暮登四安寺鐘樓寄裴十迪

2013年3月10日 同じ日の紀頌之5つのブログ
●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩
Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩美女篇 曹植 魏詩<54-#1>古詩源 巻五 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2043
●唐を代表する中唐の韓愈の儒家としての考えのよくわかる代表作の一つ
Ⅱ中唐詩・晩唐詩原人 韓愈(韓退之) <117-3>Ⅱ中唐詩612 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2044
●杜甫の全作品1141首を取り上げて訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"
Ⅲ杜甫詩1000詩集暮登四安寺鐘樓寄裴十迪 杜甫 成都(4部)浣花渓の草堂(4- 15) 杜甫 <420> 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2045 杜甫詩1000-420-603/1500
●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている
Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集述祖徳詩 二首(3)其二 謝霊運<9> kanbuniinkai 紀 頌之の詩詞ブログ 2046 (03/10)
●森鴎外の小説 ”激しい嫉妬・焦燥に下女を殺してしまった『魚玄機』”といわれているがこれに疑問を持ち異なる視点で解釈して行く。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩
Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性期友人阻雨不至 魚玄機  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-100-36  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2047
 
 ■今週の人気記事(漢詩の5ブログ各部門)
 ■主要詩人の一覧・詩目次・ブログindex

安世房中歌十七首(1) 唐山夫人 漢詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67710265.html
為焦仲卿妻作 序 漢詩<143>古詩源 巻三 女性詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67729401.html
於凊河見輓船士新婚別妻一首 曹丕(魏文帝) 魏詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67759129.html
朔風 (一章) 曹植 魏詩<25-#1>文選 雑詩 上  http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67780868.html
謝靈運詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/1901_shareiun000.html 謝靈運詩 六朝期の山水詩人。この人の詩は上品ですがすがしい男性的な深みのある詩である。後世に多大な影響を残している。
謝靈運が傲慢で磊落だったというが彼の詩からはそれを感じさせるということは微塵もない。謝靈運、謝朓、孟浩然は好きな詩人である。
登永嘉緑嶂山詩 #1 謝霊運 <20> 詩集 386ー http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67474554.html
登池上樓 #1 謝霊運<25>#1  ー http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67502196.html
孟浩然の詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/209mokonen01.html 孟浩然の詩 盛唐初期の詩人であるが謝霊運の詩に傾倒して山水詩人としてとてもきれいな詩を書いている。特に山水画のような病者の中で細やかな部分に動態を感じさせる表現力は素晴らしい。

李商隠詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/3991_rishoin000.html
李商隠詩 華やかな時はほんの1年余り、残りは不遇であった。それが独特な詩を生み出した。この詩人の詩は物語であり、詩を単発で見ては面白くなく、数編から十数編のシリーズになっているのでそれを尊重して読まれることを進める。
女性詩人 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/0josei00index.html 女性詩人 古代から近世に至るまで女性の詩は書くことを許されない環境にあった。貴族の子女、芸妓だけである。残されている詩のほとんどは詞、楽府の優雅、雅なものへの媚の詞である。しかしその中に針のような痛みを感じさせるものがあるのである。
孟郊詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/328_moukou001.html 「文章得其微,物象由我裁。」詩人が作り出す文章は細やかなる描写表現を得ているものだ、万物の事象をも作り出すことさえも詩人自身の裁量でもってするのである。
李商隠詩 http://kanbuniinkai7.dousetsu.com/99_rishoinn150.html Ⅰ李商隠150首

 


暮登四安寺鐘樓寄裴十迪 杜甫 成都(4部)浣花渓の草堂(4- 15) 杜甫 <420> 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2045 杜甫詩1000-420-603/1500

詩 題:暮登四安寺鐘樓寄裴十迪 杜甫 成都(4部)浣花渓の草堂(4 - 15) 
作時761年3月杜甫50歳
掲 載; 杜甫1000首の420首目-場面4 – 15
杜甫ブログ1500回予定の-603回目



暮登四安寺鐘樓寄裴十迪
暮倚高樓對雪峰,僧來不語自鳴鐘。
夕暮れになって高楼に上って寄りかかって、遠く西嶺に対すると雪を残した連峰がのぞまれる。寺の僧侶が来て自分で鐘楼で鐘を鳴らせているが一切言葉は話さない。
孤城返照紅將斂,近市浮煙翠且重。
ポツンとしたところに城塞が、西日に照らされて映えている蜀州の紅将軍の軍隊は外での訓練を終えて塞に聚斂している。寺の近くの市場には夕霞がかかってきて緑色が次第に暗くなってくる。
多病獨愁常闃寂,故人相見未從容。
自分の持病がかさなってそのことで一人愁いてさびしい限りである。友人と共に未だにゆったりとできないままでいる。
知君苦思緣詩瘦,太向交遊萬事慵。

君は知っているだろう「苦しい思い」というものは詩を作るということによって痩身になることが心配だし、肝を太くしてこうした交わりあそぼうとは思うのであるが、万事億劫なのが問題なのだ。

