江上值水如海勢聊短述


2013年3月6日 同じ日の紀頌之5つのブログ
●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩
Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩白馬篇 曹植 魏詩<52-#2>古詩源 巻五 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2023
●唐を代表する中唐の韓愈の儒家としての考えのよくわかる代表作の一つ
Ⅱ中唐詩・晩唐詩原性 七段目(最終回)韓愈(韓退之) <116-10>Ⅱ中唐詩608 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2024
●杜甫の全作品1141首を取り上げて訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"
Ⅲ杜甫詩1000詩集江上值水如海勢聊短述 杜甫 成都(4部)浣花渓の草堂(4 - 11)  杜甫 <416>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2025 杜甫詩1000-416-599/1500
●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている
Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集廬陵王墓下作 謝霊運<5> kanbuniinkai 紀 頌之の詩詞ブログ 2026 (03/06)
●森鴎外の小説 ”激しい嫉妬・焦燥に下女を殺してしまった『魚玄機』”といわれているがこれに疑問を持ち異なる視点で解釈して行く。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩
Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性題隱霧亭 魚玄機  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-96-32-#  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2027
 
 ■今週の人気記事(漢詩の5ブログ各部門)
 ■主要詩人の一覧・詩目次・ブログindex

古詩十九首 (1) 漢詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67676781.html
謝靈運詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/1901_shareiun000.html 謝靈運詩 六朝期の山水詩人。この人の詩は上品ですがすがしい男性的な深みのある詩である。後世に多大な影響を残している。
謝靈運が傲慢で磊落だったというが彼の詩からはそれを感じさせるということは微塵もない。謝靈運、謝朓、孟浩然は好きな詩人である。
登永嘉緑嶂山詩 #1 謝霊運 <20> 詩集 386ー
http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67474554.html
登池上樓 #1 謝霊運<25>#1  ー http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67502196.html
孟浩然の詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/209mokonen01.html 孟浩然の詩 盛唐初期の詩人であるが謝霊運の詩に傾倒して山水詩人としてとてもきれいな詩を書いている。特に山水画のような病者の中で細やかな部分に動態を感じさせる表現力は素晴らしい。


李商隠詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/3991_rishoin000.html 李商隠詩 華やかな時はほんの1年余り、残りは不遇であった。それが独特な詩を生み出した。この詩人の詩は物語であり、詩を単発で見ては面白くなく、数編から十数編のシリーズになっているのでそれを尊重して読まれることを進める。
女性詩人
http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/0josei00index.html 女性詩人 古代から近世に至るまで女性の詩は書くことを許されない環境にあった。貴族の子女、芸妓だけである。残されている詩のほとんどは詞、楽府の優雅、雅なものへの媚の詞である。しかしその中に針のような痛みを感じさせるものがあるのである。
孟郊詩
http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/328_moukou001.html 「文章得其微,物象由我裁。」詩人が作り出す文章は細やかなる描写表現を得ているものだ、万物の事象をも作り出すことさえも詩人自身の裁量でもってするのである。
李商隠詩
http://kanbuniinkai7.dousetsu.com/99_rishoinn150.html Ⅰ李商隠150首 

 

詩人杜甫5x5


江上值水如海勢聊短述 杜甫 成都(4部)浣花渓の草堂(4 - 11)  杜甫 <416>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2025 杜甫詩1000-416-599/1500

詩 題:江上值水如海勢聊短述 杜甫 成都(4部)浣花渓の草堂(4 - 11)
作時761年3月杜甫50歳
掲 載; 杜甫1000首の416首目-#4 – 11
杜甫ブログ1500回予定の-599回目  

濯錦江のほとりの草堂で春の増水で海の水の勢いのように水がましてくる。聊かこの短篇を作った。上元二年春の作。

同時期に春水を述べた詩
8.春夜喜雨 杜甫
9.春水生 二絶其一 杜甫
10.春水生 二絶其二 杜甫
11.江上值水如海勢聊短述 杜甫
12.水檻遣心二首其一 杜甫
13.水檻遣心二首其二 杜甫

