晩晴 杜甫 成都(4部)浣花渓の草堂(4 - 29) 
草堂の晩に晴れたことをのべる。上元二年の夏の作。
この14首はそれぞれテーマを設定している。この詩は後漢の王符についてである。

2013年3月24日 同じ日の紀頌之5つのブログ
●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩
Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩薤露行 曹植 魏<58-#1> 女性詩713 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2113
●唐を代表する中唐の韓愈の儒家としての考えのよくわかる代表作の一つ
Ⅱ中唐詩・晩唐詩原毀 韓愈(韓退之) <119-#9>Ⅱ中唐詩626 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2114
●杜甫の全作品1141首を取り上げて訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"
Ⅲ杜甫詩1000詩集晩晴 杜甫 <434>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2115 杜甫詩1000-434-617/1500
●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている
Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集過瞿渓山飯僧 謝霊運<23> kanbuniinkai 紀 頌之の詩詞ブログ 2116 (03/24)
●森鴎外の小説 ”激しい嫉妬・焦燥に下女を殺してしまった『魚玄機』”といわれているがこれに疑問を持ち異なる視点で解釈して行く。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩
Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性送別 魚玄機  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-114-49-#  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2117
 
 ■今週の人気記事(漢詩の5ブログ各部門)
 ■主要詩人の一覧・詩目次・ブログindex

安世房中歌十七首(1) 唐山夫人 漢詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67710265.html
為焦仲卿妻作 序 漢詩<143>古詩源 巻三 女性詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67729401.html
於凊河見輓船士新婚別妻一首 曹丕(魏文帝) 魏詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67759129.html
朔風 (一章) 曹植 魏詩<25-#1>文選 雑詩 上  http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67780868.html
謝靈運詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/1901_shareiun000.html 謝靈運詩 六朝期の山水詩人。この人の詩は上品ですがすがしい男性的な深みのある詩である。後世に多大な影響を残している。
謝靈運が傲慢で磊落だったというが彼の詩からはそれを感じさせるということは微塵もない。謝靈運、謝朓、孟浩然は好きな詩人である。
登永嘉緑嶂山詩 #1 謝霊運 <20> 詩集 386ー http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67474554.html
登池上樓 #1 謝霊運<25>#1  ー http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67502196.html
孟浩然の詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/209mokonen01.html 孟浩然の詩 盛唐初期の詩人であるが謝霊運の詩に傾倒して山水詩人としてとてもきれいな詩を書いている。特に山水画のような病者の中で細やかな部分に動態を感じさせる表現力は素晴らしい。

李商隠詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/3991_rishoin000.html
李商隠詩 華やかな時はほんの1年余り、残りは不遇であった。それが独特な詩を生み出した。この詩人の詩は物語であり、詩を単発で見ては面白くなく、数編から十数編のシリーズになっているのでそれを尊重して読まれることを進める。
女性詩人 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/0josei00index.html 女性詩人 古代から近世に至るまで女性の詩は書くことを許されない環境にあった。貴族の子女、芸妓だけである。残されている詩のほとんどは詞、楽府の優雅、雅なものへの媚の詞である。しかしその中に針のような痛みを感じさせるものがあるのである。
孟郊詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/328_moukou001.html 「文章得其微,物象由我裁。」詩人が作り出す文章は細やかなる描写表現を得ているものだ、万物の事象をも作り出すことさえも詩人自身の裁量でもってするのである。
李商隠詩 http://kanbuniinkai7.dousetsu.com/99_rishoinn150.html Ⅰ李商隠150首

 

晩晴 杜甫 <434>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2115 杜甫詩1000-434-617/1500


 
詩 題:晩晴 杜甫 成都(4部)浣花渓の草堂(4 - 29) 
作時761年5月杜甫50歳 
掲 載; 杜甫1000首の434首目-場面4 - 29
杜甫ブログ1500回予定の-617回目   40727

草堂の晩に晴れたことをのべる。上元二年の夏の作。
成都2年目の律詩のシリーズ
・春水 ・江亭 ・早起 ・可惜 ・落日 ・獨酌 ・徐步 ・寒食 ・石鏡 ・琴台 ・朝雨 ・晚晴 ・高楠 ・惡樹
この14首はそれぞれテーマを設定している。この詩は後漢の王符についてである。


晚晴
村晚驚風度,庭幽過雨沾。
村に夕暮れが訪れてくる。はげしい風がふきわたっている。そうして草堂の庭は隠棲生活に似合う静かに通り雨にうるおされる。
夕陽薰細草,江色映疏簾。
雨が過ぎて香りをはなつ細かな草花などに夕日が射し始める。庭先の濯錦江に夕日を移した反照が目の粗い簾に映っている。
書亂誰能帙,杯幹可自添。
読みかけの書物はみだれておいているのだが、だれかそれを文巻のなかにとりかたづけてくれないものか、杯をのみ干して、更に自分で手酌をして愉しむのである。
時聞有餘論,未怪老夫潛。
こんなふうに隠遁生活を楽しんでいて、時として時世を論じて『潜夫論』のようなことを聞くのである。こうしてみればこのわたしも老夫としてもう表に出ないで潜んでいるとしてもなにも後漢王符のように怪しいもののようなことではないのである。
(晩 晴)
村晩れて驚風【けいふう】度【わた】る、庭 幽にして過雨に需【うるお】う。
夕陽【せきよう】に細草【さいそう】薫る、江色 疎簾【それん】に映ず。
書亂れて誰か能く帙【ちつ】せん、杯き乾きて自ら添う可し。
時に聞く余論有るを、未だ怪しまず老夫の潜。


