点正愁人。
且看欲尽花経眼、莫厭傷多酒入唇。
江上小堂巣翡翠、苑辺高塚臥麒麟。
細推物理須行楽、何用浮名絆此身。
『曲江二首』詩は西晋の山簡が荊州の知事として湖北省の荊州の地方長官として嚢陽にいたとき、常に酔っぱらっては高陽の池にあそび(野酒)、酩酊したあげく、白い帽子をさかさに被り、馬にのって歩いた。それが評判となり、そのことをうたった歌までできた。その故事に基づいている。曲江の池を廻りながら、山間と自分を重ねて詠ったものである。一年近く飼い殺しのような身分に置かれて刹那感を山簡に置き換えることで紛らわせたのかもしれない、というものであった。
・何水曹 上句の晉山簡の対句として晋に対して何処であり、山簡に対して水曹(水べりの官僚)すなわち、高陽池のみずのまわりでたむろしていたもの、ここでは浣花渓の流れの隈の所にいる杜甫を指すもの。


時來訪老疾,步屧到蓬蒿。
隠棲をした今となって自分には年を重ねていくことと持病が時に見舞われ、なにもできないことがある。今は敷き藁の上のような貧乏生活であるがなにもできないことつづくと転蓬の草ぼうぼうの野原をさまようことになるのだろうか。
・屧 しきわら
・蓬蒿 (1) シュンギク.(2) 草ぼうぼうの野原.