江上值水如海勢聊短述
(濯錦江の水嵩と流れが海のような勢いなのでが短く述べてみる。)
為人性僻耽佳句,語不驚人死不休。
わたしは人となりがすこしかたよった性質のようで、よい詩句を作ることにけんめいになっている。人を驚かすような良い語句を吐きだすまでは死んでも休まないということである。
老去詩篇渾漫與,春來花鳥莫深愁。
ただ、年を重ねてくると作りだす詩篇は風流なものを漫然とよむようになるものだ。驚かすことなくなったということだろうか。しかし春がくれば花や鳥についてうたうことができるようになり、なにも深く心配するには及ばないことなのだ。
新添水檻供垂釣,故著浮槎替入舟。
もとから自然風流の手段として水辺には新たに板で欄干を作って釣を垂れてみたり、去年から桴桟橋で舟に乗り降りして舟遊びもしているのである。
焉得思如陶謝手,令渠述作與同遊。
こんなとき文藻の豊富な詩人である陶淵明、謝靈運ほどの文筆の手を得ることができて、彼らが名篇を作ったとうにわたしも作って共に遊んだならばいかにおもしろいだろうかと考えるのである。

(江上水の海勢の如くなるに値い聊か短述す)
人と為り性僻【せいへき】にして佳句に耽る、語 人を驚かさずんば死すとも休せず。
老い去って詩篇【しへん】揮て漫与【まんよ】なり、春が来って花鳥深く愁うること莫れ。
新たに水檻【すいかん】を添えて垂釣【すいちょう】に供し、故より浮槎【ふさ】を着けて入舟に替う。
焉んぞ思うや 陶謝【とうしゃ】の如くなる手を得て、渠【かれ】をして述作せ令めて 與に同遊せん。


『江上值水如海勢聊短述』 現代語訳と訳註

nat0005
(本文)
江上值水如海勢聊短述
為人性僻耽佳句,語不驚人死不休。
老去詩篇渾漫與,春來花鳥莫深愁。
新添水檻供垂釣,故著浮槎替入舟。
焉得思如陶謝手,令渠述作與同遊。







(下し文)
(江上水の海勢の如くなるに値い聊か短述す)
人と為り性僻【せいへき】にして佳句に耽る、語 人を驚かさずんば死すとも休せず。
老い去って詩篇【しへん】揮て漫与【まんよ】なり、春が来って花鳥深く愁うること莫れ。
新たに水檻【すいかん】を添えて垂釣【すいちょう】に供し、故より浮槎【ふさ】を着けて入舟に替う。
焉んぞ思うや 陶謝【とうしゃ】の如くなる手を得て、渠【かれ】をして述作せ令めて 與に同遊せん。


(現代語訳)
(濯錦江の水嵩と流れが海のような勢いなのでが短く述べてみる。)
わたしは人となりがすこしかたよった性質のようで、よい詩句を作ることにけんめいになっている。人を驚かすような良い語句を吐きだすまでは死んでも休まないということである。
ただ、年を重ねてくると作りだす詩篇は風流なものを漫然とよむようになるものだ。驚かすことなくなったということだろうか。しかし春がくれば花や鳥についてうたうことができるようになり、なにも深く心配するには及ばないことなのだ。
もとから自然風流の手段として水辺には新たに板で欄干を作って釣を垂れてみたり、去年から桴桟橋で舟に乗り降りして舟遊びもしているのである。
こんなとき文藻の豊富な詩人である陶淵明、謝靈運ほどの文筆の手を得ることができて、彼らが名篇を作ったとうにわたしも作って共に遊んだならばいかにおもしろいだろうかと考えるのである。


(訳注)
江上值水如海勢聊短述

濯錦江の水嵩と流れが海のような勢いなのでが短く述べてみる。
・江 濯錦江、浣花渓のこと。錦江が主流から別れて洪水調整の役割をする河川である。杜甫はこの地を花でいっぱいにしたいという意味を込めて名付けたのである。この地に来て2度目の春で一度目の時は、『江漲』である。
江漲
江漲柴門外,兒童報急流。
下牀高數尺,倚杖沒中洲。
細動迎風燕,輕搖逐浪鷗。
漁人縈小楫,容易拔船頭。

成都(2部)浣花渓の草堂(2 -9) 江漲 杜甫 <372  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1795 杜甫詩 1000- 548

〇值 であう。
○如海勢 流れがさかんなさまをいう。平生は流れの速い部分が少ない。
○短述 八句の詩でのべた故に短という。春水について六首連続で書いている。詩人で生きる決意をした秦州から律詩のシリーズものが現れてきたもので、それ以前は、律詩、絶句などでなく、「古詩」か「歌行」として長編を作詩していた。草堂に来てからこれまで80首のうち、『建都十二韻』『泛溪』『贈蜀僧閭丘師兄』『杜鵑行ほか二首の六首だけである。


為人性僻耽佳句,語不驚人死不休。
わたしは人となりがすこしかたよった性質のようで、よい詩句を作ることにけんめいになっている。人を驚かすような良い語句を吐きだすまでは死んでも休まないということである。
・為人性僻 人としての性が僻よって出来上がった。僻はかたよる。一年前杜甫は『狂夫』とのべている。
万里橋西一草堂、百花潭水即滄浪。
風含翠篠娟娟浄、雨裛紅蕖冉冉香。
厚禄故人書断絶、恒飢稚子色凄涼。
欲填溝壑惟疎放、自笑狂夫老更狂。