『晚晴』 現代語訳と訳註
趙飛燕Hienso003(本文)

村晚驚風度,庭幽過雨沾。
夕陽薰細草,江色映疏簾。
書亂誰能帙,杯幹可自添。
時聞有餘論,未怪老夫潛。


(下し文)
(晩 晴)
村晩れて驚風【けいふう】度【わた】る、庭 幽にして過雨に需【うるお】う。
夕陽【せきよう】に細草【さいそう】薫る、江色 疎簾【それん】に映ず。
書亂れて誰か能く帙【ちつ】せん、杯き乾きて自ら添う可し。
時に聞く余論有るを、未だ怪しまず老夫の潜。


(現代語訳)
村に夕暮れが訪れてくる。はげしい風がふきわたっている。そうして草堂の庭は隠棲生活に似合う静かに通り雨にうるおされる。
雨が過ぎて香りをはなつ細かな草花などに夕日が射し始める。庭先の濯錦江に夕日を移した反照が目の粗い簾に映っている。
読みかけの書物はみだれておいているのだが、だれかそれを文巻のなかにとりかたづけてくれないものか、杯をのみ干して、更に自分で手酌をして愉しむのである。
こんなふうに隠遁生活を楽しんでいて、時として時世を論じて『潜夫論』のようなことを聞くのである。こうしてみればこのわたしも老夫としてもう表に出ないで潜んでいるとしてもなにも後漢王符のように怪しいもののようなことではないのである。


(訳注)
 晚晴
夕方になって晴れた草堂のまわりのことをのべ、後漢の王符を自分自身になぞらえているしである。761年夏の作である。


村晚驚風度,庭幽過雨沾。
村に夕暮れが訪れてくる。はげしい風がふきわたっている。そうして草堂の庭は隠棲生活に似合う静かに通り雨にうるおされる。
草堂002○驚風 つよい風。
〇度 渡に同じ。
○過雨 とおりあめ。


夕陽薰細草,江色映疏簾。
雨が過ぎて香りをはなつ細かな草花などに夕日が射し始める。庭先の濯錦江に夕日を移した反照が目の粗い簾に映っている。
・薰細草 雨に潤った夏草に夕日が当たって香りを放つということ。この時代あったかどうかわからないが薰衣草を想像される。薰衣草:ラベンダー(lavender、lavandula)は、シソ科の背丈の低い常緑樹の1属である。学名でラヴァンドゥラ、ラヴァンデュラとも。


書亂誰能帙,杯幹可自添。
文具-峡読みかけの書物はみだれておいているのだが、だれかそれを文巻のなかにとりかたづけてくれないものか、杯をのみ干して、更に自分で手酌をして愉しむのである。
○峡 書物の損傷を防ぐために包む覆い。厚紙を芯(しん)とし、表に布をはって作る。文巻(ふまき)。文包(ふみづつみ)。
○添 酒をつぎそえる。ここは手酌ということ。


時聞有餘論,未怪老夫潛。
こんなふうに隠遁生活を楽しんでいて、時として時世を論じて『潜夫論』のようなことを聞くのである。こうしてみればこのわたしも老夫としてもう表に出ないで潜んでいるとしてもなにも後漢王符のように怪しいもののようなことではないのである。
〇時聞 聞とは自他ともにきくこと。
○余論 当時の貴族主義的風潮に強く対抗した「潜夫の論」をさす。『潜夫論』中国,後漢の社会批判の書。10巻36編。王符(2世紀中ごろ)の著で,桓帝のときに成立。王符は,張衡(ちようこう)や馬融らと親交をもったが,門閥勢力の盛行した当時の官界に合わなかった。皇甫規のように彼の節操を慕う高官もあったが,昇進の機会のないまま隠退。発憤して著述に専念,社会の積弊を暴露して時政を攻撃した。《潜夫論》の〈潜夫〉とは世に埋れて名をなさない者の意で,もとより王符の姿勢を表す。内容は,学識を積んだ賢能の任用を説く能力主義や民生安定のための重農思想を主張し,とくに西北辺境の国防策と富貴の奢侈に警告し,さらに迷信の打破を強調して,当時の貴族主義的風潮に強く対抗した。
○未怪 怪とは自他ともに怪しむ行動までしようということ。
○老夫潜 『潜夫論』を著した王符(85?~162?)のこと。老夫ということで、とほじしんをいしきしている。
王符(85?~162?)とは、字は節信。安定郡臨経の人。若いころから学問を好み、名利を求める心が薄く、時風や世俗に従わなかった。生涯、官途につかなかった。気を万物の根源と論じ、農業や養蚕を富国の本と強調した。『潜夫論』。




晚晴
村晚驚風度,庭幽過雨沾。
夕陽薰細草,江色映疏簾。
書亂誰能帙,杯幹可自添。
時聞有餘論,未怪老夫潛。
(晩 晴)
村晩れて驚風【けいふう】度【わた】る、庭 幽にして過雨に需【うるお】う。
夕陽【せきよう】に細草【さいそう】薫る、江色 疎簾【それん】に映ず。
書亂れて誰か能く帙【ちつ】せん、杯き乾きて自ら添う可し。
時に聞く余論有るを、未だ怪しまず老夫の潜。