暮れ四安寺の鐘樓に登り裴十迪に寄す
暮れ高樓に倚り雪峰に對す,僧來るも自ら鐘鳴るを語らず。
孤城 返照 紅將の斂なり,近市 浮煙 翠且つ重なり。
多病 獨愁 常に闃寂【げきじゃく】たり,故人 相見 未だ從容ならざらん。
君知るや苦思 詩瘦に緣るも,太向して交遊 萬事 慵【しょう】ならん。

題新津北橋棲00
『暮登四安寺鐘樓寄裴十迪』 現代語訳と訳註
(本文)
暮倚高樓對雪峰,僧來不語自鳴鐘。
孤城返照紅將斂,近市浮煙翠且重。
多病獨愁常闃寂,故人相見未從容。
知君苦思緣詩瘦,太向交遊萬事慵。


(下し文)
暮れ四安寺の鐘樓に登り裴十迪に寄す
暮れ高樓に倚り雪峰に對す,僧來るも自ら鐘鳴るを語らず。
孤城 返照 紅將の斂なり,近市 浮煙 翠且つ重なり。
多病 獨愁 常に闃寂【げきじゃく】たり,故人 相見 未だ從容ならざらん。
君知るや苦思 詩瘦に緣るも,太向して交遊 萬事 慵【しょう】ならん。


(現代語訳)
夕暮れになって高楼に上って寄りかかって、遠く西嶺に対すると雪を残した連峰がのぞまれる。寺の僧侶が来て自分で鐘楼で鐘を鳴らせているが一切言葉は話さない。
ポツンとしたところに城塞が、西日に照らされて映えている蜀州の紅将軍の軍隊は外での訓練を終えて塞に聚斂している。寺の近くの市場には夕霞がかかってきて緑色が次第に暗くなってくる。
自分の持病がかさなってそのことで一人愁いてさびしい限りである。友人と共に未だにゆったりとできないままでいる。
君は知っているだろう「苦しい思い」というものは詩を作るということによって痩身になることが心配だし、肝を太くしてこうした交わりあそぼうとは思うのであるが、万事億劫なのが問題なのだ。


(訳注)
暮登四安寺鐘樓寄裴十迪

夕暮れになって四安寺の鐘樓に登って十番目の友である裴迪君に寄せる詩である。
・この詩は“杜甫『題新津北橋樓得郊字』成都(4部)浣花渓の草堂(4- 14)杜甫<419>”で宴席に同席した友人の裴迪と夕暮れのひと時を愉しんだものである。
・裴迪 詩人であり、王維の親友である。王維の弟王潜の所に来ていた。王維と数年かけて輞川集をつくる。

王維 罔川集 20

和裴迪登新津寺寄王侍郎 杜甫 成都(2)浣花渓の草堂(3 -6)  杜甫 <388 五言律詩 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1879 杜甫詩1000-388-569/1500

王維 『口號又示裴迪』


暮倚高樓對雪峰,僧來不語自鳴鐘。
夕暮れになって高楼に上って寄りかかって、遠く西嶺に対すると雪を残した連峰がのぞまれる。寺の僧侶が来て自分で鐘楼で鐘を鳴らせているが一切言葉は話さない。
・高樓 四安寺の鐘樓
・雪峰 蜀盆地を取り囲むまだ雪を残した連山、西嶺(西山)を望んだのである。

泛溪 杜甫 成都(3部)浣花渓の草堂(3 -8-#1)  杜甫 <394-#1 五言古詩 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1903 杜甫詩1000-394-575/1500

出郭 杜甫 成都(3部)浣花渓の草堂(3 -9)  杜甫 <397 五言律詩 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1915 杜甫詩1000-397-578/1500

『出郭』
霜露晚淒淒,高天逐望低。
遠煙臨井上,斜景雪峰西。
故國猶兵馬,他鄉亦鼓鼙。
江城今夜客,還與舊烏啼。


孤城返照紅將斂,近市浮煙翠且重。
ポツンとしたところに城塞が、西日に照らされて映えている蜀州の紅将軍の軍隊は外での訓練を終えて塞に聚斂している。寺の近くの市場には夕霞がかかってきて緑色が次第に暗くなってくる。


多病獨愁常闃寂,故人相見未從容。
自分の持病がかさなってそのことで一人愁いてさびしい限りである。友人と共に未だにゆったりとできないままでいる。
・闃寂 ひっそりと静まり、さびしい さま。。
・従容 ゆったり。『宣政殿退朝晚出左掖』「侍臣緩步歸青瑣,退食從容出每遲。」


知君苦思緣詩瘦,太向交遊萬事慵。
君は知っているだろう「苦しい思い」というものは詩を作るということによって痩身になることが心配だし、肝を太くしてこうした交わりあそぼうとは思うのであるが、万事億劫なのが問題なのだ。
・慵 おっくうである。
nat0017