成都(2部)浣花渓の草堂(2 -6) 狂夫 杜甫 <369  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1783 杜甫詩 1000- 545

・死不休 啼いて血を吐くホトトギスの故事に基づく。


老去詩篇渾漫與,春來花鳥莫深愁。
ただ、年を重ねてくると作りだす詩篇は風流なものを漫然とよむようになるものだ。驚かすことなくなったということだろうか。しかし春がくれば花や鳥についてうたうことができるようになり、なにも深く心配するには及ばないことなのだ。
○漫与 漫如・漫然というのに同じ、とりとめもなくふとつくること。与の字を或は興に作る。
『漫成二首』そぞろにふとできあがった詩。この「漫」という語は、杜甫は春の詩に使う。
○花鳥莫深愁  強い、驚かすようなものではなく、花鳥風月の風流な詩を作ることが出来れば、何の心配もいらないという意味。


新添水檻供垂釣,故著浮槎替入舟。
もとから自然風流の手段として水辺には新たに板で欄干を作って釣を垂れてみたり、去年から桴桟橋で舟に乗り降りして舟遊びもしているのである。
○水檻 檻は板でつくったてすり。
○故 ふるくから。
○浮槎 うかべているいかだで、舟の桟橋。
○替入舟 いかだ桟橋で船に乗り降りしたり、遊んだりすること。


焉得思如陶謝手,令渠述作與同遊。
こんなとき文藻の豊富な詩人である陶淵明、謝靈運ほどの文筆の手を得ることができて、彼らが名篇を作ったとうにわたしも作って共に遊んだならばいかにおもしろいだろうかと考えるのである。
○焉得 希望をいう。
○思 懐思、愁思、所思、相思、沈思、旅思、など文学上の藻思をいう。五古杜甫『遣懐』「昔我遊宋中、惟梁孝王都。・・・・両公壮藻思、得我色敷腴。」(両公  藻思(そうし)壮(さか)んなり、我を得て  色(いろ)敷腴(ふゆ)たり。)ほかに、思家(詩人)ということでも理解できる。ここでは陶淵明と謝靈運(謝朓、謝惠連もいるが陶淵明に対しては謝靈運である。)
○陶謝 儒者で隠遁者の陶淵明、仏教徒で山水詩人、隠遁者の謝霊運。
○渠 俗語である。
○述作 文辞をつくること。

杜甫草堂詳細図02

毎日のkanbuniinkai紀頌之5大詩 案内
 
●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝?・?信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場 《李白全詩》
 総合案内
李白- 1 《715年》 李白- 2 《718年》 李白- 3 《720年》 李白- 4 《724年》 李白- 5 《725年》 李白- 6《726年》
李白- 7 《728年》 李白- 8 《729年》 李白- 9 《730年》 李白10 《731年》 李白11 《732年》 李白12《733年》
李白13《734年》 李白14《735年》 李白15《736年》 李白16《737年》 李白17《738年》 李白18《739年》
李白 19 《740年40歳》 李白 20 《741年41歳》 李白 21 《742年42歳》 李白 22 《743年43歳》 李白 23 《744年44歳》 李白 24 《745年45歳》
李白 25 《746年46歳》 李白 26 《747年47歳》 李白 27 《748年48歳》 李白 28 《749年49歳》 李白29 《750年50歳》 李白 30 《751年51歳》
李白31《752年52歳》 李白32《753年53歳》 李白33 《754年54歳》 李白34 《755年55歳》 李白35 《756年56歳》 李白36 《757年57歳》
李白37 《758年58歳》 李白38 《759年59》 李白39 《760年60歳》 李白40 《761年61歳》 李白41 《762年62歳死》 42 《年次不編・未編年》
●孟浩然 詩 index ●李白詩index ●謝霊運 詩 index ●司馬相如 《 子?賦・上林賦 》 ●揚雄 《 甘泉賦 》  ●諸葛亮(孔明)出師表
曹植(曹子建)詩 65首 index 文選 賦)兩都賦序・西都賦・東都賦 (班固) ●古詩十九詩 無名氏 (1)漁父辞 屈原 『楚辞・九歌』東君 屈原 《楚辞 『九辯』》 宋玉  <案内>
 
●唐を代表する 中唐 韓愈 全500首 
Ⅱ中唐詩・晩唐詩 ・李商隠詩 (1) 136首の75首 ・李商隠詩 (2) 135首の61首   韓愈
  LiveDoor 総合案内
孟郊(孟東野) 張籍 ●韓愈index-1 ・孟郊、張籍と交遊・?州乱41首 ●韓愈詩index-2[800年 33歳~804年 37歳]27首 ●韓愈詩index-3 805年 38歳・]陽山から江陵府 36首 ●韓愈詩index-4 806年 39歳 江陵府・権知国子博士 51首(1)25首
index-5 806年39歳 50首の(2)25首 index-6[807年~809年 42歳]20首 index-7[810年~811年 44歳] 34首 index-8 [812年~814年47歳]46首 index-9[815年~816年 49歳] 57首 index-10[817年~818年 51歳]・「平淮西碑」28首
index-11 819年 52歳 ・『論佛骨表』左遷 38首 index-12 820年 53歳 ・9月國子祭酒に。18首 index-13 821年~822年 55歳 22首 index-14 823年~824年 57歳・病気のため退職。没す。 14首 韓愈 哲学・儒学「五原」 賦・散文・上奏文・碑文など
 
●杜甫の全作品1500首を取り上げて訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"
Ⅲ杜甫詩全1500首  LiveDoor 秦州抒情詩集・紀行集 成都草堂ロマン 漂泊詩集 杜甫総合案内
           
杜甫詩(1)736~751年 青年期・李白と交遊期・就活の詩53首 杜甫詩(2)752年~754年、43歳 73首(青年期・就活の詩)&#160; 杜甫詩(3)755年~756年、45歳 安史の乱に彷徨う 26首 杜甫詩(4)作時757年、46歳 安史軍捕縛、脱出、左拾遺 43首 杜甫詩(5)758年;乾元元年、47歳 左拾遺、朝廷疎外、左遷 53首 杜甫詩 (6)759年;乾元二年、48歳 三吏三別 官を辞す 44首
杜甫詩(7)759年;乾元二年、48歳 秦州抒情詩 66首 杜甫詩(8)作時759年、48歳 秦州発、同谷紀行、成都紀行 36首 杜甫詩(9)760年;上元元年、49歳 成都浣花渓草堂 45首 杜甫詩(10)761年;上元二年、50歳 成都浣花渓草堂 82首 杜甫詩(11)762年寶應元年 杜甫51歳  浣花渓草堂~蜀中転々 43首 杜甫詩(12)762年寶應元年 杜甫51歳 蜀中転々 49首
 
●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載  ●特集  
Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集Fc2 中國詩人の概要 文選(詩) 文選(賦) 総合案内
(1)上代から漢 (2)三国・建安詩人 西晋五胡十六国東晋詩人 (4)六朝時代の詩人 (5)初唐詩人 (6)盛唐詩人
(7)中唐詩人 (8)晩唐詩人 (9)五代十国詩人 (10)北宋・南宋詩人 (11)金・元・明詩人 (12)清・近時代・現代
韓愈の「孟郊(孟東野)」について 韓愈「季節の詩80首選定〔未掲載分含む〕」について 韓愈『新題二十一詠』と王維『?川集』 韓愈『淮西を平らぐの碑』について 韓愈『琴操十首』について 韓愈哲学『論佛骨表』
儒家論文『論佛骨表 奉和虢州劉給事使君三堂新題二十一詠と王維『輞川集』 韓愈徒然に詠う集 韓愈 季節の詩80首選定 韓愈 子供におしえる「示児」 韓愈の交友者に贈る詩。「皇甫湜」
 
●花間集全詩●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩。唐から五代詩詞。花間集
Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性LiveDoor 中國の  女性詩人 古詩源 玉台新詠 花間集全十巻
総合案内
薛濤の全詩 花間集(1) 花間集(2) 花間集(3) 花間集(4) 花間集(5)
魚玄機全詩 ●花間集(6) ●花間集(7) ●花間集(8) ●花間集(9) ●花間集(10)
温庭?66首 花間集1・2巻 皇甫松11首 花間集二巻 韋莊47首 花間集二巻 薛昭蘊19首 花間集三巻 牛?31首 花間集三・四巻 張泌27首 花間集四巻
毛文錫31首 花間集5巻 牛希濟11首 花間集5巻 欧陽烱17首 花間集5・6巻 和凝20首 花間集6巻 顧夐56首 花間集6・7巻 孫光憲47首 花間集7・8巻
魏承班15首 花間集8・9巻 鹿虔?6首 花間集9巻 閻選8首 花間集9巻 尹鶚6首 花間集9巻 毛熙震29首 花間集9・10巻 李珣39首 花間集10巻